マジP!

間島淳司の日常をプロデュース!!

ピザって10回言わないで

ライダー映画だいるわけないしっ!だと、なんだかんだ書き損じてましたが今年もやってきましたね…『THE MANZAI』の季節が。

毎年12月に行われ、今年で4回目を数える漫才の大きな大会。
優勝者にはフジテレビの番組出演権が与えられるという福賞もあり、芸人さんたちの中にはこの大会に照準を絞って力を蓄えてる人たちもいるのではないでしょうか。
僕は…その成果を見て笑わせていただくのが大好きですw


ということで以下盛大なネタバレを含むと思うので、『まだ見てない』『結果知りたくない』という方は今日のところはここで引いたほうがいいと思います。
あばよw



今年は以下のような面々で大会は行われました。

・二丁拳銃
・エレファントジョン
・アキナ
・磁石
・トレンディエンジェル
・馬鹿よ貴方は
・囲碁将棋
・学天即
・和牛
・博多華丸・大吉
・ダイアン


この11組にワイルドカードで勝ち上がってきた

・三拍子

を加えた計12組での熱い戦い。

今回の出演芸人さんたちをざっと見た時、例年とは少し違う大会になるかな?と思いました。
これまでの『THE MANZAI』にずっと出てた人たちがすごく少ないんですよね〜。
過去4大会中3度以上出てるのは学天即と磁石の2組だけ。
2度目も含めれば囲碁将棋、博多華丸・大吉、トレンディエンジェルと5組に合わせてなりますが、それでも出演芸人の半数にも見たないという…ね?そう聞くと思うでしょ?
さらに今回はベテラン勢が頑張ってるな、という印象も受けました。
一番芸歴が長いのは言わずと知れた華丸・大吉さんですが二丁拳銃もなにげに長いんですよね〜。
それぞれ芸歴24年と芸歴21年ですからね…華大さんもうちょっとで芸人始めて四半世紀ですよw
前身の大会『M-1グランプリ』では”結成10年までのコンビ”という出場規定があったためありえないことでしたが、コレがTHE MANZAIとM-1が違ってて面白いところでもあるのかもしれませんね〜。

そして観てみて思ったのは…やっぱりベテランは強い!ってことw

華大さんのネタおもしろかったですもんね…中身はお酒の話ばっかりだったけどw
速度も早くなくてお年寄りでも楽しめるし、華丸さんのキャラがおもしろくて子供も楽しめるだろうし、まさに揺りかごから墓場まで笑わせられるコンビだなぁと。
…墓場は言いすぎましたスミマセンw
手数を増やして短い時間にボケを畳み込んで『数で勝負!』みたいになってた昨今の漫才とは違う自力を見せつけてもらった気がします。
二丁拳銃も惜しくも敗れてしまいましたがネタの運びとかがTHE・上方漫才!みたいなベテランの風格みたいなものを感じたし、長くやってる経験値ってのはやっぱりデカいんだなぁと改めて思いました。


かといって若い人たちがつまらなかったかといえばそういうわけでもなくw

とりわけ個人的に気に入ったのは2組いて、一組はファイナルにも勝ち上がったアキナ。
ボケとツッコミではあるんですがまた新鮮な感じでしたね…ツッコミが出す誰しもが想像できるようなお題に対して一言でことごとくズラしてくるボケ。
僕がツッコミだからってのもあるかもしれませんがあのもどかしさが…( ・∀・)イイ!!w
ずっと見てたい感じのネタでしたw
そしてもう一組…たぶんコレが今大会で一番好きだったんですが…三拍子の『絶対に正解するクイズ』!コレね!!
問題の途中でクイズの答えを言って、それが必ず正解するっていう仕組みなんですが…まぁ簡単にいえば途中から力ずくで問題捻じ曲げるんですよ。
そのねじ曲げた答えが納得行かなくても出題した側が『正解!』っていえばそれが正解になるというムチャw
でもその力ずく加減がいっそ清々しくてつい笑っちゃうんですよねーw

「問題!世界一高い山はエベ…」
「ピンポン!あずきバー」
「正解!世界一高い山はエベレストですが、世界一硬い物質といえば何?あずきバー正解!」


みたいなw
コレ楽しいですよね…日常でも出来たらめっちゃ楽しいと思うんですよねー、頭の回転そうとう早くないとムリですけどw
良い遊びの片鱗を教えてもらえた気がしててお気に入りのネタになりましたw


やっぱりお笑いっていいですね…たくさん笑うって日々に潤い出ますし。
それを仕事にしてるってホントにステキなことだと思います。
たくさん笑ったから僕もたくさん笑わすぞ!ラジオで!!w


テレビ |

いったわけだしっ!

劇団鴉霞企画公演カラ×ラボ第一弾『いるわけないしっ!』を見て来ました。

どっかで見たタイトルだなーという方も多いでしょうが元々は劇団東京都鈴木区の作品。
それを鴉霞さんが「やりたいっ!」ということでコラボした、ということ…のようです、憶測ですがw
鴉霞にはヒロアゴ!に出演してた”アテナ”でお馴染み軒峰さん役の山田玲奈ちゃんがいまして、そのへんの経緯もあった様子。
そして先日も書きましたが最近よくブログに出てくる系男子・宝田直人くんも客演というかたちで参戦してたのもあり、観劇するのを決めたわけです。



…なーんて言ってますけど。
単純にこの『いるわけないしっ!』って作品が好きなんですよねー。
霊感のない娘のもとに現れる、明日が初七日なお父さん幽霊・丈助さん。
娘は心霊ビデオを作る会社で働いてて、自身が初めて手がけた作品(ヤラセの心霊ビデオw)にうっかり映り込んじゃうお父さんw
「ホンモノ映り込んでるし!」「売れるー!」「瞳がキレイ!!」
とこの辺のくだりだけでもコメディなのはお分かりだと思いますが、元来人を怖がらせたり考えさせたりするために使われることが多い心霊、という現象。
コレが鈴木智晴の手にかかるとコメディになってしまうという…切り口の斬新さもさることながら、それでいてラストには親子の絆で感動させるという…もう『観て!』としかいえない良い話w

先述のとおり娘にはお父さん(霊)は見えてなくて、でも会社には霊感のある、見える人もいて。
舞台上では見える人・見えない人・見えてる人見えてない人、見えてるフリしてる人…と同じ場所にいるのに状況が違うという不思議な空間が形作られていて。
その様子を我々は全部見えてる状態で見られるわけですね。
でもその『全部見えてる』を逆手に取った演出もあったりして…ホントによく出来てる本だなーと改めて感心しましたw

そして今回と全開で一番違うところといえば…キャスト。
当たり前ですね、違う劇団で公演やってるんだからw
初演を知ってるだけにどういうふうに見えるかなーと不安半分期待半分で観に行ったんですけど、違う人がやるのっておもしろいもんだなーと思いました。
鈴木区って基本的にはあて書きというか…誰がどの役やるかが決まってる状態で、その人らしさとかこの人なら出来る!とかこういう挑戦して欲しいとか、その人がやる前提で書かれているいわば『その人用』のキャラクターとして描かれてることが多いんです。
それをまったくの別人が演じるとどうなるのか…答えは『同じ役なのに違う役みたいでおもしろい』でしたw
キャラクターに新たな生命が宿る、みたいな?
声優の仕事ではほぼないことなのでこういう切り口って新鮮でおもしろかったですねー。

そして上演後は飲み会に参加w
というか
「マジ兄はこの後飲…???」
「……む。」

みたいな流れで連れ去られた、みたいなのが正解なんですがw
その飲みの場でおもしろいものが撮れましたよ。

14122001.jpg
W爽月。

右が初演・鈴木区版『いるわけないしっ!』で主人公・爽月を演じてた戸田早奈美ちゃん。
左が今作・鴉霞版『いるわけないしっ!』で爽月を演じてる山田玲奈ちゃん。
なかなか同じ役を演じる人が隣で一緒に飲んでる姿なんて見かけないですからねー、ある意味貴重な体験をした気がします。

どっちも鈴木区で共演してるし知り合いなんですけどねw


鴉霞版『いるわけないしっ!』は今週日曜まで、西日暮里は戸野廣浩司記念劇場にて上演しています。
鈴木区で見た方もまだ見たこと無い方も笑って泣いていっぱい感情が動くステキな作品に仕上がっています。
興味を持たれた方は是非観に行ってみてください。
詳しくはこちらからどうぞー。


鈴木区 |

Break Your Body!!

映画だなんだとテンション上がってすっかり忘れてましたが、劇場版にも出てきてようやっと思い出しました。

14121901.jpg
買ってましたわこれw

『変身拳銃 DXブレイクガンナー』というおもちゃです。
もちろん仮面ライダーのおもちゃ…なんですが、今作ドライブの敵・魔進チェイサーが変身する時に用いるアイテム。
…敵のアイテムで玩具化するってのはなかなかないことなので意外でしたね…しかもベルトじゃないし。
このカタチで銃だし。
そしてもうひとつは『DXチェイサーバイラルコアセット』
このブレイクガンナーで遊べる、ドライブのシフトカーみたいなもの。
取り付けることで通常とは違う音が出て必殺技撃てたりするのです。

チェイサーは宿敵・ライバルキャラ的な位置づけなだけあってドライブとは対照的なキャラ。
まっすぐで優しく熱いドライブに対し寡黙で冷淡で何考えてるかわからないような、そんな感じ。
友達…にはなれない気はしますがカッコイイな、と思ってしまう感じのキャラです。
変身する前もカッコイイんですけど変身後もカッコイイんですよね…まさにブラックにおけるシャドームーン的な感じ?
そのおもちゃが手に入るなんてこれはもうクッソテンションが上がるというもの…!!

14121902.jpg
Break Up!!

クーッ!テンション上がるゥ!!
おもちゃは起動時に『Break Your Body!』と喋るんです。
作中でチェイスが仲間であるはずのロイミュードからも『死神』と呼ばれる所以がこの言葉にも現れてますね。
…写真的にはBreakされたのはBodyではなく僕のHeadですがw

ん?他にももっと見たい???
しょうがないなぁ…じゃあ変身ポーズの最後、変身したとこの写真もお見せしましょう。

14121903.jpg
どうも、魔島チェイサーですw

お面ではありません…画像加工ですw
こういう遊び出来るのが画像加工の面白いとこですよね…たまらん。

ホントは主人公ライダーのアイテムじゃないしベルトでもないので買うかどうか悩んでたんですが、買ってよかったです!
超!楽しい!!

14121904.jpg
『仮面ライダーは…俺が倒す!』

ちなみに作中での魔進チェイサーは顔だけ変身するなんてことはありませんw

続きを読む
おもちゃ |

ひとっ走り付き合えよ!

実は今回の劇場版『仮面ライダー×仮面ライダー ドライブ&鎧武 MOVIE大戦フルスロットル』。
観に行くにあたり同行者がおりまして…飲み会大好き娘・日野まりちゃんとその同期の高木くん、そしてさらに……川原慶久さんと観てきましたw

川原さんってすぐ嘘つくんですよ、「ライダー見たい」っつってw
周り…というか主に僕とキヨがおもしろいおもしろい言うから「そんなに言うなら…」的な感じなんでしょうが、そんな感じなのでなかなか見ないんですよねw
今までも「見逃したから次から見る」「今1話終わったとこだから次は1年後だよw」みたいなやりとりを何度かしてるんですがw
今回の『ドライブ』は飲み会終わりでウチ来てそこまでの分全部見せたんですよ、逃がさないためにw
ちなみにその時の河原さんがこれ。

14121801.jpg
変身!!

もう夢中wwwww
…この日初めて見たというのに、何故かちょっと堂に入ってる感があるのが腹立ちますがw
思えばこの時、TVシリーズを頭っから通しで見せて、オモチャで遊ばせたのが…彼のStart Your Engineだったのかもしれません。


とそんな経緯で一緒に劇場版まで観に行った川原さん。
ドライブは見せましたけど鎧武の方はほぼ観てない状態で何が起きてるのかわからなかったでしょうが、彼曰く

「わからなくても楽しめる作りになってておもしろかった。鎧武も見たくなった」

だそうで。
僕らはもう何年もライダーを見続けていて『わからない』という感覚がわからないので気づきませんでしたが、知らなくても楽しめるように出来てるんですねーやっぱり。
新発見とともに、そういうことらしいので『今まで見たことない』という方も安心して観に行ってくださいw

そして見終わった後は…もちろん語り合いたくなるもんですよね!
特に我々は描かれていないところの設定とかを妄想するのも好きだったりするので必要不可欠な作業だったりするんですが。
そこに川原さんもぶち込んで!更に熱を高めてやろうと!
…思う前からすでに上がりきっていた川原さんは「その前に寄るところが」とおもちゃ屋に消えていき…ドライブドライバーとシフトカー一式まとめて買ってました
太っ腹wこれが…大人かw
やっぱあの日にオモチャで遊ばせたのが正解だったかもしれないですね…ようこそ川原さんw

ちなみにその時僕もいろいろ買ってたんですがw

14121802.jpg
ごっそり。

映画観に行った日なんでもちろんパンフレット(DVD付)は買うでしょー?
あ、もちろん特典の第0話のDVDも貰ってきましたよ☆
見たけど…超意外で衝撃な話が入ってたわ……いずれ明らかになる話なんでしょうけど……コレも見たほうが良いヤツですw

そして川原さんの付き添いで行ったおもちゃ屋で
・DXシフトカーセット04
・DXシフトフルーツ&ドライブロックシードセット
・開閉装填 DXドア銃

を購入。
シフトフルーツとロックシードのセットはあると思ってなかったんですが見つけてしまったので、映画見た記念みたいなもんですw
04は普通に持ってなかったから。
ドア銃は…ホントは買うの悩んだんですけどシフトテクニックのシフトカーが欲しくて買ってしまいましたw
子供用オモチャなので、剣だとどうしても短くてカッコつかないんですよね…銃ならまだなんとか遊べるのでw

そして早速開封、遊び!

14121803.jpg
ソイヤッ!!

14121804.jpg
Start Your Engine!!

テンション上がりすぎてそのまま遊んでたので今回は服装こだわってません…
どころかただの部屋着ですサーセンw

どちらも鎧武・ドライブどちらの話も終わった合流パート『MOVIE大戦』で出てくるアイテムなんですが、ハデな演出が増えるパートなのでSEすごくて何言ってるか聞き取りにくいんですよ。
それ確かめるために家で一人で着けたんですが…気が付いたら体にうっすら汗をかくくらい遊んでましたねw

作中ではドライブも鎧武もマジメな話が多かったので、ラストのパートは遊びの多いハデな感じになっていて見応え充分。
コミカルなお芝居もふんだんに盛り込まれていて観てて楽しくなれるシーンでした。
そのアイテムを、見たすぐあとにこうして着けて遊ぶと…なんとも言えない興奮がありますね。
いい買い物をした。


これだから仮面ライダー(のオモチャ)はやめられないぜ!!w

おもちゃ |

フールスロットール!!

観て来たぜ!!

『仮面ライダー×仮面ライダー ドライブ&鎧武 MOVIE大戦フルスロットル』!!

冬の劇場版…前作『鎧武』と今作『ドライブ』夢の共演!
毎回終わった後の劇場版はアフターストーリーというか、TVシリーズの後日談として描かれるものが多くてある意味補完として楽しめるものが多く、『鎧武』も楽しみ。
もちろん今やってる『ドライブ』はいうまでもなく楽しみなわけで。
しかも冬の劇場版は『MOVIE大戦』と銘打って2大ヒーローが共闘するラストが必ず待ってるわけで、そこも楽しみ!!
期待に胸膨らませて観に行ってやりましたよ!!


まず鎧武。
TVシリーズラストは最終的に『新世界の神』みたいな存在になって宇宙へと旅立っていった主人公・葛葉紘汰。
もちろん他の仲間達は地球にいるわけで、どうやって遠く離れた仲間たちとともに戦うのか…と思ってたら、まず紘汰のいる星に今回の敵が攻めこんでくるんですねw
ということで映画の冒頭は紘汰が作り出した異星からスタート。
緑溢れる大地、静かに美しく流れる水。
近くに動物を従えた新世界の王・オーバーロード葛葉紘汰。
そこに現れる敵・メガヘクス…そして始まるバトル!大空中戦!!

なんの映画だw

冒頭から思わずそう思ってしまうくらい見たことない世界、見たこと無い戦い方でスタート。
カッコイイ…んだけど、個人的にはライダーはスーアクさんの美しいアクションあってこそだと思うので、CG満載でゴリゴリ戦うと尚更思っちゃいましたよねー、「なんの映画だ」ってw
なんやかんやで地球に行ってからはいつものライダーアクションになって安心しましたけどw

詳しくはネタバレになるので、公開直後なのでぼやかして書きますが…お話も序盤に衝撃の展開が待っているんですねー。
たぶん見た人は地球が舞台になってしばらくしてから

『えっ…!?』

ってなったと思いますw
アレがああなっちゃうと地球はどうなっちゃうの…?的な。
小さい子どもたちだけじゃなく大きなお友だちも一緒に「頑張れ!!」って思えるような物語になっていたと思います。
僕も…鎧武の終盤泣きましたw
TVシリーズのラストでほとんどのベルトを破壊し、ライダーになれる人間が少なくなっていた問題も上手に解消されてましたし、お話として綺麗な構成だな~と思いました。
中でも貴虎は男を上げたな…という感じ。
わずかに残っていたであろうミッチと貴虎の兄弟間の”しこり”みたいなものも、この映画で解消されたように思います。
きっと二人がこれからの沢芽市を良くしていくんだろうな…と。
もっと後日談があるんだとしたら、『仮面ライダーダブル』のようにこの街を守るヒーローとして二人の共闘が見られる日が来るといいなぁ…なんてことを思いました。


そしてドライブ。

警察の敵、というところで出てくるのは怪盗!しかもルパン!!w
ルパンっていうとどうしてもモンキー・パンチ先生のアレが出てきてしまいますが、振る舞いやなんかを見てると青山剛昌先生の方の怪盗感が強いキャラクターになってましたがw
どちらにしても強いイメージのある名のキャラを芸人さんが演じることについては…見る前はすっごい不安があったんですよねーw
雰囲気とかどうやって出すんだろうとか、おもしろい感じになっちゃうとドライブの物語が軽くなるんじゃないか、とか。
でもまったくの杞憂でしたねー。
ルパンはピースの綾部祐二さんが演じてるんですが、役者さんでは出ない芸人さんならではのお芝居の味みたいなものが、怪盗というミステリアスな存在にいい感じでマッチしてたように思います。
…ちょっとだけ…胡散臭さと尊大さを出そうとして喋り方がルー大柴さんみたいにになってた気もしますがw
それも含めて良い敵キャラになってたと思います。

ドライブはまだTVの方の物語も序盤で、描ける範囲が少ないというか…まだこれからの作品なわけで。
劇場版で明かされる謎はあってもいいけど、見ないとTVシリーズがわからない構成にしてはいけないわけで。
そういう意味では今回のお話のチョイスはまさにベストだったなーと。
現代の日本で起こる怪盗事件を追う感じの、いわゆる『怪盗と刑事』という要素にライダー成分が入っている構成で、且つそこに”ベルトさんの過去”という話が入り乱れてくる感じ。
進之介とベルトさん、霧子、さらにはシフトカーのみんなとの絆が深くなるお話ではあるんですが、何か表面的な大きな変化が起こるわけではないので観てなくてもわかるようになってます。
…だけど絶対見た方がいいですw

鎧武もカッコイイシーンが多かったんですけど、ドライブの方はとにかく心に突き刺さってくる『名言』が多かったように思います。
…これも書きたいけどネタバレになっちゃうから書けないんだけど……進之介が”ドライブに選ばれた理由”みたいなものをベルトさんが語るシーンとか鳥肌モノ。
プロとドライブ…進之介よりも前にドライブになっていた人物がいるということはある意味では誰でもなれる可能性があるわけで。
その中でも何故ベルトさんが進之介を選んだのか…ちゃんと進之介の中にベルトさんが持ってなかったモノがあって。
それがひいては警察官としての心だったりライダー魂だったりということなんでしょうけど、もう猛烈に感動しますよ?
さらにみんなの絆がつながって変身するシーンのベルトさんの音声!
劇場版唯一の遊びというか…ベルトさんが意思疎通出来るベルトだから出来たことなのかもですけど、あの変身はズルい…そこまでの流れと合わせて考えたらどうやったって感動するもの。

もちろん僕はどっちのシーンでも泣きましたがねw

36歳のオッサンが見ても感動して涙が流れる、そんな映画…『仮面ライダー×仮面ライダー ドライブ&鎧武 MOVIE大戦フルスロットル』は現在絶賛公開中!
フルスロットルで見に行け!!!w

特撮 |
| ホーム |次のページ>>