マジP!

間島淳司の日常をプロデュース!!

GO!WALK!!

こないだ智晴くんと飲んでた時にある”オススメ”をされました。

「店で見つけたこの靴がいい!!」つって。

地元だかどっかでふらふらと買い物をしている際にたまたま見つけた靴なんだそうですが、とにかく素材が柔らかくて軽い、と。
相当お気に入りなのか目の前で靴を脱ぎだして「ほら!」と手で靴をぐにぐにと動かしだしたりして。
でも見てたらホントに柔らかいんですよ…普通どんなに曲げようとしても上の方…片側に曲がるのが関の山。
つか足は甲の方にしか曲がらないからそれでいいんでしょうけどw
その靴は反対側、地面に接する方にも柔らかくぐにーんと曲がるんですよ!
…その姿に度肝を抜かれまして。


15090501.jpg
すぐ買っちゃいましたw

この靴、その名も『GO Walk』といいまして、名前だけで歩くことに特化してるんだなーというのがわかる靴なんです。
先述の通り柔らかく恐ろしく軽く、とにかく歩きやすい。
智晴くんに見せてもらった時は履かなかったんでわからなかったんですけど、いざ履いて歩いてみるとクッション性もすごい。
初めて履いて外出た時は柔らかいマットの上でも歩いてるんじゃないか、とさえ思えるような柔らかさで、ちょっと宇宙飛行士の月面飛行みたいになりましたもんw

で、写真を見ればわかると思いますが、買って早速ちょっと歩いてみました、小一時間ばかり。

何度も言うようですがとにかく歩きやすい!
普段歩くときは突発で始まることが多いので、普段履き…この季節だとサンダルとかで歩いちゃうんですが、そうなると足が痛くなることがあるんですよね…まぁ歩きやすい設計じゃないですからしょうがないんですけど。
そうじゃなくてももともと歩くときに使ってたスニーカーの方も靴底が薄めのものだった(上に履き古してるので劣化もしてるw)ので、長時間歩くとこっちでも足が痛くなるんですよね…特に親指の付け根あたりが。

まぁそんな靴で2時間とか1時間とか2時間とか歩くから痛くなるんですけどw

そういうこともありちょうど「いい靴買った方がいいよなー」と思ってたところだったのでまさに渡りに船!
歩くのがまた楽しくなりそう♪

ただ夏場は裸足でいたい派なので「今日は歩こう!」と思ったときくらいにしか履けないのが玉にキズですねー。
結局サンダルで歩くことも多そうですw


またひとつ”歩く楽しみ”が増えました♪
Go!Walk!!
スポンサーサイト
健康 |

真ん中がふくれた糸巻き

植田佳奈ちゃんと森嶋秀太くんと一緒にいてね、建物から外に出たんですよ。

そしたら外は雨が降ってて、「あー雨だねー」なんて言いながらこれからどこに行くか決めよう、みたいな話になりまして。
特に行きたい場所もなかった僕は2人が決めてくれたとこに行こうと会議には参加しなかったんです。
しばらくしたら行く場所が決まったらしく、森嶋くんが僕に言って来ました。


「間島さん!妊カフェ行きましょう!!」







……って、夢を見たんですよw
夢にはもうちょい前がありまして、なんか役者ばっかりで旅行(打ち上げ旅行かなんかですかね?)に行った先での出来事だったり、旅館らしき建物からみんな出てた時に建物に泥棒が入ったりとか。
まぁ夢なんでまったく意味もわからないので割愛した次第です。

で、妊カフェ。

若干不思議なことではあるんですが、会話をしている以上耳からしか情報は入ってきてないはずなんでどう書くのかまではわからないはずなんですけど、この時は最初っから『妊カフェ』って字だってわかってまして。
まぁ夢だからなんでしょうけどそこに違和感は感じなかったんですね。
夢から覚めた今でもそうですが、夢の中でもただただ「それなんだよ」ってことだけが気になってましてw
だから森嶋くんに聞いたんです、「妊カフェって何?なにをするところなの???」って。
そしたら彼ったらどこにあるとか交通手段とか聞いてないことばっか答えてきて、すげームカついたんで死ぬほど強く乳首つねってやったんですがw

夢自体はそんなとこで覚めましたw


……で、妊カフェw

猫カフェ、執事カフェ、メイド喫茶にガンダムカフェetc…世の中には様々な種類のコンセプトカフェがあります。
調べてみるとホントにいろんな種類があるんですね…他にも足湯カフェ、文房具カフェ、農民カフェにはんだづけカフェなんてのもあるんだそうで、まだまだ知らないコンセプトカフェってあるんだなーと思い知りました。
…が、それでも『妊カフェ』なんてものは聞いたこともなく。
そもそも何があり、何をする場所なのかも想像しづらいですよね。

夢の中の話なんで正解があるものでもありませんが、せっかくなんでこの聞いたことのないカフェの詳細を考えてみたいと思いますw



文字面から想像するに、どうやら「妊娠」というワードが関わってきそうな気配はありますよね。
そもそもこの妊という漢字、女に「壬」がくっついて出来てますが、この「壬」という字は真ん中が膨れた糸巻きの形で腹のふくれた形状を意味しているんだとか。
そして妊という漢字自体に『はらむ』とか『身ごもる』といった意味があるんだそうで。
もうまさに子を授かる…妊娠という言葉の為に作られたような漢字なわけです。

そんな字がついたコンセプトカフェ……まぁストレートに考えれば『妊婦カフェ』ですよね。

お腹の大きい妊婦さんたちが居心地よくカフェでお茶を楽しめるように、広めのスペース、ゆったりとした設計になってて、しんどくなった時用にベッドが置いてあったりもしもの時のために産婆さんがいたりとかw
まぁあったらあったで需要ありそうですけど、コンセプトカフェとして成立するかと言われればなんか微妙な感じがしますよねー。
作るなら産婦人科からほど近い距離か、もういっそ産婦人科医院の1Fスペースとかに作ったらウケるんじゃないでしょうかw

他の可能性を考えるとなると……『妊娠カフェ』ですかね?

結婚したはいいけどなかなか子供が授かれない!
そんなお母さん予備軍の方たちに送る、懐妊メニュー!
食べると子供ができやすくなると医学的にも証明された食材を豊富に用意しそれを調理、カフェごはんとしてちょうどいいメニューを多数ご用意いたしました。
みたいなw
…でもそうなると森嶋くんはなんで僕と佳奈ちゃんを誘ったんだ、って話にはなりますよね…森嶋くん妊娠出来ないし。するとしたら佳奈ちゃんだろw
…夢に整合性の話持ち出しても意味ないのはわかるんですけどw


ちょいと視点を変えてみて、妊婦カフェは妊婦カフェでいいんだけど妊婦を見るカフェとかはどうでしょうか。

メイドカフェみたいな感じで、働いてる店員さんが全員妊婦さん。
挨拶は「貴方、おかえりなさい」。
出てくるメニューは基本ミルクが入ってるモノが多め。
追加料金でお腹触らせてもらえて「…あ、今蹴った♪」が出来るのw
妊婦だとわかる程度にお腹が出てないと意味が無いので採用条件は厳しめ、且つ入れ替わりが激しいお店になりますw
妊婦さんに沢山働いてもらうのはどうかとも思いますが…なんかコレやったらウケそうですよねw


あととびきりダメな妊カフェを想像したのでそれも最後に発表しておきましょう。

ズバリ……女の人を妊娠させるカフェですw

結婚はしたくないけど子供は欲しいという男女がそれぞれ別に来て、子どもを授かる行為をするカフェになります。
あくまでカフェなのでもちろんドリンクや軽食もありますが、あまり頼む人はいませんw
追加料金を払うとここでは書けないようなオプションがつけられますw

夢からの派生でも思いつきでもこれ以上は書けないと思うのでこれはこのくらいでw




さ、夢から派生した『妊カフェ』について考えてきましたが皆さんどれかお気に召したものはあったでしょうか。
あった、可能性を感じた、という方はこのアイデアを使ってカフェを開いてみてくださいw

ちなみに僕が行きたいなと思ったのは……最後の(ry

|

続く痩身

ビアガーデン行ったりメシ作ったりとごはん関係に事欠かないブログではありますが、6月頃から始めたダイエット企画…通称『マジザップ』、実はまだひっそりと続けてます。
体重計がないのであれから痩せてってるのかはわかりませんがとにかく続け続けてるわけですが、痩せたという実感があるのはいいものですね。


前回ご報告した通り仮面ライダーの子供用ベルト、これが巻けるようになったというのも実にデカいですがw
試しにウエスト測ってみたところ通常時で75cm、腹筋に力入れて締めると70cmという結果。
ライダーベルトが68cmまで、ということなので頑張りゃチョイキツで着けられるということですね…良き哉良き哉。
こうなるまでの方法は食事療法(炭水化物と糖質を抜く)と散歩程度の運動によるものだ、というのは前に書きましたが。

続けていくうちに他にも幾つか”続けられた秘訣”みたいなものに気づいたので今日はその秘訣を大公開。
『痩せたい…けどダイエットが続かない!』という方は参考にしてみるともしかしたらいいかもしれません。


ダイエットにおいて僕が一番重要視したことは、実はメンタルヘルスです。
心の健康…まぁストレスがかからない、ということですね。
摂取を抑える、制限をするダイエットはどうしても「我慢」がついて回ります。
食べたいのに食べることが出来ない…口は欲しがってるのに食べてはならない…それはダイエットのせい!やってられるか!!ってなるのがリバウンドの原因なのかな、と。
仮に食事制限や運動によって健康的に痩せたとしても、我慢という問題を解決していなければダイエットを辞めた瞬間開放感から過食に走るのです…「今まで頑張ったご褒美♪」と称して。
それがリバウンドにつながると…それを阻止するためのメンタルヘルスなのです。

ではまずどうするか。
スタートが『ゲーム感覚』であることが実は重要でした。
テレビで見た情報を元に軽い気持ちで挑戦を始めたことで、「どうしても痩せなければ」とか「ダイエット中だから」といったストレスのかかるワードが出てこなくなります。
「岡村さんと同じことしてみよう」「それで痩せたらもうけもん」くらいの感覚。
食事も普通に摂るし食べたいものも食べる。
ただ食べるときにちょっとだけ、野菜を多めにしたり炭水化物を減らしたり、無理の無い範囲で食事の質を変えるのです。

またゲーム感覚なんでそこまで厳密でもない、というのも続いた秘訣のひとつ。
岡村さんはライザップの人にお腹が空きすぎた時にチョコレートを食べたらクッソ怒られた、みたいなエピソードを語ってましたが、こっちは別にトレーナーがいるわけでもダンスするわけでもないんでw
そこまで厳密にやる必要もありません。
可能な範囲で可能な限り、炭水化物や糖質を食べないように心掛ける…そう、心掛ける程度で良いのです。
僕の大好きな餃子、厳密にいえば皮は小麦粉なので炭水化物。
ルール的には食べちゃダメだけど餃子は小麦粉メインの料理じゃないから、という理由で食べるのは全然アリw
あくまで『可能な範囲で』気にすれば良いのです。

ぶっちゃけこれだけでももう痩せたも同然w
1ヶ月も続けたらもう目に見えてウエストが細くなるくらい痩せてました。

ダイエットを続けるため、メンタルヘルスを守るためにももう一つやっていたことがあります。
それが実は…歯磨きです。
ダイエットで歯磨き?と不思議に思われる方もいるかもしれませんが、巷では『歯磨きダイエット』という名前で知られているれっきとしたダイエット法なのです。
方法はクソ単純で、食事の後に歯を磨く。たったそれだけ。
これでなんで痩せられるのかというと…間食が防げるんです。

太る理由で真っ先に思いつくのはもちろん過食。
不要なものを不要なタイミングで、とか、必要だとしても必要以上に食べることが原因になるのです…すなわち過食。
一度に食べる量を考えて食事を作り、それを食べ、歯を磨く。
仮に足りなかったとしても歯を磨いちゃったらまた磨くのが面倒なのでしばらくは食べたくない。
この『せっかく磨いたんだから清潔な状態を保ちたい』という気持ちが、間食したい気持ちを押さえ込むのです。

また僕の場合は少しだけ厳密に、食べ物だけでなく水・お茶以外の味のある飲み物を飲んだ場合も磨かないとダメ、ということにしておきました…これもゲーム感覚でやってた証拠ですがw
ジュースなんかに含まれる糖分、これもダイエットを地味に阻害する要因の一つだったりします。
そもそも糖質制限もしてるので飲まないようにはしてますが、そこに歯磨きが加わるといよいよめんどくさくて「水かお茶でいいや」となるのですw

このように、通常の食事制限ダイエットに歯磨きを加えると、お昼を過ぎおやつの時間になった時とかに「小腹空いたなー」と思っても「…でもここで食べるとまた歯ァ磨かなきゃいけないんだよな…」という心理が働き、「面倒くさいから夕飯までいっか」となります。


以上の2つの方法を複合的に行うと、無理なく痩せられ且つストレスもほとんどかからない夢のダイエット法が完成するわけです。
ストレスがかからないからいつまでも続けられるし、特別食べてはいけないものも設けてない(”絶対”食べないではなく”極力”食べないようにする、だから)ので好きなものも好きなように食べられる。
食事量自体の制限に慣れてくると、胃の大きさ自体が小さくなるので少量のごはんでも満腹になるようになり、どんどんダイエットが捗っていく。
そこに散歩で1時間歩いたりとかするとテキメンに痩せますねw


そもそも”太る”ということは、身体が「エネルギーが多いですよ?」と言ってるってことでもあるわけで。
必要以上に摂取してるということを身体が教えてくれてる”サイン”のようなものだと思えば、むしろ太っていること自体が異常な状況なんだとも言えるわけです。
要は考え方ひとつってことですね。

『我慢をしないダイエット』。
意識一つで変わるその方法は、きっと人それぞれ…無数に存在するんだと思います。
自分に合った方法で、自分なりのムリのかからない方法さえ編み出せれば、意外と痩せるのは簡単。
貴方も意識を変えることでダイエット…健康を手に入れてみませんか?

健康 |

夏の思い出・残骸編

忘れてた!9月になっちゃった!!


8月の半ば頃、実はもうひとつ”夏っぽいこと”をしておりました…それは……


15090201.jpg
ビアガーデン!!

暑い夏…屋外で飲むビール…マジ最高。
ビール大好き間島さんからしたら一度は行っておきたい祭りですよね〜♪

この日のメンツはといえば、番組で知り合って意気投合したスタッフさんたち。
…なにが面白いって役者が僕しかいないことですなw
他に声かけてた役者さんたちが都合が遭わなかっただけですけどw
とにかく総勢8人くらいで集まって行って来ました!

開始段階、「◯時に☓☓で」と待ち合わせをし時間通りに指定の場所に到着。
「到着!どこです?」とやりとりをライングループでしていると先に着いてた方が「エレベーター上がったとこにいます!」と返信。
なるほど…と建物に入りエレベーターを探し上に向かう僕。
ビアガーデンなんてものはだいたい屋上に付いてるものですが、そのエレベーターは何故か屋上の一歩手前、もうワンフロア下までしか行かない仕様。
…不思議な仕組みだ…と思いつつも行けないものは仕方がないので行けるところまで行き、そこからは階段で最上階へ。
上がってみるとどこにも知り合いの姿は見えず。
あれ…エレベーターの前にもいなかったし…階段上がっても受付の前にもいないけど…どこよ?
と思いつつも連絡を取り続け場所を探ると、今度は連絡を取ってた人じゃない別の人と遭遇。
「みんなどこ?」「わかんないっす、僕も探してます」と合流したままこの奇怪な現象はなんだと2人でさまよい続けるとようやっと原因がわかりました。

この建物、エレベーターが2基あるw

我々が登ってきたエレベーターはビアガーデンに直通のものではないもの。
先に着いて待ってた人がいたのは直通のもの。
2基のエレベーターはそれなりに離れた場所にあり、直通でない方はそらワンフロア下で止まっても不思議はないわ…みたいな状況でしたw
でも直通じゃない方だってエレベーターだもん!僕たちは間違ってない!!w
という謎の主張をしつつもなんとか無事合流し、受付を済ませビアガーデン会場へ。
真夏のクソ暑い時期に屋外…なんて誰が来るんだと思ったらけっこうな数の人々(主にサラリーマン)でごった返していました。

その中に混じり我々も宴スタート!
何飲む?という問いに「ビアガーデンつったらビールっしょ!!」とばかりに呼応する人々。
結果的にはピッチャーで頼むという楽しい展開に。


15090202.jpg
ジョッキの汗がハンパない

夜とはいえまだまだ暑い時期、屋外で飲むビール…マジ最高!!
ピッチャーで頼んだことによりビールがどんどんぬるくなるというアクシデントに途中で気が付きましたがwそんなものはビアガーデンという”特殊空間で飲んでいる”というテンション感で克服。

15090203.jpg
特・殊・空・間・感!

なんでしょう、食べ物って味とか見た目も大事だけど…雰囲気とか環境も大事なんだなーってこういうとこ来ると思います。
だって絶対普通のお店で食べた方が美味しいもの出てくるもんw


夏に一回くらいは行きたい!と思っていたものにも行けて、いよいよ私は夏を満喫しまくったよ、という2015年の夏の想い出、でした!!

遊び |

迫り来る肉欲

たまにすごーく肉欲が出るときありません?


……ああ失礼、うちのブログでこういう書き方するとエロいこと考えてるみたいになりますね。

それは毎日考えてるから『たまに』じゃないw

今回の肉欲とは『お肉食べたい欲』のこと。食品の方ですね。

普段ならラインのグループとかに「おにくたべたい」と投げ同志を募り、焼き肉なりなんなり飲み会へと洒落込む、みたいなことが多いんですが…あいにくこの日食べたかったのはハンバーグ。
ハンバーグって飲み屋に置いてないんですよね…そもそも大っきいの一個で出てくるだろうからみんなで分けて食べるの難しいし。
となると選択肢は…自炊、ですよねw
ちょうどちょっと前に『ノンストップ!』で和風おろしハンバーグの作り方やってたんでそれを参考に調理開始。

まずは玉ねぎ・シイタケをみじん切りに、人参はおろして、サラダ油を少量敷いたフライバンで塩を降って炒め、あら熱を取っておきます。
あら熱が取れたら、ボウルに今の炒めたやつ+挽き肉、卵、牛乳、塩コショウに片栗粉を加え混ぜあわせます。
この時粘りが出るくらいしっかりと混ぜ続けることが重要。
いい感じになったらハンバーグっぽく成形。
終わったらフライパンに油を敷きハンバーグ型にした挽き肉の塊を並べ入れ、中火でじっくり片面4分ずつ加熱。
両面焼いたら酒と水を加え蓋をして蒸し焼きにします。
いい感じになったらハンバーグは完成、お次はソース。
残ったフライパンのお汁にバター・大根おろし・みりん・酒・醤油を加え、ひと煮立ちしたら和風おろしソースも完成。
いい感じに盛りつけたら…ハンバーグの完・成☆

15090101.jpg
ハンバーーーーーグ!!

レシピ調べたら4人分で分量書いてあって、一生懸命計算して減らして作ったんですが、挽き肉捏ね終わって成形しようと思ったらだいぶユルいことに気が付きました。
水分量多かったんですかね……てか4人分で「卵1個」って一人で食うときどうすりゃいいんだw
まぁそれでも美味しく出来たんでよしとしましょう。
課題はユルさ問題と食感えすかね?
「みじん切り」って言われたから玉ねぎとシイタケ執拗に刻んだら恐ろしくなめらかな食感になりましてw
これはこれでいいんですけど…もうちょいこう…食べた感が欲しいので今度はもっと粗く刻もうと思いますw


実はハンバーグって今まで作ったことなくて初めて作ったんですが、ソース変えれば味に幅も出るしちゃんとした感もあるし。
自炊にとってはとても良い料理なんだなーと思いました。

また我家の食卓にニューレシピがひと品刻まれましたよ……最近ノンストップ!ばっかりだけどな!!w

ごはん |
| ホーム |次のページ>>