マジP!

間島淳司の日常をプロデュース!!

ハイメガ!

腹減ったな~っつって。

その日は晩飯つくる気力もなかったので「よし、外食にしよう」と。
テキトーに近所の定食屋とかで済ませても良かったんですが、ワンチャンあるなら誰かと飲みたいな〜なんて思ったので、後輩たちのグループラインに飛ばしてみると…バタバタと断られる始末w
まぁ突発だからねぇw
しかし全員というわけではなく、二人ほど「行きます!」と言ってくれた熱意ある後輩がいたので、この日は晴れて飲みに行くことになりました。

その、心ある、熱意溢れる後輩は……こいつらだ!!



16042901.jpg
無視!w

どうしよう…熱意はあるはずなのに後輩が先輩をかまってくれない…w

もちろん冗談で、話の流れで出てきたことをスマホで調べてるところですね。
ふと見たら正面で二人してスマホいじってたんで、絵面が面白くて撮ってみましたw

先述の通り別段話したいことがあるわけでもなく突発で誘った飲み会なのでなに話したかは覚えてないんですが、楽しかったことだけは記憶しております。
そして。
この日行ったお店には『チンチロリンハイボール』なるメニューが存在しまして。
サイコロ2つ振って出た目の数によって、ハイボールのサイズと値段が変わる、というもの。
ゾロ目だったら1杯無料。
出た目が奇数だったら半額。
出た目が偶数だったら、メガジョッキでハイボール出てきて値段は倍。
確率論はわからないんですが、パッと見お得じゃないですか?
それに…メガジョッキがデカいっつってもどうせ僕のことだから飲むしw
だったらそのゲーム性が付いてる方が、普通に頼むより面白いじゃない!ということでレッツチャレンジ!

チンチロリン……6!4!
…偶数!!w

メガハイボール〜!!
一発目から引き当てるこの僕の強運…あれどっちだろうコレ、運があるの?ないの?w
しばらくして運ばれてくるメガハイボール…あれ?デカい?

16042902.jpg
あまりのデカさに驚きを禁じ得ない間島さん(37)。

メガって…思った以上にデカいですよねw
知ってたんですけど毎回ビックリする…あれです、家電量販店でテレビ見てると「大きいのいいな…このくらいなら置けるかな…」と思って一念発起して買うと、思ってた以上にデカくて部屋を圧迫する、みたいなw
あの驚きに近いものがメガハイボールにはありますね…w

そしてゲーム性に惹かれたゲーム大好き・岩澤くんもチンチロリンに挑戦!
チンチロリン……5!3!
…偶数!w

16042903.jpg
再来w

人が持ってるの見ると改めてデカいですよね…いやー良い手首の運動になったw


3人での飲みで若干少なめ?とか思ってましたが大人数にはない楽しさがこのくらいの人数の飲みにはあっていいですね。
もちろん大人数でワイワイ飲むのも好きですけどね…なにがいいって話が分散しなくていいw
これからも大小合わせていろんな飲み会やってくぞ!
楽しいこと!大好き!!w
スポンサーサイト
後輩と遊ぶ会 |

ゲンカイガン!

発売したからさっそく手に入れたぞ!


16042801.jpg
ディープスペクター!

仮面ライダーゴーストの2号ライダー・スペクターのパワーアップアイテム『ディープスペクターアイコン』。
ちょうど今週放送分で変身姿もお目見えしてましたねー。
変身後の姿が銀ベースに紫とか…仮面ライダーチェイサーを彷彿とするデザインですなぁ…ああチェイス…早く…早くVシネも見ないと…

と話が逸れましたがw

てかこの『ディープスペクター』って名前…どうしてもあの人思い出しますよねぇ…
狙ってる?w


はっ!

まさかこれは……仮面ライダーとヤキソバンのコラボの兆し!?(違いますw)

おもちゃ |

前略、空の上より

そう!広島に行くことになり一つ、久々の体験をしたんですよ!

それは…飛行機!!

そもそも僕自身旅をあまりする方ではなく、最近なら特撮の撮影地巡り(聖地巡礼)が趣味なわけで。
それらってだいたいが東京、神奈川、群馬、茨城、栃木あたりの関東圏で撮影されてて、だいたいが電車移動になるんですよ。
そう、新幹線でもなく電車。
仕事で出向く先も大阪だったり名古屋だったり、新幹線で行けてしまう圏内が多く、なかなか飛行機に乗って行く場所に出向く機会が少なかったのです。
なので『仕事で向かう=新幹線』というイメージが強く、広島も陸続きなわけで事務所に言われるまで飛行機移動だということを理解してませんでした。

「スケジュールなんですが、羽田に◯時集合でそこから広島空港へ…」
「はい」(へ?飛行機なの?)


みたいなw
いやー衝撃でした。
てか何が衝撃って飛行機の速さね!
羽田→広島間が1時間ほどで着いちゃうなんて…こりゃあ急ぎの用事の時は飛行機使うって選択肢が生まれそうですわ…ないかw

ということで久々の飛行機だったわけですが「久々」という言い方をしている以上一度は乗ったことがあるわけで。
これまでの人生で一度だけ(行き帰りがあるので厳密には2回w)、飛行機に乗ったことがあります。
子供の頃、家族旅行でグァムに行ったとき。それが唯一の飛行機体験。
この辺もあるので、『陸続きは新幹線、海を隔てたら飛行機』みたいなイメージができたのかもしれませんが。
ちなみにその家族旅行は小学生のときの話なので、つまり25年ぶりくらいになるわけですw
25年経った飛行機事情はどうなってるのか…つっても10歳そこらの子供の頃の記憶なんで、グァムのことはうっすら覚えてても飛行機内のことなんて微塵も覚えてませんがw
あの頃と違うのは、僕がオッサンになったことと、手軽に撮影できるデジタルカメラというものが手元にあること。
ちょうど良く窓際の席だったこともあり…撮ってやりましたよ!バシバシと!!

16042701.jpg
ゲットレディ…

16042702.jpg
テイクオフ!

16042703.jpg
どんどん…

16042704.jpg
上がって…

16042705.jpg
行くゥ!!w

16042706.jpg
突入!インザクラウド

16042707.jpg
そして…雲上へ!

って写真が多い!!w

えー…お察しの通り珍しい景色に釘付けでした…アレです、トランペットに憧れてショーウィンドウに張り付く黒人少年みたいな感じw
正直家では「移動時間が1時間くらいだから、3DS持ってきゃ1〜2クエ行けるっしょ」くらいのつもりでいて、しっかりDSも充電して行ったんですが…一度も開きませんでしたねぇ、DSw
思った以上に”雲の上”という特別な世界に目を奪われてしまいましたよ…おんなじ方向きすぎて首痛かったしw

そしてそんな夢中で無邪気なじゅんじくんに、神様が粋なプレゼントをくれました。

16042708.jpg
謎の雲影。

わかります?写真の左の方、雲と空の境目から右上に向かって伸びる雲。
外見てたら細い雲がぐんぐん上に向かって伸びてくのを見つけまして慌てて撮影。
なんだこれはー!?と思ったんですけど、これアレです、飛行機雲。
その証拠に

16042709.jpg
先端に飛行機がいるもんw

地上から見ることはあるしさして珍しいとは感じませんが…高度12000メートルの超上空で、しかも飛行機に乗りながら飛行機雲を見るとは…コレけっこう奇跡体験じゃないですか?
一度の移動でものすごいいろんな刺激を受けました…雲の上…良い……飛行機好きになりそうw


でも帰りの便は通路側で外ぜんぜん見えなくて、持ってったDSがすげー役に立ちましたw

|

初上陸!

週末はイベントで遠出をしておりました。

16042601.jpg
飛行機乗りーの…

羽田からだいたい1時間くらいですかね?
どこに行ったと思います?
ズバリ……

16042602.jpg
このへん!w

ぜんぜんズバリじゃない!!w
スマホのマップアプリ開いたら見慣れないところに現在地のマークあったんでおもしろくなってスクショしてしまいました…

ということで広島県は竹原にお邪魔して参りました!
行った理由はもちろん『たまゆら』。
今回はLast eventということで、卒業式を行いにたまゆらの聖地・竹原に行かせて戴いたのでした。

広島県竹原市はアニメ『たまゆら』の聖地。
作中のキャラクターたちが生活するこの町で、ヒロインたちの卒業式をやろう!ということで、いつもはサプライズMCとして駆り出される僕も『先生』として式の進行を仰せつかり、初めて竹原に行くことが出来たのです。

いやー、マジでなかなか出来ない体験でしたよね…だって卒業式の司会ですよ?
通常なら学校の先生がやることで、卒業していく生徒たちにとってもその親御さんにとっても先生にとっても、人生において非常にオフィシャルかつ重要な行事。
イベント内でどこかの会場で、ということならまだ無くはないでしょうが、実際に使われている学校をお借りして、ホンモノの卒業式と変わらない空間でやるという前代未聞の卒業式イベント。
人によっては結婚式の司会なんかを頼まれる声優さんはいらっしゃるでしょうが、卒業式はまた違うもので…たぶん声優で卒業式の司会やったことあるの僕くらいなんじゃないでしょうかw

あくまでイベント、どこか面白いかたちになってもいいのかな、とも思ったんですが、スタッフさんたちからも「ちゃんとした卒業式にしたい」ということを聞いていたのもあり、一番しゃべる僕がその空気をつくる役をやらねばならんわけで…まー緊張しましたよねー。
これまで『たまゆら』に協力してくださっていた市の偉い人たちなんかも来賓としていらっしゃっており、その方たちのお名前と肩書も紹介するところもあったりして。
…間違えられないプレッシャーですよw
頭の中の、いつもとは違うところをフル回転させて、きちんとしたカタい進行を目指して頑張りましたよ…すげーいい経験させてもらいましたわw

とはいえ主題歌の歌唱や作中音楽の演奏なんかもある、イベントとしても楽しめる内容でとっても良い式でした。
またひとつMCとして、一段上の高みに上れたような気分ですw
これもスタッフの愛、ファンの愛、そしてなにより竹原の方々の愛が成した、スペシャルなイベントでしたねー。
ホント関われてよかったと思います。


すごく印象的だったのは、佐藤監督が最後の挨拶で「みんなを幸せにしたかったんだ」と言ったこと。
卒業式の様子やみんなのコメントを聞いていてじんわりとそう思ったんだそうですが、作ってる時は意識してなかったことに作り終わってから気付くってすごいなーと。
客観視して初めてわかる事実というか、そういうものがあれだけ長く監督という責務を負ってらっしゃる方でもあるんだなって。
そしてその『幸せ』の最後が卒業式である、というのもまた不思議でもあり納得もあったりして。
どなたかもおっしゃってましたが、卒業って『別離』だったり『おしまい』をイメージしがちな、ちょっと悲しみを持った儀式で、「幸せにする」終わりとしては違う感じもします。
卒業して仲の良かった4人は離れ離れになるけど、それは輝く未来の為で、この6年(作中では高校の3年間ですが)で『離れ離れになっても離れたりしないんだよ』ということを描けたから、このラストが待っていたんだな…と、見ていて感じました。

これは僕個人が思っていることでもあるんですが、卒業とか別れってそこまでしか見ないと悲しく映りますけど、その”先”を考えると進学だったり就職だったり出会いだったりと、いろんな「新しい挑戦」が待っていると思うんです。
未来を見据えることはとてもハッピーなことで、だからこそ卒業に悲しいイメージがなくて。
卒業式で泣いてる人って「離れ離れになっても!ズッ友だよ!!」とか言ってるイメージがあるんですけど、これって別れを惜しむ”今”しか見てない涙なんですよね。
コレがどうしても理解できなくて、今まで卒業式で泣いたことないんですよw
だって会おうと思えば会えるじゃん!連絡取れるじゃん!
卒業したって今までの歴史も記憶も消えるわけないんだから、言われるまでもなくズッ友だわ!!w
あるとすればそれは努力不足。
繋がってる人はそんなこと言わなくてもずっと繋がってるものです。
そんな僕が…初めて卒業式で泣いたんですよね。…あ、実際にやったこの式じゃなく、アニメのラストで流れるキャラクターたちの式の方で。

僕が先生役だったってのもあるんですが、証書を受け取り涙まじりの笑顔で振り向く生徒たちの姿…そして合間に流れる今までの『思い出』という名の回想。
見ててなんとなく「ああ…彼女たちは一つ上のステージに行くために羽ばたいていったんだな…あんなに弱かった子どもたちが…」と、マジ教師目線で成長を感じまして、最終的には「良かったなぁ…沢渡…」とか言いながら号泣してましてw
あー、卒業式ってこういう泣き方もあるのか、とヘンに冷静な自分もどっかにいて納得したりしてタイヘン複雑な心理状態でしたw


今回作品も最終章まで進み、卒業式も迎えて全てが終わった感がある『たまゆら』。
物語はたしかに終わったけど、これからも彼女たちは彼女たちの道を進み、極め、繋がり続けていくわけで…道が続いてるとわかった以上、それはもう終わりではなく始まりでもあるわけで。
作品としては完成したけど、非常に清々しい気持ちで送り出すことが出来たなーと思っています。
またなんか…同窓会とかですかね?
何かの機会で、堂郷先生としてたまゆら〜の皆さんの前に立つことが出来る日を夢見て。

みんな!卒業、おめでとう!!

良い広島の旅でした☆

祭り事 |

ととと

16042501.jpg
届いタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

Vシネマ『仮面ライダーチェイサー』!!
この日をどれほど心待ちにしたことか…日本武道館で見た超英雄祭…そこで聞いた主題歌。
あの演出は忘れられない…いやあの演出はコレには入ってないんだけどw

はやく見たいぜ!!

ちなみに隣のデカい箱はセットでついてくる魔進チェイサーの武器&変身アイテムでもあるブレイクガンナー。
一緒にこのVシネに出てくる『ライノ スーパーバイラルコア』が入ってるんですよね…手に入れないわけにはいかない!!

でもそのおかげで我が家は

16042502.jpg
ブレイクガンナー二刀流!w

*作中にこのようなシーンは存在しませんw

おもちゃ |
| ホーム |次のページ>>