マジP!

間島淳司の日常をプロデュース!!

俺チャン再臨

デップーちゃん二回目行って来たよー!!

もちろん今回は望み通り吹き替え版。
そのためにいつもよりちょっと遠出しましたよ…大した差ではないけどもw


待ちに待った吹き替えとはいえもちろん内容は同じ。
違うのは声。
少し前までは洋画は字幕で見ることが多かった(というかほとんど字幕版しか公開してないからw)んですが、最近は可能な限り吹き替え版で見るようにしてます。
洋画、と大きく括りましたが僕が見る洋画って最近はマーベルヒーロー作品くらいしかないのでかなり狭い範囲ではありますがw
その理由も単純なんですけどね。

どう考えてもアイアンマンの声は藤原啓治さんでしょw

ヘンな話なんですがロバートダウニーJrが喋ってるの聞いてるより啓治さんの声の方がしっくり来るんですよね…それが理由で吹き替えばっか見てたら他のヒーローたちもどんどんしっくり来て、気がつけば吹き替え派にw
まぁそもそも声優さんたちがやってる仕事ですしね、もっと早くから興味持つべきなんでしょうけど…来ないんだもん洋画の仕事w


今回のデッドプールの主役・デッドプールを演じているのは加瀬康之さん。
そして今回の敵であるエイジャックスことフランシスを演じるのは、浜田賢二さん。
どちらも大変お世話になっている先輩。
普段から現場で会えばお話してくださる方々なんですが、そんなお二人が洋画の世界でどんなお芝居をなさるのか、ってのも非常に興味があったり。
まぁ加瀬さんはアイアンマンやアベンジャーズで J.A.R.V.I.S.だったりヴィジョンだったりと洋画のお芝居どころかスーパーヒーローを演じているのを見たことがあるんですが、 J.A.R.V.I.S.もヴィジョンも非常に理知的で大人しいタイプのキャラクター。
対してデッドプールはハチャメチャで自分のことを「ヒーローじゃない」と呼ぶような破天荒なキャラ。
加瀬さん自身もとっても良い方なので、どんなデッドプールが飛び出すのか楽しみだったんですよねー。
ということでワクワクとともに視聴。





耳が…幸せとはこういうことかw

声ももちろんいいんですけどお芝居が良い!
デッドプールってハチャメチャだけどアホじゃないキャラなんで、クレバーだけどクレイジーなところが魅力だと思うんですけど見事に表現されてましたよね…
浜田さんのフランシスは理知的に見えて倫理観だったりと中身がぶっ壊れてるキャラクター性。
普通にやったら物足りなくなりそうなところを見え隠れする狂気をしっかりと表現されてました。
デッドプールは”死なないけど痛みは感じる”のと、フランシスは”痛みは感じないけど普通に死ぬ”キャラクターでもあるので、攻撃をされた時の表現なんかも違いが出てて面白かったですねー。
この辺は原音でもやってるんでしょうが、海外のお芝居と日本のお芝居ではわかりやすさが違いますね。
僕が同業者だから余計にかもしれませんけどw

全体としても、やはり一度目に見た時はどうしても字幕を追ってしまっていて見逃してた部分もしっかりと見られたし、字幕は流れの中で読むものなのでどうしても文字数の制限があるんですよね。
その結果止むなく端折られたセリフなんかも吹き替えではしっかりと拾われていて、なんでしょう…お下劣度が増した感じがたまりませんでしたw
英語がわかればそもそもわかるんでしょうけど、僕は英語を理解できない脆弱で生粋の日本人なもんでねw


珍しく洋画を字幕、吹き替えともに見ましたが、個人的な感想でいえばどちらも見るなら同じく『字幕→吹き替え』の順番で見ることをオススメします!
デッドプールに限ったことじゃないんでしょうけど、新たな発見、感動なんかを見つけることが出来ると思いました。
あー楽しかった!
スポンサーサイト
感想 |

きのこのこのこ

仕事帰りにスーパー寄ることがたまーにあるんですよ(突然の主夫感)


その日食べる食材だったりとか翌朝に食べるものだったりとか。
ちょうど切れてた調味料だったりとか数日先まで見越して必要な物とかいろんなものを買いに行くことが多いんですね。
その日はちょっと遠くから歩いて帰ってくる気マンマンだったので、ウチからは少し離れたところにある業務用スーパーに向かいました。
その日欲しかったのが乾燥ワカメだったもんでね…乾物はいつまでも持ちますからねぇw

一人暮らしで飲み会も多いため、足が早いものは無駄になってしまうから買わないようにはしてるんですが、業務用スーパーって安いじゃないですか?
ついつい多めに買い込んでしまうこともしばしば…もったいないことになるくらいなら買わない方が!とは毎回思うんですけどね。
この日ももちろんそういった鉄の意志でもって業務用スーパーに向かったんです。
ただ滅多に行かない場所なため、店内のどこに何があるかがわからない…当然彷徨うことになるので多少の出費は覚悟の上、想定内。
お店に着いて、外に置いてある野菜やらなんやらをふら~っと見てた時。
早くもその決意は崩れました。


き!?キノコが安い!!


エリンギ、しいたけ、舞茸なんかが1個5〜60円で売ってたんですよ!
すごい!全種類買っても200円行かない!!
もう速攻買い物カゴにINですよねw

そんなキノコをせっかくだからと違う食べ方で二回に分けて食べましたよ。
まずはこちら。


16062401.jpg
キノコのパスタ

買ってきたキノコ3種と、冷蔵庫の中で眠っていた前回の余ったネギをぶち込んで、にんにくバターしょうゆで味付け。
パスタ少なめにしたけどキノコを多めに入れたので充分な満足感のあるパスタになりました☆

そしてまた別の日。
同じような食材を使って今度は主食をチェンジ。


16062402.jpg
キノコ炒飯!

先日鈴木区で飲み会やってる時に炒飯の話が出たんですよね〜。
なので炒飯にしよう!…と思って作ったはいいんですが、タマゴなかったんで若干方向性を変えまして、同じくニンニクバターしょうゆで味をつけてガーリックバターライスみたいな感じに。
こちらもキノコ3種にプラスして冷蔵庫で眠ってたネギ、ウインナーを入れてます。
余り物使うの上手とか主婦の鑑かw

どちらも普通に満足感もあるしおいしかったですけど、200円以下で買ってきたキノコ+αで作ってるわけで…いっててせいぜい100円、と考えると如何に自炊が安いかがわかりますね…ワンコインランチですら贅沢に感じるw

またなんか安売りしてたら買ってきて作ろう!と思える、良い自炊でした!
足繁く業務用スーパー通いそう。


主夫かw

ごはん |

被写体の苦悩

先日チラシ撮影をしてきました、鈴木区の。


といっても約1ヶ月後に迫った舞台『ラストオーダー90分』のものではなくその先、10月8日、9日にやる朗読劇『キミが、No.1』のチラシ撮影。
智晴くんから連絡来た時はラストオーダー90分の稽古してる中「今撮んの!?」という気持ちと、10月のものの撮影を6月…4ヶ月前に撮ることに対して「はえぇw」という気持ち。
さらにいえば、普段記録係とか呼ばれてるこの僕が、記録される側になるとは…世の中は数奇なものですねw


約束の時間に撮影場所に向かうと、そこでは相方になる伊藤かな恵ちゃんがメイクの真っ最中。
周りでセッティングしたり撮影プラン練ったりしてる智晴くんはじめ鈴木区一同。
そんな中…やることもなくiPadで遊び始める私w
だって!かな恵ちゃんのメイク終わんないとなんも出来ないんだもんメイクさん1人しかいないから!w
ただ途中からあんまり遊んでるのもアレだなーと思ったので、メイクの前にやっとこうと自発的に衣装に着替えましたけどね。

『キミが、No.1』は過去に鈴木区で舞台として上演した作品。
一回やってるのでもちろん衣装プランやイメージもバッチシ出来上がってるわけで、今回の衣装も当時のものに近い感じのもの。
当時の写真があったのでそちらでどんな感じかをご確認ください。

16062301.jpg
主人公・イット

ご覧の通り非常にラフな格好。
そのへんも物語に関係あるっちゃあるんですけどね…まるで同じではありませんが今回もこんな衣装が用意されてました。
ズボンを履き替え、シャツも着替え。
あとはメイクされれば準備万端!というところで衣装に着替えた僕を見た鈴木区メンバーから衝撃の一言が発されます。



「休日のお父さんみたい」w



ひどいwwwでもしょうがないw
そらそうだよ!38歳のオッサンがラフな格好してんだから!休日のお父さんと変わりが出るわけないじゃん!!w
ひたすら笑い転げる鈴木区と遊んでるとメイクが終わったかな恵ちゃんが着替えも済ませて登場。
ちなみにかな恵ちゃんの衣装イメージはこちら。

16062302.jpg
ヒロイン・コノミ

こんなカッコしたかな恵ちゃんが立ってるわけです。
メイクしてるせいもありますけど…仕上がりがスゴイ。
対して僕は『休日のお父さん』なわけで…これからこの娘と一緒の写真に写るのだと思うと非常に怖いw
がまぁうだうだ言ってもしょうがないのでメイクされて来ましたけどねw
ちなみにメイクされたら鈴木区から「ネットで検索すると見る間島さんになった!」と言われました。
いちいち失礼な連中だw


そうして撮影開始。
あくまで舞台のチラシなのでただの記念撮影とは違い、ポーズや構図の指示が入ります。
作中の二人を表すような表情を要求されたりとかするわけで、動いたり喋ったりするわけじゃありませんけど気分はプチお芝居やってるような感じ。
ラブコメなので中に「見つめ合って」みたいなポーズ指示もありまして、なかなかの至近距離でかな恵ちゃんと見つめ合ったんですが…コレダメだね、意味もなく黙って見つめ合ってるとどんな可愛くても笑っちゃうw
やってみるとわかりますよ、誰か知り合いの異性と10秒、黙ってまっすぐ見つめ合って見てみなさい、絶対笑うからw

でさらに、僕からしたらかな恵ちゃんを見てるわけですが、かな恵ちゃんは僕を見つめてるわけでしょ?…休日のお父さんをw
そんなん笑うに決まってるよね!ということで5秒も見つめ合うと爆笑してしまう二人。
そんな『見つめ合っては笑い合う男女』を、周りで見つめる鈴木区の面々の目線。
…これ状況想像してもらえるとわかると思うんですけどなんかめっちゃ恥ずかしいんですよねw
なんかさ、コレいちゃついてるように見えるんじゃない???すっげー恥ずかしい!
でも撮影の関係上また見つめ合わないといけないわけで…お前らがやらしとるんじゃクッソ!恥ずかしい!!w
その恥ずかしさから逃れたい気持ちからなのか、また笑いがこみ上げてきて…途中からだんだん慣れて来ましたけどなかなか撮影が進みませんでしたw

そんな羞恥心との戦いの末撮影は終了。
「良い写真が撮れた」とご満悦の智晴くんがいましたからきっと写真はステキに仕上がったのでしょう…僕は自分の姿カタチがキライなので良いのかどうかはよくわかりませんでしたw
ただ撮影したことでなんとなーく僕らがやる『キミが、No.1』のイメージも見えた気がしました。
非常に実りのある撮影だったと思います。


それから行けるメンツで飲んでから帰ったんですが、家に着いてテンション上がって『キミが、No.1』の台本読んだんですね。
鈴木区で上演したのも見てるんで内容はもちろん知ってるんですけど、改めてきちんと台本読んだことはなく、まぁ予習とイメージ膨らましがてら、くらいのつもりで。
…もうね、大号泣w
お酒入ってたのもあるんでしょうけどすげー泣きましたよね…コレ朗読本番大丈夫か?って心配になるくらいw
ただそれと同時に非常に楽しみにもなりました。
演者が読んで泣けるくらいの本ってことだもんね!見てる人にも伝わるようにしっかり頑張ろう!と。

ということで、チラシはもうちょっとしたらお見せすることが出来ると思いますのでお待ちください〜。

鈴木区 |

仕事の流儀

最近テレビではけっこうマジメな番組を見ることが増えてきました。

発端は仕事前に垂れ流す感じでつけてた『ノンストップ!』で料理コーナーがあって、それ目当てで番組を見出したこと。
番組内で取り上げられる様々なゴシップ・ニュース、特集なんかも一緒に見てて、だんだんと事情に詳しくなってったこと。
知れば知るほど『ニュース』というカテゴリではなく『現実社会で起きているドラマ』みたいな感覚になって、面白くなってきたこと。
先日の謝罪がどうこうなんてのもこういった流れでワイドショーだったりニュースだったりを見る機会が増えてきたから出てきた内容ですよね。

昔っからバラエティやアニメなど、いわゆる娯楽に関わるものをたくさん見る方なので、こういった番組って「なにがおもろいねん」と思って興味持たなかったんですよねー。
でも最近は「マジメな話もおもしろいな」なんて思うことが増えてきました。
人はこうやって大人になっていくんですね…38歳がなに言ってんだって感じですけどw
そこで!今日は最近おもしろくなってきた「マジメな話」に挑戦してみたいと思います!
ただ政治関連とか現在起こっている社会的問題に触れるのはあまりにリスキーなのでwもっとライトなところのマジメな話でもしてみようかと。
そうですね…『仕事』をテーマに話をしてみますか。
普段なかなか話すこともないし、皆さんからしてみれば謎も多い業種だと思うので、仕事のスタンスとか取り組み方とか話すのもおもしろそうですしね。


僕の仕事は『声優』という仕事です。
声優といえば声を扱った役者業、ボイスアクターなわけですが、最近では歌ったり踊ったり写真撮られたりなんだりかんだり、その業務内容は多岐に渡るようになってきました。
ホントにね…僕が目指した頃はそんな仕事になるとは思ってませんでしたからね…ただのクソオタクが「アニメの仕事に就きたい!」「お芝居楽しい!」みたいなノリでなってるから、人前に出て何かするなんてことは想像もしてませんでしたよ…
養成所とかで教えられてないことが仕事になってるケースも多いですしね、意外とタイヘンなんですよ今声優になるのってw

基本的にはどのようなお仕事も断らない主義でやってるので求められればなんでもやるつもりでいますが、場合によってはお断りさせていただくものもあります。
もちろん「ただなんとなくヤだから」とか「そんなの声優の仕事じゃねぇじゃん!」とかそんな理由で断ることはありません。
僕の中で明確な『ルール』が存在します。
それは…”プロとして取り組めるかどうか”です。

我々のお仕事は声優。
様々なことをやり最終的にはお金を戴くわけです。お仕事なんだから当たり前の話ですがw
その我々に報酬として支払われるお金はどこからくるかといえば、それはもちろんクライアントさんからであり、もっといえば作品や作り上げたモノを好きでいてくださるファンの方々からであるわけです。
求めるファンの方がいないものは作っても意味がなく、娯楽として成立しない。
成立しなければ収益は見込めず、赤字になるなら産業として成り立たないわけで、そんなものにお金をかけることは出来ない…それはアタリマエのこと。
だからこそ、ファンやクライアントが求める存在であること、それが仕事をするということだと思います。

求められるためには自分の中になにか誇れるものが必要で、そのためにいつだって自分を高めることが必要。
僕らも人間ですしプロとして活動してますが、別にすべてがカンペキであるわけではありません。
だからこそ、”今の自分”がプロとしてお金をもらっても良い何かを表現できるか、そこが判断基準です。
プロとして満足のいくパフォーマンスが出来ないな、と感じたら、それがどんなに魅力的な仕事でも受けてはいけないと僕は思っています。
逆にいえば、不慣れなものでもプロとして取り組むことが出来る、と判断出来るなら、僕はそれがどんなものでも受けようと思っています。

こういう話で「仕事を断る」「断らない」みたいな話が出るとたまーに誤解を招くことがあるんですが、ご覧のとおり僕らは基本受け身の仕事です。
どこかからのオファーがないと仕事は出来ません。
アニメなら誰かが作った物語がないと仕事は出来ないし、イベント、ラジオ、どの仕事をとっても『誰かに求められてから』でないと僕らは仕事をすることが出来ません。
作品作りをする際に求められる存在であるためには、「この人なら役を活かしてくれる」「よりステキに輝かせてくれる」と思える役者であるということ。
声質だったりお芝居だったり様々なものが判断基準になるでしょうが、ひとことでいえば「役に合ってる」と思われることが第一であり必須条件です。
そこをくぐり抜けたら今度は思いに応える番。
役者として戴いた”信頼”を全て声に、芝居に乗せて、原作の先生やクライアントさん、ファンの皆さんが「この人でよかった」と思えるような役作りをしていくこと。
その積み重ねが仕事をし続ける秘訣だと思います。

役を戴いて現場で仕事をする際にいつも感じるのは、いつだって僕らは後から追いかける存在であるということ。
役を表現すると思うと先頭に立って作り上げているイメージを持ちがちですが、僕らが演じる前に原作の先生だったりファンの人々の中にあるイメージだったり、僕よりも物語やキャラクターをずっと理解している人がいるということ。
これを忘れてはいけないと思っています。
僕のほうが知らないんだから、僕より知っている原作の先生だったり監督だったり、先人の意見をきちんと聞いて、自分の中のイメージに縛られずにキャラクターを造形していこう。
そのためには他人の意見に素直に耳を貸せる柔軟な心と理解力、それを即座に体現できるスキルが必要で、それこそが声優として一番大事な資質なんじゃないかな、と考えて仕事をしています。

そんなこと考えながら仕事してるですけど、そういうのあんまり表に出して仕事しないもんだから、たまーに「間島さんこの作品好きじゃないでしょ?」とかスタッフさんからあらぬ言いがかりをつけられることもあります、主に飲みの席でw
ちゃうねん!現場で大人しいのはそこが仕事場だからで!
遊んでて上手に役を演じられなかったら「あの時遊んでたせいだクソ!」って自分が許せなくなるからなんだって!!
楽しそうじゃなく見えてるんだとしたら必死なだけなんだって!!!w


我々の場合様々な場面でポイティブな表現をすることが多く、皆さんから「いつも楽しそうだなー」なんて印象を持たれることが多いですが、裏側では優雅に泳ぐ水鳥が水面下では必死に泳いでいるが如く、見えないとこで様々な努力をしているんだということです。
楽しそうに好きなことやってるように見えても、あくまで仕事…生半可な取り組みは皆してないんだゾ☆だといことですね。
もちろんホントに楽しいし辛いのガマンしてやってるわけじゃないですけどw
”楽しい”を維持するために、努力を惜しまず活動してますよ、というお話。

見えてる部分がすべてではないというか、そこを見て「…てことは裏で相当な努力も…」という想像力を持って見ていただけると、より一層その人のことが好きになれるんじゃないかと思います。
そんなことを、仕事を通じて仲間の姿を見ていると強く感じるのです。



…ホントにマジメな感じの話になりましたね…やりゃ出来んじゃん、自分w

考察 |

ムゲンの絆で

ゲゲゲげっと〜〜〜〜!



16062101.jpg
ムゲン魂!!

ゴースト最終フォームの変身アイテム・ムゲン魂アイコン!
考えてみたらウィザードの最終フォームもインフィニティで無限なんですよね…コラボあるかなぁ?(ないw)

とりあえず!ひたすら!変身!!
おもちゃ |
| ホーム |次のページ>>