マジP!

間島淳司の日常をプロデュース!!

見せてあげない☆

パソコン使ってるとページに出てくる広告の数々。
何故か訳わかんないモノをオススメしてきますよね…検索履歴とかアクセスしたページから拾ってきてるとか聞きましたが、たしかにそうだと思うものもあり、そうだっけ?と思うものもあり。

先日ネットでシュレッダーを買った後はしばらく広告にシュレッダーが出てて、「もう持ってるからいらねぇよ」と思ったのを思い出しましたw

このへんは心当たりのあるやつですよね。
逆に心当たりないのが女性物のトゲトゲが着いた責めたデザインのスカートとか、女性物のタンクトップとか、アイドルの写真集とか…広告のサムネイルに女ばっかり写ってるんですよねw
アイドル写真集は男性にオススメするにはいいんでしょうけど僕はそういうの興味ないし、スカートとかタンクトップとか…着てる人を見るのは好きだけど商品オススメされても困るw
きっとどっかで見たページからたまたま飛んだ先がそんなページだったとか、そういうところから拾ってるんでしょうがマジ不思議ですよねー、不動産情報とかもあったしw


そんな中先日、すげぇ責めた感じのデザインの下着…いわゆるセクシーランジェリーが広告にあがってました。
おそらく先述のトゲトゲスカートからつながってってるんでしょうけど…セクシーランジェリーなんぞどないしたらえぇねんw

とか思いながらも思わず見てたんですがw
ひとくちにセクシーランジェリーっつってもいろんなものがありますね…スッケスケでカワイイ感じのもあれば、大事なところ見えてるのもあったり。
おっぱいの周りを囲んでおっぱい丸出しのとかもあったんですけど…アレはなんなの?何を守ろうとしているの?ランジェリーとしての根底覆されてんじゃないの?w
他にもすげーちっちゃいサイズのとかもあって『こんなんいつ使うんだ?』なんて思いましたが…まぁそういう時に使うってことなんでしょうねw

んでセクシーランジェリーは一旦置いといて。

女性の下着ってすっごい種類あると思うんですよね。
シンプルなものからフリフリが付いてたり、布の量とかもそうだしホント様々。
きっと様々なニーズに応えた結果そのようになっていったんでしょう……下着でさえもオシャレにこだわるとか実に女性らしい考え方なのかな、と。
そしてそう思うと同時にひとつの疑問が生じました。

見えないのに高い金払ってオシャレする必要あるの?とw

下着に高い金出すこと自体は全然いいと思うんですよ。
特に女性の場合は美しいバストを保つためにはそれ相応の努力が必要であることもわかってるし。
少しお高めでもしっかりした、自身のサイズにあったものをチョイスすることが大事だと思うので。
しかし…オシャレだけのために高い下着を買うんだとしたら理解に苦しむというか。

近年は『見せブラ』とかいって肩紐部分を見せるファッションとかもあるから、そういう用途の場合はまだわかるんですよ、見える範囲はカワイイ方がいいじゃないですか。
でもまったく見えない部分は…いったい誰に向けてやってるんだと。
ラッキースケベも織り込み済みでかわいい下着を履いてる…わけはないし、毎日衣服を脱いで下着を見せる相手がいるとも思えないし。
自分の密かな楽しみ、というのが唯一理解できる見解かなーとも思うんですけど、だったら見えるところにお金多めに使った方がいいんじゃないかなー、とか思ったり。


女性のことばかり考えてもラチがラチが明かなさそうなので自分に当てはめて考えてみたいと思います。
まず根本論として。

高い下着とか別に欲しくないですw

あ、あかんコレ話が終わるやつやw
たまーにプレゼントで下着をくださる方とかいらっしゃるんですけど、きっとそういうのはお高い下着だと思うんですよ、調べてないからわかんないけど包装の感じとかでw
そういうのは確かに履き心地が良いし、デザインもカワイイのがあるんですっごいいいんですけど…こう……自分で買う気は起きないというかw
別にユニクロとかの履きやすいのでも、3枚1000円みたいなお安めのでも全然問題ないというか。
唯一デザインで買ったのっつったらライダーとか戦隊とかをモチーフにデザインされたヤツ。
可愛くてお気に入りでもあるんですが、コレの場合はオシャレっつーかまぁ趣味ですよねw
でもいいんですよね…ダブルのパンツとか履くとテンション上がって必ず変身ポーズやっちゃうしw

そういう自己満足以外ならば、やっぱりオシャレしてるなら見せた方がいいような気がするんですけどねー、見えないところのオシャレってなんなんでしょう?
誰かに見て欲しい願望?ただ相手がいないだけ??

それなら言ってくれればいくらでも見てあげるのにw

「間島さん、今日下着オシャレなんで見てください☆」

「お!?お……おぅ///」

ダメだ照れてる未来しか浮かばないw

見たい気持ちに…精神が着いて来ないぜ!!w


ま、どれだけオシャレしたところで僕が見られない場所ならあんま関係ないってことですねw
見せて良い人だけオシャレになーれ☆w

FC2 Management
男女に関するアレコレ |

日々を懸命に生きる。

人生とは毎日をどれだけ彩ることが出来るか。
それに尽きるのではないかと思います。

最後に人生を振り返るのは自分…だとしたら自分にとって後悔のないものにしたい。
そのためにできる事をやるのか、やらないのか。
延々と繰り返した二択や三択、様々な分岐の末に辿り着いた樹形図の”頂点”に来た時に後ろを見て

『嗚呼、俺の人生まんざら捨てたもんじゃなかったな』

こう思えるのならこんなに素敵なことはないと思うのです。
人生とは、そう思うための助走期間なのかもしれません。



とクソマジメっぽいことを書きましたが、その選択肢をいちいちマジメに考えてると行き詰まるときもありますよね?
そういう時は…テキトーもアリ!w
最終的なジャッジをするのが自分なら途中のジャッジがユルくても赦すのも自分。
そんな生き方ってステキだと思うのです…そんなユル〜いジャッジ。
そのことをこの世では『ご都合主義』とも呼びます。



そう!今日は『ご都合主義バトン』に挑戦したよ!!w


このための前フリに長々文章をしたためる…それもまた人生w

以下意味のないバトンに意味なく答えてますw
興味のある方だけどうぞw


御都合主義バトン

Q1 二針式丸時計の理想的な時刻表示は?
A1 10時17分くらい?
Q2 トランプのジョーカーの色は?
A2 黒よりちょっと青に近い紺色みたいなの。
Q3 盤上遊戯で頭使わなくていいゲームは?
A3 人生ゲーム?いや使うか……てかゲームで頭使わないなんて存在するのかw
Q4 しっくりくる季節と果物のカップリングは?
A4 夏にスイカ。秋にナシ。
Q5 自分につけるテーマソングは?
A5 サザエさんの「テケテケテ♪テケテケテ♪テケテケテッテッテーン♪」ってやつ。がいいw
Q6 あるべきではなかった日本語(外来語,略語含む)は?
A6 「明日があるんで…」という帰り際の言葉。し か し 何 も 起 き な か っ た !
Q7 三字の熟語思い浮かべてみては?
A7 嫌です。と言いたいところだが……『落花生』とかがパッと思いつきましたw
Q8 他人より自分が圧倒的に劣っている部分の暴露どうぞ?
A8 我慢かな?煽り耐性ないとか言われるし、すげーむかつくしw
Q9 タイトルから連想×5どうぞ?
A9 ちょっと意味がわからないですw『ご都合主義→考えなし→自由→不自由→亀甲縛り』 こういうこと?w
Q10 最後に日本人の冗談のセンスについて一言どうぞ?
A10 歳を取るに連れてレベルが下がる。たぶん言う人のハートが強くなるからw

続きを読む
バトン |

友達になってください。

というとどうしてもアマゾンが出てきてしまうんですがw
本日はアニメ『一週間フレンズ。』スペシャルイベント”友達になってください。というイベントでした。
もちろんアマゾンは関係ないですw


イベント全体は作品のテイストが現れているかのような優しい雰囲気で、出る人・見る人・そしてなにより作品の雰囲気によってこんなにもイベントの空気って変わるのか、みたいなことを終始考えて司会をしておりました。
よくやる他のイベントがドタバタコメディ感強すぎなだけかもしれませんがw
現場ではお会いするけどイベントでは初絡み、という人ばかりだったのでどういうかたちになるか想像がつかなかったんですが、結果的にはすごく良い形にまとまったかと。
OPの歌から始まり学校風の出欠確認、作品の振り返りトーク、ゲームコーナー、朗読劇、EDとどこをとってもステキな空気の流れる不思議で気持ちの良いイベントだったと思います。

山谷くんの鼻眼鏡…マジ神がかってたなぁw


そんなイベントの中身は来てくださった方のお楽しみとしてあまり触れずw
今日はその裏側とか前後とかのお話をしたためておこうかと。


イベントの台本を戴いて読んだのが数日前のこと。
もうちょい早くもらってたはずなんですがギリギリで見た方が楽しいかなーと思って見ずにおいたんですが、ふと思い立って台本を見た寝る前の僕に衝撃が走りました。
台本の出演者が載ってるページ、出演者の名前の隣に役名が書いてあり、全てに読み仮名がふってありまして。
おー親切、などと思いながらその先を見ると、続く空欄…そしてOPを唄う昆夏美さんのところにはその欄に「アーティスト」と記載がありました。
なるほど役職みたいなのが書いてある欄なのね、と思い僕のところを見ると…こう書いてありました。

『司会』

……司会!?

驚いてる段階でおわかりだとは思いますが、僕はこの時まで自分が司会をやることを知りませんでしたw
ついに…ごく自然に何も言われず司会を任されるようになってきたんですねぇ…これも実績かw
ま、よく司会はやってるのでそういう意味での焦りとかはまるでありませんでしたがw

そして日付は飛んでイベント当日。
朝目覚ましにより目覚めて布団の中で僕は…起きたくありませんでした。
別にイベントが嫌だとかそういうアレではなく単純なる睡眠欲求…体が求めているのがわかったのです、睡眠を。
それもそのはずだって起きたのが朝なら寝たのも朝でしたからw

そう…朝まで、飲んでたんですよw

仕事終わりで飲み会になりましてねー、楽しくなっちゃってそ2時くらいに帰るつもりで終電過ぎても飲んでたら、気が付いたら始発動いてたんですよね…w
アレあぶないですね、お酒入っておもろいメンツで飲んでると。
しかも帰ろうとすると「えー帰るのー???」とか言うんですよね酔っぱらいって…断れねぇじゃん、こっちだって楽しいんだから!w

という人生によくある紆余曲折の結果朝に自分の愚かさに気付いたわけですね、布団から出られない時点になってようやくw
もちろん現場には行きましたし仕事もきちんとこなしましたがさすがに途中何度か眠くなりましたよね…楽屋で。
ただ『人間は、朝まで飲んでもイベントで司会が出来る』ということがわかったのは朗報でしたw


んで、昼の部と夜の部の間の1時間ほどの休憩時間の間のこと。
気を抜くと意識を持って行かれそうだったのでずっとパズドラやってたんですが、ふと気が付くと細谷くんの姿がなかったんですよ。
どこいったんだろうなーと思いながら時折中原麻衣ちゃんとかと話しつつパズドラ続けてたんですが、夜の部直前、舞台袖で待機してた時に細谷くんに聞いたところ…スタッフさんにお願いして別の楽屋で寝てたそうでw

言えよw

キミが昨日なにをしていようと一つだけ言えることがあるよ!
確実に僕の方が寝てない!!w
などということでも盛り上がりまして楽しい気持ちになり、夜の部も楽しくお送りすることが出来たわけですね。
役者仲も良い、というエピソードでしたw


再三になりますがやっててもホントに楽しいイベントでした。
主役の二人を見てるだけで何故か心にあったかいものが生まれて優しい気持ちになるし、作品の作り出した雰囲気がこんなにもイベントにも出るなんてことは初めてで、それだけこの作品のパワーが、この作品に対する思いが強かったのかな、と。
神様も味方してくれた感がありましたし、笑って泣いてホントに良いイベントでした。
会場にお越しの皆さんとも一体感があって、イベントタイトル通り『友達に』なれたような気がしました。


また機会があれば…みたいなぁ、鼻眼鏡サンのご活躍w

本日はご来場いただき誠にありがとうございました☆

祭り事 |

特有の悩み

最近悩みがあるんですよねー。



…誰だ、「え!間島さんが悩むなんて珍しい!!」とか言ってるのはw
僕だって人間、考える葦なのです。
楽しいことばっか考えるときもあれば難しい問題に対して真正面から向き合う時だってそりゃありますよw

今回のはまさにそういう…問題。

何かといえば、最近僕のことを知らない人が増えてきてるということ。
イヤ、それ自体はいいんです、別に自己顕示欲が強い方でもないし、特段僕のことを知ってほしい!皆知れ!!とかいう希望もないし。
問題は…知ってる人と知らない人が混在してることなんですよ。

例えば当たり前の話ですが、現場とかで若い子と僕のこと知らない状態で出会うじゃないですか?
僕はいつもどおり仕事をするじゃないですか?
同じ現場だし話す機会が増えて少し仲良くなるじゃないですか?
僕のこと調べるじゃないですか?

このブログ出てくるじゃないですかw

…変態だと思われるじゃないですかw
その結果こういう会話が生まれるわけですよ

「あ、間島さん」
「何?」
「間島さんて…ニーハイお好きなんですか?」
「…!?
(ヤバい!ブログ見やがった!!)ん〜まぁ…そうね…」
「どういうところがお好きなんですか?」
「……
(ぐぬぅ!!)ほら…脚がキレイに見えるじゃない?」

いつまでも出口の見えない会話のラビリンスw

まぁまだこのくらいは軽い方です。
別パターンでは先日こんなこともありました。

僕「ぅわー、あっちい!(と上着を脱ぎ半袖になる私)」
A「…あ」
僕「何?」
A「間島さん…脇…」
僕「!?
(やばい!)ああ…ないね」
A「知ってるー!見せて見せて」
B「え、何ですか?脇がどうかしたんですか?」
A「間島さん脇毛ないの!」
僕「
(やめろ!)
B「え!?なんでですか!?」
A「ブログに書いてあったのー!」


ちなみにこのあと『何故脇毛を剃るに至ったか』という説明に入りますw

地獄絵図w

ブログはあくまでネタとして、おもしろいことをやってるので日常レベルで考えるとおかしいこといっぱいじゃないですか?(自覚はある)
知ってる人と知らない人が混在してると、知ってる人は知ってておもしろいから話のネタとして振ってくるけど、知らない人はまるで意味がわからないわけで。
現場ではそんな変態性はおくびにも出さずに仕事してるので、僕のブログやTwitterを知らない人からするととんでもなく意外な出来事が起きるのです…そしてそれを説明するのがめんどいw


現場でもそうなんですが最近ファンになった方でもそういう方が増えてるようで、Twitterをフォローしてくださってるのはいいんですが変なこというと叱ってくる人とかいるんですよw
「間島さん、めっ!」とか「それあかんやつや!」とか、ネタとも取れるんですけど…如実に不快感が伝わってくるというかw

個人的にはTwitterやブログはあくまで『コミュニケーションの道具』だと思っているので、きちんと考えた上で発言をしています。
ラジオのように公共性があり、誰しもの目に触れるような媒体ならやりませんし、Twitterに関してはフォローしなきゃいいだけ、ブログも見に来なきゃいいだけなので。
そしてあえてそういう発言をするのは、『選択肢は皆さんにある』ということのためです。
自分の応援する人が変態だった…でもなんかおもしろい感じではある。
『変態発言』が我慢できない人は無理せず離れてくださっていいのです。
『おもしろい』が勝ってる人はノっても良いし見てもいい。
決めるのは貴方自身なのです。

もちろんそれをやるに当たって背負うイメージやリスクなんかもあるのは理解の上でやってるので、あとは皆さん勝手に僕を判断して、近づいたり離れたりしてくれればいいなー、と。
だから、お願い……皆…ネタの説明をさせないでw


「今の何処が面白かったのかというと…」とか、芸人にとっては死刑宣告みたいなもんやで!!



いや芸人じゃないけどw

考察 |

SYOBUN-SYOBUN

我々の職業にとって必要なもの…声、水分、健康w
どれを取ってもなくてはならないものだらけですが…地味に必要なのが、です。

紙、というかまぁ台本ですねw
いろんなものがデジタルになって便利になった昨今でも、未だに収録の時に使うのは紙の台本だったりします。
録音の都合上『雑音』を極端に嫌う仕事でもあるので、マイクの近くに持って行ってなんらかの駆動音が入るならダメでしょうし、電波を受信することがノイズに繋がることもあるでしょうし。
あと何より台本に書き込みをしなきゃいけないので未だに紙の台本が好まれるんですよねー。

そんな紙の台本。

仕事をすればするほど紙がうちに貯まることになります。
紙ってまとめてあるととんでもなく重いんですよね…あと場所取るし。
『台本積み過ぎて床が抜けた』とかになったらやだなーと思いつつも想い出もあるしあと何より機密書類みたいなもんだし、捨てようにも捨てられない事情がたくさん詰まってる…ある意味厄介なものでもありw
取っておきたい…けどそうも言ってられない……
いい加減なんか方法を考えないとなー、とはぼんやり思ってたんですよ。
そこで!一大決心!!
新たなアイテムを導入しました!!

こちら!!

14092701.jpg
てれれてってれー♪

シュレッダー♪w

上に乗ってる二匹はシュレッダーとは無関係のものですw
サイズ比較のために乗せてみたんですが…はい、お察しの通りデカいですw
家庭用で使うにはいささか大きめ、事務用品といってもいいのではないかというサイズのシュレッダーを用意してみました。
うちにある台本の量を考えたときに気付いたんですよね…『あ、これ…ヘタな事務所より紙資料いっぱいある』ってw
小さなものを買ってすぐに壊れてしまうくらいならいいものを買って長く使おう、という発想。
その分性能もかなーり良い感じでして、紙100枚までなら開けてフタをしてしまえば自動裁断できるし、手差しでも一度に6枚まで、ホッチキスの針がついたままの書類でもそのまま裁断可能という高性能っぷり。
重たいんで通販で買ったんですが、届いてすぐにいろいろ試してみたところ…これはいい!!
すっごいするする裁断されてく!!
楽しくなってきて夢中で続けるとこだったんですが、連続使用が10分とかしか出来ないのでぐっと我慢しつつ裁断、処分を繰り返し。
あと意外なことに気がついたんですが、台本一冊って裁断してみると思ったより大変な量になるんですね。

14092702.jpg
台本一冊分の裁断後の状態

調べてみたところ…けっこう大きいサイズのものを買ったのにだいたい3冊もやるとゴミ箱が一杯になる感じ。
なので三冊裁断してはゴミ袋に移して…みたいなことを延々繰り返し。
時間を測るために録画したバラエティ番組とか見ながらやってたんですが、気がつきゃ結構な量になりまして…結果一気に40Lのボミ袋3袋分とかにw


もったいないとか切ない気持ちもあるんですけどね…人は、部屋で、生きていかねばならず。
想い出とともに台本を裁断する作業は辛くもあるけど部屋が片付くことに関しては非常に爽快でw
いい買い物をしたなーと思いましたとさ☆

買い物 |
| ホーム |次のページ>>