マジP!

間島淳司の日常をプロデュース!!

ヒップ!アーム!?

twitter見てたらタイムラインにおもしろい画像が上がってきました。


なにが面白いかって…まぁ見ていただくのが早いと思うので御覧ください。


16100301_20161012172221ae6.jpg
ででん。

あらやだセクシー☆
こんな画像上げちゃっていいのー!?なんて声が聞こえてきそうですが、この画像は載せてもなんも問題ないのです…
え?なんでおしりはセーフなの?おっぱいじゃなきゃいいのかって?
んー…そういう意味ではアウトといえなくもないかもしんないんですけど……だってこれ

16101302.jpg
腕なんですもんw

何かの広告の写真なのでしょう、鍛え抜かれた外国人男性の肩から腕にかけてのライン…とっても美しいライン。
どうみてもヒップラインですよねw
一回全体像を見た後にもういっかい腕のみの画像を見ればなんとなーく「あー、腕…か…」と理解できなくもないですが、しばらくすると「コレやっぱ尻だろ!?」となるくらい尻にしか見えないこの画像。
鍛え上げたからって、腕とか肩とかおしりに見えるなんてどう考えてもオカシイじゃないですか。
いや実際画像は見ましたけどそれでもにわかには信じられない!

そう思った間島さんは実験をしてみることにしました。
だって腕がおしりに見えるんでしょ?あの撮り方すれば。
自分の体の中に女性のおしりがあるなんて考えて御覧なさい、とんでもない自給自足ですよw
まぁ仮にそうだとしてもニーハイと同じくゲンナリして終わりなんでしょうが、こんな楽しいこと見過ごすなんて出来やしねぇ!!

と思い立ったが吉日、デジカメに三脚取り付けてセルフタイマー起動。
ダンベルはウチにないのでテキトーに…そのへんに転がってたガンガンハンドを手に取り、同じポーズで撮影!!
同じように肩から上腕の部分を切り抜いて…完成!!

16101303.jpg
おしり!!

に全然見えない!!w

ちなみに全体像はこう。

16101304.jpg
乳首の情報はブロックw

やはり…己の肉体の中に眠るおしりを目覚めさせるにはそれなりの努力が必要ということなんですな…我の脆弱な肉体では美しいヒップラインを再現することは出来ませんでした…何故だ、悔しい。
てかやっぱムリだよね、こんなん…どうなってんだ鋼の肉体。
そもそも鍛え上げた鋼の肉体なのに柔らかそうな女性のヒップラインみたいに見えるってのが許せないw


なんか悔しいので「俺、これ出来るよ」という方、お写真お待ちしております。
女性の場合は「近い画像なら…」つって同じようなおしりの画像でガマンしますんでよろしくお願いしますw


久々に…体を張ってしまったぜ。
嫌いじゃないw
スポンサーサイト
ネット |

だがしかし!

桃太郎。

言わずと知れた日本おとぎ話界のヒーロー。
川上から流れてきた桃から生まれた謎の赤子が、イヌサルキジをお供に鬼ヶ島の鬼を退治する、日本人なら誰しもが知ってるあまりにも有名な物語。


今日もまたテキトーにネットを徘徊しておりましたら”自身がつぶやいたツイートをテキトーにつなげて桃太郎風の物語を作る”『あなたのツイートから桃太郎を書いたらこうなった!』というよくわからないものを発見。
説明にあるように、twitterのアカウントからツイートの情報を拾って、穴埋め虫食いクイズの要領で桃太郎の物語をムリヤリ作っちゃおう、ってことなわけで。
え?twitterのアカウントってことは、僕のつぶやきの中から厳選・抜粋して作ってくれるってことでしょ?



…絶対おもしろいやつじゃんw



ということでもちろんチャレンジしましたよw
以下結果。



昔々ある所に美影と間島が住んでいました。
 美影は志村へお題しに、間島は長谷へ暗殺教室しに行きました。
 間島が長谷で暗殺教室をしていると、サバイバルサバイバルと、大きな歩いて帰ろうが流れてきました。
 間島は良い土産ができたと喜び、それを拾い上げて家に持ち帰りました。
 そして、美影と間島が歩いて帰ろうを食べようとすると、なんと中から元気の良いニーハイが飛び出してきました。
「これはきっと、神様からの授かり物にちがいない」
 ニーハイのなかった美影と間島は大喜びし、歩いて帰ろうから生まれたニーハイをアイアンマン太郎と名付けました。
 アイアンマン太郎はスクスク育ち、やがて強い誰だになりました。

 そしてある日、アイアンマン太郎が言いました。
「ぼく、だがしかし島へ行って、悪いだがしかしを退治してくるよ」
 間島に健康ランドを作ってもらった彼はだがしかし島へ出発しました。
 アイアンマン太郎は旅の途中で宝田に出会いました。
「アイアンマン太郎さん、どちらへ行くのですか?」
「だがしかし島へ、だがしかし退治に行くんだ」
「それではお腰に付けた健康ランドを1つ下さいな。お供しますよ」
 宝田は健康ランドをもらい、アイアンマン太郎のお供になりました。
 そして今度は興津に出会いました。
「アイアンマン太郎さん、どこへ行くのですか?」
「だがしかし島へ、だがしかし退治に行くんだ」
「それではお腰に付けた健康ランドを1つ下さいな。お供しましょう」
 そして今度は平井に出会いました。
「アイアンマン太郎さん、どこへ行くのですか?」
「だがしかし島へ、だがしかし退治に行くんだ」
「それではお腰に付けた健康ランドを1つ下さいな。お供します」
 こうして仲間を手に入れたアイアンマン太郎はついにだがしかし島へ到着しました。

 だがしかし島ではだがしかしたちが近くの村から奪ってきた宝物や御馳走を並べて「感情移入の宴」をしていました。
「よし、かかれ!」
 宝田はだがしかしに噛み付き、興津はだがしかしをひっかき、平井はだがしかしを突きました。
 そしてアイアンマン太郎も久保ユリカをふり回して大暴れしました。
 すると、とうとうだがしかしの親分が泣きながら降参を宣言しました。
 アイアンマン太郎と宝田と興津と平井はだがしかしから取り上げた感情移入を持って家に帰りました。
 そしてアイアンマン太郎たちは感情移入のおかげで幸せに暮らしましたとさ。

 めでたしめでたし



……ニーハイが飛び出してきて、アイアンマン太郎と名付けた段階で、勝ちは決まったよねw

とりあえず、腰に健康ランドはつけられないと思いますw
さらに『だがしかし』たちが夜な夜な行っているらしい「感情移入の宴」……なにやらすげー闇の匂いが漂ってきますねw

そして最後に武器にして振り回してごめんなさい久保ユリカちゃんw


ちなみに地味に一番気に入ってるのは、すくすく育ったアイアンマン太郎が強い”誰だ”になったくだりですw
なんだよどういうことだよわかんねぇよw
はーおもしろかったw
ネット |

どんだけ〜???

ネットを徘徊してたらおもしろい記事を発見したんですよ。

一般の方が書いたものらしいんですが、ある種の『偉業』といいましょうか……とにかくすごいことをやってのけていて。
なんと2014年の深夜アニメに声優が出演した本数を数えて、ランキング化したというものw

あくまで深夜アニメのみ、朝や夕方帯の番組はカウントに入っていないようなので完全な出演数ランキングということにはならないのかもしれませんが、それにしたってざっと数えて深夜アニメ119タイトルをスタッフロールだけかもしれないとはいえ全て見てカウントし、それを数値化して発表。
カウントはメイン級の役のみならず端役で出演の役者まできっちりカウント、数が多すぎて全部の発表はしないものの、発表された一番下の順位の人でも172位で出演数は37話出演。
『最下位は?』と質問されて答えたものは「(同率で)545人いる」。
このまとめを作るために数えた総キャスト数(役の数)はなんと、23833キャスト。
声優の人数に直すと…1911人。
そんなに声優さんっているんですねぇ…じゃなくて!!どんだけの労力割いたんだとw
出来ます?2000人近くの人数数えてデータベース化とかw

さらにそれだけでもすごいのに、106位(52回出演)の人からは一言コメントまで付けていくという情熱の傾けよう。
一言コメント書けるってことはつまり……その人の声とか一度は聞いたことあって知ってるってことでしょ?
これはトンでもないことですよ……凄まじい。


で見てみると順当だな、と思うところもあり、なかなか意外な結果だな、というものもあり。

単純に出演本数、ってことを考えるならメインやってる人の方が上位で、脇を固めるサポートの人とかが中頃、端役の人が下位にランクインするのかなーと思いきや、なんとランキング9位に大原さやかさんがランクイン。
主演はなくても主人公の母だったり様々な重要な役どころを演じていたためこの順位になったんだとか。

ただトップ3とかは案の定というか、『たぶんそうだろうな』といったところが順当にランクインしてました。
以下そこだけ発表。

第三位:茅野愛衣
第二位:櫻井孝宏
第一位:花澤香菜


ね?「あーw」って感じでしょ?w
にしても櫻井さんがすごいですよね…実は4位がうちの松岡なんですが、主役めっちゃやってる印象ある彼を押さえて2位にランクインするとか……先輩パねぇっすw

ちなみに僕の順位も載ってました。
僕は…27位。2014年アニメでは93回出演してるそうです。
もちろん全部仕事に行ってるので知ってるはずなんですが数までは数えなかったですからね、自分でも知らんかった現実を教えてもらいました。

思ったより…働いてたんだなぁ、去年w


全ランキングここで発表するのも違う気がするのでそこまではしませんが、ずらっと並んで見てみるといろいろな傾向が見えてくるようでなかなかおもしろい結果でした。
大変でしょうが毎年やってくれると……年ごとの傾向とかも見えてきてもっとおもしろいんじゃないかなーと思います。

世の中にはおもしろいことをする人がいるもんだなぁ…と感心しました。
負けてらんないっ!!w
ネット |

FAR EAST OF EDEN

タイトルは懐かしのゲーム『天外魔境』シリーズの原作とされている本から。
…まぁ架空の書籍らしいですがw
Wikipediaで調べて知ったんですがてっきりあるんだと思い込んでたから微妙にショックでしたね…しかしおもしろいこと考えるもんだw

さてしばしば理想郷の言い換えとして使用される『エデン』ですが、その単語自体にそういった意味は元来ないらしく、元々はシュメール・アッカド語で「平地」を意味する言葉だそう。
とするとFAR EAST OF EDENは『遠い東の平地』ということになり…英語だとカッコイイのに突然大草原の小さな家感がすごい感じになりますねw
これも『エデン』という言葉自体がその本来の意味を知られずに浸透した結果かと。


このように『知ってるようで知らない浸透してる言葉の意味』とか調べてくとおもしろいんですが、ある種その究極進化ともいうべきものを発見しました。
Twitterなんかで一時話題になってた画像が元らしいんですが…世界各国の地名を直訳してみる、というおもしろ企画w
国の名前として当たり前に受け入れてるアノ国コノ国…訳してみると意外な結果になるものが盛りだくさん。
見てて面白かったので是非みなさんも御覧ください、こちらです。


15010601.jpg
THE・直訳地図

わかりやすいのはグリーンランドの『緑の地』とアイスランドの『氷の地』ですかね。
このへんは別に訳してもらわなくてもわかる範囲w

日本は日本語なんですがちょいと丁寧に『日の出ずる処』と、さながら聖徳太子の時代のような表現で書かれてますがw
そうやって聞くとカッコイイ名前ですな〜日ノ本。
お隣韓国・北朝鮮はどちらも『朝の美しい光』と、日本と同じく光に妙に執着がある感じがとってもアジア圏って感じw

オーストラリアの『未知の南の土地』なんてのは大航海時代とかから来てる感じがしてコレ知ってると地理とか歴史の授業が楽しく受けられそうな気がしてきます。
モンゴルの『何事にも恐れぬ勇気』ってのも平原の覇者というか…美しい平原の地を駆け抜ける駿馬、それを駆るモンゴル人の気風が表れていてステキな名前ですね。

アメリカやロシアなど大きな国々もなかなかにおもしろ個性的な名前でいいんですがやはりこの地図で目を引くのはアフリカ大陸の国々ですよね…
川、王、湖など一文字シリーズ、ナイジェリア、ニジェールの『流れる川』、ギニア、スーダンの『黒人』などの同じ名前シリーズw
中央の塵、南の塵でわかるアフリカって”塵”って意味だったんだ、という新しい発見w
他にもエジプト沈んどるやんけとかムサ・ムビキってなんやねんとか『何もない地域』ってヒドすぎるだろとかツッコミどころも満載w
まぁこのへんはアフリカの歴史的背景を鑑みるとツッコんだり笑ったりしてる場合ではないのもわかりますが…直訳するとあまりにあまりw


そしてこの直訳地図を見ていっちばん行ってみたい!と思った国は…ブルネイ・ダルサラーム。
やっぱ圧倒的にこの国っしょ…え?どこかわからない?よく探して下さいよブルネイですよ?

わからない方のためにヒントをさし上げましょう、ブルネイはこの地図だとすごい平和の国と表記されてる国ですw
ほら!すごい行きたいでしょ!?w


というわけでおもしろ地図を見つけたよ!というお話でした。
この直訳地図見て行きたい国決めてみるのもおもしろいかもしれませんね……世界川めぐりとかしたらおもしろいかもしれませんw

ネット |

当たり前田のクラッカー

懐かしいと思った貴方は昭和の人間w

すっかり聞かなくなった言葉ってありますよね…世間的には『死語』なんて言いますが。
『あたり前田のクラッカー』は流行語的キャッチフレーズですが、流行は火が点くのも早いですが冷めるのも早いもの。
まぁブームが去っても根強く使われるものも多いですが。
ちなみに『当たり前田の〜』は製菓会社・前田製菓のホームページで未だに使われてますし、なんだったら前田製菓のアドレスも『atarimaeda.com』だったりします。
しっかり…使われていますねw
僕らは見かけなくなっても前田製菓さんにとっては一生ものの流行語になったというわけで…それはとても素晴らしいことだと思います。

んでね、こういった昭和テイスト満載な、かつて時代を彩った言葉たちを調べてたら…すげー気になったんですよ。
こういう言葉たちの『語源』が。
産まれるからには理由がある。
理由があるなら調べることが出来る…ということで、いくつかすっかり見なくなった言葉たちの語源まで調べてみましたんで発表したいと思います。

まずタイトルの『あたり前田のクラッカー』。
前述のとおり前田製菓の代表的なフレーズですが、かつての前田製菓の主力商品「ランチクラッカー」というものがありまして。
それを当時スポンサーをしていた番組『てなもんや三度笠』の主演俳優・藤田まことさんが番組のオープニングで“俺がこんなに強いのも、あたり前田のクラッカー!”というフレーズとともに商品をカメラ前に差し出すコマーシャルをやってたからなんですって。
それが当時の子どもたち、並びに大人たちに鮮烈なイメージを残した、と。
テレビの力マジ偉大。


そーいやかつては働かない人のことを『プータロー』なんて呼んでましたよね?
…って言っても最近の人はわかんないですよね…今は『ニート』ですもんねw
でもね、実はプータローとニートって違うものだってのは知ってましたか?
プータローってのは厳密には『学校を卒業しても定職に就かない人』のことを指す言葉で、『定職』に就かないってことは日雇い労働者の方々も含まれる言い回しなんだとか。
ニートは働く意思がない人を指す言葉なので、働く意思があっても働けていない人も含まれるプータローとは別の意味を持つ言葉なんですねー。
そして語源はといえば、終戦後の横浜を中心とした日雇い沖人夫や陸上の自由労務者をさして使われた”風太郎”という言葉が語源に当たるんですって。
それが意味合いが変わって行き表記も『プータロー』が定着し、80年代頃に流行したんだとか。
ちなみに。
ニートは『Not in Education, Employment or Training』の頭文字を組み合わせた『NEET』から来ているということも補足・追記しておきます。

でもかっこ良すぎるから無職でいいと思うのw


コレもすっかり効かなくなりましたけど、東京ドームのこと出来た当初は『BIG EGG』なんて言い方してましたよね?
なくなったわけでもないのに言葉だけ聞かなくなりましたが…意外なコトがわかりました。
昔っからずっと「どーせ上から見たらでっかいタマゴに見えるからだろ?単純な…」とか思ってたんですが、BIG EGGは実は『BIG Entertainment & Golden Games』の略だったんですって。
すげぇ!絶対タマゴだと思ってた!!
正式名称聞いたらすげー夢がある名称に思えてきた!!w


そして今回こういったことを調べようと思ったきっかけになった言葉…こちらを最後にご紹介しましょう。
それは…『社会の窓』。
言わずと知れた股間のチャックのことですが、僕が子供の頃はその言い方以外にもチャックに書いてあるメーカー名そのままで『YKK』とか言ってた時もありましたw
でもやっぱ社会の窓って言い方、なんかカッコ良くて好きなんですよねー。
だって社会ですよ?の窓ですよ??スケールデカすぎじゃないですか?中に入ってるのち◯こだけなのにw

…失礼w

調べた結果こちらもかつての番組が関係していることがわかりました。
ただし番組は番組でも…ラジオ。
NHKラジオにて1948年~1960年に放送されていた番組『社会の窓』のタイトルから取られていたんですねー。
同番組は”社会の内情を暴き出す”といったテーマの挑戦的な番組だったようですが、このイメージが次第に『大事なものが隠されているところ』といった感じに変化して、男性の股間のチャックのことをそう呼ぶように鳴ったんですって。

…NHKでラジオだとすごく高尚な感じがするのは何故でしょうか、言ってるの股間のチャックの話なんですけどw
ともあれ調べ物をして今まで気になってたコトがハッキリしてスッキリしました!
ラジオから流行語が生まれることもあるってことは、僕らにもチャンスがあるってことですよね…はーがんばろう。
別に流行語作りたいわけじゃないですけどw

ちょびっとモチベーションも上がったのでやっぱ調べて良かったですw

ネット |
| ホーム |次のページ>>