FC2ブログ

マジP!

間島淳司の日常をプロデュース!!

お家に帰ろう

Wヒーロー夏祭りで盛り上がったとこですが、今度はコッチでも盛り上がってきましたよ!!


17081801.jpg
スパイダーマン:ホームカミング!

ニューヨークを舞台に悪と戦う「親愛なる隣人」スパイダーマン、ついにマーベル・シネマティック・ユニバースへ!
原作のマーベル・コミックではニューアベンジャーズに所属していたりと欠かせない存在だった彼が満を持してシネマティックユニバースに登場!
前作『シビル・ウォー』から出演はしていたので期待してたんですが、タイミングを見て観に行ってきました。

…というか前日の夕方まで休みだと思ってた日に、朝からオーディション入れられて「くそったれ!!」とかなってたんですが逆にポジティブに考えようと映画を観に行くことを決意、調べたらすげーちょうどいい時間に吹き替え版の上演があることに気づいたんで行くことにしたのです。
ある意味オーディションなかったら観に行ってなかったかもしれません、グッジョブオーディション。逆にw

ということで以下感想。
観に行くつもりで楽しみにしてる人は多少ネタバレも含む可能性があるんで読まないほうが懸命かもしれません…もちろん重要なことには触れませんけどw









スパイダーマンは過去に何作か映画化されてますが、今作はそれとはちょっと毛色が違う内容なんですよね。
東映特撮とかでもそうなんですけど、僕って事前に映画の情報調べずに観に行くんで全然知らなかったんですが、今作の舞台は前作シネマティックユニバース的前作『シビル・ウォー』の直後なんだそう。
従ってスパイダーマンは既にアイアンマンや他のスーパーヒーローたちと面識がある状態からのスタート。
過去作でやってきた、蜘蛛に噛まれて特殊能力手に入れたよーとか、ベンおじさんがなくなって正義の心に目覚めた、だのという下りは今作では描かれません。
スタート時の状態としては「ニューヨークで活動していてアイアンマンにスカウトされ、シビル・ウォーでちょっと手伝ってアベンジャーズのヒーロー的仕事を手伝いたい無邪気な15歳の少年」といった感じのピーター・パーカーなのです。

なのでもしかしたら今作を見る前に、過去にやっていた映画『スパイダーマン』か『アメイジング・スパイダーマン』を見てから行った方が、スパイダーマンがどういうヒーローなのかがわかりやすいかもしれませんね…有名なヒーローなんでわかんないことはないんですが起源を知っとくと見やすい、くらいのことですが。


これまでのスパイダーマンの映画はその”起源”を描く仮定で僕的にどうしても好きになれない展開があったんですよね。
それが『スパイダーマンがヒーローとしての自覚を持つ理由』。
誰がどうとは言いませんが、必ず誰か大切な人が死ぬことになるんです。
誰かの死を目の当たりにして初めて、『大きな力を使うには大きな責任が伴う』ということを自覚し、スーパーヒーロー・スパイダーマンとなるんです。
僕的にはどうしてもコレがね…いやわかるんですよ、アイアンマン等これまでのヒーローに比べて歳も若く、ヒーローへの憧れだったりひょんなことから手に入れた力に浮かれてしまうのも。とっても若者らしいし。
ただ…ほら、ヒーローだからさ…人の死に直面しないとヒーローになれない、ってのはね…「誰の命も失わせない!」みたいなのが僕の好きなヒーロー像なんで、導入がどうしてもヒーローっぽくなくて大好きになれないのです。
今作もスパイダーマンを名乗る映画だし、だいぶ設定は違うけどそういう展開を組んできたらどうしよう…などと思いながら映画を観進めてたんですが、類似した展開はあるもののそういった展開にはならず、ちゃんとスーパーヒーローしてたので今までのスパイダーマンの映画の中では一番好きかもしれません。
やっぱヒーローはみんなを救う存在でなくっちゃね!

過去作では自作していたスーツは、前作『シビル・ウォー』の際にアイアンマンから貰ったスターク社製のハイテクスーツに変わっているので今作では登場しない…かと思いきや、非常にステキな登場の仕方をします。
そこには彼がスーパーヒーローになるための”試練”だったり”覚悟”だったりといったものが乗っかってくるんですが…中盤からの彼の心に灯る正義の炎が垣間見えたシーンはすごくワクワクしました。
そしてラスト、明確に描写があるわけではありませんが僕にはスパイダーマンがアイアンマンと肩を並べられるヒーローに成長した、そんな風に見えました。

そしてアクションももちろん今回も超cool!
スパイダーマンといえばスパイダーストリングを用いたトリッキーなバトルアクションが代名詞ですが、今作も糸を使った独自のアクションがたくさん入っています。
バトルというよりは機転で状況を打破する、みたいな使い方が多めですが、これもまたスパイダーマンならではの戦い方。
若いからかけっこう無茶するシーンも多くてハラハラも多いですが、カッコイイシーンもてんこ盛りで非常に良かったです。

ちなみに。
タイトルの『ホームカミング』ってのは、そのまんま「帰郷」「帰宅」を意味する言葉でもあるんですが、海外では学校を卒業する時に行うパーティのことでもあるんですって。
どっちの意味も含んでるんでしょうけど作品的にはパーティのシーンが重要な話になってるんで、コレもまた知っとくと面白いかもしれません。


あ、あと大川透さんがいちいちずっと良い声で耳が幸せでしたw
あとトニー・スタークの声ね!藤原啓治さんがちゃんと当ててらっしゃって、本当に良かったなーと思います…あの声以外のトニー・スタークとか考えらんないものw
吹き替えで見てよかったな♪と思いました。

スポンサーサイト
感想 |

コントマンシップ!

そーいやゴールデンウィークはもうひとつトクベツなことをしたのでした。

旅行?
遠出?
エロ画像収集?w

そのどれでもなく…正解はこちら!


17050701.jpg
KAJALLA!

昨年の夏にも観に行った、ラーメンズの小林賢太郎さんの新コントユニット『カジャラ』の第二弾!
3月くらいからやってたのでホントはその頃から見たい!と思ってたんですけどチケットが取れず3月の東京公演は断念。
4月の間に豊橋、大阪と公演をやって、また巡ってくる東京公演2の今回、なんとか当日券をゲットすることが出来晴れて見に行くことが出来ました…ありがとう神様。

今回のKAJALLA、『5人でコントをやる』という点は前回と同じですが、メンバーが2人ほど変わっています。
片桐さん出ないのちょっぴり寂しいけど…今回は久ヶ沢徹が出演してるので期待度大。
おもしろいんですよねー久ヶ沢さん。
『裸の王様』というサブタイがついてる今回、もちろん内容はまったくわからないまま楽しんで来ました。

感想を書きたいところですがまだう静岡公演が控えてるのでネタバレいくない!ということでざっくりとした感想を。


今回も前回同様、箱馬と謎の枠を使って様々なものを表現していくスタイルで舞台を作ってました。
ホント毎回感心するんですよねこれ…箱馬4つを組み合わせで違うものに見せるとかマジすごい。
ホントにソファに見えたもんなー。
枠の方も扉だったりテーブルだったり自由自在。
バランス難しそうなのに綺麗に立つように出来てんのもすごい。
話の中身はといえば、こちらも小林さんの奇想天外な発想から生まれ出る独特の世界観が満載。
サブタイが『裸の王様』ということで、国の話だったり王様が出てきたりとタイトルにちなんだいくつものコントたち。
「あれ?裸は?」と思ってたらところどころに『裸』というワードもちゃんと散りばめられてていちいちおもしろいw
中にはかつてラーメンズのコントで出てきたキャラクターの後日譚みたいな話があったりして、古くからラーメンズ見てる人は今回の公演非常に楽しめたんじゃないでしょうか楽しめましたありがとうございますw
一番好きだったのは『理不尽』をテーマにしたコントでしたねー、あの世界観はすごい…すごい真似したいw

とにかくあっという間の2時間で、時間がすぎるのがとっても早く感じました。
コントライブ見せられてんのに自然と拍手が出ちゃうってホントすごいことですよね…もうほかに言葉出てこないからすごいすごいって言っちゃうw

あの独特の世界観に飲み込まれるともう笑うしかないんですよねー。
なんでしょ、他に選択肢が与えられてない感じっていうんでしょうか。
もちろんおもしろいことをしてるから当たり前なんですけど、意外と小林さんのネタって予期せぬところで笑わされることが多くて、そういうときにもう『笑う』以外の選択肢がない感じがするんです。
笑って感動して拍手して、ってのが自然に起こる。
ホントすごいと思います。

あーすごかった(語彙力w)


会場で前回のKAJALLA#1を買ってきたのでしばらくこの世界に浸りたいと思います!
ホント小林さんすごい!好き!w
感想 |

頭蓋骨!!

そういやちょっと前にコレ行ってたの忘れてました


16080901.jpg
カジャラ!

カジャラ…KAJALLAというのはラーメンズの小林賢太郎さんが新たに立ち上げたコントのブランド。
今までもラーメンズだったりKKPの舞台作品だったりソロコントだったりと様々な活動をして来た小林さんですが、今回は5人のコントマンを集めてのコント公演!
舞台もいいけどやっぱり爆笑オンエアバトルでラーメンズを知った身としては、コントというフィールドで僕らを笑かしつつあっと驚かせるパフォーマンスを見たい、と思ってしまうのは仕方のないこと。
しばらくラーメンズとしての公演はやってなかったので、久々に小林さんと片桐さんが舞台上で揃う、ってのもファンとしては非常に楽しみの一つでした。
で、今回はそんなブランド、カジャラの#1。
『大人たるもの』というタイトルが付けられた公演…どんなものになるのかめっちゃワックワクでしたよね〜。
なにせ…タイトルと出演者以外の情報なんも持たないまま行きましたからw
小林さんの舞台だからって理由だけでチケットを取り、観に来てしまったためにそもそもコレがコントテイストなのかお芝居系なのかもまるでわからないまま観劇スタート。
結果は前述のとおりコント公演だったわけですが…いやにしてもおもしろかった。

東京公演が終わっただけで現在全国を回ってるのでネタバレは出来ませんが、印象としてはラーメンズでやってた二人のコントを人数増やしてやってる感じ?でしょうか。
そこに舞台作品で培った経験やなんかを詰め込んで混ぜあわせてハイブリッドにしたって感じ。
印象的だったのは道具の使い方。
ラーメンズのコントって、昔っからセットとか道具とかがすっごくシンプルなんですよね。
黒い舞台に椅子の代わりに黒いボックスがあるだけ、とか、ほとんど素舞台のままといってもいいくらいシンプルな中で、あの手この手でいろんなコントを見せてくれるんですが、そのシンプルさが逆に好きだったんですよね。
今回はそれよりはちょっとだけアイテムが増えていて、なんと白いワクが登場していました。
様々なサイズの白い枠がセットとして置かれ、時には窓枠、時にはテーブルといったように最低限で道具を表現していくのです。
不思議なもんで白い枠の上にお茶置かれるとちゃんとテーブルに見えるんですよね。
こっちの想像力を試されてるようでもあるんですがその感覚がなんとも脳みそに刺激的で好きなんですよね〜w

ラーメンズの二人以外の方たちも非常に面白い人揃い。
過去何かの公演で見たことある人がほとんどでしたが、そんな中でもやっぱり片桐さんの存在感はすごいですね…もうね、片桐さんは人間とか芸人とかそういう次元じゃないです、もう『職業:片桐仁』みたいなw
久々に小林さんの脚本で片桐さんが動いてるの見ましたけどホントいいですね…やっぱり僕はラーメンズが好きだ。
非常に満足度の高い2時間を過ごさせていただきました。


いつか…こういうことできたらいいな…とか思いますけどさすがに難しすぎて無理ですねぇw

感想 |

さらばヒツジ

日付が代わりまして2015年最後の日、大晦日がやってまいりました。


思い返してみれば今年もいろんなことがあったなぁ…と言いたいところではありますが、ラジオでも言いましたがなんかいろいろやったような気はするんですけどなんか思い出せないんですよねw
それだけ濃密で想い出パンパンと取るか、それだけ老化していて記憶に留めることが出来なくなっているのかはわかりませんが…好意的に解釈して前者だと思うようにしておきましょう。

そしてそんな時のために便利なのが…そうブログという存在。
僕自身が忘れてしまっても、ブログにはたくさんの”その時”が詰まっている…そして写真。
鈴木区からは記録係なんて言われるけど、そもそも元来の目的はブログに使える写真を撮ること。
そこから始まりたくさんの写真を撮るようになりました…もはや写真撮るの半分趣味みたいになりつつありますしね。
なので今日は年の終わりということで、ブログや写真でこの一年を振り返ってみたいと思います。


まず1月。
1月っつったらやっぱコレでしょう。

15010301.jpg
ヒツジおじさん!w

今年は珍しく初詣行ってたんですよねー、年越しからの流れで。
ヒツジおじさんと出歩く姿はとてつもなく目立った…知らない人に話しかけられてたしw
今年はサルおじさんは登場するのでしょうかw

続いて2月。
文章モノでは『エロスとタナトス』の話とか非常に興味深いんですけどねー。
生きる、ということにエロスは必要不可欠であり、思春期に興味を持たなかった子はタナトス、死に惹かれるとか…ホントに僕は思春期の頃からドスケベで良かったなぁとw
子どもが出来ても身の回りの人にもエロを推奨していこうと思ってます。
画像モノではやはりコレでしょう。

15021906.jpg
聖地巡礼in埼玉!

ドライブにドハマりした今年、色んな所に聖地巡礼に行きました…その今年の一発目、イルミネーションがやってるうちに東武動物公園に行こう!の巻。
作中となるべく同じ環境で、ということでイルミネーションがやってるうちに行くことにしましたが、そもそもイルミネーション自体が綺麗で小旅行としてとても楽しいものでした。
ここでの旅が楽しかったから、今年は何度も聖地巡礼に行こう、って気になったのかもしれませんね。

3月。

15031901.jpg
『マジP!バトン』。

今までも何度か調査をやりましたが、このブログ始まって以来の大調査でしたね…まとめるの超大変だった…けどこのちょっと前に買ったiPadが大活躍でしたw
ちなみに現時点で178人の方にお答えいただいてまして、データはいつでも見られるように、それこそiPadに入ってます。
一番人気の寿司ネタはサーモン、処女と童貞が思った以上に多いということがわかりました。
早くエロに目覚めましょう。でないとタナトスに惹かれちゃうぞ!!!w

あ、特に言ってませんが送ってくだされば未だにデータに反映する気マンマンですw

4月。

15040403.jpg
やっぱ鈴木区だよね。

『翔べ!スペースノイド』。
この作品では久しぶりに声の参加をさせて戴きまして、ボロッチという新たな役を戴きました。
マスコットキャラに声を当てるという作業は僕らの本業の領域でもありますし、久しぶりに「マジ兄…声優だったんだ」と鈴木区メンバーに言わしめた作品でもありますw
いつまでも記録係じゃないんだぞ☆w

5月。

15051900071.jpg
聖地巡礼Part2。

5月は誕生月でもあり飲み会も多い…かと思ったんですが今年はそうでもなく。
誕生日の翌日が空いたので自分へのご褒美がてら、特撮仲間と聖地巡礼の旅in栃木へ。
いくつかのポイントを回る際に「タクシー捕まえればいいや」と思って高をくくってたんですけど、地方のロケ地になるような場所は人通りが多いわけでもないのでそもそもタクシーが通ってないことに気付かされた旅でしたw
今後に活かしまショーウ!!

6月。
6月11日のブログに『魅力的な女は性欲が強い女』とか書いてるあたり、自分でもホントブレないな…と思いますがw
あとこの頃からダイエットが始まってますね…今年の夏はよく歩いた。
そして印象的な出来事はコレ。

15061803.jpg
新人歓迎会2015。

…毎回恒例みたいになってるんでオジサン二人のヘンな写真ばっか載せてますがw
いつも快く応じてくれる藤吉くん・丹沢くんにも感謝ですねぇ。
今年は例年に無く僕を飲みに誘ってくれる後輩が多く、ちょこちょこ1年目の後輩ちゃんたちとも遊ぶ機会がある年でした。
男の子の中に特撮大好きで語りたくてウズウズしてる子がいたのがデカいんですがw
彼らもあと3ヶ月もしたら先輩になるわけで…現場でたくさん会えるように頑張って欲しいし、僕もいつまでも一線でいられるよう腕を磨き続けないと、と若手に会うといつも感じます。

7月。
7月頭にはうるう秒というものがありましたね。
12月に舞台『うるう』を見ていることを考えると、つくづく『うるう』な年だったんだなぁ…と思いますが。

15072803.jpg
浴衣美女二人。

7月といえば人生で初・浴衣というものを購入した月でもあります。
そもそも新人歓迎会の時に弊社後輩・飯田友子ちゃんが浴衣好きすぎて「間島さん!浴衣着てください!」とか言い出したのが発端で選んでもらう流れになったんですが、人と話してるとこうやって自分の中から出てこない選択肢が出てくるんだなぁ…ということを実感した出来事でもあります。
基本出不精のめんどくさがりやなんでね、誰かに常に影響される環境にいたいのですw

8月。
ラーメンズ片桐さんの個展からの聖地巡礼に行ったり、浴衣来てお祭りに出掛けたり印象的な出来事も多いHAPPYな月でしたが、今年の8月はやっぱコレでしょう。

15081002.jpg
プール。

ダイエットにより裸になるのが恥ずかしくなくなったり、先述の「人に影響される環境」とその誘いに乗る気持ちであったり。
すべてが噛みあった結果、東京出てきて初めて人とプールに行く、という事態になりました。
夏が…僕を開放的にさせたんやw

9月。
仕事面では大阪に『王様ジャングル』でお邪魔させて戴き久々の大阪旅行も満喫したり。
プライベートではこの出来事が印象的。

15091903.jpg
バイク!

HONDAのライダーバイク展示会。
コレで本物のバイク見てから…僕の中のバイク熱が高まったんですよねー。
立体造形物はスペース取るから手を出さない!と決めていたのにバイクには手を出してしまいましたw
まだまだ特撮にはハマるべき余地がたくさんあるということを教えられましたね。

10月。
この月にも聖地に行ってますね、神奈川の方のw
それも仕事のついでというか、前乗り出来たからなんですが…その理由は

15101201.jpg
MSWR2015!

今年も大盛況でしたね…そして今年も撮りましたねー写真w
こんな自由にしていいイベントはめったにないんで出ている側としてもとても楽しいんですが。
何か一つでも観に来てくださった方にとっていい思い出になるなにかが提供できてればな…と思いますね。
この写真とかもその一環であればいいな、なんて。
全員撮って回れないんでかなり運頼みではありますけどw

11月。

15110508.jpg
B.L.T!

4月と違って今回はホントにただのお客さんとして観させてもらいましたが、非常に面白いコメディでしたよね。
声優編という我々にとって非常に身近な話も取り上げていて、いろいろ思うところも出てくる、笑えて考えさせられる作品でもありました。
まぁ考えさせられた結果ちょいとした騒ぎになったりもしましたが…その節はご迷惑をおかけいたしました。
あんな騒ぎになるなんてねぇ…絶対まとめサイトのせいでしょ、ブログの閲覧数瞬間的に跳ね上がってすぐ元に戻ったしw
発言には責任を持ちつつ、しっかりと生きていこうと思った出来事でもありました。

そして12月。
モンハンが発売されて狩りの世界に戻ったり、久々に足の毛剃ってニーハイ履いてみたりもしましたが、なんだかんだやっぱり

15121705.jpg
ふたご座流星群。

写真は星が見えてませんがw
今年は久々に流星群をたくさん観に行く年になりました。
大人が集まろうとするとスケジュールがね…また星見って天候の問題もあるんでダメな時期はとことん観に行けないんですよねー。
そういう意味では今年は星にも愛された年のような気もします。
来年早々にはしぶんぎ座も待ってるし、これからも愛し愛されの関係で行きたいものです。


とまぁ、改めて振り返ってみると今年は遊び倒したなー、という一年でした。
もちろん仕事も充実していたと思いますけど、それ以上に遊んだ印象が強い年。
それも聖地巡礼、星見、プールに浴衣でお祭りと、非常にアウトドアな方面に食指が向いた年だな、と。
前にも書きましたが、やはり無精でめんどくさがりな自分を理解した上で『人の誘いには乗る』ということを心がけたことが、こういう様々な出来事を呼び込んだのかな、と。
来年もこの気持ちを忘れずに、いろんなことに飛び込んで挑戦していく年にできたらな、と思います。

一年間ありがとうございました!!

感想 |

お疲れ様でした!

今日が仕事納めでした。

来週になってなんかスケジュールが入らない可能性もないではないですが、現時点でとりあえず聞いている2015年のお仕事はすべて終了。
一足お先にお疲れ様でした!ということに。

改めて今年もたくさん働かせて戴きました。
常日頃『仕事は週3でいい』が口癖の僕にしては働き過ぎなくらいw
一つ一つの仕事に、役にきちんと向き合うにはたぶん僕不器用なんですよね〜。
いや、ヘンに器用というか…なまじ器用だから、一度に沢山の役を任されると心を込めるのを忘れたまま演じてしまうことがありそうで怖くて。
声優って体を使わず声だけで表現するから、簡単にやろうと思えばどこまでも簡単にできてしまう危ない仕事だと思うんです。
台本に書いてあるからそのまま読んだ、では、役を演じることにはならなくて。
何故その言葉を選んだのか、何故そういうふうに発したのか、様々なことを台本や原作から情報を読み解いて、現場で他の人の解釈を聞いて最終調整をして。
そういう”難しい仕事”だと思っています。
役はもちろん、ラジオにしてもイベントにしても、僕らは受け止める誰かにどういう印象を与えたいのか、ということを気にしています。
実は人前に立っているけど、僕らはいつも受け手なんです。
膨大な情報の中からベストと思われるものをチョイスして、自分なりのピッタリだと思う答えを用意して戦う。
そのためには、僕にとっては週3くらいがいいんです。
別に「飲めなくなるじゃないか!イヤだ!」とかワガママ抜かしてるわけじゃないのですw

……思ってないかと言われれば嘘になりますけどw

ともあれ、今年も沢山の役から、人から、ファンの方々から、たくさんの気持ちを戴きました。
来年の僕は今年よりももっとでっかい器で、もっと素敵にキャラクターを生かしていけたらいいな、と思っています。


…と、珍しく真面目な話になりそうなんで仕事納めてなにをしてたかでも書きましょうか。

もともと仕事納めのあとは夜から飲み会が入ってるだけで、少し時間が空いてしまうのはわかっていたのです。
なのでその空き時間に何をしようか、というのは考えてました。
が仕事が思ったよりも順調に進み早めに終わりまして、予定を一部変更することに。
スマホでいろいろ検索してより最良の答えを探すうちに…最高の答えを導き出すことに成功しました。

15122701.jpg
MOVIE大戦再び!!w

前回観に行ったってお話した時にも書きましたが、23日以降になると入場者特典が変わるんですよね。
22日まではポストカード。
23日からは特製クリアファイルに。
コレが欲しくてもう一回行こう!と心に決めていたので、この空いた時間に見てこよう!と思い立ったわけです。
で最初は夜の飲み会に行きやすい、街に近い便利なところに見に行こうかと思って時間とか調べてたんですが、仕事が早く終わったせいで予定通りに動くと待ち時間がすっげー発生することになりましてどうしようかなー、と。
上映してる映画館は一つじゃないので、改めて仕事場から移動時間含めて一番待ち時間なしで見られる場所を検索し…ここは1時間待つ、ここは15分過ぎてる、となかなか条件に合うものが見つからなかったんですが、唯一ドンピシャなもの(上映15分前に劇場に着く)を発見。
ココに行こう!となったんですが…なんでしょう、僕は運命を感じましたね。

それがT.ジョイ大泉だったんですよw

知らない人の為に説明しますと、T.ジョイ大泉というのは西武線の大泉学園という駅から10分15分ほど歩いたところにある劇場施設。
都心からはかなり離れてるんですが…すぐ隣にすっごいものがあるんですよ。
そう…東映の東京撮影所!!
T.ジョイ大泉がある建物に入ってるゲームセンターなんかもロケ地として使われてたり、少し離れたところにもロケ地があったりと聖地巡礼マニアとしてもいい場所ですが、なにより東映のお膝元というポイントだけでもうテンション上がる場所なのです。

人に「T.ジョイ大泉で映画観ようよ」というとだいたい嫌がられますが、僕に限ってはノリノリで行く、というとわかりやすいでしょうかw
そんな聖地に、仕事納めしてすぐ向かう僕。
うーん、満喫w
そして映画にも感動しつつ無事ゲット!

15122702.jpg
特製クリアファイル!!

これこれ…コレが欲しかったんですよ…みんなの幸せそうな笑顔。
本編ではロイミュードは撲滅されてしまったし、そうなる前はいろいろなスレ違いなどもあり、絶対に見ることは叶わなかった皆の幸せそうな姿…CMで観た瞬間『絶対手に入れねば!!』と心に誓った品。
無事に手に入ってよかった……ブレンちゃん良かったね(ぶわっ)

てかそれだけでなくてですね、劇場入り口でクリアファイルを貰った時に気づいたんですが、中になんか挟まってるんですよ。
なんだろなー、書いてないだけでそういうのも特典としてついてたのかな???などと思い、挟まってたものを取り出してみると……


15122703.jpg
にゅっ。

こっ…コレ……!!
22日までの特典のポストカードじゃないかァー!!!!!
どうやら劇場によってはポストカードがなくなっていないところもあるらしく、余った分はこうやってクリアファイルに挟んで配布している模様。
だったら…2回見に行かなくてもよかったんじゃ…w
いや、でももらえなかったらヤだし、そもそも上映開始したら早く見たいし結局2回は行くんだけどw
あ、ちなみに2回目見ると1回目に気づかなかったことにも気づけて非常に良かったです♪

というわけでうちにはポストカードが2セットあることになりました。
うーん、充実の週末wいや年末☆


ともあれ、今年一年お疲れ様でした!!
感想 |
| ホーム |次のページ>>