マジP!

間島淳司の日常をプロデュース!!

鬼の血を継ぐ娘

昔のマンガが今読める、というのは大きな喜びだったりします。


子供の頃、なけなしの小遣いをはたいて集めに集めたマンガのコレクション。
本棚には収まらず学習机にうず高く積み上げられたマンガたち…何冊くらいあったんですかねあれ、1000冊とか余裕で越えてた気がしますがw
声優を目指し上京するにあたり、そのすべてを持ってくるわけにはもちろんいかないのでいくつか選別して特に好きなものを持ってきたんですが、気がつけば実家のリフォームに伴い残りのコレクションたちは知らぬ間に闇に葬られていました…嗚呼、僕の財産(涙)
そんな幼少期に大好きだった、持ってきたコレクションの中に『怪奇警察サイポリス』というマンガがありました。
コロコロコミックで連載していたマンガで、鬼の血を引く主人公・鬼塚勇気が仲間と共に人間世界を襲いに来る妖怪と戦う物語。
鎧をまとい化身をし敵を倒すマンガやアニメはたくさんありましたが、その中でこのマンガが大好きだったのは「敵にも情けをかける」という思想があったことでした。
敵を倒した後「汝の魂に幸あれ」と死した敵にも情けをかける姿が少年時代の間島少年に深く刺さったんですね〜。
92年の作品だそうで、もう25年ちかく前の作品なんですね、今でも読み直したりして大好きな作品なんですけど時の経つのは早いものです。

そんなサイポリスを描いていた上山道郎先生が、新たに『オニヒメ』というマンガを連載していました。

美人すぎて学校に通えないというトンデモスキルを持った少女・鬼塚愛が、異世界からやってくる「越境者」と戦う少女・神代優と出会い戦いに巻き込まれた中で、自らも知らなかった鬼の血の力に目覚め「剣豪ディスク」と呼ばれる過去の剣豪の力を借りて越境者を倒す物語だったんですが…カンの良い方はお気づきかと思いますが、実はこのヒロイン・鬼塚愛はサイポリスの主人公・鬼塚勇気の実娘にあたります。
約25年の時を経て、当時読んでいたマンガの続編が読めるなんてとんでもなく幸運なことだな…と追いかけていたんですが、つい最近なんと3巻という短さで完結してしまいました…完結っつーか打ち切りらしいですがw
でもすげーおもしろかったんですよ…

作中で戦うヒロインの愛や優は、剣豪ディスクと呼ばれる刀の鍔みたいなのを使うことで剣豪の力を借りて敵と戦うんですけど、その剣豪ごとに流派があって、その流派による相性とかも考えて描かれてるんです。
さらにいえば…詳しく調べ上げられすぎてて出て来る剣豪全然知らないのw
タイ捨流とか聞いたことあります?知らないでしょ?w
ヒロインが使う剣豪ディスクも柳生連也斎で、一番有名な柳生十兵衛とかじゃないし、なのにあえて最初の敵が使う剣豪ディスクは宮本武蔵なんて超有名どころだったり。
でもおもしろいんですよこれが…「宝蔵院流槍術の開祖は新陰流開祖の弟子だから相性が最悪なのだー!」とか言われたら「げゲー!?」ってなるでしょ?
使うディスクによってジャンケンみたいに相性があるのもおもしろいし、それを巧みに使った話作りも素晴らしい。
なによりまったくしらない剣術の世界の知識が身につくのも楽しいわけです。
さらには「剣豪ディスク」という割に源頼政という弓の名手のディスクが存在したり、他にも「大陸に出張した時に作った」と関羽雲長のディスクが出てきたりしてワクワクが止まらないの。

サイポリスとの絡め方も良くて、優の師匠にあたるのがサイポリスで勇気と一緒に戦ってた神和住京子と学天即葛丸だったり、力を集中させないために定期的に組織を解体する関係でサイポリスはもうないけどその派生期間が今の優たちが属している組織だったり。
ラストバトルでは父・勇気の力を悪用するかたちで生まれたバケモノを倒す切り札として、剣豪ディスク・鬼塚勇気なんてディスクが登場したりしてサイポリスファン超歓喜。
たった3巻で終わらせるにはもったいないおもしろさだったんですよねー。

と超オススメなので皆さんにも興味を持っていただきたいなと思ったんですが、いきなり「買って読め」というのはあまりに酷だろうと思いましてw
現在『マンガ図書館Z』というサイトでサイポリスが無料で読めるので、興味を持って戴いた方は是非一度読んでみてくださーい。
25年前の作品だけど超おもしろいですよ☆
スポンサーサイト
マンガ |

孤独なヒーロー

だいぶ前から「読んでみたいなー」と思ってたマンガがあったんですよ。
タイトルご存じですかね…ワンパンマンって言うんですけどw
知ってるよねアニメ化もしてたしw
アニメの頃から「おもしろいなー」と思ってて、1話に出てくるバイキ◯マンみたいな敵の声に中尾隆聖さん呼んじゃうようなハイパーなキャスティングもしてくる作品だったので印象に残ってたんですよねー。
当時も原作のマンガ読みたいな、とは思ってたんですが、コレ『となりのヤングジャンプ』ってネットで連載してる作品なんですよね…
無料でネットで公開してるので読もうと思えばいつでも読めるんですけど、ネットだとWi-Fi環境あるところじゃないと読めなかったりそもそもウィンドウの枠が邪魔だったりと、ストレスなく読めるって環境じゃないじゃないですか。
読むときは没頭して読みたい派なので紙のコミックスという選択肢もあったんですが、その頃には「電子書籍、部屋片付く!便利!」ってなってた時期で、買うなら電子書籍かなーと思ってたんですが、ウェブで無料公開のものだからなのかibooksに入ってなかったんですよね。
で「じゃあいっか」となり幾年月…ちょうど仕事で福岡に行くのが決まった頃、機内で読むマンガを買おうと久々に検索してみたらコミックスが販売されてまして、やったぜベイビー!とばかりに購入した次第。
作品の概要を説明しますと、ヒーローになろうと特訓した青年が特訓しすぎてどんな敵でもワンパンで倒せてしまうほどの強大な力を手に入れ、ヒーローになったはいいが毎回ワンパンで終わってしまうので虚しさを感じてる、という…すげー斬新な設定の作品w
他にも主人公がチートレベルの能力持ってる作品はあるでしょうが、ここまでのレベルのチート能力は別格。
テレビのラストでも宇宙からとんでもなく強くて、主人公・サイタマが抱える「強すぎて張り合いがない」という感覚を持った者同士の戦いになるんですが、それでもサイタマは本気を出すことは出来ず地球は救われた…みたいな終わり方だったんですよね。
異常に強すぎるので周りからイマイチ信じてもらえてなかったり、蹴落として自分が上に立とうとする輩が現れたりと、なかなかに人間臭いノリもあったり非常に面白い作品でした。
テレビとしては1クールで終わりだったんですが、原作の方はどうなってんのかなー?なんてのも気になって見てみたんですが、このテレビのお話全然中盤のお話だったのねw
そっからさらなる敵が現れて、やっぱりワンパンで倒して、みたいなことを繰り返しつつサイタマを取り巻く環境が少しずつ変わっていくのが非常に面白いです。
最強と呼ばれてるヒーローが実は顔が怖いだけの小心者で、全然強くなかったり。
強すぎる姉を持った結果トップを目指すのではなく徒党を組んで狭い世界で一番になることで自分を満足させようとしているヒーローがいたり。
ヒーローの父を持っているのに悪に憧れ、人間であったのに怪物になろうとする者がいたり。
なんだかんだ他のヒーローが頑張っても倒せない!絶体絶命!みたいなときにしれっとサイタマが倒してしまって救われた、って展開が多いんですが、これに強すぎるという悲哀が乗ることで最強であるはずのサイタマにもドラマがあるんですよねー、いやー面白い。
他にもヒーローとはなんたるや、みたいなことも描かれてたり、大人でヒーローが好きな人は読んだ方がいい作品だと思います!
絵描いてるのも『アイシールド21』とか書いてた村田雄介先生ですげー情報量多いのに見やすいし、ネカフェなんかに行かなくてもとなりのヤングジャンプで無料で読めるので興味持たれた方は検索してみてくださーい、
アニメやってた時…出たかったなぁw
マンガ |

そしてダカーポ

ブログ大賞、集計頑張ってます…が、まだ「頑張ってます」というほど届いておりませんw
特に興味がない…ということではなくデータが膨大すぎてまだ3つに絞り込めない、と好意的に解釈しつつ、年内には発表したいかな、とふんわり思ってますんでそのあたり締切だと思ってゆる募しておきます♪


ということで本日は別のネタを。


最近またマンガを良く読むようになりました。

ほら、先月レイヤードのイベントで全国飛び回ったじゃないですか?
飛び回ったってか飛行機での移動が多かったのでまさに飛び回ったかたちなんですが、機内ってスマホ使うなよタイムあるでしょ?
あの時間超ヒマじゃないですか…窓際の席なら遠く下に小さくなっていく街の景色なんかを見とけばいいんですけど内側の席になってしまうといよいよやることがない…共演者やスタッフさんにダル絡みするのもどうかと思うしねぇw
ということで「なんかやること…」と探したわけです、アプリゲーム…とも思ったんですけど電波使っちゃダメならムリだし、そう考えると出先で電波を使わずに出来る時間つぶしって少ないんだなーと思ってたとこに…マンガですよ。
マンガなら先に家でダウンロード購入しておけば、電波を使わなくても読めるわけで、こんなにうってつけのものはないぞ、と。
飛行機だけでなく新幹線の移動でも同様にマンガで時間潰せるじゃないか!ということで、読みたくなったマンガをいくつかチョイスして持っていき、車内機内で読んでいた次第。

17121001.jpg
こんな感じでin新幹線。

新幹線なら電波使える上充電もできちゃうからグリムノーツもやりながら読書だぜヒャッハアー!!w

でご覧の通り新幹線で読んでいたのは懐かしの『きまぐれオレンジ☆ロード』。
知ってます?30年くらい前に週刊少年ジャンプで連載されてたマンガでアニメ化もしたものなんですが。
主人公・春日恭介は超能力一家で、それがバレるたびに転校を繰り返しているんですが、ある時やってきた街で出会う2人の女の子との恋愛模様を描いた作品です。
当時のジャンプで三角関係の恋愛マンガって非常に珍しかったんですが、この『超能力』ってギミックがアクセントになってたんですよね〜、テレポーテーション使えるからってすぐにデートのダブルブッキングするのw
まぁ大抵上手くいかなくてバレちゃうんですけどw
他にも頭突きすると中身が入れ替わっちゃう話とか、特定の相手にだけ幻影を見せる能力とか、催眠術にかかって命令通りに動いてさあタイヘン、とか、ちょっと不思議な能力のおかげで普通の恋愛マンガとは違うお話展開をするんですよねー。

で2人のヒロインが出てくるんですがこれがまた絶妙。

一人は2個下の後輩・ひかるちゃん。
彼女は恭介が体育館で一人の時に超能力使って超遠いコートの反対側のゴールにバスケのシュートかましたとこをたまたま目撃してしまい、あまりの身体能力の高さにホレてアタックをし続けてくる超元気・押しかけ女房タイプの女の子。
もう一人は同い年でクラスメイトの鮎川まどか。
引っ越してきた初日に街の階段で飛んできた帽子をキャッチしたときにふんわり一目惚れして、翌日転校したクラスにいた不良と噂されてる女の子。
鮎川もふんわり恭介のこと好きになるんだけど、先にひかるちゃんがアタックしてるもんだから言えずにもやもやと2人の思いは成長していき…さあ恭介、どっちを選ぶの!?みたいな感じになります。
途中ひかるちゃんのことを好きな男が現れて目の敵にされたり、鮎川に男の影が見え隠れしたけど実はお父さんでしたとか、チョイチョイ他の男も参入してきて三角四角五角と恋愛模様は延々繰り返されて行くんですが…基本は恭介がどっちか選べなくてチャンチャン♪みたいなオチで進んでいきますw

コレなんで好きだったかっていうと、当時アニメが放映されてたのをたまたま見て「おもしろい!」と思ったから。
恭介が古谷徹さんで、鮎川が鶴ひろみさんで「ヤムチャとブルマやないか!」と思った…のかどうかは古い記憶すぎて思い出せませんがw
お二人の声がとってもマッチしていて、特に鮎川がとっても魅力的に見えたんですよね…ちょっと不良の超美人って感じがまた良かったなぁ。
時間も平日の19時とかにやってて晩飯時にちょうどよくて見てて、大人になってもあの頃の「よかった」って記憶が無くならなくて実はDVD-BOXとか持ってるんですがw
そのアニメのオレンジ☆ロードの最終回のお話がけっこう良い話なんですよ…でマンガはどう終わったのかなー、と思ってマンガも読んでみよう!と今回移動の際に読むマンガとして購入した次第。
結論からいうとアニメ最終回のエピソードはオリジナルではなくマンガにあるエピソードなんですが、全然最終回でもなんでもないタイミングで挟まれてた話でした。
なんでやねんあんないい話なのにw
その話ってのが…鮎川のファーストキスの相手の話なんですが。
そこにまさかのタイムトラベルが関わってきますw

ざっくり言ってしまえば恭介のおじいちゃんがタイムトラベルの能力持ってて、その力で一緒に6年前の過去にタイムスリップした恭介が鮎川のファーストキスの相手だった、って話なんですが…子どもの頃の鮎川は男勝りだったんだけど恭介との出会いで髪を伸ばして女らしくなっていく、という「あれ、これ出会うべくして…?」みたいな話なんですよね。
しかも第一話の冒頭、鮎川が飛ばして恭介が貰った赤い麦わら帽子が実は恭介が過去に買ってあげたものだったりして…なんとゆーかよく出来た話。
そしてそんなお話のタイトルが『そしてダカーポ』とか…めっちゃオシャレじゃないですか?
そんな話が…まさか最終回じゃないなんて…w
ちなみにマンガの最終回は鮎川とひかるちゃん、2人のどっちかをちゃんと選ぶって話だったのでオチとしてはきっちりついてるんですけどね。


となにかと僕の中で印象に残ってたマンガだったのでこれを機に全部読み返してみたわけですが、非常に良かったですね…多少ライトには描かれてるとはいえ、当時のジャンプの中でいえばお色気枠みたいなとこだったんでしょうけどそう考えると子供の頃からそういうの好きだったんだな…と改めて自分のドスケベ伝説の始まりを見たような気にもなりましたがw
てか昔のマンガ、良いですね…他にもなんか読んでみようかしら、と思わされました。
マンガ |

あの頃君は若かった

若かったあの頃…例えば10代20代の頃と比べて一番「変わったな…」と自分で思うのは、やはりなんといってもお金の価値観のように思います。


飲み会に行っても”奢る”ということに抵抗を感じなくなったり、高い買い物も昔は清水の舞台から飛び降りる!みたいな覚悟で買っていたのに最近は「欲しいならいいか」と階段の3段目から飛び降りる程度の決意で買うようになってたり。
ある意味ではお金を貯め込んでしまって経済が回らないよりもきちんと世間に貢献してる、という考え方も出来ますが、日本人が持っている「MOTTAINAI」精神が昔よりもなくなっちゃったのかなぁ…と思う部分も。
…別にそれでなにかを後悔してる、っていう話ではなく、ふとそんなことを思う出来事があったってだけなんですけどね。

まぁ何があったかってーとホントに大したことでなくて、ただ「雑誌を買った」ってだけなんですけどw

雑誌って、子どもの頃はお小遣いも少ないから厳選して厳選して買って友達と回しっこしたり、雑誌は買わないけどコミックスだけは…!とか、いろいろ考えて買ってたと思うんです。
高校くらいの頃は…アニメディアでしょ、ファンロードでしょ、あとガンガンとGファンタジーとか買ってたなぁ…懐かしい。
で買った雑誌は隅々まで読んでたんですよ。コレを最近しなくなったなぁ…と。
仮に雑誌を買ったとしても自分が読みたいとこだけ…グラビアで知り合いが出てた!とかなったら面白がって買ってそのグラビアんとこだけ見たりとか、「MOMOTAROHの読み切りが載る」と聞いてグランドジャンプPREMIUM買ったり。
ちょっと前に買ったスピリッツだって久々に桐山漣さんと菅田将暉さんの対談と写真があるって聞いて買ったわけで、風都探偵のマンガと対談、写真見て押し入れにしまったり…興味あるとこ以外を見なくなったなぁ…と。

これって金銭感覚の違いが一番大きいと思うんですよね。
「お金出して買ったんなら全部読まないともったいない!」って思いが薄れた結果、興味あるとこしか見なくても別に平気になったというか。
もちろん本人がそれで良い、と望むならそれがダメってわけじゃあないと思うんです。
きっと僕以外にもそういう買い方・見方をしてる人もたくさんいるでしょうし、理由が金銭じゃなくて「それ読む時間があったら他の興味あることに時間使いたい」とかって場合もあるだろうし。
ただその事実に気がついた時に一番思ったのは「新しい出会いの機会を失ってるなぁ…」ということ。
男の子なら誰しも通ったであろう、一時期週刊少年ジャンプを購読してた時期がありまして、はじめはキン肉マン目当てで買い始め。
「買ったんなら他のも」と、他にやってた連載も読み始めるようになり、そこでそれこそ『THE MOMOTAROH』という心のバイブルとなったマンガと出会ったわけで。
キン肉マンがアニメでやってなかったら僕はジャンプを買い始めなかったわけで、さらにいえばジャンプ買ってたけど「興味あるのキン肉マンだけだし他のはいっか」とか「途中から読んでもわかんないからいっか」とか思ってたら出会えなかったわけです。
ひいてはキヨや智晴くんともこんなに仲良くなることはなかったかもしれないわけで、この「興味あるとこ以外読まなくなった」という事実の先にある出会いも得られない”MOTTAINAI”をしてるのかなあ…と。

ホントに小さなことだし大人になると仕事もしなきゃで自由に使える時間も限られて、且つ最近は昔に比べてコンテンツも多く、選択を余儀なくされる部分もあるとは思うけど、そういう側面もあるんだな、ということに気がついたんですよねー。
だからといって他の漫画読む時間を作ろう、とまでは思いませんけど。他にもいろんなモノや人と出会う機会あるしw
マンガに限らず人生の中できっと、人はたくさんの取りこぼしをしてるんだろうなー、面白いものに気が付かずスルーしてることもたくさんあるんだろうなーと思いました。


ちなみになんでそんなことを思ったのかというと。

また”とある理由”で雑誌を買いまして。
その理由が

17111001.jpg
『風都探偵』にマジPが出てきたって聞いたからw

漢字も真島だし別にブログのことでもないし僕にはまったく無関係なんですが、なんか嬉しかったもんで…w
この買い方も「大人になったなぁ…」って思いましたねw

マンガ |

キン肉マンってそんな話だっけ?

お仕事が複数ある日は空き時間の過ごし方が非常に難しいです。


今日も仕事が2件あり、一件目の仕事と二件目の仕事の間が1時間空けられていました…とここまではいいんですよ、この一時間が移動時間になるわけで、逆にこのくらいはないと慌てふためいて移動することになるんで。
ところがどっこい、この仕事はその日収録予定の分量が録り終われば終了時間よりも前であっても帰ることが出来てしまう仕事なんですねー。
一件しか仕事がない日なんかはそれでどれだけ早く終わって早く帰れるかが仕事のモチベーションだったりすることもあるわけでw
ところがコレが2件ある日だと地獄を招くんですね…まさに今日がそう。
1件目の仕事を1時間巻いて終わってしまい、2件目の仕事までの空き時間が2時間空くことに…飯食って移動するにしてもどっかで時間を潰さないといけないくらい空いてしまいました…さてどうしよう。

まぁとりあえずまずメシ食いますよね?
時間潰せそうな、長居しても怒られないお店に行ってもよかったんですが食べたいものはそういう感じのものじゃなかったのでまずはメシ。
15分ほどで食べ終わり店を出てからどうするか考えたんですが…結局なにも思いつかず近くにあったカフェにて時間を潰すことに。
片手ではグリムノーツを進めつつ(今来てるイベントがひたすらにクリアして白雪姫のレベルクエストなんで、オートプレイで出来るのです)、目はiPadを使って最近買った『キン肉マン』の60巻を読むことに。

これがねー、今激烈アツい展開なんですよー。
キン肉マンって36巻ですげー昔に完結してたんですが、近年になって37巻以降の続編が作られたんですよ。
36巻で超人の神たちがキン肉星の王位を争う運命の王子たちのバトルを描いて、最終的にキン肉マンが優勝してキン肉大王に即位して終わったんですが、37巻以降ではその半年後、王としてキン肉マンがキン肉星に帰り即位したあとのお話が始まりました。
そこに夢の超人タッグトーナメントで姿を現したパーフェクト超人たちのよりスゴい奴ら・パーフェクトラージナンバーズっつー、名前だけでもだいぶスゴそうな奴らが攻め込んできたところから新たな物語は始まりました。
そっから悪魔超人、正義超人も入り乱れてのパーフェクト超人との戦いが始まったんですが、途中からその攻め込んできたラージナンバーズが、パーフェクト超人の始祖の11人・『パーフェクトオリジン』であることが発覚、バカほど強い彼らと正義・悪魔超人たちの死闘が行われ、文字通り命を賭けて戦って死んでいく超人も現れるほどの死闘が繰り広げられました。
悪魔超人なんて2人しか生き残らなかったですもんね…マジ死闘。
そして実は悪魔超人軍のリーダー・悪魔将軍が実はパーフェクト超人のリーダーの一番弟子であることが発覚…ひいては悪魔将軍は元パーフェクト超人ってことなんですが。
悪魔将軍はかつて考え方の違いから袂を分かち、パーフェクト超人のリーダー・ザ・マンが道を間違えた時は彼を止めることを使命として動いていたのです…なんならそのためにザ・マンの元を離れたくらいの話で。
そして戦いは悪魔将軍とザ・マンの直接対決!というところまで来てたんですねー、コレが59巻のラストのお話。

つまり60巻は37巻から始まった新たな戦いのラストが描かれているわけですよ…!これをアツいと言わずしてなにをアツいというのか!

まぁとはいえ。とはいえですよ?
キン肉マンって僕が小学校の頃から連載してた作品ですよ?今もそのテイスト残して書いてるんですよ?
普通に考えれば…ちょっと古くさい作品ってことじゃないですか?
子供の頃とは違い様々な経験をしてきた僕としては、懐かしいと感じることはあっても感動の度合いとしてはかつてより低くなってしまうのかな…と思いつつも、ワクワクしながら読み進めたわけです。

冒頭からザ・マンと悪魔将軍の激しい戦いが繰り広げられ、戦いながら会話でかつての思い、今の考えをぶつけ合う2人。
話は正義超人・悪魔超人・パーフェクト超人の在り方の話にまで発展します。
完璧であるが故に自らを超える存在が現れず、苦悩した結果「完璧である自分がすべてを管理することが一番良い」という考えに行き着いたザ・マン。
かつて言われた「師匠を超えるのは弟子の務めだ」という言葉を信じ、完璧を超えることを願い続けた悪魔将軍。
その答えを正義超人の友情パワー…感情の中に見出し、自らパーフェクト超人であることをやめる決意をし、袂を分かった過去…完璧でないからこそ完璧を超えることが出来るなんて、完璧を目指して精進し続けたパーフェクト超人にとってなんと悲しい答えでしょうか。

2人の戦いは素晴らしいかたちで決着するのですが、戦いの結末を見ててマジで泣きそうになってたんですよ。
そしたら作中でもキン肉マンたちも泣いてて。
なんなら悪魔超人とパーフェクト超人の戦いなんで、正義超人であるキン肉マンたちには関係のない話なのに、それでも涙が溢れてしまうほどの素晴らしい戦いであったと、まるで読者の代弁みたいなことを言ってくれるのです。
僕ら読者なんて正義超人よりももっとこの戦いに関係ないですもんねぇw
それでも感動できる戦いだったっちゅーことですよ…さらにはキン肉マンは2人の戦いの中に正義超人の理念が込められていた!と主張するのです。
そしてその先に待っている大団円…いやーマジクライマックスに相応しい終わり方でした。


もう30年も前に始まり、一度終わった作品がまた復活してストーリーを紡いできたのはただの郷愁だけではなく、しっかりとしたメッセージがあったからこそなんだと改めて感じることが出来る良い結末だったと感じました。
もともとギャグマンガみたいな始まり方した作品とは思えませんよね…w
新しいストーリーもおもしろかったですが、おもしろかったからこそ原点に立ち返って夢の超人タッグトーナメントとかキン肉星王位争奪戦のお話もまた読み返したくなりました!
やっぱ名作は名作だ!
マンガ |
| ホーム |次のページ>>