マジP!

間島淳司の日常をプロデュース!!

過去の名作に触れる

ちょっと前にテレビで『100分de手塚治虫』って番組がやってました。

タイトル通り100分間の番組内で手塚治虫の魅力を出演者が語る、みたいな番組だったんですが、見てて非常に面白そうだったのです。


手塚治虫といえば『鉄腕アトム』に『ジャングル大帝』『ブラックジャック』や『リボンの騎士』などなど…途方もない数の名作マンガを生み出した偉大な漫画家。
そして日本のアニメーションを作り出した、僕ら声優にとってもとても重要な方でもあります。
番組内ではディズニーがお好きだったとか、フリーハンドでキレイな丸を描けたとかいろんなお話が飛び出し、中でも印象に残ったのが『手塚治虫が考える”エロス”』について。
え!?エロ!?エロなの!?とつい反応してしまったわけですが…僕が思ってた感じとちょっと違う切り口でエロを語ってらっしゃいました。

曰く。『生身の動いてる生物にエロチシズムを感じる』と。
”動いてる”ということそのものに対してエロチシズムを感じるんだそうです。
性的な話ではなくもっと根源的な、生命力としてのエロチシズム。
…ちょっと深くてわかりませんがw
また円運動に魅力を感じる、といった発言もしています。
角がなく滑らかでつるっとしている”円”という動き、それを漫画という世界の中で追求しているんだと、まぁだいたいそんなことをおっしゃってたわけですが、こっちはなんとなーくわかるような気はするんですよね〜。

円…曲線。
男性の身体は筋肉質で硬そうで直線的で、女性の身体は丸みを帯びて滑らかで曲線的に描くと良い、みたいなことをむかーし漫画の描き方の本で読んだ記憶があります。
いわれてみりゃあ女性っておっぱいだったりおしりだったり腰のくびれだったりと、魅力として挙げられる象徴的な部分ってだいたい丸みを帯びた曲線的パーツだと思うんですよね。
男性はそういう”丸み”に女性の魅力、エロスを見出しているんじゃなかろーかと。
その延長上に手塚先生のおっしゃってる『円運動の魅力』があるのかなー、なんて。
エロチシズムに”生命力”というものを持ってくるあたり、前にワイドナショーで武田鉄矢さんが言ってたエロスとタナトスの話を思い出しましたよね…深ぇ…エロ深ぇ…。

てかあんな偉大な漫画家さんがテレビのインタビューでエロチシズムについて語ってるってのが驚きでしたがw


まぁそんなのもありつつ手塚治虫さんに興味を持ちまして。
そういや手塚先生の作品ってアニメでは見たことあるけど漫画読んだこと無いな、と思い、勢いで購入してしまいましたw
買ったのは『火の鳥』。
これも有名な作品ですよね…昔ファミコンのソフトで『火の鳥鳳凰編』が出てたのを覚えてます。
横スクロールアクションゲームで、我王って主人公が各地を回って、分割されて散らばった火の鳥の彫刻を再び完成させる…みたいなゲームだったと思いますが僕の火の鳥の知識はコレだけですw
意外と知らないな、というのと、番組内で『手塚治虫は日本で唯一長編漫画が描ける漫画家』みたいなことを言ってまして、それが気になったのがあって購入に踏み切った次第。
ちなみに長編漫画ってのはシリーズが続いて巻数が多い、という意味ではなく、長期連載なのにストーリーがきちんと一つであり、一話完結みたいな形をとっていない、という意味だそうです。
一本の映画のように、長い漫画のシリーズが繋がってるんだと思えばわかりやすいかと。
…そんなん聞いたら確認したくなりません?w

で読んでみたんですが…言いたいことがすごーくよくわかりました。

火の鳥はいくつかの章から構成される物語で、いろんな時代を行ったり来たりします。
登場人物はその都度違いますが、メインに据える数人は子孫だったり先祖だったり、同じ魂を持った存在。
章によって若干の違いはありますが、基本的にはその時代その時代で必ずいる『血を飲むと不老不死の力を得られる』という伝説を持つ鳥・火の鳥を追う物語です。
それを重ねていくことで大きなテーマを描き出す物語なんですが…この章ごとの物語が切れ目がないんですよ。
例えば1巻から始まる『黎明編』は2巻までで終わるんですが、この1〜2巻の間で普通の漫画みたいに『その1:◯◯の巻!』みたいな1話ごとの切れ目がないんです。
繋がってるから、読み始めたらもう最後までぶっ通しで読むしか無いの。何故って?先が気になるからw
これは非常に珍しいですよね…普通連載してたら切れ目ってあるはずですもんね。

また漫画としても非常に革新的。
最初の黎明編が初めて描かれたのは1954年で今から62年も前のこと。
戦争が終わってちょっと、といったところなのに、コマ内に描かれる擬音とかの漫符が英語だったりするんですよね。
日本の漫画だとほとんどないじゃないですか?アメコミみたいな英語漫符なんて。
それを縄文時代のお話やってるときにブチ込んでくるとか新しすぎてもうw
コマ割りなんかも今の漫画では見たこと無いような切り方してて、今見ても楽しめる漫画でした。
やっぱり偉大だと言われてる人はホントに偉大。


たまには名作に触れてみるってのもいいもんだな〜と思いました☆
スポンサーサイト
マンガ |

おあがりよ!!

漫画の話になったので別の漫画の話も。

こじか以外にも買ってきた漫画がありまして…これを買って来ました。

13061901.jpg
『食戟のソーマ』!!

2012年の年末頃からですかね?連載がスタートした…料理漫画?になるの?w
大衆食堂の息子が料理が全ての勝ちを決める学校に入学、そこで起こる様々な学園生活…と見せかけた料理バトルが中心のお料理バトルマンガですね。
もともとおもしろいなーと思ってたんですが、コミックスの1巻がすげー売れたという情報を聞き…「ふーん」とクールガイを装いながらもすぐに買いに走るという若干のミーハー心もありつつ購入した1巻w
それの第2巻が6月4日に発売になってました。

…ええ、こじか買いに行って新刊棚に並んでて気付きましたよw
見つけたので一緒に購入してきた次第です。

この漫画、演出がおもしろいんですよねー。
同じく料理を扱った作品でいえば『ミスター味っ子』のアニメを思い起こさせるような、こう…オーバーめのリアクションとでもいいましょうかw
普通にごはんを食べてるだけのはずなのに、なぜか食べた人がいちいち裸になるという…しかも女子ばっかりw
描いてる佐伯俊先生が繊細な絵で女の子が可愛いもんだから余計にこう…良いw
今のジャンプのお色気担当漫画であることは間違いないでしょう…料理漫画なのにw
絵柄も好きな漫画です。

がもちろんそれだけではなく。
この漫画に出てくる料理…いちいち美味しそうなんですよね、料理漫画だから当たり前なんですけどw
見ててホントに食欲をそそられるような絵で描かれてまして、そうなるとほら…食べたくなるじゃないですか?
そんな僕みたいな人におあつらえ向きなことに、コミックスには作中で出てきた料理のレシピが記載されてるんですねー。

…どうです?
『美味しそう→食べてみたい→レシピ載ってる』ときたら…どうします貴方なら?
僕だったらもちろん

13061902.jpg
食材買いに走りますよねw

レシピはコミックスに載ってるものなのでここでは詳しくは書きませんが、2巻の中で行われた食戟(部の存続をかけた料理バトル)にて、主人公・幸平創真が作った『ゆきひら流シャリアピンステーキ丼』に挑戦してみました。
さほど食材が多くない点・調味料も家にあるものが多かったのと、何より食べてみたかったのでコレにしましたw
あとこれはごく個人的なことなんですが…細かい作業とか好きなんで『たまねぎのみじん切り』が工程に入ってるこのレシピにした部分もありますw
ということでまずは…タマネギを……

13061903.jpg
こう!!w

まるまる一個みじん切りにしたらけっこうな量と手間になりました…でも楽しかったw
んでこれをコミックス巻末にあるレシピ通りになんやかんやすると……『ゆきひら流シャリアピンステーキ丼』の完成。

13061904.jpg
おあがりよ!!

レシピ見た段階ではまったく味の想像がつかなかったんですが、シャリアピンステーキに必須のタマネギ…これを肉の上に乗ってるソースにするんですが、そのために味を足したり整えたり。
いろいろ足したんでわけわかんない味になるんじゃないかなーなんて思いながら作ってたんですがそこはきちんと考えられて作られてるんですね…タマネギの甘さがいい感じに引き立つステキソースに。
ステーキ自体もタマネギのお陰で柔らかく食べやすくなっていて、ごはんにも一工夫あって。
なにげにステーキ丼なんて初めて食べたんですが、味が喧嘩することなく一つの料理にきちんとなっていて、とても美味しく戴けました。

唯一失敗したのは…分量が多かったことw
コレ一人暮らしあるあるなんですよね…食材一人分って難しくて、つい作り過ぎちゃうというか…てか最大の敗因は米1.5合も炊いたからなんですけどw

量が多くて腹はパンパンになりましたが、それでも完食できてしまうくらい美味しく、作中でも審査員が「無限に食えそうな気さえするのは何故だ!?」なんて言ってましたが、事実すげー食ってしまいましたw


まだまだ試してない・試したいレシピも多く収録されてるので、また思い立ったら一人食戟に挑戦したいと思いますw
これで…またレパートリが増えたぜ。
おあがりよ!!w
マンガ |

幸せになるために

久々に漫画買いましてん。

漫画って好きなんですけどなかなか買わなくなっちゃいましてね…完全に収納の問題なんですけどw
引越しでもしない限り部屋の広さは変わらないわけでしょ?
さらに部屋の中でも本棚に置ける量って限られてて、好きな漫画を全部揃えようと思ったらもう際限がないというか明らかに『欲しい漫画>部屋の広さ』なのは目に見えてるわけで、それならば本当に楽しみなもの以外は買わない方がいいんじゃないかという結論。
昨今は電子書籍なんかもありますしそっちに移行するのも手なんでしょうけど…やっぱ紙媒体で残したいですしねぇ。
それでなくても僕の場合特撮のおもちゃやらDVDやらなんやらかんやら、いろいろ荷物が多いわけで…

吹っ切って本気出したら一部屋借りる勢いですよねこれw


まぁ現実的にはそんなことはさすがにしないので買う量を絞るわけでして、先日久々に漫画を買って来ました。
こちら。

13061801.jpg
『こどものじかん』最終13巻&ほうかご

長きに渡って続いてきたこじかもついに完結なわけで。
アニメで青木先生の声を担当させていただいて知った作品ですが、実に深い作品でとても好きでした。
オマセな小学生とウブな新任教師のハチャメチャラブコメ…のように見えてその実社会問題や大人・子供の内面をきちんと描いた物語。
それは子育てに奮闘している人・これからするであろう人や教職者の方にも見ていただきたい内容。

アニメでは最後まで描けなかったので心残りでもあったんですよねー。
新刊が出るたびに青木先生のセリフだけ音読したりしてましたw
今では先生役をやらせて頂くことも増えましたが、たぶん僕が先生役をやらせていただいたのはこの作品が初めてのはず。
大人で、人を導く立場でありながらもまだ未熟な青木先生が、子どもたちを通して成長していく姿もどことなく自分に重なるものを感じたりして…作品もですが一人の役としてもとても大好きなキャラクターです。
最終巻ではラスト、卒業式のシーンで青木先生が卒業生に言葉を送るシーンがあるんですが、ここでの言葉は卒業していく小学生だけでなく、これからも頑張って生きていく人間全てに向けた言葉だと思います。
青木先生ったら…成長して。
おいちゃんうれしいw


さて、こじかといえば一番の気がかりはやはり、りんと青木先生の恋の行方でしょう。
小学生と教師の恋愛ですからね…ここだけ切り取るとそれはそれで社会問題みたいな話になりそうですがw
読者として見ててもどうするのか、どうなるのか毎回ドキドキしながら読んでましたが…とてもよい形で決着が着いたなーと思います。

物語もここで終わりという感じではなく、『ここから始まり』ともとれるような…迷い傷つき進んできた皆が、新たなスタートを切っていくような終わり方で、今後の彼らの人生も想像できるステキな終わり方でした。
漫画としては終わりなのかもしれませんけど、彼らの物語はここからもまだまだ続いていくんだよ、という…キャラクターがただのキャラクターでなくちゃんと呼吸している感じがとても好きでしたねー。


兎にも角にも私屋先生連載お疲れ様でした!!
いい漫画を読むととても気分がいい…その上関われたのも嬉しいですしね☆

マンガ |

見た見た!?

今週号のジャンプ!!


と言うと、ここを『ちょうど今『ぬら孫』に出てる声優さんのブログだ』と考える人はきっと
『なにかぬら孫で新情報が!?』とか
『インタビューでも乗ったのか!?』とか、いろいろ考えるかと思いますが、うちのブログはそんじょそこらのブログとは一線を画しています。
当然そんなことではありませんw


今週号のジャンプの見どころといえばもちろん!
まさかの『ラッコ11号』の掲載!!
まさか……いくらギャグマンガとはいえあんな話の中盤をいきなり読めるとは思いませんでしたがw
なにより『バクマン』内のジャンプで連載されているラッコ11号を、きちんと1話、マンガという形で見ることが出来るとは思いませんでした。
いいぞもっとやれ。
この調子で『連載作品掲載企画』みたいなのを続けて欲しいところ。
個人的には新妻エイジが一話丸々セリフなしで描き上げたというあの話が見てみたいものです…!
まぁ難しいでしょうが見たいものは見たいw


そしてもうひとつ!!
河下水希先生描き下ろし・『WJヒロイン百花繚乱ポスター』ですよっ!!
『りりむキッス』『いちご100%』『初恋限定。』『あねどきっ』などで知られる河下水希先生が、現在WJで連載されているマンガのヒロインたちを描いたポスター!!

これは……素晴らしい。

なにが素晴らしいって、他の漫画家さんが自分のマンガ以外のキャラを描いているのが見られるのがまず素晴らしい。
こういうの…昔っから好きなんですよねー♪
アイシールドの村田先生がジャンプキャラ描いたのも昔見ましたけど鳥肌が立つくらい感動したのを覚えてます。
いつだったか忘れましたが、いろんな作家の先生が『こち亀』の両さんを描いてたのも見た記憶があります。
これもまた各先生の個性が現れるというか、同じキャラクターでもそれぞれ違う…けどちゃんとそのキャラに見えるという……不思議なコラボレーション感覚が味わえて見ていてとても楽しかったのを覚えています。
そういやジャンプだけに限らず、集英社で描いてるいろんな先生がドラゴンボールをのキャラを描く、なんてのも見たような記憶があったり。
少年誌だけでなく少女漫画作家さんもドラゴンボールのキャラを描いていて、『それぞれの目から見たドラゴンボール』みたいなのが見えておもしろかった気が。

ともかくそういう…感覚でいうと『スーパーロボット大戦』みたいなことでしょうか、いろんな作品世界がひとつになる感じがとてもわくわく、ドキドキして好きなのです。

さらにさらに、今回は『ヒロイン』限定な上……河下先生のイラスト……
先生のイラストって……綺麗でエロくて、いいよねw
その上水着着てるイラストとあっちゃあもう僕の中の何らかのゲージがMAXを越えて世界の果てまで振り切ります。

惜しいのは…人数多くてみんなが重なり合っちゃってるので一人ひとりちゃんと見てみたい気もします。
い…いやらしい気持ちじゃないぞ!?
あくまで『美麗イラスト好き』としての意見だぞ!?w






ちなみにイラストの中で個人的に好きだったのは、『べるぜバブ』の邦枝と『保健室の死神』の鏑木でしたw
つーか『ぬら』代表のつららはどういう格好なのさアレ!
せめてマフラーは……取れ!!w
マンガ |

ノリで買う買う

普段街を歩いていてもあまり『衝動買い』とかそういうのはしないタイプです。

こないだ知り合いと話してて「(お金は)あるだけ使っちゃう」というのを聞きまして……
もうね、まったく理解出来ないのw


曰く、「今日は◯◯を買いに行こう」と思って街に出て。
わかりやすくするために「◯◯」がTシャツだとしましょう。
目的の店にたどり着く道すがらの別の店で、違うもの(たとえば靴とか)を見て、「あ、これいいな、買っちゃおう」となるんだそうで。
で目的だったはずのTシャツは買うどころか見ないで帰っちゃうとかw
そんなことがあると言うのです。

もうね…まったく信じられない。
まぁ少し前にカバン買おうと思って靴買ってきた僕に言われても説得力ないとは思いますがw
あれは…違うのですよ、どっちもボロボロで「いい加減買わなきゃなー」と思ってたし、そもそも靴もカバンも購入候補に入ってたから話が違うのですw
実際もうどっちも買ったしw

基本的には僕は、例えば服を買う時は、「よし、今日はなんか服を買おう」と思って出かけて、よく行く服を売ってる店に入り、気に入ったのがあれば買う。
気に入ったのがなければ買わない、といった感じで買い物をします。
つまり不要なもの、イレギュラーなものは買わないのです。

とはいえ趣味関連とかで、例えばテレビを見ていて、稀に突然何かが猛烈に欲しくなることもあります。

「やべぇ…あの家電芸人で紹介してたテレビがマジ欲しい……」みたいな。

そういうときはだいたい、3日待ちます。
3日待ってみて、それでもまだ欲しかったら「きっとこれは本当に欲しいものなんだろう」と判断して購入に踏み切ります。
そうでもないものだと「まぁ今じゃなくてもいっか」とか「よく考えたらそんなに欲しくない」とか、そうなるので買わずに済むことが意外とあるのです。


そんな僕も、時折衝動買いをしてしまうことがあります……
それがマンガ。
マンガはマジあぶない……
「いけない…本棚もいっぱいだし、もう家に置くスペースないじゃん」と思ってても、意外と高くないからつい買ってしまいたくなる。
漫画喫茶とかを利用すれば安く済ませることも出来るんでしょうが、良いものは手元に置きたいタイプなんですよね……
どうにかならないもんかと自分でも思いますが、つい買ってしまう…困る。

そんな困った事態が先日起きました。
珍しい衝動買い。
なぜだか妙に惹かれて買ってしまったのです……このマンガを。

10060601.jpg
『大人の1ページ心理学』 作:ゆうきゆう 画:ソウ

タイトルの謳い文句にまず惹かれますよね……
『頭のイイ人にしかわからないギャグ』ですよ?
自分が頭いいとは決して思いません。
世間ではきっと「おっぱいおっぱい」言う32歳は頭が悪い部類に分類されると思うしw
でもなんかこういう文句に弱いんですよね……

「ほぅ、ならばおもしろいのかどうか読んでやろうじゃないか」

と無駄に上から目線の意見w
おもしろくなければ僕の負け、おもしろければ僕の勝ち……
ん?おもしろかったら作者の勝ち…なのか?
でもおもしろく感じたら頭良いんだからそれはそれで勝ちのような気もするし…でも作者が勝ったんなら読者が負けてるはずで僕の負けなわけで……
あっちが勝者……で、こっちも……勝者!?

どうやら痛み分けですw

結論から言うと僕の好きなテイストのギャグでしたw
だがまぁこの手のギャグは人を選ぶんだろうなぁ、とも感じましたね……奥深し、ギャグ道w



ちなみにある意味一番おもしろかったのは、コレ買ってしばらくしてから

「間島さんはきっとこの漫画が好きなはずだ!」

つって寺島くんから同じ作者が描いてる新刊の写真が届いたことw
なぜだ……なぜわかったしー!!w
まだ話してないのに!!w

そして寺島くんのメールで新刊出てることを知って速攻本屋に走った僕がいましたとさw



ああ…また本棚に置けない本が増える…どうすれバインダーw
マンガ |
| ホーム |次のページ>>