マジP!

間島淳司の日常をプロデュース!!

話し方に気をつけろ

世の中は表裏一体。
表側の面があるなら当然裏の面があります。


「光在るところ、必ず影ができる。」
悪役セリフのテンプレみたいなヤツですが、実に真理を体現しているセリフだと思います。
どんなものにも表と裏があり、その表裏が一体となってひとつである。
数々の作品で例えるとわかりやすいですが、だいたいの物語で「深ぇ…」と感じるものってこの”表裏”を使ってることが多いと思います。

例えば僕が出てた『暗殺教室』。
殺さねばならない敵として出会った殺せんせー。
授業を通じて心を通わせる生徒たち…クラスは「殺す派」と「殺さない派」に別れ、学校の裏山でクラスを2つに分けたバトルを繰り広げます。

例えば僕の大好きな『機動武闘伝Gガンダム』。
主人公・ドモンが師として慕っていた東方不敗が、ある日突然敵の幹部の一人だということが発覚。
裏切りを信じたくないドモン…でも現実に師匠は敵としてドモンに襲いかかる。
いつしかドモンも超えねばならない”敵”として師と対峙し、撃破。
戦いの後師匠は弟子の胸で、地球を救うために選んだ選択肢が主人公とは逆だったことを語り、息絶えていきます。

『暗殺教室』ではクラスの生徒は皆せんせーのこと、自分たちとせんせーの関係を守るために意見が対立。
同じプロセスを経て考えたのに別の答えにたどり着いた結果の戦いです。
『Gガンダム』でも、師匠とドモンは同じく地球のために戦う部分がありつつも、その辿り着いた答えが正反対であり、結果師弟は戦いの中に身を投じていくことになるわけです。
この場合はドモンや視聴者には『師匠の真意』は伝わっておらず、「主人公の邪魔をするワルモノ」として師匠が描かれているため、ラストバトルで師匠が息絶える際にドモンも視聴者も涙を流すのです…泣いたー。


このように、表裏が存在すると”表から見ているもの”には”裏側”が見えず、それを巧みに使った物語や、表と裏両方を見せることで視聴者に選択や動揺、感動を与える、という手法が使えるわけです。
子供向け作品なんかでは敵は「誰が見ても悪いヤツ」として描かれるケースが多く、やっつけられて爽快、というかたちを取ることで視聴者である子どもたちに悪は良くないものなんだ、正義は勝つんだということを教える意味がありますよね。
それまでアニメはそういう「子どもたちに向けて作られたわかりやすいもの」だったという既成概念を打ち壊し、連邦軍とジオン、どちらにも正義があり、見る側によって正義は違うんだ、ということを描いた『機動戦士ガンダム』という作品は非常に素晴らしい作品である、ということなのです。


作品に例えるとわかりやすいので今までお話してきましたが、考えてみればコインにだって表裏があるわけで、物質だろうと概念だろうとなんにだって表裏があるということがわかります。
物語にまでいかない”言葉”にだって、表裏があります…それによって非常にイメージが変わるのです。

例えば『お刺身』。
魚に限らずですが食品は”鮮度”が大切。
水揚げされた直後のお魚を捌いて食べてる映像とか見てるとすっごい美味しそうじゃないですか?
でも例えば、水揚げされたて捌きたての魚で作った刺し身のことをこう表現したらどうでしょうか。

「さっきまで泳いでた、死んだ魚の生肉」

…うわー、不味そう、こんなん絶対食べたくないw
でも意味としては同じなのでこれもまた”表裏”。言い方の表裏で受け取り方がこんなに変わります。

例えば『美人』。
初対面の人に「すっごい綺麗」とか「美人だねー」とか言われるのって照れくさいし、言う側もきっと照れくさいはず。
僕だったら思っても言えませんw
その言い換えが「好みのタイプ」とか「顔が好み」とかになるわけですが、これが行き過ぎると褒められてるはずなのになんかムカつく印象になります。

「親がその顔に生んでくれてよかったねー」

これだと「顔が綺麗じゃなかったらお前は最悪」と言われているかのような、言ってもいない”裏”がプンプン伝わってきて言われた側は素直に喜べないどころか下手したらそれこそ激おこプンプンですw


このように同じ事象でも、”表”と”裏”を間違えるとタイヘンなことになる、ということです。
いつでも正しい方…オモテが選べると良いですよね。


ただし。

”おもてなし”される際には、表無し…”ウラがある”ということも忘れずにw

という最後をラーメンズのネタで締めるというまさかの暴挙w
好きなんですよねーこのセリフ。
まぁおもてなしって「もてなし」だから表とか裏とか関係ないのはわかってるんですけどねw

スポンサーサイト
考察 |

ノーコンティニューでクリアしてやるぜ!

世間では今日から『プレミアムフライデー』なるものが始まったようですね。


「毎月月末の金曜は仕事を15時に切り上げて、余暇をしっかりたっぷり楽しもう」というものだそうですが、すごくいい考えだなーと思う反面日本で根付くのかな…という不安も。
物理的に仕事する時間が減るわけで、そこまで景気も良くない雰囲気の中GOサインを出せる会社は実際少ないようですし、「亭主元気で留守が良い」なんて言葉もン十年前に出来た日本文化の中。
実際に16時くらいに旦那が家に帰ってくることをあまり望まないような、奥様の意見もちらほら。
さらには15時から飲みに行って「あそこの会社はプレミアムフライデーなのか…くそ」とかいう周りの非導入派の会社員からの目を気にして「やっぱ19時から飲みに行こうぜ、それまで三々五々で」みたいな消極派の意見なんかもありそうな気がします。
まぁ実際週休二日制が導入されたときも批判的な意見も多かったそうですし、それでも根付いたことを考えるといつかは…という気はしますが、どちらにしても我々の業界にはあんま関係なさそうなので皆さんせいぜい景気を回していただきたいと思いますw


さてそんなプレミアムフライデー。
数時間ではあるものの余暇が増える、ということで、天邪鬼な考えを発揮する今日の我がブログは…仕事について書いてみたいと思いますw
ヒャッハァー!人が働いてるときには休みたくて、人が働いてないときには働きたいぜー!!w

まず我々の仕事『声優』ですが、現在は非常に多岐にわたるお仕事をさせて戴いております。
仕事の裾野が広がったというか、間口が広がったというか。
僕らが目指したときにはアフレコやラジオ、ナレーションなんかが主だった仕事の印象でしたが、現在ではTVやネット番組への出演、雑誌、人によってはライブ活動なんかも仕事の内訳に入ってきています。
各事務所さんや各役者さん毎に特色や得意分野もあるでしょうから全員がすべての仕事をするわけではありませんが、もはや声優というよりタレント…もっといえばマルチメディアクリエイターみたいな職業になりつつあるな、という印象。
その中でもやっぱり楽しくてやりたかったのはどうしても『アフレコ』になりますけどね。
ということで本日はアフレコについてのお話。

アフレコ…特に僕の場合アニメのアフレコが多いわけですが、アニメでも洋画でもやってることは「画面内にいる人物になりきってお芝居をアテる」という作業であることに変わりはありません。
ここで大事にしなければいけないのは「キチンと表現をする」ということです。
ただ台本に書いてある文字列をタイミングよく読むだけではお芝居になりませんから。
口パクが合うことは最低条件、そこにどういうプラスアルファを乗せられるかが良い役者かどうかだと感じます。
台本通りにやろう、ト書きを読み込もう、アドリブを入れてやろう、人それぞれにプラスアルファの乗せ方は違うと思いますが、僕にとってアフレコは…ゲームですw

「遊びでやってんのかふざけんな」とか言われそうですがもちろんそうではありません。
もともとオタクで自分に自信なんかないタイプの僕は、台本に書いてある通りのことしか出来ないと思っています。
アドリブで面白いこと思いつく人は本当にすごいな…ト書きに書いてない選択肢選べる人は本当にすごいな、といつも感じてます。
そんな僕に出来ることは「台本に書いてある設計図通りにお芝居を作ること」です。
過不足なく、100%台本に書いてある通りに演じる。それが僕のお芝居の正解。
キャラクター性もそうですけど、アフレコの場合喋る速度も作品やキャラクターによって違います。
それもまた『設計図』の一つであり、それが僕にとって早かろうが遅かろうが、台本に書いてある通りに実現する。
家でのチェックや現場でのテストで口の動きを確認して速さを調整、直しを経て本番、あるならばリテイク。
これらすべての作業を、高い精度でやっていきたいなーと思っています。
感覚でいえばちょうど音ゲーで上から流れてくるのをタイミング良く押していく感じ。それに近い感覚。
GoodではなくMarvelousですべてをクリアしていきたい感じ…わかりますこの感覚w
だから「ゲーム」なのです。

人によっては『ドラマCDの方が自分の速度で芝居できるから楽しい』と言ってる方もいますが、僕からしたらアフレコの方が楽しいしやりがいあるんですよねー。
僕がやりたいのは自分の芝居を見せつけることじゃなくて、お芝居を通じて誰かの歯車になることだから。
ドラマCDも楽しいけど、ヒントが少ないんで不安の方がデカいですw
ラジオなんか聞いてもおわかりだと思いますけど、僕喋る速度が根本的に早いんで、ドラマCDやゲームのような自分で速度調整する役だと80%くらいの確率で「お芝居の方向性良いんですけどちょっと早いですね」って言われますw
仕方ないんじゃ〜、ヒント少なくて不安なんじゃ〜、自信ないから終わるなら早く終わらせたいから早口になるんじゃ〜w

こんなこと言ってると「ホントにお芝居楽しいの???」とか思われそうですが、お芝居は楽しいですw


役者然たる方々って、自己表現としてお芝居をなさってる方が多くて、自信に満ち溢れててカッコイイなーって思います。
ただ僕の場合はそうではなくて、自己を使って他人の表現のお手伝いがしたいというか…いうなれば『他己表現』としてお芝居をしているってことです。
だから何にだってなりたいし、なんだって出来たいし、難易度の高い役ほど燃えるのです…なんかドMみたいだけどw

あんまり役者同士でもこういう話しないんでいろんな役者さんからお話聞いてみたいですよね、こういうの。
でも聞いてるんだろうな…酒の席の2次会とかで。
覚えてないだけでw

あーもったいない!!w

考察 |

先っちょだけ!

手。足。耳。目。口。

体だけに限らずこの世のもののほとんどには”名前”が付いています。
おかげで他人と意識共有がしやすいわけですが、この名前ってそもそもどうやって決まったんですかね?

子供の頃漢字の成り立ちとかは勉強したので「目のカタチから目という漢字が生まれたんだよ」とかそういうことは知ってますが、そもそも目のことを「め」と何故読むのか、といったことに関しては聞いたことがありません。
鼻にしたって口にしたって、何故そう発音するのか…マジで不思議。
おっぱいなんかはね、「おなかいっぱい」の「いっぱい」が転じておっぱいになったとか、「おおうまい」が変化しておっぱいになったとか、女性を背中におぶさった時に真っ先に当たることから「負う背」が転じておっぱいになったとか様々な説がありますけどね。


まぁ3つ目はウソですけどw


とにかく名前というものは便利ではあるけどどうやって決まったのかわかんないなーと思いましたがコレに関しては調べようもなさそうなので今日のところは「不思議だね」ということで話を進めますw

そんな不思議な名前。
ものによってはより細部を表現するために言葉を付け足すことがありますよね。
例えば目だったら、目頭とか目尻とか。
鼻でも鼻先、なんて言い方をしたり、他にも指先とかつま先とか、体以外でも矢尻(鏃とも書きますが)だったりと”端”を表す言葉ってありますけど、コレがまた不思議だなーと思った次第。

”先”と”尻”の使い分けってなんなん?w

どっちも端っこを表す言葉のくせに場所によって尻だったり先だったり…じゃあおっぱいの先っぽは乳尻かよ!尻の端っこは尻尻かよ!てか尻の端っこってどこだよ!などと思ったりしてw
で、いろんなものの”端っこ”の言い方を考えてみました。

目尻。

鼻先。

つま先。

指先。

矢尻。

言葉尻。

…なんとなくですが、「始まりが明確なもの」の端っこは「尻」が使われてる印象。
目頭があるから目尻がある、みたいなことですね。
…頭と尻ってのも”両端”という意味ではちょっとおかしい気もしますけど。
あるだろつま先とかもっと離れた端っこがw

もっと考えてみましょう。

軒先。

店先。

幸先。

出会い頭。

先頭。

最後尾。

尾っぽ出てきた!!w

確かに考えてみれば人間には尾てい骨があり、サルから進化したんだと考えるなら古来には尻尾があったわけで、だとすると端っこは尻というより尾だろう、と。
てか先”頭”で最後”尾”って目頭と目尻とルールが違うやんけw
まだ何かあるかもしれません…考えてみましょう。

舌先。

手先。

行き先。

乳首。

首出てきた!!w
と思ってビックリしましたが、そういや乳首は『乳頭』ともいうので端っことしては”頭”でしたわw

そしていろんな端っこを調べてて一番不思議だったのがコレ!

『しんがり』。

しん…がり???なにしんがりって!!w
気になりまくりで調べてみたところ、しんがりは漢字で書くと『殿』。
殿様出てきたー!!w

ウソでしょ…最後尾が…殿w
一番大事な人だからSPが守るかの如く狙われにくい最後尾に配置したってこと???などといろいろ想像しましたが全然違いました。

しんがり…殿は、後駆(しりがり)が変化した言葉で、意味はもちろん最後尾。
漢字表記の『殿』は、「臀」という字の原字に通じるそうで、意味としては「尻」なんだそう。

ということで殿様無関係で結局尻でしたw
いやーしかし言葉っておもしろいですねー、また一つお利口になった気が。
尻のことをしんがりって言うんですね…




ねぇ、キミのしんがり…見せてくれない?(端っこ無関係w)

考察 |

ストレスの恩恵

甘い果物と甘くない果物、どっちが好きですか???


モノにもよりますけど殆どの人は甘い果物を選ぶと思います。

では果物はどうするとより甘くなるのか?

農家の方とかはいろいろ考えたでしょうねぇ…生活かかってるしw
でもまさかその方法が「ストレスをかける」だとは思いませんよねぇw

なんでも果物というのはストレスをかける…過酷な状況下にあると甘みが増すんだとか。
理由ももちろんあって、果物の中の汁の濃度を上げることで真ん中にあるタネが水を吸収するのを押さえ込むんですって。
タネが水を吸収できないとどうなるか?お花は水をあげないと芽吹かないですよね?
過酷な状況下で迂闊に芽吹くとその後には枯れちゃう結果が待ってるので、水をあげないことで発芽の時期を遅らせて、過酷な状況が過ぎ去るのを待つそうで。
結果『過酷な状況』だと濃度が上がって『甘みが増す』という仕組み。
さらに、果肉の甘みが増して美味しくなれば、それを狙ってやってくる他の動物に食べられますよね?
結果他の場所にタネを連れてってもらう、という目的も含め、2つの目的で果物はストレスを与えると甘くなるんですって。


なーんかすごくないですか?生命の神秘って感じ。

人間なんてストレスかかると体調不良になったりひどい場合は病気にかかってしまったりロクなことがないわけですが、ストレスを与えることで良いことが起こるモノが存在するなんて…人間もそうならんかなーなんて思ってしまいます。
アレですよ、僕の大好きなアレだってそうじゃないですか…おっぱいw
成長期のストレスが多いとホルモンの関係で大きくならないんでしょ?
仕組みがわかっても生きてる以上ストレスなしの生活なんか考えられないわけで…果物の甘みように意図的におっぱいの大きさコントロールできる時代がきたら…最高なんですけどねw
もちろん大きいばかりがいいことではないと思うので、みんなが好きな大きさになるようにストレスコントロールして望みの大きさに!
自分が望んでなったサイズなら他者への羨望とかもなくなるわけで、みんなハッピー♪
誰かこの方法実証してくれないもんでしょうか…どですか偉い学者の皆さんw


まぁ果物ではないにしろ、人間の場合自分に甘いワガママちゃんが他人に迷惑…ストレスを与えるわけで、甘いやつがストレスを与えるという果物とは逆の流れが生まれるわけですがw
果物のように逆境を力に変える人間でありたいな、と思いました というお話。


…書くことないなーと思って「へー」と思った雑学でよくここまで持ったなw
シーユー!w
考察 |

イノチの進め方

皆さん、永遠の命って欲しいです???


…何を突然バカなこと言い出してんだこの人は、とか思わないでください、僕も馬鹿馬鹿しい質問だなと思ってますw
今日外出した時たまたま隣の席の人がそんな話してたんですよ、なんでそんな話になったのかも知りませんけどw
その人たちの結論としては「周りがどんどん死んでいって、最終的に知らない人だらけになって寂しいからヤだ」みたいな感じでしたが、実際にそんな体験したこともないのによくそんな荒唐無稽な想像だけで喋ってられるな、と思ったんですw
まぁマンガとかどっかの物語でたまに描かれてるのを見た結論なんでしょうが。

そんな話をBGMに時間を過ごしてたんですが、ふと最近読んでるマンガのことを思い出しました。



『火の鳥』っていうんですけどw

『まだ読んでんのかよw』というなかれ…ストーリーに切れ目がないから腰を据えて読めるときじゃないと進めらんないのです…それでも10巻くらいまでは読んだんですけどね。

『火の鳥』はそもそも、その血を飲むと不老不死の力を得る事ができるという火の鳥を追い求めるお話がメインです。
いろんな時代に存在する火の鳥と、それに絡み合う人だったり人じゃなかったりするものたちの紡ぐストーリー。
その中のお話の一つ『望郷編』という物語には、冷凍睡眠という概念が登場します。

冷凍睡眠…コールドスリープってやつですね。
遠い未来、人口が増えすぎた地球を捨て安く買い叩いた遠い星で暮らすことを決意した若者二人。
がそこは地震が頻繁に起こるとても住めたところじゃない星…女のお腹に子どもが宿ったところで男は事故で死んでしまいます。
広い星にたった一人残された女…地球に戻るための宇宙船も壊れてしまいガチひとりぼっちになるんですが、その女はこの星で生きていくことを決意します。
そしてこの星の人口を増やすために、自分のお腹から生まれて来た男の子と子供を作ることを計画。
一緒に連れてきた家事ロボットに息子の世話を任せ、自身はコールドスリープ、20年後に今と同じ姿で蘇り子供を増やしていくのです…

というかなり壮大でヤバげな話なんですが、この物語に出てくる『コールドスリープ』という技術。
火の鳥の血が持つ永遠の命には及びませんが、これもある種の永遠を生きる方法だと思うのです。
で、考えたのです。

冷凍睡眠してまで長生きしたい?ってw

定番の冷凍睡眠話(?)としては恐らく『現代の技術では治すことが出来ない不治の病の治療法が見つかる時代まで眠り続ける』だと思うんですが、これはまだわかるんですよ。
ほっといたらすぐ死んじゃうわけでしょ?
ならばコールドスリープすることで体の生命活動を止め、生きるために未来を選択するわけで。
じゃなくて例えばただ単純に「未来が見てみたい」ってだけで、コールドスリープしたいか、と。
ラーメンズのネタにそんなんあるんですけどねw
僕にはコレが理解しがたい。

だって冷凍睡眠するでしょ?仮に20年後に起きるでしょ?
20年もしたら技術はいろいろ変わっていることでしょう。
20年前はスマホなんてなかったし、Suicaとかもなかったわけで。
そりゃあ様々な技術革新が起きてるわけです。
…改めて起きてそれ全部覚えなきゃいけないんでしょ?手間ですよそんなんw
なんでそんな新しくバイト入っていろんな作業覚えるみたいなことを自ら望んでやらにゃならんのですか。
それに2週間もすりゃその時代に慣れ始めるわけで、20年前はなかった技術にときめく心はすぐにしぼんで普通に現代生きるのと同じになることうけあい。
知り合いが20歳年を取った姿を見て切ない気持ちになるくらいしか、20年先の未来を感じる手段はなくなっていくのです。
これが50年100年だったりしたら、それこそ知り合いが誰もいない、なんてことになるわけで…冷凍睡眠ぜんぜん楽しくない。

やはり冷凍睡眠による長寿にはあまり意味を見いだせないのです。

これが例えば永遠の命だったらいいんですけどね。
その時代その時代をずーっと生きてるわけでしょ?改めて覚え直す技術がまとめてくることもないし、ずーっと情報を得続けられる。
周りの人は年を取っていくとかは冷凍睡眠と変わらないしみんな先に死んでいくんだろうけど、生きてりゃ新しい友だちも出来るだろうしその辺の哀しみはある日突然100年後の世界にぶっ飛ばされる冷凍睡眠よりも断然気がラク。
一つだけ気になるのは…永遠の命って病気とかケガとかにはなるのか、って問題ですかね。
死なないけどすっげー苦しいとかだったらヤじゃないですかw
その場合死ねない身体が逆に足枷になるわけで、だったら永遠の命なんて要らないから”生涯健康な身体”とかの方がよっぽどいい。
…!

それだ。

人類が一番追い求めるもの…それは他者よりも長く生きることなんかじゃない。
ずーっと健康でいられることだw


しかしよくもまあこんな体験したこともない荒唐無稽な想像だけでブログ書けるもんですね、僕もw
あー楽しかったw
考察 |
| ホーム |次のページ>>