FC2ブログ

マジP!

間島淳司の日常をプロデュース!!

ハコ生。

どうも、三流声優ですw

というわけで本日はラジオ『箱』、ニコニコチャンネルにお引越しして一発目の放送でした。
なんと今までやったことなかったニコ生での放送でしたが…ご覧いただけましたでしょうか?


新年一発目とはいえ別段新年っぽいことは特にやらず、どっかのTV番組でやってるような企画をお送りした(ある意味ではお正月になると見る番組だからここだけ正月っぽいとも言えるw)わけですが、ホント毎回奇跡のような展開を迎えますよねー。
二人とも真剣に答えてるはずなのに一回も二人の答えが一致することがなかったりとか、最後だけ正解した人と最後だけ間違えた人がクイズのシステムのせいで同じ結果を迎えたり。
改めて笑いの神に愛されてる番組だなーと実感しましたw

今回は初回、ニコ生ということで通常放送とは少し違うかたちでお送りしましたが、いつものラジオはいつもの感じでお送りすることになるかと思います。
まぁたまにね、今回みたいな感じでニコ生スペシャル版みたいな放送も出来たらいいなーと思ってますんでその旨マリンさんにドシドシ送っといてくださいw

ということで『箱』、今後ともよろしくお願い申し上げます。


19011201.jpg
メールアドレスはお間違いなきよう!w
スポンサーサイト
日常 |

2019・Round1!!

明けましたね…年が。

つまり平成の終わりへのカウントダウンが始まったわけですが…別に終わりが近づくからといって悲しいことではないんですよねー、ついいろいろ考えちゃうけどw


さてそんな年越しの瞬間はといえば。

今年は特に誰からの誘いもなかったので一人で『笑ってはいけない』を見ておりました。
てか2年連続一人で過ごす年越しですってよ奥さん。どこ行っちゃったのかしら数年前までのアクティブさと人望はw
まぁ帰省されてる方も多いですし別にそういう理由じゃないんだとは思いますが。
…思わせてw

まぁそんな感じなんで特に書くこともありませんw
今年も一応干支の動物を探してみたりもしたんですが…いかんせん「イノシシ」って猪突猛進のイメージからかまっすぐしか行けないバカ的なイメージを持たれやすいのかぬいぐるみもグッズもあんまないんですよね…
それでもせめて、とムリヤリひねり出して、『いの”しし”』ということで獅子…ライオンのアイテムを揃えてみました。

19010101.jpg
4シシ!

ライオンの顔だけお手玉ぬいぐるみ、ビーストドライバーとハイパーリング、ライオンメダル、そしてライオンフルボトルです。
ハイパーリングはビーストドライバーとセットとみなして4というカウントにいたしました。
そして4点見つかりましたんで「シノシシ」ということで…語感だけでもイノシシに近づけてみようとw


こんなダマしとかパチもんみたいなネタでスタートしますが2019年もよろしくお願いいたします。
あけおめことよろー!!
日常 |

お疲れ様でした。

今年も一年お疲れ様でした。


…という書き出しをすると…勘の良い方とTwitter見た方はお気づきになるんじゃないでしょうかw

本日が仕事納めでございました。
まぁ別に仕事が納まってもブログは毎日更新なんで今年のすべてが終わったわけじゃござんせんがw


今年も一年無事に(怪我はしたけどw)仕事ができたのはひとえに僕に仕事の機会を与えてくださったスタッフの皆様、ならびにこんな僕を応援して「間島を出して!」…と言ったかどうかはわかりませんが支えてくださったファンの皆様のおかげです。

…自分のこと好きだともすごいとも思わないから「ファン」っていうとなんかすげームズムズするんですよね…まぁ余談ですがw

さて今年もたくさんのキャラクターたちに命を吹き込む機会を与えていただきました。
すべてを振り返ってるとまたダラダラ長文書くことになりそうなので詳しくはWikipediaなりネットでお調べいただきましてw
たくさんの素晴らしい作品、素晴らしい現場、素晴らしい共演者の方々に出会うことができました。
ありがたいことにすでに来年もいくつか関わることが決まっている作品、出ることが決まっているイベント等もありまして。
変わらず楽しく、いろんなお仕事と関わっていきたいと思っております。


ちなみに。

今年最後の仕事納めのお仕事は、キャラクターに声を吹き込むタイプのものではありませんでした。
それどころかなんとスーツを着用するタイプの仕事でして……こう書くと「何かの撮影!?」とか「いつ見れるんですかー?」とか言われそうですが…そういうタイプのお仕事ではございませんで。

……えー……本日のお仕事は……




某企業の忘年会の司会進行でしたw

「そんな仕事すんのかい!」という声も聞こえてきそうですが…まぁその企業さんもまったく関係ない企業とかではなくこの業界と関係のある企業さんなんでね、普通に 忘年会の司会頼まれてもたぶんやることにはならないとは思うんですが…思うんですが……あんのかな最近僕を司会で売ろうとしてるっぽいマネージャーいるからな……w
ということで久々にオフィシャルな場でカッチリした司会をすることになりまして、スーツに袖を通すことと相成ったわけですが……僕って基本的には目立ちたがり屋ではないんですが…体に流れるお笑い好きの血が騒ぐらしく…つい書いてもないボケとか飛ばして笑い取ろうとしちゃうんですよねーw
今回も開始早々イッパツぶち込んでしまいました…リハでは「余計なことは言わず台本通りに進めます(キリッ)」とか言ってたのにw
まぁおかげさまで(_)固っ苦しい感じにはならずリラックスしたムードにはなったんじゃないかなーと思っているのでこれはこれで良しということで…終わってから大人に怒られたりしなかったしw
そもそもそれが嫌な感じの会だったら僕に司会頼まないでしょうしねぇ?w


という、ちょっと変わった一年を締めくくる仕事納めでした。
本年もお疲れ様でした!後は!飲むだけじゃーい!!w
日常 |

何枚でも、1枚で済んじゃう♪

とあるゲームの収録がありまして。


最近はアプリゲームが増えてきてそういった苦労は減ったんですが、コンシューマーゲームの音声収録だと台本がバカ重いんですよね〜。
ボタン1クリックで出る文字数を『1ワード』として数え、攻略キャラとかになるとだいたい2000〜3000ワード、稀にある主人公にもボイスが付くゲームで主役なんかやった日にゃ8000とか10000ワードなんて膨大な量になることも。
当然自分のセリフだけじゃ状況が把握できないので、だいたいの場合は自分のキャラが出ているシーンをまるごともらってチェックをして、現場にもその台本を持っていくわけですが、2000ワードくらいでだいたい電話帳2冊分くらいの厚みになることが多いです。
とてもじゃないけど一回じゃ録れないんで初回の収録にどこまで持ってくか、どういう指示があるのかドキドキしながら連絡を待つことが多いんですが、稀に「全部持ってきてください」とか言われて絶望することもあったりしてw

「えええええぇええええ全部は重いよぉぉぉぉぉどうせ録り切れなかっった分また持って帰んなきゃいけないんでしょぉぉなんとか減らしてよぉぉぉぉぉぉぉ」などと事務所に泣きついて先方さんに交渉してもらって持ってく量減らしてもらったりすることもしばしばw
前々から「これがデータだったら…この苦労からも解き放たれるのに…」という思いがあり、事務所に「もしゲームの仕事あったらできればデータでもらうことって出来ませんかね?」なんてことを伝えてたんですよね。

で今日のゲームのお話が来た時。
…普通に紙で渡されそうになりましてw
「ダメだったか…」と思っていたところにその話をしたマネージャーが「そういえば前データでほしいって言ってなかったっけ?」と気を回していただきまして、晴れて今回データで台本をいただくことが出来まして。
家に帰ってデータをiPadに移し、iPadを使っての原稿チェック。
なんかちょっと前から写真だったりpdfだったりに、何のアプリもソフトも使わずに文字かけるようになったんですけど、その機能を使って自身のキャラ名に蛍光ペンよろしく色を付け見やすくし、読み仮名なんかは細めのペンに切り替えてズームして漢字の横に小さく記入。
次のセリフの指示だったりト書きに書かれた演技の指示なんかにも印をつけ、準備は万端、いざ収録へ!

現場に着いて収録の支度をしてる際にスタッフさんから「お、電子化ですか」などと言われつつ収録を行ったんですが…いやー!台本の電子化、いいですね!!

なにが良いってまず上にも書いた台本の重さ!!
紙って重なるとバカみたいに重たくなるじゃないですか?
その点データならどれだけ増えても重さが変わるわけもなく、なんなら人に写真見せたり自分がマンガ読んだりするためにいつもカバンの中にはiPad入れてるのでいつものカバンとなんら重さが変わることもなく。
仮に1回で録りきれなかったとしても、収録しきれなかった台本を持ち帰る必要もない…というかiPad持って帰りゃ台本も持ち帰ってる状態なわけで、行きと帰りでカバンの重さは1グラムも変わらないわけです。すげー嬉しいw

さらに僕はiPadにケース付けてて、その上のカバーみたいなヤツの折り方変えることで立てたり少しだけ浮かせたりも出来るので、iPadを読みやすい角度に固定して読むことも出来ちゃうわけです。
紙台本だと机に置くと視覚的には斜めになってる紙を読むことになるので読みづらいことがあるんですよねー、それで譜面台みたいなの用意してくださってる現場もあるんですけどそれがiPadならすんなり出来ちゃう。

一番良いのはめくるストレスがまったくないこと。
特に最近は寒くなってきて指先が乾燥して紙がめくりにくいこととかってありません?
スムーズに収録を進めるためにめくりやすい状態を作ってから収録に臨むようにはしてるんですけど、それでもめくれなくて時間がかかることもあるんですが、データなら指でスッとスワイプすればすんなりページがめくれるわけですよ、しかも確実に。
なによりこの方法なら絶対にノイズが出ないわけです!スタッフさん側もきっと編集する時にノイズの部分カットする手間省けるわけで、これはこちらもあちらもWin-Winな状況だと思うんですよねー。
あと収録したあとセリフの録り直しする際にも「32ページの真ん中右のセリフなんですけど」とか言われた時にそのページにすぐたどり着ける快適さ…!
めくり方によってはページの順番入れ替わっちゃってたりすることもあるので、よく「あれ、32ページどこだ…すんませんお待ち下さい…」なんて無駄な時間が生まれることもあるんですが、これもデータなら起こらない現象に。
てかそもそも読み終わってめくった台本置いとく場所をどうするかとか毎回収録のたびに考えてたんですけど、そもそもデータなら読み終わったページが別に出ることもないのでテーブルの上が超すっきり。

これは…すごく、良い!!


弱点といえば僕の使ってるiPadが通常の台本サイズより若干小さいので、これから年取って目が見えづらくなった時にしんどそうだなーということと、バッテリー充電するの忘れたら一巻の終わりってことw
あとはスタッフさんが紙の台本使ってる場合、僕のめくるスピードが早すぎてスタッフさんのめくりが追いつかない懸念があることくらいでしょうかw


僕らは仕事で台本とペン、それに飲み物くらいしか必要なものがないので、仕事に際して技術の進歩みたいなものを感じる機会って少ないんですけど、ついに僕たちにも科学の恩恵が感じられる時代がやってきましたよー!w



収録することのない皆さんにはなんも関係ない話ではありますが、あまりに嬉しかったんでブログにしたためてみましたw
日常 |

自動裁断の鬼

僕らの仕事は台本が必要。


それはアニメだろうとゲームだろうとラジオだろうとイベントだろうと変わらないこと。
仕事の連絡が来ると必ず「台本を取りに来てください」と言われます。
そうしてチェックをし、仕事に行き、収録を終えて家に帰ってくる。
そして台本は家のシュレッダーの…上へw
すぐに片付ければいいんですけどついつい後回しにしちゃうんですよねー、そして台本は堆く積み上がっていく、と。

うちのシュレッダー、自動裁断ついてるんで普通の紙なら50枚くらいスイッチひとつで裁断できるんですよ。
なんでゲームなどの製本されてない台本はなるべく早く片付けるようにはしてるんですけど、アニメなんかの製本されたものは自動祭壇は使えないんで手作業になるわけで。
「時間がある時にやろう」とシュレッダーの上にとりあえず置いていくと、そもそも上に置いちゃってるからシュレッダー使えないじゃないですか?
そうやってすぐに裁断できるであろうゲームの台本なんかも積み上がっていき…ふと見るとその高さ30cm越えとかになってたりして。
ふと見まして「こりゃあかん」と思ったので久々に大裁断祭りを開催いたしました。

ホントはねー、全部取っておければいいんですけどねー、家のスペースには限りがあるんで仕方ない作業なんですよねー。
ということで想い出深い作品は残しつつひたすら裁断。
製本されてないのは出かける前とかにセットして自動裁断してもらいつつ、家で時間がある時には製本台本を少しずつ裂いてはシュレッダーへ。
アニメとかお好きな方は「もったいない…捨てるくらいならくれ」と思うかもしれませんが、こういうのって機密情報にあたる書類みたいなもんですからね…いかに仕事で使い終わったからといって人様に差し上げることも出来ず。
黙々と心を鬼にしつつ裁断裁断。
…ホントに黙々とやってたんである意味手作業でやってましたけどこの時は自動裁断みたいなもんですねw

ある程度裁断が終わったらゴミ袋の中に紙くずとなった台本たちを移動。
そんな作業を暇な時間を見つけてはひたすらに繰り返した結果…

18071701.jpg
こんなに大きくなりました。

大きめのゴミ袋、実に4袋分。
…会社かw
こんなに溜め込んでたってことなんですねー、いやーこりゃすごい。


正直この作業も面倒だし紙も勿体ないから早くデータになってiPadで仕事出来る世の中にならないかなーと思いましたw
来たれ!近代化の波!!w
日常 |
| ホーム |次のページ>>