マジP!

間島淳司の日常をプロデュース!!

A New Hero. A New Legend.

少し前からちょっとずつ『仮面ライダークウガ』を見ています。


平成ライダーなのに『見直している』といえないのは、実はこれが見るの初めてだからだったりしますw
僕平成ライダーってこの次作の『仮面ライダーアギト』から見始めたんでね。
当時の友達が見てて「仮面ライダーすげーおもしろいよ、見なよ」と勧められたんですが、タイミング的にあと1っヶ月くらいで番組が終わっちゃう時期だったんで「じゃあ次のから見よ」って思ったんですよねー。
思えばあの時友達に勧められてなければ今の僕はなかったわけで…ある意味では恩人になるんですかね?

逆に戦犯な可能性もあるけどw

と平成ライダー好きを公言しているとクウガを勧められる機会も多かったんです。
だけど現行のライダーも追わなきゃだし1年分もあるしで腰が重かったんですがついに見る決意を固めて見だしたらまーおもしろいの。
これはオススメしたい気持ちがわかる!と思ったので今日はクウガの良いところのお話をしたいと思います。


僕が好きになるライダー作品って、敵にも事情があるものが多いんですよね。
ドライブのロイミュードもそうだし、ファイズのオルフェノクやダブルのドーパントもそう。
何処からともなく現れてただただ人の命を脅かす、といったものではなく、敵にも明確な意思や目的が存在する作品を好きになることが多いんですが、クウガの敵であるグロンギもそういったものが存在します。
グロンギ特有の『グロンギ語』というものが存在し、人間を殺すゲーム『ゲゲル』に則って人間を襲うんですが、コレがミソなんですよね。
グロンギたちはこのゲゲルをクリアすることでザギバス・ゲゲル(ファイナルゲーム)に進出することを目標にしています。
またゲゲルを始めたグロンギは定められたルール以外で人を殺すと失格になってしまうので、事件には必ず共通したルールが存在することになるわけです。
クウガや人間側はこれを予測し、次に狙われそうな場所を特定、事件を解決しようとする推理的要素が見られるのです。

そして他のライダー作品や特撮系の作品って、だいたい人間って無力でヒーローに救われるだけの存在として描かれる事が多いんですが、クウガでは警察がクウガと協力してグロンギが起こす事件に対抗しようとします。
倒したグロンギを研究・解析してグロンギにも通用する弾丸を作ってクウガをフォローしたり、敵が強くなることで倒した時に起こる爆発が強くなり、街に被害が出る、ということがわかった時には出現地点から近い一番被害が出ない場所を探し出して敵をそちらに誘導するなど、ちゃんと『人間も戦えるんだ』というところを描いてくれているのも魅力の一つ。
ゆくゆくは次作『仮面ライダーアギト』で人間が作り上げた機械の仮面ライダー・G3を作り上げたりもします。
この『人間は無力じゃない』ってのもいいんですよねー。

作中で『仮面ライダー』という単語が登場しない、というスタイルもクウガから始まりました。
ムリにその世界にない単語を使わないことでドラマをリアルにすることが出来てて、子供向け番組特有のムリのある設定を排除することで、大人が見ても楽しめる物語になってるところも素晴らしい点のひとつ。
そのためにクウガでは、必殺技の名前を叫んだりもしません。
…ヒーロー物としては若干寂しい感じもしますが、その分ドラマが前に出る作品作りになってるので大人の人にオススメするには良い作品になってると思います。

あとこれもリアルなドラマ作りにひと役買ってる部分だと思いますが、場所の設定がリアルなんですよね。
『pm12:00 四ツ谷』みたいな感じでいちいち時間と場所が表示されるんですよ、しかもそれがホントにそこで撮影してる。
東京に住んでると余計にですが、作品に自分が行ったことがある場所が現れたりすると作品が身近に感じられ、よりいっそう物語がリアルに感じる、というのもあります。
…個人的には聖地巡礼欲が高まる、という側面もあるんですがコレはきっと一般的な感覚ではないので強く語るのはやめときますがw

そしてなにより、クウガに変身する主人公・五代雄介という男が良い!
とにかく良いやつなんですよねー。
もともと「大丈夫」が口癖で、人の笑顔を守るために戦う姿はまさにTHE・ヒーロー。
ただ強いだけじゃなく深い優しさも持ち合わせていて、「人々を守るためとはいえ暴力を振るうことはいい気持ちはしない」と言ってのけてしまったり。
どんな辛い状況でもいつでも笑顔で、周りの不安な気持ちさえも取り払ってくれる、最強のヒーローだと思います。
どことなーくそのカンペキなヒーローっぷりに、ヒビキさんを重ねて見てしまう部分もあり…ヒビキさん大好きな僕としては雄介のことも好きになったのもあると思いますが。


と絶賛クウガにドハマリ中の男の感想でした。
知らない物語だったからとはいえ、途切れることなくずーっと「続きが見たい!」と思えた過去作品はなかなかないかもしれません…いやーやっぱ平成初代はすげー。
そしてそんなクウガも残すところあと3話というところまで来てしまいました。
…こうなると逆に「終わってほしくない!」と思って、なかなか見なくなるんですよね…でもあとン・ダグバ・ゼバ倒したら終わりだからなー、結末は見たいけど、終わってほしくないw

とりあえずクウガ見終わったら世界観がつながってるというアギトを見直そうと思います(終わらぬループw)
スポンサーサイト
特撮 |

怪盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー!

今日はその話する気マンマンだったんでタイトルからそのまんまタイトル!w


というわけで始まりましたねー、『怪盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』!
名前がクソ長いのでtwitterのハッシュタグなんかでは『#ルパパト』と公式が略称を発表してますが、TVシリーズでは初となるVS戦隊。
まだ1話しか放送されてないのでネタバレもクソもない(そんなこと言うやつは30分しかないんだからさっさと見ろw)のでガツガツ感想書いていきますよー!w




例によって事前に情報仕入れたりせずに世界観からなにから1話でイチから知っていこう!という試みで見たんですが、非常にわかりやすい設定説明がなされてましたねー。
コグレという男に依頼されてルパンコレクションを回収するルパンレンジャー。
国際警察に所属するパトレンジャーたちは、物語冒頭ではまだパトレンジャーに変身するアイテムがなく、現れる怪人に対抗しようがなく歯がゆい思いをしている。
ルパンコレクションを奪ったのはギャングラーと呼ばれる悪の組織で、彼らは引退するボスの後を継ぐために人間世界を征服しようと企んでいる。
怪人は体に宿した金庫にルパンコレクションを収納していて、そのコレクションが持つ能力を使って戦隊と戦う…と。
だいたいこんなようなことが概要。
今回はルパンサイドからの展開で物語が進んでたんで、今後は交互に視点が変わった物語展開をしていくのかなー、なんてのも見どころになっていくのかな、といった感じ。

各戦隊の特色もしっかりと分かれていておもしろいですねー。
ルパンレンジャーはまとにかくオシャレ!
派手な演出、CG満載で見せ場では一瞬スローモーションにしたりしてとにかくオシャレでカッコイイバトル。
たぶんドローンかなんかで戦うルパンレンジャーの周りグルグル回りながらのカメラワークなんかもあったりして、新しい技術もどんどん取り入れていって『今風』の戦隊として作ろうとしてるのがいいですねー。
一方パトレンジャーは古くから続くスーパー戦隊の集大成、みたいな感じ。
基地があってボスがいて、サポートしてくれるメカがいて、ってのは昭和から続く戦隊の手法ですよね。
たぶんこのシステム使ってたのってゴセイジャー以来なんじゃないでしょうか。
スーツの色味なんかはデカレンジャーを彷彿とさせるところもありますが…これも制服、という昔ながらのわかりやすいシステムの現れですよね。
今回はVSチェンジャーを手に入れて変身したところまででお話が止まってるのでバトルかこれからですが、肉弾戦多めでCGじゃなく火薬多めなアクションやってくれないかなーと今から楽しみですね。

なにやら聞いたところによるとルパンイエローの子が元モーニング娘。の方なんだそうで。
言われて見ると…喋り方やアクションの動きなんかにどことなーくアイドル時代の片鱗みたいなものを感じるところもありつつ…未来あるであろう戦隊内でアイドルネタみたいなのをやるときに大活躍してくれそうで今から楽しみですねw
あと個人的にはピンク!ピンクのキャラが良い!ですね!!
イエローが女性の時って、だいたいイエローが天真爛漫かほんわか癒やし系で、ピンクが気が強い姉御肌になる傾向があるんですが今回もまさにそれですねー。
警察の方にピンクがいてサバサバ系で、どことなくボウケンピンクを思わせるような…クールビューティーな感じがたまらんですねw

あと今回はルパンサイドからの物語展開だったのもあって、オシャレな演出を心がけた結果なのか一話が長く感じましたねー、例年一話ってだいたい詰め込みまくりで早い展開になりがちで、あっという間に終わっちゃう印象なんですがそうじゃなかったのもまた特色の一つなのかな、と感じました。
パトレンメインの回だとこの辺も違った印象になるのかな、といったところも今から楽しみですねー。

あとはOPが今回本編に乗っかるかたちだったのであまり聞き取れなかったんで、2話以降しっかりとOPも歌詞を含めて確認していきたいな、と!
なにせ歌ってる吉田仁美ちゃんが『いとしのムーコ』で一緒だったんですよね…ムーコ!ムーコー!w


いずれにしても非常に楽しめた第一話でした☆
2話以降も期待して見ていきたいと思います!





てか釘宮ァァァァァァうらやましいぃぃぃぃぃぃ!!w
特撮 |

よっしゃラッキー!

18020501.jpg

18020502.jpg

18020503.jpg

18020504.jpg
こちらこそだよ!!

ラッキーを中心とした「ポジティブシンキングで運を呼び込め!」ってお話でしたね。
非常に良いお話でした…第一話で主人公が「よっしゃラッキー!」言い出した時はどうなることかと思いましたがw

そしてまさか…OPで歌ってた『降り注ぐ流星群に乗り』を実際にやるとはw
宇宙が悪に支配されている絶望から始まった物語だったのに、最後は希望に満ち溢れたエンディングでした。


1ねんかん ありがとうございました!
特撮 |

冬!映画!!

いやー、始まりましたね、仮面ライダーの映画『仮面ライダー平成ジェネレーションズFINAL』が。

当然見に行く気マンマンではあったんですが初日は混雑しそうだし子どもも多そうだから外して、落ち着いてから見に行くことが多いんですが今回は久々に初日キメてやりましたよねー、まぁ理由があるんですけど。


それはそう…映画公開初日の昼前の出来事。

家で寝てると唐突に鳴ったLINEの着信音。
寝ぼけ眼をこすりながら見れば、特撮仲間のLINEグループにキヨからの投稿。

『見てきたんだけど誰か今日中に見て夜あたり僕と飲んでくれたりしませんか…仮面ライダーでこんなに泣いてこんなに気持ちが熱くなったの久しぶり。』

どうです?この発言を受けて。
こんなん早く見たくなるじゃないですか?
まだ時間も昼前だしいくらでも都合つけられそうな感じなので見に行こう!となるじゃないですか。
早速家から一番行きやすい映画館のサイトをチェック、何時の回があるのかなー♪なんて鼻歌交じりで見てみたら…席が…空いてない…だと?
さすが初日の土曜日、お子様連れが大挙して押し寄せてるんでしょうな…けっこうな数上映されてるのに近い時間帯から3上映分くらいチケット完売で見られない状態。
くそ…なんてことだ…見たいのに!見られないなんて!!悔しい!!

ってなったんで意地でも見てやろうと少し離れたところの映画館にわざわざ出向きましたよねw

こっちもかなりの混雑(直近の回の席状況が△ついてた)でしたがまぁまぁ見やすい席も取れ、無事鑑賞出来ましたよー♪
ということで以下感想。





見てもっとも思ったのはシンプルな一言でした。

良かった!

平成ライダー映画史上でも1,2を争う出来だったんじゃないでしょうか。
まず話がとても良い。
冬のライダー映画って今回も『平成ジェネレーションズ』と謳ってるだけあって、今やってるライダーだけでなく過去作の平成ライダーが出て来るんですね、去年からやってたこの平成ジェネレーションズシリーズの場合、スーツだけでなく当時ライダーを演じていた役者さんご本人が当時の役でそのまま出てくれるんですよねー、それが激アツなんですが。
今回なんといっても話題になってたのは『仮面ライダーフォーゼ』の福士蒼汰くんが如月弦太朗として帰ってくる!ってことですよね。
もちろん僕らからすれば映司やアンク、紘汰やタケルがまた見られる!ってだけでもうテンションMAXなんですけど、やっぱ世間的には売れに売れまくってる福士くんがまたライダーに出てくれる、ってのが話題でしたよねー。
とそんな感じで過去5作品のライダーが登場するわけで、一番タイヘンなのは世界観の統一問題だと思うんですよね。
ただライダーのスーツだけ出てきてバトルのサポートしてくれるだけなら「不思議な力で先輩が駆けつけた!」みたいなことでOKなんでしょうけど、変身前の姿も晒して言葉も交わして、となると世界観も合わせないと不自然ですからねぇ。
なにより今やってる『ビルド』の世界は、スカイウォールという壁により日本が3つに分断されている、現実とは違うパラレルな世界。
当然他のライダーたちの世界にはスカイウォールなんてものは存在しないので、そこをどうやって乗り越えるか…ってのが結構大事な問題だったのです。
そこの問題も非常に上手く、且つビルドの世界観も取り込みつつムリのないつなげ方をしてました。

そして先輩ライダーたちの出し方ね!コレマジ100点!
映画冒頭でチラ見せしたあと普通にビルドを中心にストーリーが動き始めるんですが、しばらーく経って忘れた頃に唐突に出てくる先輩からの助け舟。
彼らは彼らで世間に起きてる異変を調べて独自で動いていた、というのをわからせながら、主人公たちに訪れるピンチを颯爽と救うTHE・ヒーロー!
しかもその演出がいちいち当時のストーリーをリスペクトしたかのようなオマージュになってて、出て来るたびに泣ける!
これだけの別々の世界観を持つライダーたちを一つの世界観にまとめるだけでもタイヘンだろうに、一つ一つの作品をきちんと調べ上げて壊すどころかきっちりキャラクター性も見せつつ表現するってのはホントにすごいと思います…歴代の先輩出て来る映画シリーズで一番上手かも。

展開としては今回の事件のラスボスの元にビルドとエグゼイドを行かせるために、先輩ライダーたちが「ここは任せて先に行け!」という展開で、きちんと今のライダー立てつつ過去のライダーたちにもスポットを当てる方式が上手に出来ててここも好感。
また今回も出てきたライダーシリーズに共通して出て来るあの敵がね…上手い感じで過去作の敵も引っ張り出してくれててですね…じゃあ当然こいつらの相手はこのライダーだろ、みたいなのもとっても良し。
みんな忘れがちな仮面「ライダー」ということでのバイクアクションも今回は多め。
これはドライブいたら出来ないもんねー、一人だけ車でひき逃げみたいになっちゃうしw
もちろんラストバトルは派手派手の超カッコイイバトル!
そのバトルで一つとっても良かったところを挙げるなら、敵の作った要塞みたいなのの上で迫力のバトルを展開する都合上、どうしてもCGを多用することになるんですが、そのCGの要塞の上で戦ってるライダーたちを極力CGにせずスーツアクターさんが戦ってたこと。
CGもカッコイイし迫力もすごいんだけど、やっぱりライダーはスーツアクターさんたちが中に入ってアクションしてくれるカッコよさが必要不可欠だと思っているので、こういうところもこだわってスーアクさんで作ってくれたのは本当に良かったですね…。

そして今回僕が一番よかった、と思ったのは…全体に流れるテーマが『ヒーロー』だったということ。

誰に褒められるでもなく認められるでもなく、何の得もないのに見知らぬ誰かのために戦える気持ちを持った者たち…それがヒーロー、仮面ライダーなんだということが強く打ち出された作品でした。
ビルドのテレビ本編でも過去に2号ライダー(になる予定の男・万丈龍我)がビルドに同じような質問をしたことがあったりしたんですけど、現れる先輩のことごとくが言わなくても困ってる人たちのために命をかけられる奴らばっかで。
龍我視点でヒーローとは何か、というのを描く手法だったり、最終的には龍我自身もヒーローの気持ちを手に入れ、成長するという展開ね…もう全てが良い。
惜しいなーと思うのは仮面ライダービルドの映画なのに最終的に成長したのが2号ライダーの龍我だったってことくらいですかねー、ストーリー上の主役がビルドじゃなくなっちゃってる感じがね。
ただお話はもう絶品でしたねー。


いたるところに過去作への愛を感じられるとってもステキな映画に仕上がってます!
迷ってるという方!これは観に行った方がいいですよ〜!!

僕は…たぶんあと何回か観に行くことになると思います、一回だけじゃ足らねぇんだよ!!w

特撮 |

ああ…

17100801.jpg



…尊い……

二人の写真とインタビューもだけど、脚本の三条さんとプロデューサーの塚田さんの対談も入ってて大満足の内容!
はじめは2人じゃなくて1人で変身する予定だったとか、どうやって主演がこの2人になったとか気になることもたくさん書いてあったよ!!

仮面ライダーダブル好きは絶対読んだ方が良い!!
特撮 |
| ホーム |次のページ>>