マジP!

間島淳司の日常をプロデュース!!

ああ…

17100801.jpg



…尊い……

二人の写真とインタビューもだけど、脚本の三条さんとプロデューサーの塚田さんの対談も入ってて大満足の内容!
はじめは2人じゃなくて1人で変身する予定だったとか、どうやって主演がこの2人になったとか気になることもたくさん書いてあったよ!!

仮面ライダーダブル好きは絶対読んだ方が良い!!
スポンサーサイト
特撮 |

伝説の始まりだ!

皆さん聞きました…?

何を?じゃなくて。アレですよアレ!あの話!!


そう!ライダーの冬映画の話ですよ!!

12/9公開の映画『仮面ライダー平成ジェネレーションズ FINAL ビルド&エグゼイドwithレジェンドライダー』。

現在放映中の仮面ライダービルドがメインになるのはもちろん、前年の仮面ライダーエグゼイドも出演。
でも僕らが気にしてたのは「withレジェンドライダー」のとこ。
昨年の冬映画も同じく『平成ジェネレーションズ』というタイトルを冠していたんですが、その時もレジェンドライダーが出演してました、しかもスーツだけじゃなく元の俳優さんが顔出しで。
コレがね…感動したんですよ…ライダーって一年モノじゃないですか?
どういう契約なのかはわかりませんけどその一年の期間が終わったら当然契約は切れるわけです。
契約が切れれば他の仕事もたくさん入ってくるわけで、ライダーのためにスケジュール空けにくくなりますよね?
それが一人二人ならなんとかなるかもですが、レギュラーものの番組を作ろうと思うとみんなのスケジュール合わせなきゃいけないわけで、それがどんだけ難しいことかなんて想像するに容易いわけです、我々の世界だってテレビシリーズのアフレコが全部終わった後に原作発売に合わせてコミックスにDVDがつくよ!それ用に新作アニメつくったよ!なんてなった時はまースケジュール合わなくて抜き録り多発、なんてことよくありますし。
我々の世界は抜き録りという方式が使えるのでまだ作品を作ることは出来ますが、映像だと難しいじゃないですか?
同じシーンに出さないようにしなきゃだったりお話から変えないといけなくなったりするわけで。
結果映画にレジェンドライダー出そう、ってなってもスーツだけ出して声は別の方にお願いする、なんてのが常でした。
…まぁ僕もそれで仮面ライダーに声当てた過去があるのでコレがダメとはいえませんけどw
ただ1ファンの、やたら耳がいい特撮オタクの視点からいえば、やっぱりライダーのスーツから別の声がするのはなんか抵抗があるのです…元の役者さんの芝居に寄せてくれてればまだいいですけどまるで似てないと「誰!?」ってなるわけです。

そういう意味でも、元の役者さんが映画の1回きりであるとはいえ再び僕らが愛したあのライダーを演じてくれるというのはとてつもなく嬉しいことなのです…そして今年の映画も同じ『平成ジェネレーションズ』を冠した作品。
レジェンドライダーが出るならもしかして去年と同じく…元の俳優さんが!?と淡い期待をしてたところにドエライ発表が来たわけですよ!!

お教えしよう!今年の「withレジェンドライダー」は!!

『仮面ライダーオーズ/OOO』より、火野映司/渡辺秀 アンク/三浦涼介!
『仮面ライダーフォーゼ』より、如月弦太朗/福士蒼汰!
『仮面ライダー鎧武』より、葛葉紘汰/佐野岳!
『仮面ライダーゴースト』より、天空寺タケル/西銘駿!


すべて!敬称略!!w

ヤバくないですか?
ライダーって毎年これから羽ばたくであろうイケメン俳優の登竜門みたいになってるわけで、売れちゃうと当然スケジュール取れなくなるから出てくれなくなりそうじゃないですか?
去年の映画でドライブの竹内涼真くんが出てくれたときだって、放送は1年前とかそんなもんだったけどもうめっちゃ売れてて、それで出てくれただけでもう目から華厳の滝レベルだったのに…
福士くんなんてめっちゃ売れてるでしょ?フォーゼってもう5年とか前の作品なんですよ?
5年も売れ続けた俳優さんが再び弦太朗を演じてくれるとか…目からナイアガラだわ…また弦太朗演じてくれるなんて思ってなかった。

発表された数日前はtwitterもめっちゃ盛り上がってましたが特撮仲間LINEグループも大盛り上がりで、お祭り騒ぎみたいになってたんですが、その中でキヨが今まで撮った写真まとめたこんな画像を載せてきたんですね。

17100601.jpg
レジェンドキヨヒロ!

あまりにいい写真なんで無断で転載しましたw
いやー、こういう感謝の示し方もあるのか…と感心しましてね。
ただキヨが「そういえば今回で気づいたけど僕エグゼイドのゲーマドライバー持ってなかった」つってたんですよw
それはいかん、エグゼイドだってついこないだまでやってたとはいえレジェンドライダーの一人なんだから入れて上げないと!
と、そこでそういや僕も似たような写真いっぱいあるなーと思ったのでこちらで完成させておきましたw


17100602.jpg
ありがとうレジェンドライダー!

ウチはお面はないので顔出しはあんまない方向でw
映司くんの服装が特殊すぎて再現しようがなかったので、数年前にMSWRでそれっぽい格好した時に撮った写真なんで顔出してますけどw


今から12/9が楽しみだなー!というお話でした。

特撮 |

鋼のムーンサルト!

みんなー!エグゼイドロスってる?

僕は!全然!!w


ということで新番組『仮面ライダービルド』はじまりましたねー。
オンタイムでは見られなかったものの、同じ日の夕方くらいに録画で確認しました。
以下感想。ネタバレ…もなにも1話だから大丈夫だとは思いますが念のためそういうの嫌う人は30分だけ待ってください
そしてその30分で速攻ビルドを見てきて!!w






クソざっくり全体の印象からお話すると「とても良い!」って感じでした。
歴代平成シリーズ見てて僕の中に勝手にあるジンクスとして『第一印象で見た目がカッコイイライダーはストーリーが微妙』みたいなのがあるんですが(どの作品とは言いませんw)、ビルドは第一印象が良かったんですよ。
人によっては「ダブルっぽい」って言ってたり、僕は斜めの色分けが「ドライブっぽいなー」と思ったりしてて。印象悪くなくて。
それだけに「これは…良くない流れか…?」と思ってたんですが、冷静に考えたらダブル初めて見た時は「半分こ怪人ー!!」って思ったし、ドライブにしたって「タイヤたすきがけ…どうなの」とか思ってたんですよねー。
全話見た結果大好きな作品になったから結果好印象なだけで、”第一印象”としては決して良いものではなかったなー、ってw
ちょっと好きの間口が広がってきてんのかな…と思ったりしてw
ということでビルドは印象悪くなかったのに話もとても良い、奇跡のスタートを切ったのでしたw

なにがいいって冒頭からもう良かったですからねー。
第一話って設定を説明しなきゃいけないって大仕事があるんですが、子供向け番組である以上完結にわかりやすくやる必要があるし、子どもを魅きつけるために後半にはカッコイイ変身、バトルも盛り込まなきゃいけない。
要は時間が足りないんです。
でどうなるかなーと思って見た冒頭。
すげー簡潔にこの世界がどういう世界で、主人公は何者で、どういう状況なのか、っていうのを的確に説明してたんですよね。
しかもその設定が非常に興味深い。
舞台は僕らが住むのと同じ日本のお話なんだけど、火星から持ってきた謎アイテム『パンドラボックス』の影響で壁が出現、日本は「東都」「西都」「北都」の3つに別れ、対立してしまっている状態。
そこに非常に高いIQを誇る自称物理学者・桐生戦兎が現れ、自身は記憶喪失だと語るのです……
この時点でもう面白そうじゃないですか?w

さらに変身シーンではその変身ギミックが非常に魅力的。
ビルドは戦いの中自身が作ったフルボトルを使い”実験”することで新たなフォームを入手、そこから勝利の法則を導き出していくという戦いながら創り出すクリエイター的な戦い方をする、という触れ込みだったんですが、変身シーンだけでももうそれが見て取れる感じというか。
2つのフルボトルをベルトに装填、変身すると前後にプラモのフレームみたいなのが現れてそれぞれ半分ずつのボディが現れ、それが徐々に真ん中に寄ってって合わさった瞬間ビルドの姿になっているという…なんだかもうワクワクが止まらない変身の仕方w
更にはバトル中には物理学者ならではのギミックも多数散りばめられてて。
「賢い」「強い」といったことが明確に伝わる非常に良いバトルでした。

物理学なんてもの扱うから難しい話になるのかなー、なんてとこも感じてましたけど、そこも上手に処理してた印象ですねー。
ライダーキック撃つときにグラフみたいなのが出てきてその軌道に沿ってキックを放つんですけど、ちょっと調べたらそのグラフに書いてある『V0』とか『Θ』とかってのも物理学…というか数学になるんですかね?の観点から見てもきちんと理由付けがなされてるそうで。
更には冒頭、話数表記をするところでも「1010」みたいなのが出てきて右上にちっちゃく「0」って書いてあったのがスーッと消えてから「1話」ってなる演出だったんですが、学の無い僕は「なんのこっちゃ?」と思ってみてたんですけど、コレって2進法で「1010」が『10』を表していて、右肩のちっちゃい0が「0乗」って意味で、1010の0乗は「1」という計算式が成り立つんですって。
だから話数表記で2進法の計算でちゃんと1になるものを盛り込んで表現してるんだとかなんとか…
さらには1010は主人公の名前・戦兎「セント」にかかってるようにも見えますし、いろいろ考えて作られてるんだなーっていうのがドヤらず散りばめられてるのも非常によろしいですよね。


物語的にもこれからどうなるのか非常に楽しみで、とっても良いスタートを切ったと思います「仮面ライダービルド」!
上手く僕の感性とベストマッチしてくれる作品になりますように…!

特撮 |

終わりなきGAME!

ついにこの日が来てしまいました、『仮面ライダーエグゼイド』最終回。


前回までで最強フォームに変身することが出来なくなり敵が勝利を確信、どうなる次回!?ってとこで終わってたんでドキドキハラハラが止まりませんでしたが、実に良いエンディングを迎えたと思いました。
この場を借りても届かないのはわかってますが本当にスタッフさんたちありがとうございました。

仮面ライダーって子供向け作品じゃないですか?
子どもってそこまでストーリーについて考察しないから、けっこう大味なストーリー展開多かったりするんですよね、最近は減りましたけど。
そこに力入れて時間かかるくらいなら、多少強引でもリズム重視でカッコイイシーンバンバン入れた方が子どもからの反応が良い、とかそういった配慮の結果なんだと思うんです。
それでカッコイイからそこも楽しむタイプなんで僕はそれでも全然良いんですけど、エグゼイドという作品はシナリオの構成力がズバ抜けて高かったなーという印象。
第一話からとにかく内容が濃くて「こんなすごいペースでお話進めて大丈夫?途中でガス欠になったりしない???」と心配になるくらいの密度だったんですが、そのまま最後まで描ききった作家さんの能力はホントにすごいと思います。
ずーっと面白かったんですけど特に35話あたり、仮面ライダークロノスが出てきたあたりから物語の加速がヤバいこと。
仮面ライダークロニクルというゲームのラスボスはゲムデウスというバグスターなのに、それを唯一攻略できる仮面ライダークロノスという存在が敵に回る意外性、しかもゲーム内で唯一時間を止められる『ポーズ』を使えるという圧倒的チート能力。
「こんなやつに…どうやって勝つんだ…」という絶望を感じていた3ヶ月ほど前が今となっては懐かしい…てかあそこから12話くらいしかやってないとは思えないほどクロノスというキャラクターは立ってたなぁ…イヤホント脚本がスゴい。

はじめは「なにこのSDガンダム」とか言ってたあの見た目も、最後には大好きなデザインになってたし、ホントに各キャラクターの魅力を描くのが上手かったなーと。
まぁこの辺は、中に入ってる高岩成二さんの動きがかっこよすぎてすぐ惚れる、という例年の仮面ライダーあるあるなんですがw
OPのラスト、開いてた手をグッと握る、ってだけのアクションがカッコイイんだからホントにプロだなーと思います。
僕らは声のプロで動けないだけに、動きのプロの方はホントに尊敬。
あ、あとOPといえば最終話の変身後の立ち姿がOPに出てくるシーンと同じ演出がなされてたんですよねー、あれカッコよかったー。
細かいネタをいろんなところに入れてたのもエグゼイドは上手だったように思います。

最終話は…その前の週が劇的に盛り上がっていただけに「えっ、バトルもう終わり?」ってくらいあっさりに感じてしまいましたが、バトルもホントカッコよくてね…ただその後のストーリーとお芝居が良いのでそっちの印象が勝つんですよね。
なのでイメージ的にいうと、先週がクライマックスで今週の最終話はエピローグ、といった感じでしょうか。
どちらにしても全体のストーリーがとっても良かったのでまた一つ大好きなライダーがこの世に生まれ落ちてくれて本当にありがとうという気持ちでいっぱいです。
一年間僕らを楽しませてくれてありがとう…仮面ライダーエグゼイド。


と本放送は終わりましたが、改めて劇場版のトゥルーエンディングを見直したい!という気持ちが高まったので隙を観て今一度映画館に足を運ぼうと思います!
さらに!来年4月にはVシネマで3本出るらしいですしね!
僕らのエグゼイドはまだまだ終わらない!!

次のビルドもこのくらい楽しめる作品になりますように…。

特撮 |

3ヶ月前ですよ?

そーいやちょっと前に事務所の後輩から「先輩!飲みましょう!!」つって呼び出されたんですよ。


僕含め身近でちょくちょく飲んでた人々が、舞台だ朗読劇だと稽古で日程が空かなくなりそうな気配を察知したらしく、まとめて飲んでしまおう!みたいな理由でしたw
…ま、わかりますけどね…けど僕は稽古機関でも空いてりゃ行くんですけどw

待ち合わせの場所に行くとすでに揃っているメンバー。
「何処にします?」なんて話をしつつよく行く安心安全な飲み屋に入り、とりあえずのビールを注文。
稽古どうなの?とか台本どんな感じ?とか、まぁ主に舞台絡みの話が多めだったように記憶していますが楽しく飲んでいると、誘ってきたその後輩が「先輩!」つって包みを渡してきました。

何?と思い聞くと「お誕生日プレゼントです!」と。
……僕の誕生日、5月ですけど…w
と後輩曰く「渡そうと思って5月には買ってたんですけど、お会いする機会の時出先で持っていけないことが多くて」だそう。
あー確かに…飲む時ってだいたい僕からグループラインに「今日ヒマな人いないー?」と投げて始まるんですが、それを投げるタイミングが19時近辺であることが多く、まぁ19時だったらだいたい出先ですもんねw
ということで3ヶ月ほど寝かせたであろうプレゼントの包みを開けると、こんなものが入っていました。

17082601.jpg
アロハ。

別に僕にアロハのイメージないでしょ?なのに何故???と思われるかもしれません…が。これはただのアロハに非ず。
このアロハは特撮グッズなのです…!!

どういうことか説明するために、下の画像を御覧ください。

17082602.jpg
九条貴利矢。

はーイケメンw
と見るのは顔ではなく…その下。赤ジャケットの下に着ているシャツ。
そうこのアロハと同じ柄ー!!
とある店舗でこの同じ柄のアロハシャツが売っていた、というのがちょっと前に話題になってたんですよねー。
貴利矢推し(エグゼイド好き的には『担当医』というらしいですw)の周りの友人も何人かこのアロハを買ってましたが、僕は別に貴利矢推しではない…というか特に推しとかないんで買わずにいたのですが…
ベルトを買うとよくコスプレめいた格好をするのを知っている後輩は「これだ!」と思ったようで、今年の誕生日プレゼントがコレになったという次第。

ありがたいけども。なんだろう、この読まれてる感じw
そして家に帰り、他のアイテムっぽいものもひとしきり揃えてまぁ写真撮りましたよね。

17082603.jpg
「変身…」

家にロールアップのダメージジーンズがなかったんで7部丈パンツで代用しましたw
くそ…なぜ持っていないんだ…赤のジャケットはあったのにw
ちなみに前に差し出した手で隠れてますが、シャツの合わせのとこにはちゃんとサングラスも引っ掛けてますw


いよいよ明日がエグゼイドの最終回!
展開によっては…この格好で街に繰り出すかも?w

特撮 |
| ホーム |次のページ>>