マジP!

間島淳司の日常をプロデュース!!

こまけぇこたぁいいんだよ!

ちょっと前まではお風呂に入る時に音楽聞いてたんですが、最近はまたDVDを見るように切り替えました。
曲でも良いんですけど3曲もすると飽きて出ちゃうんですよね〜、も少し長く浸かっていたいと思って。
DVDなら映像もあるし、お話気になるから入ってられますしね。

ということで最近は途中で止まってた『仮面ライダーBLACK RX』の続きを見てます。


いやー昔の特撮はまた違っていいですねー、勢いがある。
昔の作品…特に子どもに向けて作られたものは細かいこと気にして作ってない感じがたまりませんw
あとスケール。スケールが壮大。
まず敵の組織が宇宙からやってきた宇宙人ですからね。
地球を征服して帝国の領土にしようと考えるんですが、ことごとくをRXに邪魔されるという古き良き王道パターン。
そしてそのための作戦ね、これもたまりません。
だって地球侵略の手段として四国空母化計画とか思いつきます?w
ちなみに四国空母化計画とは、四国の地下にある日本の近くで留まってる地盤の核(なんか柱みたいなの)を子どもたちの念能力でねじ切る、という壮大な計画。
まず四国の地下が謎の柱一本で止まってんのもすごいけど、それを攫ってきた子どもたちの念力でねじ切ろうという作戦がすごい。
普通に爆破したほうが絶対早いのにわざわざ回りくどい方法を選んで失敗するw
てかそもそも子どもに日本の子どもに念能力があると思ってるクライシス帝国がヤバい。
物語の冒頭で子どもがお父さんに「見て!僕がやったんだよ!」とイルカが跳ねたのを自分の手柄として言うんですが、お父さんは「あれは調教師さんがやってるんだよ、念なんてあるわけないだろう」と一蹴してるというのに。
完全に信じ切って、お遍路さんの格好して子どもたちを攫ってくるクライシスヤバい。

ちなみにおそらくですが、四国空母化計画はどうしても瀬戸大橋を破壊したいから思いついた作戦だと思われますw
この前の話数で爆破に失敗してたのでw


というサイコーに面白いBLACK RX。
今日はストーリーだけでなくアクションにもおもしろいところが含まれていることをご紹介します。

とある話数である怪人が子供を人質に取って逃げるんです。それを追うRX。
追いついた先はだだっ広い採掘場のような場所。
「子供を離せ!」と敵ににじり寄るRX。
当然怪人は言うことを聞くはずもなく、RXに謎のビームで攻撃をしかけます。
為す術もなく攻撃を受けるRX…でもちょいちょい避けてます、「避けるな」とは言われてないんでw
怪人の方も子どもを抱きかかえたままビーム撃ちまくってるんですけど、冷静に考えたら人質取った場合「コイツを殺されたくなければおとなしくしろ!」とかそういう交渉するじゃないですか。
助ける方も子どもに万が一ケガとかさせるわけに行かないから攻撃はしかけなさそうなもんですが、RXはガンガン近づいていきますw
ビームのせいで少し距離が離れたRX。
「とう!」と気合一番空中で宙返りキメながらジャンプ!着地点は…敵のちょっと離れたところ。
普通状況打開を狙ってジャンプ一番後ろに回り込むとかしそうなもんですが、RXはちょっと距離を詰めただけw
何故宙返りまでしたのかw
その後は何らかの攻撃でバランスを崩し子どもを離した怪人に、今がチャンスとばかりにライダーキック!
ベルトから必殺の剣・リボルケインを取り出しジャンプして近づきそのまま一突き、敵を撃破。
この間放り出された子どもはまるっと無視して敵を倒してますw
駆け寄ってあげて!RX!!w


ただ絵作りとしてはとってもカッコイイんですよね…冷静になって見るといろいろおかしいんですけど夢中になって見られちゃう。
不思議な魅力が昔の特撮作品にはありますね。

今後も冷静な目も持ちつつ、ストーリーもちゃんと追って楽しいお風呂ライフを送ろうと思いますw

スポンサーサイト
特撮 |

とくさつの炎。

ゴライダーが面白かった!って話をちょっと前にしたと思うんですが。


アレってauビデオパス入ってないと見られないんですよねー。
僕はたまたまauユーザー(初めてケータイ買った時から(その頃はまだIDOだった)なので筋金入り)だったので見ることが出来ましたが、他の電話会社を使ってる人は見られないってことなわけで。
特撮仲間の中にも当然au以外の人もいて、そういう人たちは「いずれ出るであろうBlu-rayでいいや」みたいな空気になってたんですよね。

かくいう僕も以前『アマゾンズ』がAmazonプライムビデオで放送開始されたときは「Amazonプライム入ってないから別にいいや」と思ってたし、なんならスーパーヒーロータイムではない作品だったから「別に見なくてもいっか」と思っていたものです…結局MXで放映してくれてそこで見てどハマりしてBlu-ray買ったんですが。

改めてそのためにAmazonプライムに加入するとか、auのユーザーになるというのもなかなかハードルが高くて出来ないのはわかってるんです。
けど…こういうのは早くみんなに観て欲しい。
てか早くみんな見てみんなで感想言い合いたい!僕のために!!w

と思ったので皆様にご提案を申し上げました。

「僕のiPadでビデオパス見られるんで、集まって見ませんか?」と。

もともとみんな特撮好きで「見られるもんなら見たいけどビデオパスじゃな…」となってた人々だから快諾。
スケジュールを合わせて集まれる人だけ集まって、ゴライダー鑑賞会を開きましたよ!
久々の集まり!!


夕方過ぎくらいに待ち合わせをし、今回は映像作品を見るので居酒屋ではない選択肢。
個室居酒屋というパターンも考えたんですが、それでも周りの雑多な音が気になるだろうしメンドイから見てから移動しよう、という話にしてスタートは我が家で。
後から居酒屋行くからうちではいっかな、と思ってたんですけど「どうしても…」という人がいたのでこの段階からビールを飲むことを決意w
コンビニで各々飲み物と、みんなで出し合って食べるものをチョイス、購入。
いざ我が家へ。

後から合流という人もいたので頭一時間はその人を待ちつつテレビで『十年祭』を鑑賞。
平成ライダー十周年のイベントでディケイドの年だったんですけど、考えてみたらコレももう8年前の話になるんですよね…時が経つのははえぇ。
2DAYSのうちのトークパートのある方を会場で生で見てたんだよなぁ…なんてことを思い出しつつ、何度見てもテンション上がる高岩さんはじめスーツアクターの皆さんの生身のアクションショー映像からトーク見て、満足したら今度はライブパート見て冒頭の布施明さんの歌唱力に度肝抜かれたり。
やっぱモノがライブイベントなんで、DVDであろうともこうやってみんなでわいわい見るのが楽しいですねー。

そうこうしてるうちに残りの一人も合流し、いよいよゴライダー鑑賞。
iPadなんでテレビよりはこぢんまりと、肩寄せあって真剣に見やる一同。
特撮によくあるツッコミどころも押さえつつみんなで楽しく鑑賞しました。
見終わってからは外に出て飲み屋へ。
お店で改めてゴライダーの感想話しつつ「やっぱ集まると楽しいね」なんて結論になり、また近いうちに集まろう!なんて話をして解散したのでした…。


付き合いが長くなってみんな忙しくなったりすると、だんだんと集まる回数って減ってっちゃうんですよねー、どんな集まりでも。
でもやっぱ集まると楽しい。
こうやって久々に会って「楽しい!」ってなるのもいいですけど、やっぱ頻繁に会って「楽しい!」ってなる方が僕は好きだなーと思いました。

よし、この再び着いた特撮会の灯火を消させはしないぞ…!
今度はカラオケだ!!(所信表明w)
特撮 |

仮面戦隊!

タイトルを見て「あれ?間島また映画館に観に行ったのか?超スーパーヒーロー大戦」と思った方もいらっしゃるかと思います。
が。そうではありません。

ゴライダーが超面白かったのよー!!

現在映画館にて絶賛上映中の『仮面ライダー×スーパー戦隊 超スーパーヒーロー大戦』。
この劇中にも登場した、ライダーとスーパー戦隊の奇跡のコラボから誕生したゴライダー。
彼らが主役となる物語『仮面戦隊ゴライダー』が、auビデオパスにて配信中なのです!

一昨年、仮面ライダードライブの年にも似たような感じでdビデオの配信で『仮面ライダー4号』が配信されたり、アマゾンプライムで『仮面ライダーアマゾンズ』が放送されたりと、最近はネットの世界にも広がりを見せ始めた仮面ライダー。
4号の時は知り合いにdビデオ加入者がいたので見せてもらいその後出たBlu-rayを購入、アマゾンズの時は物語自体知らなかったんで「そのためにアマゾンプライム入るのもな…」と思い配信は見送り、その後TOKYO MXで放送されたものを見てクッソハマってBlu-rayを購入。
結局Blu-ray買っちゃう流れにはなるんですが、なんらかのかたちで見てきたわけです。

で今回はauビデオパス。
…幸か不幸か、僕20年くらい前からauユーザーなんですよねw
ということで今までは入れてなかったビデオパスのアプリをダウンロード。
auユーザーでアカウント持ってれば特に登録とかしなくても1話は見られるということで、早速1話を視聴。





…なにこれクッソ面白いんですけどw



調べていただければわかると思うんですけど、ゴライダーってライダーの顔してるけど色味はゴレンジャーなわけで、正直非常にダサいじゃないですかw
やはりダークヒーローである仮面ライダーと子どもたち向けに作られているスーパー戦隊はデザインから違うんだな、という感覚をあのデザインで痛感した結果「まぁ…ムリに見なくてもいいかな…」と思ってたんですが、ゴライダー、観た方がいいです!

その理由はまずストーリー。

主人公はエグゼイドと変わらず仮面ライダーエグゼイド・宝生永夢なんですが、 眠りから覚めると不思議な閉鎖空間に閉じ込められています。
要はそこからどうやって脱出する?という物語なんですが、その『どうやって脱出する?』の部分に謎解き要素があるのです。
もちろんTVシリーズの方にも謎解き要素は存在するんですが、全3話でお送りする仮面戦隊ゴライダーはトータルの尺が短いのでペースが早め。
その結果思ってもなかった問題点をセリフとして教えてくれたり、気づいた問題を解決したりといったペースが早め。
見やすくてぐいぐい物語の世界に引き込まれていくのです。
ちなみにこの『仮面戦隊ゴライダー』は、現在上映中の映画とはまったく別の物語なので映画を見ていなくても楽しめます。

で見どころ・第二にキャストね。

主人公・宝生永夢はもちろん本人ですが、他にもゲストキャラが東條します、
そのゲストが…超豪華。
まずは『仮面ライダーエグゼイド』から、仮面ライダーレーザーが。
『仮面ライダー鎧武』からは仮面ライダーバロンと仮面ライダーマリカが。
『仮面ライダーブレイド』からは、主人公仮面ライダーブレイドが。
『仮面ライダーアギト』から、仮面ライダーアナザーアギトが参戦。

レーザーこと九条貴利矢はエグゼイドのテレビ本編でも早々にいなくなってしまったので彼が出てきただけでも嬉しいんですが、過去作からこんなにもライダーが参戦してくれるのはもうたまりません!
しかも!全員変身前の役者さんも本人!!
こんなの燃えないほうがどうかしてる!!w
まぁさっきストーリーで『思ってもなかった問題点』と書きましたが、ぶっちゃけこの辺の人たち見てて「うわぁ…貴利矢久しぶり…」とか「アナザーアギトかっけぇ…」とか「湊さん(マリカ)脚エッロぉ…」とか違うこと考えながら見てたから気づかなかったってのもあるんですがw
いやー、やっぱ当時演じてくださってたご本人が出てくれるのはたまりません。

1話の構成の問題もあるんですが「えっ、この後どうなるの???」みたいな非常に気になるところで終わってまして、ホントは1話だけ見ていつものようにBlu-ray待ちしようかと思ったんですが、いてもたってもいられずauビデオパスに加入w
もう配信されている最終の3話までを一気に見まして…堪能し尽くしたのです。
最後まで見ましたけどすげーよかったですよ?ネタバレになるから言えないけどw


せっかく加入したからと他になに配信してるか見てみましたけどけっこう気になる作品も配信してたので、暇な時間が出来たらビデオパス見てすごすことが増えるかもしれません。
まんまと乗せられてる感もありますが、どうせ乗せられるなら楽しみ尽くしてやろうと思いまーすw

特撮 |

ズーット!!

どうしても…我慢できなくて…手を出してしまいました。


世の中にはいろんなアイテムがありまして、知らない間にほしいものが出たりすることもあるのでチェックだけはこまめにするようにしてます。
買う気がなくてもチェックだけはしていく、そんな姿勢。
そういうときに急に欲しいものが見つかることもありますしね〜。

先日もいつものごとくプレミアムバンダイをチェックしていたときのこと。

まぁまぁ買いたいものもいっぱいあるんですが全部買ってるとキリがないので「あっ欲しい」「…でもやめとこ」ってのを繰り返してたんですが、どうしても我慢できないものを見つけてしまい…買ってしまいました。


17041101.jpg
マッハ!!

仮面ライダードライブから、マッハモデルの時計。
ドライブ系はダメですね〜、つい買っちゃうw
マッハだけじゃなく同時に似たデザインのハート様の時計も出てたんですが、さすがに2つは買えないな〜と思いマッハを選びました。
個人的には仮面ライダーのグッズは『作中に出てきたもの』に限定して買おうと思っているんですが、時計はなんか買っちゃうんですよね〜、使えるからかな?

ただこの時計…白くてデカイじゃないですか?


なにに合わせて着たらいいのかまったくわかりませんw



でも!欲しいもんは欲しいんだもん!!w
特撮 |

仮面戦隊!!

話題に出すの忘れてましたが当然観に行きましたよ?

『仮面ライダー×スーパー戦隊 超スーパーヒーロー大戦』!

初日はキメられませんでしたがその数日後には観に行きました。


毎年4月は歴代ライダーにスポットが当たったりスーパー戦隊と仮面ライダーのコラボ映画が上映されたりと、長く東映特撮を見ている者にはご褒美的な映画が上映されるわけですが、今年もまた豪華なコラボ映画でした。
エグゼイドとキュウレンジャーだけでも僕達的にはアベンジャーズ的な感覚あるのにそこに歴代戦隊やライダー、さらに今回はゼビウスまでコラボしてくる!すごい!w
その上今回の映画はジュウオウタイガーの立石晴香さん、アオニンジャーの松本岳さん、ビートバスターの松本寛也さん、キョウリュウゴールドの丸山敦史さん、仮面ライダーゾルダの小田井涼平さんと、過去作に出演していた”中の人”も出演!
一人じゃなくてこんな出るとかマジ豪華ですよね…

と見る前の事前情報だけでめっちゃ盛り上がってた状態でしたが、見たらまーおもしろかった!

ということで以下ネタバレ低めではあるものの感想ですw







仮面ライダー大戦やスーパーヒーロー大戦って、今までは『ヒーロー同士の対決』という構図が多かったんですよねー。
それはそれでアツいしカッコイイから好きなんだけど、やっぱ好きなヒーローが争いあうのはどっか見てて気分の良いもんじゃないんですよね。
僕は事前情報はテレビでライダーとか見てるときOPで流れる映画の映像とかくらいしか得ないようにしてまして、ほとんどなにも知らない状態で見に行くのが好きなんですが、今回はその事前情報的にいうと『ヒーローをセレクトしてチームを作って戦う』みたいなことがわかってました。
また戦うのか…と、楽しみと同時に哀しみも感じていたんですが、フタを開けてみれば今回はあまり対決という感じではなく非常に楽しめる内容でした。

というのも今回の敵はゼビウスが出てくることで分かる通りゲーム。
作中に出てくる『超スーパーヒーロー大戦』というゲームの登場キャラクターとして、ライダーやスーパー戦隊が戦うというものになってました。
なのでエグゼイドとキュウレンジャーがバトル!というのはほんの一瞬、すぐに共闘することに。
うんうん、やっぱヒーローは協力したいよねw
そしてゲームのキャラクターとして歴代ヒーローたちが出現して戦うという設定のおかげで、過去作のヒーローたちも無理なく出演出来てて非常に見やすかったです。

お話もゲームの世界から出てきたゼビウスの敵を倒すために、ゲーム『超スーパーヒーロー大戦』の中に入って協力してもらう、といった展開。
その途中にはバトルだったり葛藤だったり試練だったりがあって、それを乗り越えて進んでいくという王道な一本筋の通ったストーリーでおもしろかったです。
たくさんの作品が関わり合うこのテの作品って、勢力が分散しちゃうガチなんですよね。
そもそもライダーと戦隊だけで2つあって、それぞれの敵勢力がいて、過去のヒーローたちも…と力関係が上手くバランス取れなくて、ともすれば話がとっちらかっちゃったりすることもしばしば。
そういう意味で、多少力押しなところもあるものの一本筋の通ったストーリーは非常に僕の中で評判が良かったですw

そして今回の目玉はズバリ『ゴライダー』!
作中のゲーム・超スーパーヒーロー大戦の設定が「5人の戦士を選んで、最強の戦士・ゴライダーを作れ!」みたいなことでして、それで勝ち抜いた戦士がゴライダーになるんですが、ゴライダーという名前でも分かる通り見た目からしてゴレンジャーみたいになるんですよw
顔とか胸とかベルトとかはライダーなんだけど、色とか襟とかマントとかはゴレンジャー。
よくもまぁこんなどっちの特徴も取り込んだデザインできるもんだな…と思うと同時にライダーってちょっとダークな色味のものが多いからか、まー色味がとてつもなくハデw
戦隊として見た時はゴレンジャーの色って全然気にならないんですけどね…やっぱ明確にコンセプトの違うヒーローなんだなってことを改めて感じました。
名前もゴレンジャーっぽく「アカライダー」とかになるんですけど、せめて黄色の名前はどうにかならなかったのかと…「キライダー」って嫌いだー!みたいでなんか悲しくなるんですけどw

ちなみにゴライダーを決めるバトルは5人同士の対決をトーナメントで行って勝ち抜いていく仕様になってて、トーナメント表みたいなのが作中で一瞬映るんです。
チームはテーマによって別れてたりするのがそのチーム名で分かるんですが、そのチーム名の中にしれっと『TAKAIWA』『JIRO』ってのが混じってるんですよねw
それぞれスーツアクターの高岩成二さんと岡元次郎さんなんですけど、これってつまり過去作からの高岩選抜と次郎選抜が見られたかもしれないってことでしょ…?
結局そのチームのバトルシーンは作中では出てこないので永遠の謎ですが、勝手に『僕の中のチームTAKAIWA』とか考えるのも面白いかもしんないですねw


最後はみんな入り乱れての乱戦、みたいな展開になってバトルもどハデで楽しいし、先述の通りストーリーも一本筋が通ってておもしろく、とっても楽しめる映画でした。
劇場見に行くともらえるオマケは作中のゲーム『超スーパーヒーロー大戦』でのキャラクターセレクト時に見られるカードで、想い出をかたちにして持って帰ることも出来ます。
ちなみに僕はゴーストムゲン魂でした。
全8種で、コレが当たりかどうかは各々の判断に委ねられますが、僕は嬉しかったですw

特撮 |
| ホーム |次のページ>>