マジP!

間島淳司の日常をプロデュース!!

お役のお名前なんてーの?

こんばんは、夜の(以下略)w


この冒頭で入るということは名字調査関連の記事だとそろそろおわかりいただけた頃かと思います。
今回もご多分に漏れず名字調査…なんですが、今回はちょっと趣向を凝らしまして、視点を変えてみようと。

我々声優は、キャラクターに声を、命を吹き込む職業。
これまでも、きっとこれからも、たくさんのキャラクターと出会い命を吹き込んでいくんだと思います。
そしてキャラクター…人にはそれぞれ名前があります。
ということで今回は、これまで演じてきたキャラクターの名字ランキングを調べてみましたw
誰だ、ヒマだとかいってるやつは。けっこう大変な労力かかるんだぞ。
…だからヒマだと思われてんのかw

ただすべてのキャラクターを対象にするのはさすがに(調べる)僕がかわいそうじゃないですか?w
なので今回はアニメーションで演じてきたキャラクターに限定したいと思います。
ゲームなんかだと実在しない架空の名前がけっこう多いと思うのもありますんでね。
端役で行った若手の頃のものから主役、最新のキャラクターまで、Wikipediaを用い役や番組問わずに調べまくりました…ということでまずは、珍しくない名字TOP5!


第5位:後藤
第4位:藤田
第3位:井上
第2位:山本
第1位:鈴木


さぁ…なんとも見ごたえのない平凡な名前が列挙されましたw
皆さんはそれぞれどの作品で演じたキャラかわかるでしょうか?
ちょっとピンと来ない、って人が大半だと思います…なぜならほとんど若手の時モブで行ったヤツだからw
後藤、鈴木がそうなんですが、それぞれ『ガラスの仮面』『ケロロ軍曹』で演じさせてもらった役です。
鈴木なんてフルネーム『鈴木安男』ですからね、下の名前まで含めて普通w
藤田は数年前に『名探偵コナン』で演じさせてもらった役です。Aパートで死にましたw
山本と井上はレギュラー出演してた役なんで分かる人はもしかしたらいるかも…?
山本は『ローゼンメイデン』でお姉ちゃんに告白しようとするといつも邪魔が入る悲しき存在w
井上は『一週間フレンズ。』の先生ですねー。
やはり平凡すぎる名前というのはメイン級にはなり難いんでしょうね…そうだよね普通じゃないから主役なんだもんねw

ちなみにメインキャラで一番ありふれた名前だったのは『こどものじかん』の青木大介。
子どもたちが『九重』『鏡』『宇佐』と変わった名字の中一人だけ『青木』!普通!!w
主役は子どもたちですからねー、先生まで変わった名前だとたしかに話がブレちゃいそう。
これもおもしろい名前の付け方ですよね。
てか青木じゃなかったら受かってなかったと思うわ…w


さぁそしてこっちが主題!珍しい名字ランキング!!
アニメのキャラなんて変わった名字多いんだからこっちのほうが見応えありますよね!
メイン級のキャラはランクインするのか…以下結果!!


第5位:下柳
第4位:多野
第3位:久留野
第2位:絵川
第1位:取鳥


まさかのメインキャラひとつもナシ!!w

下柳はピンと来る方多いかもしれないですねー、『SHIROBAKO』で担当させてもらった3D監督の下柳雄一郎ですね。
さほど珍しい印象もなかったんですが全国順位で21069位、人数210人というなかなかに珍しい名字でした。
あとわかりそうなのは久留野ですかね…最近まで放送してた作品なんで。
『りゅうおうのおしごと!』の棋士さんです。…ほとんど呼ばれてないからわかんないかなーw
もう残りは絶望的だと思います、それぞれ1回しか出てない役だからw
多野は『ヤングブラックジャック』の悪巧みしてた先生。
絵川は『境界のRINNE』の学生さん。名前が絵川スグルっつって完全に元巨人軍の江川さんの漢字変換なんですが、そのおかげでこの順位に。
絵川さんは全国順位62178位、人数20人の激レア名字。
取鳥はけっこう最近ですね、『美男高校地球防衛部HAPPY KISS!』の6話だかに出てきた怪人になる子ですw
自分の意見を言うのが苦手、という点から『主張皆無』を名前風に変換、「取鳥海夢(しゅちょうかいむ)」という名前に。
まさかこの名字が実在するとは思いませんでしたね…が、読み方は「しゅちょう」ではなく「とっとり」と読むそう。
北海道や岡山に少しだけいる名字…って鳥取にはおらんのかいw
全国順位78216位、人数10人ということでぶっちぎり1位に輝きました。

ちなみに主役の中で一番珍しい名字だったのは『モンスター娘のいる日常』の来留主公人でした。
全国順位は19997位なんで下柳さんと近いんですけどねー、惜しくもランクインならず。

そして意外だったのが『凪のあすから』で演じた至さんの名字『潮留』が調査中だったこと。
バトスピの百黄半蔵とかはバリバリ実在しないキャラ合わせ名字なのわかりますけど『潮留』なんてありそうじゃないですか…?
あと『たまゆら』の堂郷。
別になにかに引っ掛けた名字でもないから見たことないけどきっと実在する名字なんだろう、と思ってたんですけどね…こちらも調査中でした。


こうして調べてみるとアニメってもっと変わった、この世には実在しない名字いっぱいな印象だったんですが意外と実在する上にそこまで珍しくない名字が使われてるんだなーと思いました。
考えてみりゃあまりに突飛な名字だと「そんな名前のヤツいるか」ってなって物語に入り込めなくなりそうですもんねw
なかなかに面白い調査だったと思います。

続きを読む
スポンサーサイト
クリエイティ部 |

並べて見よう

数日前に載せたおすそ分け画像…宝田くんの描いたうろ覚え画像ですが。


お陰様でたくさんの反響を戴いております…やっぱそうだよねこのクオリティヤバいよねw
やっぱうろ覚えで描くのって楽しいなーというのもですがやはりあの破壊力は独り占めするのは勿体ないと思って正解だったようです。

と同時に皆様から「間島さんが描いたのも見たい」ということだったんで、後日家にて僕もうろ覚えで描いてみました。
数日置いたのは正解のイメージ像が自分の中で薄れるのを待ったためですw

というわけで描いたものをご覧に入れます…が宝田に聞いたら「僕のと並べて発表してくださいよ!」という謎のリクエストを戴いたので僕のものと宝田の描いたものを並べて掲載します。
いうまでもありませんが左が僕で右が宝田画伯作です。



18041101.jpg
ピカチュウ

18041102.jpg
ガチャピン

18041103.jpg
カエル

18041104.jpg
ハイヒール

18041105.jpg
ムートンブーツ

はいおもしろみがなーいw
そこそこ描けてしまうと面白くないんですよね…どうせならイラストレーターさんくらい描けるか宝田クラスの画伯な実力が欲しかった…。描いてると楽しいんですけどね。

またなんか描いたらお見せしまーす。
クリエイティ部 |

意図せぬミスリードの世界

僕が宝田くんと頻繁に飲んでいるというのはこのブログやtwitterをご覧の皆様からすれば至極当然のお話だとは思いますが。


飲んでると真面目な話から下ネタまでまー多岐にわたった話をします。
時には声優としてのスキルを教える、なんて日もあったり。
…一応長くこの仕事やってるんで人に教えられる程度の技術はあるんですよ?w
宝田もけっこう知識欲旺盛だし理解も早いからたくさん聞いてくるしそれに全部答えていく、という遊びみたいな部分もあったりして、そういう日は「実に有意義だなぁ」なんて思ったりもするんですが…宝田と飲んでるとたまーに”とある欲求”が出るときがあるんですよね。

さて問題。
宝田といえば…?鈴木区?正解、けどそれじゃない。
声優?それも正解。でもそれでもない。
僕がたまーに欲しくなるもの…それは……絵w
話の流れとかで出てくるとどうしても描いてほしくなっちゃう時があって、そういう時にはテキトーな紙を探して描いてもらうんですがまー鉄板、毎回おもしろい。
こないだも飲みの流れでそんな展開になり、描いてもらったものがあるので今日はそれを皆さんにおすそ分けしたいと思います。

まずは小手調べ。

18040801.jpg
ピカチュウ。

これはまぁ上手かと言われればそこまででは…とは思いますけど何描いたかは言われなくても「あーピカチュウね」となる程度には描けてますね。
見方によってはピカチュウの手にあたる部分であろうパーツが志村けんのコントに出てくるおばあさんの垂れたおっぱいにも見えなくもないですがそれはきっと僕の中の変態性とお笑い好きの血がそう思わせるのでしょうw

では続いて第二問。

18040802.jpg
ちっさい恐竜。

コレも全体のフォルムとか背中のヒレみたいなやつとかお腹の模様とか特徴はちゃんと押さえてるのでなんなのかわかりますね。
そうガチャピンです。
…きっと本人は意図してないんでしょうがちょっと下向いてるように見える目の感じと、感情の温度を感じないのにパカっと開いた口に、どことなく狂気を感じますねw
この絵のヘタな人独特の狂気を孕む感じ…いいですよー調子出てきたよ宝田くんーw

では次、第3問。このあたりから難しくなってきますよー?


18040803.jpg
これなーんだ?

これはわからないと思います…お題を伝えて描きだしてから、見てるこっちが「そんなん伝えたっけ?」って思ったくらいですし、仕上がったこの作品を見てもぜんぜんソレに見えないですからw
この絵の正解は……カエルですw
目がぴょこんと飛び出してる感じなのはわかってたんでしょうね…でもそこの下にも目を描いちゃうと目が4つのバケモノになっちゃうからw
幸か不幸か上の目が耳のように見えているため別のなにかの動物に見えて狂気度は下がりましたが結果的にカエルからは遠ざかりましたよねw

そろそろ生き物に飽きてきた僕はここで無機物にテーマを変えます。


18040804.jpg
これなーんだ?

これは答えを知って見ればそれにちゃんと見えます。
わかりますかね…?僕の家にはないですけど人によってはおうちにあるものです。
女性が住んでる家ならあるかな…?
正解はハイヒールです。
まぁ言われれば見えますよね、ちょっとヒール部分太すぎますけどw
知らずに見るとバナナの皮にも見えますがw

では最後…これが今回一番の衝撃作かもしれません……

18040805.jpg
これなーんだ?

すごい気持ち悪い感じしますよね…何?ハゲてんの?w
これも人によっては家にあるものですね…ちなみに僕んちにもあります。
ハイヒールから派生で出たお題だった、ということを踏まえると近いところまではいけますかね…イヤでもムリか…言われて見てもわからんもんなぁ……

正解は、ムートンブーツですw

もふもふした感じを出したくて描いた部分の上に、「履くとこでしょ!?」と線を描いた結果、ザビエルみたいな部分が出来てしまいました…ここが一番わけわからなくしてしまいましたねw


どれも共通してるのは、宝田の頭の中にはきっときちんとした正解がイメージできてるんだろうな、ということですよね。
ただ出力する際に10のイメージが1になって出てきちゃうw

何度見てもおもしろいわー、またそのうち新作描いてもらったらおすそ分けしますねw
クリエイティ部 |

逆に才能です。

だーいぶ前に「宝田の絵がヤバイ」という話を書いたと思うんですが…覚えてないという方はリンクから飛んで見てきてくださいw


人には得意不得意とかあるもんですが、声の仕事に携わる人って少なからずオタク的な気質がある人が多いと思うんですね。
そうなると子どもの頃とかに好きなキャラクターの模写とかするだろうから、みんななんとなーくそれなりの絵が描けたりするもんだと思うんですが。
宝田くんも子どもの頃アニメ見てたしなんなら今も見てるのにココだけ驚異的なレベルでピンポイントに才能がないんですねーw

というのを最近飲んでた時に思い出しまして、久々に描いてもらったんですよ。

で何描こう…ってなった時に、「俺アンパンマンは昔描いたんでそれなりに描けちゃうんですよ!」とか言い出したんで、「じゃあバイキンマン描いて」とお願いしてみました。
同じ世界にいるキャラクターだけど、アンパンマンじゃないチョイス。
宝田くん「ば…バイキンマン…?」と戸惑いながら描いてくれました。

18012801.jpg
ばいきんまん。

正解は各自検索して見ていただくとして…見事に絵心ない人の特徴がいくつか出ているように思います。
イメージ内ではちゃんとしてるんでしょうね、触覚みたいなのと口のカタチは表現しようとしてます…が、何故か眉毛を描きたがるw
実際にはないんですけどね…ヒト型のものを描くととりあえず眉毛描きたがるのは絵心ない人の特徴かと。
なんなら顔の丸描いてすぐ眉毛描いてましたからねw
あと下手な人って何故か全身描きたがりますよね、お題が「ばいきんまん」なら別に全身描かなくても顔だけとかでよくないですか?
ただ驚異的なのが…「ハネがついてるぞ」ってことを覚えてることなんですよね…実際はハエみたいな羽なんでこういう感じじゃないんですけど、ばいきんまん描いて?って言われて羽描きます?w
こういう不思議なことが起こるから、下手なのに描いてくれる人にはいっぱいお願いしたくなるんですよね…ということでいっぱいお願いしてみました。

18012802.jpg
ヒツジ

18012803.jpg
モンキー・D・ルフィ

18012804.jpg
スニーカー

…描けば描くほど狂気を孕んでいくのは何故なんでしょうかw
でもいろいろ表現しようとはしてて、ヒツジも「角があってモコモコしてる」し、ルフィは「右手がゴムゴムで伸びてる」し、スニーカーだって「つま先の方はなんかゴムみたいなのついてる」ってわかってるんですよね。
脳内にはイメージできてるけど出力する際に強烈に歪んでいるんだということがよくわかります…非常に楽しいw


また飲んだときにでも新作描いてもらおうと思いますw

クリエイティ部 |

2017のアレ!!

年も明け一週間も過ぎたのでもうそろそろいっか、ということでそろそろやってみようと思います


マジP!ブログ大賞2017発表〜!!

昨年末から募集をかけまして、2017年の記事の中から面白い、好きだと思ったものを3つまで投票してもらうという企画。
実際結果はどうなったのか…気になってた方もいらっしゃるのではないでしょうか。
本来なら年内に発表しようと思って始めたものだったんですが、冷静に考えたらウチのブログ1つ1つがクソ長くてしかも毎日更新してるから本気で考えて選びたい人が「時間が足りない!」ってなってたんですよねw
2〜3個くらいは印象に残ってるのあるかなーと軽い気持ちで聞いたんですが…その節は大変な苦労をおかけしましたw
そうして集まってきたものを大変な苦労をしながらまとめたんですが…結論から言います、すげーバラつきやがんのw

投票された記事は全部で60記事。
60/365ってことですからだいたい1/6がノミネートされたわけで、ほとんどのものが1人か2人しか投票していない状態。
そんだけ人によって選ぶ基準が違うってことなんですねぇ…
もちろん多数の方から投票された記事もあるので、3票以上集めたものをご紹介していこうと思います。
まずは3票獲得した記事一覧。



1/24『みんな違ってみんな良い』
3/31『ファイナルアタック!』
4/20『パペットプレイ』
6/13『あんだって!?』
6/18『ギリギリをせめろ!!』
8/2『スメル・マジック』



以上、全6記事が3票獲得で同率3位、という状態です。
…ということは?3票以上獲得した記事は2つしかなかった、ということですね〜、どんだけバラばらついてんだw

ということで!ここからは3票以上獲得した上位を発表!!

まずは第2位!!

9/25『駆け抜けた10日間。』!!

久々に鈴木区の舞台に立ったことを記事にした日のやつですね。
たしかに僕の人生の中でも「舞台に立つ」ということはあまりあることではないですから、上位に入ってくるも納得ではありますね。
タイトル的には駆け抜けたのは10日間だけみたいにも見えますが、稽古の期間から考えれば1ヶ月半くらい、同い年の4人が生まれた日から考えりゃ39年間かかったわけで。
…タイトル『駆け抜けた39年』とかにしても良かったですねw


さぁそして栄えある第一位に輝いた記事は!!!


11/29『イチ!イチ!ニー!ハチィ!!』

…なんとなくそうなるだろうなとは思ってましたが圧倒的でしたw
ちなみに2位が投票数6票。
1位のこの記事はなんと9人もの方から支持されました。
結局画ヂカラがモノをいうんですね…なんか長々文章書いてんのがバカらしく思えてきたw
ちなみに終盤に「ごめんて…」つってニーハイ写真が送られてくるかもー♪という記述がありますが、特に来ることはありませんでしたw
昔はもっとみんな送ってくれたんだけどな…最近みんな冷たいよね、自分ばっか欲しがって人にはやらすのにさ!ぷんすか!w


今年もいろいろ書いていこうとは思ってますが、画ヂカラがモノをいうことが判明してしまったので写真一枚で終わらせる日が増えるかもしれません、今年はw
クリエイティ部 |
| ホーム |次のページ>>