マジP!

間島淳司の日常をプロデュース!!

早く言ってよ!

とある日。鈴木区の稽古日のこと。


その日は僕は別件で仕事が入ってしまい駆けつけでの参加。
稽古自体は始まっていたもののまだ僕自身稽古には一度も参加できておらず、僕の出ていないシーンから固めてくれている、という旨の話は聞いていました。

思ったよりは早く終わったものの稽古自体は既に始まっている時間。
「早く稽古して追いつきたい」という思い半分「知らないトコできっと面白いコト生まれてる!見たい!撮りたい!」という思い半分。
最寄り駅に着いて稽古場まで向かう足取りは自然と早くなります。
途中コンビニで必要なもの(飲み物とか)も買い込み稽古場に到着。
ただ今稽古してると悪いなーと思うので、室内の様子を耳をそばだてて確認、特に問題なさそうな直しを伝えてるシーンだったのでそのまま入室。
なんとなーく「うーい、マジ兄〜」みたいなリアクションもありつつ稽古中なのですぐに直し作業に戻る一同。
空いてる場所を探しどっかりと床に腰掛け、稽古が出来る状態にスタンバイしようとカバンを漁っていると直しが終わったのかまた稽古が再開。
今やってるのはキヨこと山口キヨヒロとトモこと山口智広、ダブル山口のシーン。

稽古参加初日なのでどんな感じかなんとなーく気にしながら支度を続ける僕。
自分以外のシーンはそこまでしっかり読んでなかったものの、2人の登場シーンに近いかなり序盤のシーンの稽古でした。
このシーンがまた小難しいことを長々、台本でいうと3行3行5行、みたいなペースでセリフを掛け合うなかなかにハードなシーン。
が数回の稽古しかしていないのに既に台本を離してセリフを掛け合う2人…なかなかの気合を感じます。
と、感心しながら2人の稽古を見ていると、隣に座っていた黒岩拓朗くんに、反対側の隣に座っていた主宰・鈴木智晴がなにかを耳打ち。
たまたま近くにいたため2人の会話が漏れ聞こえてきました。

智「ここのシーンさ…」
拓「はい」
智「こないだ追加したセリフあるじゃん?」
拓「そうですね」
智「ふたりとも…違うこと言ってる…よね?」
拓「言ってますね」

序盤の段階で既に台本も離してるのでままあることですが、台本に書いてある文言と一言一句違わず覚えるというのはなかなか難しいもの。
どうしても自分の言いやすい言い方、掛け合ってるうちに「この言い方で来るならこっちの方がいいかな」などなど、様々な理由でセリフを変えてしまうことがあります…しかも無意識に。
内容的にその無意識に修正したものの方が良かったり、そのままでも問題はないかな、というシーンの時は直しの時に「◯◯のセリフなんだけど、違うこと言ってるけどそれでいいよ」ときちんと指摘するのが鈴木区流。
けっこう智晴くんは台本上の文言にはうるさいのです。
それだけコメディを作るにはリズムや文言が大事、ということなんですが…この時の2人は特に修正をしない気配を出していました。
これがけっこう鈴木区あるあるでして…序盤の頃はやりたいようにやらせておいて本番2週間くらい前の段階で突然「あそこのシーンだけどさ、違うこと言ってるよ?」と指摘され、「直してね?」と言われるのです。
2週間前とかだと既にしっかり覚えに入ってる段階、家で台本見直して入れ直さないのも良くないとはいえ、その段階で覚えたものを直すのって非常に大変なのですよ…一度覚えてしまった『1』が先に出てきちゃうから。
僕も前にそんな経験があったので2人のやり取りを聞いて思わず

「イヤだったら言ってあげなよw」とツッコミ。もちろん小声。

するとそれを聞いた2人の反応は

智「でも?」
拓「今の段階ではまだ…_」
智「言わ」
3人「ないw」

言わんのかい!w





……という夢を見ましたw
実際には今鈴木区…というか智晴くんは舞台『乱歩奇譚』の稽古中、というか本番直前なので僕らが稽古に参加してることはあり得ませんw
がこんな夢を見てしまったので鈴木区のみんなに教えたら

「現実味がありすぎるw」
「ありえますねwww」
「セリフの修正を反映できてないあたりも山口らしいw」
「このくだり自体、過去にやったデジャヴ感!」


と絶賛の嵐w
ホントになんで…いきなりこんな夢見たんだろw


というやけにリアルな夢を見たよ、というご報告でした…。
これがリアルだということは、鈴木区は稽古してる舞台上にいる人以外でもコメディが多発しているという証拠だよ!!w

スポンサーサイト
|

ドッキリドキドキ!

世の中には面白い番組があるもんでして、素人さんにドッキリしかけるみたいな番組あるじゃないですか?
例えば街でインタビューしてて「好きな芸能人は?」「◯◯さんですね〜」みたいなやりとりをしてたら、後ろに止まってたワンボックスからご本人登場、素人さんきゃー!!!みたいなのとか。
アレの声優さん版みたいなのがあってね…行ったわけです。

その時はとあるコンビニが完全協力で、店長さん(オーナーさんかな?)以外は誰もその企画のことを知らず。
いろんな声優さんがお客さんだったり店員のバイトの子だったりにドッキリをしかけていくわけです。
で何人かの仕掛けが終わった頃、僕のターンになり。

僕のネタの内容は、新人の店員のフリして普通に働いてみて、店員さんだったりお客さんだったりで気づく人はいるのか!?みたいな、まぁゆるい内容。
昔よりは顔の露出するようになったとはいえまだまだ声優さんの顔までしっかり覚えてる人って少ないと思うんですよ、芸能人とかと違って。
僕なんかは特にテレビや雑誌でよく取り上げられるようなタイプでもないんで最悪誰にも気づかれずに普通にバイトして終了、なんてケースもあり得るわけで…
実際昔本屋でバイトしてた時に、ラノベ書籍棚の前でなにかを探してるお客様に「なにかお探しですか?」と親切ぶって声かけたら「あの…Memories Offって小説を…」とか言われて壮絶に顔そむけたことありますもんねぇ…それでも気づかれませんでしたけどw
まぁそうなったらそうなったで「オイシイ!」って流れにしてしまえば僕の心も番組的にも平和になれるかな…なんて思いながら臨んだわけです。

コンビニ自体も仕事はしたことあったんでなんとかなるかな、と思ってたんですが、僕が始める前にちょっとマナーの悪いお客様がいらっしゃったらしく、トイレが壮絶に汚れてたようで。
何故かそこの掃除から任されることに。
一旦床を水で流し、その後床を拭いて…みたいなことを繰り返してたんですが、なんとなく近くに気配を感じたりしつつ。
コレが気づかれたとかなのか単純にトイレ使いたいだけなのか、それとも知ってるスタッフとかが見に来てるのかはわかりませんが、他の仕事もこなしつつ時間がすぎるのを待っていると、一緒に働いてた女の子の様子がちょっとおかしいわけです。
「お、こりゃ気づかれたかな?」などと思いつつもそんな素振りも見せずに話していると、向こうから「みんな気づいてますよ?」という正解発表が。
みんな、ってのがどのくらいなのかを聞いてみると、来てたお客さんの中にも気づいてた方がいたらしく、僕にではなくその女の子に伝えてたんだそうで。
「◯◯(役名)好きでした、応援してます」
という伝言もされていたことを知りました。
もちろんその役名に聞き覚えはあったんですけど、その話を聞いて僕はこう思ったのです……


それ…僕じゃなくて逢坂良太のことだな…と。







…という夢を見たんですよw

役名もなんか言ってたんですがそこまでは覚えてなかったのが痛恨の極みでしたね…でもたぶん役自体は逢坂くんがやってる名前じゃないと思いますけどw
最近あんま夢とか覚えてないことが多かったんですけど久々に見た夢はヘンなリアリティもありつつフィクション感も満載でおもしろかったですねw

なんだよドッキリでコンビニなのにまずトイレ掃除って!もっと気づかれそうな仕事やらせろよ!w
あと何故逢坂くんだったのかも謎ですね…全然似てないのにw


夢ってのは不思議なことが起きるからおもしろいもんです。

|

真ん中がふくれた糸巻き

植田佳奈ちゃんと森嶋秀太くんと一緒にいてね、建物から外に出たんですよ。

そしたら外は雨が降ってて、「あー雨だねー」なんて言いながらこれからどこに行くか決めよう、みたいな話になりまして。
特に行きたい場所もなかった僕は2人が決めてくれたとこに行こうと会議には参加しなかったんです。
しばらくしたら行く場所が決まったらしく、森嶋くんが僕に言って来ました。


「間島さん!妊カフェ行きましょう!!」







……って、夢を見たんですよw
夢にはもうちょい前がありまして、なんか役者ばっかりで旅行(打ち上げ旅行かなんかですかね?)に行った先での出来事だったり、旅館らしき建物からみんな出てた時に建物に泥棒が入ったりとか。
まぁ夢なんでまったく意味もわからないので割愛した次第です。

で、妊カフェ。

若干不思議なことではあるんですが、会話をしている以上耳からしか情報は入ってきてないはずなんでどう書くのかまではわからないはずなんですけど、この時は最初っから『妊カフェ』って字だってわかってまして。
まぁ夢だからなんでしょうけどそこに違和感は感じなかったんですね。
夢から覚めた今でもそうですが、夢の中でもただただ「それなんだよ」ってことだけが気になってましてw
だから森嶋くんに聞いたんです、「妊カフェって何?なにをするところなの???」って。
そしたら彼ったらどこにあるとか交通手段とか聞いてないことばっか答えてきて、すげームカついたんで死ぬほど強く乳首つねってやったんですがw

夢自体はそんなとこで覚めましたw


……で、妊カフェw

猫カフェ、執事カフェ、メイド喫茶にガンダムカフェetc…世の中には様々な種類のコンセプトカフェがあります。
調べてみるとホントにいろんな種類があるんですね…他にも足湯カフェ、文房具カフェ、農民カフェにはんだづけカフェなんてのもあるんだそうで、まだまだ知らないコンセプトカフェってあるんだなーと思い知りました。
…が、それでも『妊カフェ』なんてものは聞いたこともなく。
そもそも何があり、何をする場所なのかも想像しづらいですよね。

夢の中の話なんで正解があるものでもありませんが、せっかくなんでこの聞いたことのないカフェの詳細を考えてみたいと思いますw



文字面から想像するに、どうやら「妊娠」というワードが関わってきそうな気配はありますよね。
そもそもこの妊という漢字、女に「壬」がくっついて出来てますが、この「壬」という字は真ん中が膨れた糸巻きの形で腹のふくれた形状を意味しているんだとか。
そして妊という漢字自体に『はらむ』とか『身ごもる』といった意味があるんだそうで。
もうまさに子を授かる…妊娠という言葉の為に作られたような漢字なわけです。

そんな字がついたコンセプトカフェ……まぁストレートに考えれば『妊婦カフェ』ですよね。

お腹の大きい妊婦さんたちが居心地よくカフェでお茶を楽しめるように、広めのスペース、ゆったりとした設計になってて、しんどくなった時用にベッドが置いてあったりもしもの時のために産婆さんがいたりとかw
まぁあったらあったで需要ありそうですけど、コンセプトカフェとして成立するかと言われればなんか微妙な感じがしますよねー。
作るなら産婦人科からほど近い距離か、もういっそ産婦人科医院の1Fスペースとかに作ったらウケるんじゃないでしょうかw

他の可能性を考えるとなると……『妊娠カフェ』ですかね?

結婚したはいいけどなかなか子供が授かれない!
そんなお母さん予備軍の方たちに送る、懐妊メニュー!
食べると子供ができやすくなると医学的にも証明された食材を豊富に用意しそれを調理、カフェごはんとしてちょうどいいメニューを多数ご用意いたしました。
みたいなw
…でもそうなると森嶋くんはなんで僕と佳奈ちゃんを誘ったんだ、って話にはなりますよね…森嶋くん妊娠出来ないし。するとしたら佳奈ちゃんだろw
…夢に整合性の話持ち出しても意味ないのはわかるんですけどw


ちょいと視点を変えてみて、妊婦カフェは妊婦カフェでいいんだけど妊婦を見るカフェとかはどうでしょうか。

メイドカフェみたいな感じで、働いてる店員さんが全員妊婦さん。
挨拶は「貴方、おかえりなさい」。
出てくるメニューは基本ミルクが入ってるモノが多め。
追加料金でお腹触らせてもらえて「…あ、今蹴った♪」が出来るのw
妊婦だとわかる程度にお腹が出てないと意味が無いので採用条件は厳しめ、且つ入れ替わりが激しいお店になりますw
妊婦さんに沢山働いてもらうのはどうかとも思いますが…なんかコレやったらウケそうですよねw


あととびきりダメな妊カフェを想像したのでそれも最後に発表しておきましょう。

ズバリ……女の人を妊娠させるカフェですw

結婚はしたくないけど子供は欲しいという男女がそれぞれ別に来て、子どもを授かる行為をするカフェになります。
あくまでカフェなのでもちろんドリンクや軽食もありますが、あまり頼む人はいませんw
追加料金を払うとここでは書けないようなオプションがつけられますw

夢からの派生でも思いつきでもこれ以上は書けないと思うのでこれはこのくらいでw




さ、夢から派生した『妊カフェ』について考えてきましたが皆さんどれかお気に召したものはあったでしょうか。
あった、可能性を感じた、という方はこのアイデアを使ってカフェを開いてみてくださいw

ちなみに僕が行きたいなと思ったのは……最後の(ry

|

ドリーミング A GO!GO!

久々にヘンな夢を見たんで忘れないうちに書き留めておこうと思います。

おそらく途中、何をいってるかわからない箇所もあるかと思いますが、いうても夢の話…僕も意味わかんないけど見た夢そのまま書いてるだけなので苦情は一切受け付けません。

以下夢の内容。








そこはとある部屋…おそらく何かの作品の打ち入り会場。
横に長い部屋の端にはステージがあり、そこに司会進行と思しき人がいてマイクに向かって話をしている。

僕もその作品の出演者らしく、後方からその司会者の軽快なトークを、ビールを片手にぼんやりと聞いていた。

「それではここで…ED曲を歌っていただいた方に来ていただきましょう!」

言われて前に出される僕……どうやら『ED曲を歌っていただいた方』というのは僕のことらしい。
そして前に出されて挨拶でもするのか…と思いきや、何故か最前列あたりに来たところで会を普通に進行していく司会者。
壇上に上がることもなくそのまま最前列で立ち尽くす僕…その後も何があるわけでもなくその場で立ち尽くし終了。
どうやらホントに顔見せだけだったようだ。

前に呼ばれた手前すぐに後ろに下がるのもおかしいかと思い、そのまま呼ばれて出された位置で司会者の進行を眺めていると、スマホに着信アリ。
誰から来たのか…と見てみると『コアラ』と表示してある。
どうやらおさるさんの元相方・アニマル梯団のコアラさんからのメッセージのようだ。
おーコアラさん久しぶりだなー、でも久々で急に連絡してくるとかなんかあったのかな…?と思い来ていたLINEを確認する僕。
LINEを開くとそこには

「アプリゲームを入れたら携帯の挙動がおかしくなりました。
 みなさんもお気をつけ下さい…!!」


的なメッセージが。
どうやらヘンなアプリを入れたら携帯が乗っ取られた様子。
たまにLINEの乗っ取り詐欺の話とか聞くし、コアラさんも大変だな…と思いながら携帯を閉じようとするも、何故か画面が暗くならずおかしなピエロみたいなアニメーショングラフィックが表示されたままの状態。
『まさか……』と電源を落とそうとするもウンともスンとも反応せず。
それどころかマナーモードにもならないためよく知らない聞いたこともない陽気な音楽が携帯からは流れっぱなし。
幸いボリューム調節は出来たので音を一番小さい状態にして、僕はそっと開いていたガラケーを折りたたんで閉じた。


携帯に気を取られている間に宴は佳境に入ったようで、今度はOPの主題歌を担当された方に歌を歌ってもらおう、という流れに。
2人で壇上に上がろう、といってる一人と私はいいわ貴方一人で行きなさい、となにやら軽くモメている様子の二人組…叶姉妹だ。
結局恭子さんには逆らえず美香さん一人で歌を歌うことになったようで、一人で壇上に上がる美香さん。
そして歌い出すも…「ホントに歌ってたんですか?」ってほどにたどたどしく、出遅れたり音を外したりと盛りだくさんのミス。
どういうことかと思えば「機械の力で編集してもらってるから生で歌うのはやったことない」とのこと。
Oh……なんてありそうな話w

そんな一人壇上で困る美香さんの服装は、ロングドレスの上半身部分を腰の辺りにまとめおっぱいは丸出し、上半身は乳首がギリギリ隠れるサイズのハート型のシール(にプレス?)が貼ってあるだけというとってもセクシーな出で立ちでした。








…以上w
念の為に、登場する人物は僕と縁もゆかりも無い方ばかりであることを最初に明記しておきます。
コアラさんは存在は知ってるけど連絡先も知らなけりゃ会ったこともないし、叶姉妹も同じくテレビで見たことしかないし、僕が出てた作品の主題歌担当してたこともありませんw

地味におかしいのはコアラさんから着信あって見たのはスマホだったのに、調子悪くなってしまった時は折りたたみ式のガラケーになってたんですよね…なんなんでしょうw
おかしなことがいっぱい起きてて夢の中で「コレは夢だな」って気づきそうなチャンスもありそうなのに結局気づかず起きたし…ホントなんなんでしょうねこの夢w


ちなみに。
本日のブログは夢の中で起きた出来事なので、当然苦情は受け付けません。
文句がある方は是非、僕の夢の中に直接言いに来て下さい……美香さんと同じ格好でw

しかし美香さんエロかった……良い夢だった!w

|

ドリーム・シンキング

にんべんに、夢と書いて『儚い』。

人の夢は儚い、なんて覚え方もしますが、すごく綺麗な日本語だな…と思います。
実際に人が思い描くような夢は脆くて消えてしまいやすく、叶ってしまうと大したものじゃなくなってしまう…そんな意味にも取れますが、寝てる時に見る夢…アレ覚えてらんないってのも『儚い』の意味に入ってると思うんですよねーw
夢は寝ている間の情報整理とか、深層心理がどうたらとかいろいろ説はありますけど実際のところどういうことなんでしょ?
その辺はよくわかりませんが…久々に夢を覚えてました。
というか不思議すぎたので記憶に残ったんですがw
ただ不思議すぎて…ストーリーがつながるか不安なんで、ちょっと箇条書き方式でお伝えしますね?




・場所はどうやらウチ(現実の我が家とは違う)
・泊まりがけで遊ぶメンツ。けっこうな人数。中には先輩の姿も
・その内の一人・後輩らしき人物とケンカ。理由は些細なこと
・お酒の席で衆人環視の中けっこうな勢いで口論に
・なぜかやたら僕の手によってグラスが割れるw
・乾杯で『パリーン!』強めに握ったらグラスに親指貫通(ただし無傷)
・どこかから戻ってくるとそこにビートたけしさんの姿が。
・たけしさんちのカレーが絶品らしく、みんなで食べることに。が僕の分の皿がない
・探しに行ってる間にハリセンボンのお二人に先にカレーを食べられる




…どうでしょうか…意味わかんなくないですか?w

ケンカの理由はなんだかわかんないんですけど、たぶん礼儀がダメで生意気だとか食べものマズイと言ったとか些細なことなのは覚えてるんですよねー体感として。
お酒も入っててなんかヒートアップして口論、フラつく僕をみんなが『大丈夫?』と心配する、みたいなシーンがあったんですが…酔ってることを心配してるのかケンカに関して心配されてるのか、それともダブルミーニングで聞かれてるのかは謎ですw

序盤の段階、飲み会みたいなところは同業者ばっかりだった気がするんですが…途中から、どこかから戻ってきたくだりはなぜか民宿みたいな古民家が舞台に変わってまして。
ふすまを開けたら畳の上に座布団テーブル、その上にはデカい寸胴鍋が置いてあって中にカレー。
カレーは…中にデカいハンバーグみたいなのがゴロゴロ入ってて…「アレすげー食いづらそう」と思ったのを覚えてるんですよねw
そんなカレーをダチョウ倶楽部の肥後さんとか芸人さんとかがたけしさんを囲みつつ食べてて、「マジーも食べる?」なんて声をかけられてw
食べようと思って鍋に近づくと皿がなくて。
探すとちょっと離れたところに紙皿があったんですけど、近づいてみたら使用済みの皿が重ねられててダメで。
戻ってきたら後から入ってきたハリセンボンのお二人がカレー食ってて、あの皿どこで見つけたんだろいいなー、カレー食いたいなー……みたいな?

そんな夢…でしたw

どのシーンが何を暗示しているのか、記憶の整理ならいったいなにが整理したかったのか。
とりあえず言えることは最近芸人さんに会った記憶はないということw
たけしさんなんて27時間テレビで見たくらいでそれもだいぶ前ですしね…しかもカレーて何故w

言いたいことは何だかまったくわかりませんがなんか面白かったので書いてみましたw
夢って想像の斜め上を行くから面白いですよね♪

じゃあ……もう一眠りしてきますw
(忘れないように起き抜けに書いたw)
|
| ホーム |次のページ>>