FC2ブログ

マジP!

間島淳司の日常をプロデュース!!

青いレモンの中の物語。

さぁ今度はコレを観に行ってきましたよ!!


18101201.jpg
翔べ!スペースノイド

2015年に劇団東京都鈴木区で上演された本作。
先週の『スペーストラベノイド』と同じくシザーブリッツさんの「秋の宇宙まつり」第二弾として上のストアハウスにて絶賛上演中。
昨日…日付的には0時回ったんで一昨日ということになりますが、今週の水曜日に初日を迎え、今週末日曜日まで上演しています。
それの…初日を!キメてきたわけですッ!!
…といいたいところですが僕が見たのは初日は初日でも本公演の前・最終確認でもあるゲネプロと呼ばれるものですw
だって…智晴くんが観に来て良いって言うから…w

ということで以下感想。
ネタバレが嫌な人は見ないで…っていおうと思ったんだけど再演ってことはストーリー知ってる人も多いわけでこの場合どうなんでしょうね?w
一応気にしながら書きまーす。





先述の通り鈴木区での初演が2015年。3年前の作品。
あのときは鈴木区さんがよく使う劇場・遊空間がざびいでの上演で、なんと周りをぐるっと取り囲むように客席を作るトリッキーな舞台の使い方をしていました。
今回はどうなのかなー?と思い、そこも注目だと思ってたんですが、行ってみたら『スペーストラベノイド』とまったく同じセットをそのまま使ってましたw
いや…同じ宇宙の話だからそうかなーとは思ってたけど…バラして建て込みもタイヘンだけど…w
てかそうなると疑問になるのが舞台の見せ方なわけです。
先述の通り前回はぐるっと取り囲むように舞台を作り、狭い宇宙船内、というのを表現してました。
対してスペーストラベノイドで見た舞台は比較的広めで開放感もあるような作り。
再演だからって同じような舞台の使い方をしたらどえらいせせこましい舞台に見えること請け合い。
どうなるか…と見ていると、そんなの関係ねぇ!とばかりに舞台を広く使ってましたw
まぁそうか…台本上に「このタクシーくっそ狭ぇ!」なんてセリフはないし、トイレだったりコールドスリープの機材がある部屋は別にあるにしても基本的には密室空間なわけで、広くても狭くてもそこは関係ないってことなんですね…なるほど納得w

そしてもう一点気になっていたのは出演者の衣装。
上にあるチラシの写真を見てもらえるとわかりますが、今回はオレンジのツナギを着ている人と全身黒でまとめた小洒落たお兄さんが写ってますが、この二人…前回はハデなヅラとハデな衣装の女性と、ハンチングにアゴヒゲ生やした胡散臭い男だったのです…なにが…あったw
かと思えば作中に出てくるバーチャル宇宙アイドル・ヒマリの格好は初演のまんま、明るい赤っぽいひらひらの衣装にピンクのカツラという、他の出演者と比べるとハデハデな衣装。
でもそれが逆にアイドル感をさらに強めててよかったりして。つくづく演出っておもしろいなと感じました…

と上の2点だけでも初演から大きな変更点が。
お話はいったいどうなったのか…と楽しみに見ていると、細かいネタとかに変更点はあるものの基本的には同じストーリーでした。
そらそうだよね再演なんだからw
前回見た時に感じた、ドタバタからくる笑いの連続と最後に待っている感動…物語開始時は出会って数分、くらいの関係性だった登場人物の過去がどんどんつながっていく、ある種謎解きのような爽快感も味わえる、とても鈴木くらしい作品。
ちなみにストーリー的には3つ4つの事件が同時に併発してます…がそれがぜーんぶつながって終わるという。
どんな頭の構造したヤツが書いてんだこの脚本!って思いますよコレw

ストーリーはそんな感じでとっても良いんですが、じゃあ登場人物はどうなのか。
見た目はかなり普通になってはいましたが、前回同様登場人物自体はとてつもなくトリッキーな設定がそのまま生かされてます。
特徴的なのは先述のバーチャル宇宙アイドルもですが、他にも木星の衛星出身の男の子が出てきて、それを普通の成人男性がやってますw
よくあるじゃないですか宇宙モノで…異星人との間に生まれた子は血が混ざりあった結果サイズ感が大きめになる、ゼント◯ーディ的なw
あんな感じの設定の人物がいたり、おじいさんが一人いるんですがそれは女性が顔隠れるくらいのデカい白ひげ着けて演じてたりw
ちなみにこのおじいさん、初演と同じ鈴木区の戸田早奈美ちゃんが演じてるんですが今回の爆発力たるやまーすごいw
喋り方なんかは前回演じたときと同じなんですけど、この役をモノにしてる感ね。前回も見てるから特にそうですが、スキルアップ感がすごいの。
客演なんかで出てた方は他にもいますけど、今回の座組で生粋の鈴木区劇団員は彼女だけなので、他のメンバーに「鈴木区ってこういうところだよ☆」ってのを伝える役割もあったのかもですが、作品の背骨をしっかりと支えているようなそんな印象。
なのにふざけるとこめっちゃふざけるしw
ともすればしっちゃかめっちゃかになりそうなこの『翔べ!スペースノイド』という作品を、きちんと地球というゴールに着地させる役割を彼女が担っていたのかもしれません…この…上手いこと言えた感……w

あとキャラクターでいえば、前回僕が声を担当したマスコットキャラクター・ボロッチ。
今回はなんと…若い女性が演じるということでw
じゃあ逆になんで前回僕だったんだとも思いつつ、どんな感じに仕上がってんのかなー?と、先輩としてちょっとイジワルな見方でもしてやろうかと思いましたがおもしろいもんですねー、ちゃんと合ってるのw
「壊れかけのロボット」というキャラクター性のボロッチをどう料理するのか、という時に、僕は硬い喋りでロボ感出しつつ小さいボディのサイズ感はハイトーンで、壊れかけてるからちょっとザラッとした感じの声にして表現した(つもり)だったんですが、それとはまったく違うアプローチになっていて非常におもしろかったです。
智晴くんも言ってましたが、この「壊れかけのロボット」というイメージが、今の若い人たちと僕ら世代でかなり違うんだなーということがわかる良いアプローチでボロッチを好演してらっしゃいました。
…けど見た目一緒だからなーんか一抹の寂しさは拭えないよね…アギャンw


3年前に一度見た作品で、キャラの関係性やお話の展開はわかっていてもおもしろく見られる作品でした!
てか3年前に見た方はビジュアル含めいろんなところの変化も楽しめるから逆によりお得かも?

今週末まで上演しておりますのでご興味持たれた方は問い合わせて行ってみてはいかがでしょうか。

スポンサーサイト
鈴木区 |

(笑)

そういえば。


舞台って最後、打ち上げで大入袋配る風習がありまして。
興業が成功したとかそういうときに「ありがとねぇ」みたいな意味も込めて配ったりするものなんですが、中には「ご縁がありますように」と5円が入ってる場合が多いんですね。
でその大入袋振って横から5円玉取り出して他の人々と交換することで「ご縁が繋がりますように」的な儀式をここ数回は鈴木区でも行っているのですが。

今回別に稽古に参加したわけでもなく来たときだけ写真撮っただけなんで特に期待もしてなかったんですが、打ち上げに参加することになった段階で気を回していただいてご用意いただきまして。
打ち上げの大入袋配るタイムになったときに僕ももらったんですが、袋には智晴くんからの一言メッセージが書かれていまして、音響さんには「音の魔神」だったり照明さんには「光の女神」だったり、宝田とかは「鈴木区半裸男優賞受賞」といった、ユーモアも交えたメッセージが書いてあったりするんですが、僕の袋にも書いてありました。

18083001.jpg
今回マジで記録係(笑)

いや…そうだけどさ…なにも依頼されなかったらそりゃ記録係しかやることないっしょw
てかそもそも記録係なんて役職他で聞いたことねぇよw

鈴木区 |

目で見る魂殻少女

さて。

昨日は文章で『魂殻少女』を振り返りましたが(鈴木区内から軒並み好評)、今日は目で見るかたちで振り返ってみたいと思います。
記録係として撮影した数々の写真の中から印象的なものをお見せしていきますよ〜、どのシーンが出てくるかな?

あ、一応主宰に許可はもらってるのであしからずw

まずはこちら。

18082901.jpg
土下座。

所属タレントのために大家さんに土下座して謝罪するマネージャーの図。
騒音問題でここまでしてくれるマネージャーってなかなかいないですよね…いい会社。
だけど彼の情熱はこんなものではなく…

18082902.jpg
究極の土下座

そそり立っておむしゃる!!w
土下座の究極のかたちってずっと土下寝だと思ってたんですが違ったんですね、逆立ちだったなんてw
なんかこのシーン、ト書きに書いてあるらしいですよ…書く方も書く方だけど「ト書きに書いてあるから」と実現させてしまう本田もマジすごいですよね。
稽古中はふらつく瞬間もあったそうですが本番にはまったくブレることなくこのままセリフ言ってましたもんね…もう役者とかそういう概念通り越してる気がするw
さすが元ボクサー、身体能力が違う。

18082903.jpg
アイドルと密会♡

…というシーンではないんですがそのように報じられそうになったであろうシーン。
実際には『ベロベロになった上司を家に送り届けたら隣に推してるアイドルグループの娘が住んでてびっくり』的なシーン。
このすぐ近くで上司のおじさんが寝てるんですが、確かにここだけ切り出して「ファンと密会」と言われたらそう見えますよね…まさに「炎上は作れる」。
人の悪意の恐ろしさたるや。

18082904.jpg
ビール一気飲み!

大人が悪巧みしてるシーンですねー。
絶対にそんな入ってないのにものすごい勢いでンゴンゴ飲む、という演出が劇場入ってからついてました。
飲むという動作一つも笑いを求める貪欲な男・鈴木智晴w
二人の雰囲気とワルという設定のせいか、大人な雰囲気が漂ってて好きな1枚。

18082905.jpg
裸・衣・牙!!

みんなだいすきライガーさんw
けん玉で笑いを取る男がこの世に存在するとは思いませんでした…てか先輩、服を着てくださいのときは4歳児だったし今回はこんなだし、宝田最近ぜんぜんマトモな役やってないw
それだけ信頼が厚くなって来た証なんでしょうな…コメディ劇団はこれだからw
ちなみに足には『獣心』、胸元には『噛』というタトゥーが入ってるんですが、コレは毎回シオ姉役の橘実咲季ちゃんの手により作られしもの。
毎朝劇場入りすると実咲季に頼んで書いてもらうんですって…

18082906.jpg
青のマッキーでw

宝田…ついにキャンバスに…!!w

18082907.jpg
「まさか…湯山ちゃんを殺ったのか!?」

もしかしたら今回一番笑ったかも知れないシーンw
グーグルカメラ背負って登場したキャラ・湯山も実は悪いやつで、アイドルの密会写真を撮った結果、思いつめたファンに無残に惨殺されたシーン。
言葉にするととんでもないことですが突然壊れたグーグルカメラの破片持ってきて
「まさか…湯山ちゃんを殺ったのか!?」
「ああ殺した!」
なんて超展開迎えられたら意外過ぎて声出して笑うしかないでしょw
聞いた話によるとストーリーの妨げになりそうな気配が出始めるおもしろキャラは殺されるらしいです、鈴木区では。
そういや…『ヘッドライン×デッドライン』の時も店長死んでたなぁ…「死ん…でる?」じゃねぇw

あと湯山役の田所勉さんがこの壊れたグーグルカメラの破片袖で渡してるらしいというのもおもしろポイントですよね、自分の死骸を自分で渡すというこのメタな感じ…w

18082908.jpg
「始めよう。ゾンビ・プリンス」

さっきのヤツかコレかどっちかですねー、今回一番笑ったのは。
作中で話題に挙がったゲーム『ゾンビプリンス』をまさかの舞台で表現w
イケメンゾンビたちがヒロインを取り合い喧嘩する、みたいなくだりもあるんですが、セリフ言うときはカッコいい感じなのに戦うときはゾンビちっくに「ア゛〜…」ってなるのとかホント反則級の面白さですよねw
地味に毎回ポーズが違う人がいて何度見ても飽きませんでした…できることなら参加したかった、ここだけw

18082909.jpg
モーキャプ!

モーションキャプチャーでキャラクターとリンクして動く、ってのがVtuberなので今回よく出てくるんですが、それの表現として後ろにアバター役の人がやってきて、前のキャプチャーの人と同じ動きするって演出はおもしろかったですねー、非常にわかりやすい。
これまでの写真でも分かる通り、今回ちょっと不思議なセットなんですよね、たくさん丸が並んでる感じの。
穴空いてるんで反対側に立っても見えるのをうまく利用してこういうシーンを作ってるのは素直にすごいと思いました。

18082910.jpg
Vtuber!

Vtuberコイ=ツナギ誕生の瞬間。
これもモーキャプと同じく前後に並んで動きを揃えることで表現されてるいいシーン。
前のシーンではモーキャプとアバターだけでしたが間に声を担当する人も入れて3人体制。
曲に合わせてVtubeのシーン作ることでテンポもいいし、そこに照明も加わってとっても見ごたえのあるシーン。
この後全員出てきてダンスしたりもしてとにかく派手。
終盤にコレ持ってくるのはぅおー!!ってなりますよねー♪

18082911.jpg
なきむしアース

魂殻少女の新曲・なきむしアースを歌う、作中ではEDに当たるシーン。
この前にちょっと悲しいシーン入るんですよね…しっとりさせといてそっからハッピーな感じにする手法ね。
てかこれまでちょいちょい作中で歌は出てきて気になってたのが最後の最後でフルコーラス聞けるのは嬉しいですよねー、「ホンモノ聞けた!」みたいな。
OPもライブみたいな感じで始まって、ナツメ一人が歌ってる状態なのもあるから3人揃った!ってのもあったりして。
なんか見れば見るほど、聞けば聞くほど好きになってきましたねー、魂殻少女。
誰推しとかは…もうちょっと見ないとわかんないけどw


さぁいろいろとご覧に入れてきましたが、最後は今回撮った中で奇跡のショットをご紹介したいと思います。
こう撮れるとは思わず意図せぬベストショットになったんですよね…撮ったのは本田の逆立ち土下座のとこなんですが

18082913.jpg
一人ブレないw

薄暗い照明の中だとカメラのシャッタースピードが落ちるんですよ、そうするとブレやすいんですが…周りは本田の周りを歩いてて、本田だけ逆立ち土下座で止まってた結果、一人だけ時が止まったかのようにまるでブレないという不思議な現象にw
写真自体の仕上がりもおもしろいんですけど、コレってつまり本田はマジでピクリとも動いてないという照明でもあるわけで…改めて身体能力のスゴさを思い知らされる一枚でもあるわけです。
しかし何回見てもなんつー写真だこれw


ということで本日は写真で『魂殻少女』を振り返りつつ僕の記録係としての仕事をご覧いただきましたw
今回は3公演で300枚くらいなんで、平均すると1公演100枚くらい撮ってる計算ですね。
…改めて撮りすぎw
でも!思い出は多いほうが良いもの!!これからも!撮る!!(本業何よっちゅー話w)

鈴木区 |

たのしかったこんガル

大盛況のうちに幕を閉じた、劇団東京都鈴木区第17回公演『魂殻少女』。

一回感想書いたんでいっかなーと思ってたら「ネタバレしてもいい状態での感想期待してる」という謎の圧をかけられたので今一度今作を振り返ってみようと思います…とはいえおんなじこと書いてもアレなんで前回書いたのも含めて読んでいただけるとよいかと思います。
てかネタバレはしてないのにけっこう核心に迫ったこと言ってんだよね…不思議だw


やはり今回一番大きいのは鈴木区が『悪』や『闇』といったネガティブな要素をストーリーに盛り込んできたところだと思います。

ポップに描いてたけどヒロインのナツメは鍵アカで愚痴ることを悪いと思っておらず、会社の方針で「SNSは禁止」と言われるのに「本名じゃないからOK」と続け、結果それが元で身バレ、炎上。
その炎上もスクープ狙いのネットニュース記者によって作られたもの…ここまでのことはないにしろ非常に身近なところにある闇ですよね。
また印象的だったのが自分たちのユニット『魂殻少女』がネット上で叩かれている書き込みを受け、周りは「みんな本気で言ってるわけじゃない」と言われるのに対し、自分の愚痴がマネージャーにバレたときには「ナツメちゃんが「あ」と書いたらそれは見る側にとって「あ」でしかない。どんな「あ」なのかは受けて側にはわからない」という話をされるんですよね。
これこそがインターネット、SNSの一番怖いところだと思います…文字だけだと感情が伝わらないから相手がどんなテンションで言ってるのかわからない。
同じことを書いても文字からは感情が想像できないから違う捉え方をする人もいる、ということ。
僕も長々ブログをやってる身なので非常によくわかりますし、特にTwitterなどの文字数制限があるものはその感情のヒントになるであろう文字そのものの数が減るので余計に難しくなります。
現代社会が抱える問題みたいなものに切り込んだな〜、と感じました。

そしてもう一つ、チラシにも書いてあった「私が私であることが私を邪魔するなら私は私が私じゃなくても私はそんな私でいいや」という文言。
一見して思うのはやはり「私多いなw」ではありますが、要はそれこそが本テーマ。
『私』というものをどこでどう認識し、どうあるべきか。
周りの叩いている言葉は「本心じゃない」のに、自分は愚痴を「本心で」書いている。
でも同じネット上にある言葉であることに変わりはなく、じゃあ自分のこの愚痴ももしかしたら本心じゃないのかも?だったら私って何?
そこにさらに3人いた写真を加工することでファンと2ショットで写っている写真を作られ炎上。
実際には違う自分が他人によって世間に拡散される恐怖。一体”私”ってなんなんだろう…?
そしてそこからのVチューバー。
姿も声もなにもかも自分じゃない状態のものの方が、自分自身で表現をしていたアイドルよりも評価をされる現実。
人気が出たことで叩くヤツも出てくるけど、自分なんだけど自分じゃないものだから何も感じない…終始『私』という価値観を描いている作品だったな、と思いました。

とストーリーに関してはこんなところですかw

やっぱり今作で印象的なのはアイドル!魂殻少女の歌のシーンですよね。あとVチューバー「コイ=ツナギ」のシーンね!
『先輩、服を着てください』のときにOPアクトみたいなのを入れる、ってなったときも「どうかしている」と思ったし仕上がってた感あったけど、今回は特に仕上がってんな…と思ったら、なんと今回はそこらへんのステージングをプロで振り付け等の仕事をなさってる方に依頼したんだそうで。
…そりゃプロクオリティになるよねw
てか今回でいえばグーグルカメラもそうだけど、出てくるものすべてのクオリティが高い。
周りにマジでそれで食える、もしくは食ってるレベルの”ホンモノ”たちが創り上げてるんですよねー、言っちゃなんだけど100人入らない小屋芝居でやるクオリティじゃないw
なんでしょ、例えるならコミケ会場にいるプロの漫画家みたいな。
明らかにクオリティも違うし壁サーだったりするんだけど、「コミケに参加し本を売ってる」という状況は他と変わらないわけで、でもレベルが段違い、みたいな。
ホント小屋で見るレベルの作品じゃないですよねー、このへんは乱歩奇譚で手に入れた部分も大きいのかもしれませんね。

あと忘れちゃならない鈴木区といえば個性豊かすぎるキャラクターたち。
喋り方のクセがすごい大家さん、いい声過ぎてなに言ってるかわからないカリスマヴォイストレーナー、やり手なんだろうけど周りをどんどんぶっ千切っていくかのようなプロデューサー、そして完全にタダモノじゃない感出すぎて人間なのかどうかも怪しいライブハウスの長w
この辺がド頭から代わる代わる出てくるんですから…普通このテのキャラって1作品に一人いりゃいいと思うんですよ、畳み掛けて使ったらあかんw

とまぁ闇も取り入れながらハチャメチャに笑いも取るという奇跡のバランスで物語が進んでいくんですよね。
ラストは正直あまりハッピーエンドとはいえない選択をすることになるのでとても考えさせられる部分もありつつ、でもライブなんかでエンタメとしてはハイクオリティなものを見せられるので、ゲネで見たあと「どうだった?」と聞かれたときになんて答えていいかわかんなかったんですよね。
「おもしろかった」というのは簡単なんだけど、この作品はそんな簡単な言葉じゃ表現できない、というか。
ストーリー、エンタメ性、コメディ、どの角度から答えるのかで表現が変わる感じっていうんでしょうか…なので僕が最初に言った答えは「よくできたお話だな」でした。
今思うとこの一言にすべてが集約されていたかもしれません…ホントよくできたお話だった。演出も含めてよくできてた。


なんとなくですが、役者も揃い、スタッフ陣も充実し、鈴木区が1ステージ上に上がったような感じがする今作でした。
次回公演は過去作『弁護士バイロン』と『いるわけないしっ!』が11月に上演予定。
どちらも一度見た作品だけど、今の鈴木智晴が演出したらどうなるのか…非常に楽しみです。
鈴木区 |

おつかれ!

18082701.jpg

今日はこちらに潜入してますよ
勝手に写真撮って主宰に流すと参加出来る不思議な飲み会w
鈴木区 |
| ホーム |次のページ>>