FC2ブログ

マジP!

間島淳司の日常をプロデュース!!

小鉢2つ分。

家でメシろうと思うとだいたいメインが1品、それに添え物が2点、くらいの感じでメニューを考える人・間島淳司です。


メインはいいんですよ、何食べたいかなー、あれがいいなーっつったらすぐ決まるわけじゃないですか。
じゃあそれ用の材料買って、家に帰ってキッチンでレッツクッキング。なにも悩むところはない。
がしかし。
この”添え物”ってのがクセモノでして、メインがあるからあんまガッツリしたのも作れないし、簡単なもので可能ならヘルシーな方がいいなー、なんて思うわけで。
だいたいこのへんで活躍するのがキュウリ。
ざく切りにして塩昆布とごま油でもいいし、同じくざく切りで鰹節食べるラー油ごま油でも美味しい。
細長く切ってスティックサラダみたいにしてマヨなりミソなりつけて食べてもいいし、ホント汎用性の鬼。
ただそればっかってのも芸がないな…と新たな添え物系料理を探してたんですが…この程とてもいいものを見つけました。
こちらです。

18121101.jpg
ニラの胡麻和え。

調理は簡単、沸騰したお湯にお塩を少々入れ、食べやすい大きさに切ったニラを入れて茹でます。
いい感じになったらザルに上げ、湯切りが終わったら醤油、ごま油、ゴマを入れ混ぜてはい完成。
コレのなにがいいって例えばフライパンでメイン作るとしたらその前にフライパンで茹でちゃえば洗い物が減るし、メイン作ってる間に湯切りが終わるので時間的にも効率的だし洗い物も減る点。
それに分量。これも良い。
写真は市販のニラのだいたい1/2量。つまり全部使っても小鉢2つ分程度だということ。
余ったら冷蔵庫に保存して常備菜にしてもいいし、あとなんかニラってキュウリより身体に良さそうじゃない?w
基本的にゴマの香りも好きなので、ゴマの量たっぷりめに入れて作るととっても満足な風味が鼻を抜けていくのがまた心地よい。
何よりニラ茹でてるだけだからすげーヘルシーw


「あと1品!」って時にとっても便利なレシピを知ってしまいました…こりゃ捗る。
スポンサーサイト
ごはん |

だしのかたまり。

『アクアパッツァ』って知ってます?


イタリア料理の一種なんですが、貝や魚などの魚介類をニンニク、オリーブオイルなどを使って煮込んだ料理なんですが、今まで名前は聞いたことあったんだけど食べたことなかったんですよ。
名前からそういった料理であることも想像しづらい部分もあり、イタリア料理系のお店に行っても頼むこともなく。
まぁだいたいアヒージョとかピザとかパスタとか、聞き馴染みのあるとこ頼んであとはビールとハイボール、みたいになることが多いんですがw

ある日のこと。
知り合いに誘われてお魚系が美味しいと評判のイタリア料理店に行った際に知り合いがしれっとアクアパッツァを注文。
卓に置かれるデカい鍋に鎮座するでっかい魚まるごと一匹。
来たときは「これが…アクアパッツァ…」という思いと「魚まるごと一匹か…食いづらそうだな」という思いがせめぎ合い。
だって初めて見たんだもんw
ホロホロに煮込まれた魚はすぐに骨から外れたので面倒はさほどなく。「思ったより簡単に食べられそうだな」と思いつつ、用意されたスプーンでスープと一緒にすくって口の中へ。
すると…食べてみてびっくり、クッソ美味いのw

いやー冷静に考えりゃそりゃそうだよね、だって魚まるごと一匹でしょ?更に貝が入って、ニンニクもとなれば、もう出汁出まくりなわけで、お出汁大好き人間である僕が嫌いになるわけがない。
とっても良い料理を知ったなー、またイタリア料理屋さん行く機会があったら頼もっかなー、なんて思いながらその日は返ったんですが…あまりに美味かったもんですぐに食べたくなっちゃいまして。



調べたら作れそうだったんで作ることにしました(主夫の発想w)


ただ貝とか砂抜きしなきゃいけなかったり魚まるごと1匹だと捨てる部分がたくさん出たりといろいろ面倒そうだったので、かなーり簡略化はしましたが。

まずフライパンにオリーブオイル、ニンニク、唐辛子を入れ弱火にかけ、オイルに香りを付け。
いい感じにあったまったら買ってきた切り身の魚(今回は鱈にしました)を投入、中火で焼き色がつくくらいまで火を通します。
魚がいい感じになったらそこに貝類を投入…するんですが今回は砂抜き面倒だったんで冷凍のシーフードミックスを投入。
一緒に野菜彩りの野菜も投入し、プチトマト、オリーブ、ローズマリーなどなどをごそっと投入。
切り身がだいたい浸るくらいの量の白ワインを注ぎ強火に。
沸騰したらフタをして中火で汁が半分くらいになるまで煮詰めます。
いい感じになったら上からパセリを振って…完成。

18112501.jpg
お手製・簡略アクアパッツァ。

一瞬更に盛り直そうかとも思いましたが、このサイズでこの汁感だとするともはや丼に盛ることになってしまって風情が台無しになるのでフライパンのままにしましたw
で。食べてみたんですが…美味い!!
お店のものと比べると味気ない感じもしましたが、それでもいろんなものから出た旨味が渾然一体となって口の中に。
そうなんだよね…トマトも旨味成分の塊みたいなとこある食材だからね…出汁の大運動会みたいなもんだもんねぇw
魚も切り身、貝もシーフードミックスで代用してるので捨てるとこもほぼナシで汁ごとスプーンでお口にダイブ!って感じだったのでお片付けも楽ちん、てかなんならフライパンのままテーブルで食ってるから一枚皿が減るという片付け楽ちんレシピでもあるわけです!
しかも!見栄えも良い!!パーティなんかで出したらテーブルが華やいでいいですねー。

味も見栄えも良くてほぼほぼ煮てるだけで作るのもラク、さらに片付けもラクという、非常に良いレシピを知ってしまいました…下手したら週1とかで食べそうw


あとなにげにフライパン買い替えたのが功を奏しましたw
前のきったないフライパンじゃあこうはいかなかったぜ…w
ごはん |

ねばねば!シャキシャキ!!

むかーし家のごはんで出てたメニューって、今でもふと思い出してたべたくなったりとかありません?


僕にとってそれのMAXなのが餃子なわけですが、他にもいろんな”思い出のメニュー”みたいなのがあります。
まぁ子供の頃好きだったメニューになるので比較的茶色いものが多く、揚げ物やるとキッチン汚れてヤなんであんまこっちでは出来ないんですけど。
あと揚げ物はもう重たいw

でも中には揚げ物じゃないメニューもあったりして、その中の一つが長芋とマグロの切り身を細長ーく切って、わさび醤油で和えて上に三つ葉乗せるってやつがあったんです。
正式メニュー名知らないんでこんな説明ですが察してくださいw
そんなメニューを、スーパーに買い物に行って「今日の晩飯なににしよっかな〜」と思ってるときにふと思い出したりするわけです、だいたいマグロの切り身が半額になってるときなんですけどw
半額のマグロ買って、野菜売り場行って長芋手にとって、他の食材もかごに入れてレジに行くわけですが、長芋がデカいのしかなくて作ったのに余ったわけです。

さてこの余った長芋どうしよう?
またマグロが半額になるの待ってたら長芋が悪くなっちゃうし…普通に細切りにして海苔かけて醤油で食べてもいいんだけどなんとなーく芸がない感じがして。
こんなときはレシピサイトにお願いしよう!と『長芋』で検索、なかなか良さげなレシピを見つけたので早速作ってみました。

18111701.jpg
長芋の和え物

…なんてメニュー名だ、と思うでしょ?だってレシピサイトにこう書いてあったんだもんw

普段僕は細長く切ることが多いんですけどレシピ上はブロックに切れ、と書いてあったのでそのように。
味付けはめんつゆにお好みでごま油、とあったんですが、イヤそれよりこっちだろとめんつゆ少量に醤油、そこにわさびを入れて混ぜました。
…もはや違うレシピですがw
でも結果的に好みの味になったんで結果オーライってことでw
写真は食べる前なんで海苔が上に綺麗に乗ってますが、混ぜてから時折口に入ってくる海苔がいい感じにアクセントになって、海苔ありのとこと海苔なしのとこで味に変化が出て食べてて楽しい感じ。
マグロよりも圧倒的に納豆の方が安いので、懐にも優しい。これは良いレシピを知った…めっちゃアレンジしてるけどw



てか作ってから気づいたんですが納豆入れたせいでまた茶色い食べ物になってしまいましたねw
きっと茶色って美味しい色なんだ…。

ごはん |

マグロと明太子。

ちょっと前に『博多豚骨ラーメンズ』のイベントあったじゃないですか?

それでふくやさんから明太子頂いたって話をしたと思うんですが……実はふくやさんからは明太子以外にもいただいたものがありまして。
イベント会場でも販売してた、番組とコラボして出してた明太ツナ缶もいただいてたんですよ。


18102802.jpg
これ。

キャラクターのイラストなんかも入ったコラボ缶なんですが…まぁ中身は普通に明太ツナですw
こちらを一緒にいただいてまして、まぁ缶詰だから日持ちもするしいいだろ、としばらく置いてたんですが…ふと思ったわけです、「明太ツナってなにに使えばいいんだ?」と。

普通のツナならなんとなく使いみちも想像付くんですけど、それに明太子が入ってくるととたんに何に使えばいいのか…普通のツナと同じでもいいの?え?でもせっかく明太子入ってるんでしょ???
まぁきっと普通に使って問題ないんでしょうけどせっかくなので…ということで。
レシピが載ってるサイトとかで『ツナ 明太子』で検索。
出てきたレシピの中から一品作ってみました。

18102801.jpg
人参とブロッコリーの明太ツナ和え。

レシピは簡単、ブロッコリーと人参茹でて、明太ツナで和えるだけ。
レシピ的には明太子とツナが別々で出てきましたがこっちはもう明太子とツナが和えられた商品だからさらに工程がラクに!!w
味も普通に美味しかったです…やっぱシンプルな使い方したほうが明太子の味も生きてよかったなー。そもそもブロッコリー好きだし、人参のおかげで彩りもいいし。
コレ正解の使い方だわw


まだ何缶か残ってるんでたぶん同じ食べ方をすると思いますw

ごはん |

青と椒と肉を絲する

うちの近所の中華屋の前に、おっきな垂れ幕みたいなのがあるんですね。

今イチオシのメニューなんかがそこに書かれてて、定期的に変わるんですが今の時期はなぜか青椒肉絲を推してました。


中華屋に行くと、餃子やら青菜炒めやら他に食べたいもんがあるんであまり注文することはないんですが、子供の頃はよく食卓に上っていたのを覚えています。
あの頃はこの料理が『青椒肉絲』って名前だってのは知りませんでしたが。
肉やらピーマンやらタケノコやらが細切りにされててそれが謎の調味料によりうっすら甘みも感じる深い味わい…てかそもそもタケノコもピーマンも好きなんでだから好きなんでしょうけどw

あとテレビのCMでも産直食材がカットされた状態で送られてきて後は炒めるだけ、時短になるゥ〜♪みたいなのやってるのもあって、なーんかここんとこ頭の中で気になってたんですよね、青椒肉絲。


ということで。


18101301.jpg
作っちゃいましたw

豚ロースを細切りにし、塩コショウ、すりおろしニンニク、料理酒で味付け、その後片栗粉をまぶして置いておきます。
そしたらピーマンとタケノコを細切りに。この日はスーパーに「青椒肉絲に!」みたいなこと書いてある細切りにカットされたタケノコがあったのでそれを使いましたが。
素材の準備が整ったら、フライパンにゴマ油を入れ、温まったら細切り豚ロースを投入、火が通ったらピーマン、タケノコも入れ炒めます。
いい感じに炒まったら醤油、料理酒、鶏ガラスープの素、オイスターソースを入れ、味が馴染んだらお皿に盛って…完成。

タケノコがカットしてあるものを買ったおかげで非常にラクに作れましたねー、あと炒めものにオイスターソースで味付けするとすげー美味い。
細切りなんで食べやすいし、今回のでいうと豚ロース150円、ピーマン(大きめ)1個70円、カットタケノコ100円とかだったんで300円ちょっとで大満足の量食べられるんでやっぱ自炊はすごいなぁ…と思いました。
中華屋で食べたら600円とか700円とか取られるでしょだって?


コスパもいいし味もいいし、これからレギュラーメニューに加わりそうな予感です。

ごはん |
| ホーム |次のページ>>