FC2ブログ

マジP!

間島淳司の日常をプロデュース!!

早いの美味いの

こないだね、砂肝とにんにくの芽の炒めもの食べたくなってスーパー行ったんですよ。


砂肝って狙って買いに行くと売り切れてることが多いんであまり期待せず「ダメなら別のもん作ろう」くらいのテンションで行ったんですがちゃんと売ってましてまずは一安心。
にんにくの芽もちゃんと売ってて無事食べることが出来るなーなんて思いながらかごに入れてたんですが、いつも作ったときに「量が少ないな…」と思うんですよね。
とはいえあんま尖った味の食材入れてもなーと思って、この日はもやしを一緒に購入、入れてみることに。

帰宅後いつもの容量で砂肝とにんにくの芽を食べやすい大きさに切り、それらともやしをごま油で炒めつつ鶏ガラスープの素・塩コショウで味付けて完成。
出来たのがこちら。

18081401.jpg
砂肝とにんにくの芽の炒めもの(もやしかさ増しVer.)

こんだけあると食いでがあっていいですよね〜、コレだけで大満足って感じ♪

ただ、それだけじゃないんですよ…これのすごいところは。
なにがすごいって金額ですよ金額。
砂肝が100gくらいでだいたい150円、にんにくの芽も一袋100円くらい、もやしなんて30円くらいのもんでしょ?
つまり…この大満足な量で300円行かないのですw

ヤベー!スゲー!!w

味も食感も好きな上クッソ安いとか、ある意味最強のレシピですねこれは…みなさんも砂肝を見つけた際にはお試しくださいw

スポンサーサイト
ごはん |

主夫じゃないんだって。

いやマジで俺のせいじゃないんですよ

と唐突に昨日の話の続きをする私w


なんであんなことになったかっていうとね、まずレシピ調べて「コレ作ろう」ってなったところまではいつもの通りだったんスよ。
で食材買いにスーパーに出向くじゃないですか?
でもこの日はコンビニにも寄りたい都合があったのでいつも行ってる方じゃない方のスーパー(近所に2軒あるのです)に行ったんです。
で食材…この日の場合は手羽中とししとうですね、を探し買うことにしたわけですが…コッチのスーパーすげー大量にまとめ売りしかしてなくて。
2食分くらいの分量じゃないと買えない感じだったのですよ…それで仕方なく保存することになったわけで。
どうせ保存するなら調理工程の1コ先までやった状態で保存しとけばいっか…という経緯であんなことになったのです。

ほーら僕のせいじゃない、まとめ売りしかしてないいつも行かない方のスーパーが悪い。


んでは僕のせいじゃないことが判明したところでなに作ったかの話に戻りたいと思います。あーすっきりw


この日食べたかったのは手羽中。
前にも言った気がしますが骨付き肉の軟骨部分のコリコリっとした食感が好きでしてね…手が汚れるから微妙なトコでもあるんですがそれを上回るくらいあのコリコリ好き。
前に作った塩レモンペッパー焼きでも良かったんですがこの日の気分は醤油系の味付けだったので別のレシピを検索。
行き当たったのが『手羽中の七味唐辛子焼き』というレシピ。

ビニール袋の中に手羽中を入れ、そこに醤油とすりおろしニンニクを入れて揉み、そのまま10分ほど放置。
時間が経ったらごま油を熱したフライパンに手羽元をイン。皮目からしっかり焼いていきます。
いい感じに焼けたらししとうもフライパンに入れ炒め、火が通ったら塩コショウ、さらに七味唐辛子をかけて味付けしたら…完成。

18080301.jpg
手羽中の七味唐辛子焼き。

あんまり辛いとヤダなーと思ったので七味は少なめにしましたがコレが正解。
程よい辛味でビールが進む進む!
味的には塩レモンペッパー焼きよりこっちのほうが好みかもしんないですね…やっぱほら、日本人はお醤油の国の人だからw

にしてもわかっていたことだけど…やっぱ軟骨部分うめぇ!!

18080302.jpg
コレを?

18080303.jpg
こう!丸裸!!

ししとうも実は好きな食材だったりするので非常に良いレシピに出会いましたね…実は手羽中だけでなくししとうもアホほど大量なまとめ売りしかしておらずマジ2回分くらいの分量でして、もう一回作れるので近々に調理してまた味わいたいと思います。

これは…レギュラーメニュー昇格かなー?
ごはん |

一人暮らしの男がさ

18080201.jpg

こういうことしだしたらいよいよ極まってきてるよね……でも違うんだ!俺のせいじゃないんだ!!w
ごはん |

その秘密を教えよう

夜。

誰からの誘いもなく家にいた土曜日。
そうなると考えなければいけないのは晩ごはんのこと。
なにもしなかったらなんにも出てきませんからね一人暮らしは…その選択がコンビニになるのか、外食になるのか、はたまた自炊になるのか…選択肢は自由ですがまぁだいたいこの3パターンのどれかに絞られるわけです。

そうしてこの日選んだ3択の答えは…自炊。
さてなに作ろう、と考えていた時に先程の”土曜日”というワードが頭をよぎりました。
そう、はるか古…我が家では毎週土曜日はアレでした…てかこないだ実家帰ったときもそうでした…てことはもう30年以上毎週食ってるのかあの家族は…どんだけ好きなんだ…いやたしかに好きだけどさ。

てことで思い出したので今日は久々にアレにしようと思い立ちました。

そう、ギョウザです。

餃子って美味しいんですけど作るの手間なんですよね…だって野菜細かく刻んで肉と一緒に捏ねて皮に包んでと、とにかく工程が多い!
だったらザク切りにしてテキトーに野菜炒めにしたほうがラクだわ!!ってついなっちゃうんですよねw
てことで作るのはもう何ヶ月かぶり。
とはいえ調理工程忘れるほど前でもなし、作り慣れてるのでそんな面倒でもないんですけどねw
そして今回はよく「レシピおせーて」と言われるので言葉だけで恐縮ですが餃子の作り方を書いてみようと思います。


まず用意する食材は挽き肉、キャベツ、ニラ、餃子の皮。こんだけ。
食感増したい人はタケノコ入れてもいいと思います。
ボウルに挽き肉をどかっとぶち込み、キャベツとニラを切っていきます。
よく餃子のレシピだと「細かくみじん切りに」とか「野菜の水分をキッチンペーパーで吸い取って」とか書いてありますが、僕のレシピではそんな面倒なことはしません。
野菜は3〜5mmくらいで大丈夫だし、水分も気にせず切り終わったら挽き肉の上にバンバン乗っけてってください。
野菜の量も、肉肉しい餃子が好きなら少なめにして、ヘルシーに野菜餃子がいい!と思うならたくさん入れて大丈夫です。
ウチの場合はスーパーでだいたい真四角くらいの大きさのトレイで売られてる、たぶん350gとかのひき肉に対してニラは80円くらいで売ってるの全部、キャベツが1/4玉入れてます。
これで餃子40個分の分量になります。

ボウルの中の材料に塩コショウ、ごま油、鶏ガラスープの素、入れたければニンニクを投入。
そこにさらに餃子のタレの味をつけたいので醤油と酢も少量入れます。
入れすぎると包んだそばから餃子から染み出してくるので注意w
味付けをしたらぐっちゃぐちゃに捏ね合わせてください。かなりしっかり混ぜ合わせるのがポイント。
そしたら後は皮に包んでいくだけ。

18072301.jpg
はい完成。

包み終わったらこうやって丸く焼きたい人は丸く、お店で出てくるみたいに縦に並べたい人は縦に、油を熱したフライパンに並べていきます。
時折餃子の裏を確認して茶色い焼き色が付き始めたら水を投入。
餃子が1/3くらい浸かるまで入れてください、たぶん普通に考えると「多くない?」って思うくらいでちょうどいいです。
そしたら蓋をして、入れた水がほぼなくなるまで放置。
なくなってきたら蓋を開けて、残った水分が飛ぶまで焼いたら…いよいよ本当の完成!

18072302.jpg
真・完成餃子。

ちなみに丸く焼くとフライ返し使いにくいしお皿に盛りにくくない?と思う方もいるかもしれませんが、お使いのフライパンがテフロン加工でくっつかないものだったらなんなら丸く盛った方が簡単。
フライパン丸く揺すってくっついてないの確認できたらお皿をフライパンにひっくり返してかぶせて、お皿の底支えながらフライパンひっくり返すだけで盛り付け完了、写真のような状態になります。
今回は皿のサイズが餃子のサイズよりデカかったので、重力の影響で皿の真ん中に盛れませんでしたがw
こうやるとフライ返しも使わないので洗い物が減ります。
縦に並べた人はおとなしくフライ返しで取る方がラクだと思われますw

そして先程も言いましたが買ってきた分量で出来る餃子は40個。
焼いて皿に乗せてあるのは10個…ということで。残った30個は冷凍して保存。

18072303.jpg
業者のよーにw

スーパーとかサービスエリアなんかで売ってる餃子の容器あるでしょ?アレに入れて保存すると10個なり8個なりでまとめて保存できるので便利なんでそうしてます。
買ってきた時はセロハンテープかなんかで止めてありますが、それもいちいち面倒なんでゲームの台本とかが止めてあったクリップでテキトーに止めてますがw
下二段は上の餃子の自重でフタ開かないんでなんも止めてませんw
焼くときは冷凍保存特有のヘンな臭みみたいなのが気になるので、市販の餃子は「冷凍のままフライパンに並べて焼いてください」とか書いてありますが、一度レンジで解凍してから、上と同じ手順で焼くようにしてます。


厚手の皮で作ってあるなら水餃子としても食べられますし、タレの味付けもしてあるので解凍して揚げ餃子にしても食べられます。
たぶん餃子界の中ではトップクラスに作るの簡単でそれなりに美味しいと思いますんで、マネしたいという方はどうぞご自由にお試しくださーい。

ごはん |

ちょいと一手間。

気に入ると同じものを頻繁に作ってしまうのが人の性。


最近はトマトと玉子の中華炒めが簡単だし美味しいしでよく作るんですが、先日冷蔵庫を漁ったら別の料理で使って余ったネギが出てきまして。
「まあネギだし入れても不味くなることはないだろう」とネギも刻んで一緒に炒めてみたんですが


18071501.jpg
めっちゃ彩りいいでやんのw

玉子の黄、トマトの赤とすでにハッキリした色合いのところにネギの緑…こういうことか…食事を”目で楽しむ”ってことは…と気付かされました。

今後はウチのトマトと玉子の中華炒めにはネギが入ることが増えるぞー!!w
ごはん |
| ホーム |次のページ>>