マジP!

間島淳司の日常をプロデュース!!

ホンモノはシンプル。

こないだテレビで「本当のカルボナーラの作り方」みたいなのやってたんですよ。


なんかカルボナーラってクリーム系のパスタで牛乳だ生クリームだなんだと入れるものも工程もめんどくさそうで試したことなかったんですが、番組で紹介してたシェフが教えるカルボナーラの作り方が信じられないくらい簡単だったんですよねー。

まずお湯沸かして塩入れてパスタ茹でるでしょ?
フライパンにオリーブオイル入れてベーコンとニンニク炒めておいて。
ボウルの真ん中に粉チーズをたっぷりめに、間仕切りをするかのように細長ーく置いたら、仕切られた片方に玉子一個を割り入れ、反対側にさっきのベーコンとニンニク入れておいて。
茹で上がってザルに上げてお湯切りしたパスタを、卵とかが入ったボウルの上にどーん!と乗せて、10秒放置。
待ったらグッチャグチャに和えて、黒胡椒かけたら、はい完成。

…超簡単じゃないですか?
めんどいからやだーと思ってた牛乳も生クリームも使わないし、ボウルで混ぜてるだけのなんなら調理工程減ったレシピなのに本格的なものが食べられる…という摩訶不思議な話。
番組では「牛乳や生クリームは玉子を滑らかにするために入れようとしてるだけで、入れなくて良い。むしろ邪魔」と断言。
まぁイタリアンのシェフが言うんだからそうなんでしょうけど…ニワカには信じられないじゃないですか?
ということで実際作ってみよう!と玉子にベーコン(を買おうと思ったらまさかの品切れでロースハムにしました)、それと粉チーズを買ってきてレッツトライ!

18021701.jpg
真・カルボナーラ。

イメージしてるよりクリームクリームしてないしなんかイメージよりも黄色い気がしますが、要はコレが牛乳とか生クリームのせいだったってことらしいですね。
で、実際食ってみたら…超美味いでやんの!
汁気がオリーブオイルと玉子くらいしかないので超濃厚なソースがパスタに絡んでいて、ニンニクの香りと黒胡椒の香りが口から鼻に抜けて。
時折口の中で見つかるハムのアクセントもあって非常にレベルが高い…このレベルの味のパスタを「はいどうぞ〜」ってぱぱっと作られたら誰でも落ちるんじゃないかってレベルの味わい。
なのにあの簡単さ……なんてこった…ホンモノはこんな簡単なのか!!

考えてみたらペペロンチーノとかも工程超簡単だし、思った以上にシンプルなものが多いのかもしれませんね〜。


新たな良いパスタレシピを覚えました♪

スポンサーサイト
ごはん |

二番手はキミだ!

家で食事。
なに食べよっかな〜♪なんて考えるのも楽しかったりします。自分で作る手間はあるけどなんでも好きなもん食べられるしね。

餃子…マヨポン…砂肝の炒め物…豚キムチ……いろいろ食べたいものはあるけど今日はコレ!って決めて買い物行って、目当ての食材売り切れてて変更を余儀なくされる…orz
なんてことも多々ありますがそっからスーパーに売ってる食材でメニューの再構成、なんてのもまた自分を試されてるようで楽しかったりしてw


といろいろ考えつつ飯作って一人宅飲み、なんて機会も最近増えつつあるんですが、その際に困るのがメニューなんですよ…「なに矛盾したこと言ってんだ」とか思われそうですがイヤこれがマジでして。
そう…困るんですよ……メインに「食べたい!」と思ったもの”以外”になに作るかが。

「これが食べたい」って決めてスーパーに行くのはいいんですよ、それがメインなんだから。
仮に食材が足りなくて変わったとしても「今日はコレ」って真ん中を変えるぶんにはそこまで悩まないんですが…それと一緒にもう一品なに食べる?ってのが非常に困りもの。
今までのパターンだときゅうりに生ハム巻いたヤツとか、やみつき無限ピーマン的なのとかいくつかパターンはあるんですが、副菜のレパートリがね…そろそろ新しいのも考えときたいな、と。
そこで!今まであんま作ってこなかったジャンルに挑戦!それは…酢の物!

子どもの頃は酸っぱくてあんま好きじゃなかった酢の物ですが、大人になると「その酸味がいいんじゃん」なんて思うようになり、好みが変わった食べ物・酢の物。
ちゃんと作ろうと思うと酢に砂糖混ぜて醤油混ぜて…とかやらんといかんのでチョイ手間だな…とか思ってたんですが、そこを時短で『寿司酢』という便利なもんが売ってるのを発見。
寿司酢使うと超カンタンですよ〜?
きゅうりスライスしてワカメ切って、寿司酢と醤油、それに胡麻入れて混ぜちゃえばもう完成。

18021301.jpg
どーんと酢の物。

ホントはタコとか入れたかったんですがチョイ高かったんでカニカマ入れてますw
きゅうり一本でタッパーにこのくらいの量になりまして、だいたい2回分くらいの分量になるんですよねー。
お酢なので日持ちもするし、数日内にもう一回食べることを考えて一回分をタッパーで保存しとくと非常に便利。
次の副菜考えなくていいしね。
ただタッパーのまま食べるのもなんだなーということで、100均でこんなものを買ってきてみました。

18021302.jpg
小鉢!!

小鉢に入れると山盛りに見えますね…w
今後は2回じゃなくて3回に分けて食べてもいいかもしれませんね〜。


お酢なんで体にもいいだろうし日持ちもするし簡単だし、酢の物、オススメです☆
ごはん |

要は素材だよね

あと半月もしたらアレがやってくるんですよね……確定申告。


我々のような業種は会社に属してるわけではない(一応事務所には入ってますが契約社員みたいなもんだと思ってください)ので会社が勝手に納税してくれるような仕組みはなく。
毎年自分でやんないといけないんですよねー、はーめんどくさい。
でもやんないと…源泉徴収で持ってかれすぎてる分そのままになっちゃうし……この辺の仕組みもっと楽になんないもんですかね?
面倒の手間を省くために数年前から税理士さんにお願いするようにはなったものの、領収書まとめたりするのはこっちでやらねばならず、やる前から憂鬱な気持ちでいっぱいです…

とそんな確定申告に付随しまして、昨年税理士さんからアドバイスをされたのでした。
曰く「ふるさと納税いいですよ」と。

テレビなんかでも最近よくCMやってますが、任意の地方自治体に『ふるさと納税』というかたちで寄付金を送ると、土地土地の名産品だったりなんだったりを返礼品として送ってきてくれる、というもの。
仕組みはよくわかりませんがなんかコレやったほうが節税にはなるんだそうで…よくわかんないけど得するならやってもいいかな、と昨年末にテキトーに選んでふるさと納税をしてみたんですが、早速返礼品が届きました。

どことは言いませんが海沿いの海産物が特徴の地域にしたところその街で捕れたであろう様々な海産物が冷凍されて我が家に到着。
ホタテ、エビ、カニ、イクラなどなど…そこらのスーパーじゃ手に入らなさそうなしっかりしたのがわんさと送られてきて冷凍庫はパンパン状態に。
すこ~しずつ食べて行こう、などと思ってるんですが、その中でコレは一発やっとこう!と思ってたのがあるので早速実行。

寝る前に冷凍庫から冷蔵庫に移し、ゆっくりと自然解凍。
起きたら米を研ぎ炊飯、炊き上がったごはんを器に盛り、自然解凍したそれをそのままご飯にライドオーン。

18020201.jpg
イクラ丼!!

酢飯にしたりなんか混ぜたりもせず、ただアツアツのごはんの上に乗っけただけですが……食ったら超美味いでやんのw
既に醤油漬けにされた状態のいくらが冷凍されて送られて来たんですが、いくらの塩気とほのかな醤油の味があるのでただの炊きたてご飯で十分すぎるほど美味い。
いくら自体も粒がしっかりいしてて、噛んだときの「プチっ」と潰れる感じも非常に楽しい。
普段寿司屋とかでもあんまり頼まないんですが…コレだったら毎回食べたくなる!って味でした。
やっぱモノが良いと美味いんだなー。


ふるさと納税侮りがたし…別に毎年同じとこにしなきゃいけない決まりもないようなので、今年は今年でまた違うところとかにしてみて、各地の美味しいものを食べるってのもいいかもしれませんねー♪
ごはん |

発見!懐かしの…

それはある日のこと。

よく飲むメンバーで久しぶりに行くお店で飲んだ時の出来事。


記憶力がいいのかなんなのか、当時の話になった時にある1人が「そういやさ…」と話を始めました。
その店の同じ座卓でバカ騒ぎしたこと。
どんな話をした、あんなことあった…その中に「当時の期間限定メニュー」の話がありました。

それは異国の料理で名前も初めて聞くようなもの。
あーあったねーそんな料理wなんて言いながら会は進んだんですが、その名を思い出してまた気になっちゃったんですよね〜。

え?その料理の名前?聞きます?


アヒポキですw


だーいぶ前にうちのブログでも取り上げたことあるんで聞き覚えのある方もいらっしゃるでしょうが、知らない人からしたらモーレツに気になる名前でしょ?w
そういやそんなの食べたな…そして家で作ったな…なんてことを思い出しまして、で久々に作ってみよう☆となってちょっと久々に作ってみました。


18010901.jpg
アヒポキ。

ハワイの料理で「アヒ」はマグロ、「ポキ」は切り身を意味するんだそうで、このアヒポキはマグロとアボカドをごま油なんかで和えたもの。
食べると海苔の風味も相まって意外とさっぱりしてて美味しいんですよ?
…てかあの店はなんで突然ハワイ料理なんて移設限定メニューで出してたんだろう…別に海外の料理が多く取り入れられたようなお店でもなく、普通の日本の居酒屋チェーン店だったというのにw
まぁ新しい料理に出会えたからいいんですけど。


難点はマグロもアボカドもまぁまぁ高いのでリーズナブルじゃない点ですかねw
人が来る時とかに作って出すと話題にもなっていいかな、て感じですかね。

「いらっしゃーい、食べて食べて〜」
「ありがとー!どれも美味しそーう……ってコレなに?」
「どれ?」
「このマグロとアボカドのやつ」
「ああ…それハワイの料理でさ」
「ハワイの?名前は?」
「アヒポキ」
『ア ヒ ポ キ !?』


ってなりますよねー絶対w
是非お試しくださいw
ごはん |

ゆく食くる食

ここ数年は人んちで年越ししたり我が家に人を招いて年越ししたりと誰かと年を越すことが多かったんですが、今年(ホントは昨年末だけど面倒なんで今年でいきますw)は誰からも誘いがなかったので久々に一人で大晦日を過ごすことに。

年末あれだけ毎日のように誰かと飲んでたのにね…やはり大晦日という日はトクベツな人いうことかw


一人なんで別になんもしなくてもいっかなーとも思ったんですが、やっぱせっかくの年に一度の一年最後の日なんでなんかトクベツなもん作ろっかなーと思い、今年もアレをやることにしました。

18010301.jpg
ローストビーフ!!

過去のブログ遡ってみるとここ数年は年末か年始に必ずといっていいほどローストビーフ作ってましたね…やっぱトクベツ感あっていいもんね♪
肉の方の調理方法はいつもと同じく下味をつけた肉をフライパンで表面を焼いた後、ジップロックにぶち込んでお湯を入れた炊飯器の中へ。
蓋を閉じて保温にして40分ほど放置して切れば出来上がり。
そして今年はソースの方は味付けをちょいと変更。
肉を焼いたフライパンにしょう油、料理酒、みりん、バルサミコ酢、水、そしてすりおろしたタマネギを入れて水分が飛ぶまで加熱。
それを冷ましたものをお肉にかけてます。
いろいろレシピ調べてた時に「バルサミコ酢なんて家にねぇよ」と思ったんですが、さらにバルサミコ酢で検索したところ「お酢とウスターソースを1:1で混ぜればバルサミコ酢とほぼほぼ一緒」という衝撃情報を手に入れたんでバルサミコ酢は厳密には使ってませんw
でも美味しいソースに仕上がりましたよー。

18010302.jpg
見てよこのインスタ映え感w

油もあんま使わないしヘルシーな感じがしていいねー、ローストビーフ。
気づかない間に毎年の定番になるわけだ…年末は遅い時間にもう一食食べなきゃなものもありますしね。

ということで年越しといえばの!

18010303.jpg
年越し蕎麦!

今年もスーパーでえびの天ぷら買ってきて乗っけましたよ。
それだけでちょっと豪華に見えるからいいですよねー♪
みりん入れすぎて想定より甘めの味付けになっちゃってたのは内緒☆w

そして深めの時間まで飲んでテレビ見て過ごして翌朝。
前日から仕込んでおいたアレを朝食にいただきます。

18010304.jpg
お雑煮!!

なんだかんだ毎年ちゃんと作るようになりましたねーお雑煮。
子供の頃から雑煮って好きだったんですよね、特につゆが。
味付け的にはしょう油、料理酒、みりんだから年越しそばのつゆと変わんないんだけど違って感じるのは鶏肉のおかげなんでしょうねー。
ちなみにお餅は2個ね。
大量に作っておいたのでしばらくは朝食がお雑煮に固定ですw


と年末年始はずーっとキッチンに立ってメシ作ってたって話でした☆
自炊が美味いって最高だね!!w
ごはん |
| ホーム |次のページ>>