マジP!

間島淳司の日常をプロデュース!!

隣の宇宙からこんにちは。

先日。


事務所に台本取りに行くだけしか用事がない日がありまして、ダイエットがてら歩きつつとはいえただそれだけのために街に出るのもなー、なんて気分になり。
なんかやることないか…まだ買ってないおもちゃとか…誰かと遊ぶ約束するとか…といろいろ考えた結果「映画はどうだ」と思い至り、今ちょうど見たい映画とかないかなーと上映スケジュールを検索。
良いのが見つかってちょうどいい時間だったらいいな〜、なんて軽い気持ちで検索をかけたら映画のタイトルのところに『宇宙戦隊キュウレンジャーVSスペース・スクワッド』の文字が。

…忘れてたw

という奇跡的な気づき方で観に行ってきましたよ、というお話。
気をつけて書くけど例によってネタバレがお嫌いな方は見終わってから読んでね☆






昨年の同じ時期にやってた1作目同様、今作も8月にVシネとして発売される作品を先行上映という形で劇場で流している今作。
そんなんねぇ…おっきいスクリーンで見られるなら観に行きたいに決まってんじゃんねぇ…?w
ただ前回は出演していた稲田さんから少しだけ情報を教えていただいていて(その結果期待値めっちゃ高まった)、事前にどんな話なのかちょっぴり理解した状態で行ったのに対し、今回はスーパーヒーロータイムのCMでチラッと見ただけ。
なんかキュウレンジャーが出てきてハミィが裏切る?くらいのことしかわかんない状態。
しかも普段CMカットして飛ばして見ちゃうから「お、またスペース・スクワッドやるんだ」と数回さらっと見ただけでほっとんど覚えてないというw
でも逆におかげで「えええぇぇぇぇ!?」と思いながら楽しんで見ることが出来ましたよw

で感想。


思てたんと違ったw


スペース・スクワッドって宇宙のおまわりさん大集合なお話で、前作でギャバンがスペース・スクワッドのリーダーとなり、巨悪を倒す仲間をスカウトしに行くぞ!ってとこで終わったんですが、当然続編の今作もギャバンを主軸として今回お当番のキュウレンジャーが仲間に!という展開だと思ってたんですが…全然違いました。

何が違うって?これキュウレンジャーの映画なんですよw

基本設定は上に書いたとおりだしギャバンがシシレッドを勧誘する、という展開はたしかにあるので合ってるっちゃ合ってるんですけど、話の主軸がおもいっきりキュウレンジャーなのw
そもそもキュウレンジャーの世界って、倒したことで今は平和になってるもののかつては宇宙全体をドン・アルマゲが支配していた、こちらの世界とは違うパラレルワールド。
ギャバンはこちらの宇宙にいる、ということはキュウレンジャーのTVシリーズでゲスト出演した際にも描かれているので、キュウレンジャーを出すということは向こうの宇宙から彼らがやってくるか、ギャバンたちが向こうに行かないことには話が進まないのです。
そこで今回採った作戦が「宇宙を超える能力を持った敵を出す」というもの。
忍者であるハミィを主軸に据えることで「忍法」というギミックを使い、ジライヤに出てきた敵・宇宙忍デモストを今作のボスにして宇宙を忍法で超えてるんだよー、という設定に。
…宇宙忍法やべぇなw
そして現時点で宇宙を超える方法(ワームホールみたいなの作るって感じです)を持たない宇宙警察は、同じ忍者であるジライヤに宇宙を超える方法を探してもらう、という作戦。

とここまではこちらの宇宙のお話なんですが、デモストが向こうの宇宙に行ってしまったため捕まえるには向こうの宇宙に行かなきゃいけないわけで。
つまりお話の大部分はあちら側の宇宙…すなわちキュウレンジャーサイドのお話なわけです。
ちなみにキュウレンジャーサイドのお話は、ドン・アルマゲを倒して数年後、平和になった世界で今後の生活を豊かにするために作ったはずのネオキュータマを盗まれた!防犯カメラ見たら写ってたのは…ハミィ!?という展開。
ギャバンサイドの話とまっっっっっったく関係ない事件から話が動き出しますw
まぁ最終的にはひとつのお話になるんで「上手いなー」ってとこでもあるんですが。
ちなみにVシネということで若干大人向けにも作れるため、今回の事件解決のためにはいくつか謎解き的要素が入っています。
「何故わかった!?」的なシーンですね。
その謎解きの解決方法が超斬新です…「そ…それで解決するのー!?」みたいなw
警察だけに、まさにいぬのおまわりさん、ってとこでしょうかw
気になる方は劇場か8月発売のVシネをお買い上げくださいw

そしてスペース・スクワッドといえば作品の垣根を超えたゲストが魅力。
今回の敵・宇宙人デモストは『世界忍者戦ジライヤ』に登場する敵キャラクター。
前述の通り当然ジライヤも出演。
…味方チームのゲストはジライヤだけですかね?w
あとは敵ばっかなんですがこの敵のゲストが超豪華!
『獣拳戦隊ゲキレンジャー』からメレ、『侍戦隊シンケンジャー』から腑破十臓、『海賊戦隊ゴーカイジャー』からバスコ・タ・ジョロキア、『特命戦隊ゴーバスターズ』からエスケイプの4人!
当然全員当時演じてらっしゃったオリジナルキャスト!!
もうこの4人のために映画館行ってもいい、ってくらいスーパー戦隊好きからしたらたまらんキャストですよねー。
またこのキャラの立った悪役ばっか出してきてね…敵の方でドリームチーム組むのどうなのよ?最高かよw

さらに監督が今回も坂本さんだから生身のアクション多め!!超見ごたえアリ!!
上のゲストの4人ももちろんですが、それと戦うキュウレンジャーも非常に生身のアクション多めでカッコよかったー!
ただ相変わらず生身のアクションが多すぎるくらい詰め込んでるので、途中から「…なんで変身して戦わないんだろう…?」という疑問はちょっと頭をよぎりますw
でもカッコいいからンなこたぁどうでもいいんだよ!!w

あと今回は、2名ほど超羨ましい人がいました…
まず1人目。今回ジライヤが登場する、というのはすでに書いてますが、ジライヤだけは当時演じた役者さんではなくガワのみ出演。
セリフがあるので今回は声優さんが演じています。
演じてるのは赤羽根健治くん。
…羨ましいw
そして2人目。
今回の敵・宇宙人デモストも変身解除的なシーンはないので声優さんが声を担当。
演じてるのは…日野聡。

言ってよ!!w


事前に情報得ずに見に行ってデモストの声聞いて「どっかで聞いたことあるな…」「あれ?コレ日野くんじゃね?」と途中で気づく僕w
やー、良い仕事してましたよ二人共w


まだまだ続編やるぞ!的な終わり方してたんできっとまた来年第三弾のスペース・スクワッドがやるはず!
その時まで楽しみにしつつ!前作・今作を楽しみ尽くすぞー!!←先行販売のBlue-ray買ってきたw

スポンサーサイト
映画 |

俺ちゃん復活♡

遅ればせながら見てきましたよ!


18061501.jpg
DEADPOOL 2!!

公開したの月頭だった気がするんで2週間くらい遅れましたが…なんとか時間を見つけて観てきました!もちろん吹き替えで!!(だからタイミングが合わなかったのですw)

デッドプール…デップーちゃんは1から好きで、そもそもなんで好きになったかといえば公開前の遊んでた時に斎賀さんから激烈オススメされたから。
その場でPV(英語しかしゃべってなかった気がするんでたぶん海外の)を見せられ、とても正義のヒーローとは思えないすぱすぱ人を殺す姿とこちら側を見て話してくる「第四の壁」という設定、そしてなんだか憎めないキャラクターにもうメロメロw
映画見に行ってR-15なんでまぁまぁグロい展開もあるもののそれでも大好きな作品になったんですよねー。

それの第二作目、ということで。

例によって事前情報はまったく仕入れずCMで時折流れる程度の情報量で映画館へGo。
CMでわかってたことっつったら
・今回は仲間を求人募集して増やす
・増える仲間の能力が意外としょぼい
・でも吹き替えは豪華にアベンジャーズの人たち

といったところで話の根っこに関わるところは何一つわかっていない状態w
でも逆にそれで行ったからこそ、デッドプールの良さみたいなところがより味わえたような気がしますね…以下感想。

公開2週間とか経ってますけど一応ネタバレに注意しつつ大事なところには触れないようにしますが気になる人は見ないよーにw







もう冒頭から衝撃でしたねー、なにやら廃墟っぽく荒れてる室内でタバコを吸いくつろぐデップーちゃん。
室内にはいくら廃墟風でもどうみても似つかわしくないドラム缶が5、6個並べてあり、最後デップーがその上でゴロン、と横に。
…もうこの時点で予測が出来ましたよね…デッドプールはミュータント能力のせいで死ねない体を手に入れてるヒーロー。
そして彼はムチャクチャな人。

ずどーん!!!!!!

爆風に乗ってちぎれ吹き飛んだ体がひょいひょいとカメラにin。
最後は首が飛んできてそのまんましゃべるという、開始1分でR-15展開をキメてくれましたw
その後も趣味の悪いオルゴールが出てきたり、いたるところに小ネタを挟みつつ我々を楽しませてくれる…んですが、実はこの冒頭のシーンも伏線。
ベースになる重い重ーい物語へとつながっていようとは…デッドプールってムチャクチャでハチャメチャなところが目立ってますけど、毎回テーマはしっかりしてるんですよねー実は。
1も自分をこんな体にしたヤツへの復讐劇だったし。
2でも同様にポップの奥に潜むテーマがきちんとありました……それもド序盤でデップー本人が言ってるんですよね、『今回は家族の話だ』って。
今作は本当にこの一言に尽きますね…まさにそう、家族の話。家族と愛の話。
最後まで見て深くにも感動で泣きそうになるくらいいい話でした……すげー人死ぬけどw

家族、ということで今回新しくデップーに仲間ができる、という話をCMで見たって言いましたよね?
仲間もある意味ファミリー、家族なわけですが、この仲間になる能力者たちがすごいんですよね…求人見て来てるからまぁしゃあないっちゃしゃあないんでしょうけど。
磁場を操るとか自称宇宙人とか強酸性のゲロが吐けるとか透明人間とか運がいいとか普通のオッサンとかw
序盤「お?まぁイケるのか!?」と思わせといて最終的には普通のオッサンですからね…求人だからしょうがないんですけどw
ただこの仲間たちもすげー意外な結末を迎えます…そして最強の能力とは『運がいい』ということである、ということがこの映画で判明しますw
この辺のキャラクターたちの使い方も実にデッドプールらしくてよかったですねー。
あとゲストキャラでブラック・トムとジャガーノートというミュータントも登場するんですがこの辺の使い方も…ね。
二人ともX-MENに登場するヴィラン(敵役)らしいんですが「デッドプールに出てくるとこういう目に遭うのね」というような扱いを受けてます。
正直かわいそうですw

お話がいい、という話もしましたが、ホント途中途中で挿入されるデップーのイメージシーンみたいなのがとっても意味深で神秘的で重要で。
最後にはなんとなく解決するんですが、このシーンが意外と重要になってきててグッと来るんですよね…!!
そして最後、作中でも口にしますが「初めてイイコトした」シーン。
たぶんあのシーン見た人はみんな心打たれてデッドプールのイメージ変わるんじゃないでしょうか。
そのくらいいいシーン。マーベル映画の中でもトップクラスの”いい話”かもしれません。

あとちょっとしたサービスショットで別作品のあの人たちもチラッと登場したり。
僕はあまり詳しくない世界のお話なんでちょっとそっちも勉強しよっかなー、なんて気になりましたねー。
グロイの苦手じゃなければ是非見てほしい映画だと思いました。

映画 |

飛ばしてたアイツをようやく見る

『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』を見る前。


先に見たという知人から「見るなら『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』を見ておいたほうが良い」ということを言われていました。

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』は2作公開されてるんですが1作目しか見ておらず、2作目の方も手元にないことが判明したので急ぎ購入、インフィニティ・ウォーを観終わった後ではありましたがようやっと見ることが出来ました。

ということで以下感想。
ネタバレ…もなにも昨年後悔の映画にない気はしますが一応気ィ遣って書いてみようと思いますw



そもそも『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』を1作目しか観ていなかった理由が「なんかヒーローっぽくない」からだったんですよねw
他のマーベル作品って『アイアンマン』だったり『キャプテン・アメリカ』だったり、一人のヒーローが看板背負ってるじゃないですか?
なのにコレはチーム名。
アメコミをよく知らなかったのもありますけど、予告を見た時に「なんでアライグマやねん」と思ったのを覚えています…w
あと宇宙人がいっぱい出てくる関係でキャラクターの見た目がハデハデで…髪の色くらいだったらまだしも肌の色から緑だ青だと馴染みのない色であまり惹かれなかったのもあり、劇場に見に行かなかったんですよね。
ただ後日『アベンジャーズに出てくるインフィニティ・ストーンが出てきてるから観た方がいい』的なことを言われ、その頃にはもう公開は終わってたんでパッケージを購入して観たんですよね。

…そしたら観てもそんな刺さんないでやんのw

一応インフィニティ・ストーンが出てたのは覚えてるし、ガーディアンズが戦ってたのは覚えてるんですけど…やっぱりヒーローっぽさがなくて。
ノリが軽くて騙したりってことも平気でやったりするような集団なんですよ、だって。
そもそもリーダーのクイルがトレジャーハンターで、どうしてもお宝中心のお話になってっちゃうんですよねー。
その辺もあり、マーベル映画をヒーロー作品だと思ってる僕からすると刺さらなかったんですよね。
てか2を見ようと思ってその前にどんな話だったか確認しようとウィキペディアでストーリー見たら全然覚えてなかったですもんね…どんだけ印象ないんだとw
が周りから『2はおもしろい』って聞いてたんです。
で興味持ったのもあったんですが…やっぱ一作目が刺さってないとなかなか重い腰が上がらず、今回のインフィニティ・ウォーで知らないキャラクターバンバン出てきて「…誰?」ってなったことでようやく見る気になったわけですねw

というような経緯でかなりマイナスからのスタートだったんですが、いやーみんなが言ってた通り2はおもしろかった!

何が良いってまずガーディアンズのチームワークね。
1作目の時は最初は敵として出てきて途中で仲間になる、みたいな展開で、タイトルでもある『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』というチームにはなりきれてない状態だったんですよね。
というか1のラスト、敵を倒したことでチームとして動き出す、みたいな話なんで実質はじめましてなわけです。
が2は最初っからチームになってて、噛み合ってるようで噛み合ってない、他の映画にはない独特のチーム感というかコメディ感がこの映画の味になって表現されてて非常に見やすかったです。
なんつーの?認めあってるんだけど憎まれ口叩き合う、みたいな…こう…どこか子供じみたやり取りの中に「ふふ…可愛い集団」と思えちゃう何かを感じるというか。
あと可愛いといえばベビー・グルート。
前作では大きい状態のグルートで出てたんですが、樹木型ヒューマノイドのグルートは前作ラストで仲間を守るために犠牲になり、まぁなんやかんやで復活した結果苗木みたいなことになり、今ちっちゃい状態のベビー・グルートになってしまったんですね。
このちっちゃい感じがたまらなく可愛い…まぁストーリー上この「ちっちゃくなった」ってことが生きてくる展開にもなってるんですが。
グルートは前作からずっと「私はグルート」しかしゃべれないんですが、翻訳上今回は「僕はグルート」とちょっと可愛い言い回しになってるのも可愛かったり。
あとみんながグルート気にかけてるのもたまらないw

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーは主人公・クイルが半分地球人で、結構作中に洋楽が流れるんですよね。
そのへんもありリズムというかテンポというか、見やすい感じになってるのも特徴の一つ。
戦闘中にも曲をかけたり、とにかく音楽が近くにある作品。
ノリのいい曲が多いのもあって会話もテンポが良くて、他作品に比べてコメディっぽい部分の比率が大きいのもあります。
グルートにモノを頼むと必ず間違えて覚えたり、敵の考えた名前がダサくて爆笑するくだりがあったり。
トボケたシーンが多く肩肘張らずに見られるのも見やすいな、と感じた理由かもしれません。
ただそれだけじゃなく今回はクイルのお父さんのお話だったり、意外とシリアスな要素もストーリー的には介入してくるんですよね。
あと前作で出てきた敵がとっても良いキャラクターになって出てきます。
知らずに見てて「あぁまたロクなことしねえんだろうな敵だし」なんて思ってたらすげー良いキャラでちょっと感動したレベル。
チーム感だったり親子のお話だったりと、今作はいたるところに”愛”がテーマとして散りばめられててそれもよかったなーと思った理由なのかも知れません。

あとコレは個人的な話なんですが、現在放送中の『仮面ライダービルド』の敵・ブラッドスタークの声を担当してらっしゃる金尾哲夫さんのお声がすげー好きなんですよ。
初めてお会いしたのは『棺姫のチャイカ』って作品だったんですが、その時から渋くて良い声で芝居上手で御本人も良い方で好きだなーと思ってたんですが、その金尾さんがライダーに出てる!つってテンション上がったくらいなんですが。
今回映画を吹き替えで見てたらその金尾さんの声が流れてきて!ぅおぉ!!ってなったんですよね。
まぁそもそも劇団昴で吹き替えが多い方だからむしろこっちが本業なんでしょうけどw


と個人的な好みも満たされたしお話の終わり方もとっても綺麗だったのですごく楽しめました!
何故もっと早く見なかったのか…いやまぁなにもいうまいw

とりあえず1作目全然覚えてなかったので改めて1を見てみようと思いまーす。

映画 |

最強の、終わりへ。

ゴールデンウィークのスタートにちょうどいいと思って満を持して観てきました



18050101.jpg
アベンジャーズ インフィニティ・ウォー

ネタバレ覚悟で調べたのが功を奏したのか、ど頭で「お前誰!?」ってなってた、ドクターストレンジの家の屋根裏を砕くのはシルバーサーファーではなく別の既存ヒーローでしたw

…が……今回の映画は一言で言うなら……

『意外』

この一言につきますね。


今までのアベンジャーズではなかった、トレーラー見ても想像だにしない展開が待っていました……
もうね、観終わる前、スタッフロール流れてる段階から「次は…!次のアベンジャーズはいつだ!?」という気持ちでいっぱいというか。
こんなにも先が気になる終わり方は今までないパターンです。


ということで見たら早速感想書こう!と思ってたんですがちょっと今回はどこを書いてもネタバレになってしまいそうなので書けませんw
こんな展開あるんだな…とりあえず今は「誰お前」で流し見してた原作のあらすじを改めてしっかり追いたい気分です。

映画 |

プレップ・インフィニティ!

昨日は『ツムツム』という角度で触れましたが、大作『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』が公開されましたね。


早く見たい!とは思いつつも、公開してすぐは人も多いだろうし、そもそも吹き替えで見たいんで上映してる劇場も少なくいい席で見られないどころかそもそも席取れなさそうなので「慌てなくてもアベンジャーズは逃げない」とばかりに余裕かましてるんですが、まぁ見られなくてもどんな話なのかは気になるところ。

ちなみに映画の公式サイトで公開されているトレーラームービー見てわかる範囲でいうと、今作は

・ラスボス「サノス」の目的は全宇宙の人類の数を半分にすること
・インフィニティ・ストーンってのが揃うとそれが叶う
・アベンジャーズみんなでインフィニティ・ストーンを守ろう!

といったような話であることがわかります。
…ほとんど概要しかわかりませんねw
なんでサノスはそんなことすんの!?とか、コレだけ見るとインフィニティ・ストーンがヤバそうでサノス自体の強さには触れられていません。
ぐぬぬ…もっと知りたい!けど!ネタバレも気になる!w

映画で初見で楽しむ、ってのも楽しみ方の一つですが、マーベル作品の場合原作にあたる『マーベル・コミック』というものが存在します。
アメリカで刊行されているマンガ界の一大ムーブメントで、アメリカのヒーローマンガといったらこの『マーベル・コミック』とスーパーマンやバットマンに代表される『DCコミックス』の2つが有名。
どちらも非常に長く続くシリーズで、今まで途方もない数のヒーローが誕生、活躍しているわけで、アベンジャーズの映画なんてのはもうその集大成、プリキュアの映画みたいな総登場大お祭り映画!なわけです。

…なんでプリキュアで例えたんだ僕はw

ちなみにマーベル・シネマティック・ユニバースの映画群では、原作が途方もなく多いのでお話を再構築して作られています。
わかりやすいところでいえばサム・ライミ監督が撮った『スパイダーマン』では主人公の手首からクモの糸が出るんですが、後に公開された『アメイジング・スパイダーマン』では自身が開発したウェブ・シューターと呼ばれる時計みたいな機械から糸が出る仕組みになってます。
え?どっちがホントなの???と思いたくなりますが実はコレどっちも原作のスパイダーマンで出てくる設定。
ちなみにマーベルの方の『スパイダーマン ホームカミング』ではウェブ・シューターの方が採用されてます。
設定上でもこのようなことが起きてるし、ストーリーもアベンジャーズ合わせみたいなところがあるので『ホームカミング』ではスパイダーマンの作中で普通にアイアンマンが出てきて助けてくれたりと、けっこう大胆に話が作られてるんですよねー。
なので原作を見ても基本的な展開くらいしかわからず、細かいところは複数の作品から持ってこられてたりするのでネタバレ的にはなりにくく、マーベル作品においては気にせず事前にウィキペディアとかを使って原典にあたる物語を見てから行くことが多いです。


ということで。

どうせ話だいぶ変わってんだから原典に当たる物語をウィキペディアで予習してから行こう!と思い立ち、レッツ検索♪

ウィキペディアの映画『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』のページによると、今回の作品の原作にあたるものは1990年台に刊行された『インフィニティ』シリーズ三部作の1作目『インフィニティ・ガントレット』という物語にあたる模様。
ちなみにインフィニティ・ウォーというタイトルはインフィニティシリーズの2作目のタイトルだそう。

で今度は『インフィニティ・ガントレット』のページへ。
主要キャラクターという項目があったのでまずはそこを閲覧。



主要キャラクター

・サノス
・ミストレス・デス
・アダム・ウォーロック
・ネビュラ
・テラクシア




アベンジャーズはィ!!w

てかそもそもサノス以外誰よ!?今んとこ映画には登場してないやつばっかだぞ!?
ちなみに映画公式サイトによるとネビュラのことは書かれておりまして、それによると『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』に登場したガモーラという女性の義理の妹で、2人はサノスの養女だったと記載されています。
…インフィニティ・ガントレットのページにはそんなことは書いていませんw

気を取り直して今度はストーリーに。
これでサノスが何故人類を半分にしようとしているのかがわかるかもしれません。
以下原文ママ。



第一話(1991年7月)

ドクター・ストレンジが自分の館でくつろいでいるところに突然大音響が轟く。屋根裏部屋に飛び込んだストレンジは、天井を突き破って落下してきたシルバーサーファーを発見する。




誰だてめぇw

これまた公式サイトには載っていないキャラクター・シルバーサーファーとかいうのが出てきました。
誰かはまったくわかりませんが、気になって検索してみたところヒーローではあるようで、見た目は名前の通り全身銀色のサーフボードに乗ったトゥルトゥルの見た目をしていました。まんまかよw

せめてサノスの目的くらいは…!といろいろ調べてみたら、そもそも公式サイトに『サノスの野望』という項目がありました。
そこによると「この宇宙を自身の信じる姿に変えること」とあります。
…具体性はありませんがなにやら崇高な使命を感じますね…一応『インフィニティ・ガントレット』の方でも確認。



全宇宙に存在する生命体の数が急速に伸長し、これまでに死んだ死者の数を越えた。ミストレス・デスはサノスに対し、宇宙の生命の半分を殺して均衡を回復するように命じる。



主要キャラクターにいたミストレス・デスってヤツの命令で、どうやらサノスは命を狙ってくるようです。
ちなみに映画公式サイトにはミストレス・デスの名はありませんw
ええい!じゃあサノスとデスの関係性は!?
サノスのキャラクター説明のところに記載がありました。



ミストレス・デスを愛しており、本編開始以前からその愛を勝ち取るためにパワーの探求を行っていた。



好きなんかいw

どうやら地球は…とんでもないことに巻き込まれたようですw


と原典とはだいぶ違うということがわかったのでこのあたりで調べるのを中止しようと思いますw
映画見てからもう一回見るとまた違って見えるんですかね…?そこも含めて近日中に劇場に足を運ぼうと思います!

映画 |
| ホーム |次のページ>>