FC2ブログ

マジP!

間島淳司の日常をプロデュース!!

たまたま信二とガチガチ信二

さぁ、今年もこの時期がやってまいりました『M-1グランプリ2018』!!


年に一度の漫才の祭典、結成15年までの芸人さんたちがしのぎを削る笑いの関ヶ原!!
年にいくつかのこういった大会がありますがその中でも特に楽しみにしている大会ですがこのM-1だったりします。
なんだかんだしゃべくりで笑いを取るスタイルが好きなんでしょうな…w
今年も例に漏れずとても楽しみにしていたのですが、放送日が鈴木区の千秋楽にぶつかり、且つ打ち上げで朝まで騒いでいたのもあり翌日は無事死亡。
使い物にならない一日を過ごしてしまったので二日後に見るという事態に相成りましたw

ではまずは今年の出場者を振り返りましょう。

・かまいたち
・ギャロップ
・霜降り明星
・ジャルジャル
・スーパーマラドーナ
・トム・ブラウン
・ミキ(敗者復活)
・見取り図
・ゆにばーす
・和牛


以上10組。書いた順番は50音順でネタの出番順でも最終順位でもありません。

前評判だと誰が優勝しそうだ、みたいなのは綺麗に分散してたみたいな噂を聞きました。
初見の印象ではスーパーマラドーナ、和牛、かまいたちあたりなのかなー?という感じ。
ジャルジャルもおもしろいんですが独特なんですよね…漫才の大会であのスタイルがNo.1になってもいいのか、という気持ちが若干あるので優勝『候補』ではあるけど優勝は難しいのかな、みたいな気持ち。
個人的にはジャルジャルは笑い飯みたいな枠で、優勝するにしてもギリギリの年になるのかなー、みたいな。
…なんて思ってたら今年が15年目でラストイヤーだったようで。
じゃあ優勝候補だわ…w
まぁラストイヤーだから加点、とかはないのであまり関係ないのかもしれませんが、最後の年となると芸人さんたちもかける気合が違いますからねー、そのへんがネタの勢いとかに反映されることはありますしね。
がジャルジャルだけでなく今年はスーパーマラドーナ、ギャロップもラストイヤーだったそうで。
知れば知るほど今年は白熱した戦いになりそうだなーと感じます。

さてこっから感想。まずは最終決戦を除いたファーストラウンドから。

前評判の通り非常にレベルの高いコンビが出揃ってるなーという印象。
ギャロップ、トム・ブラウン、見取り図あたりは見たことはある気がするけどどんなネタやるのかは覚えてなかったんですが、さすが決勝に進むだけの実力はあるなーって感じがしました。
どんなネタやるか知ってるコンビは言わずもがな。
ただ今年は上手さが目立って熱を感じない大会だったようにも感じました。
毎年思うんですが、優勝するコンビってネタ見た瞬間「これはこのコンビが勝つなー!」と感じる熱量というか勢いみたいなものを感じるんですよねー、アンタッチャブルとかブラマヨとかNON STYLEとか。
だからこそ先述のラストイヤー枠とか逆に初出場枠とかが特に強い意気込みで出てくる可能性があるんで予想が難しいんですよね。
特にそれを感じたのはギャロップ。
見てて上手いし面白いんだけど爆発力に欠けるように感じ、さながらいつもの通りいつもの劇場で普通にネタをやってるかのような。
良くいえば落ち着きがあり、悪くいえば気迫に欠けるというか。
審査員のどなたかが言ってた「TVサイズのネタじゃなかった」というのがまさに、って感じなんでしょうねーおもしろかっただけに少し残念でもありました。

そして今年は例年とは少し趣向を変えまして…ネタを見ながらリアルタイムで僕も審査員と同じく得点をつけてみよう!と思い、審査員が得点を付けている間に「んー…○点!!」などと言いながらメモを取ってみたのでここで晒してみたいと思いますw
こちらは得点順ではなくネタ順で発表。

・見取り図         83点
・スーパーマラドーナ    86点
・かまいたち        92点
・ジャルジャル       94点
・ギャロップ        86点
・ゆにばーす        87点
・ミキ           90点
・トム・ブラウン      62点
・霜降り明星        95点
・和牛           97点


採点方法は普通に「おもしろかったー」と感じたとしたらそこを85点とし、予想してたよりおもしろかったりこの展開は予想してなかったwwwってなったら加点、逆なら原点といった感じで採点。
実際の順位とは前後するところはあるものの、見てた印象としてはダウンタウンの松本さんとあまり変わらない点数をつけてるなー、ってのがやってておもしろかったですね。
得点を見ると順位に若干の差はあるもののファイナルに進む上位3組はピタリと当たってますし。
唯一大きく外したのはトム・ブラウン。
けっこう攻めたネタだったのにネタの冒頭で頭をすげー強く叩く瞬間があり、見ててちょっと引いちゃいまして…その後の展開にまるで入り込めずこのような点数に。
まさに「ツカミで掴まれなかった」状態。
が審査員の皆さんは軒並み評価が高かったので、この辺が笑いのプロと素人の違いなのかなーというのを一番感じました…笑いってムツカシイ。

そしてファイナルラウンド。
どのネタもおもしろかった…さすがの実力といった貫禄みたいなものを感じましたね〜。
個人的になんですがジャルジャルのネタだけどっかで見たことがあったのが残念でした…大事な大会だからどっかでやって評判の良かったネタで勝負したい、って思いが強かったんでしょうけど、たぶん僕が見た記憶あるってことはなんかのテレビ番組でやってたんだと思うんですよね…
できれば劇場でしかやってない、自信のネタで勝負してほしかったな、と。違ってたらジャルジャルさんごめんなさいw
なので僕の中では和牛か霜降り明星の2択だったんですがホントに二組ともおもしろかった…が非常に僅差と好みの差で僕は和牛が優勝すると思ったんですが、審査員の投票の結果は1票差で霜降り明星の優勝。
まぁこれに関しては好みだし、和牛はストーリーがしっかりした漫才、霜降り明星はボケがとにかく多いスタイルの漫才で、役者の目線がどうしても入ってきてしまう僕の好みは和牛だったんだなーと納得の結果かなと。


予想もして新しい楽しみも見出しつつ非常に楽しめた楽しい大会でした♪

スポンサーサイト
テレビ |

滅びの美学。

特に話題には挙げませんが好きな番組の一つに『ワイドナショー』があります。


ダウンタウン松本人志さんを中心に、普段ワイドショーに取り上げられる側であるタレントさんたちがニュースを取り上げご自身の意見を言っていく番組。
通常のワイドショーとかだとニュース自体の内容をしっかり伝えて、それから評論家なり専門家なりがお話をしますが、番組の性質上ニュースからあまりかけ離れたことを言ったりはしないのが普通。
その点ワイドナショーの場合はお笑い芸人さんだったりタレントさんの中の知識人の方がコメントを言うので比喩表現がおもしろかったりするんですよねー。
そんな中、興味深い話があったので今日はそれをご紹介しようかと思います。


その発言をしたのは武田鉄矢さん。
前にもおんなじよーな流れで武田さんが興味深いこと言ってたっつってブログにしてるんで僕は武田さんのお話とか考え方が好きなんだなーという事実にも気付かされましたがw

それは駅伝でラスト200mを四つん這いになってまでゴールしたという人のニュースから。
どうやらその選手はスネのところの骨を骨折してたからそんな状態になってしまったんだそうですが、ニュース的にはこれは美談なのか美談じゃないのかとか、選手生命とかを考えると止めるべきだったとか、そもそもその権限を持つのは誰なのかとかそういったところが話題。
そこに皆さんの私見が入り込んでいくというかたちでお話は展開してたんですが…「日本人は逆境に立つ人間を見ると美談にしがち」みたいな話に。
まぁ確かに判官贔屓なんて言葉もあるくらいだし、昔っから日本人って弱い方を応援したがったりするんだなー、そういや僕も死ぬのがわかってる絶望的状況なのに仲間に「ここは俺に任せて先に行け!」と笑って言ってのけるシーンとか見ると感動してすぐ泣いちゃうな〜とか思いながら聞いてたんですが、これを受けて武田さんが面白い持論をおっしゃいました。

曰く「日本人は勝てそうなときには『侍』って付けない」。

スポーツなんかがわかりやすい例ですが、実力が高く勝てる見込みが高いスポーツには付けないのに、勝てないのが普通で良くて4位入賞、くらいのときには侍って付けるんですって。
言われてみれば…具体的な例は避けますが『侍◯◯』って言われてるスポーツって日本があまり強くない気がしますよね。
別に意識してそう仕向けてることはないはずなのに、何故かそうなってる…日本人の中にあるなにかがそうさせるんだなーと。

考えてみりゃ日本人って桜を見ても「花は散るからこそ美しい」とか言うし、盛者必衰なんて言葉もあるし、滅びることにに対して美学を感じるとこありますよね。
最近なんて『終活』ブームですよだって。
それに対しても武田さんは「憐れ(あはれ)」に小さい「っ」を付けることで日本人は『あっぱれ(天晴)』という言葉を作った、というようなお話もされてました。
実際そのようにして出来た言葉かどうかは番組内では特に掘り下げられなかったんで真実かどうかは僕にはわかりませんが、こういうね…言葉遊びのような感覚って昔っから好きなんですよね…言霊がどうとかそういう系。
子供の頃からそうなんで、もしかしたらそれが高じて今の仕事を目指したのかもしれませんね…いや違うなただアニメ好きなオタクだったからだなw


ただ言葉遊びって、行き過ぎるとダジャレばっか言うおじさんとかになりそうなんで気をつけたいと思いますw

テレビ |

11回目のコント王

さぁ、今年もやってきましたこの時期が!


『キングオブコント2018』!!


特撮やエロに隠れた僕の趣味・お笑い!w
毎年このあたりからキングオブコント、THE MANZAI、M-1、そしてR-1と賞レースがあるので秋〜冬は楽しいですね〜。

今年の出場者は
・やさしいズ
・マヂカルラブリー
・ハナコ
・さらば青春の光
・だーりんず
・チョコレートプラネット
・GAG
・わらふじなるお
・ロビンフット
・ザ・ギース(ネタ披露順)

常連の人も多いけど知らない人も多い中、まぁこの中なら…チョコレートプラネットかさらば青春の光、あるいはザ・ギースあたりが来るかな〜?なんて予想をしつつ、頭っから見てみましたが…今年は設定が凝ってるネタが多かった印象。
コントのネタって日常的なところからどれだけ抜け出せるか、みたいなところもあるかと思うんですけど、そういう意味では今年はとてもよかったように思います、特に名前聞いたことなかったはじめましての人たち。
中でも爆発力があったのはやっぱりハナコですかねー?
日常的なペットとのやりとりを、犬を擬人化することで面白くする、という手法はなかなかに斬新だなーと感じました。
共感しやすかったのも評価が高かった理由なんですかね?
ただどのネタも決勝進出してるだけあっておもしろかった…!
やさしいズは出場順で若干損した感ありましたけどね…もっと評価されてもよかった。

あと面白かったのはコンビニよってネタに個性が出てたとこですかねー?
マヂカルラブリーとかさらば青春の光とかチョコレートプラネットとか、一度ネタを見たことがある人たちのネタはいかにもその人たちらしさが出てるのも印象的。
知ってるしパターンもわかってるからそう思うはずなのにちゃんと面白く仕上がってるのすごいなーと思います。

ネタバレとかもあるんで結果に関しては伏せますが、ファイナルステージに上がった3組は納得の3組。
ただファーストステージおもしろかったコンビがファイナルステージでちょっともったいないネタ選びをしたな…というコンビがいてちょっと残念でしたねー。
ネタの順番を変えてたら、という話でもないんでどうこう言っても仕方ありませんが、ファーストの出来が良いとどうしてもファイナルでももっと…と欲が出てしまいますねー。
個人的にはファイナルステージよりもファーストステージのほうがおもしろかったかもしれませんね、どのコンビも。


結果の話はさておきまして、今回好きだったネタはチョコレートプラネットとザ・ギースの二組。
どちらももともと知ってたコンビなので先述の通り二組ともらしさの乗るネタ運びなのに「そう来るか…」という驚きもあるいいネタでした。
ただどのコンビのネタもホントに面白かったんで、今年は見た人それぞれでお気に入りのネタは変わってくるのかなーという良い大会でした。



やっぱお笑いって、良い!!
テレビ |

一周回ってこんにちは

今朝の『ワイドナショー』見てたら、今若者の間で「おじコーデ」ってのが流行ってるそうで。


おじさんが着てるようなパッと見ダサい感じの服装をあえてすることでそれが逆にオシャレ、みたいなことらしいんですが、それで今ウェストポーチとかちょっとデカめに見える靴とかシャツinして着るのが流行ってるんだとか。
よくファションの流行は回る、なんて話を耳にしますがまさしくそんな感じだなーと思うと同時に、スタジオ内にいる30歳以上の人々は一様に「いや…これはダメでしょ…」みたいなリアクション。
僕も…ダメだと思いました…けど…それが一周回ってオシャレ、みたいなことなわけでしょ?すごいな若者…なんてことを思ったんですが。

でもコレのおもしろいのが、若者たちも「ちょいダサファッション」なんて呼んでて、ちゃんとダサいと認識はしてるわけですよ。
しかもスタジオでモデルさんたちがおじコーデの服を着てるのはなんとなーくオシャレにも見えるのに、まったく同じ格好を元サッカー選手の前園さんがするとダサく見えるという。
この理由が、ファッションが回るってとこにつながるんじゃないかなーと思ってちょっと考えてみまました。


番組でも言ってましたが、もし楽屋に衣装としてコレが用意されていたらどう思うか?という問いに対して「いや…これはちょっとオレじゃないんじゃないか、とは言いたくなるよね」と松本さんが言ってた通り、服の組み合わせだけ見るとおじさんが着てそうな感じバンバンでとてもじゃないけどダサく見えるわけです、おじコーデなんだから当たり前。
でもそれが流行するし、現に渋谷とか原宿とかで若者たちはそういう服装をしているし、モデルさんが着てるとなんでかオシャレにも見える…なんかだまし絵みたいな話w

おじさんからすれば「ダサいからダメ」なんだけど、若者からすると「ダサいのが逆にオシャレ」って話なわけですが、ここに潜んでるのが『経験』だと思うんですよね。
おじさんたちは若い頃そういった格好をしていたマジおじさんを見てきて「ダサい」と思ってたわけです。
なんなら自分がそんな格好してて嫁とか娘とかに「もーお父さん〜、恥ずかしいから出てこないでー!」とか言われたり。
この「ダサい経験」があるからよりダサく感じる。
今このおじコーデを良しと思う若者たちはきっと、自分のお父さんがそういう格好してた世代じゃないわけです。
身近にマジでダサいそういう格好した人がいなくて、テレビとかネットとかの情報で得た”知識”でしかないと。
ある意味では歴史の教科書に載ってる偉人さんたちと同じで『触れたことがない世界の人』であるわけです。

さらにいえば、若者たちの体型の欧米化。コレも一役買ってると。
同じ服装をしてモデルさんだと大丈夫で前園さんだとダメだった理由はまさにコレだと思います。
別に前園さんがカッコ悪いとかそういう話ではありません、今もかっこいいと思うしオシャレにも気を遣ってらっしゃいそうだし、でもそんな前園さんでもダメなのは、体型自体は昔の日本人みたいなものだからだと。
よく売り場にあるマネキンが着てるとすげー良い感じに見えるのに、いざ買ってきて着てみるとすげー思ってたのと違う…みたいなことあるじゃないですか?
お店側としては売りたいから服をよく見せるために服がよく見えるスタイルのマネキンに服を着せる。
いうたらこのマネキンのスタイルが、イマドキの若者だったりモデルさんが着た場合なわけです。
でも自分はそこまで良い体型でもないからそこにギャップが生まれる…だからダメに見える。


おじさんたちは自分たちの感性が間違ってるとは思わないし、実際着るとダサいから「ダメでしょ」ってつい言っちゃうけど、ダサいとは知識でわかるけど着てみると「ちょwダサいのよくねwww」と思えてしまう体型の若者たちからすれば、「コレが逆に良い」と流行になるわけです。
真に受けておじさんがおじコーデするとタイヘンな目に遭うわけですね…そりゃそうだ、おじさんがおじコーデしたらそこにはもはや完全なるおじさんが一体出来上がるだけだもんw
感覚でいうと、東京の人がノリノリで「なんでやねん!」と関西弁で喋ってるのを見ると感じる違和感と同じ。
関西の人がそれを見て「ニセモノ感がすごい」と思ってしまうのがおじさんサイドの目線で、東京の人が「関西弁ってこうでしょ?」と、自分が聞いた感じでやってるのが面白い、と思う様が若者サイドからの考え方、みたいな。
関西の人が関西弁しゃべってもしっくり来ちゃうから違和感が生まれず、それは面白いとは他の地方の人だって思わないでしょ?
下手な関西弁でしゃべってるのが「面白い」からやってるって感覚。コレがおじコーデとか、昔のファッションが一周回って流行する理由なんじゃないかなーと。
まさに『一周回って』ることが大切なわけです。
地続きで回ってないおじさんはやっちゃダメw


こうやって番組で取り上げるときって、なんで流行るのかわからないおじさんたちと、わかんなくても今はこれが流行なんです!と主張する若者代表が、結局最後まで相容れぬまま話が終わっていくのでムズムズしてたんですが、自分でメカニズム考えてスッキリしたなーというお話。
ひとつだけ学んだのは、流行ってるからといって僕もおじコーデやーろう♪と思ってはいけない、ということですねw
流行という言葉に騙されたらあかんのや!!w

テレビ |

胸に湧き上がる不思議な感覚

日曜日に『ワイドナショー』ってやってるじゃないですか。


普段スクープをされる側の芸能人が、個人の見解を話すというのが特徴のワイドショー番組なんですが、ついこないだ始まったかのような気がしてましたけどもう5年とかやってんですねw

普通のワイドショー番組ってちゃんとした有識者さんたちから意見を聞いたり、エキサイトして言い合いになってちょっと見づらいなーみたいなときがあってあんま好きじゃない瞬間があるんですけど、ワイドナショーはダウンタウンの松本さんがメインなので、ニュースに対してはちゃんとした意見もいいつつでもボケるとこはボケる、みたいなシステムなんで見やすくわかりやすくて好きでずっと見てるんですよねー。
前園さんいじりも面白いしw

んで今週分はイベント当日だったんでリアルタイムでは見られず、後から録画で見てたんですよ。

この番組って毎週『ワイドナ高校生』って枠がありまして、毎週いろんなタレント活動してる現役高校生が来るんですが。
大人からは出てこない、高校生ならではの視点でコメントをするんで意外と良いなーと思うんですが、今週来てたワイドナ高校生見ててふと思ったんです。

「なんか気になるな」って。

この娘なんですけど。

18090501.jpg
白本彩奈(16)。

かわいいっしょ?でもね…それだけって感じじゃなく。
別に好みのタイプの顔だとか、髪型がどうとか服がどうとかそういう次元じゃなくて、なーんか気になる感じ。
僕ドラマとかって見ないんで若い女の子なんてほとんど知らないし、一瞬アイドルなのかな?とも思ったんですがだとしても乃木坂以外だったらわかんないんで知ってるわけもなく。
もうホント「気になる」としか形容できない不思議な感じ。
一体なんなんだろう…なんなんだろう…とやけにモヤモヤしたんで、名前もわかってるからちょっと検索してみようとスマホで名前で検索してみたんです。
普段だったらそんなことしないんですけどね…なんなのだこの少女は…何故こんなにも気になるのか…

Wikipediaによると、白本彩奈さんは現在16歳。まさに高校生ですな。
元子役でモデルで、ご両親のどちらかがベラルーシの方だそうでつまりはハーフ。
言われてみるとちょっと日本人だけじゃない血を感じるお顔立ちしてますよねー。
東京にお住まいでGMBプロダクションプロダクションという所属しているんだそう。

ここまでではハーフの16歳タレントさん、ということしかわかりませんでした。
これだけじゃ気になる理由はわからない…というわけでその下、出演歴もチェックしてみることに。
モデルさんでもあるのでTVガイドとかテレビジョンとかさまざまな雑誌の名前…お、CMのとこにグラブル発見。
さらにおはスタでおはガールやってた時期もある様子。
…でもおはスタなんてもう何年も見てないからな…え、牙狼も出てる、ちょ、ジュウオウジャーも1回だけとはいえ出てたのかよ!?
これか…?ジュウオウジャーは全話見てるから覚えてないだけで一度目にしたことはあるはず…でも何回乃木坂工事中見てても一向に全員の名前が覚えられない僕の脳がそんなんいちいち覚えてるわけなくない?w
他…他は……コドモ警視…マジョマジョぴゅあーず…科捜研の女…仮面ライダーアマゾンズ……ん?

アマゾンズ!?

しかもSeason2…へいへい待て待て何やってた娘なのよー教えてご覧ってイユ!?
おもいっきり…メインキャラやんけ…

ここで説明しよう!イユとはアマゾンズSeason2に登場したメインキャラで、怪人姿に変身して戦うんだけど一度死んで蘇っているため人間的感情が欠落してしまった、笑うことのないヒロインなのだッ!!

そう、イユって笑わないキャラなんですよ…でも白本さん笑ってるでしょ?
だからわかんなかったんですよ…顔は見たことあるけど無表情の印象が強くて…気になったのは…『イユが笑ってる』からだったのです。
イユって設定が死ぬほど切なくてね…お話もかなりグロで重いものだったんですごくかわいそうで。
だからこそ、同じ顔で笑顔を浮かべてたのがすごく心に刺さったんですね……なるほどそういうことかあーすっきり。


突然JKに恋心抱いたとかじゃなくてよかったなーと思いましたw

テレビ |
| ホーム |次のページ>>