マジP!

間島淳司の日常をプロデュース!!

ディスクール!アニメイションヌ!

もともとアニメオタクで、アニメが好きだったからこそこの業界を目指した僕。
今思えば無謀な賭けだなーとも思いますが、当時はどういうわけか「なれる」と信じて疑わず、それで実際なれて。
目指してから20年、今も続けられてることは本当に奇跡みたいな話だと思います。


がそんな僕も仕事を続けて大人になるにつれ、だんだんと自分が出てる作品以外は見なくなってきてしまいました…子供の頃は「この世にアニメが放送され続けている限り死ねない」とか思ってたくらいなのにw
当時に比べて本数が増えすぎてて、チェックが追いつかないってのもあるんですけどね、それにしても見なくなったなーと思います。
とそんな僕が、なんだかんだで今期はアニメをけっこう見ている気がします。

…舞台の稽古でセリフ覚えなきゃいけないのになんでこの時期なのかはまったくわかりませんがw
ということで最近見てておもしろかったものをピックアップ。



『ウルトラマンジード』

いきなりアニメじゃありませんがw
前々から周りから「ウルトラマンも見て」と言われ続け「機会があったらね」と言い返すも、いつやってるかも知らないからなかなか機会が訪れなかったウルトラシリーズw
今回のは鈴木区でたまに一緒になる山口智広くんが出演してるということで「マジ兄見て!」としつこく言われたのがきっかけで放送時間を知ることが出来ました。
ではじめてのウルトラマン…まさか初ウルトラマンがウルトラマンベリアルの息子だとはw
ベリアルってのはウルトラマンなんですけど悪いヤツという、ウルトラマンシリーズではじめての”悪のウルトラマン”。
ちょっと前の映画で出てきたってのをニュースかなんかで見た記憶があって「へー、悪いウルトラマンなんかいるんだー」と思った記憶があります…そいつの息子が今作・ウルトラマンジードというわけ。
特撮なのでどうしても普段見ている東映作品と比べて見てしまう部分がありますが、ストーリー面では仮面ライダーよりは子供向けということを意識して作られてる感じで、比較的わかりやすい&入りやすい内容。
ウルトラマンも主人公のジードだけでなく先輩戦士としてウルトラマンゼロ(ゼロはかつてウルトラマンの歌を歌う音楽ユニット・voyagerとして智広が参加していた作品。智広嬉しいんだろうなー)も出てくるお得感がある内容。
東映特撮だと過去作の戦士はレギュラーとしては出ないんで、これは円谷ならではだなーといった印象。
そしてもう一点・東映と円谷の大きな違いは『巨大化して怪獣と戦う』という点。
スーパー戦隊でも巨大ロボに乗って敵とは戦いますが、それは小型だった敵が巨大化して戦うのでちゃんと自我があって喋るんですよね。
怪獣はそうではないものが多く、より野性味のある動きでウルトラマンを翻弄するんですよね。
あと尻尾を使ったアクションが多い。コレがなにげにカッコイイ。
巨大な者同士の戦いであるため戦い方や動き方も東映とはまた違う感じで、非常に新鮮で良いですねー。
あ!あとちょっと前の話数で敵に狙われたゼロが家族を人質にされて死ぬかもしれないことをしなきゃいけなくなる話がありまして!
その時のゼロの選択肢が美しいんですなぁ…他の作品でもそうなんですけど、僕「死ぬとわかってるのに誰かを救うために笑顔で立ち向かう」ってシチュエーションに弱くてですね…昨日も書いた電王のキンタロスのシーンとかもうマジダメなんですよねー!
あの時のゼロさんがまさにそうで…ジードなんだけど何故か今はゼロさんに夢中ですw

ということで新鮮な気持ちでウルトラマンも追っかけてます。


『アイドル×戦士ミラクルちゅーんず!』

またしてもアニメじゃなくて特撮w
これは今期からじゃなく前のクールからやってる番組なんですが、小中学生が変身して音楽とダンスで敵を倒していくという少女向け特撮番組。
アレです、プリキュアを実写でやってるみたいな感じw
ウルトラマンは歴史が深すぎて深入りすると沼だな、と思ってた頃に新しく始まった単発特撮だったので見てみたんですよねー。
こちらは女児向けということで、カッコイイとかそういうとこじゃなくてカワイイとかそっち方面に特化した特撮。
昔東映でもポワトリンとか女性が変身する特撮やってましたが、アレは女性が変身して戦う内容だったのでアレともまた違う感じ。
たぶんホントに小中学生くらいの娘たちが主人公たちを演じていて、変身とかがダンスなんですけどそのダンスがめっちゃ激しいんですよね。
ダンス慣習にEXILEとかの会社が入ってるんでそのせいだと思うんですけど…そのダンスがまたカッコカワイイんですよねー、これは女の子憧れそう、って感じ。
お話はスーパー戦隊とかよりももっと子供向け的な感じで、敵もオマヌケだったりギャグ多めだったりと個性豊かで見やすい感じ。
キャストも寮母さんが雛形あきこだったりマネージャーが小野真弓だったり、敵幹部に鳥居みゆきがいたりとどっかで見たことある人多め。
各話ゲストにも温水さんやらコント赤信号の小宮さんやらけっこう豪華な感じで「次はゲストさん誰かなー」なんて楽しみ方も出来る番組ですね。

個人的には水色のフウカちゃんが好きですw


『ナイツ&マジック』

ようやくアニメになりましたw
コレ、知ったきっかけは実は現場に行ったからなんですよねー。土師孝也さん演じるディスクゴードの若い頃の役で。
僕が初めて行ったのがたぶん…4話とかだったと思うんですが、少年がロボット作っててしかも異世界で「どゆこと???」となってたら主役の高橋李依ちゃんが丁寧にどういう話なのを教えてくれまして…その設定のおもしろさで「よし、これは見よう」と思った作品。
現代日本でプログラマーとして働いていた主人公(この頃はCV阪口大助さん)が交通事故で死んで異世界に転生した、ってとこから物語が始まります。
天才プログラマーで超がつくほどのロボットオタクだった彼は、転生した異世界で自身が前世の記憶として持っているプログラマーの能力がロボ制作や魔法制御に活かせることに気づき、バンバン新しいロボット作って国に認められてく…みたいな話なんですが、前世の記憶は持っているもののこっちの世界に生まれ落ちた”エルネスティ”という少年でもあるため、主人公自体はヘンに大人じみたりせず非常に無邪気な子ども。
いろんな人に頼まれてロボ作ったりしてるのが超楽しそうで、見ててこっちもニコニコしちゃうような主人公ですねー。
主人公エルネスティがいる国だけでなく他の国々の設定もかなりしっかりしてて、ロボ作る関係でけっこうな時間を飛ばす(制作してるとこ全部描くと1クールじゃ話進まないからw)んですが、その辺の処理をナレーションベースで行うためストレスなくポンポン話が進んで非常に見やすい構成。
国の数も多いので当然出てくるキャラクター数も多いんですが、見やすい構成のためか意外と覚えるのが大変じゃないのもすごいなーと。
あとロボの名前も『サロドレア』とか『カルダトア』とか『テレスターレ』とか、どっか独特な響きでこっちも耳に残って覚えやすいのも特徴かなーと思います。


『賭ケグルイ』

これは出てたとかなくまったく関係ない、普通に1話見ておもしろい!と思った作品。
出て来るの女性ばっかだから男の僕はオーディションも受けられないタイプの作品ですがw
ギャンブルですべてが決まる学園にギャンブル狂の女の子・蛇喰夢子が転校してきて色んな人とギャンブルしまくっていく、というお話なんですが…なにせタイトルが『賭ケグルイ』でしょ?ホントに狂ってるんですよねーw
その様子がおもしろいんですけど。
直接的な表現はないものの、のめり込んでいくと顔が上気してエクスタシー感じてんの?みたいな表情になったり、いきなり「カイジかよ!?」ってくらい雄叫びまくったりとなかなかに役者さんは熱量高くてタイヘンそうな印象ですが、皆さんその辺上手にやられてるのでそこら辺も非常に楽しいですねー、早見があんな芝居してるの初めて聞いたw
ギャンブルストーリーでよくあるイカサマなんかも仕掛けたり見抜いたりの攻防も楽しく、決着に向かう高揚感も見ててこっちもドキドキしてくるくらい、よく作られてますね。
「生爪集めるのが趣味」とか「死にたがり」とか、多少グロい要素も入ってますがビジュアル面として描くことはほぼほぼなく、そこもまた作品の特徴かなーと思って受け入れつつ見てます。
ギリギリのバランスですよねー、普通だったらこういう設定あったらキモくて見られないんだけどおもしろいんだよなーw


『ようこそ実力至上主義の教室へ』

コレも僕は特に関わってない作品。ブログにたびたび登場してる弊社の岩澤俊樹くんがレギュラーで出てますね。
いけ好かない金髪マッチョの役で出てますw
暗殺教室でご一緒した岸誠二監督&飯田里樹音響監督のタッグということで。
他にもいろんな作品でこのお二人組まれてるんですけどどれも面白いんですよねー。
事前情報でこの2人が作る作品だってのを聞いた段階で「あーこりゃ絶対おもしろいやつだな」と思ってた作品w
新たに入学した学校がまさに実力至上主義で、クラスの成績に応じて毎月配給されるポイントが変わり、どういう学園生活を送ることになるかが成績で決まる、という学校。
主人公は能力は高いが脱力系の男子と、兄が生徒会長をしていてツンケンしてる優秀少女の2人で、この2人が頑張ってクラスの成績の底上げして、DクラスからAクラスにのし上がってやろう、的なことを企む作品。
こちらも『賭ケグルイ』同様知力高い系の作品ですねー。
やる気ない割に能力高くて「試験でわざとオール50点取った」という離れ業をやってのけられるくらい優秀なのに、何故Dクラスにいるのかとか、いろいろと謎の多い主人公。
他の人々も裏表で性格が全然違ったり、地味子なんだけどネットではアイドルみたいな写真載せててストーカー被害に遭っちゃうとかいろんなクラスメイトがいて、まだ明かされてないけど腹に一物持ってそうだなーみたいなキャラも多いので非常に先が楽しみな作品。
テイスト的に決してハッピーエンドとは言えないラストを迎えてもおかしくなさそうな気配はあるんで、そこら辺も込で目が離せない作品でもあるなーと思って毎週の放送を楽しみにしております。
あと岩澤くん頑張ってと思いながら見てますw


といったような感じで久々にヲタ活してる感じが楽しいです。
あ、あと『ナナマルサンバツ』も1話見てみておもしろそうだったんで見ようと思ってたんですけど、翌週2話録り逃して一気にやる気が削がれて結局見ないままになりましたちくしょうw

1クールの番組はもうそろそろ話も佳境に入ってくるのでどれも楽しみでっす!!

スポンサーサイト
テレビ |

好きなこと、好きなもの

皆さんの『趣味』って、なんですか?


「趣味」という言葉の意味の解釈もあるでしょうが、まぁ一般的に考えれば「好きでやってること」くらいの感覚ですよね。
僕でいえば…星見に特撮、飲み会やゲームといったところでしょうか。あ、あと聖地巡礼w

一応辞書で意味を調べてみると、趣味とは
・人間が自由時間(生理的必要時間と労働時間を除いた時間、余暇)に、好んで習慣的に繰り返しおこなう行為、事柄やその対象のこと。道楽。
・物の持つ味わい・おもむき(情趣)を指し、それを観賞しうる能力(美しいものや面白いものについての好みや嗜好)のこと

だそうで。
2つ出てきましたが、今回言ってる方の「趣味」は1個目の方の意味ですね。
2個目の方は「へぇ…趣味の良い部屋に住んでるね」みたいな感じの方の意味になります。

意味的にいえばヒマな時間に繰り返し行う好きなことってことになるので、僕が延々ツムツムやってんのも飽きずにグリムノーツの素材集めやっちゃうのも、酒飲みながら仮面ライダーの劇場版Blu-rayやらラーメンズのDVDとか何回も見てるのに見直しちゃうのも、夜中に限らずヒマになるとエロ画像探して集めちゃうのも、ぜーんぶ趣味ってことになります。
ヒマな時間に繰り返しやってますしね。間違ってないですもんね。
ただこの『趣味』という言葉の辞書に載ってない意味を、こないだテレビでヒロミさんが言ってたんですよねー。
それにいたく感銘を受けました。


ヒロミさんは芸能界を遠ざかっていた10年間、お仕事もしながらですが時間のほとんどを趣味に当てていたそうで。
キャンプにスカイダイビング、スノーボード、ジェットスキーとか、アクティブな人ならやってそうなものから壊れたバイクを修理するなんて「それ趣味?」みたいなもの、はてはクレー射撃なんて「そんなん趣味でやる人いるの!?」みたいなものにまで手を出してたそうです。
ま~ホントに多岐にわたる趣味をお持ちで、出演者の一人が「誰と行くんですか?」なんて質問をしたんです。
そしたら「一人で。」と。
すべての趣味は一人でやってたんですって。
中でもキャンプなんて一人で行くもんじゃないイメージあるじゃないですか?出演者もそう思ったようで「キャンプは!?」って聞いてたんですが、キャンプも一人で行ってたと答えたのです。
そのときになにげなく「遊びってのは一人で遊べないとダメ」って言ったんですよね。
すげー真理だなーと思ったのです。

例えばある時誰かと遊びに行って、新しい体験をして。
「あー楽しいなー」「また行きたいなー」と思うときって、『またあいつと行きたいな』って思いません?
一人で行くのはちょっと腰が重いというか…「また誰か誘って行こう」って思っちゃうんですって。
大人になると特にですが、別々の仕事の人がスケジュールを合わせるなんてことは不可能に近いです。
同じ業種でもなかなか難しいのではないでしょうか。
そうするとどうしても行く機会が減り、足が遠のき…となるわけで。
スケジュールがネックで遠ざかっちゃってる趣味とか僕もありますもんね…星見とかまさにそんな感じ。
人と行く前提になってる趣味は、本気で遊んでたヒロミさんからするとちょっと違って、「一人で遊べないとダメ」なんですって。

言われてみてすげー腑に落ちたんですよね、これ。
いわゆる「趣味」として挙げるものってインドアなものが多い印象がずっとあったんですよ、読書とか映画鑑賞とか。
誰かとやることよりもその遊びの中身に没頭出来て、楽しめることだからこそ趣味であり、その行為自体が大好きなんだということが実感できる。
てことを考えると僕にとって『飲み会』は趣味じゃないなーと。
だって「飲むこと」が好きだというよりは「お酒を囲んで誰かと喋る」ことが楽しいわけで、お酒がメインじゃないから。
逆に聖地巡礼なんかは事前に調べて一人で行って、一人満足して帰ってくるわけでこれ以上ないほどカンペキな趣味だということになります。


ヒロミさんの話を聞いて、すごーくふわっとして軽い印象だった『趣味』という言葉が、とってもステキで大切なものに感じるようになりました。
人生を豊かにしてくれそうな?そんな感じ。
これからは一つ一つの趣味を大事にして、人生を豊かにしていこうと思いました。


さぁ、改めて……「貴方の趣味は、なんですか?」
テレビ |

200人が選ぶ!

カップ数調査は少々お待ちくださいね、今絶賛集計中。
てかみんな初体験とかすぐ言っちゃうのねw



さ、やってましたね、『人気声優200人が本気で選んだ声優総選挙』。

テレビ朝日さんがたまーにやってる人気企画「総選挙」シリーズが、ついに声優に目をつけたんですね…どえらい時代になったもんだ。
僕も声優の端くれ、どんなランキングになったのか興味があったから見てみましたよ。


ランキング結果からいうと、まぁ納得の結果といったところ。
野沢さんや山寺さんが上位にくるのはわかりきったこと(そのぐらいすごいんです)ですが、沢城みゆきちゃんだったり藤原啓治さんだったりがかなり上位に食い込んできたのはファンの人気投票ではなく、声優が選んだってところが出ていてよかったんじゃないでしょうか。
全体的にレジェンドクラスの声優さんがランクインする結果になるのは当然っちゃ当然ですが、諏訪部さんや森川さんあたりの世代がこういうランキングに入るようになったのはイイコトなのかな、なんてふんわり思いながら見てました。

個人的には…飛田展男さんに是非ランクインしてほしかったですけどね…ホント上手いんですよ飛田さん。てかスゴい。
あと三木眞一郎さんあたりもランクインしてもいいのにな、なんて思いましたけど25位までしか発表してないですからね、かなり良いとこまで行ってたけど…みたいなこともあるのかな?

しっかし番組内で受賞の後インタビューでコメントをくださる先輩方の言葉が身に染みますよねー。
同じ職業に就いてはいますけどとてもじゃないけど辿り着けそうにない頂にいらっしゃる方々ですし…普段女の子たくさんアニメに出ることが多いからあまり共演することも少なく、大先輩のお言葉を聞ける機会ってほとんどないですからね…定期的にこういう番組やってくれないかなぁw


見てて思ったのは、我々の業界体質上ランキングがどうしてもレジェンド・ベテランクラスに埋め尽くされてしまうんだなーということ。
いやそれでいいんですけどね?それこそ野沢さんとか山寺さんがスッゴイ人たちだ、なんてのは僕らの世界の人間でなくてもわかってることじゃないですか?
孫悟空と山ちゃんですよだってw
これっていうなれば、『ジャニーズ総選挙!』とかやって少年隊とかマッチとかがずーっと上位にいるみたいなことでしょ?w
いや知ってるしw
せっかく取り上げるなら、すごいのがわかりきってる方以外にももっとスポットが当たるといいのに…と。
例えば、年代別にトップ10を発表するとか。
20代、30代、40代と世代ごとに分けて、その上で声優さんに選んでもらったら、全然違う結果が出ておもしろそうじゃないですか?
そういうのやってくれねぇかな…DABAの誰かランクインしたらおもしろいのにw


昔は『声優は裏方だから』とテレビの顔出し控える方も多かった印象ですが、こうやって声優が前に出る時代が来たのはある種喜ばしい現象だと思います。
と同時に「声優ってすごいんだぞ」ってのも伝わりますし。
そういう意味では非常に意味のある、我々声優から見てもおもしろい番組だったと思いました!



ところで選んだ200人ってどのへんの人たちなんですかね?誰チョイス???
とりあえず僕は選んでないんでまだ『人気声優』の仲間入りはしなくて済んでいるようですw

テレビ |

お寿司が食べたくなりますね

今年も開催されましたね、『M-1グランプリ2016』。

ライダー、星、ニーハイ、おっぱいに次ぐくらいのお笑い好きでもあるので毎年こういうショーレースは楽しみにしてるんですが、今年はお誘いをいただきましてひとんちでわいわいと観てきました。
まぁ主なメンバーは鈴木区だったんですがw
大勢でわいわい予想したりしながら見るバラエティ番組って良いもんですね…実に楽しかった。


で以下感想w


今年は事前に言われてましたね…『華がない』ってw
あれあれ本当なの???と思われる方もいらっしゃるでしょうから出場コンビを列挙しますと
・アキナ
・カミナリ
・相席スタート
・銀シャリ
・スリムクラブ
・ハライチ
・スーパーマラドーナ
・さらば青春の光

に敗者復活の和牛を加えた全9組。

さ、どうでしょ…華、ありますかね?
てか9組中何組知ってるコンビです?僕はまぁ全コンビ知っててネタ見たことないのは相席スタートのみ、って感じでしたが、あまり詳しくない方はハライチとスリムクラブくらいなんじゃないでしょうか、知ってるのって。
そういう意味では確かに華はなかったのかもしれません…

パッと出場者を見た印象で今年は誰がいきそうかなーと予想もしてみたんですが、正統派な銀シャリと去年のM-1で面白かったスーパーマラドーナ、それにキングオブコントなんかにも出てくるさらば青春の光あたりかな?みたいな予想。
爆発力でいえばカミナリとかもダークホースになりそうかな…てなとこではあったんですが、まだ優勝戦線には絡んでこないかな?といった印象でした。
結果論になりますがファイナル進出者は銀シャリ、スーパーマラドーナと敗者復活で上がってきた和牛だったことを考えると、去年に引き続き予想がかなり当たってるわけでして…ホント僕お笑い評論のセンスあるんじゃないかと疑ってますw


今年もトップバッターのアキナから十二分におもしろくて、レベルの高い大会だったなーと。
もしやと思って去年のブログ見たらおんなじこと言ってたんであまり説得力はないかもですがw
てかそもそも厳しい予選を勝ち抜いてTOP9に入った人たちなわけで、その人達が1位になってやろうと最高のネタを用意してるわけでしょ?
そんなんレベル高くなるに決まってますよねw
印象的だったのは正統派漫才のコンビが少なめだったことですかね?
さらば青春の光やアキナはキングオブコント出場経験もあるコント師でもあるわけで、ネタの作り方や運びが漫才というよりはコント感が残る作り。
スーパーマラドーナもボケが一人芝居をしてるところに第三者的ツッコミがおかしなところをツッコんでいくスタイルで、いわゆるしゃべくり漫才とは違うスタイルです。
ハライチも今大会は違いましたが基本スタイルは澤部さんが頑張り倒すスタイルだし、スリムクラブは…いわずもがないですしw
他の人とは違う、どこかトリッキーなことをしないと勝ち残れないような印象が芸人さんたちの中にもあるんですかね?
そんな中王道のしゃべくり漫才スタイルの銀シャリが優勝したってのは実に良いことかなーと感じました。


てか改めて感じたのは、僕ってツッコミの上手いコンビが好きだな〜とw
別に芸人ではありませんがどちらかといえばMCだったりツッコミだったりを担当することが多い自分のスタイルもあるのかもしれませんが、銀シャリの橋本さんはワードセンスがずば抜けてたので納得の優勝でした。

なによりも、今回みんなで見ててホントにおもしろいなーと思えたのが最高だったな、と。
「笑う」というエネルギーはホントに素晴らしい、と感じられた大会でした☆



…ところでキングオブコントの優勝がライスでしょ?でM-1が銀シャリって…今年はお米の年ですかいw
という話をしたら知り合いが『R-1がハリウッドザコシショウでハリウッド→アメリカは米国でまた米だよ』つってきてホンマやー!!!!!ってなりましたw

お笑い界の今年の漢字は『米』ですねw

テレビ |

こちらでも

16102201.jpg
「ドキドキしてる?」

アメトーーク!面白かった記念☆


写真一つで遊べるもんですねぇ…芸人さんたちのトークスキルマジすげぇ。
テレビ |
| ホーム |次のページ>>