fc2ブログ

マジP!

間島淳司の日常をプロデュース!!

ウルトラライダー

昨日書いた、「新宿にポスターが!!」ってブログ。


どうやら撮影してから掲載するまでの間が長過ぎたらしく、今日見て来たらもうなくなってました、ポスター。
というか昨日のブログ見てキヨが観に行ったらしく、

件名:間に合わなかった…

ない!
仮面ライダーのポスターが!
ないぃぃ!


というメールが来て気付いたんですが。
仕事終わりに観に行ったらホントにないでやんの…

くそがぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!orz


もし当ブログを見て観に行かれた方がいましたら申し訳ございません、もう飾られておりません(涙)
てゆーかなくなると「一人ずつきちんと撮っとけばよかった…」とかいろいろ後悔すんのね。
まさに『後悔先に立たず』。



さて、それとは関係無しに帰宅途中の自販機でこんなん見つけました。

09082001.jpg
ウルトラサイダー。

デザインからしてこれはセブン缶ですかね?
他にもいろんなウルトラマンをモチーフにした缶が発売されてるみたいです。
まぁずいぶん前からあるのは知ってたんですけど、見かけて思わず速買いしたわけですが。

が。

ライダー好きの間島さんとしては当然

『ウルトラマンだけじゃなくて、ライダーでも出ないかなー』

とか考えるわけです。

平成になってからでも少なくとも10年、全体で合わせるとかなりの年数やってるわけですから、手駒で困ることもないでしょうしw


でそっからどういう配置にするかを考える旅が始まるわけですよw

ウルトラマンのこの缶は、缶のデザインだけが違って中身は同じサイダー。
それはそれでアリですけど、『どうせなら中身の味も変えたいよねー』みたいな?

だとしたら、『技の一号 力の二号』でおなじみな訳ですから、当然二号ライダーは強炭酸、一号が強いて言えば普通な感じ?
まぁ始祖なわけだし、ベースっちゅーことで。
ライダーマンとかは結城が科学者なんだから当然のように人工的な味わいがいいとなると、Dr.ペッ○ー風なケミカルな味わいがふさわしいわけで。
アマゾンとかはやっぱどこか南米とかそっち系の風味を出したいのでガラナエキス配合とか、そういう工夫で対応。

平成の方に目を向ければ、響鬼さんとかはなにせ『鬼』ですから、力水とかそういう系のたくましげなタイトルがいいでしょうし、電王はモチーフ桃太郎なんだからピーチ味とかで。

そして1.5Lペットボトルのタイトルには『J』を採用w
まとめてパッケージにして売りたい時には、パッケージになるであろう段ボールのデザインをディケイド風な、あのピンクと黒のバーコードカラーに。



ほら、けっこうカンペキじゃね?w
出て来てないライダーも多数いますが、こんだけあれば商品としては問題ないでしょうw

なんてなことをウルトラマンの缶から連想してたら時間がすげー経ってましたw





ヒマなのではない!!
時間の使い方が上手いだけなのである!!w

小ネタ |

ダメでたのしい仲間たち

深夜にモンハンやってたときのこと。


チャットでダベりながらいつものよーにモンスターに戦いを挑んだり、休憩がてらしばらくただ喋る時間を設けたり。

『寝ろ』という話はさておき、楽しい時間を過ごしているわけですが。


ある日誰かが「誕生日にディケイドライバー貰った」という話を始めまして。

その場にはキヨとか僕とかいたんですが、『あのベルト出来るのはおかしい』と言うわけですよ。
なんでもあのベルト、『ウエスト最大68cmまで』なんだそうで。
自分が出来ないもんだからって「男で大人のくせになんで出来んだよ!」とw

冷静に考えれば、そもそもベルトで遊ぼうとしてる段階で少なくとも一般的な大人ではないと思うんですが、この場合そこは見逃してもらえるようでw


するとキヨから画像付きでメールが届きました。

件名:ふう
09082101.jpg
おちついた


どうやらベルトの話題が上がったことにより巻きたい衝動に駆られたようです。

仕方がないのでこちらからも返信してあげることにしてあげました。
画像付きで。


件名:ぷひぃ
09082102.jpg
まったくだ

一応小ネタらしくディケイドではなく違うベルトで攻めてみましたw
ついでにうさPにも出演いただいたりしてw

そしてふたりでやってるのもアレだなーと思ったのでその場で会話してた人全員に送信w
しばらくするとその場にいた川原さんからメールが。
もちろん画像付きw


件名:ふう
09082103.jpg
落ち着いた


ちょw川原さん一人だけ違うwww
それベルト関係ないしw
しかもなんだか怪しいところから出て来てるしwwwww


これを夜中、世間が寝静まってる時間に思いつき、部屋着のまま撮影しみんなに送付、すべては感覚の共有、楽しさを分かち合おうとするこの連携。
まさにソウルメイト☆

使ってるものがおもちゃなのが残念なだけでw





ひとしきり笑ってから、またみんなでモンスターブチ倒しに行きましたw

小ネタ |

なくて七癖

人それぞれクセってのはあるわけで。

自分で気付いてるもの、気付かないで指摘されて初めて気付くもの、いろいろありますが、それは今まで生きて来た環境なり人生なり、いろいろなものが現れたカタチだと思います。
人によっては『ゲンカツギ』みたいなものを続けていいるうちにクセになってるってモノもあったりするんでしょうが、それだって積み重ねた一つの結晶だと思うのです。

まぁクセなんて他人に迷惑かけないものである限りなんだって良いと思うのですが、みなさんは変なクセとかあったりしますか?

つい最近、僕も気付いたんですよ…自分のクセに。


それは『持ち方』。


お椀とか空き缶の持ち方がちょっと変わってるみたいなんですねー。

まずお椀。

特に汁物とか、中に熱いモノが入ってる時によくやってるみたいなんですが、ちょいと変わった持ち方です。

09082201.jpg
こう持ちます。

09082202.jpg
別角度から。

中指と親指は外側から押さえて、人差し指で内側を引っ掛けるように持ちます。
普通に持つと、内側には熱ーいおつゆが入ってるわけで、その熱が持ってるうちに指にも伝わって来て長時間持てないですが、この持ち方だと熱い部分はもうちょい下になるので持っていられます。
まぁ『作法的にどうなんだ』とか『そんな長時間持たなくても置けば良いだろ』とかいろいろ言いたい事もあるでしょうがw


そしてもう一つ、空き缶。

こっちも若干(?)変わった持ち方です。

09082203.jpg
こんな感じ

09082204.jpg
別角度から

人差し指と薬指で挟んで、中指で固定する って感じでしょうか?
飲み終わってゴミ箱探してる間にこの持ち方してる事が多いんですが、意味はありませんw
飲み終わった空き缶ずーっと握って持ってるのってなんかめんどくさいじゃないですか?
かといってそこら辺にポイ捨てなんて絶対できないし、そうなるとゴミ箱に出会うまでは持ってなければならないわけで。
もうカラッポだと思ってひっくり返したりすると中から飲み残しが零れ出たりして手に着いたりするし、「あーもー!」となることが多いので、飲み口を上にした状態で固定してしまおう、という考えのもと生み出された持ち方。
……だと思いますw

いやだって気がついた時にはこの持ち方してたしw
まさに「クセ」ですね…お椀も空き缶も、この持ち方いつ始めたんだかまったく覚えがありませんw

つか変わった持ち方するものが二つもあると、意識してないだけで他にも変わった持ち方してるものがありそうで気になりますね……

またなんか見つけたらご紹介しますw

日常 |

エロース

お空には88の星座があって、星座のほとんどにはそれにちなんだ神話があるわけですが。


昔はけっこうそういうのも好きだったはずなんですが、住んでたのが名古屋だったのもあって見上げてもそこまで綺麗に星を見る事も叶わず。
それが『まにまに』のおかげもあって、星、ひいては神話の方にも再び興味を持ち始めました。
最近は「いんたーねっと」なんて便利なものもありますしね。
お手軽に調べモノも出来てなんとも便利な時代になったものです。


でその神話について調べてたときのこと。
一口に『神話』といってもいろいろあるわけで。
星にまつわる神話ってーとギリシャ神話が多いわけですが、さらにさらにそのギリシャ神話も細かくいろいろわかれるみたいですね。
文字があまり発達していない頃には吟遊詩人の口承で伝えられていたりとか、そのせいもあって地方ルールじゃないですけど、各地で少しずつ違っていたりとか。
文字が生まれ、だんだんと統一されて来て物語が完成されて行くわけですが、まぁ『神話』っていうだけあってまー規模がデカい。
なにせ神々のことを語ってるわけですからね……
ちなみにギリシャ神話って、細かくいえば『世界の起源』『神々の物語』『英雄の物語』と3つの構成に別れるんだそうですが、流し読みしただけでもけっこうおもしろいのです。
物語として魅かれるのはもちろんですが……ネタとかツッコミどころということで考えてもおもしろいんですよw

全体的にいえることなんですが、神様たちがなんだか人間臭いんですよねw
結婚してんのに他の女のところに遊びに行ったりとか、嫁が怖かったりとかw
超越した力はもちろん持ってるんですが、いわゆる「全知全能」みたいなイメージとは違って、人格みたいなものを感じます。
星座とかの神話を見るだけでもちょいちょい『怪物から逃げるために○○に化けた姿』みたいなのもありますし。
逃げんなよ神様w

物語としてもけっこう大胆なところがあったりして。
『それ、今だったらアウトじゃね?』みたいな。
神々を統べていた王が、嫁に恨まれて息子にムスコを切られて、王位も失うみたいな伝承とかw
もっと衝撃的だったのが、とある神様が女神を好きになっていきなりエッチを迫って拒絶され、足に……その………白いアレがかかったそうでw
でその白いアレを羊毛で拭き取って大地に捨てたら、そこから子供が生まれたりしてw
交わってないのに生まれるってなんだよとw
というかまず拒絶された女性(女神ですがw)の足にかけるなw

もちろんそんなとこばっかではないんですが、そこかしこに見られるエロスな表現がなんともおもしろいんですよw
そもそもあの有名な神様・ゼウスだって、いろんな女(女神)のところに子供作りに行ったりしてるんですが、中には人間の娘とゼウスの間に生まれた子供もいたりしてw
そういう子はだいたい、ヘラクレスみたいな英雄になってたりするんですが、その努力もなかなかに凄まじくてですね……
どこぞの王様の娘、要はお姫様ですね。
そのお姫様と契りを交わすためにわざわざ白鳥だ黄金の雨だはたまた相手になる女性の旦那に化けたりと、あの手この手でいろんな女のところに現れては子作りに励むという、『英雄、色を好む』を地でいくような神様なんですねー。

まぁ色を好んでるのは神様で、生まれて来るのが英雄なんですがw



……どうしても気になるのはそういうおもしろエピソードなだけで、本来はとてもロマンチックで素敵なものなんですよ?神話ってw
秋の星座の物語なんてすごく素敵ですしね~。
化け物に襲われそうになっている女性を颯爽と英雄が助けに来たり。

まぁそういう美しいところはマジP!ではなく、それこそ『宙のまにまに』でご確認いただければよろしいかと思いますw
そして興味を持たれた方は、様々な神話の世界に触れてみると、もっと楽しくなると思いますよ。



あ、ちなみにタイトルの『エロース』。
別にただの叫びというわけでもなく、こちらもギリシャ神話に登場する神様の名前。
エロースは愛を司る神様ですね。

そう、エロスは愛なのです。





よし、一見キレイっぽくまとまったw
ネタ |

翼が折れてるくらいでね、空をあきらめない

みなさんは、『椎名へきる』という人をご存知でしょうか。



僕が初めて意識したのは1994年、『魔法戦士レイアース』という作品。
獅堂光というメインキャラクターを演じ、「なんだこの人は……好みだ!と思いそこから追いかけ続け、ファンクラブに入ったり名古屋じゃ聞けない文化放送のラジオを雑音混じりで聞いたり、沖縄でやったライブツアーに参加してみたりと、当時の僕はかなりヘビーなファンでした。

1994年といえば、僕はまだ16歳、高校2年生。
多感な時期を椎名へきるという人を軸に過ごし、いうなれば彼女は僕の青春そのものでもあるのです。



気がつけば時は流れ、今ではその『青春そのもの』な人のラジオの相方としてかれこれ3年目。
毎週毎週『青春そのもの』と30分間トークをするというのが日常になりつつあるわけですが、それでもやっぱり未だに青春の具現化。
今も当時となんら変わらないご本人の顔を見れば当時を思い出し、当時聞いていた曲を聴けば、ちょうど聞いていた頃の思い出が曲とともに蘇るわけです。


そんな、青春の塊な人が数日前にライブをやるというので観に行って来ましたよ。

おもしろいもんですね……普通のファンとして金出して参加して、ツアーグッズのTシャツとか買い漁ってたたライブツアーに、今では関係者としてスタッフさんに『あーどーもー間島さん~』とか言われるようになってるなんて……
当時の僕に教えてあげたいくらいだw

ともあれそんなライブツアーを見させていただきました。

過日、8月の中頃にNEWアルバム『Rock Rose』を発売なさったへきるさん。
今回のツアーはこのアルバムを引っさげつつ、且つ1stアルバム『Shiena』(当然持ってますw)から通算15周年という節目の年も記念したツアー。
かなりなアニバーサリーな年なわけですね。
曲目等も、NEWアルバムの曲も歌いつつ15周年を意識した、昔からファンの人には垂涎のラインナップで、元ファンクラブ会員だった僕としては相当にたまらない内容でした。

中でもたまらなかったのは…着替えの間w

別に『着替えてるところが見えてた』とかそういう意味の「たまらん」ではなくw
へきるさんが舞台上からいなくなった後、もちろんバンドメンバーがその間をつなぐわけですが、その演奏曲が昔の曲のメドレーみたいになってましてですね……
ここでグッと掴まれましたね……僕の青春ラブハートをw
へきるさんとやってるラジオをご存知の方は知ってるかもしれませんが、僕が好きな曲『MOON L}IGHT』。
この曲もそのメドレー調なところに組み込まれてたりして。
もちろん他の、メドレーに組み込まれてる曲もほとんどが口ずさめるものばかり。
ここでぐいぐい上げといての…懐かしソングの連発!!
細かいプログラムとか覚えてないんで順番とかは正確ではないですけど、『246』『色あせない瞬間』『風が吹く丘』そして『Graduater』。
とにかく当時からファンだった人間にはたまらん珠玉の名曲たちがずらりと並んで…

なんでしょう、気分的には仮面ライダーディケイドですよw
歴代ライダー勢揃いみたいなw
関係者席で迸る衝動を抑えるのに必死でした……w



ここ最近で観に行った声優さんのライブが、水樹奈々ちゃんとへきるさんのものだったりするんですが、同じライブでもどちらも個性が現れてておもしろいもんですね。
奈々ちゃんのライブは、ひとことでいうなら『エンターテイメント』な感じ。
こないだの西部ドームのだと大量の水を使った『アトラクション』といっても過言ではない演出、途中途中で流れる映像、そしてそもそも「西部ドームでライブをやる」という事自体がエンターテイメント。

対してへきるさんのライブは、『ライブ!』って感じが全面に押し出されたような印象。
僕自身あんまり一般のアーティストの方のライブを観に行く事がないのでわかりませんが、どちらかというとそういった「アーティストの方がやるライブ」に近い印象というか…
…伝わりますかね?w

どちらも歌に対するこだわり、愛、様々なモノは乗っかってるので『すげー!!』って感想にはなるんですが、ベクトルの違うスゴさというか……なんだろう的確な言葉が見つからないw
でも一度観に行ってみて損はない内容だったと思います!

本当に……当時の僕に伝(ry


せっかく見させてもらったので記念写真★…とも思ったのですがヘンなとこで撮ってると怒られそうだったので帰りの電車に乗る前に撮ってみました。

090824.jpg
足に貼ってあった関係者証w

しっ…仕方なかったんだよ…!
もう会場でちゃってたし!!
手持ちの『ライブ行った感』のあるものがコレしかなかったんだよ…!!w



久しぶりに、どこかに忘れて来たはずの『青春』を思い出させていただきました。

へきるさんありがとうございます。
祭り事 |

”☆”好きですかーーーーー!!?

昨日のブログには続きがありまして。

まぁ続きというか別の話になるんですが。


へきるさんのライブが終わって電車に乗り、向かった先は新宿西口。
この日は実は壮大な2本立ての日でして。
『ライブを見た後は星を見ようね☆』ということで、『宙のまにまに』キャスト・スタッフ陣が集まって観望会をやろう、という企画に参加してきました。

収録やってる頃からスタッフさんの中に星猛者がいて、仕事の資料にもしてたんでしょうがちょこちょこ観望会に行ってたみたいなんですよ。
その話を聞く度「いいなー!」「僕たちも行きたいー!!」と、ぶーぶー言い続けた結果が…ついに結実しました。

なんでも言ってみるもんですw


今回は事務所も通してオフィシャルな感じでやって戴きまして、なんと原作のカシマミ先生もいらっしゃるというなんとも贅沢でオフィシャル感満載な観望会。
ライブ終わりで駆けつけてみると見知ったキャスト陣からスタッフ様、沢山の人がバスの周りにたむろしてましたw

そう、今回この為になんとバスをチャーターしまして!

09082501.jpg
ちゃんと『蒼栄高校天文部』ですw
実際蒼栄高校の天文部って…廃部になるかならないか!?みたいな世界のはずで、こんなに部員いないはずなんですが、まぁみんな天文部なわけですよw

移動の道中はもう、ほとんど学生時代の遠足みたいなノリw
車内できゃいきゃいいろんなお話しつつお菓子食べつつ、楽しく移動。
道中なんとスペシャル企画として、まだオンエアされてない『まにまに』第8話『イルミネイトグラウンド』を先行上映。

09082502.jpg
上映中の様子…って光って画面見えませんねw

この回も盛りだくさんの内容で、スタッフキャスト、原作のカシマミ先生も、みんなで笑いながら見て。
……たぶん世界で一番まにまにを愛している集団なんじゃないでしょうかw
なんだか自画自賛みたいみたいですがw
それが出来るほど愛に溢れたスタッフで作ってるというのは実に素晴らしいことです。


ちなみに今回観測ポイントとして向かった場所は、富士山の5合目。
けっこうがんばりますよねーw
かなり長い時間バスに揺られてたはずなんですが、アニメ見たりみんなでわいわい話したりしてたら意外とあっという間でした。

でさすがに長時間になるので途中サービスエリアに寄ったりして。
そこで追加でやれ飲物だお菓子だと買い込んで、他にもいろいろ見てたら、キティちゃんを発見しました。

09082503.jpg
メロンパン持ってるキティちゃん。

と……?一緒に写ってるのは……

09082504.jpg
か…!川原さんだ!!w

というわけで今回は川原さんも参戦。
聞いた話によると彼、昔ホントに天文部にいた経験があるそうでして、今回の企画にはうってつけな人材なわけです。

…べ、別に!マジP!のネタ用として連れてったわけじゃないぞ!!w

つーかなんでこの人はキティちゃんを崇め奉るようなポージングなんだw
ちなみに。
いろいろ写真撮ってるところをカシマミ先生に見られたんですが、先生が

「わ~、こうやってブログが完成されて行くんですね~☆」

とやたらキラキラした目でおっしゃってました……なにそのキラキラw
つーかそれって普段からこのブログ見てるってことですよね!?
もう…ね……ホントに……もう……ありがとうございますw



そんな道中も楽しむメンツでバス内での時間は過ぎ、気がつけばもう富士山。
5合目の観測ポイントに着き、バスを降りたときのあの感動は忘れられません……
もうね、空を見上げれば一面の星、星、星!!
それこそ星がたくさんありすぎて、結んで星座にするのが困難なくらい!
プラネタリウムを観に行ったことがある方は、あの星空を思い浮かべてください。

たぶん、アレよりすごいですw

都内とか、市街地に住んでると空を見上げてもほとんど星なんか見えなくて、プラネタリウム行くと「こんなんウソだろ」とさえ思えてしまうこともありますけど、実際にあのくらいたくさんの星が見えるんですねー。
マジ感動。
行った場所が標高の高いところで空も近いし、空気もきれいだったせいなんでしょうけどこれはホントにすごいです。
バス降りる前に
「他にも人がいらっしゃるので降りたらお静かに」と注意を受けていたにも関わらず、あまりにすごすぎてみんな

『すげーーーーーー!!』

とか叫んでしまう始末w
特に役者だからうるさい我々w
でもつい声に出てしまうくらいホントに素晴らしかったんですよ?

降りただけで感動してしまいましたが、改めて落ち着けそうな場所に移動して今回のメインイベント・観望会が開始。
幸い雲もほとんどなくてホントに星がたくさん見えました。

">09082507.jpg
わかります?カシオペアとか確認出来ると思いますが……
下の方にはすばるも写ってるかな?
あまり星に詳しくないので間違ってるかもしれませんが、たぶんそんな感じの星空ですw

僕の持ってたコンパクトデジカメでは撮影出来なかったので、一緒に行った星猛者スタッフさんに画像をお借りしました。
画像縮小してるので実際に見たものよりは感動は少なくなっちゃってますが、とにかくこんな感じでどっちを見ても星、星、星!
少しでも感動が伝わるでしょうか。

そして記念撮影大会が始まり、途中からお遊び…というかなんというか。
『星と一緒に写真を撮ろう』という大会が始まりましたw
参加された方でブログやってらっしゃる方はそのうち上げたりするんじゃないでしょうか。

僕ももちろん撮らせていただきましたよ!
路万部長といえば、秋の星座。
原作知ってる方はわかると思いますが、近江さんと初めて会った時に見ていた思い出の星といえば…フォーマルハウト。
他にもデネブカイトスとかも見てましたがw
みなみのうお座で一番明るい星がフォーマルハウトなわけですが、秋の夜空には夏の名残、デネブ、ベガ、アルタイルなど明るい星が複数輝く中、ひょいと南側の低い空を見るとあまり明るい星はなく。
フォーマルハウトだけがぽつんと輝いているのが見えます。
日本より緯度の高いヨーロッパ北部なんかではもっと低い位置、南の空低くに見えるそうで、南国への憧れを誘う星、なんていわれてるんだそうです。
日本でいうとカノープス(りゅうこつ座のα星で、太陽・シリウスを除いて全天で2番目に明るい星)が同じく南の低い位置に見えるので、フォーマルハウトと同じく「南国への憧れを誘う星」なんて言われてるみたいですね。

まぁそんなフォーマルハウト。
お空に輝いていたので、せっかくだから写真を撮らせていただきました。

">09082508.jpg
指とか差してみたりして。
星も写す関係でシャッターあけっぱなしで20秒とか待たないといけなくて、そんなにじっとしていられず指先ぶれてますがw
差した先に輝いている星がフォーマルハウトです。

ほかにもみんなで星と記念写真とか撮ったんですが、ブログに載せていいのか確認するのわすれたのでこちらは想い出にとどめておきますw


実はきちんとした天体観測、というか観望会って初めてだったんですが、ホントに星って綺麗でいいものですね。
都会で生きてるとなかなか実感出来ませんが、ひとたび外に飛び出して絶好のビュースポットに行けば、宙のすべてがでっかいアトラクション。
天候に左右されたり条件もあったりするのであまりお手軽…とはいえませんけど、それを乗り越えてみる星空は、ただ視界に飛び込んで来るだけの「情報」ではなく、何万光年乗り越えてやっと届いた光に込められた、なにかしらの思いを感じるような気さえします。

みなさんは、星、好きですか?

僕は今年、すンごく好きになりました。
星見 |

富士山こぼれ話

さすがに長時間バスに揺られてみんなで移動♪であるとか、『星を観に行く』なんて普段しないことをするといろんな出来事があるわけで。
当然昨日書ききれなかった出来事もてんこもりにあるわけです。

ので、今日はそのこぼれた部分でも話そうかと。

…別に、この話で何日引っ張れるかとか試してませんよ?w



昨日のブログでも書いた、「バス降りた直後の感動」。
実際星空への感動もすさまじいものがあったんですが、その瞬間に出た「声」は、実は2段階に別れた段階方式だったのです。

理由は簡単、寒いからw

もともと、しおり(?)にも『当日現地は10℃前後になると思われます』という文面も添えられていたのでみんながっつり寒さ対策とかしてたんです。
写真も載せたんでわかるかと思いますが、僕も冬場に着るような、風通さなくて保温性の高そうな上着と、あとマフラーも持って来ました。

でも……僕らがそんな「あぁ、寒いらしいから上着着てこ」となるわけがないわけで……

バス内・窓際がひんやり

外は寒いらしい

これは上着が要りそうだ

実際どのくらい寒いんだろう

一回このまま半袖で出ようぜ

となるわけで。
一同、寒いと判った上で外に出るという暴挙w
なのでまず外の空気が肌に刺さって「ぅひょぉほ…!」となった後、空を見て「ぅおぉぉぉぉ!!」となったのです。
二段階になったせいで階段を上がるように声のボリュームも上がり、余計にうるさい結果を招いて怒られたわけですねw

でもそういうのが楽しいのw



星空写真の話。

実は携帯で試したりデジカメで試したりしてたんです。
写んないかなーと思って。

09082601.jpg
こちらがデジカメで試した画像。(クリックで大きい画面出ます)

09082602.jpg
こっちが携帯で撮った画像(同じくクリックで大きい画像出ます)

わかりやすく明るい星ならなんとかなるかと、木星を撮ってみたんですが……
ギリ木星だけ写ってますがわかりますかね?
つーか他にも画面内いたるところに星はあるはずなんですが、光が微弱すぎて捉えきれず。
というか携帯が脆弱すぎるw
ていうか木星さえほぼわからず、ただの黒い画面にしか見えませんwww

なんとかなんないかとあの手この手でいろいろ試したんですがこれが限界…orz
まぁブログ用には星猛者スタッフTさんから借りた写真(実はTさん、一度この『マジP!』に出て来てますw)があったのでよかったんですが。

でも……この写真撮った時にちょっと「あ、『とらドラ!』みたい」と思いましたw
そう考えるとこれはこれでステキかな、と。

はい、ネタが判らない人は『とらドラ!』を見ましょうw




帰りのサービスエリアでの話。

みんな星を見るために「見上げ続ける」という普段慣れない行動に出たせいなのか、それともただはしゃぎ過ぎたためなのか、とにかく帰りのバスは賑やかだった人の声がだんだんと減って行く様がなんとも面白かったんですが、サービスエリアに着いてまたぞろぞろと起き出し。
トイレだ飲物補充だと皆それぞれ思い思いの行動を取ってたんですが。

寺島くんと二人……「腹減ったね」つってw

この頃時刻はたしか朝の4時過ぎ。
でも空いちゃったものはしょうがないじゃん!というわけで、「なんか食うか!」ってノリになったんですが、いろいろ逡巡してる間に停車時間は残りは10分を切り。
ヤバい…どうする……諦めるか…!?でも腹は減っている!!
つって結果

09082603.jpg
がっつりいっちゃいましたw

そして二人とも見事に10分かからず平らげ、バスの発車時間にも間に合った…!!
のですが。
猛烈な勢いで食べてるところをスタッフさんに発見され「た……食べてる!?」みたいな目でみられ、バスに戻る頃には「あいつらラーメン食ってたぜ」という話がバス中に広がってましたw

いいじゃない、食べたかったんだからw




話は戻り行きのサービスエリアでの話。

前回も書いた通り、川原さんのスーパー激写タイムが始まり、昨日上げた写真の他にも

09082604.jpg
超ブレる川原さんとかいろいろ撮って遊んでたんですが、そのときふとカメラのフレーム内に入りたがる男が。

いいのかい…?俺のカメラに写されるとそのままブログにあげられちまうぜ…?

という忠告を無視して入って来たので「それならば」とばかりに撮ってみました。

09082605.jpg
テーマ『川原さん大好き☆』

ふたりとも……なんていい表情しやがるw
ちょうど二人の間に「開催中」の文字が入り込んでるのがまたなんとも。
まぁ関係ないものなんですが、なんとなくおかしいw
なにが開催されてんだこの場所でw


以上、星以外にも楽しい事だらけだったよ☆
富士山観望会!こぼれ話 お送りしました。

これ以上はもうネタないので続かないと思いますw

ネタ |

海底から愛を込めて

近所のよく行くラーメン屋さんに行ったときのこと。


ラーメン屋ってほら、熱いものを勢い良くすする関係もあっていろんな備品置いてあるじゃないですか。
『ご自由にお使いください』的な。

大概はお店のノベルティ…っていうとおかしいか、ともかくそのお店が自分で作った、お店なりのものを置いてたりするんですが、そこはちょいと違いまして。
それがまたおもしろい具合に作用してたんで思わず写真に収めてしまいました。

09082701.jpg
マリンちゃんキタ――――――――(゜∀゜)――――――――――――――!!

まぁこちらはパチンコの、いわゆる「本家」的なものなので若干違うんですがw
なんとなーくアスミスの声が聞こえて来るようなw

これがね、ホントにお店のものじゃなくて近所のパチンコ屋さんからもらってきたの置いときました、みたいな、ある意味エコ(?)なものだったんですけどねw
わざわざコレの目の前に僕が座るという…ある種の奇跡?
運命を感じて撮らざるを得ませんでした……


ところで浴衣のうなじって夏の風物エロスですよね。

ごちそうさまです。(主にラーメン的な意味で)
小ネタ |

それなんて遊び?

某月某所。
某飲み会。


仕事終わりで飲んでていろんな話に花が咲く中、なにやら耳慣れぬことを言い出す女子が約一名。


「最近身近で、間島さんのモノマネが流行ってるんですよ」


……What?w
この娘は……なにを言ってるんだ……
話を詳しく聞いてみると、なにやら某軽音楽部なアニメの、楽器の練習してるときに僕のモノマネが最近流行ってるらしく。

……これは……アレだな。

絶 対 日 笠 が 原 因 だ な w


ということで呑み会終わり次第日笠にメール。



「お前ら…練習の合間にモノマネして遊んでるらしいな……」

『ひぃい!ば…バレた!!!!!だだだ誰から聞いたんですか!』

「犯人探しとかいいじゃないか。とにかくやってるんだな」




といったやりとり。
どうやらやってる事実は本当のようですw

「怒らないからどうやってんのか言ってみ?」つって聞き出したところ、よく言うモノマネワードは二つ。

「ウーロンハイ(・_・)/」

ってのと

店員「タマゴどちらですか~?」
間島「はーい(・_・)/」



というものだそうで。

あの…冷静に考えなくても……
それって特徴出にくいワードだと思うんですがw

というかなぜ常に呑み屋の印象w
そこら辺考えてもやっぱり日笠の仕業であることは揺るぎない事実なわけですw
まだやってるところ聞いてないからクオリティに関してはなんとも言えませんが、まず間違いなく激似ってことはないでしょうしねぇw

「(間島さんが)全員知ってる人だったので!!」
とのことだったんですが、だったらなぜ『けいおん!』キャストの中でモノマネをしないのかとw
まぁそれだけ慕ってくれてるんだろう、と好意的に解釈しましたが、世の中本当に不思議なことが多いものです。





ここ見てて日笠のラジオとか聞いてる人はラジオにネタメール送ってやればいいw
ネタ |

エアロスミスやないかい

土曜はよく見るお笑い番組が多いです。

今日も今日とてレッドカーペットとか見てたんですが、ビーグル38とかもう違う衣装着て違うネタやられたら誰だかわからないですよね……


ってビーグル38がわからない人が多いかもしれませんがw


そしてここからはレッドカーペットの話なんですが、なぜか先週のレッドカーペットの話をしますw

「なんでやねん!」と思った方も多いでしょうが、理由は簡単、録画しといたの今日見たからですw
その後今週の、つか今日の放送も見たんですけどね。

ここ2週分見て一番おもしろかったのが、先週のコラボカーペットだったわけでして。

ちなみにもし『レッドカーペットわからん』という方のために、コラボカーペットとは。
二組以上の、普段は別々に活動している芸人さんが一緒にひとつのネタをやるという企画。
毎週いろんな芸人さんが、各々のネタと波長の合いそうな別の芸人さんをゲストに招くようなカタチでお届けする、ある種夢の企画。


まぁそんなコラボカーペットにて、先週の放送ではなかやまきんに君とテンゲンがコラボしてました。
ちなみにテンゲンってのはボディビル系の筋肉ネタやる芸人さん。
もちろんムッキムキです。
以前から番組でテンゲンのネタ終わりに今田さんがきんに君を絡めたコメントをしてたりしたんですが、ついに先週夢のコラボが実現したわけです!

で、肝心のネタの方。
……やってることはだいたいいつものきんに君のネタと同じw
筋肉料理研究家のマグマ中山が『新しい料理』を紹介する、というていで、パスタに粉チーズかけたりかき氷にシロップかけたりするだけなんですがw

なんつーんだろう……筋肉ムキムキが二人いるだけでなんとなくおもしろいですねw

あと『同じ事でもやり続けることで、だんだんと浸透して来るんだ』ということに気付きましたw
いやー、一番はじめきんに君のネタ見たときはぽかーんとしただけでなにがおもしろかったのかわからなかったんですが、まさかあんな、2週間で一番おもしろいネタだと思える日が来るとは思いませんでしたw

同じような事を、ダチョウ倶楽部さんのネタでも思った事あるんですが、同じ事を続けるってすごいことだなーと思います。
世間に浸透してないのにひたすら続け、まさに「時代が追いつく」まで続けたわけですから。
ダチョウさんのネタなんて今じゃ本人たちがいなくても、団体芸として定着しつつありますしねぇ。



なんだかバラエティからすごい大切なことを学んだような気がします。
世の中なにが勉強になるかわからんw
テレビ |
<<前のページ| ホーム |次のページ>>