マジP!

間島淳司の日常をプロデュース!!

熱いベーゼを

おい、そこのお前
何を浮かれている
その手に握られた携帯をしまえ
恐ろしい奴だ
それをどうしていた?
おもしろいウソを思いついたりそれを友達にメールしちゃおうとか思っちゃってるのか。
この国はすぐ4月にウソを吐く。
エイプリルフールだからといって、マジP!に
「俺今年はすげぇウソ思いついちゃったよ♪聞いてくださーい、てへぺろ☆」
などというクオリティを期待しているのなら
今すぐケツをニューハンプシャーまでふっ飛ばすから覚悟するんだな。


今日はくちびるの話だ。


先日悩める乙女からこんなメッセージが。

『女性の「くちびる」は男性のにとっての魅力にはならないのでしょうか?』

どうやら彼女、自らの胸の大きさに納得がいっていないらしく、そのことで別の魅力有る部位を探している模様。
「もっと大きければ…」
「でも男性は胸が好きだし…あたしの魅力は…」
とまさに胸のせいで胸を痛めている状態。
お…うまくね?w

誰か!誰か間島さんのケツをニューハンプシャーまでふっ飛ばしてあげてw

さておき、実に愚かなことです……何度も言っているように女性の胸、いやおっぱいは所詮パーツ。
女性についているからおっぱいはおっぱいとして魅力的に輝き、ただそこにあるおっぱいはただの肉塊にすぎないのです。

おっと、このままだとおっぱいの話になってしまうw
軌道修正をば。


くちびる…海外では厚めのくちびるが流行ってるとか、そのために海外のセレブ達はヒアルロン酸などを注入してくちびるをふくらませる整形を行っているとか、そんな話も聞いた事があります。
美にうるさいであろうことは想像に難くない海外セレブ達が、くちびるをより良く魅せるために整形をしているわけです。
それにそもそもメイク。
綺麗に魅せるために行うメイクでも、口紅を塗ったりグロスを塗ったりしてくちびるをより魅力的に魅せる作業が既に入り込んでいます。
つまり、くちびるは魅力的な存在になり得る、ということですね。

とはいえこれは海外セレブやメイク…つまり女性視点から見たものの考え方なわけで。
悩める乙女は『男性にとって』どうなのかということを気にしておられるわけです。

では男性的にはどうなのか。

よく聞く話は、『アヒル口の女の子が可愛くて好きだ』なんて話。
アヒル口とは”唇が薄くて口角がクイッと上がっている唇”のことなんだそうで。
芸能人でいうと鈴木あみさんとか広末涼子さん、上戸彩さんとかが『アヒル口の持ち主』なんて言われてるみたいです。
たしかに……かわいい…(ぐっ)
まぁそもそも僕も好きですしね、アヒル口自体。

さ、ここで一つ気になる部分があります。
アヒル口の定義に含まれている『唇が薄くて』という部分。
海外のセレブが求めているものとは正反対のことです。

どちらの方が”女性的に”魅力的に感じるのか、どちらの方が”男性的に”魅力的に感じるのかは統計でも取らない限りわからないでしょうが、ひとつだけ言える事があります。
それはひとくちに『くちびる』といっても、このようにいろんなかたち・いろんな好みが存在する、ということです。


以前このブログで『人間は二足歩行を身に付けたことにより、種の保存のシステムによって異性を惹き付けるため胸が膨らんだ』といったような記述をした覚えがあるのですが、では現代。
たしかに現代も人間は二足歩行をしているわけで、胸…おっぱいも魅力的な部位に変わりはありません。

ですがそうやって『二足歩行』になって、いったいどれほどの年月が過ぎたでしょうか。

異性を惹き付けるために膨らみ、”胸”から”おっぱい”へとその魅力を増した身体。
その時と現代の人間とでは違うところが沢山あると思います。
それは身体的にも、精神的にもです。
地域の違いや時代が変わる事による文化などの差で『美人』の定義が変わったりもするくらい、人の好み、魅力を感じる心は環境や状態によって大きく変わります。
服を着て隠れているおっぱいと比べて『普段から見える位置』として、くちびるは大変魅力ある部位だと思います。

個人的には女性のくちびる……超好きですw
なんか色っぽくないですか?くちびるって。
妙にキスしたくなるくちびるしてる人とかもいますしね♪

あああぁぁぁぁそんなこと言ってたらキスしたくなってきたぁぁぁぁぁぁぁぁ!!
だがもちろん相手はいない。

だからこの、使う予定のないくちびるを使って僕は、ウソを紡ぐのです。








オレ、キス超うまいぜ?←とびっきりのウソ
スポンサーサイト
男女に関するアレコレ |

そういえば

昨日はエイプリルフールとくちびるに心奪われてすっかり忘れていましたが、気がつきゃこのブログ、昨日で満一周年。
一年間毎日欠かさず続けたことになります。

これもひとえに応援してくださった皆様、「おもしろい」と言ってくださる方々のおかげです。


思えば去年の年始。

なんとなくブログというものに興味を持ち始め、「でも書く事ないしなー」なんて二の足を踏んでいたあの頃。
それでも年度末あたりになり妙に興味津々になり。
それこそ『なんとなくノリ』で始めたこのブログ。

どうせやるなら目標を掲げようと、初め2週間は『毎日2更新以上』、それからは『毎日1更新』をテーマに、今日までやってきました。
時折呑みの都合とかで騙し騙しな更新になることもありましたが、それもなんとか続けることが出来ました。

そして始めてみて
「仕事じゃないんだし、どうせなら普段ラジオとかでは言わないような事を書こう」
「普通の声優さんのブログと同じじゃおもしろくないよね」
と、他の方はしないであろう様々なアプローチで、いろいろな記事を書き。
「毎日よくあんな分量書けますね」
「最近おっぱいおっぱい書きすぎです、間島さん」
「お前のはブログじゃない、コラムだ」
「おっぱいはともかくニーソックスはマズいと思います、お兄ちゃん」
「早く本にすれば良いのに」

などなど、ファンの方のみならず業界内スタッフキャスト、様々な方に「見てるよ」という趣旨のお言葉を戴く事多数。

「…こんなことになるんなら『おっぱい』とか書かなきゃよかった」と激しく後悔した日もありましたw

逆に「こんなこと書くんだったら、18禁もOKなブログで始めとけばよかった」と、妙な方向で後悔した日もありましたw




あらためて思うのは、世の中絞り出せば意外といろいろなおもしろいことが溢れてるんだなー、ということ。

「毎日書く」という特性上、ストックしてもとにかくネタがなくなることが多いのですが、それでもありふれたもの・こと・言葉を違う角度で見てみるだけで突然「おもしろいもの」に変わることに気がつきました。

もちろん周囲のアホみたいな人々に恵まれたというのもありますw
気がつけばキヨと川原さんという存在がこのブログでは欠かせないものになりました。

『ブログのため』という大義名分を掲げた僕のデジカメフォルダには、お蔵入りしたものも含め二人の写真が、それこそ写真集でも出せるんじゃないかというくらい残ってますw
なぜだ…周りは女の子の方が多い気がするのにw


他にもたくさんの人々、たくさんの趣味、たくさんのアイテム、たくさんのテレビ番組にも助けられつつ、なんとかかんとかやっとこ一年。
二年目になる新しいこの一年、まだまだ『毎日更新』という目標は可能な限り掲げて行くつもりではいますが、一日1記事でももう365本のネタを消化した事になるわけで……
いつ枯渇して『書けない』日がくるかもしれません。

それでもこの一年書き続けられたのは、『人の応援の声ってホントに力になるなー』ということを感じていたから。
とにかくみなさんからのブログの反響があることが続ける力を生んでいた気がします。



まぁこれからも心の向くまま指が赴くままにキーボードを叩いて、皆さんに妙ちくりんな出来事をお届け出来たらなー、なんて思ってます。







しかし……改めて自分で、もう忘れかけてる初期のブログ読み直してみて、

「こいつは…頭がおかしい……」

としか思えませんね、このブログw
とても声優やってる人間が書いてるとは思えないw

とりあえず本気で彼女にしたい女の子とか出来たときに、このブログの事だけは死んでも教えたくない出来ですw

というわけで今後もこのクオリティを維持して頑張って行きたい所存です。
彼女出来るまではな!!

記事内容がおとなしくなってきたらお察しくださいw



ともあれ一年間ありがとう。
そしてこれからもよろしくです☆
小ネタ |

楽しい酒

気心の知れた、気の置けないメンバーで呑む酒は楽しいもの。

たまにそういう機会があると嬉しいですよね。



というわけで先日我が妹・矢作紗友里から「ヒマだ!呑みたい!!」という要請を受けた、僕らの呑み会マスターキヨさんが呑み会を企画しましたわよ。


がその日は僕は夕方からも仕事が入っていたので駆けつけで行く事に…可能なら初めっから参加したかったのに!!

なんとかかんとか大急ぎで仕事を終わらせ、「今終わった、どこにいる?」とキヨにメールをすると画像付きの返信が。


10040301.jpg
今こんなことに

…悲しい子かw
そしてコレをみてすぐにピンと来た僕。

10011001.jpg
同じような画像を

10040302.jpg
一月に見た記憶があるw

まるで同じ日に撮ったかのようなこの三枚の画像……
よくよく見ると下の二枚と一枚目ではキヨの服装が違うことで、別の日だということを証明。
そして…2枚目の画像はそもそも今年の1月にうちのブログで使った画像ですw

呑み会企画した人間が…なぜ毎回悲しいスタイルになるんだろうw

あまりにかわいそうなので急いで呑み会に向かうとさみしいキヨさんとそれを撮影したらしい矢作さん。
ちょうど僕と同じタイミングで佐藤聡美ちゃんとかも駆けつけ、一気に悲しい呑み会ではなくなりましたw


10050303.jpg
メガネを奪い

10040304.jpg
襟を奪い

10040305.jpg
目線さえも奪う

エンジンがかかり始めた我々を止めるものはなにもないw
あ、ちなみに襟ですが、もぎ取ったわけではなく取り外し式な襟だっただけなので念のためw
あと2枚目から上着がなくなってるのはそれも奪われたからですw

…別にキヨから全てを奪う呑み会とかではありませんよ?w
なんか楽しく呑んでたらノリでそうなっただけというか…あとで撮った写真みたらなぜかこんな写真ばっかだったというかw

ウチに帰って画像整理してみて気付きましたが、矢作と聡美ちゃんほっとんど撮ってないというw
聡美ちゃんがかろうじて指だけ(目線入れてるのが聡美ちゃんの指)、矢作に至っては撮ってないという……
なんとも…残念な結果に……

こうやってキヨとか川原さんの写真ばっか撮るから、他の人と遊んでるのに二人とばっか遊んでると思われるんだよなw




さて、当ブログではあまり登場する機会は少ない、矢作紗友里こと我が妹。
「設定兄妹なだけでそんな仲良くないんちゃうん?」とか「ホントはそんな設定すらないんじゃねーの?普段」とか思ってる方もいらっしゃるんじゃないでしょうか。

ところがどっこいうちら兄妹、めっさ仲良しですw

まぁ確かに設定は設定なので血がつながってるわけじゃありませんが、お互いどこか、ガチで兄妹だと思い合ってる節があり…矢作も普通に普段から「おにいちゃん」と呼びます。
…僕の方は「矢作」でインプットしてしまってるので未だに矢作と呼んではいますがw

昨日も店に入るなり入り口付近で電話してた妹に遭遇。
入り口で店員さんの前で
「あのすいません、先に連れが…」
『あれ、おにいちゃん』
「…ぉ?矢作」

というやりとりをかましましたが……これ冷静に考えると、「おにいちゃん」と呼んでる女の子を、男が名字で呼んでるこの形……なんかお願いして言わせてるみたいですねw
名字で呼んじゃってる段階で明らかに兄妹じゃないのはわかりますもんねぇ……
なぜだ、入り口のやりとりひとつで僕がすごくかわいそうな子みたいに思えるw

ちなみに僕の方は、本人には「矢作」と呼びますが、他の人と話す時に良く使うフレーズとして「うちの妹が」という言葉がありますw
『こないだ矢作さんと現場一緒でしたよ~』
「あー、うちの妹と」

みたいなw
これが…別に狙って言ってるわけじゃなくて普通に出て来ちゃうんですよね…w
もうたぶん矢作はホントに妹なんだと思うw



しかしこうやって気心の知れた、気ィ遣わなくて良いメンバーで呑むのは楽で良いですねー。
僕が一番先輩なんで、もしかしたら周りのメンツは気ィ遣ってるのかもしれませんがw
人によっては『学生ノリ』なんて言ったりするんでしょうが、社会人になっても学生のノリで話せる相手がいるのは良いもんです。

こういう呑み会開くと、呑んでる合間合間でちょいちょい
「あー楽しい…」
と誰かが呟くんです。
こういう呑み会を、こういうメンバーを大事にして行きたいなーと思います。
未分類 |

超わかる

4/1にやってた『アメトーーク』の3時間SP。

家電芸人、人見知り芸人、町工場芸人の三本立てでさらに4時間目・通常営業の深夜23:15からはポテトサラダ芸人と、テレ朝一日24時間のうちの1/6を、アメトーークが占拠した状態。
どんだけ人気あんだw

まぁそれを全部見てる段階で僕には応援する事しか出来ないわけですがw


さて、4時間分もあるといろいろ触れたいところもありますが、あえてざっくり絞り込んでこの中の『人見知り芸人』に触れてみたいと思います。


ご存知かご存知じゃないかは知りませんが、実は僕も相当の人見知りです。

なので見る前から「わかるエピソードとかあるんだろうなー」なんて思いながら見てましたが……まー出るわ出るわ、わかるエピソードw
まず基本的に、大勢が集まる場所で『何かをしてる人』になりたいという願望は当たり前のように持ち合わせてますw
なにもしてないとかヒマそうにしてると…話しかけられるじゃないですか?w
もし話しかけられてもそんなスイッチ入ってない状態で上手い返しが出来るわけでも無し、そっとしといて欲しいわけです、人見知りとしてはw

なのでよくアフレコ現場とかでも、もう読んで内容知ってる台本を読み込んでみたり、特に興味もない持って来た飲物のラベルをじっと読んでみたりと『なにかをしてる人』になるのに余念がありませんw

バカリズムさんが言ってた『トイレで個室に入ってる時に誰かが来ると、息をひそめて出て行くのを待つ』なんてのも僕には非常によくわかります…客席はなんか引いてましたがw
男子トイレだとあることなんですが、さほど仲良くもない人と隣同士で用を足すなんて…もう考えただけで恐怖です。
だって…壮絶に気まずいじゃないですか!?w
なので誰かが入ったのを見たら出て来るまで入らないとか、サッと個室の方に入り込むとかよくやりますw

あと『わざと遠回りしてでも、人があまり来ない方の道を選ぶ』なんてのもすごくよくわかりますw
スタジオに向かうときでも、人が行かない、最短距離以外の道を選択する傾向が僕にもあったり。
離れたところで前方に知り合いとか発見しても、普通は「おはようございまーす」とか言いながら一緒に行ったりするんでしょうが、僕の場合は「…やべぇ」と道を変えたり気付かれないギリギリの距離をキープしたりしますw
もちろん道だけでなく、スタジオから一番近くの、みんなが良く利用するであろうコンビニはなるべく利用しないようにもします。

なんとしても、会いたくないのです…特に理由はないんですがw


とはいえ実際そうなってしまったら普通に話せるんですけどねw
人嫌いなわけじゃないし、話すのもキライじゃないので。

そう…一番近い感覚でいうならば……『めんどくさい』w
一緒にいると話さなきゃいけない強迫観念に駆られるじゃないですか?
隣に座ってるのになんも話さないと、なんか気まずいじゃないですか?
でも…話題を探すのはめんどくさいじゃないですかw
たぶん、だから僕は人を避けるんだと思うんですよねー。


そうなってくると『話題を探さなくても良い人』『話しかけなくても平気な人』と一緒にいる傾向が強くなるわけです。

キヨとかは放っとけば無限に喋り続けるタイプなので非常に楽です。
というかそもそもノリで会話してるので、探す必要がありません。
変に間が空いても、「どーん」とか「ぅわぁぁぁぁジョワー!!」とか言ってればいいのでw
川原さんはじーっと見つめてあげると勝手にプレッシャーを感じておかしな行動に出るので、見ていて飽きませんw
こっちから話題振らなくても良いしw

基本的には楽な方へ、楽な方へと向かっている気がします…が……なのになんでこんなに日常が騒がしいのでしょうかw



たぶんこれ読んでる人も、僕が『人見知り芸人』を見てる時に思ったことと同じ事を、今思っているのではないでしょうか。

『だったらなんでそんな職業に就いたんだよ』とw

えっと………なんで……なんですかね?w
自分でもよくわかりませんがw

僕らの仕事は基本的には台本があって、喋る事はだいたい決まってるわけです。
「アフレコ」であったり「ナレーション」であったり『台本』があることが多い仕事ですし。
ラジオとかでなければそうそうフリートークをする機会もないというか。
まぁラジオのフリートークもキライじゃないっていうかむしろ好きなんですけどw

おぉ……語れば語るほど…自分がわからなくなっていくw

よくわかんないけど僕、人見知りの話好きみたいですw
でもめんどくさがりw
どんなジャンルだw




まぁ世の中、イメージ通りの人ばかりじゃないというか。
「しゃべりそうなイメージの職業」でも、意外とそうじゃない人もいるんだよ、なんてことを『人見知り芸人』見てて改めて学んだ気分。
ちょっと勇気をもらった感じ?w

コレ読んでる人見知りの人も勇気を出してみてください。
もしかしたら……あなたが仲良くなりたい『あの人』も、あなたとおんなじ人見知りかもしれませんよ?w

勇気を出して仲良くなって……みんなでいろんなもののラベルを読み込みましょうw

テレビ |

サクラサク 下準備編

春……それは別れの季節。
春……それは出会いの季節。

春……そしてそれは、宴の季節。


桜が咲いたら花見だよね♪
ということで今年も川原さんちにお邪魔して花見、してきました!!


……が。
まずは下準備編からw


昨年同様スタッフKさんの仕切りのもとお花見in川原邸2010は企画されました。
…去年もそうだったんですがなぜ川原さんちなのに川原さんが仕切りじゃないんでしょうかw
「間島さんちで遊ぶからみんな来なよ~♪」なんつって人集められたらたぶんボクだったらブチ切れてるとこですが…
そこは川原さん、さすが懐が深いw

とか言いながら企画連絡が来てから会った人何人かに
「○日に川原さんちで花見やるよ」
「わ~行きたいです~」
「じゃあ来たら良いじゃん」

と勝手に誘ってた僕がそれをいうのも変な話ですがw


実はその企画メールの中に不穏な文章が混じってまして……

『マジ兄の餃子、久しぶりに食べたいな☆』とw

まぁ前日超ヒマとかしてれば作らなくもない(たしか去年はそうだったw)んですけど、ちょっと前に書いた通りここんとこ立て込んでまして……
前日も仕事が入っていたので準備の時間があまりにもない状態。
申し訳なく思いつつも
「さすがに今回は無理ぽです」
と返信したんですが……なんと前日の仕事が思ったより早く終わり、準備が出来そうな時間が出来てしまいましたw

前日になり急遽「時間が出来てしまったので材料揃ったら持って来ます」とメール。
そこでのやりとりで初めて今回の参加人数聞いたんですが……軽い衝撃。
駆けつけ・未定も合わせると最大で12人とかいうわけですよw
多いw
その人数で食う餃子を一人で用意しろとw
鬼かw

まぁ聞いてしまった以上、言ってしまった以上はもうやらざるを得ない状態になってしまったので、さっそくスーパーにて買い出し。
あれもこれも、ああそういえばあれも足りなかったな、と、ついでに今自分ちで足りなくなってるモノも買い込んだ結果、お会計が6000円オーバーw
ちょ、独り暮らしってレベルじゃねぇぞこの金額w
まぁ一緒に米とか買ったのがいかんのですが。

にしてもそんだけの金額分の分量の荷物を、一人でえっちらおっちら運ぶ僕。
両手一杯の買い物袋を、31歳の男が一人でえっちらおっちら……
なんだろう、尻に敷かれてる旦那みたいだw

ただの花見の支度だがな!!w
尻に敷いても良いから嫁さん大募集。
むしろ急募。



さて、家に帰ってからはひたすら餃子の仕込み。
とりあえずMAXが12人だということなのでなんとなく100個前後を目標に買い物をして来ました。

ついでにちょいちょい「間島さんの餃子の作り方教えてください~」と言う方がいらっしゃるので、なんとなくざっくり開設しながら仕込みの様子をば。


10040501.jpg
つくるよ~~

挽き肉はこれでだいたい20個分です。
300だか400gくらい?
ニラは一袋のうちの1/3か1/4くらい。
キャベツは半玉写ってますがどのくらい入れるかはお好みで。
野菜餃子っぽくヘルシーにしたいなら多めに、肉餃子的なのがお好みな方は少なめにどうぞ。
タケノコは野菜と挽き肉だけだと食感が出ないので一緒に入れます。
これも食感目的なのでお好みで。

あとヒヨコとうさぎが写ってますが、彼らは料理する側の子たちなので材料ではありませんw

揃えた材料を細かく刻んで行きます。
お店の餃子と違ってうちはそこまで微塵にはしません、野菜の方でも食感が出るとおもしろいなーと思って。
あまりこだわりをもって大きさを揃える必要はありませんが、目安としてはだいたい2~3mmくらいの大きさに。

10040502.jpg
刻んだモノたち

お次は刻んだ材料をご覧のようにボールに入れ、捏ねます。
材料の他に塩コショウ・ごま油・醤油・酢・それにお湯で溶いた鶏ガラスープを入れ、練り込みます。
この段階で醤油と酢を入れておくと、餃子自体に味がつくのでタレを付けずに食べられます。
味が薄いという方はタレ付けても構いませんが。
鶏ガラスープは肉汁の代わりみたいなもんです。
練り込むことで、上手く包んであれば小龍包…までとは言いませんが普通よりジューシーな感じになります。

すぐ焼くならけっこうどろっとなるまで入れて練り込んでも構いませんが、冷凍したり保存することを考えるならあまり大量には入れない方が良いかもです。

10040503.jpg
全てを練り合わせたもの。

場所がキッチンから居間に移動しましたw
こっからは包む作業です。
まぁ…これは説明するまでもないですねw
適量を皮の上に乗せ、包む。
包み方は自分が包みやすい形でよろしいかと。

あ、ちなみに上の練り込む作業で多めに鶏ガラスープ練り込んだ人はしっかり口を閉じた方が良いです。
密閉が甘いと、作ったそばから隙間から汁が溢れ出て来ますw

10040504.jpg
包み終わったもの

今回は持って行かなければならないので、冷凍する関係でバットに入れてラップをかぶせて一旦冷凍、ある程度凍ったらラップで包み直します。
バットにはくっつかないように軽く片栗粉とか振っといた方がいいかもしれません。

10040505.jpg
凍ったものをラップにくるみ直したもの

作り終わってから数えたら、今回は90個作ってましたw
去年が80個くらいだったはずなんで10個ほど多くなりましたねw

でも…10人もいたらあっという間になくなりますw

くそがw



というわけでコレ持ってお花見にいざ出陣!と相成るわけでございます。
続きはまた後日!!

……二年連続で持ってってますが、日本のお花見って別に餃子必須じゃないですよね?w

未分類 |
| ホーム |次のページ>>