マジP!

間島淳司の日常をプロデュース!!

ナイス担当

たまたま入ったお店での出来事。

お店によって先払い、後清算、支払いの方法はまちまちですよね。
もっといえば先払いにもレジで支払うものもあれば券売機ですべてを済ませるお店。
後清算でも同じくレジで支払いもあれば、席で会計のものもあり。
まぁお店の雰囲気、スタイル、なにを大事にしてるのかとかいろいろな理由で変わるんでしょうが、中には

「お帰りの際にこの札(プレート)をお持ちください」

なんてお店、あるじゃないですか。

プレートに番号が書いてあって、それを持って行く事によってどこの席でごはんを食べてたのかがわかるシステム。
そのプレートにもお店の個性みたいなものが現れるものです。

この日行ったお店のプレートは格別おもしろかったので、写真に収めてみました。




10100101.jpg
『お帰りの際、ナイスなレジ担当にお渡し下さい。』



……ね?すごくね?w
ナイスかどうかはこちらが判断することだと思うのですが……もしレジにナイスな担当がいなかったらどうしたらいいんですかね?

レジ担当「ありがとうございましたー」
間島「どけ」
レジ担当「は?お会計…ですよね?」
間島「うむ。だからどけ」
レジ担当「……は?」
間島「我が見るに、貴様はナイスなどではない。担当を代わるが良い」
レジ担当「くっ…!?俺が…ナイスではない…だと!どこを見てそんなことを!!」
間島「よく見るがいい…貴様のその姿……貴様は女ではないではないか!!」
レジ担当「ぐぬぅっ!?」
間島「おっぱいがついていない…パイスラッシュのひとつも出来ない貴様など、我は『ナイス』などと認めぬ!!」
レジ担当「ク……ソが…ァ!!」

的なこともあり得る、ということですよね?(あり得ません)
それどころかそもそもレジに担当がいなかったらどうしたらいいんでしょうかw
各人の対応が問われるところです。




さて。
ちなみにこのプレート。
もう一つ気になる点があるんですよねー個人的に。
この数字。『836』って書いてありますよね。
プレートと書いて来ましたが、数字の上に金具があるので『プレート』というよりは『クリップボード』といった方が正しいんでしょうか。

クリップボードの下に…836。

つまりこういうことです。




10100102.jpg
『836(はさむ)。』


指挟むと痛そうだったんで携帯についてたせんとくんさん(仮名)に挟まっていただきました。
キヨんとこのせんとくんはもう人間になったというのに…
うちのは人間になるどころか聖なるオーラ全開。
一緒に付けてる他のストラップがだんだん薄汚れて行く中なぜかせんとくんさん(仮名)だけはやたら綺麗なまま。
これをオーラと言わずしてなにをオーラと言おうか、という状態です。


あまりに神々しいせんとくんさん(仮名)のせいで話が逸れましたが、席数が800席もあるお店ではなかったのでなぜこの番号だったのかは謎。
さらにいえば、お昼過ぎどころか夕方くらいに入ったのでお店の中はガラガラ。
お客さんが一人もいない店内に通されたというのになぜこの席に案内されたのかも謎w
狙ってるんでしょうか……ツッコミ待ち?

だとしたらまんまと引っかかりましたね、僕。
……もう挟むんだか引っかかるんだかw
スポンサーサイト
ネタ |

10月に入りましたね

もう10月ですよ10月。
ついこの間今年になったと思ってたらもう10月。
あと3ヶ月もしたら今年も終わって2011年ですって。はえー。

10月。
突然雨が続いて気温が下がったと思ったら、晴れても以前ほどの暑さにはならず、すっかり秋めいてきた印象のある昨今。
季節の変わり目で体調を崩されている方も多いのではないでしょうか。


さて10月、秋。
○○の秋、なんて言い方をよく耳にしますが、この『○○』になにを当てはめますか?

読書、食欲、芸術など様々な単語が当てはまりますが、世間的にいちばん浸透…誰にでも当てはまりそうなのはやっぱり食欲の秋ですよね。
日本は食料自給率が低く、マニュフェストでも『食料自給率の向上』なんてのが盛り込まれているくらい、先進国の中では食料自給率が低い国です。
まぁある程度はしょうがない気がしますけどね…日本って他の先進国に比べて圧倒的に国土が少ないし。
異常気象の影響か、サンマの値段が上がってたりといろいろ食料問題にも不安がつきまといますが……まぁそれは今日の話題とは特に関係ありませんw


実は…最近新しい料理を覚えましてですね。

そもそものきっかけは、ずいぶん前に知り合いとごはんを食べに行った時に、相手が食べてたモノがすごく美味しそうに見えたんですよ。
「お、美味そう」
「でも今違うの食べてるし」
「貰うのもなんか悔しい」
「じゃあどうする?」
「作ろう」

となりましてw
ネットで簡単に作れる方法を調べて、たまに作ったりしてます。

それがこちら。


10100201.jpg
プルコギです

写真で見るとただの肉野菜炒めにしか見えませんが、コチュジャンとかハチミツとか使ってちゃんと味はプルコギですw

いやー、しかし家でプルコギって作れるもんなんですね……なんでも調べて見るもんだ。
ネットで調べてみたところ、お肉をタレにつけ込まなくても作れる方法とか見つけたので本当に簡単に作れました。


調べてみると、意外と簡単に作れるもの・方法ってあるのかもしんないですねー。
ごはん |

もしもシリーズ

世の中様々な願い、希望なんてものがあると思います。

・お金持ちになりたいなぁ
・彼女欲しい
・おっぱい大きくなりたい
・働きたくない
・チヤホヤされたい
・世界中のおっぱいを揉みまくりたい
・偉くなりたい
・エロくなりたい

などなど。
「叶いそうな願い」もあれば、「出来なくはないが出来ないだろ」という願いもあると思います。
さらにもっといって「完全に不可能な願い」なんてのもありますよね。

・タイムトラベル
・かめは○波撃ちたい
・第三の目開眼
・勇者になる
・不老不死

とか。
人が生きる以上『夢』や『願い』『希望』は尽きません。
まぁその『不可能な夢』を科学の力で可能にしてきたからこそ、今日の生活があるんだという側面もありますが。

そんな中。
バトンで「不可能な夢」にもしもなったら?というのを見つけたのでやってみましたw



性別逆転バトン。バトン

Q1 目が覚めると性別が変わっていた!まずは一言。
A1 マイガ……ッ!!やったぜマイマザー!!
Q2 とりあえず着替えなくては…何を着る?
A2 まぁ着替える前に一回じっくり見……とりあえず裸Yシャツでも
Q3 大切な用でどうしても家から出なくてはなりません!どうします?
A3 大切な用なら行くんじゃね?てか行った先にいた人はどう思うんだw
Q4 無事に用事を済ませたあなた。どうやって乗り切った?
A4 「姉です(きっぱり)」
Q5 突然友人がやってきた。「どうしたッ!?」と言われたあなたは?
A5 「俺俺!女!!w」
Q6 友人はなんとか理解してくれたようです。そんな友人に一言。
A6 「お前……懐広いな」
Q7 夜、お風呂に入ろうとしますが……あなたならどうしますか?
A7 まぁガン見ですよね。主におっぱい方面を
Q8 いつになったら元に戻ると思いますか?
A8 一度なったんならいっそそのままで良い気がw
Q9 とりあえず寝れば治るそうですよ。
A9 じゃあ寝ない。飽きるまで
Q10 朝、起きたが戻っていない!何か一言。
A10 マイガ……ッ!!やったぜマイマザー!!
Q11 どうも、お疲れ様でした~
A11 お疲れさまでした、うふっ☆

続きを読む
バトン |

誰かが誰かを笑う

人を笑わせることは素晴らしいことです。
自分がなにかを発信することで、相手が「おもしろい」と受け取り、それで笑いが起こる……
自分が『笑わせよう』という意思がないのに相手が笑ったりすると「はて…?」となることもありますが、まぁだいたいそういう人は天然の人ですよね。

出来れば、『笑われる』ではなく意志を持って『笑わせる』者になりたいところです。


さて、”笑う”といえば、『目くそ鼻くそを笑う』なんてことわざ、ありますよね。
意味としては「自分の欠点も知らずに、他人の欠点をばかにすること」だそうで、まさしく目くそが鼻くそをバカにして笑ってるのは愚かな行為だよね、なんて思えます。

んが。
ひとつね…疑問に思っちゃったんですよ……

普段僕らって、『目クソ』って言い方、あんまりしなくありません?
どっちかっつったら目は『目ヤニ』って言いますよね?

…僕だけじゃないですよね?僕だけじゃないという前提で話を進めますよ?w

んでね、鼻クソ。鼻クソは『鼻クソ』以外の他の言い方ってあんまり聞かないじゃないですか。
あと顔から出るクソといえば耳クソに…歯クソですか。
これらはちゃんと『耳垢(みみあか)』に『歯垢(しこう)』って別の言い方がある。

なのになぜ鼻クソだけは鼻クソなのか。
正直鼻クソ…つーかクソってあんまいい言葉じゃないと思うんですよ。
『クソ野郎』とか『クソったれ』とか、『クソ』を用いた用語ってあまりいい意味では用いられないわけですし。

例えば目ヤニや耳垢、歯垢がその『クソ』という単語を使うことを嫌った言い方なのだとしたら、当然鼻クソにも『クソ』を外した表現方法があって然るべきだと思うのです。
てかないと一番困るのは鼻クソでしょ?やっぱ。

だってですよ?
顔の中にあるこれらのクソシリーズで一番目につきやすく、見られて一番恥ずかしいのは明らかに鼻クソでしょう。
なのに『クソ』を用いない表現がないということは

「ねぇ、鼻クソ出てるよ」

としか注意できないということです。
もちろん見た目的に宜しい状態ではないので注意はすべきです。
が、聞こえとして美しくない『クソ』という単語を用いずに伝える方法がない、という現状は、とても良くないと思うのです……





なので。
僕はこう考えました。

ないなら創ればいいじゃないとw

鼻クソに代わる『鼻クソ』を表現する言葉……特に人と会ってる時に恥ずかしくないように人に伝えられる方法。
コレが必要だと思うわけです。

自分で創り出す以上やはり『クソ』であるとか『垢』であるとか、見るからに聞くからに美しくないイメージは避けたいところ。
汚いものをこそ綺麗でウィットに富んだ、ステキな表現であるべきだと思うのです。



そこで目をつけた表現があります。

トイレで大をしているとき。
便器に溜まってる水が跳ねてお尻にかかった経験、ありませんか?
あれ、「おつり」って言いません?
すごく良い表現だと思うのですよこれ……
「ぅわー!うんこで跳ねてケツに水が!!」
というよりも
「あ…おつりが……」
と言った方がとても美しく、奥ゆかしい感じがします。

決して言い方の問題ではありません。

こういった『直接的ではない、間接的で意味がわかる』という表現方法、とても良い……戴きましょうw
がただもらうだけでもアレなので、そこにさらにおもしろさの要素も足していきたいところです。

『鼻クソが覗いてる』という状況を、どう表現するべきなのか…そこでまず考えたのが、お店に例える方法。
営業が始まればお客さんが入ってきますよね?
店内が鼻、人が鼻クソだと考えてください。
鼻(店内)から鼻クソ(人)が覗いてる…この状況はまさしく、のれんを上げて

「大将、やってる?」

と言ってるあの状況にほかなりません。
そこからインスピレーションを受けて、鼻クソが覗いてる人にこう言ってやりましょう。

「ちょっと!お店始まってるよ」とw

そこで相手もすかさず

「やってる?…ってこら!w」

と返せば場の空気もなごみ、そのスキに鼻クソを処理することも可能です。
どう!?これ!!w



ちなみにもう1パターン考えたんですが、長くなったので好評だったら明日にでも公開しますw

考察 |

クソがクソをクソ笑う

さ、話の内容があまりにアレなので反響もないかと思いきや、案の定好評でやんのw
というわけで昨日の鼻クソ話の続き…というかもう1パターンの公開です。


もう1パターンは、『なぜ鼻クソが出来るのか』というところに着目してみたいと思います。

そもそも鼻クソが出来るためには鼻水が必要です。
鼻水に埃等が混じり、水分が抜けて固体化したものが鼻クソ。
ということは、さらに遡って鼻水の出来方にヒントが隠されているわけです。


通常時は適度に鼻腔内に分泌されており、吸い込んだ空気に適度な湿り気を与える役目や、粘膜を病原菌からガードする役目を担っている鼻水。
ところが花粉症や風邪を引いた際には「ど…どこにこんな量が!?」と疑いたくなるくらいの、信じられない量の鼻水が流れ出ます。

アレはつまり、体内…特に鼻や喉にいる花粉や病原菌を殺菌し、洗い流すために出ているんだそうで。
つまり身体が頑張って菌や花粉と戦った証なわけです。


ほら、そう考えるとなんか鼻水も悪くないでしょ?w
そしてそんな鼻水から、水分が抜け固体化したものが、件の鼻クソなわけで……





『激闘の痕跡』という表現はどうでしょうかw

激しい戦いが過ぎ、戦争が終わったあと……
当時誇った戦いの証は、いつしか戦いの痕跡へと変わり、後世それを見たものに語り継がれるのです……



実際人に伝えるときの手順として、こんなサンプルもご用意しました。

貴方が、鼻クソが出てることを伝える人。
目の前に鼻クソがこんにちはしてる人がいるとします。

そこで自分を部下かなにか、その鼻クソ野郎のことを、自分より目上の存在だと当てはめます。
そしてこう言ってやりましょう。



「陛下、激闘の痕跡が……」と。


これなら相手は持ち上げられているわけですし、悪い気はしません。
さらに部下が気を遣って、陛下の鼻を手で隠しながら激闘の痕跡を取り除いてあげると、好感度UP間違いなし。
陛下もきっと「悪くない」と、まるでキヨが言いそうなことを言って返してくれるはずですw


もしどうしても『鼻クソ出てるヤツのことを上に見るなんて屈辱的だ』という方はこう考えましょう。
どうせ目の前にいるのは哀れな鼻クソ野郎なんですから、気づいた貴方が助けてあげればよいのです。
ほーら、世界は平和。
鼻クソでラブアンドピース。







ただ昨日紹介した方法も今日のものも、どちらも相手の協力があった方がおもしろいものなので、ノリの悪い相手にははっきりと「鼻クソ出てるよ」言ってやりましょう。

きっとその方が、ラブアンドピースw
考察 |
| ホーム |次のページ>>