マジP!

間島淳司の日常をプロデュース!!

きんがしんねん

はい、というわけで明けましたね、2011年。
今年早々なにがあったか…などといってもなにもあるわけもなくw


強いていうなら年末・寅年の最後には

タイガー
 ↓
ティガー
 ↓
ティガ
 ↓
ティガレックス


ということでティガを討伐し、2011年初っ端であるこれから、ウサギのモンスターであるウルクススを討伐しに行こうかと思っておりますw
年またぎモンハン特番的なw

皆様は今年の年始はどのようにお過ごしでしょうか?
体調を崩す事なくステキなSYOU-GA-TSUライフをお過ごしになれますよう、お祈り申し上げます。



2011.1.1 間島淳司
スポンサーサイト
小ネタ |

きんが…新年

2011年、1月2日。

昨年の今日のブログはうちのプロデューサー様達からご挨拶がありました。
御自ら『鏡餅』になる、という身体を張った挨拶を噛ましてくれましたが、今年はまたひと味違うご挨拶を。

昨年我が家・我がブログで大活躍した彼…いや、彼らからのご挨拶です。














1011010301.jpg
かがみもちー♪


白と、オレンジのコントラスト。
そして良く見ると……その背中には白と黄のコントラストw
くそぅ……くそぅかわいいw

今年はまた彼らに代わるアイドルでも現れるんですかね?
まぁこいつらの可愛さに勝てるモノはあまりないけどな!!w
小ネタ |

我が家のウルクスス様

昨日のブログをあげてからこっち、様々な方から以下のようなツッコミ?意見?を戴いております。



『うさぎ年なのにうさPじゃないんですか?』



うん、たしかにごもっとも。
ごもっともなんですが……みなさんお忘れですか?
うさPのPが何を意味するのかを。
先日『マジP!の由来は内Pからである』ということをお話ししたかと思います。
ということは…?
内Pとは…内村プロデュース。
ということは…?
うさPのPは……プロデュース…プロデューサーのP、ということになります。

プロデューサーとは…映画・演劇・放送などでの、作品や番組の製作責任者のこと。

そう!つまり彼は、あえてきんじろうたちにやらせることで、この『マジP!』の製作を担当していたのです!!




……あら?お疑い?w



そんな貴方のために!
昨日のブログ用の写真を撮っていたときのうさPの様子を大公開!!





11010201.jpg
Zzz……

え…あの……ちょっと、うさPさん……?
なにをしてらっしゃるんですか……?

もしもーし!!(ゆさゆさ)


11010302.jpg
「!」

がさごそ……がさごそ………


11010303.jpg
「何か用かね?」

いや……今…寝てましたよね?

うさ「寝てなどいない!」

完全に寝てたくせに……今年貴方の年でしょ!?
なんでそんなときに何もしないどころか爆睡なんですか!?

うさ「私は!寝てなどいない!!」

ダメだこいつ認める気がない……まぁいいや。
今年(撮影時では去年)貴方の年なのに新入りが頑張っちゃってますよ?
自分ではなんもしないんですか今年。
12年に1回しか来ないんでしょ?
あの二人なんて干支にも入って無いのに頑張ってるってのに、12年に1回のチャンスくらい……

うさ「あーもーうるさいなー、眠かったんだからしょうがないじゃんー」

……もう寝てたことはいいですこの際。
そのうさぎ年に、うさぎである貴方はなにもしなくていいんですか?

うさ「…しょうがないな……んじゃやるよ……メンドクセ」





11010304.jpg
「はい」

……はい、って?

うさ「だから鏡もち。」

それ……新入りと同じネタ……

うさ「なにいってんの!?メダルだよ!?しかもライオンだよ!?」

なんでちょっとテンションあがったんですか……
んで頭にメダル乗せてるだけだとなんかみかんのヘタみたいになってるし

うさ「まあいいや、メダルの良さがわからんヤツは去ね。おやすみー」

11010201.jpg
Zzz……




どうやら…プロデューサーという仕事は思ったより激務のようですw

きっと今年はうさぎ年、ということでこれからちょこちょこ出番が増えるかと思います。
今後のやる気にあふれたうさPにご期待くださいw
小ネタ |

年末年始の食卓事情

さ、三が日もそろそろ終わり。
いつまでも正月休みボケかましてるといろいろ大変。

そんな僕の昨日の夜はというと……外が寒くて布団から出られず、すげー寝てましたw

ま・さ・に……THE・寝正月!!


いやー、ひっさびさにクソみたいな生活した♪w


そういや年末、年越しの時に食べたアレを写真に撮った割には紹介する機会がなかったので今日紹介しちゃいますね。




110104001.jpg
日本の年越し

別に緑のたぬきでもどん兵衛でも、その他インスタントのものでも良かったんですが、ちょうど蕎麦が家にあったんで作ったんですが……
「足りなかったらやだな」とばかりにいろいろ入れたら大変なことになりましたw
食べた後がっつりおなかいっぱい……そうじゃないと思うんだ、年越しってw
当たり前ですが年越しそばって日本の風習で、海外では特にポピュラーなものではないんですね。
大晦日の夜は『ガキ使』の笑ってはいけないスパイ見てたんですが、録画しといた『池上彰の学べるニュース』を後日見ていたらニューヨークでも大晦日は蕎麦屋が大繁盛だそうで。
理由はもちろん、ニューヨークにいる日本人が年越しそばを食べるから。
国土を離れても文化は人の中に息づいてるということですね。


さ、これだけだとなんだか短めでアレなので、昨日の晩に突然作った料理もご紹介。

料理名:『里芋の煮っころがし』

何故www
と我ながら思いますが、なんとなくノリで、スーパーで里芋買っちゃったんだからしょうがないw

皮剥いて、一度下茹でして、それからいろいろ味付けて煮る、って手順なんですが、まーなにが大変って皮を剥くのが大変。
あいつらね……すげー滑るんですよw
食べるだけだと「あら、ぬめぬめがまた美味♪」なんて程度で済むんですが、向いてるそばからどんどんぬめぬめぬめぬめしてくもんだから、まず持つのが大変w
アレ慣れないうちは切れ味のあまり良くない包丁とかでやらないと、マジで手ェ滑らせて指とか切っちゃう可能性高いですよ…イモも小さいし。
コレ見て「試してみよう!」と思われた方は、是非ご注意を。

11010402.jpg
剥き終わった里芋たち

ふふふ……剥かれちゃったね……でも…そのぬめぬ…いや、すべすべした肌もとってもきれいだよ……?(にやり)
というヘンなやりとりをやるかどうかはご自身の心持ちにお任せしてw
剥き終わったものを一度下茹でして、水で洗ってぬめりを取って。
それから今度はいろいろ味付けしたダシ汁で煮ていきます。
普通ならなんや醤油系の味付けで煮るところなんでしょうが、一風変わった感じにしたかったので今回は味噌系の味付けで煮ます。

11010403.jpg
ぐつぐつ。

一煮立ちしてから中火に戻して、汁気がなくなってとろっとするまでコトコト煮ていきます。
そして……完成。

11010404.jpg
ドギャァァーーーーーン!!(なぜかJOJO風効果音)

こんな感じになるまで煮こんできます。

11010405.jpg
んで盛り直したもの。


ぶっちゃけネットでレシピ見て初めて作ったんでかなり不安でしたが、食べてみたらかなり美味しかったです。
これは…ごはんが……進みそうだ……(ごくり)
里芋だけじゃなく他の食材入れても美味しいかもしんないですね。

ちなみにコレを作ったのが…実は深夜0時頃の話ですw
何故この時間に作ったのか……それは、キッチンが寒いから、やる気になったときにやらないと作らない気がしたからですw
晩ごはんの洗いものしてから、流れで作りましたw


正月早々レシピが1品増えましたw
ごはん |

漫才一番

ああいやだ、もう正月が終わってしまう……
さて、今日は少ーしだけ話を遡りましょうか……だってまだ正月終わってほしくないから!!w

とかいいつつ遡りすぎてクリスマスあたりの話をしますw


毎年クリスマスを感じる行事といえば?
まぁもちろんケーキ食ったり現場で「メリークリスマース☆」とか言っちゃったり言われちゃったりするのもありますが、個人的にはやっぱりM-1グランプリ!!
これを見ると「ああ、そういやクリスマスだな」なんてことを思い出したりします。
まぁ年によってクリスマスだったりクリスマス前だったり終わってたりするんで、ざっくり「クリスマスの時期か」くらいの感覚ですがw

さてそんなM-1グランプリが去年も開催され、なんとその第10回大会でM-1の歴史に幕を下ろすとか。
哀しいことではありますが……こういう人気があるうちに終わる、発展的終了って勇気のいる決断だと思います。
まぁそこについてはとやかくいっても復活するもんでもないと思うのでいいのですがw

というわけで最後の大会となったM-1グランプリ2010を振り返ってみたいと思います。


大会前の下馬評ではやはり笑い飯が優勝する、って予想がすごく多かったですねー。
たまたま入ったごはん屋さんで隣りに座った大学生風の二人組が

「どうせ『最後の年、長年の悲願達成!』つって笑い飯が優勝すんだぜ」

なんつってたのが妙に印象的でしたがw
結果的にまさかホントにそうなってしまうとは…世の中はよく出来ているw

ただ個人的には今回の大会はちょっと…こう……もうひと盛り上がり欲しかったかなー、という印象でした。
なんだろう、爆発力が足りない、みたいな?
ファイナリストになった3組も、個人的には決勝でやった(1本目の)ネタの方がおもしろかったし、その他のコンビも、例年優勝するチームにあるパワーというか、勢いみたいなものをあまり感じませんでした。
ファイナリストのネタだけ比べればたしかに笑い飯優勝で納得なんですが……なんつーかイマイチ弾け感がねー。


そんな個人的にはぶっちゃけ微妙wな印象の今大会、やっぱり一番台風の目だったのはスリムクラブでしょう。
4分という時間制限がある中で、あれだけゆっくり展開させるのは相当肝っ玉が座ってないと出来ないことだと思います。
例年優勝したコンビは「4分間で◯回ボケが入ってる」なんてのを比較されるくらい、まくしたてて手数を増やすスタイルが多い中、たぶんM-1史上一番ボケの数が少なかったコンビなんじゃないでしょうか。
ボケの人の声がハスキー過ぎて若干聞き取りづらいのも、そうやってゆっくり展開することで問題をカバー。
自分たちらしさも押し出しつつ異色で大会の空気を自分たちに寄せた感がありました。

まぁ……審査員の人も言ってましたが「アレを漫才と認めていいのかどうか」というのは難しい問題だとは思いましたがw
どのみち優勝はしてないので問題はないでしょうけどw
どちらにしても彼らは今年仕事増えるでしょうね~。

ナイツは期待してただけにちょっと残念でしたねー。
『ヤホーだけじゃないんだぞ』ということなんでしょうし、自力があるから決勝まで来れたんでしょうけどやっぱり巧さだけだと印象に残りづらい。
同じような理由で銀シャリも惜しかったですねー。
漫才の技術はとても素晴らしいのはわかるんですけど、やっぱり物足りない感じがある。
パンクブーブーは完全にネタのチョイスミスでしたね。
2本目のネタの方向性をもっと変えてれば……あるいは!?って感じはしたんですけど。
1本目は面白かっただけに、まったく同じ展開のネタを2本目に持ってきてしまったのは痛恨のミス、といった感じがしてしまいました。

逆に、個人的に一番印象に残ってるのはカナリア。
実は漫才やってるの見るの初めてだったんですよねー。
どんなもんかと思って見てましたが、なにより歌の印象がすごいw
「ファ~は~ファイティング・ポーズ♪ファイティング・ポーズ♪」とかもう……すごいお気に入りw
観終わったあとも口づさんだのはこのネタのこの歌でしたw

優勝するネタではないな、と思いましたが個人的にはお気に入りになりましたw



ネタだけを純粋にやる大会ってテレビで見る機会って減ってるので、そういう大会であったM-1がこれで終わりだと思うとちょっと寂しいですね。
特にM-1は出てる人ががつがつしてて、優勝目指して力いっぱいやるから良い物が見れますし。
また新しく、こんな熱いネタが見られる番組が始まったらいいなーと思います。

テレビ |
| ホーム |次のページ>>