fc2ブログ

マジP!

間島淳司の日常をプロデュース!!

受験ジャナイヨ

今日はたまたま街で見かけた小ネタで勝負!!
いつものように長々は書かないよ?w



とある街へ映画観に行って、おなかが空いて入ったラーメン屋。
とんこつ系のお店で大盛りとかではなく替え玉を頼むシステムだったんですが、こじゃれてるというか個性的というか、店員さんに直接頼むのではなく目の前の機械にお金を放り込むと注文したことになる、というシステム。

「へぇ~変わってるな」

なんて思いながらお金をがしゃこん、と投入、替え玉も頼んで楽しみ尽くしてきたんですが……
その機械が大変気に入りました。


11041101.jpg
お金を投入する機械

わかる方はこの画像でももうわかりますよね……デザインがどうこうじゃない!
そう、この機械の素晴らしいところは名前だ!!







11041102.jpg
替玉くん。

なんだ…その……合ってるんだけどなんかこう…ねぇ?w
美味しかったしおもしろかったからいいかw
小ネタ |

心が響いた鼓動 信じて

震災からちょうど一ヶ月。
被災地はともかく都内の状況はかなり戻り、電車がちょっとだけ少ないのとACのCMがやたらやってること以外はほぼ日常と変わらないような感じになっていました。

が…またしても地震。

ちょうど地震から1ヶ月の日に、またしてもM7を越える地震が起きるとは……

気象庁の発表では今回のそれも『余震』ということですが、M7を越えるエネルギーの高さ、揺れた後も後から後から続く「余震の余震」とでもいうような状況から、一ヶ月前の記憶が蘇って恐怖に駆られてしまった方も多いのではないでしょうか。

遅々として進まない復興、畳み掛けるように起こる余震、余震なのだから当たり前なのかもしれませんが、起こる余震の震源が、一ヶ月前に一番被害を被った場所にまた起こってしまうというのも胸が痛い情報のひとつでもあります。
なにかしてあげられればいいのに、とも思いますがそんな考えさえ被災してない人間のエゴなのではないか、どうしたらいいのかわからなくて苛立ちとジレンマだけが募る…そんな状況。
節電を心がけたり経済を回そうとお金を使ってみたり、細かいながらも出来ることを探して実践はしてますが、こうも頻発してしまうと気弱になりそうになってしまいますね。


今回…一ヶ月前とまた同じスタジオにいたときに地震が来まして。

都内では多少揺れは長かったですがパニックになるほどのものでもなかったので、『コレをネタに一発おもしろおかしく書いてやるか』などと思っていたのですが……改めて状況を確認しまして不謹慎だと思ったのでやめました。

揺れた後ブログのコメントに、東北方面の方からコメントが来ていました。


『半壊してた家が全壊しました
 今、雷雨の中、車にいます
 もうしにたい
 間島さん どうか俺に笑顔をください
 あるいはおっぱい』



最後の一文に若干クスリとしてしまいましたがそれまでの文面を見るにとんでもない状況なのは一目瞭然。
きっと他にも同じように被災され絶望してる人とかたくさんいらっしゃると思うんです。
地震のたびにそういう方が増えてると思うんです。

ある程度安全である場所で、家もある状態の僕がどんなに言葉を紡いでも自己満足というか…綺麗事を吐いているだけのような気もしてしまいます。
無責任なことをいうのも嫌いだし、何を言うべきなのか、何をすべきなのかはわかりません。

ただ…それでもこのブログを見て『救われました』と言ってくださる方がすごくたくさんいらっしゃったんですよね。
ホントのことを言うとブログ開設から2年を越え毎日ブログを書いてきましたが…そろそろネタにも困ってきたし更新の頻度を落とそうかな、とか思ってたんですよ。
せっかく書くのに、ネタのクオリティ下がってもアレですし。
でも地震が起きて、娯楽もなくなってるであろう被災地をなんとか励ませないかと自分なりに考えたときにこの『毎日同じ時間帯に更新してるブログ』があったんですよね。

その結果がなぜか6日連続おっぱいブログになったんですがw
なぜだろうw

でもそういう方がいる限り、綺麗事だろうがなんだろうが言葉を発し続けるべきだと思っています。
今後もまだまだ続けるつもりでおります。
馬鹿な事を言える人間が、馬鹿な事を言い続けるのも、ある種の励ましなのかな?なんて。


ちなみに今回の地震の後家に帰って来てみると……本棚に飾ってあったフィギュアが落ちていました。

11041201.jpg
響鬼・紅。

手に持っていた音撃棒が外れて、うつ伏せに倒れるように落ちていました。
他に特に被害がなかったことから、きっと…彼が、響鬼さんが体を張って我が家を守ってくれたんだと思います。
力を使いきって、音撃棒が手から滑り落ちて……もうね、コレ見た瞬間涙が出そうになりました。

まぁ勝手な妄想と言ってしまえばそれまでなんですけどw

どんなに絶望的な状況でも人のために、正義のために、仮面ライダーは諦めないで戦い抜くのです。
その結果自分がどうなってしまおうとも厭わずに。
その思いが、今この時代に、日本に必要だと強く感じました、倒れたフィギュアを見て。
時代は今、仮面ライダーを求めている…間違いない。

でもきっと、待ってる場合じゃないんですよね。
時代が求めるなら、僕達みんなが仮面ライダーになる心構えを持たないと。
ふざけた現実をぶっ飛ばすほどの力はなくても、ふざけてる現実に屈しない心は持たないと。


コメントくださった方、被害に遭われた方、くじけないで!諦めないで!
現実がふざけてるなら、それ以上にふざけてやる!!
それが、僕のヒビキ。
未分類 |

我が家の守護神様

響鬼・紅に護られる我が家。

うちにはすでに仮面ライダーがいる、ということです。
が、当然ですが僕は仮面ライダーに変身は出来ない。
いったいどうやったら仮面ライダーになれるのか……

ベルトはある。

ポーズも出来る。

でも変身は出来ない……こんなにつらいことはない…


あの力があれば、誰かを救えるのに。
あの力があれば、誰かを笑顔にできるのに。

思えば『自分が育ち、愛した街を守るため』に戦った、二人で一人のライダーがいました。
『みんなの笑顔を守るため』に戦ったライダーもいました。
『みんなの夢を』『みんなの居場所を』守るために戦ったライダーも。
どれもこれも、今必要なもの。
彼らが守るものは人間にとって本当に必要なものばかり。

ライダーになるとは、その『心』になる、心を手に入れる、ということではないでしょうか。

何者にも屈しない心。
どんな状況でも諦めない心。
その心は…いったいどうやって……!?






そんなことを考えていたら








11041301.jpg
また観に来てました(二回目)w

ダメだ…何回見ても泣ける……内容知ってるのに泣けるw
男の、いや漢の魂がそこにはある。
今必要なものがなんとなく見えてきたような…少しずつ分けてもらってるような感覚にもなりました。

やはりヒーローは僕の中にもいる。間違いなく。



だから今こそ……変身!!







はやっぱり出来ないいぃぃぃぃ!!何故!!w

まだライダーになるには修行が足りないようですねw
心を磨こう。
小ネタ |

お呼ばれしてきました

人の飲み会にお呼ばれしてきました。


以前キヨが出てた『TOKYO RADIO CLUB!』ってお芝居、覚えてらっしゃるでしょうか。
僕も観に行ってこのブログでも感想書いたんですが、そこの劇団・劇団鈴木区がまたお芝居をやっていまして。
そこの打ち上げに参加してきました、キヨに連れられて。

もともとキヨと別のとこで遊んでたんですが、キヨが
「明日の予定がないぶー!ひまだぶー!」
とか言い出しまして…ちょうど楽日を迎え打ち上げ中である鈴木区の主催・鈴木智晴くんに電話。
来てもいいよ、という返事を戴いたらしく、電話を切った後

「じゃ、行きましょうか間島さん」

と平気で言い放ったのですw
んで一緒に行ったわけですが…そもそもいくつか問題があります。
・鈴木区の舞台に出たことがない
・今回の舞台を手伝ったわけでもない
・そもそも今回観に行っていない
・知り合いが主宰者のみ

さぁ……あなたならこの状況で飲み会に参加しますか?w
そもそも舞台の打ち上げって、それまで1ヶ月なり2ヶ月なり、共に頑張って来た成果を出し切った者たちがお互いの労をねぎらう場所というか……関係ない人間には途方もなく居づらい場所。
ほとんどが知り合いだというならともかく、知り合いはキヨを合わせて二人、あとは一度舞台で見たことがある程度の認識の中そこに行くなんて……

ゾクゾクするねぇw

で結局行っちゃうっていうw


僕とキヨが着いた時にはもう皆さんだいぶ出来上がってまして……すごかったです。
読んでる皆さんは体験したことないかもしれませんが、『THE・劇団の打ち上げ』という言葉がまさに相応しいくらいのカオスっぷり。
でかい声を張り上げ、爆笑し、寝るヤツがいたり、酒こぼすヤツがいたり、芝居の話とかし出しちゃったりw
昔劇団にいたことのある身としてはなんとも懐かしいような空間。
違う劇団でも同じような空気になるんですねw

そして上記のとおり知らない人だらけだったんですが、皆さん暖かい方ばかりですんなり受け入れられまして……ずーっと混ざってしゃべってました。
途中まさかの連れてきたキヨが席を外すというミラクルも起こりましたが、その頃には他の人とも普通にしゃべっておりまして。
キヨがいなくてもなんの問題もなく会話する僕w
さらに気がついたら『川原さん呼ぼう!呼んじゃおうぜ!!』と冗談で言っていたらホントに呼んじゃって、しかも来ちゃったなんてことも起きており、ますますカオスに……なんでもアリか、劇団の飲み会w

智晴くんとは過去に舞台で共演したこともありましたがあまり接点がなく、最近は主にtwitterでのやりとりだけでしたが思ったとおりの好青年でした。
やはり…趣味が合うと思っていたんだ……さすが同年代w



結局始発まで打ち上げに参加させていただきまして、なんもしてないのに一緒に打ち上がってしまいましたw
楽しいひとときをありがとう……

てか『知らない飲み会に参加して大盛り上がり』って、なんか日本の話じゃないみたいだなw
未分類 |

ひゃくものがたり

引っ越した先…そこは『怪異』が流行る街。


普通に日々を暮らしていたはずの僕は、どういうわけか『この街』に来た瞬間に怪異に巻き込まれたらしい。
今までなにもなかったはずなのに、母から「これからはこれを付けなさい」と、ヘンな布を渡されたのだ。

それは、2枚の布。
上で繋がっているからある意味1枚とも言えなくないそれ…いわゆる「のれん」と同じような仕組みのその布を、これからは顔に付けろ、と母は言うのだ。
そして布と共に母から渡された言葉。
思えばあの時、もうすでに『怪異』に巻き込まれていたんだろう。

「布の下を見られてはいけないよ」

何故?
僕の顔がなんだっていうの?
この街に来るまで、普通に生活してたのに?
引越しのどさくさで怪我をした記憶もない。
思い当たる節が無い。
でも母が言うのだから、と僕はその布をつけて、新しい小学校へ通うことになった。



クラスでもその姿は異質だった。
それはそうだろう、いきなりやってきた転校生の顔が布で覆われていたら騒ぎたくもなる。
僕が逆の立場だったとしたら、きっと同じように騒いでいたとも思う。

先生からは「家庭の事情」ということで処理されたソレ。
同じく「下を見てはいけない」という念押しの言葉とともに、布をつけた新しい仲間がクラスに加わることになった。


場所は小学校、子供の好奇心は侮れない。
すぐに破られてしまうかと思われた「下を見てはいけない」という禁は、思ったよりもまともなクラスメイトによって護られ続けることになる。
おそらくこの街に、そもそも怪異が多いということが影響しているのだろう。
布をつけたおかしな来訪者は意外にもすんなりと受け入れられ、順調に友達も出来た。
怪異の街で、普通の生活を送ることに成功した僕は……だんだんと『自分が怪異に巻き込まれている』ことさえ忘れかけていった。



ある日。

仲良くなった数人の友達と帰宅する途中…事件は起こった。
学校での生活にも慣れ、布のことなどすっかり忘れていた僕の目の前に、突然女の子が現れた。
目の前に現れた彼女……クラスにいた気がする…話したことはないけど。
風のようにいきなり目の前に現れた彼女は、やることも唐突だった。
いちばんやってはいけない『禁』を犯したのだ。

彼女の小さな手によって開かれた2枚の布。
開かれ、母との約束をそこで思い出した僕の頭は「しまった」という言葉でいっぱいだった。
正直信じてもいなかったけど、約束を破ってしまったことが心に刺のように刺さった。
が……そんな思いも、ほんの一瞬。
開かれた布の間から強烈な光が目に飛び込んできて、僕は前が見えなくなった。

そこで……僕の意識はなくなった。








っていう夢を見ましたよ!!
なんか最近夢よく見るな……なんなんだろう。
布開いたあたりで起きたんですが、目覚めた瞬間真っ先に頭に浮かんだのは『なんかぬら孫みたい』ってことでしたw
ちょうど今ジャンプでやってる百物語組の話とかにありそうなw

あまりに不思議な夢だったので若干のアレンジを加えながら(ところどころ覚えてないんでw)読み物ちっくにまとめてみました。

またおもしろい夢見たら書きたいと思いまーす。
|

ごはん♪ごはん♪

ここ最近はけっこうちゃんと自炊を続けている気がします。

世間には「料理する」ということで認知されてるところが大きい僕ですが、意外というか当たり前というか…めんどくさかったらやりませんw
ヒマすぎるとか時間が余ってるとか、どうしても食べたいものがあるとか、なんかないとなかなかやらないんですが……
一度やりだすと今度はそれがまた『当たり前』になり、しばらく自炊が続くことが多いです。


今回は…そうですね、ヒマすぎるというほど暇なわけではありませんが、なんとなく久しぶりにアレが食べたくなったのでまた料理に手を出しました。

そう、去年の今頃に覚えたの料理……ポテサラです。


なにげに大変なんですよねポテサラって。
ジャガイモの皮剥くのもそうだし、茹でたり潰したりと行程が多い。
キュウリとか入れるならスライスしなきゃだし、洗い物も多くなってしまうのでやる気が出た時でないと作らないんですが、今回なぜかやる気が出ました。
ただ単に、久々に食べたくなったからですけどw

んでどうせ久々なもの作るなら、これまた久々なものでも作ってみるか、ということでもう一品行ってみました。
こちらも昔よく作ってたんですが最近はあんま作ってなかったもの。
まとめて写真撮ったので一緒に見せましょう。


11041601.jpg
ポテサラwithマヨポン。

ポテサラは…今回は水気が多かったのか妙にクリーム状になりましたw
コレはコレで美味いからいいですけどw
それ以外はいつも通りというか、久々の割にはなかなかの安定感。

マヨポンは久々過ぎて分量とか完全に忘れてましたね…カンでやりましたw
がまぁそんな的外れになるような工程はないので問題もなく、こちらも美味しく出来ました……
久々過ぎて知らない方のために説明するならば、鶏肉とネギとエリンギを食べやすい大きさに刻んで、マヨネーズとポン酢で味付けして最後に胡麻をふりかけたもの。
簡単お手軽な割に美味しいです。

欲をいえば…ポテサラの量減らしてもう一品汁物でも作ればよかったかなーとか思いましたがまぁそこはそれw
ただでさえいつも写真見ると『量多くないッスか?』と言われるので、あんま増やしても大変なことになりますしw


ともあれ……良い…食卓でしたw
自炊万歳w
ごはん |

男の弱点

弁慶には泣き所、河童には皿、間島にニーソパイスラ。
人間に限らず生物には弱点、というものがあります。

…最後のは致命的な弱点ではありませんがw


個人個人弱点となるようなものは違うものですが、男全般に関していえるある種の『弱点』が、オランダの某大学の研究チームの手によって導きだされました。

曰く……『美しい女性と話すと、男性は一時的にバカになる』。

被験者となる男子学生に記憶テストを実施、二つのグループに分け片方は『男性』と、もう片方は『女性』と会話をした後、もう一度記憶テストを受けさせます。
その結果……途中で女性と会話したグループの被験者は回答するのが遅くなり、間違いも増えてしまったんだとか。
さらにおもしろいことに、その会話した相手の女性が美人であればあるほど、結果が悪くなったんだとか……
まぁ『美人』の定義は難しいのでこの場合『被験者が魅力的に感じる相手だった場合』ってことですが。

つまりですよ?
男は皆、女に『美人に弱い』ということです。
しかもただメロメロになるとかそういうことだけじゃなく知性が落ちる…バカになるわけで。
一時的とはいえ実に驚異的な結果だと思いませんか?


この理論はなにかを実施する際にはきちんと配慮し、考えないといけませんね……

例えば受験とかで試験官がとんでもない美人だったりすると、実力を発揮できない男性が激増、試験結果が大荒れという結果にもなりかねません。

会社の取引なんかだったら新しく入った新人のめっぽう美人な子とか連れてけば、判断能力が落ちてアホになった取引相手から契約を取る…なんてことも出来るかもしれません。


なぜ男性にだけこのようなことが起きてしまうのか……
細かいことをいえば脳の構造とかなんだとか難しいことが出てくるんでしょうが、心理学者によれば

「男性は美しい女性に会うと、自分の遺伝子を残す『繁殖行為』を考えるようプログラムされている」

からなんですって。
ここでも出ましたよ遺伝子。
これだけ近代化した現代でも男達のナカには原初の本能が未だに息づいているということなんですね……すげー&おそろしい。


つまり。
つまりですよ?
美人を見てエロいこと考えるのはそうプログラムされている、ということで、仕方がないということなのですよ!!

街を歩いててすれ違うおねーさんが超好みでつい目で追ってしまうのも、パイスラ見たら心でガッツポーズするのも、おっぱいのこと考えるのもニーソに(;´Д`)ハァハァしてしまうのもみーんなそうプログラムされているからなのです!!

そうなんだ!僕は…僕は悪くない!!
みんな男が…男の性が!!原初の記憶が悪いんだ!!
繁殖という人類存亡に関わる感覚を消すことなんて、わしにはでけへんのや!!w




でも結局美人だろうとなんだろうと『慣れ』ってのはあるみたいで。

例えば一番初めにすげー魅力的に見えてテンション上がってても3ヶ月もしたら慣れちゃって普通に振る舞えるようになるんだとかw
人間の学習能力すげぇw

僕は…いつになったらおっぱいとニーソに慣れるんですかね?
テンション上がる一方でちっとも慣れないんですけどw

まぁ慣れるほど見れないからいつまでもそうなんでしょうけどね!


春先になってニーソが増え、夏に向けて薄着になりパイスラが際立つ……
僕はもう、これからアホになる一方ですw






……てかこれなんの話だっけ?w

考察 |

私という『個』の話

とか書いたらまた『考察』カテゴリか『夢』カテゴリに入る内容だと思う人が多いだろう、ということを期待してのタイトルw


今現在。
酔っていますw

お酒呑んで帰ってきてみました。

それ自体は別段珍しいことではない(当ブログでもキヨと呑んでるとお知らせしてますしw)んですが、そのなかで 今回普段と違ったこと…それは。

ブログのこと考えずに呑んできたことですw

別にブログに書けないほどエグいことしてきたわけではなくw
普段は『今日…呑みに行くことになる可能性があるな』と思ったら先にブログの記事書いてから出掛けるんですよ。
『予約投稿』ってヤツですね。
うちで「この間」とか「昨日は」とかが多いのはこのへんが理由ですw

逆に「今日、◯◯がありました」みたいな時は、時間があってきっちり時間ギリギリまで考えて書いてる時です。
6日連続おっぱいネタで攻めたときとかは、それはもう日付が変わってから日付がまた変わるまでコメント欄チェックして、ブログに反映したりしてましたw


そんな僕が、今日は何の用意もせずに出掛けまして、帰ってきたらこの時間でした……
それ自体はいいんですがw
なんかこう…珍しい感じがしたので今この感情のままキーボードにぶつけてますw


今日は…アレだ、朝早かったんですw
ゴーカイジャーくらいの時間に起きだして準備して、オーズ見て支度して出かけて…みたいな。
朝はゆっくり寝たい派なのでそういう事態になると眠気を通り越して憤りを感じるわけですが、今日の現場は普段なかなか合わない知り合いが多数いておもしろい仕事だったので憤りを殺せましたw
実際すげー楽しい収録でしたし。
仕事が終わってふらふら散歩がてら皆で歩いて帰ったりして、道すがら空が青かったり工事現場のクレーンとか廃材とかに萌え(燃え?)たりしながら移動して。

あ、どうでもいいけど花粉ってどうです?
杉が終わって檜が来てるとかなんとか、敏感な方は言ってますが。
ぶっちゃけ僕はうすら花粉症くらいのものなのでそこまで敏感にはなっておらず、「ふーん、そうなの?」くらいの感覚で特に際立った対策もなくぬるっと生きて…っと、この話はこの話で別で一本いけそうだ、勿体無い勿体無いw


ともあれ移動してごはん食べて別件に向かって、そこでまた出会った知り合いと呑んで、と実に充実した一日だったわけです。
まさに、朝から晩まで!みたいな?
んで程良く酔っ払って、電車ン中でパタポンやって……なんて充実した一日でしょうw

あ、そうそう、そろそろ春先でパイすらニーソが…なんて話をしていましたが、そんな矢先に早速ステキなニーソのおねーさんに遭遇しましたよ!
意外と近距離にそのおねーさんがいらっしゃったんですが、なんだろう…僕がお酒入ってるからですかね?
パタポンやってるはずなのに合間合間で目線が流れるわけですよ、ニーソにw

パタ・パタ・パタ・ポン♪

『…………(つい目線がおねーさんに)』

パタ・パタ・パタ・ポン♪

『…………(下がっていたニーソを上げるおねーさんに釘付け)』

ポン・ポン・パタ・ポン♪

『………………!!(適正値に来たニーソにもはや目線が外せない男の性)』



みたいなw
まさに人間のクズだと、己で己に思いましたとも、えぇw

コメントにも女性から

「男性は気づいてないつもりでしょうけど、女性は見られてるの気付いてますよ!」

とか来ていたわけです。
ああ、申し訳ないな…そりゃそうだよね、視線の力って強いもんね、でも逸らせないんだよ……それこそが男の性w

そしてまた「俺は人間のクズ」に戻るわけですw
まさか前日に書いた自分のブログに、自分の首をしめられる結果になるとは夢にも思っていませんでしたがw
まさに昨日の自分のおかげで己の不徳に気づいたわけです……ごめんよガールズ。

とりあえず今日はパタポン<女性の魅力だということがわかっただけでも収穫だった、と自分に言い聞かせようと思っていますw





今日はなんかそんな一日でしたw
中身なくてサーセンw

都内でニーソ履いてる女子は、僕に見られてるかもしれないぞ?
気をつけなはれや☆w
日常 |

なんてことだ…!!

まさかの展開。

二日連続想定外の飲み会w

想定してないとブログ書かないんだってば……!
予測できないとかマジでもう……楽しくて仕方がないw

本日の飲み会はホントに想定外というか、初めて飲み会でご一緒する方ばかり、みたいな飲み会でした。
いろんな方と話すのってマジ楽しいよね……若い頃は感じなかったけどw
仲の良い『友達』がいない飲み会ではあったんですが、「この人はいい人だ」という自信が持てる相手との飲み会だったのでなんの抵抗もなくいろんな、四方山話をしました。
僕より上の方が多かったんですけどみなさん優しくて本当に楽しいひとときでした。
なかなかないですよね…あまり親しくもない人と呑んでて『楽しい』とかw
そういう幸せな業界に今いることを幸せだと、噛み締めております……お酒と共にw


そしてこのまま今日のブログが終わるのもなんだと思ったので、なんとなく目についたバトンに手を出してみましたw
その名も『生きるってことバトン』w

生きてるってなんだろ?生きてるって、なぁに?

お酒呑んでる頭では答えは出ない気はしますが、なんとなくノリでw
ではど~ぞ~♪

生きるってことバトン

Q1 今は幸せですか?
A1 とても幸せです、お酒も回ってますしねw
Q2 死にたいって思ったことありますか?
A2 ないな~『死にたい』は。死んだら終わりでしょ?だって
Q3 生きてるってなんだと思いますか?
A3 生きてるって、『生きてる』ってことだと思います。それ以上でも以下でもない。
Q4 死ぬってどんなことだろうって考えたことあるぅ?
A4 死ぬってのは…そうだな、『ピリオド』だと思います。よくも悪くも終止符。
Q5 死んだら何処へ行くと思いますか?
A5 どこにも行きませんよそんなのw『僕』はどこかに消え、人の記憶にのみ残ります
Q6 人生どうにでもなれっておもったことある?
A6 思わないですね~。思うようにはならないからこそ楽しい。
Q7 未来は見えますか?
A7 見えませんw見えたら楽しくないでしょ?
Q8 この先生きてて意味があると思いますか?
A8 ありますよ、たぶん。
Q9 Q8でそれはなぜですか?
A9 意味を見つけるのは『今』の自分じゃない。未来の自分が振り返って生まれるものだと思います。
Q10 最後にこれからの自分どうしていくか一言どうぞ!
A10 楽しくw

小ネタ |

驚きの吸引力

なにやら数日前のめざましテレビで、春のファッションアイテム特集みたいなのがやってたそうで。
その中でなんとニーソックスが2位に入ったんだとか。
沢山の方から教えていただきました。

もうね……みんなすっかりニーソといえば間島、みたいに浸透しているようでなによりです。
でも情報だけもらっても別に嬉しくはないのw

そりゃ『ニーソが流行る!やった、いっぱい見れる!』とは思うけど見れるかどうかは街に繰り出してみないとわからんわけでしょ?
だったらもういっそステキニーソ画像送ってもらった方がよっぽど……いや、それは望むまいw


ともあれ好きなものが流行するってのは実に喜ばしいことではあります。
別にそれとは関係なかったけどちょうど『酔って帰ってニーソに目が釘付け☆』みたいなこと書いたあとでしたしw
流行して履く人口が増えたりしたら、お酒呑んで道を歩くだけで逆に目移りしすぎてどこ見ていいかわかんなくなりそうでウハウハですねw


さてそんなウハウハニーソックス。

番組ではその色にも着目していたそうで、一番人気は黒。
次いでグレー、ベージュといった感じだそうです。
まぁこれは履く側…つまり女性の意見で、男性側に取材したところ『黒はかわいいけどグレーやベージュはあんまり』みたいな意見が多かったみたいです。
もったいない…グレーもベージュもかわいいのに……服の合わせ方次第でとてもキュートで魅力的になったりするっつーのに……
黒だけにしか魅力を感じないなんて……

まぁ…ぶっちゃけわかりますけどw

というのもニーソの魅力って真っ先に『絶対領域!!』とかいわれがちですけど、個人的にはそれと同等…下手したらそれ以上に重要な魅力の一つとして『肌の色とのコントラスト』ってのが挙げられると思うのですよ。
絶対領域…つまり服とニーソの間の肌の部分ですね、そこがより魅力的であるためにはコントラスト!
ここにも着目しないといけません。

コントラストが際立つには、2色がそれぞれ遠い色である方がいいわけです。
日本人は黄色人種なので、スポーツウーマンで外で運動ばっかしてたら自然と焼けたとか、日焼けサロンで焼いたりしない限りは基本的には『うすだいだい』みたいな色合い。
黒と白でいえば、白に近い色合いであるわけです。
ならば遠い方の色…つまり黒の方が魅力的に感じてしまうのは必然であると思っています。

グレーやベージュも悪くはないですが、ニーソ以外のその時の服装も加味して考えた『ファッション』としてステキだと思う感じです。
ニーソ単品だけで考えるならやはり黒。
まっさらな黒でもいいし、ラインが入ってるとかレースがついてるとか、軽くワンポイント入るくらいまでが単品として「かわいい」と思うレベルなんじゃないかと。
男の場合きっとあれです、究極…行き着く先としてどこかでニーソ以外全裸を期待してる部分があるから、肌の色との対比に意識がいくんかないかと、そう考察します。

まぁ街中では決して見ることが出来ないものですけどねそんなのw

僕ぐらいのニーソマスター(?)になると、女性的なファッションの視点も、男性的なエロスな視点も持ちあわせてるのでもういろんな意味で大興奮なわけです、ニーソ見てるとw

あ、もちろん街中で見かけたりするときは男性視点は行き過ぎないように半分くらいオフってますw


なのでちょこちょこ来ていた『何色のニーソが好きですか?』という質問に答えるならば、強いていえば黒、程度の感覚になります。
今回の場合春先のファッションとしてニーソが、ってことなので、そういう優しい色合いの、春先のファッションされてる方でしたらグレーとかベージュとかの方がいいかもしんないです。

アレだ、黒にはドキドキして、その他の色はによによするってのが一番近い表現かもw



どういう意図で聞かれてるのかは知りませんが、僕をドキドキさせたいなら黒とか履いて目の前に現れたらいいと思います。
まぁもっとドキドキするのはニーソとおっぱいが揃ったときだけどな!!w



今日も程良く変態ですw
ニーハイとか。 |
<<前のページ| ホーム |次のページ>>