マジP!

間島淳司の日常をプロデュース!!

弁護士キヨヒロ

弁護士事務所、『二階堂公彦事務所』…

事務所の引越し作業でバタバタする人々。事務所のボス的弁護士、フリーの弁護士、新米弁護士、司法修習生、秘書、事務のバイト。
ビルの清掃員の人も手伝っての引越し作業の最中、一冊の古いファイルが見つかる。

『1973年 熱海殺人事件』

手続きの手違いで空いてしまった引越し業者が来るまでの時間を、一同は『模擬裁判』で潰すことを思いつく。
扱う事件は、熱海殺人事件。
38年の時を経て再び陽の目をみたこの事件の、真実とは……?





…なんつってw
7月28日から31日までで公演していた、劇団東京都鈴木区さんの舞台『弁護士バイロン』のあらすじ…というにも荒い、ホントの『あらすじ』なんですがw
こちらを観に行かせていただきましたよ~。
理由はふたつ。
ひとつは『主宰が知り合いだから』
主宰は数日前のパロ・スペシャルの写真撮ったときの舞台に一緒に出てた、鈴木智晴くん。
その時の舞台でも彼はコメディの才能を遺憾なく発揮してくれたんですが、そんな彼の劇団が、『東京都鈴木区』。
昨年末に観に行った、キヨが出ていた舞台も同じ東京都鈴木区さんの舞台でした。

そしてもう一つの理由……それは………

11080101.jpg
こいつが出てたからですw


今回の舞台は冒頭でもご説明した通り、弁護士事務所で起こるお話。
移転する前の最後の思い出に、事務所で模擬裁判をやっちゃおう、というお話です。
司法修習生が弁護士役になりある種の卒業試験のようなテイストを出しながらも、他の人達も楽しみながらそれをサポート。
過去の判決とは関係なく、同じ資料でどういう弁護をしていくかを試す、まぁ…すげー高度な裁判ごっこってとこですか。
そこで扱われた過去の事例…熱海殺人事件が、弁護士たちの過去とリンクしたりする瞬間があったりして。
模擬裁判もその『つながる過去』のせいなのかおかげなのか、本気でヒートアップする一同。
実際の裁判は見たことありませんが、ゲーム『逆転裁判』を彷彿とさせるような熱い法廷バトルのノリがあって、見ていて引き込まれるような舞台でした。

そんな中でキヨのやっていた役どころは……新米弁護士のオコメダくん。
役どころは弁護士でもやってることはだいたいいつものキヨでしたw
マジで…どこまでがもともと台本にあったシーンで、どこからがキヨがやって変えたシーンなのかわからないくらいほぼキヨw
舞台上で素のままで十分おもしろいって……ホントに現実に生きる人間なのかとw
見に来てたみんながキヨに言ってた感想のほとんどが
「おもしろかった!」
「普段そのままじゃねーか」
「お前はなんなんだ」

でしたw
特に最後wでも実際見たらきっとそう思う…それがキヨヒロクオリティw

見に行く前にキヨから
『僕は上手~舞台中央付近でよく演技をします』という情報をいただきまして。
もちろんこの前フリに応えるように僕は上手一番端の席に腰掛けました。
客席と舞台は近く、目の前には舞台の小道具として置かれている扇風機…
開演してキヨ登場、いきなりまっすぐにこっちにやってきます……ちょ、おまw
この段階で笑いを堪えるのに必死w
そして目の前にしゃがみ込むと……扇風機に向かって『ア~~~~~~』
お茶飲んでたら確実に吹いてましたねアレは……なにしてくれてんだw
しかもキヨが『ア~~~~~』とかやってる間にも、もちろん舞台中央でお話は進んでいまして…まー大事な話が聞こえない聞こえないw
あとで「てめぇ!聞こえなかったじゃねぇか!」つったら
「うっせぇ!上手っつったらマジで上手座りやがって!言うんじゃなかったわ!!w」
って怒られましたw
やりにくかったんでしょうがそんなこと言われても……まぁ計算通りですわw


ちなみにこの作品、脚本は主宰でもある鈴木智晴くんが書いてるんですが、それとは別にベースとなる原作が存在します。
つかこうへいさんの書いた『弁護士バイロン』。
元になっているのは今回の舞台と同名のこのお話だとか。
原作を読んだわけではないのでどこがオリジナルなのか、どこまで原作通りなのかはわかりませんが、作中で取り扱う過去の事件『熱海殺人事件』もつかこうへいさんの著。
舞台を見て「原作買ってみようかな~」と思ったのはこれが初めてかもしれませんw

たまには戯曲に触れてみるのもいいかもしれませんねぇ。
スポンサーサイト
感想 |

知ってるよ

今日ほどいろいろな方から同じようなコメントを戴いた日はありません。

「間島さん、気づいてますか?」
「間島さんの大好きな……ほら」
「今日は間島さん!アレの日ですね…」
「ところで8月1日ですよね、今日は」


……えぇわかってますよ今日が何日で何の日なのかってことも。
去年だってそれでブログ書いてますしね……てかまさかコレを一年後の今日まで引っ張ることになるとはw
そう…今日は8月1日。
8・1……パ・イ……おっぱいの日です。

そこから発想しましてちょうど去年のこの日、ネットで聞いたことのある『パイスラッシュ』という言葉をこちらでご紹介させて頂きましたが、気が付けば中には僕が発案者だと思ってる人も出てきたようで。
……違う……からね?w
いくら好きだからって新しい言葉を発案・ブログで発表するほどのことじゃないからね?w

さておき8月1日はおっぱいの日。
世界母乳の日であるところはおっぱい好きのみなさんはもちろんご存知でしょうが、むしろこの日を早くパイスラッシュの日として認定すべきだと思うんですよね……うん。
世界母乳の日だって絶対8・1…パイだからこの日にしたわけでしょ?
表記上8/1と81をスラッシュで切るんだから、母乳とかおっぱいとかよりもパイスラッシュの方がより的確にこの日の本質を表してるだろうとw
なぜ人類がこのことに早く気づかないのか……理解に苦しむわーw


まぁせっかくのそんな記念日ですからなにか記念になることでもしようかとも思ったんですが。

道行く女性のおっぱい揉んだり通りすがりに肩掛けカバンの紐の位置ずらしたりしてたら間違いなく今日の晩御飯が臭いメシになってしまうので、もちろんやりませんでしたw
出来るもんならやりたいですけどw
だからといってじゃあ男性ならいいのかというもんでもなく……男性ならむしろやりたくないしw

物理的に触れたりするのはNGなわけで、じゃあ見るだけならどうだ!?と待ちゆく女性を観察……と考えたところで『これはこれでダメだろ』と気づきまして、これも中止w
見るだけでもだいぶ危ないんだからもちろん写真なんて無理だし……なかなか大変だなパイスラッシュの日の記念行事もw

結果的にたった一人だけ、写真を撮ることを快く了承してくれたのでその写真で今日は記念にしようかと。

「ねぇねぇ、パイスラッシュしてる写真撮っていーい?」
「え、なんで」
「いや、今日8/1じゃん?パイスラッシュの日なわけよ」
「ほう」
「提唱した本人としてはせっかくの記念日だから記念的な行事がしたくてね」


と言いくるめて撮った写真は…こちら!!


11080201.jpg
「こんでいーい?」

ぅわぁぁぁぁぁぁエロ原さーーーーーーん!!w
パイスラはいいけどおっぱいないよエロ原さんw
ククク……さすがに女の子のは撮れなかったよ……僕もまだシャバの空気の中で生きていたいんでねw

女子の皆さん?
パイスラッシュの日を記念して、僕にパイスラしてる写真とか送ってもいいんだよ?w

…ってもう日付変わっとるぅぅぅぅぅわぁぁぁぁぁぁ!!w
来年に、期待しますw

小ネタ |

当たり前の向こう側

昨日の『おっぱいの日』に続き、またしても似たようなコメントが届きまくっています。
ズバッと簡単に申せば、『8月2日はパンツの日ですよ!間島さん』って類のもの。

いやまぁ知ってるけどw
てかおっぱいの日の次の日がパンツの日って、いくら夏休みで開放的になるとはいえ大丈夫なのか8月w

記念日的な意味合いでいくと、8月2日はそのまんま『パン(8)ツ(2)』の語呂合わせで決まったようで。
複数の下着メーカーさんがパンツの販売促進を行っているんですって。
…正直語呂合わせまでは思いつきましたが販売促進が目的とまでは思い至りませんでしたw


さて、以前もネタにしましたが、私間島淳司はパンツにはあまり食指が動きません。
エロネタで食指とかいうとなんかアレだなw
まぁ興味をひかれないって意味なんですが、パンツそのものは言うたらただの布なわけじゃないですか。
用途がわかったところで別にその布地のみを見たところで興奮するわけもなく、あるとしたら「…どうすんだよこれ…」という変な葛藤くらいですかw
女物の下着なんて使用用途がないですしねぇ。

パンチラに関しても同様の思いはありますが、この場合履いてる状態なわけでしょ?
見られた側のことを考えるときっと恥ずかしいでしょうから見ちゃいけない気がしますし、見えてしまったらきっと上記の「ただの布」って考えがまたよぎると思うんですよw
パンチラは、見えそうで見えないから萌えるのではないかと思うわけで、つまりはパンツがどうこうという問題じゃないと思うんですよねー。

この一段階先に行ってしまった考え『ぱんつはいてない』って思想…じゃない、嗜好だと思うんですよw
パンチラって、見たい見たくないに関わらず目が行くじゃないですか。
見えてれば『見えてちゃいけないものが見えてる「異質」なもの』として目が行くだろうし、スカートが風にそよいでるなら動くものに反応して目が行くわけでw
アレです、闘牛の牛が布ひらひらさせて突っ込んでいく、みたいなw
僕は闘牛でも牛でもないので突っ込みはしませんが、本能的に動くものに目が行くというのは大なり小なりあることじゃないかと。

そうやって視線が吸い込まれた先に…パンチラの可能性があるわけです。
パンツ自体なかなか見ることは出来ないものですけどそれはただの布…そこに付加価値を見いだせるかは個人差の世界ですが、ただ『見えてしまう』と「なんてことはない」と感じます。
期待値の問題ですが、上記の『見えないから良いのだ』ということが出てくるのです。

そこにもう一つの可能性を付与する考え方…それが『ぱんつはいてない』ではないかと。

一般的には現在の日本人は、基本的にパンツを履いているのが『当たり前』ですよね?
それはパンツルックだろうとスカートだろうと関係なく、もっといえば男女差もなく当たり前のこと。
でも…でももしもですよ?
その『当たり前』が崩れた存在が目の前にいたとしたら?

風に遊ばれてめくれたスカート。
刹那の間に見えたその下の光景……はっきりとは見えなかったけど……まさか……ぱんつはいてない!?
なんで!?なんで履いてないの?
スカートなのに?
めったにないとはいえもしもスカートがめくれたらその下が見えちゃうのに、それでも履かないなんてなんで!?
そういう趣味…?なんらかのアクシデント…?はたまた何かの罰ゲーム!?




ほーら、ぱんつはいてないだけでストーリーがこんなに広がるw
見えても「なんだ布か」で終わるはずが、もう一段階違う世界が広がる……
履いてない、という自分だけが気づいた『異質』が、その異質を生み出した本人に対する興味を生むわけです。

まぁ何が言いたいのかというとパンツが重要なんじゃないってことw
それを説明しようとした結果、あたかも僕が『ぱんつはいてない』が好きみたいになってますが…そんなことはありませんw
可愛い女の子がかわいい下着着けてりゃグッと来ますし、なんだったらその下着の奥にだって興味が……あれ、パンツに興味がなくなってるw

ともあれ、パンツを履いていることが『当たり前』であるこの世界が好きですw




ちなみにひと方だけ、『8月2日は「オー(0)バー(8)ニー(2)」で『ニーソックスの日』なんてどうでしょう?』って方もいました。










……それだ!!w

間島淳司は8月2日にパンツ姿でニーソックスを見せてくれる女の子を募集しています(ごちゃまぜw)
ニーハイとか。 |

時の不可逆

かなーり前に書いたことのある話の続編みたいな話を入手しましたw

だいたい一年くらい前に『タイムパラドックスは回避される』みたいなことを書いたのですが、これをさらに覆す、すげー身も蓋もないことが立証されたようです。

かつてアインシュタインは、『光速が宇宙の移動の法則である』…簡単にいえば『どんな物体も光速を超えることはできない』ことを主張していました。
このことはつまり「タイムトラベルは不可能である」ということを示しています。
光の速さを超えることが出来ないということはそういうことになるのです。

宇宙規模の話でいうと、他の星からの光が地球に届くまでに何年も、何百年もかかるなんてことがざらにあります。
もちろんその星との実際の距離もとんでもなく離れているわけで、「えーと、だいたいシリウスまでは……◯kmだね」なんて言い方してたら数字がでかくなってしょうがないわけですw
そこで距離の単位として『光年』という単位が用いられているのです。
年がついてるせいで時間の単位なのかな、と思われてる方もいそうですがそれは間違い。
実際に上で名前の出たシリウスを例にとって考えると、シリウスまでの距離はだいたい8.6光年。
わかりにくいから8光年ってことにしましょうw
比較的近い星ではあるんですが、それでも光が8年進まないと届かない距離にある。
ちなみに光の速度は1秒間に地球を7周半すると言われてますが、この光が一年間に進む距離は、数字にすると約9.46×10の15乗メートル。
9.46ペタメートル、なんて言い方も出来るそうですが、ペタ…ペタって日常じゃ使わない単位だよw
これのさらに8倍ということになりますから、75.68ペタメートルということになります。
数字的にはわかりますけど問題は『ペタ』ですよね…これのせいでさっぱり距離感が掴めないw

若干話が逸れた感もありますが、つまりは『シリウスから8年前に発せられた光を、今の我々が見ている』ということになるわけです。
見えてるのがちっちゃーく光る星の姿だけなのであまり実感わきませんよねw
逆に考えましょう。
シリウスに人がいたとして、地球の姿が見えてるとします。
シリウス星人はとんでもなく目がいいので、我々には光の点にしか見えないはずの距離の星の、中にいる人まで見えてるとして。
…彼らの目に今映るのは、8年前の僕らの姿…ということになるのです。

モノが見えるという仕組みは目に光が飛び込んだり、物質が光を反射したりすることで見える、という話は以前もしたと思いますが、つまりその飛び込んでくる光が前の物ならば、過去の姿が見えていることになる、ということですね。


ここから発想すれば、『光の速さを超えることが出来れば、過去の世界に行ける』ということになるわけです。
夢のある話ですね…速度をあげることで時間を超越出来るっつーんですから。

が。
これがついに覆されたわけです。
10年ほど前にも『光速を超える”超光速”』なんてものの可能性が見つかったらしいんですが、これもすぐにただの視覚効果で、実際に存在するものではない、ということがわかったんだそうで。
それでも諦めずに「光速を超える方法はある!!」と科学者の皆さんは頑張ってたそうなんですが……
香港科技大学というところの研究チームが、『光子1個が、宇宙の移動の法則に従っている』ことを証明したそうでして。
わかりにくい言い方ですが、アインシュタインの提唱した『宇宙の移動の法則』…つまり光速ですね、光子はこれを超えることは出来ない、ということがわかったわけです。

タイムトラベルをする方法があるとしたら…光の速さを超える新しい粒子でも発見しないと無理だ、ということですね。
マジか…生きてるうちにタイムトラベルとか無理くさくなってきましたね……ガンバレ科学者w

個人的には時間を超越してなにかしたいことがあるわけではありませんけど、時空旅行って言葉にはなんか夢が詰まってますからね。
間島淳司は科学者を応援していますw
考察 |

懐かしき邂逅

懐かしい男と会いました。

あれはまだ地元にいた頃。
声優になる前…声優になるための勉強を始めた頃の出会い。

当時クラスの人数は50人弱。
それだけいれば特に仲の良いグループなんてものが出来るのは当然の話で、よくつるんで遊んでるメンツが何人かいました。
最終的にはいくつかのグループがまとまって、卒業旅行なんてものに行ったりしたんですが……その頃の仲間。

つい先日部屋の掃除してて出てきた卒業アルバムにも一緒に載ってるヤツなんですけどねw
要は代アニ時代の同期ですw

そんな『彼』から久々に連絡が来まして、「東京に行くから呑まないか」と。
せっかく上京してきてくれるんだから会おうじゃないかと予定を組んで、久々に呑みましたよ。
…てか……一緒に遊んでた頃は未成年だったから、もしかしたら呑むのは初めてだったんじゃなかろうかw

彼とは1年制のクラスが終わったあともちょくちょく遊んだり、一緒にライブ観にに行ったりしたんですよねー。
それこそラジオとかでたまに言ってた『椎名へきるさんの沖縄でやったライブ』に一緒に行ったのがこの男ですw
他にもKinKi Kidsのライブ観に行ったりとかw
マジ懐かしいわ……


11080501.jpg
酒呑んですっかり赤ら顔

掲載許可をもらったので載せてみましたw
代アニ時代の同期…K崎くんですw
10年近くぶりに会う彼はずいぶんビルドアップされ逞しくなってました。
当時は僕より細いくらいだったんですが……歳月は人を変えるw
しゃべってみると少し大人にはなっていましたが当時となんの遜色もなく、すごくあの頃を思い出しましたねー。
ふざけてばっかいたよな……あの頃。
僕とかこいつとかいたからあのクラスはおかしかったのかもしれんw

現在は趣味でもある車関係のお仕事に就いているようでした。
仕事の関係で来たのかと思ってましたが、上京の目的はインディーズバンドのライブを観に来たんだとか言ってましたけど。
これも、当時の印象通りw
こちらの仕事にも興味があるようで、しきりに
『お金とかどんくらいもらえるん?』
『貯金は?ねぇ貯金は?』
『実際仲悪いユニットとかあるん?』

下衆な話題満載でしたw
お前ェェェーーーーー!!
ホントにあの頃のまんまだなw



仕事の都合上なかなか実家に帰ることも出来ず、同窓会なんてものに顔を出す機会もありませんけど、こうやって懐かしい顔に会えるってのも楽しいもんですね。
他のみんなは…どうしてるのかなぁ?
想い出 |
| ホーム |次のページ>>