fc2ブログ

マジP!

間島淳司の日常をプロデュース!!

やはりそうなのか

昨日のブログを受けて沢山コメントが届いております。

なにがすごいってこのブログ、ああいう記事あげると女性から返答が返ってくることですよね~w
不思議だ……下手すりゃ女性からは総スカンくらってもいいくらいの内容だと思うのにw

まぁ昨日の話は女性側からの視点の意見を求めたので、特にそうなったんでしょうがw


さて、みなさんからの意見をまとめると
『同感』
というものが多かったです。
…「将来『透けてるシャツの下はおっぱい丸出し』が流行る」ってとこじゃないですよ?w
下着が見えすぎてしまうと『だらしない』と感じる、というところに、です。
やはりそういうものなんですね……僕だけじゃなくて安心しましたw

それともう一つ、『境界線』についてですが。
『ブラ紐』まではOK、という方が多かったです。
それも『見せブラ紐』までだという方が大半。
見せブラ紐?なんぞそれ?
と思ってよくよく読んでみると、どうやら女性下着の世界では「見えてもいいブラ紐」と「見えちゃダメなブラ紐」みたいな概念があるんだとか。
簡単にいうと黒はOKらしいです。……ホントかこれ?w
まぁ黒以外の場合でも、ブラの肩紐だけ別売りでオシャレなものが売ってたりもするんだそうで、服装によって女性はそういうのを付け替えたりするとかなんとか。
つまりブラ紐もファッションとしてコーディネイトしてるんですって。
なるほど……それならブラ紐については納得。
ファッションなら仕方ない……けどコレ男性からは触れられないファッションですよねw

「おはよう~…お、◯◯ちゃん、今日のはなんかオシャレだね、ブラ紐」

とか言ったらどう考えても張り倒されるじゃないですかw
なんでもかんでも褒めりゃいいってもんじゃないんでしょうけどw
あ、あとブラ紐ってかストラップって呼ぶみたいですね。
確かにその方がオシャレな感じしますね……女性ファッション奥が深い。


ちなみにそういった意見以外にも

『肩幅のある服から出てたらNG(タンクトップとかノースリーブもの)で、キャミみたいな幅の狭いもの、無いものから見えてたら、それはOK!』
とか
『【見えてもいい下着=水着】に近い感覚だと思うので、透けて見えるのは問題ないと思います。』
という意見も。

どちらにしても無頓着なわけではなく着てる女性なりのポリシーというか考えの基準があって、そういう着方をしてるってことなんですね。
特にこの『幅で判断』理論は男性としては実に勉強になるものだと感じました。
僕なんかの場合、女性の肩口からブラ紐が見えてる時って注意していいものか悩むんですよね……親しい娘の場合は特に。
ファッションだとしたら注意するのは的はずれだし、かといってもしファッションじゃなかったらその娘が恥かいちゃうことにもなるし……
なかなかそういう機会はないですけどもしあったらどうしよう?なんて時にはこの『幅で判断』を基準にしていきたいと思いますw


最後にひとつ届いたコメントをご紹介。


まずブラの肩紐ですが、お洒落で見せてるならいいです。
今はブラの肩紐が別売りでお洒落なものが沢山有りますよ。ただ下着と判るのは駄目です。だらしがないです。
あとはブラをハーフカップタイプにすれば肩紐無しでも大丈夫です。ヌーブラも使ってます。
ボディラインが分からない服で下着が透ける時はニップレスシールを使ってます。
やはり境界線は人それぞれでしょうか?
同性から見てもはしたない格好は嫌いです。




とてもしっかりした意見で参考にもなりますし、なによりご本人のファッションやおしゃれに対するポリシーみたいなものを感じます。
きっととてもオシャレな方なんでしょうね。
でもそんなことより僕の心に響いたのはここ!!!

『ヌーブラも使ってます。』
『ニップレスシールを使ってます。』


ことさらここだけ取り上げるとアレな感じもしますがw
もちろん聞く機会もないので知らないだけなんですけど、女性って日常的にそういったものを使ってるんだなーとw
それこそニップレスシールの方はコメント内にも書いてますけど、服装によってきちんとインナーまで考えておしゃれしてるとかすげーなー、みたいな?
ただ男性視点で意見を申し上げるなら……服脱がせてみてヌーブラやニップレスシール出てきたら…僕はどんなテンションでそれをお出迎えしたら良いのでしょうw
まぁそんなことになるときにソレをチョイスはしないんでしょうけど、僕だったらテンションだだ上がりだろうなーと思った次第w

オシャレに気を遣ってらっしゃる方々には頭が下がる思いです。
おっぱいとか。 |

たいふうのひ

一昨日くらいから台風が日本に近づいてます。

ちらちらと来るぞ来るぞと耳にはしていましたが、いざ実際来てみると我が地元である東海地方が大変な被害に見舞われました。
さすがに実家が心配になり、仕事の休憩中にメールで確認してみたんですが、母親からは

『こっちは大変なことになってるよ~ うちは高いところにあるから平気だけど、マンホールから水が吹き出しててすごいです』

若干脳天気にも見えるメールが帰ってきましたw
実家が無事でなによりですが、なんでも80万とか100万人とか、とんでもない数の人々に避難勧告が出される非常事態に実際なっていたわけで、自分の身内のことだけ考えて「ひと安心」なんて言ってる場合ではないなぁ、とも。
100万だとしたらだって名古屋市の人口の半分近くですよね?
これは本気でとんでもないことですよ……
地元に元自衛隊の友達がいるのでそちらにも連絡してみたら、自衛隊も災害派遣で出動したとか聞いたし。
てことは……今回の台風は、災害ってことですよ?(当たり前)

そんな台風が僕が現在住んでいる東京にも来たわけで。
直撃する前の時間帯でも風は唸り木を揺らし、雨を巻き込み吹き上げ細かい粒子に変え、さながら霧のように水の粒子が風に舞っていました。

自分は幸い仕事もない日だったので一日家にいたんですが、窓からその様子を見ながら不謹慎ながらちょっとワクワクしてしまいましたw
意味もなくずーっと窓の外を眺めてみたり。
時々iPod touchのアプリでなめこ育てたりw
なんかこう台風がくると子供の頃を思い出すというか……もちろん大人になったのでただワクワクするだけではないですけど、仕事もないとなると余計に子供の気持ちに戻りますね。
窓の外の木が揺れるたびに「やべぇ!すげぇ!」とか思ってしまう自分……いけないいけない。


そして暇だったのを良い事についでに台風のことも調べて見ましたw

台風とは。
太平洋や南シナ海なんかに存在する熱帯低気圧のうちで、10分間の平均最大風速が34ノット以上のものを指します。
ちなみに34ノットってのは毎秒17.2mの風のこと。
数字で出されるとなんのことだかよくわかりませんがそういうことだそうですw
主に北緯2度~北緯40度付近の海上で発生し、熱帯低気圧が発達して呼び名が「台風」に変わるんだそうで。

簡単にいえば、北半球の風がとんでもないレベルになった熱帯低気圧が「台風」という呼び名を冠し、人間に襲いかかる、というわけです。

ただこれはあくまで日本の定義。
「台風」も日本語ですしね。
WMO・世界気象機関による国際分類の定義では、1分間の最大風速が64ノット以上のものを『タイフーン』と呼ぶんだそうです。
これは日本で言うところの『勢力の強い台風』という言い方になるもののようですね。
10分間の平均と1分間の平均の違いだったり、風速の大きさの差だったりと違いはありますが、どうやら世界基準では日本の台風の定義より幾分強いものになるみたいです。
さらに同じ『勢力の強い熱帯低気圧』でも地域ごとに呼び名が変わるそうで、大西洋北部・太平洋北東部・太平洋北中部では『ハリケーン』と呼び、インド洋北部・インド洋南部・太平洋南部では『サイクロン』になるんだそうです。
仮面ライダーダブルは主にインド洋からガイアメモリのエネルギーをもらっていたのかもしれませんw

そして構造的に台風は、右側半分の地域の方が被害が大きいんだそうで。
厳密に言うと『中心よりも進行方向に対して右側』という言い方になるようですが。
台風を進める、押し出す気流の方向と台風に流れ込んでくる風の向きが同じなために、相乗効果でそちらの方が強くなっているんだとか。
ちなみに逆側、左側は風の向きが逆になるため右側に比べると風も弱くなるそうで。
台風が来たときにそのへんのことも考えてニュースを見ると、不要に慌てずに済むかもしれませんね。

あと今回の台風15号の名前は『ロウキー』だったらしいです。
知らぬ間に呼び名が定着しましたよね……子供の頃は『台風◯号』って言い方だけだったのにw
まぁ知ったところでなにが変わるわけではないので大差ないかもしれませんが、一応名前だけでも覚えて帰ってくださいw


世の中には知らないと不安になることもたくさんあると思います。
知ることで、本質がわかることで立てられる対策なんかもあるでしょう。
もちろん台風の構造を知ったところで勢力が変わるわけではありませんが、不要に怯えず、自分に出来ることや何をするのが安全なのかを考える手助けにはなるはず。

とりあえず何が言いたいかといえば、台風の日は、出来るならおうちでおとなしくしてましょうってことですw

被害があまり出ないといいなぁ……
考察 |

あれ?


おかしい…

こんなはずではw

日常 |

示偏に兄

昨日は失礼致しましたw
予期せぬ『呑み会』が発生した結果あのようなカタチに……まぁ楽しかったからいいんですけどw


さて、で昨日……ブログ上の日付では一昨日になりますか。
9月22日は特別な日。
我らが…じゃねぇやw我が妹・矢作紗友里の誕生日。
通常の我々ならば

「何?生まれやがった…だと?祝いじゃ祭りじゃ、ヒャッハァーー!!」

と洒落込むところではあるんですが、誕生日ってのはとっても大事な日だというのは我々も知っています。
なので負担をかけないように『当人の大事な人々がいるならその方たちに任せよう』というスタンスに現在は落ち着いています。
平たく言うと家族や友達や恋人なんかですね。
ただ万が一にも『誕生日当日の夜、大切な仲間が一人で過ごすなどあってはならない』ということだけは肝に銘じて、何かがあればすぐに出動できる体制は整えているのですがw
そして今回。
昼頃仕事が終わって携帯を開いたら、こんなメールが届いていました。



差出人:山口清裕

ご存知かもしれませんが、実は今日矢作の誕生日でして
ちゃんと誰かがお祝いするならば傍観するつもりでしたが
当日だというのに矢作が19時からひとり街に放り出されるとの事(笑)




あってはならないことになってやがったw

これはいかん…かわいいたったひとりの妹(血のつながりナシ)が大切なBIRTHDAYをひとりで過ごすなど……見過ごせぬ!!
となった我々が立ち上がった呑み会が昨日の呑み会ですw


さて。
気づいたキヨからメールが来たのが当日・お昼を過ぎた頃。
夜から呑み、という話ですからだいたい6時間前ですか……キヨは舞台の稽古があるので遅れる、との話だったので後輩の木下くん連絡を取り合い待ち合わせをし、なんとかプレゼントを購入。
東京がなんでも揃う便利な街で本当によかったw
それからいざお店へ…という頃にはもう20時過ぎw
本当ならケーキとかも用意したかったんですがさすがに突発すぎてそこまでは出来ませんでした…屈辱w

この日突然の誘いに応じた、矢作の誕生日を祝いたい男たちは
・キヨ(発起人)
・間島(兄)
・木下くん(ゴボウ)
・トネケン(かた焼きそば)

の4人。
これに矢作が加わって計5人での誕生日会と相成りました。
まずは全員が揃うまでは普通の呑み会。
まぁ別にサプライズでもないので普通に「誕生日おめでとうー☆」つって乾杯してますけどw
揃ってしばらくしたところで、僕と木下くんで探してきたプレゼントを渡しました。

渡したプレゼントは2つ。
普通にあげてもおもしろくない、ということで『ネタ』『本命』のプレゼントを用意w
まずは先に本命の方を渡します。
渡した袋の中にあるもの……それはメガネケース。
持ち歩く用の1つだけ入るものではなく、おうちに置いておくときに使える、フタのところがガラスになってて5~6個入れられるもの。
メガネ以外にもアクセサリーなど小物のケースにもなるものです。
やはり…矢作といえばメガネ。
兄妹の証のようなものでもありますし、大事にしてほしいなーという思いから、お店で見つけた瞬間即購入を決意しました。
これには矢作も喜んでくれてたようなのでなにより。

そしてもう一つ……ネタ用に用意したプレゼントは…‥…重箱w
矢作といえば料理もする娘。
みんなで遊んだときなんかに作ってくれたこともありますが、ホントお世辞抜きに普通に美味しいのですw
それを……また食わせろとw
まぁそれは半分冗談ですが、『包み紙開けたときに中から重箱出てきたらおもしろそうじゃね?』という悪魔のささやきに勝てず…ほぼその見た目のインパクトのためだけに購入しましたw
ところがどっこい、矢作はこちらでも喜んでくれまして……

「あたしおいなりさん作る!!」
なんてとびっきりの笑顔で言ってくれまして……もう兄は心の中で嬉ションですよw
ホントに血がつながってないのが口惜しいくらい可愛い妹ですw



しかしマジでキヨが確認してくれてよかったですw
まぁあとで聞いたところ、実際は矢作も仕事があって厳密には一日ひとりというわけではなかったんですが、普通に仕事が終わったら帰るつもりだった、ということだそうで。
でもせっかくの誕生日、一日最後の最後までとびっきりの笑顔でいて欲しいじゃないですか。
我々では力不足かも…という思いはありましたが、矢作の顔を見ていて集まってお祝いして本当に良かったと思いました。

11092401.jpg
Happy Birthday!

未分類 |

宇宙で一番

『宇宙で一番早いものって、なーんだ?』

今年・2011年が、人類が初めて宇宙空間を有人飛行してから50年の年だからなのか、ネットで調べると非常に沢山の宇宙関係のニュースが挙がっていて実に楽しい日々を送っています。
今回の冒頭の質問も、ある種それに関わってくるお話。

改めてお聞きします。
宇宙で一番早い物質は、なんですか?


………そう、光ですね。
光の早さは秒速約30万キロ・メートル。
一秒間に地球を約7周半という言葉は、誰でも一度は耳にしたことがある情報だと思います。
『光速』という言葉、『光年』という単位、早いもの、遠いものを測る基準として使われるほど、その理論は浸透して居ました。



んが。
これが覆ったって言ったら…みなさん驚きますか?
……ピンと来ない方も多いですよねw
だが事実、名古屋の大学が今月23日…だからほんの2日前とかですか、に「光速よりも早く飛んでいる粒子」の存在を発表しました。

さらりとブログのネタにしてますがコレ、実はとんでもないことです。
上記のような『光を基準とした考え方』。
それも覆るかもしれないし、もっといえば、知らないところでなにげに日常に浸透している『相対性理論』。
コレさえも根本から覆されてしまう可能性を秘めている発見なのです……!!

相対性理論とは。
まぁその中にも細かくいろいろあるみたいですが、ざっくりいうと『移動する物体の中では時間がゆっくり流れる』ということ。
よくある宇宙旅行モノで『地球を旅立った宇宙飛行士が1年後地球に戻ってきたら、そこは10年後の世界だった』みたいなアレ。
アレが相対性理論。
ただこの理論、根本部分で『光の速度は変わらない』という考え方を使ってます。
光の速度単体の話なら大丈夫そうではありますが、実は他にもこの相対性理論では『宇宙で最も早い物質は光』だともしているのです。
そう…ここが問題。
光よりも早い物質が見つかってしまった以上、根本に『宇宙最速は光』が組み込まれた相対性理論は、根本から見なおさなければならなくなるのです。

例えば以前に触れたタイムトラベルの話。
ここでも軽くアインシュタインや相対性理論に触れてますが、最後に書いてある通り『光の速さを超える新しい粒子でも発見しないと』タイムトラベルは無理、つってましたが、まさにソレが見つかってしまったわけですw

光速に近づく→時の流れがゆっくりに→光速に追いつく→時が止まる
ここまでが『光が宇宙最速』の相対性理論の話。
でも光が最速でなくなったということはこのさらに先
光速を越える→時を遡る
が理論上可能だ、ということになるのです。

ね?けっこうオオゴトでしょ?


ちなみに今回『光よりも早い物質』とされたのは、ニュートリノ。
名前くらいは……聞いたことありますよね、なんなのかはまったくわかりませんがw
なんでも速度にすると、秒速約30万キロ・メートルの光よりも、約7.5キロ・メートル早いんだそうです。
研究チームが過去3年に渡り15000回もの回数測定を繰り返した結果なので、『観測ミスや統計誤差ではない確かな数値』ということで発表に踏み切ったようで。


これによってどうなるのかはホントにこれからの話なのでわかりませんが、宇宙の謎、この世界の謎がこうやって解明されていくことで歴史が、常識が変わっていくわけで。

……テンション上がって速攻ブログの記事にしてしまいましたw
研究者の皆さん頑張って真実にたどり着いてください!!
超楽しみ!!
考察 |

ラブストーリーは突然に

昨日……キスを……してしまいました。
このブログでよくありがちな『実は男とデース。ひっかかったな♪』とかではなく、女性と。


彼女との出会いはそう……近所のスーパーでしたか。
買い物をしてる時にたまたま出くわしたその女性。
ショートカットでとてもチャーミングな、元気あふれるタイプの人。
なんで声をかけたのかは忘れましたが、スーパーで会うたびにいろんな話をして、徐々に仲良くなって行きました。

彼女には実はお子さんがいて、お母さんによく似てとても利発で可愛らしい娘なんですけど。
お子さんがいるってことは、当然旦那さんもいるってことで…
別に恋愛感情があるわけではなかったので気にもとめず仲良くしてたんですが、ある時スーパーでこんな会話になりました。

女性「最近旦那がちゃんと帰って来ないのよねー」
僕 「ホントですか?そりゃよくないですね…寂しくないですか?」
女性「まさかwいなくてせいせいするわよ。けどこの娘のこと考えるとね…」
僕 「ん……じゃあ僕遊びに行きますよ」
女性「えっ」
僕 「娘さんと遊びます。そのかわり…ごはん作ってくださいw」
女性「ぷっ……うふふ、いいわよ、じゃあ今度遊びに来て」

そしてスーパーだけでなく、彼女の家にも遊びに行くようになりました。
実際旦那さんは最近あまり帰っていないようで、けっこう遅くまで遊んでたこともありますが、旦那さんにお会いしたことは一度もありませんでした。

はじめの頃は会うのはスーパーと彼女の家くらいでした。
けどそれでは楽しくないだろう、と僕のフィールド、天文部にも誘ってみたり。
もちろんお子さんもいるから星を見に行ったりは出来ないけど。
昼間にみんなで遊んだり、ごはん食べに遠出したりと、たくさんの時間を一緒に過ごしました。


あるとき。
都心にある大きなスーパーの入ってる施設にみんなで遊びに行ったとき。
楽しそうに見える中にどこか陰というか……なんだか寂しそうに見えたんです。

僕 「どうしたんですか?」
女性「えっ?うんん、別にどうもしないよ?」
僕 「でもなんだか……寂しそうに見えましたよ」
女性「……」
僕 「旦那さんの…ことですか?」
女性「……そう」

そういうと彼女は、さっきより更に悲しそうな顔になりました。
我慢していたけど、僕に指摘されたことでまた思い出してしまったのでしょう。
そんな顔をしてほしいわけじゃないのに……自分の至らなさに胸が締め付けられます。
どうにかしなきゃ!そんな思いが僕に「彼女を抱きしめる」という行動を取らせていました。

女性「ちょっと……やめて」
僕 「いやです。元気が出るまでこうしてます」
女性「ちょっ…と……ごめん、ありがと……」
僕 「元気が出たら言ってください」
女性「うん…出たよ。もう大丈夫」
僕 「本当に?」
女性「ホントに……ありがと」

すると彼女が、僕にキスをしてきたのです。
キスといっても首筋に軽く、親愛の情、みたいな感じでしたけど。

僕 「えっ……?」
女性「うふふ、嬉しかったからお礼。イヤだった?」
僕 「いえ……むしろちょっと『ラッキ♪』と」
女性「あははは。早くみんなのこと行こ?置いてかれちゃうよ?」
僕 「はい!」


そうして何事もなかったようにみんなと合流して遊びました。
合流するまでのほんの短い間だけ…手をつないで。

とても楽しかった。
とってもチャーミングな彼女。
彼女の名は……榊原郁恵。



っていう夢を見たんですよw
なにこれ?なにこれ?
何を表しているの?w
ちなみに榊原郁恵さんにお会いしたこともなければ小さなお子さんがいらっしゃるかどうかも知りませんw
てかファンだった時期がないし。
バラエティとかで見るとおもしろい人だなーとは思いますけどw
マジで謎だわ……
というわけで断片的な夢の記憶をつないでストーリー仕立てでお送りしました。
びっくりした方、いたらごめんなさいw

|

花咲くいろは

先日。
都内某所でアニメ『花咲くいろは』の打ち上げが行われました。

早い地域ではもう最終回も迎えましたが、この日打ち上げの席でも最終話の上映が行われまして。
携わってきたキャスト、スタッフ、たくさんの仲間と最終話の同じ刻を共有できたことは素晴らしい体験でした。

てか実際最終話も自分出てて話も知ってるのに、完成したフィルムを見て胸にグッと込み上げるものがあったり、改めて『いい作品だったなぁ……』と思えたってのは、ホントに『いろは』という作品自体が持っていたパワーなんだなと。
改めて痛感した次第。


さて。
収録自体はいくらか前に終わっていたので久々の再開でしたが、みんな1年近く一緒の時を過ごしたのですぐに打ち解け。
なんつーかこういうとこもすごく喜翆荘っぽいなーというか、見ていて、輪に入ってすごくうれしい気持ちになりました。
そしてまっ先に集まる板場チーム。

11092701.jpg
板場記念写真

たぶん…オフィシャルでもこんなん撮った覚えが無いので初めてですよね、この3ショット…
左から、民子役の小見川千明ちゃん、蓮さん役の山口太郎さん、そして徹役の僕。

蓮さんははじめは硬派な『いかにもな堅物板前』になるのかと思いきや、意外とメンタル弱めの愛嬌のある人物になっていきましたw
もともとそういう構想だったのかはわかりませんが……なんとなく演じられている山口太郎さんの演技プランが色濃く反映された結果なんじゃないかと思っていますw
低くて異常にいい声なんですけど、すごいおもしろい人なんですよねー太郎さんご自身が。
話好きで面白いこと好きで、でも芝居にはすごく真摯で。
これぞ役者、みたいな良い役者さんです。

小見川千明ちゃんはまた民子とは対照的な性格。
どこかで彼女の喋ってるのを聞いたことある方はわかるかと思いますが、もう普段のしゃべり聞いてるととても民子の声がこの娘から出てくるとは思えないw
でも民子はもう千明ちゃんの声でしか考えられないわけで……声優さんってすげーなーと思いますw
ちなみに『ブログに写真使ってもいい?』と聞いたら
「おっぱいって書いてください!」とお願いされました。
『キミはおっぱい担当じゃないからダメだ』と言ったら
「担当じゃないけどおっぱいって書いてください!」とお願いされました。
もうわけがわからないw
あの娘は自分をどうしていきたいんだ……ちなみに理由を聞いたら(担当じゃないのは)なんか悔しいから』つってました。
どうやらただの負けず嫌いみたいですw

僕もお二人のこと言えた義理じゃないですけど、喜翆荘の板場チームはキャラと中の人のギャップがデカすぎる気がしますw
そこも含めて、僕は板場チーム大好きですけどねw


会は進んでみんなで最終話も見、いよいよ打ち上げといえばつきものみたいになってるビンゴ大会。
役者もスタッフさんもみんなのテンションだだ上がり!!
それもそのはず、今回はみんなの愛の証なのかやたら景品の数が多い!
たしか『参加者の3人に一人はなにかが当たる』という程の数。
そして商品も充実…自動掃除機だの高圧洗浄機だの液晶テレビだの豪華賞品もたくさん!

そんな中……奇跡が起きたのです。

いろんな人がどんどんビンゴしていく中、孝ちゃん役の梶裕貴くんがついにビンゴ!
ビンゴが揃ったらくじを引いて、その番号に対応したプレゼントがもらえる、というタイプの大会だったんですが、梶くんが引いた番号の商品は……なんと番組特製Tシャツ!!
しかも緒花が亀甲縛りされてる柄w
孝ちゃん……そんな……いくら緒花が好きだからってそんなことしたらダメだw
あまりの引きの強さにみんなにいじられ、その場でTシャツを着せられる梶くんw

さらにビンゴ大会は進み、番組の主役である緒花役・伊藤かな恵ちゃんもビンゴ!!
くじを引くと……なんと番組特製Tシャツ!!
孝ちゃんと……お揃い……だと?w

11092703.jpg
そして早速Tシャツを着せられるかな恵ちゃんw

さらにさらに、実はそのTシャツ、2枚で1セットになってまして……緒花亀甲縛りの他にもう一枚、民子のホビロンTシャツが付いていましたw
二人が緒花亀甲縛りTシャツを着たなら、もう残りも着るしか無いだろう……ということで

11092702.jpg
巻き添え食って着せられましたw

コレだと柄がわかりにくいですね……ホビロンTシャツはこんなんです。

11092704.jpg
ホビロン!

民子かわいいよ民子w
まさかビンゴゲームでこんなおもしろい引きの強さを見せつけられるとは思いませんでした……
ちなみに3人に1人当たるはずのビンゴ…僕は外れましたw
5リーチまで来てたんですけどね……惜しい。
まぁ個人的には僕ら役者なんかよりも、縁の下で頑張ってくれたスタッフさんたちにたくさん持って帰ってもらいたいのでそれでいいんですけどw



いつもいつもいろんな作品に参加すると思うんですが、僕って作品の引きがいいんですよね。
すごく話が面白かったり、すごく現場が面白かったり。
思い返すと『ステキな現場だったなぁ』って作品がすごく多いんです。
この『花咲くいろは』も、そんなとってもステキな作品の一つになりました。
スタッフさんも気合入って作品を愛してたのがすごく伝わってきたし、キャストもみんな合ってて、そしてなにより作品を愛してた。
ベテランから若手までいて勉強にもなったし、ホントに作品内の、喜翆荘の仲間のような関係になれたとも思います。
みんなみんな、ぼんぼってた。
だからみんな、笑顔でいられたんでしょうね。

たくさんの気持ちを作品からいただけた気がする現場でした。
花咲くいろは、最高!!

見てくださった皆さん本当にありがとうございました。
祭り事 |

今年もやってきた

毎年いくつかあるバラエティ好きが楽しみしている、バラエティの祭典。
季節に一回あるような特番は別として、きちんと毎年恒例でやってるものもいくつかある中、つい先日コントの祭典である『キングオブコント2011』が行われました。

まぁ例年と同じように今年もアクシデントが起きまして、番組見る前に結果をニュースで見てしまうという悲しい出来事がw
なんだろう…毎年こんなこと起こる現代社会に疑問を呈したい気持ちw

ということで例年と同じく今年も感想いっくよー。
あくまで個人的主観なので、ただのバラエティ好きな人の感想と思って聞いてくださいw






今回大会出場したのは
・トップリード
・TKO
・ロバート
・ラブレターズ
・2700
・モンスターエンジン
・鬼ヶ島
・インパルス

の8組。

これまでの大会はいわゆる『レッドカーペット組』がたくさん出ていた印象があります。
ロッチとか我が家とかしずるとかですね。
が今年はここからは誰も出ず…代わりにロバートとインパルス…『はねトび組』が食い込んできてましたね。
そして知らなかったコンビが2組、ラブレターズと鬼ヶ島。
まったく知らないコンビとトリオでしたが、さすがここまで上がってくるだけあって個性が光る芸人さんたちでしたね……
まぁ知らない…つまり若手ということで、荒削りな部分もまだまだあるなーといった印象も。
そういう意味では今年の大会は『ベテランの力が目立った大会』だったのかもしれません。

TKO、ロバート、インパルス…このあたりは芸歴もそれなりに長いし参加者の中ではベテランと言っても良いのではないでしょうか。
実際この3組は安定感ありましたねー。
どの組も自分たちの持ち味をしっかり理解して、きちんと『見やすい』カタチのネタをぶつけてきていた気がします。
まぁこういった大会では若手の爆発力みたいなモノが効いてくることもあるので、一概に安定感があることが結果につながるとは言い難い部分もあるもんですが。

えーと……まだ触れてないのはどのコンビだ?w
トップリード、2700、モンスターエンジン、ですか。
個人的にはこの3組は『ネタが好き』な3組でもあります。
トップリードはネタの構成がしっかりしてる印象。
短い芝居を見ている感じというか……東京03とかに近い感じ。
2700とモンスターエンジンはとにかくネタの中にぶち込む個性がすごい感じ。
どちらも彼らにしか出来ないネタをいつも仕掛けてくる印象ですね。
他の人に真似できないってのは実に強い武器でもありますが、ともすれば「人を選ぶ」というデメリットも抱えているという難しい問題も孕んでいます。


1stと2ndの2つのステージでの総合得点で競うこの大会…つまり2回ネタをやらないといけないわけで。
まずは1stステージから行くと、個人的に好きだったのは
・2700
・モンスターエンジン
・インパルス
あたり。
『右ひじ左ひじ交互に見て♪』は見たことあるネタでしたがやはりリズムが頭に残り、それが着実に笑いにつながっているのは素晴らしい。
モンスターエンジンは「こういう動画あるよねw」という今の時代を反映したようなネタ。
インパルスのネタはよく出来てますねー。
コントとしての完成度が高い。
いつ見てもきっちりおもしろくて感心させられるコンビです。

そして2ndステージ。
こちらで注目したのは
・トップリード
・インパルス

の2組。
2回目のネタということで、2ndステージでは完成度、底力が試されていたような気がします。
インパルスは前述のとおりの完成度、安定感。
日常、よくある設定にちょっとおかしな要素を盛り込むことで着実におもしろく、自分たちの色を出している感じがすごく好きです。
トップリードは1本目よりも良いネタを2本目にかけてきたような印象。
どちらの話もネタの終盤にちょっとドラマティックにも思えるような展開が盛り込まれてて、短い中にストーリーがあるのが面白い。


ということで個人的には1st、2ndともに名前を挙げたインパルスが優勝かなーと思ったんですが……まさかのロバートw
いや、面白かったんですけどね……なんだろ、僕ロバート嫌いなのかなぁ?w
トリオとしての印象でいうと、ボケの2人が強すぎてツッコミが立ってない感じがするんですよねー……僕がツッコミ基質だからこの感覚がダメなんですかね?w

今年の大会は特に『審査員が芸人』という点が色濃く出たような感覚があります。
一般の視聴者とではやはり見ているポイントが違うというか……同業者の見方は違うもんなんだなーってのが大いに反映された結果だったように思います。
僕らから見た声優さんの評価とかも、やっぱり一般の方とは違うと思いますしねw
でも昨今はネタを見られる番組が減ってきているので、久々にガッツリネタを見られてすごく楽しかったです。

次はなんだ……?
M-1終わったけどなんか漫才の大会あったよね?
楽しみにしてよーっとw
テレビ |

宙の、随に

2,009年の七夕から放送を開始したアニメーション『宙のまにまに』

その原作は講談社の月刊アフタヌーンで連載されていたわけですが、つい先日、その原作が終了。
コミックス最終巻も9月23日に発売、いよいよ完全終了となりました。


この『宙のまにまに』という作品は僕の人生に多大な影響を与えた作品です。
出会いはオーディションという特殊なカタチ。
主役で受けたのになぜか病弱メガネの部長で役が決まるという不思議な展開を迎えw
他の作品と同様、同じように取り組んでいたつもりだったのにいつの間にかすごく大切な作品になっていました。

1クールという短いスパンでアニメは終わりましたがむしろそこからが本番。
番組でバスをチャーターして富士山に観望会に行き、作品を通して素敵さを知ってはいた『星見』の素晴らしさを肌で感じ。
はじめての星見でとんでもなく良い空のコンディションだったことも手伝って、星見にどっぷりハマった2,009年の夏。
まさかこの年にして新しく『趣味』と呼べるようなものに出会うことになるとは思いもしませんでしたが、思えばそれだけ原作者のカシマミ先生の人柄と情熱が、作品に詰まっていたのでしょう。
未だに星見を続けているところを見ると『生涯の趣味』になりそうですし、それによりたくさんの仲間も出来た。
出会わせてくれたカシマミ先生には本当に頭が上がらず血を吐く思いですw


さて、そんな僕らの恩人でありアイドルであらせられる柏原麻実先生の、原作終了記念パーティをやろうじゃないか!!と立ち上がった有志が幾人か。
「そんなのやられちゃ行かないわけにはいかないぜ!!」と立ち上がった者も、また幾人か。
かくして『どきっ☆有志だらけのまにまにお疲れ様会』が開催されたのですw


用意したお店を集合場所とし、徐々に集まる有志たちに、今回のターゲット・カシマミ先生。
まずは普通にごはんを食べつつ「ホントにお疲れ様ね~」と労いの言葉をかける一同。
作品がどうだったとか星見がどうだという話を、このあたりでひとしきりした記憶があります。
そして。
時間が経ちそろそろデザートだよね、というタイミングで懐かしのちょっと待ったコール!w

『先生のデザートなら、ここに……あるぜ!!!』とテーブルの上に出されたのは

11092901.jpg
連載お疲れ様でしたケーキ!!

すごくね!?すごくね!?
なんかお願いするとこうやって絵もしっかり入れてケーキを作ってくれるお店があるんだとか。
ちなみにこの絵は『宙のまにまに』コミックス第五巻の表紙絵。
見比べるとわかるんですがコレめっちゃ上手に描かれてるんですよね……
注文した人が「大変なんで後ろの桜とかは大丈夫ですよ」と伝えたにも関わらずそこもキッチリと作ってくれてたりw
お店の方もお祝いだってことを察して気合入れてくださったんですかね……僕達はまた感謝せねばならない人が増えたようだw
これにはカシマミ先生も大喜び。

「先生!コミックスとケーキ持って!」と撮影タイムが始まります。
ちょうど良いので僕も記念に撮ーろう♪とカメラをぱしゃり☆
なーんてステキな先生の笑顔

11092902.jpg
…の後ろのキヨヒロw

まぁ…席の配置の問題だから許しましょうw
今日は祝いの席…こんな事でいちいち目くじら立ててる場合ではない。

気を取り直して、ケーキだけでは僕らの祝いの気持ちは収まらない!!とばかりにプレゼントたーいむ!!
いつでも身につけられるように腕時計と、さらにお花のプレゼント。
なんかお花の方もすぐにダメになってしまわぬよう、そのままでも半年くらいは持つというお花(プリザーブドフラワー?)が用意されてました。
それを見て、時計をつけて、大喜びの先生。
それはそれはもう素敵な笑顔……

11092903.jpg
の後ろのキヨヒロ!!w

なんなの!もうなんなの!!一度ならず二度までも!!w
そんな先生の隣なんて良い位置に座ってるんだから…映り込むならもっと先生をちやほやしなさい。

残念ながら仕事の都合で来れなかった面々からも「先生に『お疲れ様でした』と伝えてください!」と伝言を預かったりして、本当に皆の心の中にこの作品が息づいているんだなぁというのを実感しました。
と同時に、プレゼントやケーキを見て最後感動して泣き出しちゃった先生を見ていて、
「ああ…この人がこういう人だから、あの作品はこんなにも愛されたんだろうなぁ」
ということにも気づきました。

かくいう僕も、「せっかくのお祝いだし、ちょっとがんばろう」と僕の演じたキャラクター・路万部長のコスプレっぽい格好で行ってみましたw
カーディガンに細身のズボン、それにちょうど誕生日に先生からもらった、部長が着けてそうな星型のループタイつけて…「ここで着ずにいつ着る!?」とばかりにw
まぁ結果みんなから総ツッコミを喰らいましたけどね……だが本望w


愛され気質の先生、おめでとう。

そしてそんな愛され気質の先生が、こんな日に限ってニーハイでしたw
なんなの……先生のご褒美の日のはずなのにむしろ僕へのご褒美があるなんてw

ちなみに僕の半コスプレ写真も、先生のニーハイ写真もありません。
あしからずw


カシマミ先生、本当にお疲れ様でした!!
祭り事 |

二者択一

人生の中で迫られる選択。
通常なら無限ともいえる選択肢が目の前に広がってるわけですが、そこから選び切るのはさすがに大変だ、ということで普通は『目の前にやってきた選択』をしていきますよね。

将来なにになりたい?
具体的に考える前に自分の趣味、性格、そして実際なれるかどうかなど、たくさんのふるいにかけられて残ったものの中から選択をする。

ごはん何食べる?
自分がどこにいるのか、近くのお店、スーパーなら売ってるもの、安いものなどなど…コレも無意識に絞りこまれた中から選んでいるんだと思います。


そしてアニメや漫画の中でよく強いられる選択。
「あたしとあの娘、どっちにするの!?」
たくさんの女性に好かれるという意味では人間として魅力があるんでしょうし、女の子に取り合われるなんて男の永遠の夢、とも考えられますが、冷静に考えたらどっちを選んでも天国も待ってるでしょうが地獄も待ってるわけでw
そんな恐ろしい選択したくないというのが本音w

とまぁ世の中にはいろいろな2択がありますよね、という話……からの今日はバトンです!!


その名もまんま『どっちが好き?バトン』!!

ちなみに僕は、男と女だったら女が好きです(聞いてない)
ではどうぞw

どっちが好き?バトン

Q1 お茶or水
A1 水。仕事の時にどっち飲むかっつったらやっぱ水かなーと。
Q2 うどんorそば
A2 うどん。東京はそばもうどんも茶色くて辛い!w
Q3 紅茶orコーヒー
A3 コーヒー。つい飲みたくなるんですよねー
Q4 ご飯orパン
A4 ごはん。オラは…お米の国の人だからw
Q5 犬or猫
A5 猫。あの気ままな感じに惹かれる…愛くるしい
Q6 赤or青
A6 青。『可能な限りクールでいたい』という心の現れさ…なぁ、ジョー?
Q7 白or黒
A7 黒。やっぱ黒でしょ。…え?ニーハイの話じゃないの?w
Q8 バスor電車
A8 電車。バスほとんど乗らんw
Q9 飴orチョコ
A9 飴。チョコってだいたい甘いじゃない?飴の方がいろんな味あるよね~。
Q10 中華料理orフランス料理
A10 中華。家で作るのは圧倒的に中華。餃子あるしw
Q11 電話orメール
A11 メール。電話って「かけた時に出ないと」ダメじゃん?時間を拘束してる感じがなんかイヤ
Q12 バラエティorドラマ
A12 バラエティ。笑いは明日への活力!
Q13 関東or関西
A13 関東。サラっとしてるよね、人間味が。
Q14 ロングorショート
A14 ショート…かなあ…?似合えばどっちでも
Q15 へちまorひょうたん
A15 ひょうたん。特 に 理 由 な ど な い w
Q16 ギターorドラム
A16 ドラム。りっちゃんかわいいよりっちゃんw
Q17 窓orドア
A17 窓かな。外見えるしw
Q18 お弁当or給食
A18 弁当。人の弁当見るのとか楽しくない?
Q19 梅干orレモン
A19 梅干。酸っぱいのはあんま得意じゃないけどね…おにぎりだとなぜか選んじゃう。
Q20 カレーライスorハヤシライス
A20 カレーライス。黄色だからw
Q21 フランスパンorあんぱん
A21 フランスパン。ウィ?
Q22 山or海
A22 海で。露出度的な問題でな!!水着のおねーさんが見たい!!w
Q23 洋画or邦画
A23 洋画。まだ我々に仕事の余地が残されているからw
Q24 洋楽or邦楽
A24 邦楽。中でもとりわけアニソンなw
Q25 右or左
A25 左。利きだからw
Q26 将棋or囲碁
A26 囲碁。まぁヒカ碁ですよね
Q27 野球orサッカー
A27 野球で。サッカーのオサレ感に馴染めませんw
Q28 バスケorバレー
A28 バスケ。ぼーっとしてても良いじゃんwバレーは飛んできたら拾わないといけないしw
Q29 柔道or剣道
A29 柔道。武器はよくない。
Q30 長距離走or短距離走
A30 短距離走。持久力ないもんでw
Q31 疲れたor疲れてない
A31 疲れてない。疲れてしまったらそこで終わるじゃないかw
Q32 ありがとうございました!
A32 ございましたの方で…って二択じゃないの?これw

続きを読む
バトン |
<<前のページ| ホーム |