マジP!

間島淳司の日常をプロデュース!!

やっちまった!


家に帰ってからブログ書こうと思ってたらこんなことに!!w

スポンサーサイト
日常 |

そんなに知りたいのかね?

昨日のブログ…とうちのブログでは呼べないようなブログw

…の、『こんなことに!!』という部分を受けて、たくさんの方から「…どんなことに?」とコメントをいただきましたw
まぁ…そう思うだろうけどもさ……そんなに知りたい?w
めっちゃ普通の日常だったし、写真も昨日の一枚しか撮ってないので特におもしろいこともないと思いますが、まぁ知りたいという方がいらっしゃるなら詳しく書いてみようかなぁと思います。


仕事終わりで携帯をチェックしてみるともっちーこと望月英くんからメール。
「今夜はどんなご予定でいらっしゃいます?」
ちょうど仕事も終わり時間も空いたので「空いてますがなにか?」と返信すると「呑みに行きましょう!」ということで、しばしの後合流。

合流後くわしく現状を聞いてみると「まだ他に誘ってません」

呑気か!!w

早急に人員を補充しろ!と指示を出すとすぐに複数人に電話&メール。
この行動の迅速さは素晴らしい……がその尽くが捕まらないw
電話はかけても出られず。
メールはちっとも返信が来ず。
来ても「今日はちょっと無理です」

「間島さん、また断られました」
そう言うのを何度も隣で見ていて僕は
『もうやめて!もっちーのHPはゼロよ!!』
という言葉を飲み込むので必死でしたw
やはり…(誘うのは)女子を頼む』というオーダーが無茶だったのでしょうか……w

誘ってから返信が来るまでに若干時間もあったので、いきなり二人で飲み屋に入ってしまうという愚は避けることにしてファストフード店に避難。
ドリンクを頼みつつ軽くモンハン。
…のつもりが、もっちーが「金銀の素材が欲しいです」などと抜かしたためにダウンロードクエの金銀同時討伐に挑戦することになり……あえなく撃沈。
さすがに二人だとキツイ…っつか無策で突貫&いろいろ道具を忘れるというミスが目立ちましてw
2度3度とリトライを繰り返しようやく討伐完了。
あんなに竜にドリブルされたり…薬をがぶ飲みしたのは久々でした……ぜったい『がぶ飲み回復薬グレート』とか出したら売れると思うんだw


なんとか討伐完了して時計を見ると、程よく時間も経過し。
さて誘った人はどんくらい釣れたかなーともっちーに聞いてみると……
まぁ女子にはことごとく断られておりましてw

moblog_e4261328.jpg
ご覧の写真のような状態になったわけで…

あ、ちなみに手で完全に顔隠れてますが奥の人はキヨですw
後からスタッフKさんも来まして……まぁ結果めっちゃいつも通りの呑み会になったっつー話ですw
序盤の誰誘っても誰も引っかからないという恐怖感からするとよく集まった方じゃないでしょうかw



とまぁ以上のような状況が「こんなことに!!」の概要ですw
ご満足…いただけましたか?
僕はいつも通りまぁまぁ楽しかったんでよかったですw
未分類 |

深めの人々

NHKで『DEEP PEOPLE』という番組がやっています。

回によって出る人は違うのですが、毎回『その道を極めた人々』が3人出演。
三人が向かい合うように三角形のかたちで座り、それぞれの価値観や意見を話し合う番組です。
番組上の司会の二人はまったく別の場所におり、その道を極めた3人は3人だけでしゃべるのです……が。

先日放送された回、なんとテーマが『ヒーロー声優』
その道…ヒーロー声優の道を極めたお三方が登場し、三人が語る姿が放送されたのです……


なんというナイス企画w


ぶっちゃけこれ、この職業のこと知らない人が見るより今この職業に就いてる人が見た方が良い内容!
というかめっちゃ勉強になる!!
見逃した人、マジかわいそうです と言いたくなる感じw

ちなみに語るお三方は
・野沢雅子さん
・古谷徹さん
・小山力也さん

のお三方。
言わずと知れた、誰しも聞いたことのある声の持ち主、そしてヒーロー声の持ち主ですよね。

番組は司会進行がいないスタイルなので、ホントにこの3人が撮影されながらただしゃべってるだけなんですが、それがまた逆に良い……
普通、『番組』であることを意識するなら、わからない単語が出てくるたびに
「今の言葉は?」とか
「◯◯とは、××ということですね」
といったような説明を司会の方が挟んだりしますよね。
この番組の場合その道に精通した人たちだけでしゃべってるのでそういう手間が一切ない。
当たり前ですが僕も同じ職業に就いてるので、説明されなくても意味はわかるので時間のロスも『知っとるわいそんなんw』といったストレスも無いままお三方のお話が聴けるわけです…ナイス。

もちろんわからないであろう言葉にはテロップで説明が出るから、知らない人が見てもわかるようにはなってますから知らない人も安心の内容ですがw

そうしてお三方が、ヒーロー声優について語ります。
ぶっちゃけ見てみて、ヒーロー声優とはこうだ!!というよりは『声優』という職業、普段どういうことを気にしているかといった”心構え”みたいなことを多く語っておられた気がします。

序盤は声の出し方、作り方、マイクワークといった技術的な部分。
これはたぶん知らない人が見てもおもしろい内容ですねw
それからだんだん話はDEEPになっていき、役作り、気持ちの作り方・持っていき方、主役…座長としても心構えといった話に。
後半はもうね、はっきりいって僕ら同業者へ向けてのメッセージですよこれw
先輩がどういう考え、どういう気持ちで芝居に取り組んでいるかというのを知れるという…ある種のごちそう。
普通ならごはん行ったり呑み会に行ったりしないと聞けない内容てんこ盛り。
僕が犬ならうれションするレベルの番組内容でしたw


実際問題、先輩に限らず他人がどいういう風に役を作り、台本を読み取り、準備をするのかなんてことはわからないしなかなか聞けません。
人それぞれのやり方があるってのもありますけど、そういうのってある種企業秘密みたいなもんじゃないですか?
そこに同業者が踏み込むってのはなかなか勇気のいることでして…聞きたくても聞けないんですよね。

僕なんかは台本にはほとんど書き込みをしないタイプなんです。
理由は単純、見やすさを重視しているから。
一瞬で情報を処理しないといけないアフレコ中に、たくさんの情報が入ってくると脳が混乱しそうなんですよねー。
もともと書いてあるセリフと、自分の役名のところに蛍光ペンでチェックを入れるだけの状態が僕の中でのベスト。
なので必要最低限、チェックは文字にせずに注意したい点にだけ◯や波線で印を点ける程度で仕事をしてます。

番組内では古谷さんの台本が写ってましたが、僕とは正反対の台本にとにかく書き込みまくるタイプの使い方をされてました。
その役に対する様々な情報を台本に書きだして、役の背景や人生を想像して、それを忘れないようにセリフを紡ぐんだそうで。
どちらが正しいってこともないんでしょうが、そういう自分以外の人の台本の使い方や役への取り組み方を見ると、それだけでもすごく勉強になった気がします。

とまぁ軽く台本関連のとこだけでもこれだけ考えるところが…というか勉強になるところがありまして。
実技じゃないですけど実際にセリフを言ったり「こういうつもりで芝居をつくってます」みたいな話をしているのを見るたび「へぇ~」「ほぇ~」と感心の声が漏れっぱなしw
独り暮らしで本当によかったw

マジでいい番組を見ました。




てかこういうのを養成所とかでやったらいいんじゃねぇかとちょっと思いました。
先輩の話を聞く機会は特別講師みたいなかたちであるとは思いますが、『先輩同士が話してるのを聞く』ってのはなかなかないかたちの気がします。
実技じゃないので不満に思うレッスン生もいるかもしれませんがw

まあ…別に養成所経営してるわけでもなんでもないので関係ないことなんですけどねw


あー、また違うメンツでこんな回やってくれないかな~DEEP PEOPLE。
今度はそうだな……『悪役声優』とかで!!w

「地球を何度も滅ぼしたあの声優が、語る!!」みたいなw
ぅわ、超見てぇw
テレビ |

立ちはだかる壁

ぼ…ボル?ぼるしち?
ぼルダ…ポリタンク!


ボルダリングだYO!

(ザザーン…波の音)
ボルダリング…それは、まるで人生における障害を
あえて自らに課し、それを乗り越えていこうという果敢な
男たちの血と汗と涙のにじむ過酷なフェスティバル!




後輩んとこから丸パクリな始まりをした今日のブログw
パクるためだけに普段使わない文字の色変える機能とか使っちゃったよ…ああめんどいw

というわけでボルダリングに行ってきました、という話。

まずは『そもそもボルダリングとはなんぞや?』というところから。

簡単にいえば、ロッククライミングの簡易版、てとこでしょうか。
ロッククライミングの中でも純粋に『岩を登る行為』を楽しむものをフリークライミングといいます。
行為ではなく目的…『山を登る』ということを目的にした場合は、同じ事をしててもアルバインクライミングという名前に変わるらしいですが…今回は関係ないので深くはツッコミませんw
んでフリークライミング。
これは壁を登るのが目的なので、ロープなんかで安全を確保しながら壁を登っていくわけですが、さらにそれを簡単に、手軽にやるのがボルダリング。
「ロープとかナシでも大丈夫そうな、3~4mくらいの壁登って楽しもうぜ!」ってのが、ボルダリングのコンセプトといったところでしょうか。

場合によっては実際の山なんかに行って自然の岩を登るものもあるんだそうですが、いくら簡易版とはいえそんなハードなのにいきなり挑戦するなど愚の骨頂。
そんなこともしやったら…安全確保できてるはずの状況下ですごい生命の危険にさらされる自信がありますw
もっと手軽に出来るように、都内や各地に人工の壁を設置した『ボルダリングジム』という施設がありまして、そちらで楽しんできたわけです。

ちなみに人工の岩を登るのはインドアクライミングという名前になるらしいんですが……まぁボルダリングで大丈夫ですw


さて、そんなボルダリング。
やったことのない方・縁のない皆さんはきっとこう思っておられることでしょう。
『壁の登ってなにが楽しいんだ』とw
僕にもそう思っていた時期がありましたw
上記の通りロッククライミング…アルバインクライミングには『登山』という目的があるわけです。
ボルダリングには手段を楽しむことが目的になってるわけで…まあいってみれば散歩とかサイクリングとかに近い感覚。
ただ感覚的に近いとはいえ体力の使い方が目に見えてハンパないじゃないですかw
超インドア人間の僕にとっては、「わざわざ壁登って体力使って何が楽しいんだか…」くらいに思ってたわけですよ、随分前は。
それがあるとき、現場で「今ボルダリングにはまってるんだ」という人の話を聞きまして、またその人の話し方が上手いんですよ…めっちゃ楽しそうに聞こえやがんのw
それで軽く興味はあったんですが、だからといって自分から足を運ぶほどの興味ではなく。

それからしばらーくしてからの先日、うちの後輩に誘われまして。

後輩「先輩、ボルダリング行きませんか?」
まじ「ぼるだりんぐ?なにそれおいしいの?」
後輩「えと、壁を登る遊びです」
まじ「(アレか!!)」」

と思い出しまして、行くことになったわけです。

ちなみに誘ってきたのは女子!!いやっほぅ!!w
そしてメンバーは…こいつら!!

11090401.jpg
松岡!

11090402.jpg
トネケン!!


……以上!!w
あとは誘ってくれた内田でしたw
あれ…女の子に誘われたのに…男しかいないよ?なんで?
と内田に聞いてみたところ
「女の子は全部断られました」
とのこと。
ぐぬ……ぐぬぬ……!!w



長くなってきたのでボルダリング・壁登り編はまたの機会に!!w
未分類 |

ぃえあああああぁぁぁぁぁ!!

約一週間遅れで始めるぜぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!



11090501.jpg
モン!!ハン!!!!

なんだかんだ家でゲーム♪なんて時間が取れませんで……主に呑んだり壁上ったりのせいですがw
タイミングを逃してしまい持ってるのにずっとPSPでやってる状態が続きまして。
それがやっと…やっとこさ!
始めることが出来ますよ!HDVer.!!

なんのかんのまだ2~3戦ソロで戦ったくらいなんですけど……いいですね、まず画面デカイ中でやるモンハンw
テレビを買い換えたのも効いてます…
そしてさらに。今回のモンハンの最大の特徴でもある…超・美・麗!グラフィック!!
これがマジ超美麗w
テレビを大きくした関係で、PSPの画面を出力するだけだとどうしても画像が荒く見えちゃうんですよねー。
買う前に何度か試したんですけど…悪くはないけどこう、もう一息!って感じ。
その感じがHDVer.ならクリア!
画像も問題もクリア!!w

まったく…呑みに行ってる場合じゃねぇぜ!!w

んじゃ狩りたいので今日はこのへんでw
ゲーム |
| ホーム |次のページ>>