マジP!

間島淳司の日常をプロデュース!!

くじという名の欲望

コンビニって危なくないですか?

…いや刑事事件とかそういう意味ではなくw
物欲的な意味でですw

24時間いつでも開いてて、食べ物もあれば電池や台所用品、化粧品だってある。
まぁ便利さの分スーパーとかで買うより若干高いような気もしますが…道の途中にあるコンビニと少し離れたところにあるスーパー、同じ商品の金額が10円しか違わないならたぶん、コンビニでついでに済ます、って人も多いと思うんです。
これは実に危険な思考ですよ……貧乏な上京したての頃ならいざしらず、ある程度働いてしまうと金銭よりも労働力をケチるようになるというか…お金で時間と無駄な体力の減少を防ごうという意識が働く。

…あれ?働くのを止めたいのに意識は働いてる?不思議w

そしてもっと行くと、今度は「今必要のないもの」まで買い出す始末…嗚呼、本当に危険な兆候。
「ちょっと美味しそうだから甘いモノを…」
「なんとなく気分だから缶コーヒーでも」

といった無駄遣いを、「さして高いもんでもないし」という理由で見過ごし、許してしまうのです……!
なんて恐ろしい!!


まぁ『恐ろしい』なんて言いながら僕もけっこうやっちゃうクチなんですけどw


いいですよねーコンビニ。
つい御財布のひもが緩くなっちゃう。
とりわけ僕みたいなタイプには『一番くじ』ってのが厄介な存在でして……
その時期その時期によってやってるモノは違うんですけど、様々なアニメや作品のグッズが、1回500円くらいでくじを引くと当たるのです。

またこれも「当たる」というのが厄介。
要は商品は選べないわけで、なにか自分が欲しいと思ったものがあってもソレが一回で手に入るとは限らないのです。
500円払えば必ず当たるので損した気持ちにならないのもまた上手い…
「まぁコレでもいっか」
「次またやろう」

と当たるまでこの財布のひもが緩むループは続くわけで。
なんて恐ろしい……そしてもっと恐ろしいのが…この一番くじ、けっこう仮面ライダーのもやってるんですよw
そんなん…そんなん見つけたら一度もやらずに終わるなんて出来ないじゃないですか!!w
なんだかんだと理由をつけ買ってしまうに決まってる!!
そんな自分が目に見える!!w

ちょっと前にも某コンビニにて仮面ライダーの一番くじがやってまして、この時は「ちょうどストラップが壊れてなくなっちゃったからやろう」みたいな理由でした……
まぁそれなのにいきなり2個とか買ったんですけどw
そして結果当たったのがこちら。

11100101.jpg
ストラップと、フィギュア。

と ん だ 大 当 た り w
ストラップはくじ的にいえばハズレに近い、たくさんあるものの一つ…ではありますが今回の目的はこのストラップ。
そしてもう一つ…フィギュアはぶっちゃけ上から3つには入る当たりにくいレアなもの。
なんでこんな……こんなところで運を使ってしまうんだ!!w

てかまるで今回だけのように言ってますが実はライダーくじではちょこちょここんなことが続いてまして

11100102.jpg
前にもナスカ・ドーパント引き当ててますw

ナスカの頃はダブルに大ハマりしてた頃だったからなぁ……すげー金かけてた気がする……
というのもこのキーホルダーとかの数見ればお分かり戴けるかと思いますがw
いくつかキーホルダーとかストラップは使って壊れたのもあるので、実際はもっとたくさんコレに金かけてますw


実にコンビニは恐ろしい……僕の仮面ライダー愛を的確に突いてきおる……
素晴らしい!!w

皆様も一番くじにはお気をつけ下さいw
スポンサーサイト
おもちゃ |

ザ ダイナー!

少し前のことですが、前々から気になっていたところへようやく行くことが出来ました。
その名も……KAMEN RIDER THE DINER!!

ディナーではなくダイナーと読みます。
仮面ライダー ザ ダイナー。OK?
まぁディナーはDinnerなのでNが一個足りないわけで、言われなくてもお分かりですよね。
僕が「ん…?ディナー?あ、ダイナーなのか」と思った派なので一応の注釈です、サーセンw

4月の終わり頃にオープンしていたこちらのお店。
オープン前もネットや各所で話題に上り、当然のように僕の耳にも入ってきていて『いつか…行きたい!』と思っていたんですが、うちの後輩から「行ってきました!」と先を越され…それどころかキヨたちにも先を越され……屈辱と欲望の渦に飲まれていた今年度頭w

『そんな行きたいならさっさと行けよw』と自分でも思いますが、「自分一人で行くのも…」みたいな感覚になってまして、どうにもタイミングときっかけが掴めずにいたんですよねー。

そこに舞い込んできた一通のメール。
文面には燦然と輝く……「特撮会のお知らせ」「場所:KAMEN RIDER THE DINER」の文字。
なんということだ……私の、我々の欲望がこんなかたちで叶ったw

実は以前から特撮の話しようよ!と盛り上がっていた方がいらっしゃいまして。
名を今野宏美(あえて敬称略w)というんですがw
前は現場でたまにお会いしてたんですけどその頃はお互い特撮好きだとは知らず。
あまり会わなくなってから人を通して特撮好きが発覚、それから間に仲介者を挟んでは「是非特撮話を!」「今のライダーどうっすか!」果ては「今度の劇場版行きましょう!」と声をかけ合い……ながらもなかなか時間が合わず結局キヨと映画に行く日々が続いていたわけでw
まぁそれはそれで楽しいからいいんですがw
新たな仲間を渇望していた結果、ついに今野さんが自ら会を企画してくださったのです……ありがたやありがたや。


さて。
仮面ライダーTHE DINERはもちろん名前からわかる通り仮面ライダーをモチーフにしたダイニングであります。
こんなの「仮面ライダー・本郷猛は改造人間である」っていうのと同じくらいわかりきったことですよねw
もちろん内装も凝りまくりで、いたるところに仮面ライダー色が。

11100201.jpg
入り口からしてこんな感じ

このすぐ脇には実際おもちゃとして販売されていた仮面ライダー王蛇の武器・ベノバイザーが飾ってあったり。
龍騎好きな僕は観た瞬間「わぁーーー!持ってるー!!」とテンションMAXw

入り口を入り中に入ると壁に貼ってあるポスターや写真。
その中には仮面ライダーに出演していた方がご来店されたときに撮影したポラロイド写真なんかも。
「お、映司だ!オサレメガネかけとる!」とか「アンクがアイスキャンディー食っとるぅぅぅぅぅ!」とここだけでも見る価値ありな感じw
そして中に入ると…まず真正面に見えるはショッカー大首領が座る椅子!
いきなりアレが視界に入るとテンションがもう一個上がりますね……「後で誰か座らせよう」と決意するのに1秒かかりませんでしたw

席に通されメニューを見。
メニューの中にもあるわあるわ、仮面ライダーの文字が。
それもそのはず、ほぼ全てのメニューが仮面ライダーにちなんだメニューになってまして、名前だけでなく見た目もきちんとライダーっぽくしてたりするのです。

今回注文した中からいくつかお見せしますと

11100202.jpg
トリプルベリーのZXヨーグルト

11100203.jpg
がんがんじいのバンバンジーサラダ

11100204.jpg
悪の秘密結社リゾット

素晴らしイーーーーッ!!w
こいつは……見てるだけでもテンション上がるw
そしてそんな中で僕が真っ先に注文したものは……

11100205.jpg
これだ!!

……え?「なんですかこれは」って?
バカだなライダー好きならコレ見たらテンション上がるでしょうよ……
テーブルには何が乗っていますか?
ビールと……焼きそば?
違う違うもっとよく見て。
焼きそばの具ですよ具、そうそう…‥キャベツ…じゃなくて、ニンジン……でもなくて、ほら、シーフード的な……そうイカ!
コレをつまみにビールを飲むと?
イカでビール。
はい正解イカデビルですw
正式には『死神ハカセット アジアン風味』という名前ですが、コレはMOVIE大戦とか劇場版ちゃんと見てるとテンション上がりますねw

これ以外にもたくさんのライダーをモチーフにしたメニューがあり、みんなまずはどれを頼むかで混乱、頼んでからはただひたすら撮影、そして食べる、の繰り返しw
大きい子供が…たくさんおるw
そんな中メニューの中に仮面ライダーJのメニューも。
Jといえばライダーの中で唯一ウルトラマンとタメ張るんじゃないかというくらいおっきくなるライダー。
ということはこの『Jパワークリームソーダ』というメニューも…?

11100206.jpg
やっぱりでかーーーーーい!!w

この写真だとわかりにくいですがビールの大ジョッキあるじゃないですか?アレに入ってますw
普通の飲み会で見るジョッキで中ジョッキですから…それに入ってるクリームソーダはまさに圧巻、Jパワー。
ノリで頼んだ川原さんが途中からえぐえぐ言ってましたw

そして今川原さんが座ってらっしゃるのが冒頭で出てきたショッカー大首領の椅子!!
やはり座るならこの男だろう…ということでお座り頂きました。
さすが大首領、表情が様になっていらっしゃるw


他にもいろいろありましたが書いてくととにかくキリがありません!
KAMEN RIDER THE DINER良いとこ一度はおいで☆
特撮 |

男と女とおでこと髪の毛。

男性が女性によく怒られるパターンとして『変化に気づかない』というのが挙げられると思います。

ちょっと前も妹・矢作に
『お兄ちゃんのためにニーハイ履いたのに…もう履かないっ!』
と怒られた…のはこのブログでも話しましたっけ?
…ああ、調べたら話してましたね、そらそうだこんなおもしろニーハイエピソード書かないわけがないw

もちろん履いていたことにも気づいてたわけですがいろいろ考えた結果『あえて伝えない』という選択肢を選び、それが矢作の怒りに火をつけたわけで。
何事も「伝えないと伝わらない」わけで、たとえ気付いていても伝えなければ気づかないのと同じなんだな、と思った次第。
そんなのMOTTAINAI!w

まぁ上のケースは気づいてた上での失敗パターンですが、とかく男は変化に気づかない。
その中でももっとも言われるのが『髪の毛切った』問題ではないでしょうか?

ほんの数センチ…場合によっては数ミリだとしても気づかないと「なんで気づかないの!?」とキレられた、という彼女持ちの男からの報告を時々耳にしますが……センチならいざしらず数ミリの世界わかんないですよ…
そんなの男からしたら誤差の世界だしもし切ってないのに「あれ?切った?」って聞いたらそれはそれで怒られそうだしw
プレイボーイにでもなりゃそのへん上手く怒られないように話すコツとか知ってるんでしょうが、どうにも僕はそういうのは向いていないようです。

でも女の子同士だとすぐ気づくらしいんですよね…実際
「あれー、前髪切った?」なんてことを会うなり言ってる娘をよく見かけますが、マジでなんでわかるのか不思議なくらいですw

もしかしたら男はざっくりした印象で女の子の髪型とか服装を見てるのかもしれません。



さてそんな髪の毛の話。
ネットで『女性の前髪アリナシ、どっちが好き?』なんて記事を発見。
アリナシてどういう……と思ったら前髪をあげるか分けるかして女の子がおでこを出すのは好きですか?という質問らしいですw
てっきり前髪が交代してハg…いやなんでもないですw

実際気づかないとはいえ前髪の印象ってのはかなりデカイと思うんですよ。
顔を見れば視界にどうしたって入る部分ですし、正確に覚えていなくても分け目が変われば「あれ?なんか印象違う」くらいはニブい男にだってわかるはず。

実際女性側もやはりおでこを出すことに関しては並々ならぬ関心があるようで。
『憧れはあるけど、なかなか踏み出せない』
『なんか恥ずかしい』
『笑われるんじゃないか』

なんて意見も。
『顔を見られると入る』前髪だけあって、やっぱり『見られてる』ということを強く意識するからなんでしょうね、様々な悩みがあるようです。

個人的には髪型は似合ってればいい派なのでなんとも言いづらいですが、前髪全部上げて丸出しになってなければ僕はだいたい好きですね。
何で聞いたのかは忘れましたが昔『おでこを出す』という行為には本人の自信のあるなしが現れると聞いたことがあります。
自分に自信がある人はおでこを出しても平気、みたいな話。
言われてみるとなるほどなぁと思った印象があります。
前髪を伸ばせば目にかかり、視界が遮られるわけで。
視界が遮られればそれだけ『自分の見える世界』が狭くなります。
捉える世界が狭くなればそれだけ恐怖を感じにくくなるというか、そういった精神や考え方が影響してるのかなーと。
おでこを出す、ということは「私はお天道様に隅々まで見られても平気よ!」くらいの自信が必要なのかな、なんて思います。
僕自身おでこ出すのイヤな自信があまりないタイプなので、おでこ丸出し、自信満々タイプの人は見てて眩しすぎるんでしょうか、そういう意味でたぶんおでこ出してる髪型はあまり惹かれないのかもしれません。


ちなみに世の中には『顔型別に相性の良い前髪』なんてのもあるそうで。
参考までにご紹介しますと
・丸顔に似合うのは前髪に分け目を付けて流すスタイル
・面長に似合うのは前髪を少し厚めにとりまっすぐ下ろすスタイル
・逆三角形の顔に似合うのは前髪に動きを付けたスタイル
・ホームベース型の顔に似合うのはあまり厚くせず丸みを持たせたスタイル

なんですって。
髪型ひとつで大きな悩みが生まれてしまう女性という生き物…悩んでる方は参考にしてみては如何でしょうか。

どんな髪型にせよ、似合っていれば、素敵に見えればそれが一番ステキなんじゃないでしょうか。

…あ、そういえば一個こだわりありました。
女性の髪型は……頭なでなでしやすそうなのが好きですw
撫でると幸せな気持ちになりますよね♪
男女に関するアレコレ |

イベント・その後

昨日は『電撃文庫 秋の祭典2011』内の1ステージ、「電撃文庫ぶっちぎり!新作発表!!」に参加させて頂きました。
タイトルとしては『とらドラ!』、年末に出るブルーレイのお知らせということで……「新作発表」と聞いてどんな新作が来るのかと思ってた方、2年とか前の作品でごめんなさいw
BD-BOXの中に新作映像入ってるんで許してw
さらに完全シークレットで参加したのでお知らせも出来ず、『知ってたら行ったのに!』という方、いらっしゃったらこちらも申し訳ない…言っちゃったらシークレットにならないのでどうにもなりませんでしたw

というわけで新作でもなければ告知もしてない、という状態で、正直来てくださってるみなさんが受け入れてくれるか不安でしたが……ホントにとらドラ!という作品の力というか、みなさんの愛を感じました。
久しぶりに公の場でとらドラ!の話が出来ただけでも楽しかったです。


とそんなイベントに参加したわけですが、このイベント、電撃文庫のいろいろな作品が一堂に会するわけで、そんな中でたまたま『神様のメモ帳』で出演していた後輩・松岡禎丞と帰りが一緒になりました。
お腹が空いていたのでそのままごはんを食べに行き、知り合いに飲み屋に誘われそっちに連行w
さらにさらにその飲み会にキヨが合流し、果てしない飲み会のまっただ中を走っていたら日曜ダイヤなのをまるで忘れていた松岡が終電をロストw
仕方が無いのでうちに移動して呑み会は朝まで……という流れ。
ざっと振り返るとこんな感じんですが……コレほとんど呑んでますね、なんというクズw

松岡はもちろんキヨもうちに来るのは久しぶりでして、アレを手にいれてから来るのは初めてだったようで。
来るなりキヨがしきりに
「間島さん、アレは!?アレは!?」
と騒ぎ立てます。
ふっ、あわてるなよキヨ……もちろんきちんとしまってあるさ。
おもむろに押入れから出し魅せつけると「おお……」と感動するキヨ。
作品自体あまり見ていなかったらしい松岡もなぜか「おお……」とか言ってましたがw

ちなみにアレとはT2メモリセットのこと。
仮面ライダーダブルに出てきたアイテムですね。
その中でもキヨが食いついたのは、Vシネマ作品として世に出た『仮面ライダーアクセル』で初めて登場したガイアメモリ強化アダプター。
作中でアクセルの力が及ばないとき、その強化アダプターをメモリに装着することでアクセルが「アクセルブースター」パワーアップ、仲間のピンチを救うというシーンがありまして、そこで使われたシロモノ。
さすが全てを振り切る男キヨヒロ……目の付け所も振り切っていやがるw

強化アダプターを見せつけられて遊びたい・撮影したい盛りの子供に戻ったキヨw
「どうせならきちんと確認しよう」とアクセルのブルーレイを見ながら撮影遊び開始。

まずはアクセルに変身!

11100401.jpg
アクセル!

だが敵の力は苛烈を極め、通常のままの仮面ライダーアクセルでは歯がたたない!

11100402.jpg
「くそ……俺の速さじゃ…力じゃ、仲間を救えない!!」

歯噛みするキヨヒロ。
迫り来るピンチ。
このままでは仲間が危ない!とその時!!

『キヨヒロ!これを使って!!』
「!?」


投げられたパーツ。
受け取る思い。
「これで……戦える!!」

11100403.jpg
ブースター!

11100404.jpg
アップグレード!!

受け取った思い……溢れる力。
誕生……『仮面ライダーアクセルキヨヒロ』

彼は仲間の思いを胸に、今日も走る!!

「振り切るぜ!!」



ー完ーw

どうですかこの男のノリノリ加減w
酒の勢いとはいえただの趣味でここまでやってのける男は東日本でもこいつが一番でしょうw

ちなみにあまり仮面ライダーを知らない松岡くん。
知らないなりにカッコよさは理解してくれまして…それが良かったのか悪かったのかはわかりませんがw
アホでノリノリな先輩たちに「松岡もポーズ取れよ!」「ヨシツグアクセル!ヨシツグアクセル見たいww」と唆され踊らされ、ついうっかりポーズを決めてしまいました……

11100405.jpg
「俺に質問するな!!」

深夜の仮面ライダー鑑賞は危険ですね、楽しすぎるw
特撮 |

一風変わった賞

世の中にはいろいろなことに興味をもつ人がいます。

だからこそ世の中にはいろいろなモノが出回り、いろいろなことが流行り、いろいろな趣味が生まれるわけで。
十人十色とはよく言ったものです。

趣味の領域なら「まぁそういう人もいるよね」程度のことなのでいいですが、世の中にはもっと変わった人もいます……
普通の人なら絶対注目しないことを一心不乱に研究してしまう人々。
そう、研究者です。
研究というのはひとつのことを詳しく、とことん調べる行為。
その行為の過程で本筋とは違う、興味をそそられる対象が出てくることだってあるでしょう。
そうなれば…研究者だって人間、「もっと知りたい」という欲求がその本筋とは違う方向に向いてしまうことだってあるはず。

場合によってはそもそも普通は研究しない方向に意識が向いている人もいるでしょうがw

それだけでも『世の中おもろいなー』と思うに充分なんですが、さらにそういった『ちょっと変わった研究』に対して賞を授けようじゃないかという機関があるというから…世の中なんておもしろいんでしょうw
ちなみにその賞の名前、『イグノーベル賞』というんだそうで。

ノーベル賞はみなさんご存知ですよね?
かのダイナマイトの発明者・アルフレッド・ノーベルの遺言で設立された、人類のために貢献をした人々に送られる栄誉な賞。
イグノーベル賞はこのノーベル賞とは関係…はありませんw
イグノーベル賞は「人々を笑わせ、そして考えさせてくれる研究」に対して送られる賞。
この定義からして「……ん?」と思う方もいらっしゃるでしょうw
もちろん研究が対象なので論文なんかから受賞が決まるわけですが、結果的に「それってディスってる?」みたいな受賞のパターンもあるんだとかw
まぁ賞と言ってはいますがとてもユーモアあふれるものだ、ということをご理解いただきたい。

さてそんなイグノーベル賞。
まるで知りませんでしたが1991年に創設され、毎年10月になると必ず授賞式もやっているとかなんとか。
今年も10月に受賞者が決まったそうで、その受賞した研究も実におもしろいものが多かったのでご紹介したいなあと思った次第。

ノーベル賞と同じくいくつかの賞にわかれてまして、まずは生物学賞から。

『オスのタマムシはビール瓶をメスと勘違いする』
もともとそういう話があったのかどうかは知りませんが、この研究に対し賞が送られました。
なんかメスと間違えてビール瓶に乗っかるオスのタマムシがいるんですってw
その理由…『ビール瓶の色や光の反射具合がメスのタマムシの羽の色に似ているため、性的魅力を感じているらしい』ということを発見したことに対する賞。

文学賞は『グズが物事をやり遂げる方法に対して』
グズとかいうと身も蓋もないですが、堅い言い方をするならば『より高い目標を達成する人間になるためには、常に重要な仕事から手をつけ、それをもっと重要な仕事をするのを避ける手段とすべきだと主張したことに対して』ということになるそうで。
「構造化された先延ばし」理論、なんて名前がついてるようですが、身近な例でいうならば
『テスト前に机の周りの片づけ始めるとはかどる』アレですw
テスト>片付け なので、この場合普通に片付けやるよりはかどったり、きちんと達成できたりするわけですよね。
ということは『◯◯>テスト勉強』というような状況に自分を置けば、◯◯を回避するためにテスト勉強をした上さらにはかどる、ということになる。という研究なんだとか。
面白い研究ですね……心理の真理な気がしますw

医学賞は『尿意の高揚による無関係領域のインパルス制御促進の研究に対して』
なんだかややこしいですが簡単にいうと『オシッコすごい我慢すると、頭の回転が早くなる』みたいなことだそうですw
尿意の我慢ってのはどうやらいろいろ機能を高めるようですね…昔『探偵ナイトスクープ』でオシッコ我慢したら足が早くなるか、なんて実験してたのを見ましたが、我慢した方が早くなってましたしw
ここ一番という時にオシッコ我慢するとすごい結果が出るかも?
…結果より先にオシッコが出ちゃう可能性もありますけどw

若干ふざけた…というかユーモアにあふれたものが多いですが、中には少し真面目なものも受賞してます。
化学賞はこちら。
『緊急時に眠っている人を起こすのに適切な空気中のわさびの濃度発見と、これを利用したわさび警報装置の開発』
論文に平仮名で「わさび」とか出てくるとちょっと緊張感に欠けますが、要は匂いによる警報装置の開発ということ。
聴覚障害者の方がいる施設なんかに取り付けると大変有用な、社会に役立つ研究でもあります。


他にも数学賞、物理学賞、平和賞、生理学賞など、意外と細かくたくさんの受賞があったようです。
社会的にはあまり役に立たないかもだけど、そういった研究にもこうやってスポットが当たるってのは実にステキなことですよね。

うちのブログも声優界のイグノーベル賞とか受賞しねぇかな、明らかに一風変わったブログだしw
考察 |
| ホーム |次のページ>>