fc2ブログ

マジP!

間島淳司の日常をプロデュース!!

巨大テレビ、現る

車で移動中のこと。

車内ではいろいろな話、音楽、楽しいことがいっぱいですが、なんだかんだで外を眺めるのも好きだったりします。
特に都心を離れて郊外に出てくると街の景色は一変。
見慣れない光景がちらほらと出てくるからです。
まったく見たことがないその地域独特の文化、中には昔実家にいた頃には当たり前だったもの…それもまた郷愁を誘ったりして。
意味もなくひたすらに外を眺めることもしばしば。
そこからまた車内の話題のネタを拾えたりもするので、あながちバカにも出来ない行為なんですがw


その時も車内で流れるみんなの話し声を聞きながら、ぼんやりと外を眺めていました。
すると…どう考えても『見慣れない光景』が目に飛び込んできました。
今まで見てきた中で一度も見たことのない光景…この地域ならではのことなのかもしれませんが、意味がわからない光景。

なんかね…テレビが……屋外に出てるんですw

皆さんもおそらく『何を言ってるんだ間島は』とお思いでしょう…僕もそう思いますw
はじめは僕も目を疑ったんですが…アレはどう見てもテレビ。
しかもそうとうな大きさでした。
外に出てたし一瞬だったんで実寸はわかりかねますが…どう贔屓目に見ても70インチは超えてるんじゃねーかという巨大さ。

あれは…いったい……なんのために?(汗)

理由はわからんけどその家独特のルールなのかなー、とかいろいろ頭を巡らせながらスルーしました。
だっていきなり
「みんな聞いてくれ。さっき屋外にすげーデカイテレビが設置されてる家があった」
とか言っても、見てない人たちからしたら

「……は?なにいってんの?」

ってなるに決まってるしw
僕はそういうレッテル貼られたくないw
ただ気にはなるので『あれはいったいなんだったんだろう…』と考えながら、またぼーっと外を眺めていると……また出たんですよ、外にテレビ置いてる家が。
今度のは先程のものほどではなく、だいたい…40インチくらいなんですかね?
いやでも庭に置かれてるしさっきの見たあとだから小さく見えただけなのかも…50インチくらいはあったんですかね?

一度ならスルー出来てもさすがに二度はスルー出来ません。
勇気を振り絞って車内の皆に進言しました。

「あの…さっきから…庭にテレビ置いてる家があるんですけど…あれなんですかね?」

意味不明発言に罵倒されることも覚悟していましたが、他にも見ていた人がいたようで話題はすんなり受け入れてもらえました。

「そうなんだよね…しかもヘンな向きで置いてあるんだよね」
「一応建物の方向いてるのもありましたよね」
「そうそう」


あまりの光景、あまりの状態。
見た人も見てない人もその情景の凄まじさに、車内の話題は『屋外に置いてあるテレビ』一色に。
やがて一人の結論にたどり着いた人間の声が響きます。

「わかった!」
「?」
「アレじゃないですかね、テレビだけ屋外に設置しといて、音声は室内のスピーカーから流して!」
「お、室内が広く使えそうな」
「そうそう!これなら大きいテレビでもスペースを取らずに置ける!」
「あーそういう」
「なるほどねー」


もちろんこれが真実なのかどうかはわかりません。
ただ特に異を唱える者もいなかったので、車内では『それ』が答えになりました。
遠い場所、それぞれの地域にはあっと驚く文化があるものです。
自分のものさしで計っているうちは、世界の深遠さにはたどり着けないんだぜ?という話。








という夢を見ましたw

びっくりした?びっくりしましたよね?
僕も起きて「なんだこの夢は」ってなりましたもんw
屋外にむき出しのテレビとか、どう考えてもおかしいですもんねぇ…すぐ壊れそうだしw
どんなブルジョワ地域だよw

久々に星見に行って車に乗った影響でしょうかね、こんな夢見たのは。
しかしホントになんだったんだw

夢ってのは予測もつかないことが起きるから面白いですよねぇ。

|

自由過ぎる女

『マジPON!』にゲストで弊社の折戸マリが来てましたね。
アニたまどっとコムのホームページでは今2週目の放送分が流れてますが。

聞いたものがすべて、といってしまうのは実に簡単なことではありますが、あまりにアレすぎるので多少いじって行きたいと思いますw


収録日。
スタジオに入った時になにやら着ぐるみがラジオ関西内をうろうろしていました。
普通ラジオ収録スタジオに着ぐるみなんていないじゃないですか。
しかもちゃんとした着ぐるみではなく、あの…寝間着みたいに使えそうな感じのヤツ。
なんだろう…と思いつつも『まさか…』と心当たりがあることに怯えながら控え室に入って行くと

12082201.jpg
いました。

なんてことだ…僕が呼んだ後輩がこんなことにw
「収録に何を着て行こうか迷ったのでコレになりました!」
との弁。
なぜ…だ。
コレ以上の言葉が出てこないw

収録内では紙粘土で何かを作ろう!という企画をやりました。
やっといて自分でいうのもなんですが…なんてラジオ向きじゃない企画でしょうねw
各々思い思い違うものを作ろう!ということだったのでフィーリングにしたがってそれぞれ作ったんですが、その結果折戸さんが作ったものが

12082202.jpg
完全に便器ですありがとうございますw

コレもね…一応理由があったんですけどね……
OPで一人でしゃべる時間をあげたときに「なんかおもしろい話して」とムチャぶりをしたんですが、その時彼女の脳内で候補に上がった話の中に『う◯この話』ってのがあったらしいんですよ。
一応女の子なので、という理由で却下になった…のかどうかは忘れましたがw
結果としては謎の歌を歌い、誕生日で謎の踊りを踊った話をしてましたw
その話が頭に残っていたようで、オンエア上一度もう◯この話なんてしてないのに突然便器を作ったのですw
しかもご丁寧なことに

12082203.jpg
中にう◯こ入りw

なんて…下品な女だw
ちなみにこの時僕はといえば

12082204.jpg
芸術家の血が騒ぎおっぱい。

「彫刻をイメージしました」とオンエアでは言ってますが、実際はユ◯クロとかで服のディスプレイに使われている上半身だけのマネキンをイメージしてますw
ちなみにオンエアで言ってた『左肩が太い』のは修正後の写真w
個人的なイチオシ部分は

12082206.jpg
背中です

肩甲骨とか…こだわったよね〜、まぁいらないこだわりですけどw
思い思いっつってコレが出来上がるあたりみんな非道いですね…しかもなぜかバラバラに作ったのに合体して

12082205.jpg
トイレモンスターにもまりますしw

くそ…僕の芸術が…汚された気分だw
なによりおそろしいのはバラバラに作ったのになんだかんだサイズ感が合ってることw
あるんですね…こんなことw


とにもかくにも好き放題番組を引っ掻き回して、過去最高の『自由過ぎる番組』と『便器』を作り上げていった折戸さんでした。

ゲストそれぞれ、違った味があっておもしろいですね、この番組w
ネタ |

滾る欲望

つい先週。
ペルセウス座流星群に合わせて星見に行き満たされたかに見えた僕等の星欲。

…だが残念ながら実際そんなことはなく、素晴らしい星宙体験により一層星欲を刺激される、という結果に落ち着きました…
一回見りゃ満足、ってものでもないですしねw
というこtで星見に行ったその帰りの道すがらからすでにみんな
「また期待ね!」
「そういえば来週新月だよね」
「マジか、それはチャンスじゃ!?」
「ソウナッチャイマスヨネー」

などと、どこまでが本気でどこからが冗談なのか判別がつかないレベルで車中会話を繰り広げていたんですが。
つい先日それがすべて本気だったということが発覚しましたw

ということでホントにまた星見に行きましたよ、という話w


今回は前回の『ペルセウス座流星群!』みたいに特にターゲットがあるわけでもなく、ふらっと思いつきでただ星宙を眺めよう、というだけの会でした。
あとは…前回来られなかったあの男も連れて行ってあげようか、という優しい心遣いも含めつつの会合。
上手く予定も合い全員が無事参加。
一路車を走らせ、天気とも相談しつつ今回は…海沿いの方へ。
さほど遠くもない場所だったのか思いの外あっさり目的地に着き車を降りてみると……ん?
なんかめっちゃ暗い!!w
そう。
当然っちゃ当然ですが、星見スポットってのは街灯の明かりも視界に入りにくい暗めの場所にあることが多いです。
というかそういう場所を選んでます。
そして前述の通り、この日は新月……月のない夜。
月がないだけでこんなに暗いのか!?というくらい、暗い。
よくふざけて
「月のない夜には気をつけろよ!」
みたいなこと言いますが、星見に来るようになってマジ気をつけた方が良いということに気が付きましたw

しかしその甲斐あって空のコンディションは抜群。
前回…には多少劣るものの、相も変わらず空に流れる天の川さえ見えるステキ星宙体験が僕等を待っていました。

12082301.jpg
「うほー、こりゃいいや」

この星宙に前回来られなかったキヨもご満悦。
これぞまさしく『朕は愉悦の表情』ってヤツですねw

星見の際はずっと頭上を見上げることになります。
その姿勢でだいたい2時間…長い時だと4時間近くも空を見上げ続けるわけで、翌日にはとんでもなく首が痛くなることもしばしばなんですが。
中にはその対策のため下に敷くもの…特に断熱仕様の敷物を持ってくる人もいます。
今回はそういう下準備はしていなかったためまた首痛くなるのかな、と思っていたら、山口さんはもっといいモノを見つけてきました。

12082302.jpg
ベンチです。

こういうかたちのものをベンチと呼ぶのかはわかりませんが…海沿いの見晴らしの良い場所に設置されている休憩出来る椅子、ですね。
意外とサイズが大きかったものでこのように寝そべることも出来ます。
キヨはこの状態でずーっと
「あれ…?アンドロメダどこ???」
つってましたw
わかりにくいなら一回立って確認しろよw
寝そべると視界が変わるので、慣れてないと星座の配置見失うんですよねーw


今回は参加者の翌日の都合上あまりゆっくり遊ぶ、という感じではなかったのでサービスエリアには寄りませんで。
いつものようなサービスエリア回はありません、あしからず。
代わりに近くのコンビニで軽く小腹を満たすものを買っていったんですが…これはこれでいいですね。
星宙見上げながらもぐもぐ食べるサンドイッチ…ちょっとハイレベルなピクニック気分w
サービスエリアでゆっくり食べるごはんもいいけど、こうやって星宙の下食べるってのもなかなかオツなもんだな、なんて思いました。

時期的に今は気温もあまり低くならず、快適に星見が楽しめる状況。
写真でも半袖のまま写ってますしねw
場所やいる時間によっては夏の星座はもちろん、秋の星座も、そして冬の星座が上がってくるところまで見られたりしてけっこう初心者の方が星見に行くと良い時期なのかな〜、なんて思いました。
『興味はあるけどまだ行ったこと無い』なんて方は、今が見頃かもしれませんよ…?
星見 |

コントという名の芸術

僕の好きなものといえば、星、仮面ライダー、それにおっぱいとニーハイ…あと餃子ですか。
挙げればいろいろありますが、あまり触れていないものでも好きなモノがあります。
ブログではあまり触れる機会はありませんが、実は『ラーメンズ』も大好きです。

知ってます?ラーメンズ。
ひとことでいえば芸人…さんになるんですかね?
一時期パソコン・MacのCMに出ていたのでそれで見たことあるって人もいるんじゃないでしょうか。
ちょっと前だと『仮面ライダーダブル』にドーパントの役で片桐仁さんが出ていて、それですげーテンション上がった、なんてこともありましたw
今はあまりテレビには出ませんが、随分昔…まだ実家にいた頃に『爆笑オンエアバトル』に出ていたのを見て、その世界観に引きこまれた覚えがあります。

他人には真似できないであろう切り口で世界を捉え、作り、表現する。
単純に「面白い!」「笑える!」というものだけでは収まらない感覚に、見ているとなります。
コントというものを使って『表現』している、というのが一番しっくりくる表現かもしれません。


そんなラーメンズ。
好きでライブのDVDとか買ったりするんですが、特に情報を調べたりってしないんですよ、僕。
待ち焦がれてしまうと早く次の見たくなりそうだし、DVD売り場に行ったときにこまめにバラエティのコーナー見る、くらいの感じで、あまり期待せずに待ってるんですが……
なんか知らない間にソロライブのBlu-ray出てましたw
マジかwと見つけた瞬間軽くテンション上がりまして即購入。

12082401.jpg
『The SPOT』。

ラーメンズはソロでの活動もしまして、これはラーメンズの一人・小林賢太郎さんがソロでやってるライブのBlu-rayになります。
ラーメンズとして二人でやるライブも好きなんですが、小林賢太郎さん一人のライブもすっごい好きなんですよね〜。
トランプマジックのようにカードを駆使してネタやったり、パントマイムを使ってなにかを表現したり。
セットや小道具にあまり頼らず、無機質なものを使ってそれを『そのように見せる』のもラーメンズの好きなところの一つ。
今回のこのライブでもそういったものが満載で入ってまして、見ててご満悦。
一見して意味の分からないように見える内容のものも、実は後々のコントに繋がって意味が出てきたりして、一つも見逃せない!みたいな感じです。

いろいろ好きなところもあったんですが、今回のこの『The SPOT』で一番好きなのは一番最後。
いくつもある別のコントで使ってきた小道具が舞台上に集まって「あること」をすると、そこからまったく別の「あるもの」が現れて驚きの結末!みたいな……って隠して説明すんのムズイw
言葉遊びや音・光を使った様々な表現をしてくるんですが、特にこのラストで出てきたネタ…トリックっつってもいいと思うんですけど、とにかくそれは圧巻でした。
もうすごすぎて気持ち悪いレベルw

まだ一回しか見てないので、もっと細かいとこまで見るために何度も見たいと思います!!
感想 |

東京の中の、恐ろしい街

この日本…東京には『行ってはならない街』というのがあります。
別に地雷が埋まってるとか治安が悪いとかそういう意味で行ってはならないのではなく…こう……もっと違う意味で『行ってはならない』のです。


まず代官山・表参道のような「オサレスポット」
どうにも街に馴染めてる気がせず自分だけ浮いてるような…そんな錯覚に陥ります。
渋谷のような「若者の街」
どうにも街に馴染めてる気がせず自分だけ浮いてるような…そんな感覚に陥ります。
そして…中野・秋葉原のような「オタク文化に寛容な街」
街に馴染みまくってるような気がして居心地が良すぎて…逆にダメですw

今日はその中の、中野という街に行った時のお話をしましょう。


基本行くと大変なことになるのが目に見えてる(主に財布の中がw)ので自主的には行かないようにしてるんですが、先日は知人に誘われて行く事になりました。
駅を降り、奥へと続くアーケードを抜け…たどり着く聖地・中野ブロードウェイ。
中には僕の目を引くものがいっぱい。
店先に並ぶショーケース…中に並ぶおもちゃ…
ふらふらと吸い込まれるように店に入って行き店内も物色。
手に取る特撮グッズ、懐かしいアニメのグッズ、CDDVD、そして回すガシャポン。

こんなことをひたすら繰り返していたら気がつけば3時間とか経ってましたw

それでも一応ギリギリの理性は残してまして、必要のないものは買わない!
ただ『欲しい』だけではなくどうしても『欲しい!』ものだけを買う!
と…心の中では決めていたんですが…まぁちょこちょこいろいろ買いましたよねw

12082501.jpg
戦利品。

手前の人形は小さい方が『仮面ライダー響鬼』のザンキさんトドロキさん。
右手にいる青いヤツは『仮面ライダーダブル』のアクセルトライアル。
アクセルトライアルは普通に出来が良く「やばい欲しい」となって即購入決定。
ザンキさんとトドロキさんは先に片方だけ見つけて「…二人揃ったら買うのになァ〜」なんて言ってたらすぐ近くにもう一体いて、結局買うことにw

奥にあるのは左が『仮面ライダー響鬼』の、イブキさんが変身で使う変身アイテム・変身鬼笛音笛。
コレに関してはいいんです…最近響鬼見直してて「見つけたら買おう」と思ってたからw
これでいつでもイブキさんだぜ!!w
右側は『仮面ライダーフォーゼ』の、見たまんまフォーゼですね。
…よく考えたらこの日買ったもので唯一メインのライダーですねw
フィギュアって置く場所にも困るし集めだすとキリがないから普段はあまり買わないんですが…一応『ここに置こう』みたいなのを決めて買うんですよ。
手前の3体は小さいサイズなのでトイレにある妙なスペースに飾ってます。
フォーゼもそこに置こうかと思ってたんですが、思ったより体高が高くてですね…そのスペースには高さ的に置けませんでw
行き場を失ったフォーゼさん、どうしようかと思ったんですが…ひらめきました。
最高の場所が我が家にはある、と。

12082502.jpg
スイッチラックの前。

置いてみて自分でびっくり。
なにこれ…まるでこうなることが決まっていたかのようなキマリっぷり。
フォーゼかっけーマジかっけー弦ちゃん超ステキ。
やはり彼をうちに招いたのは正解だった……

12082503.jpg
『宇宙を掴め!』




……後悔はしてませんが、中野に行くとこうなるよ、という話でしたw
中野…恐ろしい街っ!!w
買い物 |

揃う、三鬼

昨日のブログ、昨日の写真。
ちょっとだけ「おや?」と思いませんでしたか…?

12082501.jpg
これ。

なんでイブキの音笛なの?って。

言っちゃなんですがイブキはメインのライダーではありません。
響鬼にハマって変身アイテム買うなら当然音角だし、コレだけ手に入れてもそんな楽しくないわけで。
そう、せめて…イブキの武器であるDX音撃管セットも一緒に手に入れる方が絶対楽しい。
なのに、なぜ…と。
その問題に一発で応える用意がこちらにはあります。
つまり…

12082601.jpg
もう持ってるからですw

奥左が音撃管セット。
隣は音撃棒セット、そして手前はトドロキの変身アイテム・音錠。
そう、このセットを手に入れた時からもう決まっていたのです…音笛を買うことはw

響鬼は特殊なライダーでベルトは変身には使用しません。
それぞれのライダーが音叉や笛、錠を使って変身、音撃棒や音撃管などの武器を使い攻撃。
相手を弱らせたらベルトに着いてる太鼓やラッパの先端部分、ギターの弾くとこ(?)を取り外し、トドメを刺す…といったスタイル。
ライダーといえばベルトなのは間違いありませんが、響鬼の場合はバックルの部分を変えればそれぞれのライダーの気分が味わえるという仕様なのです。
つまり…これだけあれば……こういうことが出来るということです。

12082604.jpg
轟鬼!

12082603.jpg
威吹鬼!!

12082602.jpg
響鬼!!!


……ふぅ……楽しいw
実はもともと轟鬼の武器・音撃弦は持ってた(オンエア当時誕生日プレゼントで貰ったw)ので手元にあり、腰に下げてるディスクアニマルも01:アカネタカ 04:キハダガニ 05:ニビイロヘビの3枚だけは持ってました。
こんだけあったらもう…鬼になるしかないじゃないですかw
欲をいえば残りのディスクアニマルも揃えたいところですが、なかなか見つかんないんですよね〜。
さすがにオンエア終わって久しいライダーのおもちゃは手に入りにくいw
ただそれを探しに中野や秋葉原に行くと、また違うおもちゃを買ってしまいそうで…またしてもあの恐ろしい街の罠にハマってしまいそうで怖いのですw


皆さんはハマるなら、オンエアしてる作品にしましょう。
あの恐ろしい街に行かなくても、近所のおもちゃ屋さんで済むようにw
おもちゃ |

ヒーローてんこ盛り

まとめて2本、ヒーローを見てきましたよ。


まず一本目は『アベンジャーズ』

「日本よ、これが映画だ」という衝撃的なキャッチコピーが付けられたこの作品。
アメコミ作品で有名なMARVELのヒーローが集って戦う…ライダーで例えれば2011年に公開した40周年映画『レッツゴー仮面ライダー』のような作品。
ヒーローが一堂に会するとテンションだだ上がりなのは、レッツゴー仮面ライダーやスーパーヒーロー大戦で経験済み。
アメコミヒーローは日本の特撮ほどは知りませんが『アイアンマン』にハマって以来、この映画で登場するヒーローたちが出てくる映画はすべてチェックしておきました。
いやぁ…さすがヒーロー…どのヒーローもカッコイイ。
特に今作『アベンジャーズ』に出てくるヒーローはとにかくクセのあるヒーローばかり。
個人的にはアイアンマンとキャプテン・アメリカが好きですが、この映画を見てハルクとホークアイも好きになりました。

内容としては『マイティ・ソー』に出てきたソーの義弟・ロキがあるアイテムを使って地球を狙うのを、地球を護る組織・SHIELDがヒーローたちを集めて阻止しようとする…みたいな話。
超ざっくりなんで細部が若干違う気もしますがだいたいそんな話ですw

集って戦うヒーローたちの中で、ブラックウィドウとホークアイはそれぞれの映画はありませんが、過去に他の作品で出てきてたりします。
それぞれブラックウィドウは『アイアンマン』に、ホークアイは『マイティ・ソー』に。
他の映画にも今作『アベンジャーズ』に繋がる伏線のようなものが張り巡らされており、当時からこの大作映画を作る用意があったことがわかります。
…これも僕を滾らせるには十分な情報ですねw

一番の見どころはやはりヒーローそろい踏みのシーン。
前述の通りライダーでも経験はしてますが、やはりヒーローが勢揃いするのは鳥肌が立つほどカッコイイ。
全員が背中合わせに円陣を組み、強大な敵に立ち向かう瞬間はおしっこちびるかと思うほど震えました。
個人的にはそこ以外にも、キャプテン・アメリカとブラックウィドウ、ホークアイが飛行機に乗り込んでいくシーンもゾクゾクっと。
わかりやすい絵面に弱いのかもしれませんw

さすがアメリカ、と言いたくなるような迫力のある映像、アクションも満載なので、アメコミヒーロー知らない人でも楽しめる、知ってる人なら絶対見た方が良いステキな作品でした。
来年には『アイアンマン3』も公開されるらしいので、まだまだアメコミ熱も下がりそうにありません。


そして映画でヒーローを堪能した後は舞台。
知り合いが多数出演している『Night of the Living Hero』を見てきました。
日に2本ヒーロー作品とか…どんだけヒーロー好きなのwって感じですが、こっちはよくよく見たらヒーロー作品じゃありませんでしたw
家に帰ったらヒーローがいて、リビングでしっちゃかめっちゃか、みたいな中に感動も織り交ぜた…『たまたまヒーローも出てくる』話つった方が正確かもしれませんw

ちょいちょいセリフ遊びのようなコメディも入ってて見やすく、終盤にかけてはどんどんちゃんとした話になっていって、よく出来た話だなーと思いました。

ヒーローとして出てくる人たちもそれぞれの特徴がすごく出ていて、よく研究されてるな…と。
個人的にはよく遊ぶ特撮仲間・後藤麻衣ちゃんが戦隊のピンクやってて、そのあまりにピンクっぽい役作りにびっくらこきましたw
あるんだ…『ピンクっぽさ』ってw
あと代永はずるいw
あのキャラは反則だよ…牛久とかw
そんな代永くんも最後にはちゃんと真面目な役割を担ってたあたり、本当によく出来てやがるなぁと…ちきしょうおもしれーじゃねぇかw

舞台的にいってもセットチェンジもなく同じ場所で話が進むので舞台転換のストレスもなく、見やすい作りになっていたので今後どこかで舞台やるときとかすごい参考になる舞台でした。


一日でヒーロー何人見たか、ってくらいたくさんのヒーローを見られた、実に充実した一日でした☆
映画 |

一年間ありがとう

『仮面ライダーフォーゼ』終わってしまいましたね……

2011年9月4日から放送が開始したフォーゼ、番組開始前は様々な不安に襲われておりました……
「ライダーで…学園て」
「ライダーも役者も、そのとんがった頭はなんだ」
「はたしてカッコよく見えるのか…この作品を愛せるのか」

今思えばどれもこれも『そこが逆にいいんじゃん!!』といえるものになってますが、当時は絶対に英断。
歴史ある大きなタイトルでやるにはとてもリスキーで挑戦的なことだったと思います。
まぁそういうファンに媚びずいつでもクリエイターな姿勢も好きなんですけどw

それが第一話で、動くフォーゼを見て「お、カッコいい」となり、弦太朗の人柄に惚れ、制服がニーハイだという点にも萌えw
CMでスイッチが40個あると聞いた時の衝撃は今でも忘れられません…
「絶対全部揃えるのは無理だ」なんて思いましたが結局全部揃いましたねw


思えばこの1年はある種『フォーゼと共に歩んだ』といっても過言ではないかもしれません。
作中に出てきた『仮面ライダー部』というワードに過剰反応し「部活にしていいんだ!!」と気づいた一部のメンツが『仮面ライダー部』を自称し、呑み会で集まりライダートークに花を咲かせました。
部と称して出来た新たな仲間と『KAMEN RIDER THE DINER』に行ったり、つい2ヶ月前にはイベントやったりして。
特撮のロケ地…聖地巡りなんてことをしたのも『龍騎』以来の出来事でした。


そんなフォーゼが最終回……まだご覧になってない方もいらっしゃるでしょうからネタバレは避けますが、実に『フォーゼらしい』最後だったと思います。
1年かけていろんなことがあったそのすべてを受け止め乗り越え、仮面ライダー部は一回りも二回りも成長しました。
フォーゼの素晴らしいところは変身しないライダー部の仲間も『一緒に戦ってる』ことだと思います。
特別な力なんてなくてもいい。
仲間を想う心と、強い絆とがあれば、例え物理的に戦うことはできなくても共に戦ってるんだ。
そんな気持ちを最後まで忘れない、仲間思いの主人公・如月弦太朗だったからこそ、フォーゼという作品をここまで愛せたんだろうなぁ…と、全部見終わって改めて思いました。

ありがとうフォーゼ…ありがとう弦太朗。
きっと次の劇場版でまた会えるだろうけどあえて言いましょう、『お疲れ様、ありがとう』とw

そして……来週からは。






12082801.jpg
『さぁ…ショータイムだ。』
特撮 |

手に入った奇跡

昨日のブログを見て皆さん思いましたよね

もうウィザードのリング持ってんのかよwと。

そう…出てるのは知ってたんですが「まだしばらくは買えないだろうなー」と思っていたものが奇跡的に買えたのです。

12082901.jpg
はいフュージョンスイッチスペシャルセット!

今公開中の劇場版フォーゼに出てくるEXスイッチ・フュージョン。
出てるのは知ってましたが手に入るのはもっと先だろうと思ってたら…たまたま寄ったお店で入荷してまして即購入w
なんと今回はウィザードリングが1個着いてきちゃうんですねーなんという商売上手w
その指輪をさっそく使ったわけですが……僕の今の気持ちはリングじゃなくフュージョンに向いてるんだよ!!
劇場版…おもしろかったもんなぁ…ネタバレになるから深くは語れないけど…おもしろかったもんなぁ(しつこいw)
そう、フォーゼとメテオ、みんなの気持ちが一つになって……
はぁぁぁぁぁぁぁぁモウ我慢デキナイ!





12082902.jpg
スリー!

12082903.jpg
ツー!!

12082904.jpg
ワン…!!!



12082905.jpg
『変身』!!


……ふう、すっきりw
ちなみにいっておきますがこんなシーンは劇中には存在しませんw
ただやりたかっただけですw
おそらくこれで新しいスイッチが出る…ということはないでしょうし、なにより劇場版でのこのスイッチを手に入れるシーンもすごく好きだったからどうしても欲しかったんですよね〜。
劇場版熱がアツいうちに手にれられてよかったw


あ、そうそうちなみに。

昨日のブログのウィザードリング。
『指輪できたんですね!』とかいろいろコメントをいただきましたが…できませんよ?子供用ですしw
普通に着けようとすると

12082906.jpg
えらい上で止まりますw

なにやら大人でも出来るように指輪の輪っかの部分だけ、別のサイズも売ることで展開していくみたいなんですが…あいにく手元にはまだそんなものはなく。
指輪は出来ない…けど撮影はしたい!ということで、じゃあ『指輪してるように見えれば良いじゃん』という方策に出ました。

ズバリ!

12082907.jpg
裏側はセロテープで止まってますw

こういう地味な努力の上に、当ブログは成り立っておりますw

てかはやく指輪の輪っかのとこも買わないとな……いつまでもセロテープというわけにはいかないw
おもちゃ |

四方山こぼれ話

夏にはいってからのラジオ体操は欠かしてない・間島淳司です。

いやーなんとなくで始めたラジオ体操ですが、元々の性格が起因しているのかなんだかんだで続いています。
実際朝の10分程度やるだけでその日体が軽くなる感じがするんで、ある程度の効果もあるんでしょうし。
ほっとくと運動もしないので、実に良いこと始めたなーと思ってます。

先日も起き抜けしばらくしてからラジオ体操やってたんですが、暑かったんで上着脱いでやってたんですよ。
半裸です半裸。
下も…とか一瞬思いましたけどジャンプする運動とかもあるでしょ?
ぶらぶらするのもどうかと思って下は履いたままだったんですw
リズムに合わせて順調にラジオ体操は進み、件のジャンプする運動に差し掛かります。

余談ですが運動中の格好は上は先述の通り半裸、下はひざ丈くらいのジャージに、その下は…ボクサータイプのパンツ。
柄が好き(ウサビッチの柄w)で半ばノリで買ったものなんですが、使わないのももったいないし普通に履いてるんですけど、これ『フリーサイズ』って書いてあったくせになんかサイズがちっさいんですよね…

ちなみに男性用のパンツっておしっこするために前が開くようになってるじゃないですか?
このパンツももちろんそうで、その合わせの部分をボタンで止めるかたちのものでした。
んで、起き抜けだしズボン履いてたから気づいてなかったんですけど、どうやらこのボタンが外れてたらしんですね…
まるで気づかず体にいいと思ってラジオ体操してる僕。
するとどうでしょう、ジャンプしてたらいつの間にかパンツの前開きのところからち●こがこんにちはしてるではありませんかw

マジ衝撃でしたよ…だって『ジャンプしてたらいつの間にかズボンの中でち●こがポロリ』してるんですよ?w
はじめはボタンが開いてたことさえ知らなかったんで、その答えにたどり着くまではマジ不可解。
だってそうでしょ?自分がなんもしてないのにいつの間にか…とか、そんなパンツダメだろwとか何かの魔法か、はたまた超魔術か…みたいなw
起き抜けで回ってない頭でいろいろ考えたので真実にたどり着くのに時間がかかったのもありますがw

でさらにやっかいなのが、ラジオ体操ってリズムに合わせてやる運動じゃないですか。
パンツからち●こがこんにちはして僕がプチパニックに陥ってる間もラジオ体操は続いていくわけです、無常にも。
普段僕はラジオ体操第一から続けてラジオ体操第二までやるんですが、このポロリ事故が起きたのがラジオ体操第一の終盤の出来事。
そのまま…手足の曲げ伸ばしやって…深呼吸して…ち●こ出たまま第二に突入w

誰か…誰か音楽を止めて!!w

という出来事があったのでみなさんもラジオ体操やるときは気をつけましょうw
男性はパンツの前開きの部分をよくチェックして…女性は…そうだな、浅いブラとかしてると乳首がこんにちはするかもしれませんw


お気をつけ遊ばせ。
マジどうでもいい話だな、今日w
男女に関するアレコレ |
<<前のページ| ホーム |次のページ>>