マジP!

間島淳司の日常をプロデュース!!

愛情回路

ついに…人類の永遠の謎に触れる時が来たようです。

インターネットにてこんな記事を発見しました。

「男は何故おっぱい好きなのか?」
この謎の答えが海外で導き出される



この記事を見た時思いましたね…ああ、なんてうちのブログ向きのネタだろうとw

未だかつて男の人で『おっぱい嫌い』って人に会ったことがありません。
もちろんおっぱいよりもおしりがいいとか足がいいとか、別のパーツの方が好きって人はいますが、だからといってそういう人たちもおっぱいが嫌いなわけではありません。
嗜好的な問題でおっぱいよりもそっちの方が好きだ、というだけ。
「んじゃおっぱい嫌い?」と聞いたら「いや好きだけど」というに決まっているのです。

嗜好的な問題だというだけならば、好きな人もいれば嫌いな人もいる、というのが普通だと思うのです。
でもおっぱいにはそれがない。
いったいどういうことなのか…そういった問題についに、科学のメスが入ることになったというわけです。


至極当たり前の話ですが、おっぱいって…ほどんどが脂肪でできてるじゃないですか。
進化生物学の学者たちによると、これが男性に自分が健康体であること…自分が子どもの出産、養育に問題がないことを伝える役目を持っているんだとか。
故に男性は女性の胸に注目してしまうらしいのです。
つまり男性がおっぱいを見てしまうということは、子孫繁栄のメカニズムに組み込まれているということ。
孫が連れてきた嫁を見ておばあさんが「こんな骨盤じゃ丈夫な赤ちゃん産めんぞ!」ケツをバンバン叩くのと同じようなことですねw

そしてさらに、人間は4足歩行から2足歩行に進化した生き物です。
4足歩行の頃は視線の高さが腰の辺りにあるわけで、異性を惹き付けるのに最適なのはおっぱいではなくおしりということになります。
未だにお猿さんとか4足歩行の動物はおしりの方が特徴的で、おっぱいはどちらかというと授乳器官という意味合いが強いですよね。
対して人間は目線の高さがもっと上にあるわけで、おしりに代わるセックスアピールのパーツとしておっぱいが発達したわけです。


とここまではなんとなく知ってる話だったんですが、他にももっと有力な説があるようなのです。
曰く『男のおっぱい好きは、授乳期間に深い関わりがある』のだとか。

誰しも赤ん坊の頃…お母さんの手に抱かれていた頃は、ごはんといえばおっぱいだし、そうでなくとも胸に抱かれているわけで、必然的におかあさんのおっぱいに触る機会が増えます。
実はこの『胸を触る』という行為が重要なんだそうで。
子どもに胸を触られることで脳が刺激され、オキシトシンという神経化学物質が分泌されます。
この物質が出ることで今度はお母さんの胸が刺激され、結果的に母乳が出ることに繋がるんだとか。
子どもが胸を触るのは、ごはん(母乳)を求めているから、ということです。
オキシトシンという物質には他にも役目がありまして、コレが分泌されると母親の意識は子どもに向くそうで。
自分に興味を持たせることで、母親により強く守ってもらおうという無意識の意識がそこにはあるんですね。

そしてさらに、胸を触ることで分泌されるオキシトシンは、ドーパミンという物質と一緒に働くことで母親の報酬回路に働きかけるんだそうです。
簡単にいうと『子どもを育てる』ということが気持ちのいいことに感じる、ということです。
そうすることでより母の子への愛が深まっていく、ということですね。

ここまで踏まえて。

実はこれが…恋人との間でも適応されるんですってw

彼氏が彼女のおっぱいを触ると、脳内でオキシトシンが分泌されます。
それがドーパミンと共に働くことで、この人と一緒にいると気持ちがいい…この人のことが好き、という感情が高まっていくというわけです。
つまり…おっぱいを触ると、相手が好きになってくれるのです!
嘘だろやったぜ!!w
ちなみにドーパミンはエッチなことして興奮すると分泌されるようなので、エッチのときにいっぱいおっぱい揉むと相手が自分のこと好きになってくれるみたいですw

ドラゴンボールの歌の『IPPAI OPPAI ボク元気』という歌詞にはこういう意味があったのかもしれません(適当発言)


要約すると、男性は女の子のおっぱいを刺激すると相手が自分を愛してくれる、ということを本能的に知っていて、その本能が男性をおっぱい好きにさせる…ということ。
男の子は、貴女に好きになって欲しいから、貴女のおっぱいを見るのです。

もし貴女のことを好きだという人が現れたら…貴女がその人のことを「いいな」と思ったら、こう言ってやりましょう。

「貴方のこと…もっと好きにさせて?」

そういっておっぱい触らせたらもう科学的にも完璧ですw

スポンサーサイト
おっぱいとか。 |

ミステリー作家の憂鬱

台風17号。
週末にかけて襲来してましたけど皆さん大丈夫でした?

関東地方は9月30日の夜からがけっこう大変なことになってました。
ニュースなんかでは風に煽られて転倒、頭部を打って病院に運ばれた、なんて話も流れてましたが、皆さん大丈夫でしたでしょうか?
怪我などされた方いらっしゃらないといいんですが。

毎回そうなんですが、台風が来るとワクワクしちゃいます。
不謹慎だとは思うんですけど…子供の頃からの記憶の名残ですかね?
きっと台風の被害に遭ったり、一番ひどい時に外に出たことさえ無いから、こんな悠長なこといってられるんでしょうけど。


さてそんな台風の日。
僕が何をしていたかといえば…舞台を観に行っておりました。

我らが山口清裕くん出演の舞台。
『ミステリー作家の憂鬱~元名探偵最後の告白~』。
タイトルの通りミステリー作家が心に抱える憂鬱なことを描いた作品

話の主軸はもちろんミステリー作家ではあるんですが、出番でいうとそう多いわけではなく。
娘や作家さんのファンである人達が、その作家さんの心情を推理していくという、舞台の最中でミステリーであったり推理であったりといった、様々なジャンルが入ってくる感じ。
娘が婚約者を連れてくること、娘のために頑張って来たけど婚約者が現れたことで自分の役目は終わったんじゃないかという葛藤、作品が自分の手を離れて一人歩きし出していること、終わらせたいけどおわらせられない歯がゆさ…。
作家として、父親として。
ホントに様々な苦悩の中で揺れていることを、ストレートに表現するのではなく『ミステリー作家』らしい切り口で描いた秀逸な作品だったと思います。

さてそんな中キヨはというと、ミステリー作家の娘さんの婚約者の役。
そしてもう一役…作中でところどころに入ってくる、ミステリー作家が書いた小説の人気キャラクター・岸原秀次郎という探偵の役も演じてました。
その小説がドラマ化されてて、キヨがやってる婚約者が元俳優で、娘さんとの出会いのきっかけがその役をやった事だった、ということがあっての二役だったんですけどね。
だから二役というよりは…やってるキャラが作中でお芝居をする、といった方が正確なんでしょうか。
その探偵のライバル役は作家先生を演じてらっしゃった清川元夢さんが演じていて、それがまた現実の役である父と娘の婚約者という立場に重なって見えたりして…すごく面白い表現方法だなーと。

お話もすごくしっかりしてて見応えがあってよかったんですが、欲をいえば…もうちょっと長くても良かったなーと。
普段見る舞台が大体90分くらいのモノが多いのでそのイメージのせいなんでしょうけど、この作品上演時間が70分弱くらいで。
話もきちんと終わってるしすごい楽しめたんですけど『いつもより短い』みたいな感覚が物足りない感じにさせてるのかなー、なんて思いました。


…せっかくなのでキヨの話もしときましょうかw

今回キヨにしては珍しく、笑いを取ることがないしっかりした芝居作りをしてまして。
…作品がコメディじゃないから笑いがないのは当たり前なんですけどw
最近彼が出たり求められたりするものがコメディ要素が多いので、コレはコレで新鮮な感覚。
「なんだ、キヨさんカッコイイ役もちゃんと出来るんじゃん」と観に来た人に思ってもらえたんじゃないでしょうか。
前々からキヨに『キミはイケメン芝居という振り幅を覚えなさい』とか言ってたんですが、期せずしてそういう見られたのでよかったと思います。
キヨのもともと持ってる人柄も相まって、嫌味にならない、誠実で真っ直ぐな人柄が出てたし、探偵はカッコよく、婚約者は人の良さみたいなものがきちんと演じ分けられてもいたし、素直に『ああ、いい役者だな』と思いました。

もう…ちゃんとお芝居出来るんだからもっと真面目な役もやればいいのに…w

普段なかなか出来ないベテラン役者さんとのお芝居も経験出来たし、キヨ的にもなにか大きな収穫があったんじゃないかな、と勝手に想像しております。
こちらとしてもなかなか見られないベテランさんのお芝居を見ることも出来たので、誘ってもらって観に行ってよかったな~と。

なんだかいいことだらけな一日でしたw
感想 |

たいふうの日after

キヨの舞台を観に行った台風の日。

舞台が終わったのが17時過ぎ。
そのまま帰るのもアレだなーっつって、星見メンバーで車を飛ばして温泉に行って来ました!

…ホントのホントは『観終わったら星見に行こう!!』って言ってたんですけどね…さすがに台風直撃してちゃ星は見られないんでw
第二の選択肢として、『モンハン、もしくは温泉』という選択肢だったのです。
んでそっちを実行したわけですね。


12100301.jpg

ちなみにコレが会場入りする前の空模様。
まだ青空っちゃ青空ですが…どことなく陰り始めて、すでに風はかなり強くなってました。
舞台を見終わって出てきた頃には空は完全に雲に覆われ暗がりに。
傘は要らないまでも小雨がパラつきはじめ「あ、これから来るな」って感じになってまして…そのまますぐ車に非難。
すぐに移動を開始したわけです。

移動の道中は…なんだか快適でしたw
おそらくみんな、台風の前に帰宅なり安全な場所にいることにしたのでしょう、まず道が空いてる。
空模様は相変わらずで「もうちょい…もうちょいで来る…」みたいな状況。
カーラジオでニュースを聞いてるとこちらが予想してたよりも勢力が弱まり、スピードもゆっくりになってる印象でした。
そしてほどなく…特に雨が強くなることもなく目的地に到着w
屋根のある駐車場に入って車を降りた途端、外から豪雨の音が聞こえてきましたが…気のせいでしょうw
そうでなければ我々の運が良すぎる。

ちなみにここまで、一度も傘さしてませんw

温泉に着いてまずはひとっ風呂。
それから腹ごしらえ。
今回は御飯食べる施設が充実してるところに行ったので超快適な夕ごはん。

12100302.jpg
我々はお蕎麦をいただきましたよ。

腹ごしらえも済んでここからが本番……狩りですw
バッテリーも持ち込んでたんで4時間近くひたすら狩り続けてたんじゃないでしょうか……超充実。

そうそう、せっかくこういう施設に来たということで、作務衣を着込んでモンハンしておりましたw
浴衣か作務衣が選べたんですが…浴衣だとパンツ見えちゃうんでやめましたw
あと…浴衣だと変に女らしい仕草とかして遊びそうな気がしたんでw

12100303.jpg
変に似合う作務衣の懐にin☆

しこたま遊んだあとはまたもうひとっ風呂浴びて帰ることに。
そりゃあね…お風呂入りに来たんだしね…入ったのもう4時間くらい前だし…ほら、デカイ武器持って走り回ってたしw

日付を回った辺りで2度目のお風呂に入ったんですが、当然というかなんというか…人がほとんどいないw
まぁそりゃそうですよね、台風ですもんね今日w
そんな中デカイ湯船を独り占め状態で露天に入ってみたりして…超贅沢。
そして風呂あがりといえばコレ。

12100304.jpg
コーヒー牛乳。

なんと優雅な…なんと贅沢な一日。
ちなみに帰りですが、雨はもうやんでいて傘は要らない天気。
若干風は強かったですが…てか一回も傘さしてないし雨に打たれてもいないので「あれ?台風なんてあった?」くらいの感覚w


キヨの舞台見て、温泉行ってモンハンやって、雨に打たれることもなく。
台風17号の日は…ただの良い日でしたw

未分類 |

規模のデカイ話

人間は小さいことでくよくよ悩みがち。
自分がどうだ他人がどうだ、男がどうだ女がどうだ。
どこの地域の人がどうだ、人種がどうだ、国籍がどうだ…小さいと一言で片付けてしまうのは乱暴な気もしますが、答えの出なさそうなこれらの問題は大概『優しさ』があれば解決出来ると思うんです。

相手を思いやれば…利益を考えなければ。
もっとスンバラシイ何かが先に待ってるとわかれば、例え大きな問題に見えてもそれはとっても小さな問題になり、あっという間に解決してしまうに違いないのです。



……が、今日は小さい話はしませんw
とてつもなくデカイ話をしましょう。



このブログではたびたびブラックホールという存在に触れてますが、このブラックホールという存在、宇宙のロマンの一つであると僕は思っています。
ざっくりした定義なんかは過去に書きましたが、要するに肉眼では確認できないすげー密度の高い天体だということがわかっていれば結構w

このブラックホールがですね…たくさん集まってる『銀河』をNASAの衛星が発見したんだそうです。

でみなさん。
「たくさん集まってる」って、どのくらいだと思います…?
10個?100個?1000個?
おんなじもんが100個も集まったらたくさんに感じますけど、宇宙規模の話ですからね…『たくさん』なんていったらそうとう「たくさん」なことが期待されますが、皆さん予測は出来たでしょうか?

予測が出来たら…正解を発表します。


『たくさん集まってる』ブラックホールの数は……数百万個ですw
多っ!!数多っ!!w

ちなみに正確にはこういう記述で紹介されてました。
『数百万個のブラックホールと、約1000の非常に高温で塵粒子(ダスト)に覆われた銀河』。
ブラックホールの他に銀河も見つかってるんですねー1000個ほどw

多っ!!数多っ!!w

…数字だけ並べると面白いですねw
さらにデカイ数字でいいますと、これらの銀河の中心には巨大なブラックホールが存在するらしく、そのブラックホールが太陽の100兆倍の光を放出しているんだそうです。

100兆倍…もうわけがわからんw

NASAが広域赤外線探査衛星って衛星を使ってやっとこ発見したこれらの銀河。
今まで見つからなかった理由は、ガスやほこりでブラックホールが隠れていたために、これまでの技術では確認できなかったから。
この広域赤外線探査衛星ってヤツのおかげでやっと見つけることが出来たわけですね。
WISEって名前らしいので、親しみを込めてWISEたんと呼んであげてくださいw

そうして見つけることが出来たこれらの銀河にNASAは「Hot Dust-Obscured Galaxies(高温のほこりに覆われた銀河)」という名前を付けました。
これだと長くて覚えにくくて呼びにくいですね…ご安心ください、呼びやすい名前もご用意してございます。
「Hot Dust-Obscured Galaxies」の頭文字を取って「ホットドッグ」と呼ぶみたいですw
急に美味しそうな名前になりましたが、これも親しみを込めて呼んであげてくださいw


現代の技術を持ってしてもまだまだわからないことが多い宇宙…多いどころか宇宙にある物質の96%は未だ発見することさえ出来てないんですがw
ブラックホールの研究が、なにか大きな進歩につながるといいなぁ…なんて漠然と思ってます。

頑張れ科学者の皆さん!!
星宙 |

顔を見れば一瞬でわかる

やっとこ見てきましたよ〜!

『劇場版TIGER&BUNNY The Beginning』!!
TVシリーズも好きだったんでずっと楽しみにしてたんですが…なぜかなかなか行かずw
前情報として『The BeginningはTV版の再編集』みたいなことを聞いてたからですかね…それだけじゃなくて新作映像も入ってるのも知ってたんですけどw
まぁ「この日に行こう」と思った日に、ちょうどいい時間に上映してなかったり、ってのもあったからなんですけどね。
ともあれ見てこれたので一安心。


今日絶対観に行く!と決めて出かける前に時間を調べ。
仕事終わりで劇場にDASH!!…となるはずだったんですが思ったよりも上映時間まで間がありましてw
ごはん食べたりゆったりする時間付きでした。
というかごはん食べてもまだ時間が余ってて、近隣の店物色したりいろいろしてたんですけどね。
でもその甲斐あって(?)予想外なものも手に入れましたよ!!

僕が観に行った映画館では喫茶スペースみたいなところがあり、そこでタイバニとコラボみたいなことをやってまして。
限定メニューを頼むとコースターがもらえる!!みたいな。
あまりに時間が余ったので『モンハンでもやって時間潰すか…』と仕方なくその喫茶スペースに向かってあらびっくり。
知らないのにコラボに遭遇w
でもまぁ…出会っちゃったら……

12100501.jpg
乗っかりますよねw

コースターの柄はランダムで選ぶことは出来ないんですが、当たったのはドラゴンキッド。
か…数少ない女性キャラが当たったぜ…これからはドラゴンキッド推しで行けってことか?w
ちなみにドリンクはキウイジュース。
ビタミンCを補給していざ劇場へ!!w


てことで以下感想。
そんなにしないつもりですが、ネタバレ含む可能性あるんで嫌な人は見ないでくだされw





前述の通り劇場版の前半部分はTVシリーズの冒頭とほぼ同じ構成。
HERO TVの中継から始まって、虎徹のスポンサーの会社がヒーロー事業部撤退して、新しい会社でコンビでヒーローやれと言われ、石像操る少年のエピソードが入って。
このくらいまでTV版を見た人なら知ってるストーリー展開でした。
もちろん同じカットも多々あるんですが、途中途中で新作カットが入ってたり。
印象的なのはウェディングドレス来てるお姉さんの広告見てた虎徹が奥さんのことを思い出すところ。
TVシリーズではじっくり描いてた家族の絆みたいな部分を、こういったカタチで補って印象的に見せるのはとってもステキだなと思いました。

ヒーローたちのキャラも、TVシリーズよりも立ってた気がします。
番組始まってストーリーが動いて、TVシリーズを通じてキャラが見えてきた部分って絶対あると思うんですね。
『再編集』って言い方をすると表現がずれてるというか、ある意味『もう一度頭から作り直してる』わけで、TVシリーズで見えてきた、キャラの個性みたいなものが随所に散りばめられていたと思います。
折紙サイクロンとか劇場版だとかなりオイシくなってたと思いますねw
実はTVシリーズの録画したものがまだレコーダーに残ってるのでもう一度「おさらい」してから行こうかとも思ったんですが、『もう一度頭からやる』と聞いてたのでわざと見なかったんですよ。
結果…帰ってきてもう一回TVシリーズ見たい、と思いましたw
新作カットであるとかそういう『TVシリーズとの違い』を探すのもアリかな〜、ってw

後半からはオール新作。
TVのストーリーと照らし合わせると位置的にはまだ序盤、バーナビーと虎徹が仲良くなる前なんですが、その間にあった『バーナビーが虎徹を少し見直す』お話が描かれてました。
とはいえ大きく変化があるわけではなく、サイドストーリー的なものと考えて見られる作り。
このお話が他のヒーロー同士が仲良くなったきっかけにもなってるので、間に挟んで見るととても世界の深みが増すんじゃないかと。


タイバニに出てくるヒーローって『完璧じゃない』ところがいいと思うんですよね。
NEXTと呼ばれる超能力者なんだけど、それぞれが実は大した力じゃなかったりして。
虎徹とバーナビーの力『ハンドレッドパワー』だって、5分なんて制限が付いてるせいで失敗することもあったり。
劇場版でもキングオブヒーロー・スカイハイの能力の弱点みたいな話もしてましたが、結果的にそれがヒーローたちを身近で親しみが持てる存在にしてる
ヒーローたちが企業と契約して宣伝しながら街を守ったり、生活のことを考えたり、上手くいかないことがあって悩んだり。
今まで僕等が持っていた『ヒーロー像』みたいなものをいい意味でぶち壊した作品だな、と思います。


そしてどうでもいいことですが、劇場版を見てて気づいたことがあります。
ブルーローズなんですが……正体であるカリーナの私服。

なんと……

めっちゃ良いニーハイでした…!!w

ヒーローの時の姿もまぁニーハイっちゃニーハイなんですけどね…あれは…なんつーかこう……ニーハイっぽいけどあくまでヒーロースーツであるというかw
まさか変身前にこんな萌えが潜んでいようとは…
コースターはドラゴンキッドだったけど…やっぱり僕は、ブルーローズ推しで行きたいと思います!
だってニーハイだから!!w


ちなみにドラゴンキッドもヒーローじゃない時の方が好きですw
感想 |
| ホーム |次のページ>>