マジP!

間島淳司の日常をプロデュース!!

モノヅクリのムコウガワ

アニメ、ドラマ、舞台、小説、漫画、ブログにツイッター…細かいものまで含めると現代は実に様々な『表現』する媒体があります。

ブログやツイッターなんかはピンと来ない方も多いでしょうが、「おなかすいたなう」だって、考え用によっては『自分がお腹が空いたことを訴えることで、誰かに別の何かを伝えようとしている』と取ることも出来るわけです。
「今おなか空いた」から、誰かご飯食べに行こうよ!なのか、
「今おなか空いた」から、帰る頃に美味しいごはん期待してるよ、奥さん☆なのか。
もう一歩先まで読もうとすると面白く感じます。
140文字という制限のある中、言葉の裏にどれだけの意味を込められるか…とか書くと、とたんに趣深いものに感じたりしません?w
ブログにしたって文字数制限無い中で『何を取り上げるか』『何を伝えたいか』という目的があってこそ書くんだと思います。
僕の場合は…『毎日書く』という目的も入ってますけどねw
そのためにも、一つのことだけではなくいろいろな話題を取り入れるように、日々アンテナを張ってます。


漫画やアニメ、舞台なんかだと、昔の作品は社会批判や風刺なんかが入ったものが多くあったと聞きます。
『表現』を使って、時代時代に起きている問題の深刻さを描き、読む人見る人にその『普段は忘れがちな問題』を再認識してもらおうと…そんな『裏の意図』があったのかな、と。
そんなことを『マツコ有吉の怒り新党』内の1コーナー『新三大◯◯調査会』を見ていて感じました。

今回のテーマは『新三大・藤子・F・不二雄らしからぬ異色な物語』と題して、ドラえもんでお馴染み藤子・F・不二雄先生の、イメージとは違った作品3つを紹介するというもの。
そのどれもに深い意味や問題提起、考えさせられる内容があって驚きました…

「コロリころげた木の根っ子」「自分会議」「間引き 」という三本の作品。

どれにもF先生らしいちょっと不思議な世界観が入ってはいるんですが、最後には必ず誰かが死んでしまうとか、F先生のイメージとは違う意外な結末が待っていて。
それでいて考えさせられる内容がなんとも言えませんでした。
中でも「間引き」。
タイトルからもすでに不穏な気配を感じますがw
近未来、人口が爆発的に増加し食料が不足、食料は配給になり食券が配られるようになった時代のお話。
主人公はコインロッカーの管理人。
作中ではコインロッカーに子どもを捨てる親が増え、その問題を取り上げるべく捨てる瞬間を撮影しようと、主人公のもとに新聞記者がやってくるところから始まります。

実は、漫画が描かれた当時も高度経済成長期で人口は増加、さらには『コインロッカーベイビー』と呼ばれる子どもをコインロッカーに捨てていく事件が実際に起きていた時代。
まさに当時、今まさに起こっている問題を取り上げた作品だったのです。

物語の結末は、取材に来た記者が主人公に、このコインロッカーに子どもを捨てていくこと、頻繁に起こる殺人事件に対して『最近急速に愛が薄れた結果が殺人である』『適度な人口に戻った時、人は愛情を取り戻す』『増えすぎた人口調節するために、自然の摂理が働いて間引きしているのではないか』との仮説を説きます。
それを聞き自身も家族への愛が薄れていたことに気付きハッとする主人公。
…が気づいた時には時既に遅し、主人公の妻は、配給の食券欲しさに主人公を保険に入れ、毒殺してしまうという衝撃のラストを迎えます。


望むべきラストでもなければ読んでて楽しい気持ちになる内容ではありませんが…どうです、考えさせられるすごい話だと思いませんか?
昨今ではこうした考えさせられるような社会風刺や批判めいた内容は、視聴者、読者からのクレームに怯えるあまり、描けなくなってきているという現状があると思います。
受け手側はクレームをつけることで汚いものを見ない・見せないようにして、本来向き合うことでしか出来ない『本当の解決』はしない。
作り手側もクレームを回避することばかり考えて問題提起をしない・することが出来ないという、ある種の悪循環みたいなものがモノヅクリの現場でも起きているのかな、なんて思いました。

ニュースで取り上げられる現代社会の問題って沢山あるわけで、それは政治の話だったり財政の話だったり国交の問題だったり。
そういったものをより理解するためにも、様々な影響力のある媒体が取り上げること。
それが一人一人の意識改革に繋がってひいては国が良くなっていくことにつながっていくのかな…と、ぼんやり思いました。



とまぁ若干デカい話になりましたがw
ぶつかることで深く結びつく友情、ではありませんが、日常の中でも表面的な面倒を避けたせいで本質にたどり着かないまますれ違うことってあると思うんですよね。
嫌な内容でも相手の話を聞き、それを受け止めることで前に進める…そんな行為を、昔の作品を通して思い出させてもらったような気がしました。

嗚呼、温故知新w

スポンサーサイト
テレビ |

小さきその魅力

やあみんな、おっぱい兄さんだよ。

初っ端から反省大賞みたいな文面で始まりましたが、皆さんの想像通りおっぱいの話ですw

ふと何の気なしに自分のブログの過去の記事を見返してみたんですよ。
第一印象は『長い』でしたがw
次に思ったのがカテゴリ『おっぱいとか』を見ていた時のこと…どちらかというと巨乳寄りの話が多いな、ということ。
これは…由々しき事態!!おっぱいは平等!!w
ということで今日は貧乳…いやこの言い方は好きじゃない、微乳について考えて行きたいと思います!!w


おっぱいが大きい、小さいといったことで女性が悩むのはある種世の摂理。
機能的な話でいえば、子を成した時に授乳が出来ればいいので大きさは関係ないはず。
自然界にいる動物たちも、人間のように『胸が膨らんでいるメス』なんていうのはほとんど見たことがありません。
太古の昔、二足歩行が始まった頃から女性の体は男性を魅了するためにおっぱいが膨らみ始めました。
現代では意味合いは薄れているかもしれませんが、女性のおっぱいの膨らみは『男性を魅了するため』にあるのです。

さてそこで女性が悩む『おっぱいの大きさ』の原因を探りましょう。

上記に当てはめるなら「男性を魅了するため」「子孫繁栄のため」という側面があることに気付きます。
なるほど確かにそういった側面もあるでしょう…だがしかし。
おっぱいの大きさだけがチャームポイントではないと思うのです。
そもそも。
女性の体というのはそれだけで美しいものだと思います。
男性の筋肉質で直線的なものとは違い、優しささえ感じるような丸みを帯びたライン。
おっぱいとおしりの二つの膨らみに挟まれることでより際立つ、腰のくびれ。
スラリと伸びる、靭やかで健康的な足。
そしてそれらを生かすために、現代には『オシャレ』という新たな武器がある…。
つまり、おっぱいの大きさで女性の魅力が決まる時代は終わっていると言ってもいいでしょう。

そんな時代におっぱいの大きさで悩むなど…ナンセンスなことだとは思いませんか?
大きいならば大きいなりの、小さいならば小さいなりの、自分の魅力を最高に生かすファッションに身を包めばいいじゃないですか。
思わず抱きしめたくなるような、キュートな女性になればいいじゃないですか。
そこにおっぱいの大小は関係ないのだから……。



でもなんか、微乳好きの男性が意外と多いらしいですよ?w


とある会社が『男性の理想バストサイズ』を調査したらしいんですね。
…あ、男性が思う、理想の『女性のバストサイズ』ってことね。
男のバストサイズの理想の話じゃないですw
都道府県別に調査を行った結果、「Cカップが理想」と答えたのは26県、「Aカップが理想」という答えたのは23県という結果が出たそうです。
さらに突き詰めていくと、東京名古屋大阪福岡のような大都市ではCカップという解答が多く、四国や東北などの地方ではAカップが理想という解答が多かったそうです。

どちらにしても以前行った調査の結果では『現代女性の平均バストサイズはC〜Dカップ』なので、平均以下…やや小ぶりのおっぱいの方が、世の男性が好む理想のおっぱいに近いようです。


…ね、だから言ったでしょ?
触れない見るだけのおっぱいなら大きい方が、恋人として考えるときには大きさはあまり考えないという男性の思考……その結果が如実に現れていると思います。
『美人は3日で飽きる』みたいなもんで、『巨乳は見るに限る』みたいな言葉が、今後生まれていく可能性さえ感じますね……それはないかw

ちなみに僕は。

触らせてくれるんだったら巨乳でも微乳でもどっちでもいいですw
なんならまっ平らだって…趣深い!!w
だって、おっぱいは魅力的だけど、もっと魅力的なのはそのおっぱいを持ってる貴女だから……☆

どんなに綺麗にまとめようとしてもムリですねw
とりあえずおっぱい触らせてくれる女性を募集しておきますw

おっぱいとか。 |

自分でゴーイン!

先日鈴木区の稽古の時に、ゴーインイエロー役の川添美和ちゃんからこんなことを言われました。


「間島さんの着てるゴーインジャーのスーツもらえませんか?」


そう、その日の僕は稽古着としてたまたまゴーインジャーのスーツを…ってことではもちろんなくw
彼女が言ってたのは『どうぶつの森』の話。
以前ファンの方が作ってくださったゴーインジャースーツがあって、それを戴いてどうぶつの森の中で私服にしていたのです。

13030301.jpg
まさに至福。

今回鈴木区で演じる役は『ゴーインブルーの中の人』ですからね…かたちから入るというのもまた一興かと……ゲームの中の話だけどw
川添さんも共演者、しかもイエロー。
イエローはまぁ…僕は持ってないけど描き直せばなんとでもなるだろう、と「ブルーのスーツでよければ」と安請け合い。
そしてぽちぽちと3DSを操作していて、重大な事実に気がつくのです……

人からもらったデザインは、他の人にあげることは出来ない

ま…マジかーーーーーー!!w
そりゃそうだよね…著作権までは言わないけどそのデザインもその人が丹精込めて時間かけて作り上げた作品。
又貸し感覚でホイホイあげられるようなものじゃない、そんなことに気が付かなかっただなんて……
安請け合いした自分をひたすら恥じる自分。
川添さんにも謝る自分w
んで、ここでふと気づいたんですよね。

『加工できない・配布できないと困ることがあるんじゃないか』と。

今回の事例がまさにそう。
人からの戴き物で満足していましたが、これではいかんのではないか…と思い立ち、即実行しました。

13030302.jpg
自作でゴーイン!!

改めて作ってて面白かったのは、同じ物を作っても人によってデザインが変わってくること。
ライダーの服とか作ってた時もネットで他の人の作品見ましたが、一枚として同じものはないんですよねー。
どっちがいいのかは好みの問題ですが、自作して面白かったしよかったなぁ、と。

んでついでといってはなんですが。

13030303.jpg
黄色い手刀・ゴーインイエロー!!w

作ったというほど大袈裟でもなく、ブルーの色違いってだけですがw
ゴーインジャーは基本色違いなので、ひとつパターン作っとけばあとは簡単に作り変えられるのも便利で良いですよね。
ちなみにズボンが黄色じゃないのは、ズボンは自作できないからですw
ブルーはたまたま青いジャージがあったのでそれを代用品として履いてるだけw


久々にDSでお絵かきしましたがこれはこれで普通に描くのと違って面白いですね…
機会があったらまたなんか作ってみたいと思います。

鈴木区 |

数字の謎?謎?

鈴木区絶賛稽古中。
…まぁそりゃそうですよね、もう3月で本番まで日がないんだからw

先日はついに稽古始まって初の通し稽古を行いました。

通し稽古っつーのは読んで字の如し、今回やる舞台を頭っから最後までずーっと通して稽古してみること。
これをやることでシーンごと個別でしか見えてなかったものが繋がり、繋がって初めて分かる問題点とかに気づけたりするのです。
ぶっちゃけこの時期に通し稽古が出来るというのは早い気がするのですが…他の劇団さんなんかと比べるとどうなんでしょ?
ご承知の通り僕は客演での出演は初めてなので、他の劇団さんのことは噂でしか知らないのです。
でも…早いと思うんだよなぁ、遅いとこだとギリギリまで台本上がらないとか聞くしw
ソレに比べたら差し替えはあったものの事前に完成台本貰えてたし、鈴木区さんは優秀だと思うのです。

そして通してみて改めて浮き彫りになる問題点……
一番簡単な話で言えば、他のシーンを重点的にやったため最近やってなかったシーンのグダグダっぷりw
ひとつひとつの完成度を上げようとするとどうしてもそうなるんですよね……人の記憶のなんと儚いことかw
これから問題点を解消しつつ通し稽古を重ねて、みんなの記憶に強制的に染み付くくらいやれたらいいなーと思っておりますw


さてそしてこっからは休憩中のお話。

長時間稽古をする都合上、途中でお昼休憩みたいなものが入ることがあります。
…時間的には夕方なので『おやつ休憩』とでもいった方が正確でしょうか、みんなガッツリ食ってるけどw
そんな休憩中、ヒマを持て余していたのか戸田ちゃんが携帯とにらめっこしていました。
何してんのかなーと思ったらクイズみたいなのに挑戦しているところだった模様。
それがわからなくてあーでもないこうでもないと苦悶していた様子。

ちなみに問題はこう。



以下の『?』に入る数字は何か、答えよ。

0+1=2
1+2=2
5+3=3
9+9=?




よくある頭の体操みたいな問題ですね。
タイプとしてはよく見るものですがこのパターンのものは僕も知らず、一緒に四苦八苦。
ほどなくして…時間にすると2分くらいでしょうか、脳裏に唐突に答えが閃き間島さんイチ抜けw
答えが出てみるとなんてことはない問題なんですが…法則に気が付かないといつまでも悩み続けるのがこのテの問題の特徴。
みなさんは答えはおわかりでしょうか。

いつしか苦悶の波は鈴木区全体に伝播し、そこらじゅうでウンウン唸る大人たちの姿。
わかった人間がヒントを出し、わからない人間が頭を捻る空間。
なまじ問題が「1+2=」みたいな小学校低学年みたいな問題なために、端から見てたら異様な光景。

「え?え?1+2が2なんでしょ?じゃあ1+1は?」
「2。」
「なんでだよ!!」


普通の計算でいっても1+1=2って全然「なんでだよ!!」じゃないんですがw
答えの法則が違うこの問題にかかるとこの通り。
ただ…知らない人がこの会話を聞いたら、偉そうに「1+2は2ィ〜♪」とか言ってる方がよっぽどどうかしてるように見える不思議な状況w
なんだこの…空気w

時間をかけヒントを出しまくり一人、また一人と正解していき、最終的には全ての人間が答えにたどり着いてひと安心。
…したところに…まさかの第二問が降り注いだのですw
今度の問題は…0+0が12になるというのですw
そして1+1は4になるという……ど、どういうこっちゃー!!w

こちらの問題は先程のものより難易度が高く、解くのにたぶん…5分か10分かかりました。
ただわかった時のあの爽快感…アレがアハ体験なんですかねw


答えが気になる方もいらっしゃるでしょうが、ここではあえて答えを載せることはしませんw
どうしても知りたい方は地力で解くか…調べるかしてください。


鈴木区は舞台に向けて、頭の体操も稽古に取り入れています(ウソ)

続きを読む
鈴木区 |

意味と心構え

なんだかんだ地味に毎日続けてる当ブログ。

毎日でも見てるだけの人は日常の当たり前になってたり、たまにしか見に来ない人はちょっと目を離した隙にトンでもない分量が溜まりまくっていたりw
「久しぶりに見に来て、ついさっき読み終わりました!!」なんてコメントもたまに戴きます…タイヘンですか?タイヘンですよねw

でもねいいですか…毎日書いてあの分量なんです。
つまり毎日読む前提でこっちも書いてるので、サボった人には時間を奪うというそれ相応の罰が行くシステムになっているのですw
マジP!…なんて恐ろしいブログっ!!w


なんて。
当たり前のようにやってますがこの『毎日更新』というシステム…たまーにしんどい時もあるもんで。
ご自身でもブログを運営してらっしゃる方なんかはこの苦しみがわかるらしく、たまに「すごいですね」とか「よく書くことあるね」とか言われます。

個人的には、我々のような職業の人間は毎日皆さんと触れ合える機会があるわけではありません。
それはリアルに触れ合う意味でも、テレビ越しに声をお届けするという意味でもそう。
興味のない方からすればたまにテレビで声を聞いたとしても「あ、間島だ」とか、もしくは気にも留めないとかになるでしょうから別にいいんですがw
僕を好きでいてくださる方からすればある意味死活問題。
とはいえ仕事は「出たい」っつったら出られるような、僕の力でどうにか出来るものではないので、その代わりに『皆さんの目に触れる』ものとして、ブログという手段を用いているわけです。
…考えなしに好き放題書いてると思われてる方もいるかもですが、いろいろ考えてるんですよ?

内容はともかくw


でもまぁそんな僕の心のうちは言わない限り他人には伝わらないものなので、毎日続けていることに対して『続ける秘訣』を聞いてくる方もいらっしゃいます。
秘訣っつーか…上記の理由もそうですが、こんなもんは自分の中でルールにして、それこそ『当たり前』にしてしまえば、寝る前に「あ、ブログ書かなきゃ」とか思うように自然となるのですw
だから言いたかないですが……『忙しい』つってブログ更新してない人とか嘘だと思います、僕的にはw
だってそうでしょ!?なんだかんだ忙しい時期もあるのにもう4年とか毎日更新出来るんだから、2日も3日も書けないなんてことあるわけないんですよ!!
『ネタがない』も同様ね、現に毎日書いてネタが尽きない人がここにいるんだからw
ないならないで、いろんなカタチで転がってるネタを探しだしてくれば良い…もしかしたらそれが毎日続けるコツでしょうか。

そんなブログを続ける僕から、後から後から絶えず質問をぶつけてくる輩に、その秘密を教えてやろうじゃないかと…ここに一つの企画を打ち出します!!


題して!『ブログを書くとき参考にしたい!!』バトン!!

……そう、この『バトン』もまた、ブログのネタの一つだということですw
様々な手段で成り立っているこの『マジP!』。
秘密の一部が今日のバトンでわかるかもしれませんね……
「書くことがない」とお嘆きのブロガーの方は、是非参考にしてください。

…いややめてください、身を削ることになるからw



ともあれどうぞ〜☆

ブログを書くとき参考にしたい!!バトン

Q1 お名前教えてください。
A1 間島淳j…否、芹咲…吐露夢です(役名)
Q2 HNの由来は?
A2 役名ですってばw
Q3 ブログの更新頻度は?
A3 まいにち。
Q4 ブログの内容は?
A4 心に移り行くよしなしごと(とびきり綺麗な表現)
Q5 ブログは日記風?小説風?雑談風?
A5 こ……コラム…?エッセイ?w
Q6 ブログは何で書く派?携帯?PC?その他??
A6 PCじゃないとこの分量は不可能w
Q7 スラスラ書けるほう?
A7 そうね…あの分量を30分とかで書くってことは『スラスラ』なんじゃないの?
Q8 一回書いたらそのまま?書き直すこともある??
A8 間違ったことは書いちゃいけないと思ってますよ?でも書いて更新したモノは誤字以外はそのまま。
Q9 どんな順番で何から書く、とか決めてますか?
A9 おもしろい順w
Q10 書くことない時はどうします?
A10 「書くこと無いです」っつってなにもない日常を書くw
Q11 画像は貼りますか?
A11 たまに加工もしますw
Q12 貼るのめんどくさくない?
A12 加工しないときはそうでもないですw
Q13 限定記事って使ってる?
A13 限定って…誰のためにやんの?だったら別のブログ作るわ
Q14 使ってる人はどんな時に?
A14 使ってない人はどんなことを書けば?w
Q15 ブログ友達どれくらいいますか?
A15 ブログ友達などというものは一人も存在しません
Q16 大好きなブロガーさんとかいます?
A16 我 、 唯 一 無 二 
Q17 ブログ書いててよかった!!って思ったことある?
A17 ちゃんとみんなが反応してくれること。下着のサイズ教えてくれたりw
Q18 逆に、ブログ書いてて嫌な思いした!!ってことは?
A18 失礼なコメント等が送られてくる事…?有名税ってそういう使い方しないからね?
Q19 ブログ機能について、もうちょっとこうだったらな、って思うことある?
A19 特には…規制される下ネタの境界線が知りたいです、管理的にも、事務所的にもw
Q20 ありがとうございました。最後にいつも来てくれている人に一言!!
A20 ぺろぺろ(外道)

続きを読む
バトン |
| ホーム |次のページ>>