マジP!

間島淳司の日常をプロデュース!!

バカチャンピオンヌ

4月1日はエイプリルフール。

一年で唯一嘘が許される日ということで、毎年様々な嘘をついてきました……実は妻子持ちだったりキスが超上手かったウソ800ごっこしたり実は二人いたりとw

毎年思うことではありますがエイプリルフールって直訳すると『四月馬鹿』なのになんで嘘ついていい日なの?と。
そうなるとバカは嘘ついていいってことになりそうですがバカでも嘘はダメだろうwと思うし。
調べてみても起源も不明なんですってね、エイプリルフール。

…なんなんそれなんなんw

もはや『エイプリルフールに嘘ついていいよ』ってのが古代人が考えた壮大な嘘なんじゃないかという気さえしてきましたが、まぁ悪い風習だとも思わないので乗っかりましょうw

が普通に乗っかるのも面白く無いので…今年は『バカ』と取ります。


2013年のエイプリルフールで一番バカなことした声優を目指しましょう。



少し前のことなんですがね、事務所にプレゼントが届いてたんですよ。
舞台とかいろいろあったんでなかなか開ける機会もなくてそのまま放置されてたんですが、時間が出来たんでいろいろ整理してたら出てきたんです……ワンピースが。
ワンピースっつってもジャンプで連載してたりひとつなぎの財宝だったりグランドライン目指したり海賊王だったり麦わらの一味だったりブルックがトネケン(旧)に似てたりするあのONE PIECEではなくw
女性が着る、上衣とスカートが一体になってるあのワンピースです。

コレが男性声優である僕のところに届く事自体一大事なんですが、ごく自然に「間島さん、ワンピース届いてましたよー」とか言っちゃう事務所も一大事w

思えよ、『なんでやねん』とw

女物の服だし必要ないから持ち帰らなくてもいいっちゃいいんでしょうが、モノがなんであれ僕を思って送ってくださったプレゼント…たとえそれがワンピースだろうとありがたく持ち帰るのが僕の流儀。
ということで持ち帰って置いてあったわけですが…それが出土したわけです、しばらくぶりに。

元々は「ニーハイ履くときに女性物の服がないとおっしゃってたので」と送られてきたもの。
でもいいですか…別にニーハイ自体履く必要ないんですよ、僕は履くのが好きなんじゃなくて履いてるのを見るのが好きなんだからw
前に履いたのはおもしろいからと、送られて来た以上履かないともったいないかなーと思ったからにすぎないのであって、別にニーハイ履く趣味は……

あれ?

『MOTTAINAI』……???

ニーハイは「あるのに履かないとMOTTAINAIと思った」から履いた……だと?
だとしたら…ワンピースは!?
着るつもりなんかない、でもMOTTAINAI!この矛盾した心……どうしたら……どうしたら……!!

13040101.jpg
神の声『…着てみたらいいじゃない……』

なんということでしょう…またやってしまいました私w

13040102.jpg

ただワンピースになると撮り方が難しいですね…なかなか女子っぽくならないというか。
体のラインは隠れるんで良さげに見えますが、より女性らしくしとかないとそう見えないっちゅーか。
結局どうするのがいいのかわからず……

13040103.jpg
鏡で自撮り。

余計なもん撮らずに一部に寄った方がそれらしく見えるんじゃないかという結論に行き着きましたw


いやー新しい研究にもなったしワンピースも無駄にならなかったし、それでいて『いい歳した大人の男がなにやってんだ』感もすげー出てるしw
いいエイプリルフールになりましたね。

バカってのも、たまなるのもいいもんだぜ?w
まだ一日エイプリルフールはあるので、皆さんも楽しいバカ遊び、やってみてください。
マジ姉からの、お・ね・が・い☆w

スポンサーサイト
ニーハイとか。 |

バカ効果

一夜経って。


約一年前にニーハイ履いた時のことを思い出すかのような盛況ぶりに少々困惑気味。
なんでだ…ほんの…冗談じゃないかw

いややった以上何らかの反響がないと寂しいのは事実だけどもw

思ったより面白かったのかと調子に乗ってエイプリルフール限定のTwitterアイコンにしてみたりしましたが…これは失敗でしたね、見てて自分で自分のツイートを見失うw
ただでさえアイコン変えると慣れるまで時間かかるのに…花柄ワンピのアイコンが自分だと認識するのにはさすがに時間がかかるようですw

そして案の定多数の方から戴く『綺麗すぎる』だの『細い』だのといった賛辞の言葉。
あのね…そんなわけないでしょw
前にも言いましたが写真というものは撮り方ひとつでいろいろ嘘がつけるのですよ。

男性の男性らしい要素というのは『力強さ』『直線』『外向き』といったもの。
対して女性らしさというのはその反対で『か弱さ』『曲線』『内向き』といったもので表現が可能なのです。
体でいえば強さの象徴は筋肉。
筋肉は…幸か不幸かそんなついてないのでリキんで筋張らなければなんとかなります。
直線、曲線というのは体のラインや動きの話。
真っ直ぐ立つと男の体は男にしか見えないのでなるべく曲線が出来るように…足をクロスさせたり、腰をくねらせたりするのです。
外向き内向きというのは力のかかり方やこれまた動きの話。
外側に広がるように力をかけるのはとても男性的。
『両側から迫り来る壁を、力いっぱい止める』なんてのは実に男性的な動き。
…日常ではありえませんがw
逆に内側に動くこと…右耳を触るときは左耳で、とか、体の右に落としたものは左手で拾う、といったことをするととても女性的に見えるのです。

そういった要素を考えながらポーズを決めつつ、さらに画角や明るさなどで調整していけば……あーら不思議、フォトショップなんて使わなくても34歳のオッサンでも女性っぽい写真が撮れるものなのです。

13040103.jpg
飛ばしまくり

ご覧のとおり明るさ調整で飛ばしまくりで肌を白く見せてます。
画面上部にちょっとだけ見えてる肘も、内向きの角度でカメラ持つようにしてます。
ほとんど写ってないとこでもそこまでやっとくと女性的に見えるのですw

あとこれはさっき気付いたんですが…このワンピース腰のところにくびれがあるように見える作りになってますね。
実際はもっと直線的で男性的な腰の辺りも服の作りのおかげで女性っぽいラインに見えてます。
あとサイズとワンピースであることの問題でしょうがこの写真、ウエストの位置、ズレまくってますw
たぶん…腰に見えてるとこ腹のあたりじゃないですかねw
実際の女子もここまではいかないまでも、あえて腰の位置を高くすることで脚長効果を狙っている、なんてファッションの話を聞いたことがありますが…だとしたらすげー騙されてますね、僕ら男はw


とまぁ何が言いたいのかというと…男の僕でも撮れるんだから、女性である皆さんはもっと容易くこういった写真が撮れるだろう、ということ。
嘘だと思ったら試してみたらいい…きっとびっくりするくらい女性的でステキな写真が撮れることでしょう。
きっと僕がやってるのがネタだということがお分かりになることでしょう……

そしたら僕にその写真を見せたらいいじゃないw

私は、勇気を奪うのではなく…心弱き女性に勇気を与えるために、ニーハイを履いているのです…

とかいうとカッコよく…はならないかニーハイ履いてるしw


兎にも角にも間島淳司はすべてのニーハイ女子を応援しますよ…たとえ己が履いてピエロになろうともね!!
きっとピエロになったことで、昨日一番バカだったと信じてるw

ネタ |

DOKKAN!DOKKAN!

久しぶりに映画観に行ってきましたよ!!


映画館に足を運ぶのは実に『ムービー大戦アルティメイタム』以来。
舞台の稽古が始まり忙しかったってのもあるんですが、そこまで『見たい!』と思える作品がなかった(調べてなかっただけw)ってのもあるんですが。

そんな中、久々に食指を動かされて観に行った作品が……コレ!!

13040301.jpg
ドラゴンボールZ!!

言わずと知れたジャンプで連載してた超有名マンガ。
今回は実に17年ぶりの完全新作劇場版ということで、情報が出た頃から「これは…見に行かねば!」と思っていた作品です。

お話の時代設定的には魔人ブウとの戦いが終わった後の『空白の10年』…戦いの後からウーブが出てくるまでの間の時代のお話として描かれています。
…正直そこまで原作の展開覚えてなかったんで言われて「…ああ、そういえば」みたいな感じですがw
久しぶりに見たクリリンに毛が生えてたのはやっぱりなんか違和感でしたw


さて感想ですが。
ネタバレしないように書くつまりですが…もしも『すっげー楽しみにしてるけどまだ行ってない!』という方は見ない方がいいかもしれませんw
何がネタバレに繋がるかわかりませんからね…楽しみにしてる方の楽しみを奪う気はありません。
そうではない方、『興味はあるけど行くか悩んでる』『そもそも行く気がない』といった方は普通にご覧下さいw




ざっくりと全体の感想を言ってしまうと……すごく『ドラゴンボールっぽい』感じがしました。
原作の鳥山先生が脚本協力しているそうで、そういったところもそういう感じを受けた原因かもしれませんが…
『Z』以降のバトル中心になっていったドラゴンボールではなく、初期のドラゴンボールを探して冒険してた頃のテイストというか…もちろんバトルシーンもあるんですがそれだけじゃない、戦いだけじゃない『ドラゴンボールの世界観』が出てて僕は好きでした。
懐かしのピラフとか出てきたりw

そして今回のゲストキャラ・破壊神のビルス。
見た目はスフィンクスって種類の猫みたいな感じなんですが、その『人型なんだけど人じゃない感』みたいなものを実に的確に山寺さんが声で当てていらしたように思いました。
猫っぽくもあり、破壊神っぽさもあって、みたいな。
破壊神という割には性格がいい加減というか…どこかユルーい感じがするのもまた愛嬌があって憎めない感じのキャラ。
でも桁違いに強いんですよね〜、山寺さんじゃなきゃ出来ない役どころだと思います。


さて、今回の劇場版…タイトルを見た時から気になってたことがありました。
『ドラゴンボールZ 神と神』。
神『と』神って…これまでの劇場版やドラゴンボールの展開なら『神vs神』なんてタイトルの方が似合いそうなカンジがするのに。
そう思って見てたんですが、いやはやここにもちゃんと意味があったんですね…ちゃんと『神と神』という感じのお話になってました。
そういう意味ではこれまでの劇場版に比べるとおとなしい作りに見えるかもしれません。
でも見ててどこか清々しいというか、「ああ、こういうのもアリなんだな」という、ドラゴンボールの懐の深さみたいなものも感じました。


ドラゴンボールを知らない人ってたぶんほとんどいないと思いますけど、もし知らない人がいたとしても楽しくミられるんじゃないかなあ、というお話で、きっとコレ見たらもっともっとドラゴンボールのファンの人が増えるんじゃないかと思います。
改めて、ドラゴンボールという作品が偉大な作品であると感じました。

出る…ってのは難しいにしても、もっと学んでいつかこういった作品にも呼ばれるようになりたいな。
素直にそう思えるようなステキな作品でした。


帰りの電車の中での僕の笑顔、ウルトラZw
良いものを見た後は気分がいいですね。

感想 |

髪は女の命です

皆さーん、髪型に気、遣ってますか〜?

ちなみに僕は遣ってませんw
舞台があったので3月頭に切ったくらいですかね…あ、あと白髪目立たないようにしたわ、そのくらいw
幸いなことに適当にしといてもなんとなく無様にはならない程度の毛質で助かってるわけですが、本当ならもっと気ィ遣った方がいいんでしょうけどね…仕事的にも、モテ的にもw

身近な所ではついにあのトネケンがストレートパーマを当てモジャを卒業し『スト先輩』と名乗りだしたりしてますが、冷静に考えたら他の先輩はだいたいスト先輩なんだからそれはもはやただの先輩だろと…ってトネケンの話じゃないの今回はw


気を遣う人は男性も使っているんでしょうが、もっと気を遣っているであろうは女子。
季節に一回くらいしか髪を切りに行かない僕からすれば、その頻繁に美容院に通うさまは尊敬か狂気か…w
でも女の子はいつでも綺麗でいたいんですもんね、僕も綺麗な女の子は好きなのでそこはお任せして。

インターネットで『週間ヘアスタイルランキング』なるものを見つけました。
週間、と名乗るからには毎週やっていたんでしょうがたまたま見つけたので先週以前の結果はわかりませんが、花見の季節に入りファッションも春めいたものを選ぶ時期に入ったこともあり、髪型にも『春』が訪れているようです。
10位まで載ってたのでまずはそちらをご紹介。


10位:女の子の憧れ☆揺れるソフトウエーブ
9位:ライムベージュなピュアボブ
8位:ふわ軽ナチュラルショート
7位:キュートでマニッシュなショート
6位:春ふわボブ
5位:『ふんわりモテ髪』コットンカールミディ
4位:外国人風☆ぬけ感ミディアム
3位:外国人風ショート
2位:ニュアンスおしゃれボブ
1位:モテミディ


といった結果だそうですが…どうですパッと見てみて。
なにいってんだかわかります?w
やたら『ふわ』だの『モテ』だの、髪型を言い表すに際して「関係あんの?」みたいな単語が踊ってますがw
だいたい10位の段階で「女の子の憧れ」飛び出してしまったら残りの髪型はなんなのかとw

実際文字面だけ見て僕もなんのこっちゃかさっぱりだったんですが、写真が一緒に載ってたおかげでなんとか把握出来ました。
全体的にいうと、明るめの髪色でそこまで長くなく、ふわふわしてる髪型が春っぽいらしいです…新事実発覚w
写真を見るとなるほどたしかに、どの髪型も春めいた淡い優しい色合いの服装にも合いそうで可愛らしい印象。
「春の訪れ」というには相応しい感じでなるほどと納得。

しかしランキングの中に黒髪がひとつも入ってないのが印象的でもありましたね。
僕の周りには多いんですけどね…あれは声優業界特有のものなのかしらw
まぁ女性声優さんの場合自分の趣味もありつつファンの方が好きな髪型を選んでることもあるんでしょうけどね。

ただ…この10種の髪型がズラッと並んでもどれがなんて髪型だか当てる自信はまるでありませんw
女子の髪型…マジ難しいw


ちなみに写真を見て『自分はどの髪型が好きかなー』なんて考えたんですが…強調文モデルさんが軒並み美人すぎて参考になりませんでしたw
だって!美人がしてたら、だいたいカワイイ!!w
それでもなんとか選んでみるに、7位の『キュートでマニッシュなショート』あたりがシンプルかつ春めいててカワイイなーと思いました。
もしかしてショート好きなのかな…自分w


とかなんとかいろいろ申し上げましたが、結局髪型なんてのは自分に似合ってるかどうかだと思います。
パッと見て「あ、似合うね」って言える髪型が、その時の貴方に一番な髪型なのではないでしょうか。
この春の、今の貴方に似合う髪型を、是非探してみてください。



……なんなのこの〆め方…美容師のブログなのコレw

男女に関するアレコレ |

うつりにけりな いたづらに

春は出会いと別れの季節……とりわけ4月に入ってからは出会いが多いと思いますが。
その出会いにも、新たなものもあれば懐かしきものもある…そう、再会。

僕も久しぶりに彼らに会いに行ってきましたよ…

13040501.jpg
湯乃鷺の人々に☆

というわけで『劇場版花咲くいろは HOME SWEET HOME』を見て来ましたよというお話。

そもそも実は…ドラゴンボールを観に行った日。
あの日ホントはいろは見るつもりで劇場に足を運んだのですよw
そしたらまさかの全席完売。
…見ることが叶わずパンフレットだけ買いまして、その上でもう一つ見たかったドラゴンボールを見てきた次第。
しかもドラゴンボール見終わってロビーに戻る道すがら、スタッフさんの「花咲くいろはのパンフレットは完売いたしました!」という声を聞きまして、パンフだけでも買っといてよかったな…と。

改めていろはが人気あって嬉しかったですね。
観れなかったのは悔しかったけどもw

んでリベンジマッチということでまたしても劇場に足を運び、今度は無事に見れたというわけです。

んで感想。
もちろんネタバレはしない方向で書きますが、カケラも知りたくない!という人はご覧にならないことをオススメ致しますw






今回のお話はTVシリーズの後半入った辺り…なんだけど前でもあるという、不思議な時間軸のお話。
緒花が喜翆荘での生活に程よく慣れてきた頃で、崇子と縁がイイカンジ♪なくらい…つったらどの辺りのお話かわかるでしょうか。
そんな時間軸の中で、喜翆荘に結名が中居修行でやってきたある日のお話。
ざっくりいえば、『輝きたい』をキーワードに、緒花とそのお母さん・皐月さんが繋がるお話…みたいなカンジ?

もちろん作中に出てきた喜翆荘の従業員はほとんど出てきます。
そして…この劇場版1本の間に、緒花だけでなくヒロインたちそれぞれにちゃんとスポットが当たる作りになってます。
正直『すげぇ』と思いましたw
中身はネタバレになっちゃうから書けませんけどねw

もちろん僕も収録には参加してましたしお話も知ってたんですが、きちんと完成した状態で、劇場で見ると『改めてわかること』もあったりして…普通にお客さんとして楽しんできました。
やはり『いろは』…良い。
あ、自分が演じた徹だけでいえば、知らずに見てるとすっげーイヤなヤツに見えますw
まぁ徹らしいっちゃ徹らしいんですが…『もうちょっと言い方あるだろ』とは収録してたときから思ってましたが、劇場で見てもやっぱりそう思いましたw
ただこちらも良い感じに結末が来ますので是非どういうことなのか劇場で確認していただきたいところ。

改めて見てみて、もう一度TVシリーズが見たくなったし自分が『いろは』という作品も現場も好きだったんだなぁ…と感じました。
また何かで会えるといいんですけどね…なんとかならないかなぁw



そういえばまるで知らなかったんですが今回のいろは劇場版て、入場者特典で色紙が付いてくるんですね。
劇場入り口でデカい封筒渡されて軽く戸惑いましたが開けてみて「こいつぁいいや」となりましたw
ちなみにヒロインたちの誰かのイラストが描いてあるんですが…僕が当たったのは

13040502.jpg
結名でしたw

ぐぬ…!徹というキャラ的には緒花か民子が欲しかったのに…!
これは何かの…フラグ?(違いますw)

あと何回か劇場通っちゃうかもしれませんね、色紙欲しさにw

感想 |
| ホーム |次のページ>>