マジP!

間島淳司の日常をプロデュース!!

鈴木区


飲み(少数)をやってみた。


目の前に宝田君が座っていた。











楽しかった。

スポンサーサイト
日常 |

はじめての◯◯

ラジオ関西で好評オンエア中の『まじPON!』

今週分をお聞きの方はご存知でしょうが、実は先日…救急車に乗りましてw
ラジオで話した手前しばらく寝かせておいた話になるんですが、一応事の詳細をブログでもお話しておこうかと。
あまり気持ちのいいはなしではないと思うんですが、ラジオで話し切れなかった部分なんかもあるでしょうし、聞いてご心配おかけした方にも「大丈夫だよ」とお伝えしたいな、と思ってのことです。
ご了承下さい。


それはとある日のこと。
その日は普通に仕事があったので、いつもの通り普通にスタジオに向かい普通に収録をしていました。
そんないつも通りな普通の収録が始まってしばらくして、なんだか手のひらが痒くなってきました。
手のひらってあんまり痒くならないじゃないですか?
だから不思議には思ってたんですが、痒うだけなら掻いてれば収まるだろうと思い気にもとめずに仕事続行。
さらに時間が経ち…痒みがだんだん手のひらから腕に上がり、顔もなんだか腫れぽったい感じがしてきて上手く動かなくなってきまして…「あれ、これはいよいよおかしいな」と。

何か心当たりは…と思って真っ先に思い当たったのが仕事前の食事。
食あたりとかアレルギーとかそんなのかな、と冷静に思いながらも、症状的にこのまま普通に仕事するのは厳しそうだな…と思いスタジオの外へ。

タイミング的にはAパートの直しでもうすぐ休憩。
Aパートが終わったら申し訳ないけどスタッフさんにお願いして早退しようかな、なんて考えつつロビーの椅子に腰掛け休憩になるのをしばし待ちます。
この時スタジオのロビーには同じく出番がない役者さんが何人かいらっしゃいました。

少し前から肩やってたり歯が痛かったりといったことを話のネタにしていたこともあり、そのうちのお一方が「まじー最近体はどう?」なんて、話のジャブとして投げて来まして。
で…ちょうど今おかしいわけじゃないですかw
嘘ついてもしょうがないので
「肩とかは大丈夫なんですけど、実は今…僕にスゴイことが起きてます」
と軽く冗談交じりに症状を伝えたところ周りが騒然w
ヘタすると死ぬやつだよそれ!急いで病院行きな!!とスタッフさんにお願いしてくださって、収録を一旦止めてBパート分を抜かせてもらえるよう掛けあってくださいまして。
少しの待ちの間にも近くの病院とか処置法とかをスマホだiPadだといろいろなアイテムを駆使して調べてくださいまして至れり尽くせり。
抜き収録もパッと終わり、「早く早く!」と急かされてスタジオを後にしました…みんなマジ良い人、超感謝。

調べてもらった病院がすぐ近くにあったのでまずはそこに行き、先生に事情症状を説明。
その後脈拍や心拍数、点滴なんかを打ちながら、先生に意外なことを言われました。

「今ね、救急車呼ぶかどうかを考えてます」

…は?救急車?それ重病人が遣うやつでしょ?なんで???
と思ったんですよ、いやマジで。
だってここまで歩いて来たし、多少しんどいけど別にそこまででもないだろうと。
病院にだって皆にすげー言われて早退した手前一応来ただけで、腫れと痒みが収まれば行くつもりもなかったくらいだしいくらなんでも大袈裟だろう、と…そもそもここ病院だしどこ連れてくんだよってのもありましたがw

後々調べたところによると、症状的には食物アレルギーからくる蕁麻疹だったわけですが、重度の人になると『アナフィラキシーショック』ってのになって死に至ることもあるんだとか…
先生もやたら「呼吸は苦しくない?」と聞いてきたのも、腫れが呼吸器に及んで窒息する可能性があったからだとわかり、その後に言われた「大丈夫、治るから」ってのも、今から思えばマジ死ぬ一歩手前だったから言われてたってことなんでしょうね…くわばらくわばらw


でこっから救急車に乗ることになりまして。
診察室に運ばれてくるストレッチャー、それに地力で乗る僕w
先生「苦しかったら横になっていいよ」
僕 「いえ大丈夫です」
先生「いいから横になって」
僕 「え、あ…はい」
先生「どう?楽になってでしょ?(ドヤ)」
僕 「…はい(そら横になりゃラクだろw)」
というやりとりがありw
ストレッチャーごと僕が救急車に積み込まれ搬送されたわけですが…実は救急車に乗るのも初めてなら点滴打たれるのも初めてのことでして。
痛みに関しては肩とか歯でイヤというほど痛いの経験してるんで針刺されるのとか全然平気でw
むしろ刺されるとこも含めて、状況をじっくり観察してました。
救急車って…ああいう風になってて、医療関係のスタッフさんってああいう感じなんですねぇ。
こっちの症状の問題もあるんでしょうけど、優しい口調の中にもなんだか緊張感がすごくて『命の現場』って感じがしました。
あとストレッチャーに乗って運ばれるとオートで天井が動いていくのがなんか楽しいのw
日常じゃなかなか出来ない体験でしたからね…こりゃ楽しまない手はないだろう、とw

ほどなくして救急車は少し離れたところにある大きな病院に。
またしても運ばれるストレッチャー、動く天井、僕ヾ(*´∀`*)ノキャッキャw
処置は点滴の中身を変えること3回、といったところだったんですが、今の医療ってすごいんですね…点滴の度に針刺し直されるのかと思ったら、針はそのままで点滴の方だけ変えることが出来るんですね。
というわけで特に苦もなくベッドに寝てるだけで進んでいく処置。
搬送後1時間もしないうちに症状も収まり、無事自力で歩いて帰宅しました。


ちなみに。
搬送先にいた若いお医者さんが、点滴されてる僕に症状とか処置とか今後とかの説明をしてくれたんですが、その時にそれとは関係ないことでびっくりすることを言われました。

「あの…声優の間島さんですよね?」とw

Oh、バレテーラ!w
僕もビックリしましたが向こうもびっくりしたでしょうね…いきなり見たことある人が死にかけで運ばれて来てw
しかしそうなると逆に良かったですよね、現場で症状が出て…家にいて汚い格好のまま運ばれてたら「いえ、人違いです」とかバレバレの嘘をつくハメになってたかもしれませんしw
知ってくださってたおかげかどうかは知りませんが、処置も対応もすごく丁寧だったので感謝してます、先生にも自分の職業にもw


とこんな感じが救急車事件の全容ですね。
長くなったので明日は『食物アレルギー検査編』でもお届けしようかと思ってますw

健康 |

己を知る

救急車事件からだいたい3日後のこと。

お医者さんに「72時間以内にもしかしたらまた蕁麻疹出るかもしれません」という殺し文句にまんまと心を殺され過ごした3日間w
実際そういうもんだからしょうがないんでしょうけど…何食ったら蕁麻疹が出るのか明確にわからない日々。
食事のたび「もしかしたら…」と頭を過るアレルギーへの恐怖。
ドキドキしながら食事をするのにも疲れて来たし、ここは一発白黒ハッキリさせようじゃないかとお医者さんで検査をすることにしました。


救急車で運ばれた病院で『アレルギー科』ってのがあると聞いていたので、近場にアレルギー科のある病院がないかをネットで検索。
すると…徒歩10分くらいのところにアレルギー科のある病院を発見。
ネットってすごいね…こういうときマジ便利。

アレルギー科と名乗るくらいだからアレルギー専門の科、ということなんでしょう。
よくはわからないけど専門の方に任せれば安心、とまずは問診から。

医者「今日はどうされました?」
間島「あの、先日食物アレルギーで救急車で搬送されまして…その原因食物を調べようと思いまして」
医者「そう。その日なに食べたの?」
間島「あの、天ぷら定食…なんですけど」
医者「あーじゃあエビとか入ってた?」
間島「入ってましたね」
医者「じゃあそれかな。一応その日食べたもの全部教えて」

みたいな感じで進む問診。
個人的には今まで人生で一度も食べたことがなかった『フキノトウ』が怪しいんじゃないかと思ってたんですが、先生はカニとかエビとかの甲殻アレルギーをやたら推してくる感じ。
アレルギー症状を訴える人の中で数が多いのが甲殻アレルギーなんだとか。
でも…エビもカニも普通に食えるし、実はアレルギーで倒れる前日にも某番組の収録でカニみそ食べてたんですよねw
アレルギーは突然出ることもあるとはいえ昨日平気で今日ダメとか、そんなことはないだろうと思うんですが…まぁ怪しいことに変わりはないのでその辺も調べてもらうことに。
ちなみに食べたもの聞かれた時真っ先に「あの…ふきのとうとか…」つったら「あーそれはない」と断言されましたw

検査方法は採血をして血液の成分から検査、というかたち。
なんでも一度の血液検査で13項目調べられるそうで、その日食べたものを全て挙げても13項目には届かず。
他にアレルギーになる人が多い食物も合わせて13項目調べてもらいました。
以下調査項目。

・カニ
・エビ
・タケノコ
・アニサキス
・小麦
・オボムコイド
・大豆
・蕎麦
・ゴマ
・タマネギ
・ピーナッツ
・シラカンバ
・ラテックス


…途中なに言ってるかわかんないのありますよねw
わかりにくいのを簡単に説明しますと、アニサキスは魚、シラカンバは果物、オボムコイドは卵、ラテックスはゴム製品及びフルーツのアレルギーに関わるものです。
ちなみにアレルギーになった日に食べたものはこの中でいうと上の5つ。
下の8つは13項目を埋めるために追加されたものです。
この日は検査項目を設定して採血で終わり。
結果は後日また聞きに来るというカタチになりました。

そして後日。

検査結果を聞きに行くと、驚愕の事実が知らされるのです…
まず上記13項目でいうと、1つだけ引っかかったものがありました。
それは…シラカンバ。
上記の説明の通り果物系のアレルギーに関するものだそうで、「舌がピリピリしたらその果物食べないようにね」との医師の談。
ただ非常に軽度のものなので体調悪いと引っかかるかもね、くらいの感じ。
そうかシラカンバか…軽く心に留めておこう。

だけど…皆さん、もう一度思い出していただきたい。
僕食物アレルギーで数日前に運ばれて、原因調べに来てるじゃないですか。
でもね…その日果物なんか食ってねぇんですよw
つまりコレは無関係の結果w
シラカンバを除くと他の12項目は全て陰性、食べてもなんも起こらないものだと証明されたわけです。
これは…どういうことだってばよ???

そこでふと思い出したのです。
「あーそれはない」と言われたフキノトウの存在を。
まさかと思い、検査後にインターネットを使って『フキノトウ アレルギー』で検索をかけてみたところ……いました、フキノトウアレルギーの方がw
症状を見てもフキノトウを食べた後に全身に痒み、腫れと僕がなった症状と酷似。
なんでもフキノトウは花粉ごと食べる珍しい食物。
食べた時にその花粉に反応する人が世の中にはいるんだそうです。

そして先生が言っていた「舌がピリピリしたらアレルギー」ってヤツ。
実は…フキノトウの天ぷら食べた時にピリピリしたんですよね、舌がw
これは…コレだろw

ただフキノトウアレルギーは非常に珍しいもののようで、ネットで見てもあまり一般的なものではないようでした。
そうだよね…蕎麦とかゴマとかは聞くけど今まで聞いたこと無いもん、フキノトウアレルギーってw

ということで検査の結果まさかの消去法でアレルギーの正体がわかるという世にも奇妙な体験をしましたw




ちなみに。
血液検査をするとそもそもアレルギー体質かどうか(アレルギーが出やすい体質かどうか)がわかるらしいんですね。
検査報告書に『非特異的IgE』って名前で書かれてるものなんですが。
その基準値が200で、これを超えるとアレルギー体質だってことになるんですが……僕の数値、16.90だったんですよね。
つまり…ほとんどアレルギーない体ってことw
そんな僕の唯一といっていいアレルギーが…フキノトウ。
ちょっと神に選ばれすぎだと思いませんかこれw


なにはともあれ今後はフキノトウにだけは気をつけて生きて行きたいと思います。
しかし…毎日食卓に上るようなメジャーな食べ物じゃなくてよかった…w

健康 |

魔法の力で!!

すっかり書くの忘れてますが地味〜におもちゃ、買ってますw
まずはこちら、先週公開が始まったあの映画から…

13050401.jpg
ウィザードリングスーパーヒーロー大戦セット

作中で出てくるこの映画のために作られた新たなウィザードリング。
中でもベルトにかざすと『スーパー戦隊ー!』と喋る左のリングはコラボの証。
これを買わない手はないぜ!と、実は映画見たその日に買いましたw
いよいよ指輪が…タイヘンなことに!!w

とそんな時に便利なのが

13050402.jpg
DX・ウィザードリングボックス

こちらはTVシリーズ本編にて、ウィザードの使い魔のゴーレムちゃんがせっせとこさえたもの。
なんと約50個ものウィザードリングが収納できるというこのボックス。
まぁそれでも…レジェンドライダーのウィザードリング入れたら足りるのかって量にはなるんですがw
置き場に困っていたリングたちが収納出来るのは非常に有り難いですね…家がスッキリしましたw

そして…もちろんコレも手に入れてますよ!

13050403.jpg
新たなる力・ミラージュマグナム!!

仮面ライダーウィザードに登場する、仁藤攻介が変身するもう一人のライダー・仮面ライダービースト。
迫り来る強敵に対抗するべくパワーアップしたビースト…その時に使うアイテムがこの『ミラージュマグナム』。
新たに登場した指輪をベルトにセットすることで変身、さらに指輪がスライド・オープンしてミラージュマグナムにセットすると必殺技が発動するという超アツい……え、何?よくわからない?
だからこうだよ!!

13050404.jpg
まずは『変身!!』

からの

13050405.jpg
新たなリング・ハイパーウィザードリングを…

13050406.jpg
セット!!

ハイパー!
さらにミラージュマグナムで必殺技!!
ハイパーウィザードリングが…

13050407.jpg
スライド!お口オープン!!

そしてリングをマグナムに…セット!!

13050408.jpg
ハァァイパー!!マグナムストライク!!




……ふい〜w

とこのように遊ぶものだということですね。
ちなみに家にビーストのお面がなかったんで代用品として『オーズ』のラトラーターのお面を使ってます。
理由は顔が似てるからですw


というわけで書いてないだけでしこたま遊んでますよ、というお話でしたw
やはりおもちゃで遊ぶのは楽しい…遊ぶときはもちろん本気でな!!w

おもちゃ |

粉モノ天国

何気なく話したことがきっかけで何かが始まる…こんなことってあると思うんです。

先日もTwitterでなぜかお好み焼きの話でひとしきり盛り上がったことがありまして面白かったんですが、なにせ題材が食べ物じゃないですか。
そうなると…動くじゃないですか、食指が。
人が美味しそうな話してるとソレを食べたくなる的なアレです。
そうなった時に人はどうするか…そう、つまりはこうです。

13050501.jpg
注 文 す る w

話がいくらか飛んだ気もしますが早速集まってお好み食べに行きましたよ、という話。


初めて行くお店だったんですがご覧のとおり鉄板にたこ焼きが焼ける部分がくっついてまして。
お好み焼・鉄板焼きだけでなく同時にたこ焼きも楽しめるという…なんか最近たこ焼きづいてるなw
天文部(一部)で行ったんですが目の前…たこ焼きプレート部分の前にキヨが座ってまして、たこ焼き担当はキヨに決定。
僕は撮影班w
なんでもキヨは過去にたこ焼き焼く仕事してたことがあるそうで。
それもずいぶん昔の話で「自信がありません!」とか言ってたんですが、他のメンバーはたこ焼き未経験(焼いたことが無いという意味)でして、「唯一の経験者!」ということでたこ焼き大臣に大抜擢。

13050502.jpg
火が通るのを待つキヨ

13050503.jpg
そろそろひっくり返そうかと思っているキヨ

13050504.jpg
二刀流キヨヒロ

久々だったみたいですがなんだかんだ徐々に思い出してきたようで、最終的には手際よくたこ焼きを焼き焼きしていくキヨヒロさん。
二刀流でやってるのも当時こうやって焼いてたのを「そうだ…こうだ!!」つって思い出してやり始めたこと。
長く続けてたことって体が覚えてるんですねぇ…w
そして完成。

13050505.jpg
焼けてご満悦キヨさん

お好み焼きもそうだしたこ焼きもそうですが、美味しいのはもちろんなんですけどみんなで鉄板囲んで『作ってる感』がいいですよねー。
冬のお鍋なんかも同様ですけど。
こういうのした方が仲良くなるのも早いし話も進むとかいう実験結果を聞いたことある気がしますし、そう考えるととっても素晴らしい文化ですねぇ…食卓。

天文部はもともと仲良いんですけど皆社会人。
声優もいれば漫画家のカシマミ先生もいるし、さらには一般の会社勤めの人もいて、スケジュール管理が非常に難しいんですよ。
で最近スケジュールが合わないのに負けて集まれてないことが多くて。
鉄板囲んでお好み焼き焼いてたこ焼き焼いて話したおかげか、「これからはもっと頻度増やそうよ!」「星、見ようよ!!」とすごく前向きな話が沢山出ました。
やっぱり集まって話し合うって大事。
よりいっそう絆が深まりました。


余談ですが。

お好み焼き屋さんを出て二軒目に行ったんですが、そこの店が壁一面に懐かしい写真が貼ってあるお店でして。
「うおー懐かしい!」とか言いながらいろいろ見てたんですが

13050506.jpg
ドラクエ3って2月10日発売だったんですねw

おもろい店を見つけてしまった…また行こうw
遊び |
| ホーム |次のページ>>