マジP!

間島淳司の日常をプロデュース!!

ぷち悩み

前々から地味に悩んでることあるんですよね…あ、『芝居上手くなりたい』とか『絶対キレイになってやる!』とかじゃなくw

悩みの原因はこのブログのことなんですが。

…『辞めたい』とかでもないんでファンの方はご安心をw

毎日更新をいうハードルを毎日毎日超えてきていつの間にか4年とか経ってた我がブログ。
何度か実験的に試したりしてはいるんですが…どうにも結果がうまく出ない事柄があります。
今のままでもいいっちゃいいんですけどより良くするためにはこういうパターンもあった方がいいかな、とかそういうった悩みなんですが…個人の見解的にいえばまだ僕のスキルが足らず及ばない印象。

この手に…もっと力があれば!!

なんて思いもしますが『ろくに鍛えもしないで急に強くなろうとしても、所詮無理があるってことだな』って響鬼さんが言ってたので無理はしませんw


で悩みは何なのかと申しますと……『ブログを短くすること』です。

自分で言うのもなんですけど…クソ長いじゃないですか、うちのブログw
かかる時間とか手間はがんばりゃいいだけなので別にいいんですけど、こう毎日長いと過去記事遡ってなんか探すのもひと苦労。
後に記事数が増えたせいで増えたカテゴリとかもあって、検索かけようにもどこのカテゴリに収納されてるのかもわからず。
そのためにカテゴリ整理とかしようとも思うんですが…さすがに1500件を超える記事を今更イチから分類し直すのも手間ですしw

なんとか一日一日のブログの長さを短くしつつ且つ、面白さを維持、もしくは伸ばすことは出来ないかと…
簡単にいえば『文章をまとめる能力が欲しい』ってことですw
これが叶えばもっと楽しくブログ出来ると思うんですけどね…「不足なく説明したい」「文字でも『喋ってる感覚』で書きたい」という欲求を満たしながら文章を紡いでいくといつものようなクソ長いブログになるわけで。
そんなことやってるから『ブログじゃなくてコラム』とか言われるんですよねw


というわけで現在ブログを短くする方法を模索しながら毎日を生きてます。
見つからないのであいも変わらずブログはクソ長いままですがw
もうちょい推敲して書いた方がいいってことですかね…でも一度長く書いて推敲して短くするとかもはや出版社の校正レベルでやりたくないなw

なんかいい方法あったら教えてくださーいw

スポンサーサイト
小ネタ |

ぐるっと半分上半期

7月1日。

1年が12ヶ月なのでちょうど半分が過ぎた、ということになります。
…2月が短いから『ちょうど半分』でもないんでしょうけどw
節目という意味では半分の月が過ぎた、ということですねw


今日はまぁせっかく半分過ぎたということに気付いたので、珍しく今年の上半期を振り返ってメランコリックな気持ちになってみようじゃないか、という試みです。


この半年は一言でいうなら『出会い』の半年だったのかな、と思います。
1月入って早々鈴木区の稽古が始まり、4月には事務所に新人が入ってきて6月新人歓迎会、からの誘われて呑み会。
普段から我々は出会いと別れを繰り返す仕事をしています。
昨今の作品は1クール3ヶ月で終了してしまうことが多いので、知り合って仲良くなりだしたくらいに番組が終了、定期的に会うことがなくなってしまうわけで…仲良くなりにくい現状があるのです。

舞台というのは稽古を重ね、本番の間はずーっと一緒にいるわけで。
稽古も週二回とかだし、ヒロアゴ!の場合は本番が11日間と長かったのもあり特に仲良くなりましたし。
特にブラック役のおっくんなんて違うチームの人で同じ芝居には出てなかったわけで、稽古期間中も会ったのは2〜3回、会話もほとんど交わしていないというのに…なぜかめっちゃ仲良くなってw
同じ時を長く過ごし、一つのものを創り上げるというのは仲良くなりやすいんだなーと改めて実感しました。

事務所の方でもよく遊んでるメンツ以外にも、今年の新人歓迎会の幹事たち…去年の新人たちが誘ってくれるようになり、新しい風が吹いてきたなという印象。
このまま続くかパタリと途切れるかは…下半期の楽しみにとっておきますがw
新しい、今まで知らなかった人と飲むと自分の知らなかった世界が広がるようで僕も楽しく参加させてもらってます。


といい方の出会いもありましたが今年は悪い方も出会いがありましたね…主に病気関連でw
昨年末から年またぎに作ったローストポークで手首にヤケドを負ったところから始まり、2月末に風呂場で足を痛打、3月は舞台本番初日に石灰沈着性腱板炎で左肩が上がらなくなり、舞台終わりくらいのタイミングで歯の痛み。
4月に入ったら今度はフキノトウによる食物アレルギーからの全身蕁麻疹、そして救急車との出会い…w

思えばたった半年で過去何年分か健康だと思っていた分のツケが周り、一気に吹き出したかのような病気地獄でした…あ、歯の治療はまだ続いてますw
幸いなことに死ぬこともなく今もピンピン元気に生きてるので、これは神様が『もう若くないんだから気をつけなさい』と啓示をくださったのかな、などとも思ってます。

神様といえば初めて護摩焚きにも行きましたねー。
ぶっちゃけ普段初詣もロクに行かないくらい神仏に対する信心がない僕なんですが、護摩焚きの炎を見ていて心が洗われた気分にはなりました…
といっても『神頼みしたから大丈夫!』みたいになって不摂生を続けたら意味が無いので、これも気持ちの上で逆に自分を戒めるため、くらいの感覚でいますが、知らない見たこと無い世界に触れるのは楽しい経験でした。
この経験で改めて仏教、ギリシャなどの神話にも興味が湧いてきたのもありますしね。


こうやって書き連ねていくと、たった半年のことなのにすごく沢山のことがあったように思います。
何気なく日常を生きてしまうと時の流れって早く感じるものですが、こうやって振り返ったときに『あれ、半年が思ったより長かった!!』と思える毎日だったというのが実感できた時、自分の人生って充実してるのかな…間違ってなかったのかな…なんて、おぼろげながら実感出来ますよね。

今年もあと半年。
『もう半年』なのか『まだ半年もある』なのかはこれからの日々の過ごし方次第でしょうが、年末にもう一度振り返ったその時。

『ああ、今年も愉快な年だった』

と思えるように。
もう半年もフルスロットルで振り切りたいと思います。

13070201.jpg
さぁ…振り切るぜ!!

想い出 |

マイ・ソウル・ミュージック

『14歳の頃によく聴いた音楽が人生で一番心に残る音楽になる』

そんな記事をネットで見かけました。
14歳というと中学二年生…最近よく見る『中二病』でお馴染みの刻ですよね。
中学二年生の頃にありがちな、思春期ならではの自己愛、空想妄想が呼び起こす行動や言動。
どう頑張って生きても第三の目は開眼しない左手にも暗黒の竜は棲んでないしそもそも自分は特別でもなんでもない。
後で考えれば、冷静になれば誰にでもわかることなんですが、でもなんかそう思っちゃう…そう思いたい。
子供と大人の端境期だからこそ揺れ動く不安定な心。それが14歳ってことなんでしょうか。

考えてみりゃ大ヒットアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』だってEVAに乗ることが出来るのはどういうわけか14歳の少年少女だけ。
やはり14歳には特別ななにかがあるってことなんですかねー。

そんな14歳。僕が14歳っていうと…1978年生まれだから1992年になります。
その頃聞いてた音楽が僕の人生で一番心に残っているのか…ちょっと調べてみました。

音楽ってーとやっぱり日本レコード大賞かな、と思いこの年の受賞者をみてみると…

大賞は米米CLUBの『君がいるだけで』
ゴールド・ディスク賞にはドリームズ・カム・トゥルーの『決戦は金曜日』、それにJ-WALKの『何も言えなくて…夏』、サザンオールスターズの『涙のキッス』、高橋真梨子の『はがゆい唇』

こうして見ると…あまり音楽を聞かない方だった僕でも知ってるような曲がぞろぞろと賞を取ってますね。
『君がいるだけで』なんて未だにカラオケ行くと誰か歌う、何度聞いてもいい名曲。
実に納得の結果。

ただ…さっきも書きましたけどこの頃僕ほっとんど音楽聞かない子だったんですよねw
J-POP聞いてる時間あるならアニメ見てた頃w
道理で14歳の頃の音楽なのにピンと来ないわけだ…逆にこの頃放映されていたアニメを見てみましょう。


ママは小学4年生
世界名作劇場 大草原の小さな天使 ブッシュベイビー
花の魔法使いマリーベル
伝説の勇者ダ・ガーン
宇宙の騎士テッカマンブレード
美少女戦士セーラームーン
元気爆発ガンバルガー
ファンタジーアドベンチャー 長靴をはいた猫の冒険
サラダ十勇士トマトマン
超電動ロボ 鉄人28号FX
チロリン村物語
藤子不二雄Ⓐのさすらいくん
おーい!竜馬
地球SOS それいけコロリン
クッキングパパ
クレヨンしんちゃん
あしたへフリーキック
まぼろしまぼちゃん
ああ播磨灘
スーパービックリマン
妖精ディック
ヤダモン
おやゆび姫物語
姫ちゃんのリボン
少年アシベ2
ツヨシしっかりしなさい
スーパーヅガン
南国少年パプワくん
フランダースの犬
幽☆遊☆白書
カリメロ(リメイク版)
風の中の少女
みかん絵日記
コボちゃん
バットマン



と…この頃でもこれだけの数やってたことにまず驚きですがw
このうち今でも歌が歌えるのが12曲。
『パプワくん』はガンガン創刊当時から愛読してた(ガンガン自体創刊号から持ってたw)し『幽☆遊☆白書』は初めてイベント行った作品だし、『スーパービックリマン』もコロコロでやってたおちよしひこ先生のコミックス買うくらい好きだし…ってかこっち持って来てて今も自宅にあるしw
改めて僕の青春はアニメに染まってたんだなぁ…と再確認。
音楽とは違っちゃいましたが14歳の頃好きだったものが今の人生に確実に影響与えてるな…という印象。
恐るべし、中2w

たまに過去を振り返ると面白い発見があったりするもんですが、こういう振り返り方もおもしろいもんですね。
カラオケの年代別メドレーとか同世代で集まって流すとすげー盛り上がるのと似た感覚w

同窓会やるなら…やっぱ中2なのかな、なんて思いましたね。出たことないけどw

ネット |

北の大地からの刺客

旅に…出たいなぁ…出来れば遠くに……


なんて思うこと、ありませんか?
仕事に、人間関係に疲れた、自分へのご褒美、気分転換etc…人によって理由はそれぞれでしょうが無性に旅に行きたくなる時は誰にでも訪れるもんです。
僕の場合は特撮の聖地巡りがしたいとかそんな理由が主になってきますがw
あとは…北海道!
良いって聞くし出身の知り合いも多いから一度は行ってみたいんですけど、実はまだ行ったこと無いんですよね〜。

とはいえそんなホイホイ旅行に行けるわけもなく。
時間も金も捻出するのはなかなか難しいわけで…せめて気分だけでも味わいたい。
北海道の食べ物が食べたい…北海道の…食べ物が…!!
そこで食べに行って来ましたよ、北の食材を!!!w

知り合いに北海道は根室の出身の子がいまして、その子が『根室の食材出すお店があるんです!みんなで行きましょう!』とうるさいので行って来ましたというのが真相ですがw
場所も新宿と出やすい場所。ナイス立地。

北海道といえばやはり魚介。
お店に着くなり早速魚介を中心に注文。

13070401.jpg
手前のサラダも海鮮サラダですw

ホヤとか初めて食べたんですが…独特の味ですね〜、ってか味よりも見た目。
写真の真ん中辺りに写ってますが…アレ何?何の生命体なの?w
注文したら小舟の上に器に盛られたホヤの刺身とともに、切り開いたホヤの外側(殻?)も登場したんですが…なんでしょう、神様が生命を創りたもうた時に失敗した出来損ないみたいなビジュアルw
アレ絶対完成品じゃないってw
匂いが強く好き嫌いが分かれるようですが僕は美味しくいただけました。
アレは…ビールより日本酒w

他にも美味しい海産物が続々と。

13070402.jpg
カニとか。

13070403.jpg
刺盛りとか。

…料理よりも持ってる女に目が行きますがあえてノータッチで行きましょうw

カニは花咲ガニっていう種類の蟹だそうで、根室で取れる名産品の一つ。
タラバガニの仲間なんですがタラバほど大きくはなく、風味が強く味もしっかりしてて美味しかったです。
ちなみにタラバもそうですが、カニと言いながら分類上は実はヤドカリの仲間ですw

てか久しぶりにカニとか食べましたがカニを食べると起こるあの現象がやっぱり起こりましたよ…

13070404.jpg
無言のカニほじりタイムw

夢中でカニを食らう三人…あ、行ったのはご覧のメンバー・木下くんと矢作と日野ちゃん。
日野ちゃんは木下くんの後輩でして、ひいてはキヨの後輩にもなる子。
よく矢作とも遊んでるようで、今回のこの『根室の食材を食べつくす会』の発起人でもあります。

矢作は矢作で昔東北の方に住んでいた経験があるからか、ホヤがとにかく大好きだそうで。
曰く『あの独特の匂いがたまらない』と。
逆に木下くんはダメなようで、ホヤの殻の匂い嗅がされて悶絶してましたw


昨今いろんな地方の食材扱った店が多く、北海道の食材を扱う店も増えてますが、ここのお店は海産物がとにかく美味かったです。
根室から送ってる、根室の食材を扱っているそうで、そら美味しいはずですよねー。
機会を作ってまた行きたいな、と思える良いお店でした。

北の大地、うまし!!

遊び |

その手の行方

手の置き場に困ってます。

…いきなりそんなこと言われてもわけわかんないですよねw
何度か言ってますが、実は今歯医者に通ってまして。
歯髄炎?なのかなんなのか、4月頃にズキズキと歯が疼いて寝られない時期があってそれで行ったんですが、その治療をずーっと週1でしてたんですよ。
治療っつっても歯に開けた穴から中を消毒して、綿みたいなので仮止め、終了、みたいな時間もかからずすぐに終わる簡単な作業なんですが。
その作業をされに毎週1回、たかだか5分くらいのために歯医者に行ってたわけですが…その時にいつも思うんですよ。

『手の置き場に困る』と。

歯医者さんって椅子に座らされて、それが倒れて寝た状態になって治療されるじゃないですか?
その横になった時の手って…どこに置いといたらいいんでしょう?w
真っ直ぐ横になるのもなんか気持ち悪いし、かといって胸のところで手を組むのもおかしいし…なんとなく所在なげにお腹の上あたりで手を組んだりするんですけど、これもこれでなんか気持ち悪い。
同じ事が美容院のシャンプーの時にも起こるんですけど、コレなんとか良いポイント見つかんないかなーと思いながら治療を受けてたわけです。

あと目。目のやり場も困るんですよね。
おっぱいの谷間とか見た時の目のやり場じゃないですよ?w
歯医者で治療されるのは歯。
歯があるのは口…てことはもちろん顔を覗きこんでくる格好になるわけで、こちらの目に程近いところをがっつり見てくるわけです、先生が。
目を閉じて治療を受けてもいいんでしょうがなんかその無防備な感じもイヤで、なんとなく目を開けてるんですが…いつもどこともいえない虚空を見つめてましてw
でも人間の習性みたいなもんで、動かない景色の中でなにか動くものがあるとそっちを見ちゃうんですよ。
それがだいたい…先生の目だったりして。
先生は歯を見てるから目が合うわけじゃないんですけど目と歯が近いもんだからなんか目が合ってる気がして…すげー気まずいのw
これもなんとかなんないかなーと思ってるんですけど…治療中ってどういう姿勢がいいんでしょ?

別に先生も誰も気にしてないんだろうけどこっちが気になっちゃう…ヘンな自意識過剰みたいなことなんでしょうけどね。
どうにかしてこう…落ち着いていられるベストポジションが知りたい。

つっても歯医者の治療は今日で終わったのでこの悩みとはしばらく付き合わなくてよくなったんですけどねw


答えが出ないまま治療は終わってしまいましたが、引き続きこの永遠の課題の答えを探して行きたいと思います…
誰か正解教えてw

健康 |
| ホーム |次のページ>>