マジP!

間島淳司の日常をプロデュース!!

何年目かの真実

皆さん、今年もやってきましたよこの日が…

8月1日!はちがつついたち!!
8/1…81を/してる日…パイスラッシュの日が!!w


夏冬季節を問わずそこかしこで見かけるパイスラッシュ…
あ、わからない方のために念の為に説明しますと、女性が肩掛けカバンを斜めにたすきがけした際に出来る、おっぱいとおっぱいの間…谷間の部分にカバンの紐が通る状態のことをパイスラッシュと申します。
荷物の重さとか両手が塞がるとか様々な問題があるし、『ひったくり防止のためにもカバンはパイスラにすると良い』と警察も言ってる国家が推奨するエロ…じゃない、荷物の持ち方なのです、パイスラッシュ。

まぁ警察は『たすきがけ』としか言ってませんけどw

パイスラの魅力といえばやはりその強調力。
ゆったりした服を着ていてもカバンの紐がおっぱいの谷間を通ることによって右のおっぱいと左のおっぱいが分断、片方ずつのおっぱいがそれぞれ強調され特に巨乳の方の場合『アメコミかよ』とツッコみたくなるほどのおっぱいロケット感が日本の、しかも三次元で味わえるという…大きい方でなくとも左右が分断されることで普段よりもおっぱいが強調されるというこのパイスラ。
散々語り尽くした感があるパイスラですが最近新たなことに気が付きまして…今日はパイスラの日ということでその事実をカミング・アウトしたく思っている所存。


驚かずに聞いてください…‥






実は…………






僕……………







そんなにパイスラ好きじゃありませんw


そこかしこから「えぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!?」という声が聞こえてくるようですがw

ご承知の通り僕はラッキースケベ反対派でして、長年パイスラッシュはどちらに分類されるのか悩んでおりました。
特に何かを脱がすわけでもなく自分の意思でカバンをたすきがけしてるわけで、見られて困る状態ではないのは明らかです。
ラッキースケベという観点からいえば、たすきがけにしているおかげで胸の谷間に隙間が出来ず、『谷間を覗きこむ』というラッキースケベを防止してくれているわけで。
ある意味ラッキースケベ撲滅に一役買っている、とも考えられます。
がそもそもパイスラッシュってカバンが重たいからたすきがけしているだけであって、それは決しておっぱいを強調しようと思ってやってるわけではないわけじゃないですか?
ファッションでもなく、意図して強調してるわけではないおっぱいを『合法だ』といってしげしげと眺めていいものか…その行為は果たして変態紳士の振る舞いとして正しいのか…長らくこの問題点と向き合って参りました。
そしてこのほど、ついに自分なりの解釈を見つけたのです…それは。

『せっかくの可愛い服が崩れちゃうから、パイスラいくない』w

パイスラはおっぱいとカバンの関係性…つい視点がカバンの肩紐とおっぱいの関係にばかり行ってしまいがちですが、そもそもその下には服があるわけで。
おっぱい云々より前に、下に来ている服は各々女子が自分で選んだ可愛い組み合わせだったりするわけでしょ?
せっかく可愛い服着てるのにたすきがけにしたせいで目線がおっぱいにばかり行くとか、上から押さえつけてるせいで服のデザインが崩れてしまうのはもったいない気がしてまして…やっぱパイスラってあんまよくないんだなーとw
パイスラまで含めてファッションとして完成するようなデザインの服が存在するならそれはそれでいいし大歓迎ですが、世の中の多くの服はそのようには出来ておらず、おそらくですがカバンは、肩紐はない状態で『完成』されるように出来てるはず。

僕は、女の子を、一番可愛い状態で見たいのです…!!


という。
前々からそういうとこある方でしたが、ついに視点がおっぱいから女性自身の美しさに向くようになってきましたw
せっかく可愛い服着てるならちゃんとファッションも見たい。
もちろんおっぱいも見たいけどどうせならもう脱いで見せてくれよとw

両方好きだからこそ、両方同時ではなく片方ずつ最高の状態で見たい…そのような思考に至りました。

かつてはホントに『パイスラ最高!』と思ってたんですがヒトとは進化するものですね。
来年の僕は、いったい何に対して萌えて、何に対してエロスを感じているのでしょう。
ひとつ言えるのは…とにかくオンナが好きだということですねw

エロは!僕らの!!活力源!!!!w

スポンサーサイト
おっぱいとか。 |

エロ過ぎる8月

8月1日はパイスラの日。
そして8月2日はパンツの日…振り返ってみればここ3年ほど連続で、毎年8月頭はおっぱいだのパンツだののことについて書いてる当ブログ。
そしてそのすべてに『今日は8月2日でパンツの日だが、パンツなんてただの布で興味が無い』と明言していますw
どんだけブレないんだ僕はw

事実今もそう思ってますけどね…別段下着が見たいという欲求もないですし、まぁ下着姿は見たい気もしますけど…下着だけ見てもしょうがないし。
パンチラはラッキースケベだからダメだし、もうそうなったらそういうオトナな関係の人のしか見る機会ないわけでしょ?
もうだったら下着どころじゃないわけじゃないですかw
いったい…下着は度のタイミングで興味を持ったらいいんでしょうかw


そういえば『男性は女性の下着にも興味を持って欲しい』とかいう女性の意見をたまに耳にしますが。
「せっかくアナタのために可愛い下着つけて来たんだから少しは褒めてくれないと寂しい」とか「すぐに脱がすなんてムードが足りない」とかそういうことの延長上のお話なんでしょうけど……でもね、でもねと。

下着褒めようにも「恥ずかしいから…電気消して?」とか言うやないけw

明かりを消した真っ暗闇の中、色さえわからぬうっすらシルエットで褒めろというのもかなりムチャな要求な気がするんですよねー、この話聞いてると。
望むならその分ちゃんと応えてくれないと。
下着を褒めて欲しいならちゃんと見せてくれないと。
だからアレです、ホントに褒めて欲しいなら男女お互いが下着姿でただ過ごす時間を毎日30分ほど作ったらいいんですよw
そしたら下着のデザインもちゃーんとわかるし、その後どうなろうとそれはカップルの問題なんで好きにしたらいいですけど、耳元で「今日の下着…可愛いね」とか言ってやったらいいのですw

でもこの話カップル限定の話だからやめましょうw
あー胸クソわるい…そもそも『下着もちゃんと見て欲しい』なんてのはカップル限定の話ですからね…この話題を取り扱おうとした段階で無理がありましたねw


8月2日はパンツの日。
といっても男子のパンツ談義なんぞしても面白くもないし、かといって女子のパンツなんてなかなか見られるもんでもないし情報不足。
どうにかならんもんか…と思ったところで僕に悪魔的発想が閃きました。

世の中にはインターネットショッピングってのがありましてね…そこには売られてるわけですよ、女性のパンツも。
そこを見てみたらどういうのがあるのかとかいろいろ見えてくるんじゃないか!と!さっそくアクセス!!w

…ホントになにやってんでしょうね僕は…一人暮らしの自宅でw

インターネットとはいえ普段女性物のコーナーなんぞ見る機会がないのでどこにパンツが売られてるのか迷いながら見てたんですが、インナーウェア・ナイトウェアなんてコーナー分けがなされてるんですね。
インナーはまんまインナーでしょうが、ナイトウェアって…おそらくはパジャマとか寝る時用の衣服ってことなんでしょうけど。
さらにはブラ、ショーツ、キャミソール、スリップ、ボディスーツ、ガードル、ガーターベルト、フレアパンツetc…インナーのコーナーだけでトンでもない分類数。
普通のファッションでもそうですけど女子の衣類ってなんでこう、細かくカタカナの名前をつけて分類したがるんでしょう…中には知らないのも混ざってるし…なんだよフレアパンツってw

んでもってもっと単純な『パンツ』って分類はないんですねw
ショーツがそれに当たるものなんでしょうが…ショーツ…まるでときめかない単語だ…だったらパンティーの方がまだ胸打つ響きを持っているw

そしてあまりの分量に調べる気が失せてここで調査を断念しましたw
多少はショーツのコーナー見てみたんですけどね…女性物の下着の良さはわからぬ…
男性が好きそうなデザインのものもいくつか見かけたんですけどね、Tバックとかなんかセクシー系なランジェリーとか。
でも結局…ボクサータイプのショーツが一番可愛く見えたもんなぁ…w
シンプルイズベストw


いろいろ見てみてわかりましたが、僕に女性のパンツを語る資格は…どうやらなさそうですw
来年はきっとパンツの日はノータッチで行くことになるでしょう、もう書くことないからw

男女に関するアレコレ |

いざ!戦隊愛!!

我ら、特撮に魅入られしもの…

中でもライダーとスーパー戦隊、つまり東映日朝スーパーヒーロータイム大好きっ子なわけですが、『大の大人になって好きが高じてしまうとどうなるのか』ということを、このブログや様々な活動を通じてお知らせしている格好になってます。

ホントにね…好きなんですよ、特撮が。

大人になるにつれて失われていく正義の心。
社会に揉まれ、正義の意義や在処に疑問を感じ、荒れた海に投げ出された難破船のような心持ちで今を生きる現代人。
でも『失われた』ということは『かつては持っていた』ということ。
僕らの内に秘めた『正義』を創り上げたものは一体何なのか…って考えたこと、あります?

それはすなわち幼少期の経験、子供の頃に感じた価値観、見たテレビなんかが、僕の中で正義の価値観を築き上げたんだと思っています。
子供の頃からアニメが好きで、小学生主人公の大冒険活劇を多くアニメで観て来ました。
仲間を助け、助けられ、人々を苦しめる悪を倒し、世界に平和をもたらす…そのためにはどんな努力も犠牲も惜しまない。
言葉にしてしまうと陳腐に感じますが、そんなことを沢山のアニメから学んだと思ってます。

僕の中ではアニメのバイブルっつったら『魔神英雄伝ワタル』なんですが、いわゆる小学生が異世界で勇者になる、みたいな王道RPGファンタジーアニメって最近なくなりましたよね。
時代の移り変わりとかいろいろ理由も考えますがやっぱりどこか寂しくて、そういう作品の中に流れる『真っ直ぐで無骨な正義』というか、普通だったら恥ずかしくて言えない”正義”をキャラクターが言う、ってのが見たくなるときがけっこうあるんですよね。
それが、今も脈々と息づいてるのが特撮だと思ってます。
だって…力はたしかに持ってるでしょうけど、『地球の平和は、俺達が守る!!』とか言っちゃうんですよ?ぬけぬけとw
大風呂敷だけどそれが正義だ!みたいなチカラがこもってるから好きなんですよねー。


とそんな正義への愛…特撮愛を具現化した知り合いがいますw

よく星見なんかでもご一緒する後藤麻衣ちゃん。
彼女もトンでもないブレイブを秘めた特撮愛に溢れた女性なんですが、今年はなんだかすげー愛が溢れまくったみたいでコミケで特撮をテーマにしたCD作って売っちゃうらしいんですねw
彼女が一からプロデュースをして作り上げたドラマCD…前々から星見やなんかで遊びに行ったりするとその製作状況や内容をうっすら聞いてたんですが、その語る口からは『タイヘンだけど楽しい』ってのが、好きな事をやってることが楽しいってのがひしひしと伝わってくるんですね。
もうそれが…羨ましくて羨ましくてw
残念ながら僕は参加は出来なかったんですが、キャストも彼女の回りにいる特撮愛に溢れたメンバーを集め、かなりの熱量でもって作られている模様。
で話を聞いてると参加できなかったせいで余計に内容がどうなってるのか気になって気になってw
先日『聞きたい聞きたい!』と駄々をこねたら「じゃあ…」と発売前の音源を聞かせてもらえましたw
やったぜたまにはこねてみるもんだ駄々w

麻衣ちゃんからも『発売前なんでネタバレしないでくださいね!』と念を押されつつ感想先に書いてもイイ、とお達しを貰ったので軽く感想でも書いてみたいと思いまーす。


個人的には特撮をCDにするということで一番懸念したのは『(動く)絵がない』ということ。
当たり前ですが特撮はスーツがあって、アクターさんがいて、それをカメラで撮影してこその特撮。
我々が仕事で特撮に出演するときも、基本的には『スーツを着たアクターさんに声を当てる』わけで、そこを抜きにした場合それは本当に特撮になるのかしら…?と。
その辺気にしながらドキドキしつつ聞いたんですが…さすがですね、愛に溢れた女の叶える夢は違うw
動く絵がなくてもきちんと特撮してるんですねー。
たぶん作中に流れる空気感と、ところどころに挟んでくる特撮作品ならではの『お約束』。
これを上手く盛り込んでるので、音だけで聞いててもちゃんと特撮してる。
前述の通り出演してる声優さんも特撮好きの方ばかりを集めているそうなのでお芝居の雰囲気もバッチリ。
普段とは少しだけ違う、特撮作品でありそうなお芝居をしてくださってたり、各役者さんのファンの方も新たな一面が見られてお得感がある感じになってますし、やっぱ本気で好きな人が作ると愛が溢れてくるんだなーと感動。

かといって愛だけが溢れて作品としては…ということもなく、きちんとドラマCDとしても楽しめるお話。
HPでイラスト見てもわかるんですが、レッドがロリっ子だったりと普通の特撮だったらありえない、ドラマCDだから出来るであろう特撮のアプローチもあってなかなか聴き応えのある内容。
一つのお話が終わったところでCDも終わってるんですが先の展開も気になる内容なので、次の冬コミとか夏コミとかでどんどん続編出してってほしいですねw

もう一つの特撮の華・主題歌もかなり気合を入れて作ってまして、普通に聞いてるとホントに公認戦隊の主題歌なんじゃないかと思えるような作り。
ゴーインジャーと共にジンレンジャーの主題歌もどっかのカラオケに入ったらいいのに…とぷち願望をここに記しておきますw


後藤麻衣ちゃん企画原案、愛の溢れまくってる特撮ドラマCD『勇星戦隊ジンレンジャー』は8月12日・コミックマーケット84の3日目に、西2ホール す-17a『ちび戦!』というサークルで販売する模様。
委託販売なんかもするようなので、詳しい情報は公式ホームページで確認してみてください☆

感想 |

夏だから…夏。

夏といえば…ビール。
となりがちなのが僕ら酒飲みの思考ですがw

とかく夏になると会話の中に

「暑いわ〜今日。マジ暑いわー」
「こんだけ暑いとビール飲みたくなるよね」
「イヤマジその通り。ビール飲みたいビール」
「んじゃ…行く?」
「イェア!!」


みたいな流れがすぐに生まれがち。
まぁ別に夏じゃなくても年がら年中ビール飲んでるのでただの詭弁にすぎないんですが、誘い文句としては実に使い勝手がいいわけで。
ちょこちょこ多用しては飲みまくりな毎日を送りがちになるわけです。

飲み会になると当然皆で集まって外のお店に飲みに行く、という流れになるわけですが、毎回それってのもどうなのかなーと思うじゃないですか。
たまには自炊しないとなー、とか。

で先日。
久々に飲みの誘いもなんもない夜がありまして自炊を決意。
何を食べようか悩んでたところにTwitterに『今日はゴーヤをチャンプる!!』という知り合いのつぶやきを発見。
ちょうどこれからスーパーに行くところだったのでそのアイデアいただき☆とこの日はゴーヤチャンプルーに挑戦してみました。

スーパーにてゴーヤとスパムと木綿豆腐と、それだけだと寂しいのでタマネギと買ってきて…ゴーヤは刻んで塩で揉んで置いといて、タマネギもスライス。
豆腐はキッチンペーパーで水気をよく切って準備。
スパムはカリカリにしたかったので薄めに切って…いざ、焼成!!

13080401.jpg
完成・ゴーヤチャンプルー!!

例によって作りすぎて食べ終わったらお腹パンパンで動けませんでしたw

はじめてゴーヤチャンプルーって作ったんですけどお手軽でいいですね、ちゃんと下処理すればゴーヤの苦味も気にならないし。
家で飲み会とかやるときに一品作ってもいいだろうし、なかなかいいレシピをまた覚えました。
夏の定番メニューに加えてやってもいいかな…といった感じです。



ただ分量だけは間違えないようにしたいと思いますw
これでも加減したんだけどな…ゴーヤも半分しか使わなかったというのに。
今度はさらにその半分の量で挑戦だ!!
まだ食材も余ってるしね!!w

ごはん |

ドリルブレイク!!

久々なのかなんなのか……そのへんの記憶さえ曖昧ですがw
久々に飲み会をやってきましたよ〜。

今回は…なんでこの飲み会起きたんだでしたっけ?w
それさえも危ういくらいいつも通りに呑み会が組まれていつも通りに誘われていつも通りに参加したわけですが、この『いつも通り』がありがたいなと。
メンツはなんだかんだ毎回ちょっとずつ違うんですがいつも通り毎回『楽しいな』と思って帰る事ができる…それがありがたいし嬉しいから僕は呑み会に参加しているんだな…そう思って僕は呑み会に参加しています。





誰だ『正当化すんな』とか言ってる奴はw




まぁともあれ飲み会がありまして楽しく飲んできた次第。

お?だんだん思い出してきたぞ?
今回は斎賀さんが参加してくれてまして。
斎賀さんはお酒呑まないんですけど「飲み会の雰囲気好きだから〜」と来てくれるんですけどね、それを聞いてトネケンが『是非参加したいッス!!』と息巻いていたと幹事の子から聞きました。
それというのも利根くん、最近再放送で『天元突破グレンラガン』に大ハマリしたそうでしてw
その心の内側に熱くくすぶる螺旋の炎を、出演してらっしゃった斎賀さんにぶつけたい!という思いが、それこそ螺旋のように渦巻いていたそうで。
実際グレンラガンの本放送はかなり前で、彼のように今やってる再放送でハマり、今熱量が高い人間は周りにいないらしく「この機会…まさに好機!」と息巻いていた模様。

利根くん…気持ちはわかるけど……ただのファンだよそれじゃあw

まぁ結局こういう反応してもらえる作品に出られてたことが出演者としては嬉しかったりするんですけどねw
同業者なのに純粋にファンとして楽しんでもらえたなんて…冥利に尽きるじゃないですか。
ともあれそのような状態に利根くんがなる作品に出てた斎賀さんはスゴイし、それを伝えたい!と思えた利根くんもすごいなーと思ったわけです。

仕事の関係で遅れてきた利根くんは…もう着くなり斎賀さんに夢中w

「グレンラガン見ました!最高っス!!」

みたいなとこから話ははじまり、話せば話すほど彼の螺旋力はヒートアップ。
最終的には

13080501.jpg
ギガァ……!

13080502.jpg
ドリルゥゥゥ……!!

13080503.jpg
ブレイクゥゥゥゥゥゥゥ!!!!!

*ドリルの先に斎賀さんがいますw

とご覧のように螺旋力が溢れまくっていましたw
僕もグレンラガンは見たんですけどね…DVD借りて見たんで他人とタイミングズレてたんで彼の気持ちはすごくわかるんですよねー。
熱い気持ちを語る仲間がいるということは本当にありがたくて楽しいこと…。
中でもやっぱり『見るタイミング』って重要だと思うんですよねー。
ぶっちゃけ僕は全然関係ないタイミングで斎賀さんにDVD借りて見たんで周りにタイミング合う人が誰もおらずw
一人で熱量抱えて消化したタイプなので見ててタイヘン微笑ましかったですw


毎回呑み会が、螺旋力みたいにうなぎのぼりに楽しくなっていくものならいいのにー!!
いいのにー!!w

トネキヨ |
| ホーム |次のページ>>