マジP!

間島淳司の日常をプロデュース!!

明けまして午年

2014年!明けましたね!
今頃はきっと紅白も見終わり、初詣に出かけてる方もいらっしゃるんじゃないでしょうか。


さて、今年は我が家も鏡餅なるものを飾っています。

14010101.jpg
うまもっち!!

馬の顔のついた鏡餅風ぬいぐるみ…馬のおもちだから『うまもっち』。
今年は午年、午年生まれの僕からすると12年に一度の記念すべき年なわけで。
そこを汲み取ったファンの方が送ってくださったんですが…正直…馬を見てて『あ、モチっぽいな』と思ったことがないのでなんて勇気ある商品だとw
かわいいからいいんですけどw
というわけでせっかくのいただきものだから飾ってるわけです。


14010102.jpg
ふたつw

そう…奇跡的なことが起こりまして…おんなじこと考えた方が二人いたんですねw
12年に一度しか来ない午年、『仕掛けるなら今だ!』という皆さんの気迫が伝わってくるようで僕は嬉しいですw


ということで今年もこんな調子でゆる~く面白いことやっていけたらいいな、と思っております。

本年も宜しくお願いいたします。


スポンサーサイト
祭り事 |

マスコット争奪戦

2014年元旦。
新しくやってきた今年のマスコット『うまもっち』に闘志を燃やす影あり。


「…くそ…なんだよあんなやつ…」
「突然やって来て我が物顔で…」
「鏡もちなら僕たちだって出来るのに…」

『ねぇねぇ!僕らのも見てよ!!ほら!!』


14010201.jpg
かがみもちー!

なんということでしょう、ぬいぐるみたち三匹の配色が白、白、黄色と、さながら鏡もちのモチとみかんを表現するかのよう。
その姿はどこか奥ゆかしく…そして記憶の何処かに在る風景。
そう…去年も見たやつw

ならば!と彼らは考えました。
『どこかに今年らしい要素を入れるべきではないか』…と。
そしてひとつの結論に辿り着いたのです!!
今年を!表現する!!三匹!!!

14010202.jpg
みかんをチェンジ!!

なんということでしょう。
今年が午年、の方に行くのではなく現在放送中の仮面ライダー鎧武から、オレンジロックシードをみかんの代わりにするという大胆な発想。
大きさも程よく、まさに『今年』を表現するに相応しい姿。
が…降格したひよPが物悲しい目で見てるw
うーん、鏡もちって難しいw
がそこに響き渡る別の声!!


『甘いぞお前たち!今年を表現するなら…こうだ!!』

14010203.jpg
かがみもちー♪

なんと…いうことでしょう……
白、白という色合いまでは同じでも、頭に被るそのお面…鎧武!!
ロックシードではなくお面でみかんを表現するという大胆かつ斬新な『今年』の表現。
他の追随を許さない揺るぎないその発想……まさに王者の風格。
でも…もはや鏡もちに見えない形状にw


と毎年恒例になりつつあるマジP!鏡もち遊びw
今年は鎧武のせいで頂点に経つはずの黄色い子たちがかわいそうな目に遭うことになりましたがw
こんなかんじで今年もこの子たちと過ごして行きたいと思ってまーす。



14010204.jpg
『 今 年 も ヨ ロ シ ク ☆ 』
マスコッツ |

ステキな年末の過ごし方

去年末…特に大晦日の話ですが。
スケジュール的にやたら振り回されてました。

「大晦日なにやってんの?」
「家で一人でいる予定だよ」
「じゃあ皆で過ごそうよ!」


という流れがちょいちょいあったんですよ。
基本的にはうちに人呼ぶこと自体あまり得意ではないし、その場合だいたい「鍋食べたい!」とか付いてくるわけで。
食べたいって……作るの僕でしょ?w
自分で会を開くなら、自分が幹事になって全ての段取り組むべきで、お願いがあるならきちんと頼むべきだと思うのです。
実家であれ一人暮らしであれ場所がないことはないわけでしょ?
片付いてないのは自分が片付けないからでしょ?
料理出来ないならみんなで出来合いのものでもみんなで持ち寄ればいいわけだし、そんな理由では「ウチは人を呼べない」にならんと思うのです。

…若干重い話になってきましたがw

冬になり鍋が恋しい季節になって来て特にそういう人が増えてまして正直うんざりしてたんですよ。
なので…僕からじゃないのに「間島さんちで」「鍋とか」とかいうワードが出てきたら断ろうと。
そしたらまー見事に全員言いやがんのw


というわけで誘いは多かったものの大晦日は一人で過ごすことに相成りましたw


一人になったとはいうものの、個人的には今年は一人でテレビ見ながらゆっくり過ごしたいなー、なんて思ってまして。
年末の特別な時期だしちょっと新しい料理に挑戦しよう、とも思ってまして、早速それに挑戦。
何を作ったかはざっくり行程を追いながら説明しましょう。

14010301.jpg

まずは解凍して常温に戻した牛モモブロックに塩コショウを擦り込み。
軽く油を引いて強火に熱したフライパンで表面に焼き色を着けます。
焼いた肉はアルミホイルの上にローズマリー・肉・ローズマリーの順に食材を乗せ包みそのままジップロックで密封。
お湯に40分ほど漬けておきます。

その間にフライパンに残った肉汁に醤油・赤ワイン・塩コショウにレモン汁を少々。
ひと煮立ちさせてソースを作っておきます。

40分後、お肉をお湯から出してスライス、皿に盛ってソースをかければ…出来上がり。


14010302.jpg
ローストビーフー♪

昨年はローストポークを作ったんですが『今年はビーフで!』がテーマでしたw
レシピには書いてなかったんですが下にオニオンスライスを敷いてありまして、コレを巻いて食べるとまた美味くてですね…良い料理を覚えましたw
ローストビーフってイイトコのお店で食べることが多い印象なのでどこかとっつきにくい印象でしたが、行程全部合わせても1時間くらいで出来て味も絶品。
食が進みましたよね…良い年越しでした。


14010303.jpg
ごちそうさまでした!!w


ごはん |

主夫の日常

なにも料理をしたのは年末にあらずw
年明けももちろん…年明けらしいものを作りましたよー!!


正月っつったらやっぱあるじゃないですかほら、らしい食べ物が。
御節?いやいや…一人で御節はさすがにしんどいw
のでここは去年もやった…お雑煮をね!今年もやろうかと!!

実家にいた頃からずっとそうだったんですけど、年末年始ってなんか楽しいじゃないですか。
年が切り替わるなんて大きなイベント、年越しには蕎麦、年が明ければ御節にお雑煮、お年玉…
最後は口にするものじゃありませんがw
家にいるのが好きな僕にとって、家にいながらにして楽しいことがたくさん起こるのが年末年始でした。

東京に出てきて一人暮らしを始め、『どうせ一人だから』とやらないことが多かったんですがやっぱ食べたい気持ちはなくなったわけではなく。
引っ越しを期に、といっても過言ではないんですが去年からお雑煮だけは作るようにしたわけで。
…が実際問題実家の雑煮のレシピとか聞いたことないのでw
自力でいろいろ調べて『僕が食べてた雑煮』を再現しようというプロジェクトが始まり、なにげに去年は近い味が出来上がりました。

そのレシピを……ブックマークしとくの忘れましてw
今年はまたしても一からのスタートでしたw
なのでもう今年はざっくりレシピを記しておこうと思いますw


大晦日の夜寝る前にまず雑煮のお汁を作ります。
お水に昆布をぶち込み、テキトーな目分量で本だし(顆粒)とさらに昆布茶を投入。
醤油と料理酒を加え味を見ながら塩で味を整えて、汁は完成。
出来た汁に皮を剥き扇形に切った大根と小口に切られた鶏肉をぶち込み、ひと煮立ちしたら火を止めます。

ここで就寝。

翌朝。
改めて鍋に火を入れている間に別の鍋でほうれん草を火を入れます。
鍋に水と塩を入れて沸騰したらほうれん草を茎の方から入れ、葉が緑に色づいたら鍋から上げて覚まします。
覚めたらほうれん草を絞って食べやすい大きさにカット。

続いてお雑煮の主役・モチの準備。
弱火にして網でモチを焼きます。

14010401.jpg
早く焼けないかなー♪

そろそろ焼けるな…と思った頃に、汁の鍋に先ほど煮たほうれん草を入れて温めなおし。
二日目からは多めに煮ておいて冷蔵してあるほうれん草を温めることになります。

14010402.jpg
あったまるぅー♪

途中でかまぼこも入れ、温まったな、と思ったらお椀におもち・大根・ほうれん草、かまぼこの順で盛りつけて…完成!


14010403.jpg
間島さんちのお雑煮!!

前述の通り実家のレシピは聞いたことがないので完全に我流ですが、出汁がしっかり効いてほんのり醤油の香りが漂うお汁に大根・鶏肉・ほうれん草・かまぼこといったシンプルな食材で出来たお雑煮。
実家で食べてたものと大差無いような形にはできてると思うんですが…秋口に帰った時に食べた餃子のことを考えるとだいぶアレンジ入ってる可能性が高いですがw
結論としては僕好みで美味しいのでとても正月気分を満喫していますw


やっぱ正月はおもち食べないとね♪


ごはん |

四分儀に愛を込めて

1月4日はしぶんぎ座流星群。

…天体現象なので若干の誤差はありますがw
だいたいこう覚えておけば間違いはない、それが『しぶんぎ座流星群』。

我々天文部の星はじめのイベントとして使われることが多いこの天体現象、今年ももちろん…行って参りましたよ!!

今年の極大は1月4日の午前4時。
しかもコンディション的には月も沈んで良いコンディションが整っている!!
これは行かない手はないぜ!!
ということで、事前にメンバーを募り集合時間を合わせ、3日の夜にみんなで集合してどの方角に行くか会議。
ちなみにお天気サイトによるとどこに行っても雲が出ているようで状況としては似たり寄ったり。
一応『日付が変わって少しした辺りから晴れ間が見える』みたいな予報だったようですが…つまり判断基準として使いやすい『雲の流れ』がまったく読めないのです…どこも曇ってるからw
間違えた方に行けば最悪「残念、そこだけ曇ってましたー☆」なんて事も有り得るので慎重に行きたいところですが…まぁ新年一発目の星見ということで当たるも八卦、当たらぬも八卦となんとなくフィーリングで行く方角を決定w
二台編成で車を走らせたのです。

途中立ち寄ったサービスエリアで空を見上げると…やはり曇り。
ちらほらと星は見えてるけどほとんどが0等級の明るい星ばかり。
見えないことはないけど全体的に薄い雲が空を覆ってる、といった感じ。
あまり期待がかけられる状態ではありませんがここで引き返すのもMOTTAINAI!望みは最後まで!ということでそのまま歩を進めることにして、いざ星見スポットへ。

そしてしばしの後目的地へ到着。
空は…やはり薄雲は見えている状態。
サービスエリアの時に比べればちらほらと抜けている部分もあるようですが、それでも空の7割くらいは曇ってなにも見えないような状態。
これは…どうする!?
とここでまたみんなで会議w

…天文部はすぐに会議をしますw

結論としては『20〜30分待ってみてダメそうだったら引き返そう』ということに。
と少なくとも20〜30分は外で待機せねばならない、ということがわかったので、ここでガチガチの防寒装備を装着w
それまで都心で着てるような防寒で10分くらい見上げてたんですげー寒かったんですよねw

そして待つことしばし。
空は一向に良くなる兆しを見せず、一進一退といった感じのまま待たされる…んですが、抜けた雲の隙間から突如流れる流星が見えたりして。
その都度上がる「おお!」「見えた!」の声。
これは…もう……いるしかないでしょ!!
ということであまり良いコンディションとはいえないもののカメラ組はカメラのセッティング開始w
観測班も床に敷くシートを引っ張りだして観測体制に入りました。

そして……気づけば4時間w

防寒もしっかりしたせいか長く外にいてもあまり苦にならず、空を見上げてたらいつの間にかの4時間でした。
つってもその間一度も雲が空から消えることはなく。
かといって全天が雲に覆われる、といったこともなかったため4時間もいたわけですがw
隙間から見える流星をひたすら楽しむ、一風変わった星見を体験して参りました。
大勝利、とはいえないまでもそこそこの勝利を収めた良い星はじめだったのではないでしょうか☆




ちなみに見られた流星の数ですが。

長くいたってのもありますが、コンディションの割には比較的多めの36個もの流星を観測することが出来ました。
なんとびっくり…歳の数と同じ個数の流星発見w
数え終わって気づいた時には『節分か!』と突っ込みたくもなりましたが、今年が年男であることに対する神様からの小粋なプレゼントだったのかな、と。

新鮮早々幸先の良い星見会でした☆
近々また行きたいぞー、星見!!

星見 |
| ホーム |次のページ>>