マジP!

間島淳司の日常をプロデュース!!

トリック・オア・トリート!

日時的には一日過ぎてしまいましたが、10月31日はハロウィンでした。


…てか僕らが子供の頃ってハロウィンなんて習慣なかった気がするんですが…コスプレしてパーティなんてこと自体やった記憶ないし。
調べてみると日本においてのハロウィンは1970年代にキディランド原宿店が店頭販売を開始したあたりからだそうで。
日本初のハロウィン・パレードが行われたのが1983年のこと。
そっからだんだんやるところが増えてきたようで、1997年頃からJR川崎駅前だったり東京ディズニーランドだったりでハロウィンの催しが行われるようになったんだとか。
定着しだしたのは多分この頃なんでしょうね…97年っつったらもう養成所通ってたもんなぁ…そら最近なイメージなわけだw

そんなハロウィン、元々は古代ケルト人が毎年10月31日に行っていたお祭りで、秋の収穫を祝ったり悪霊退散!的な感じの宗教的意味合いを含んだ行事なんだとか。
ケルト人にとって1年の終わりは10月31日で、この夜は死者の魂が家族を訪ねてやってくる、と信じられていたそう。
が同時に悪い精霊や魔女が出てくるので、それを追い払うために行っていた魔除けの儀式的なものがハロウィンの起源。
ケルト人にとって10月31日は大晦日であり且つお盆でもある感じですね、日本人的に言うと。

海外の宗教的行事であるが故に日本では馴染みが薄い部分も強いんでしょうねー。
現代もあくまでお祭りとして、宗教的意味合いを含んだハロウィンやってる日本人なんてほとんどいないでしょうけど。
日本人ってホント…無神論者多いですよねw

さてハロウィンといえばトリック・オア・トリート…お菓子くれなきゃイタズラするぞ!なわけですが、考えてみりゃ恐ろしい習慣ですよねコレ。
家を訪ねてきた見知らぬ子どもが「トリック・オア・トリート!」つったらお菓子を渡すか悪戯されるのを指を加えて見てるしかないだなんて…なんという屈辱w
現代社会にそんな習慣が定着しようもんならうちにも見知らぬ子どもが…とか考えると空恐ろしいところですが、現代日本において見知らぬ家に突撃して許されるのは隣の晩ごはんのヨネスケさんくらいのもんでしょうから安心ですw

お子様はそういう楽しみ方で、各家を回って集めてきたお菓子を持ち寄ってパーティしたりするのが海外流の子どもハロウィン。
大人はといえば、お菓子はもらえませんからそうなると…コスプレですよね。
ちょっと前までは街を歩けば様々なコスプレ衣装が売られていたりしてましたが、アレいっつも不思議だったんですよねー、なんでいちいちちょっとエッチなコスプレばっかなんでしょ?
ネットを使って『ハロウィン コスプレ』とかでググっても、胸元バックリ開いてたりやたら丈が短いスカートだったりと、やっぱちょいエロが主流。
…でも実際そういうちょいエロな衣装着てる人は見たことないんですよね…どうなってやがるw
まだまだ定着していないからこそ、海外でよく見られるような衣装が売られてるってことなんですかねー?


それとも僕の知らないちょいエロコスプレばっかりのハロウィンパーティがあるとか…?

子どもの僕が「トリック・オア・トリート!」つって扉を開けると中から超セクシーな魔女のおねーさんが…

「ボク…イタズラって…どういうことしてくれるの?」
「え…えっと……」
「あら、真っ赤になってカワイイ♪」
「ぼ…僕……僕ァもう!!(ガバッ)」
「あぁん☆」


その時…子どもだった僕は大人になったのです。

妄想は尽きませんな、エロいお姉さん万歳w



ちなみに今年のハロウィンは仕事終わってそのまま帰り、家で台本チェックしてましたが何か?(涙)
誰か…気分だけでも僕にハロウィンを…エロいコスプレを…誰かプリーズ!!w

スポンサーサイト
ネタ |

ザ・フール

今日は皆様に謝罪せねばならないことがあります。
私間島淳司、36年生きてきてこのような屈辱と憂き目に遭うということがあるとは思いませんでした…まさか…まさかこんな…大切な皆さんに”嘘”を吐くことがあるなんて…

別に嘘を吐く気はなかったんです。

それをした時は本当にそうなると思っていたし、悪気も意図も何もなかった。
でも…結果的には、嘘を吐いてしまった……
嗚呼、僕は嘘つき。


昨日のブログにて。
僕はこう言ったと思います。

『ちなみに今年のハロウィンは仕事終わってそのまま帰り、家で台本チェックしてましたが何か?(涙)
誰か…気分だけでも僕にハロウィンを…エロいコスプレを…誰かプリーズ!!w』


ところが実際は……こう!!


14110201.jpg
宝田に捕まりましたw

予約投稿が引き起こした哀しい事件ですね…家にいたら呼ばれちゃったんだもん、飲みに。
呼ばれたら行くでしょ?で書いたことと現状に違うところがあることに飲んでて気付いたよねーw
ま楽しかったからいいんですけどw

ちなみにこの日は僕の中でいいことも起こりました。

前に鈴木区メンツで飲んでた時に佐藤さんがやってたことを、なんとなくうろ覚えで実践してみたんですが…上手に出来たの!!

14110202.jpg
サンマほぐし!!

いつもは半身食べたら骨外してもう半身、みたいな食べ方だったんですけどこのほぐし方だといきなり骨をブチ抜く事が出来るのです!すげぇ!!
「どういう原理かわからんけど佐藤さんすげーなー」とか思ってたんですがやってみたら意外と簡単。
一回サンマを起こして、背中側から箸でこう…グッグッと押して、身と骨を離してやるのです。
そんで骨を引っ張ると…ズルリと骨だけ外れるという方式。
思った以上にキレイに取れるんでやったこと無い方はサンマが店から消える前に是非一度チャレンジをw

そして僕がサンマに夢中になっている間に宝田くんはといえば、デザートに夢中でしたw
彼、お酒あんま飲めなくて好き嫌い多いんですよねー、魚とか食べないし。
でも毎回デザートは必ず食べるの。
甘いモノは好きみたいですw
この日もデザートを注文しようとタッチパネルを操作してたんですが、ある一つのデザートに僕らは惹きつけられてしまいました。
その名は…クレームダンジュ。

…なに……それ?w

調べてみたら何の事はない美味しそうなデザートだったんですが、普段デザートなんて食べない僕はまったく意味不明w
クレーム…は…たぶんクリームのことだとして『ダンジュ』ってなんじゃい!w
ダンジュ…ダンジュ……ダメだカブキ団十郎しか出てこないw
宝田くんもきちんとわかってはいないようだったので注文することに。
そして出てきたのは……

14110203.jpg
これ。

な……なにこれー!?なにこれ!!
メニューに載ってたビジュアルとだいぶ違う感じに戸惑う大人二人。
宝田くんは

「なにこれ!オムツ出てきたんですけど!!!w」

と大騒ぎw
オムツ…ではないと思うよw
でもめくったら豆腐が出てきそうなこのビジュアル、奥に見えるケチャップにしか見えないドロドロした液体。
コレは…一体……(ごくり)
だが我々も大人、ここは勇気を持って『食べる』一択っしょ!!

14110204.jpg
はい直人くん、あーん

ぱくり。
もぐもぐ……

14110205.jpg
「あ、淳司コレ美味しいヤツだ♪」

ご 満 悦 で あ る w 

結局今日も楽しい飲みでしたw





ちなみにハロウィンの日に街に出たのにエロいコスプレの人には会えずじまいでしたよ。
どうなってやがる…なんでそんな日に男二人で飲んでんだちきしょうw

遊び |

我らが団ハンター!!

ふふふ……救ってやりましたよ……村を。

何の話ってもちろんモンスターハンター4Gの話ですよ旦那w

今作もみんなインターネットの通信プレイを好む人が多いらしく、リアルに会ってプレイしたい派の僕はあまりパーティプレイを出来ておりませんでw
ゼロではないにしろ限りなく少ない狩り会で得たG級素材は武器の強化につぎ込み、バリバリファイター的な選択肢を選んでおります。
防具も作りたいんですけどね…スキルの問題がありましてね……高防御力よりも使い慣れたスキルを用いて華麗にクリアしていくスタイルをチョイスしました。

結果的にG級行くと2発食らうと戦闘不能になりますがw

てなわけで一人でのプレイは村を中心に進めてたわけです…決して日和ったわけではなく!
前に『村クエ進めないと出てこないアイテムありますよ』とか言われたし!だからだし!!w


今回の『4G 』は、村クエに関しては若干短めな印象。
やっぱG級クエがメインになってくるってことなんですかね…その分ストーリーが面白くて先が見たくて進めてしまいましたが。
ラストに古龍の襲撃を持ってくるところとか、ドンドルマの街のみんながひとつになっていくとことかすっごい良かった。
そして最後……広がる青空。
嵐が去り広がる空と街の人々の心の晴れやかさを引っ掛けたセリフ回しとか普通に感動出来るものでしたねー、思いましたもん、『この街を護れてよかった』ってw

またラストのクエストは今までにないカタチの進め方でまるで違うゲームのようで面白かったです。
ゴリゴリ敵に攻撃しかけてもいいんでしょうけど…てか実際一回行ったんですけどw
「弾の装填が終わったぞ!」とか「◯◯の高台に行くんだ!!」とか、周りで動いてる仲間たちの指示がすごいんだもんw
てかドンドルマの街って昔っからモンハンやってる人にとっては懐かしいんですよね…たしかPS2の『2』の時に出てきた集会所の街がドンドルマで。
当時は古龍種の襲撃は時間制で、日曜日の10時から翌日同じ時間まで24時間限定、みたいな感じだったんで、古龍が来ると寝ずに夜通しテレビに張り付きモンハン、みたいな生活送ってましたもんねー、若気の至りw
そんな想い出の街を、時を経て防衛出来たのはハンターとしての誉であります。


さ、というわけで村もクリアしたのでこっからは本腰入れてG級クエに挑戦していこうと思います!
現在ちょこちょこ手伝ってもらった結果G2まで進んだ状態。
こっからは…さすがにスキルも大事だけど防御を固めて攻めて行きたいところ、

たぶんね、今の装備だと一撃死するしw

まだまだやり込む要素が多くて、僕達の狩猟生活はまだまだ終わらないぜ!!




ということでそろそろ誰か手伝ってくださいw

モンハン |

裏・海超波ラヂオ

タイトルが意味がわからない!!w

昨日は『MARINE SUPER WAVE R 2014』で御座いました。
通算4年目…『まじポン!』としては3年目の今年でしたが今年も楽しいことがいっぱいのイベントでした。

やってることはOPEDと参加三番組の各コーナー1つずつのはずなんですが、気がつけば2時間とか経ってるという超ボリューミーな内容!
各番組それぞれの個性あふれるコーナー、そしてそれに参加する個性豊かな面々…
気心も知れてるメンツなのでまたヘンな安心感があるんですよね、『こいつらとならなんとでもなる』みたいなw
今年は裏方として新番組『天才軍師』さんもいろいろお手伝いしてくれていたようですが…どこで手伝ってくれたんでしょうね(すっとぼけ)

ちなみにその謎は2015年の春先に解けるらしいという噂ですw


といったところでざっくりと振り返りっつーか感想をば。


昼夜2回まわしのイベントって演者的にはなかなか体力を使うものでして…特にこのMSWRは各コーナーが頭を使わないとおもしろくならないものも多くて大変。
その分楽しいんですけど大変は大変w
でも大変って感じないのはやっぱ”絆”ってヤツなんでしょうね…見てるとわからないレベルで裏側ではミスとかアクシデントも意外とあるんですが、何が起きても対処できるであろうという安心感…それがMSWRの強みなのかな、と。
他の番組はいうに及ばず、『まじポン!』に関しても振ればなんとかしてくれるカリスマ☆ラジオモンスター菅沼久義がいるので僕は安心してMCに撤せられるわけで。
役割分担とは本当によく出来た言葉ですw

そして昼の部『クイズ!菅沼久義はどれ〜!? 2014』ではいろいろ事前に小道具を用意しました。
タイトル通り様々なモノの中から「菅沼久義のものはどれか」を当てるコーナー。
写真撮るだけで終わるものもありつつ手間のかかるものもありつつ…イベント前最後のまじポン!収録の際にスタッフさんからは「(当日)入ったらまず玉子焼きを作ってください」という謎指令を受けていました。

朝と呼ぶにはいささか遅い昼前の時間帯。
会場入りした僕にスタッフさんが言ったのは「間島さん玉子焼き」でしたw
言われてたけど…なんかしっくり来ないこの感じ。

なによイベントしに来てまずやることが『玉子焼き作り』って!おもしろい!!w

異論を唱えること無く「はーい」と卵焼きを作り始める僕(従順)。
実は卵焼き作るのなんて前に出汁巻き玉子作って以来くらいのこと。
なんとなーく当時のことを思い出し、目分量で適当に作っていくと……

14110401.jpg
あれ?思ったより……

14110402.jpg
上手にw

記憶って…すごいですねw
前作ったときはなーんかウマく行かないなーと思ってたんですがそういや前の時は使い古したフライパンでやってたんでした。
卵焼き専用のフライパン使うとこんな簡単なんですね…見栄え的には上手に出来たかと。
味は…なにぶん目分量だったものですから塩味が濃かったようですがw
しょうがないじゃない…起き抜けで卵焼きの気分じゃなかったんだからw

すがぽんもチャレンジしてましたがなんか上手く行かない感じ。
卵割った直後の段階で既に

14110403.jpg
「あれ、殻が…」

と悪戦苦闘。
パネラーのみんなが正解出来たかどうかは春先に発売されるであろうDVDをお楽しみにw
他のものもみんなで収録終わりに準備しまして、手相の写真を撮ったり2Dで使う音声録ったり。
あと我々だけでは人手が足りないので

14110404.jpg
番組Dに書道をお願いしたりしましたw

Dに夢中で画像的には写ってませんが目の前でメーカーPが見守ってて、それが書道の先生と出来の悪い生徒みたいでおもしろかったですw

…手伝ってもらったのにごめんなさいw

他番組のコーナーでも、クジ引いて理想の彼女作って告白したり、サンプラー叩いて恋の邪魔したりだるまさんがころんだで会場中うろついたり。
他のイベントでは出来ないようなことをたくさんやって非常に楽しく充実感のあるイベントでした。
いやー楽しかった出しきった。


その結果。
イベント終了後に

14110405.jpg
出しきって出涸らしになった菅沼久義さんw

もう…表情から「もう〜今日はね、疲れたよ〜」とか言ってるのが伝わってきますよねw
すがぽん並びに他の演者のみんな、裏で暗躍してくれたすべてのスタッフさん。
本当にありがとうございました。

そしてもちろん、会場に起こしの皆々様。
ご来場誠にありがとうございました☆
貴方達は…絶対に、得をしている。
そのくらい面白かった!!



また!来!!年!!!
祭り事 |

鬼!!(頭高)

盛況のうちに終わったMSWR2014。

今年もいろんな企画をやりましたがなんといっても印象的なのは『だるまさんがころんだ』。
去年『MSWR2013』でもアウトロー学園のコーナー企画として実施したんですが、今年も内容をリニューアルしつつ実施。しかも昼夜2回。
お昼はくじ引きでスタート地点を決めゲームスタート。
でそのスタート地点が客席両サイド、後方にある4箇所の扉と2階席の通路2箇所という仕組み。
夜は舞台上から2階席にいる鬼を捕まえに行く仕組み。
…が2階席に行ってみるといつの間にか鬼は舞台上に移動していて…もっかい戻らないといけないというトリッキーな仕掛けが用意されていました。

基本僕らは舞台上にしか現れないわけで、後方のお客さん、さらには2階のお客さんにとってはすっごい遠いわけで。
でもこの方式を使うと遠くのお客さんも近くに見られるし、僕らもより近い距離で皆さんに接せられるのでいいことずくめなわけです。
そして…今年もやってやりましたよ、だるまさんがころんだ中に写真撮影!!w
去年もやってたのを皆さん知ってるからか、『写真撮られる=ブログに載せられる』とわかっているのに顔をそむける人はほとんどおらず。
なんだったらこっち向いてピースしてる写真の多いこと多いこと…!
わかったよ…お前らがそういう感じならこっちだって容赦しねぇ!

載せてやんよ全部!!w

とはいえゲームしながらで撮影に適したコンディションではなくブレてる写真も多かったので、無事だった写真だけ載せて行きますね。
「私写されたのに載ってない!」という人は残念ながらブレてたと思って諦めてください…w


ではまず昼の部から。

14110501.jpg

14110502.jpg

14110503.jpg

だるまさんがころんだの特性上、止まってる時にしか撮影は不可能。
且つ止まってるが為に腕の角度とか変わったら「間島、アウトー」と言われてしまうため、同じ場所からの撮影が重なってますw
しかもこの時近くに鬼の仲間・お邪魔黒子が現れたんですよねー。
で邪魔されつつも撮ってみたら

14110504.jpg
なぜか黒子だけブレよるwww

さすが黒子…影に生きるその姿はさながら忍者のようw
ちなみに画像が小さいのでわかんないかもしれませんが、元画像はもっとデカいので意外と遠くの人までお顔が確認できてます、画像保持者の僕にだけはw

そして夜の部。

14110505.jpg

14110506.jpg

14110507.jpg

14110508.jpg

14110509.jpg

1枚目は2階席、あとは1階席の様子ですね。
てかみんなのピース率…嗚呼日本人w
でもすげー楽しそうw
もちろん客席には他のメンバーも散らばってるんですけどね…カメラ見てピースするよりそっち見た方がいいんじゃねぇかって気もしますがw

そしてそんな他のメンバーですが。
やたら刀を持たせた為やたら僕を切りたがる剣客に成り果てたあの男の姿を撮ることにも成功しました。

14110510.jpg
人斬り抜刀斎…いや、

14110511.jpg
寺島拓篤だ!!w

一枚目はたまたま目の前で繰り広げられた惨劇を撮影したものw
寺島くん…キミは客席で何人の仲間を切り捨てるのか…なんか立ち姿がムダにカッコイイしw
あ、ちなみに切られているのは御曹司改め、夜の部限定高御曹司さんですw
昼夜でヅラ変えた結果ジ・アルフィーの高見沢さんみたい、と楽屋で盛り上がった結果この名前になった様子。
「たかみそう つかさ」と読むそうですw


というわけで最大限楽しんだだるまさんがころんだ…ですが、ゲーム的なルールは守ってたものの撮影に夢中でちっともゴールに近づけず。
結果だるまさんがころんだを利用してブログ用の写真を撮りに客席降りただけとなっていましたw
なにしてんだ僕は…楽しかったからいいけど。

ということで写真を撮りまくったわけですが、どうせなら客席に溢れるニーハイにターゲットを絞って撮れば良かったなと後から気づきましたw
ほとんど後ろアングルから撮ってるもんだからまー写ってないこと…なにしてんだ僕w

来年はリベンジしたいと思っています。
待ってろニーハイ!!w
祭り事 |
| ホーム |次のページ>>