fc2ブログ

マジP!

間島淳司の日常をプロデュース!!

ユニバァァァス!!

『ホンマでっかTV!』見てたんですよ。

今週のは生物学の池田先生が子どもと動物園回って『子どもと動物園行った時にヒーローになれる雑学』っていうのと、評論家軍団が心霊、というものを科学的に説明する、という2つの軸でお届けする内容になってました。

どちらも実に興味深かったんですが、心霊とデジャビュに関する話とかが印象深かったのでまずそれから。


子供の頃、うちの家族はよく旅行に行く家庭でした。

春先になるとわらびを採りに山に行ったり、潮干狩りに行って採ってきたものを母親が調理してくれて家族みんなで食べたり。
夏になれば海にもキャンプにも行くし、もちろん折々におばあちゃんの家に遊びに行ったり。
そのすべての移動手段は電車ではなく父が運転する車でした。
三半規管が弱いのか嗅覚の問題なのか、仕事でも使っていた父の運転する車は車内にタバコの臭いが染み付いていて、長時間車に乗っていると気持ち悪くなるんですね。
子供の頃は『家族で移動』が当たり前だったので車内では鼻ではなく口で呼吸をする!と決めていたりしたんですが、大きくなるにつれて「あれ、別に絶対じゃないじゃん」と気づいて「いってらっしゃい」とか言う側になっていったんですが……その過程、子供の頃。

酔いやすい僕は後部座席で横になってることが多かったんですね。
気持ち悪いし横にはなりたいけどまだ家には着かない。
だから横になったまま窓の外…つまり空を見上げてることが多かったんです。

ある時家族旅行で遠出をして父が運転する車の後部座席で横になっていた時。
田舎の方から戻ってくる窓の外の景色には山が見えていたんです。他には高速道路なのか高架みたいなものが視界に飛び込んできて。
その瞬間(あれ……この景色知ってる?)ってなりまして。
その後に母がどう言うとか、それに対して姉がどう返すとか、せいぜい2〜3言くらいのことでしたけど覚えていた通りのことが展開されることがけっこうあったんです。
他にも別の機会、子供なんでどこだかわかんないですけど鯉に餌やれるところで餌やってる時にも「あれ…ここでのこと夢で見たことある!?」とかなったこともあったりして、心霊はともかくデジャビュって信じるタイプだったんです。

大人になってすっかりそういう感覚も覚えなくなり『ああ、ああいうのはピーターパン的な感覚なのかな』なんて思って忘れてたんですけどTVを見ていて「そういう現象は科学的に説明がつく」と言い出したわけです。

もうね、おじさんオコですよw

科学だかなんだか知らないけど人の過去の思い出深い尊い記憶をぶち壊すんじゃねぇと。
科学なんてものは何も知らない子供の頃の記憶をぶち壊すものなんじゃねぇかと。
僕は霊は見えないけどデジャビュはある、と、子供の頃のこの体験があるからこそ信じてたんですけど…そう思ってはいたんですが…「そんなはずねぇだろ」とそのまま見てましてw

なんでも『類似性というものに敏感になりやすい人はデジャビュを見やすい』と。

近しい状況を目にすると人の脳は「あれ、これ見たことある」と誤信号を送る…みたいなことだそうで、そういうことが起こりやすい人と起こりにくい人がいるんですって。
言われてみれば子供の頃はよくあったのに大人になったらそういうのがなくなって、すっかり見なくなったんですけど…そう考えると脳が硬くなってきてるのかなぁ、とか思ったりして。
そんな事実に気づかせるんじゃねぇと変に憤ったりしたわけですw

もともとそういう感覚がなくなってきてるのでもうショックがどうとかはないですけど、改めて突きつけられるとなんか損した気分になるというか…いらんこと知ったな〜、という気持ちになるわけでw
こっちに関しては『失敗したな』と思ってたのです。


でこっちはおもしろい話だったんですが、宇宙がらみの話。

宇宙って『ユニバース』っていうじゃないですか。
ユニ、って元々はラテン語で「ひとつの」って意味なんです。
ユニバースってのはもともとでいえば「回転してひとつになったもの」という意味だそうで、地球の自転とかそういうものまでひっくるめて総称として『uni』『vertere』なわけですね。
ただ心霊まで説明しようとするとこの概念が邪魔になる、と。
もともと「uni」がついてる時点で『ひとつの』ということで考えようとする前提があるんですが、現代の宇宙の考え方では宇宙はもっとマルチタスクであるというか……ユニバースではなくマルチバースだったり、オムニバースだったりするんですって。わかんない人は調べてくださいw
要は…宇宙は一つではなくいくつもあるってこと。
幾つもある多次元宇宙が何層にも重なることで、多次元宇宙への扉がどこかで開き、それを感知できる人が見る”異次元の存在”が霊現象なのではないか…という説。
これってちょっと夢を残しつつ、霊現象にも言及する説だと思うんですよね。
別に霊がいて欲しいわけじゃありませんけど、高度に科学が進みすぎた現代で”説明できない事柄”ってのがあるってのは『素敵なのりしろ』だなぁ、と思うわけです。


かたや動物のお話のほう。
これもまた僕のテンション上げてくれましたねー。

キリンの発情期の話だったんですけど、キリンって奥さんを探すときにまずオス同士がケンカするんですよ。
ケンカした結果強い方がプロポーズの権利を得られる、という…弱肉強食の自然界にふさわしい決め方をしてるわけですが。
昔音声ガイドの仕事をした時にこの辺の話は知ってまして、例えば『ケンカの方法は首と首をぶつけあって戦う』とか『中には戦いの結果首を折って死ぬヤツもいる』とか『そもそもキリンの首の骨は、人間と同じ7つ』とか……
最後のが一番以外でしょうが、骨の大小はあれど哺乳類の首の骨の数は7つと決まってるんですって。
そんな感じで知ってる情報と知らない情報が入り乱れてたんですけど…そこにすさまじいキリン情報が飛び込んできたのです。

その首のぶつかり合いのケンカに勝ったキリンさん(オス)。
彼らはどうやって自分にふさわしいメスを決めるのかという方法がすごいんですよ。
その方法とは……



おしっこを舐めるんですってw



ひょえぇぇぇぇぇなにそれwwwww

とか人間では思ってしまいそうですけど、キリンのメスのおしっこには発情ホルモンが含まれていて、勝ったオスはそれを舐めることによって「こいつは良い子孫を残してくれそうだ」みたいなことを判別するんですって。
いわゆるフェロモンですね。
発情ホルモンが入ってないメスと交尾をしても子孫は残せないわけで、鼻と喉の奥の方にはフェロモンを感知する器官があるらしく、尿を舐めることでそのフェロモンを感知する器官が『こいつは今発情期ですぜ』と教えてくれるんですって。
でそこに反応したメスと交尾をして子孫を残す…と。
自然界は本当によく出来てるなぁ…と思ったんですが、この話にはさらにオチ(?)がありまして。

キリンにおける発情ホルモンを感知する方法は『おしっこを舐める』ですが、こういう器官は人間にもついてまして。
その方法はおしっこを舐める、ではなく……キスをする、なんですって。
キスをすることで唾液の交換が成されますよね?
その相手の唾液を感知することで同じような効果…相手との相性を感知しているんだとかなんとか……

人間って、ホントよく出来てるなぁ…と。
女の子ってよく『好きな人としかキスはしたくない』とか言うじゃないですか。
その気持ちはよくわかるんです。キライな相手となんか僕だってキスはしたくないw
でも…嫌いじゃない相手だったらキスくらいだったらしてもいいかな?とか思う僕もいるわけですよ、男の子だしw
でもこういう話って女性より男性からの方がよく聞くんです。
「女の子とキスは?」「したい。」みたいな。
逆に女の子は
「男の子とキスは?」「好きな人なら。」と、キスの前に相手を選ぼうとしてるんですよね。

この考えが、先述の考えでいうならば『唾液の交換で相性を図ってる』ってことなのかなー、と。

男はたくさんの相手とキスをしたがるのはより相性のいい相手を探そうとするからであり、古い考えでいえば自分の子孫…優秀な遺伝子をより多く残そうとする名残でもあるわけで。
女は子孫を残す上では一人の優秀な男を見つけられれば良い、という違いが、こういう細かいところに出ているのかな、なんてことを思ったわけです。


つまり。
つまりですよ?
僕らはたまたま人間なんでキスで済んでますけど、もしキリンだったら貴女は恋人におしっこを舐められるところから恋が始まるというわけですw

この事実を突きつけられた時に僕は思いましたよね…

キリンじゃなくてよかった、とw

だっておしっこ舐めないといけないんでしょ?
おしっこは…ちょっと……相手も嫌がるだろうし僕も排泄物に興味はないから……でもそれで発情ホルモンがわかるから、と言われたら……ワンチャン……w
あ、でも僕キリンじゃないからわかんないかw


ただそれと同時におしっこ舐めるとかなんか興奮したという事実は伏せておこうと思いましたw


自然界ってまだまだ不可思議なことがあるなーと思いましたとさ☆w

考察 |

ビール祭

最近頑張りすぎて周りに「…リア充?」という疑惑をかけられている・間島淳司です。

リア充じゃないよ!人生を楽しんでるだけだよ!!(ロウソクの燃え尽きる感)


そんな中ちょっと前に浴衣もう一回着た話をしようと思います。


以前後輩に浴衣を選んでもらった、という話をしたと思うんですが。
もちろんその日は楽しかったし浴衣で飲みに行ったのも最高の良い思い出だったんですが…やっぱ浴衣っつったら…飲み会ってか”祭”じゃないですかw

そこで!
また後輩とっ捕まえて「浴衣で遊びに行くぞ!!」って会を興してやりましたよ!!w

今年浴衣を買ったオッサンが言い出した、みたいな話なんですが、面白いもんで女子は女子で『浴衣を着る機会』を探してるんですって。
ざっくり「浴衣来てどっか遊びに行きたい」みたいな言葉を上手に拾ってくれた仲間(主に後輩w)たちがいろいろお膳立てを頑張ってくれまして、みんなで浴衣でお出かけする運びと相成りました。

行った場所は…ここ!

15082201.jpg
阿佐谷七夕まつり!!

昭和29年から連なる歴史ある祭。
いつもある商店街の天井にはお店、個人、様々な人が作ったハリボテが吊り下げられている…それはある意味お祭りならではの空間。
ハリボテ…は……おもしろいのいっぱいあるんですけど個人的に版権問題とかすげー気になるんでうちのブログでは取り上げませんがw
それよりも浴衣を着た男女が街を練り歩くということの方が大切なわけですよ!!

15082202.jpg
浴衣男女☆

全部が全部うちの後輩ってわけではありませんが、この会に呼応してくれた仲間たちが集まり、阿佐ヶ谷という土地に一つの彩りを添えます。
…とはいえそういう感覚でいらっしゃるのは我々だけではなく他の方々もそうで。
会場は浴衣だったりそうじゃなかったりの人々でごった返し。
言い方は悪いかもしれませんがイメージとしてはもっと寂れてるのを想像してまして、ゆったりと浴衣で回れる会を想像してたんですがなかなかそうもいかず……
途中一緒に来てた女の子が、混雑による他者との接触により帯が解けてしまうというアクシデントに見舞われたりして。
幸いその子は自分で着付けが出来る子だったんで事なきを得たんですが……浴衣で混雑した場所に行くことを計画してる方はその辺もお気をつけ頂きたい。

ヘタしたらアンタ、布一枚だよ!!w

日本の技術と帯というもののありがたさを垣間見る一瞬でしたw

そんな中。
少しでも祭り感を味わいたいと思った一部の人間は「祭りの場で何か買い食いしたい!」という方向に頭が働いてた模様。
混雑してる商店街の中とある店を見つけてフラっと立ち寄り食べ物を購入。
他に「食べたい!」となる人々を見つけてその分一緒に買ってきて、モノが食べられるくらい安心できる空間を見つけて食事をしてました。
そのときに食べてたものが……

15082203.jpg
フランクフルト。

なんでしょう…なんでこの食品なんでしょう……こんなのアレですよ

人によっては妄想が捗るやつですよw

ダメだと思って妄想とか想像とか、間違っても創造とかはしませんでしたがw
なにより恐ろしいと思ったのは男女半々くらいでいたのに「フランクフルト食べたい」っつって食いだしたのが軒並み女子だったってことですよw
……コレ以上は妄想が捗るので心をフリーズしたいと思いますw


本来ならもっと長い間祭りを満喫したいところだったんですが帯解け問題とか混雑が凄まじいとかもありまして、商店街をひと通り見るだけで祭りは終了。
近場で店を見つけて『飲もう!』という流れになりまして、ごった返してる人々がいる中よくありそうな飲み屋さんに飛び込む我々。
アルコールを出してくれるお店は天使やで……w

15082204.jpg
浴衣で乾杯☆

幸い周りがお祭り一色だったおかげで浴衣の集団が押しかけてもなんの疑問も抱かれることなくw
普通だったらもっとお祭り楽しみたいであろう時間からじっくりしっぽり飲み屋さんで楽しい浴衣飲み会を敢行いたしました。
いいですね…普段と違う格好で飲み会。
一人だとおかしいですけどお祭となればみんなが浴衣着てくれますし。
男もなんか印象変わるけど何より女の子が浴衣着てるとすっごい可愛いですしね……眼福眼福。
”浴衣で遊ぼう”という会としては大成功だったんじゃないでしょうか。


ちなみにこの会の僕的ハイライトといえば、やはりお店に入ってから。
外を歩いてるときも祭の雰囲気とかいろいろ楽しんだんですけどどうしても人の多さに馴染めず…飲み屋に入り場所を確保してからの私の姿が…これだよ。


15082205.jpg
生……ビール!!!!!!!!!!


今年の夏は満喫しすぎてリア充呼ばわりされても仕方ないと思ってますw

あー!ビールが美味い!!w
後輩と遊ぶ会 |

そんなに出てないのにね

最近街を歩いていると肩出して歩いてる女性を多く見かける気がします。

別にだらしないわけじゃないですよ?w
襟ぐりの大きく空いた、いわゆるオフショルダーって服です。
今まで特に好きとか思ったこと無いんですけど最近はよく見かけるせいかけっこうお気に入りのファッション。
肩出てるのがね…なんともこう魅惑的にも見えるというか。
ノースリープとかもいいなーとは思うんですけど、コッチの場合肩よりも脇の方に意識が持ってかれがちなんですよね…見られたくないだろうから見ないようにはしてますけどw
同じ肩でもオフショルダーは脇には意識持ってかれないのでこっちの方が好みっだったりします。

自称ドスケベ…というか自他共に認めるドスケベであるところの僕としては、もっと露出の多い服の方が好みかと思われるかもしれませんが、僕の世界ではそういうのはあんまり萌えないんですよねー。
露出の究極系・全裸は全裸で好きだし見たいとも思いますけど『見たい』の理由が違うじゃないですかw
全裸はファッションじゃないし人前に出られる格好じゃないですしね。
それは2人っきりになった時とかに「間島さんなら…いいよ?」とか言いながら見せて欲しいヤツってか見せてくれるだけじゃ済まねぇヤツだぜHOOOOooooooo!!!!!(突然のテンションMAX)


…取り乱しましたw


見知らぬ異性の裸を見たい、という感覚はあまりなく(エロ画像は別w)、知らないならファッション的に好みの格好をしているのを見ている方が好きなのです。
なのでつまり、そこに露出はあまり関係ない。
上手に可愛らしい感じとかカッコ良い感じとか、体型とかも考えて似合う服装をしている人を見るのが好きですねー。

勝手なイメージですが、オフショルダーの服ってオシャレが上手な人が着てるイメージがあるんですよねー。
オシャレ上級者…まではいかないかもしれませんが、ファッションにも気を遣ってるオシャレ好きとかが着てそうな感じ。
気ィ遣ってるから素敵に見えるのかもしれませんが、にしても『肩を出す』ってヘタすると下品な感じになってしまいそうで難しいと思うんですが。
そうはならずに上手に清楚だったり可愛かったり、見ててイヤミのない感じの服装の方見るとドキッとしますよね。

で。
なんで肩見るとドキッとするのか、ちょっと考えてみたんですよ。
オフショルダーという服装自体が好きなのももちろんあるんでしょうし、着てらっしゃる方のファッションセンスによるところも大きいけど、やはり一番でかいのは『肩が出てる』ってことだと思うんです。
…すごい当たり前のこと言ってますけどw
肩って、冬場は見えないじゃないですか。
夏になったとしても、簡単にTシャツ一枚で過ごしてても隠れてる部位なわけで。
なんてことない関節ではあるんですけど「普段なかなか見ることが出来ない」部位であるわけです。
普段見られない場所…隠されているものを見たくなるのは人間の性。
ひとんちの冷蔵庫だったり本棚だったり、なかなか見られないものってなんとなーく見たい気持ちはわかるでしょ?
…わかっても実践したらダメだと思いますけどw
そういったものが肩にはあるんじゃないかと。

また女性でたまに「男性の鎖骨が好き」と言っている人を見かけます。
鎖骨なんて男だってもちろん好きだし、オフショルダーなんて着てくれたら鎖骨も見られるわけですよ、なにせショルダーがオフしてるんですから鎖骨もそら出るだろとw
男女ともにセクシーだと感じるパーツが、オフショルダーの服を着ることで自然と見られる素敵なファッションだということになるわけです。
もっといえば他の助成の素敵な部分…デコルテあたりも普通のシャツよりはイイカンジで見えるわけで、肩・鎖骨・デコルテと素敵パーツが3つも揃ってしまう必殺ファッションなんですね、オフショルダー…

ネットで検索してて「男ウケ抜群のモテファッション!」とか出てきたのがなんとなく頷ける話ですね、男の僕に抜群にウケてますしw


まぁなにより、なんでドキッとするのかと言われればその危うさにあると思いますけどね。
どうやって止まってるのか知りませんけどあんなん肩口掴んで下に下げたらズルっ!プルンばいーん!!ですよw

誰かやらせてくれないかなぁw



例によって「間島さんなら…いいよ?」って人募集しときますw
来ないだろうけどw

男女に関するアレコレ |

あえて試練を与えてみる

夏らしいことしすぎて書くの忘れてたんですけどw

7月のどっかで台風とか来てたじゃないですか?
あの頃の話。


あの日は『もうすぐ台風が来る!』みたいなタイミングで、外を歩いてると天気はいいのに風は強い、というなんとも不思議な天気の日でした。
朝から眠い目をこすりつつ仕事に行き、無事に終わった仕事終わり。
相も変わらず風は強いものの天気の方もこれまた相変わらず快晴。
雲ひとつ無い青空、とはまさにこのこと!みたいな気持ちの良い晴天。

別に意図したわけじゃないんですけどその日はたまたまスニーカーで。
天気が良くて、風が強くて、歩きやすい格好で。

こんな日に歩いたら人間はどうなってしまうんだろうという疑問が頭をよぎりましたw

ので歩きましたよねーw


15082402.jpg
見よ、この周到なスタイルをw

身軽で動きやすい格好ですが、手に持ってるお茶は現場で飲んでた残りなんでまったく冷たくありませんw
がそのくらいの方が健康にいい!(ポジティブ)

15082401.jpg
スタートは東日本橋。

見て下さいよこの空の水色を…超天気いいでしょ?
コレ見たら多少暑いけど歩いてみたくなりますって。
まぁ多少なんてもんじゃなありませんでしたけどw
歩き出した当初は『もう歩き慣れて来たし風もあるし、余裕なんじゃね?』とか思って歩いてました。

そしてほどなく歩いた時、ある事実に気が付きます。

焼けるw

この頃は連日最高気温を更新しているような時期。
歩くことには慣れてますが、空から照りつける太陽というヤツのパワーがトンでもなく上がってたんですよね……そらそうだ、13時とか14時とか、一番暑い時間帯に歩いてたしw
あいにく帽子も日傘も持っておらず、あまり肌が強い方でもないのでなんとなーく日陰を選びつつの散歩スタイルに変更。
まぁ焼け石に水でしょうけどw

この日がどのくらい暑いのかというのがなんとなくわかりやすい写真がありました。

15082403.jpg
鳩が日陰に居座るレベルw

てか鳩もですけど、日向と日陰を比べるとわかる、影の強さがやばいですね…なにこれ、闇?w
そら鳩だって日陰に避難したくもなりますよねー。

が僕はといえばその後も気にせずがしがし歩き倒し。
あまりに天気が良すぎて……

15082404.jpg
どこまで行っても

15082405.jpg
雲ひとつ無いのw

ああもう!写真の発色が綺麗!!w
この頃には一度吹き出した汗はあんまり出なくなってきましたw
歩いてると不思議なもんでね、歩き始めてちょっとすると止めどなく汗が出るんですけど、しばらくすると出なくなるんですよね。
但し歩いてる限りは。
信号待ちとかで止まるとまた汗が噴き出すんで歩くときはなるべくノンストップで歩きたいなーと思ってます。

そんな感じで極力止まることなく日陰を選んで歩き続けつつ景色とかも楽しんだりして。

15082406.jpg
読めない橋に出くわしたり

15082407.jpg
お祭りの神社通り過ぎたり

15082408.jpg
陸で干上がってるカッパ見つけたりw

いろんな景色を楽しみつつ歩いていると…ほどなくして目的地到着。

15082409.jpg
Shinjuku-Station.

あとでSiriさんに聞いてみたんですが東日本橋→新宿間は直線距離で10kmだそうです。
だいたい2時間くらいで歩けたので、まあ多少早歩きくらいのペースで移動してることになりますねー。
カロリーでいえばだいたい500kcalほど消費したとかなんとか。
そう考えると…なかなかの運動ですねw


とりあえず熱中症にさえ気をつければ夏でも運動散歩、出来そうだということと、人は汗をかき切ると一度汗が止まる、ということがわかりました☆w
また折を見て歩いてみたいと思いまーす♪
健康 |

6ショルダー+1テーブルクロス

6人の方から『間島さんなら…いいですよ?///』と言われてご満悦、間島淳司です。


マジか……6回もズルっ!プルンばいーん!!出来るのか…いや、一人一回とは限らないから6パターンとかんがえるべきか…すなわち6パイかw


ズルっ!プルンばいーん!!は別として、意外と多くの方から「タイムリーです!」と言われまして。
何がかといえば「ちょうどオフショルダーの服を買ったところ」なんですって。
…そんなことが…複数人にわたって起きるとか…ある?でもあるんですw
きっとそれだけ、女性から見てもオフショルダーの服って素敵に見えてるってことなんでしょうね。
良き哉良き哉。

さてそんなオフショルダーのズルっ!プルンばいーん!!問題ですが、何人かの方から回答をいただけたのでご紹介いておきましょう。

なんでも夏物なんかだとキャミソールやタンクトップが縫い合わせてあって一緒になってるんですって。
だからやってもズルっ!プルンばいーん!!というよりはズルっ!ビリッ!!ってことになるんだとか。
そんなの…ただ服を引き裂いとるだけやないかいw
対して冬物のニット地のものとかだとなにかが縫い付けてあるとかはなく、単体のものが多いんだそうで。
じゃあなんで止まってるの?という問題に関しては「オフショルダーの服は身体にフィットしているデザインのものが多いので」とのこと。
特に止める機構が付いてるわけじゃないけどフィットしてるから出っ張ってる胸のところで自然と止まるんだとか。

正直…やるならこっちかなと思っていますw

また別の方からは「襟ぐりがゴムで出来てるのでずり下がることはあまりなく、逆に動けば動くほどずり上がって行く」とのご意見も。
上がるせいで気がついたらオフショルダーではなくオンショルダー…つまり普通のカットソーみたいになってることもあるんだとか。
オフショルダーの意味無いじゃん!!w
とはいえそんな頻繁にズルっ!プルンばいーん!!なんてなる服着て外出るとか正気の沙汰ではなくなってしまいそうですしそれくらいの方がいいのかもしれませんが。

でもゴムってことはずり下げられるよね(淡い期待w)

またモノによってはそれ以上ずり下がらないようなサイズのものもあるんだそうで、ずり下げるというのは物理的に不可能かも…というものもあるんですって。
サイズでムリってことはこれまたズルっ!ビリッ!!てなことになりかねないのでムリは出来ないですね…「いいよ」という方はそういうのは着てこないようにw


ま、現実問題出来るわけないんだけどさw


最後は男性の方から戴いた意見がおもしろすぎたのでご紹介。

「肩口掴んで下に下げたらズルっ!プルンばいーん!!」の件を読んで「女体盛りテーブルクロス引き」というワードが浮かびました。

なwwwにwwwそwwwれwwwww

女体盛りってアレでしょ?
裸とか水着とかの女性を食器代わりにして料理盛り付けるアレ。
あの状態の女性をテーブルに寝かせといて、下のテーブルクロスを……ズルっ!ってこと?

なにそれたのしいw

いやー新しい単語聞いたわ…世の中知らないことがいっぱいだ。
一応これも「間島さんなら…いいよ?///」って方募集しときますねw
女体盛りの上テーブルクロス引きがメインになるとかハードル高すぎですけどw
男女に関するアレコレ |

片付けの鬼

うちには大量のDVDが存在します。


仮面ライダーを始めとする特撮が主ですが、それ以外にもラーメンズだったり内PだったりとバラエティのDVDも多数。
他にも自身が出演していた作品の完パケ…サンプル品を戴くことも。
自身の仕事を確認する意味でも必要なものでもあり、何年か経って続編やります、みたいになった時にどんな声でどんな芝居をしてたかを思い出すためにも必要な完パケ。
…ですがこれがなにげにバカにならない量でして……事務所行って貰ったものを適当にDVD収納スペースに放り込んでたら限界がきましたw

「これはいかん!!」と一念発起しまして、一度棚内の整理をしよう!と格闘してみました。

棚に並んでいるDVDを取り出し、種類別に置いていきます。
アニメ、特撮、アメコミ、洋画、バラエティ、それに出演作品…多岐に渡るジャンル分けが終わったら、良く見るであろうモノを棚に戻していきます。
まぁ大体特撮ですよねw
そこまでではないものの見たくなる可能性がありそうなものは二列並べられる棚の奥側へ。
そしてすぐには見ないであろうもの…ほとんどが完パケですが、これらを段ボールに詰めるわけです。
部屋の片隅に置いてある、もともとDVDを詰め込んであった段ボールを引っ張りだし、その中のものもさらに分別。
続き物は並べて入れ、どこにあるかわかるように。
…こういう地道な作業しとかないと、なんかの折に取り出そうとした時に「3巻だけがない!どこの段ボールよ!?」とかなるんですよねw

と延々その作業を繰り返すこと1時間あまり……家で仕分けしてるだけなのに流れ出る汗。
掃除とか整理ってなにげに汗かきますよね…重労働ってことがわかります。
今更ながら母の苦労がわかりますw

15082601.jpg
苦労の断片

DVDだと本と違って片付け中に読み耽るってことがないので作業が進んでいいですねw

最終的にDVDを詰め込んだ段ボールは4箱になりましたw
全部が全部出演してた完パケってわけではありませんが……そのほとんどがそうであることを考えると、僕もけっこう長いこと仕事してきたんだなぁ、とヘンな感慨にふけっちゃったりして。

おかげさまで棚がスッキリ、スペースも確保できたのでまたどんどんDVDを増やしていこうと思いますw

日常 |

ヒーローはたくさんいる

夏の祭りはまだ終わっていなかった!!


15082701.jpg
今年もWヒーロー夏祭りに行って来たよ!!

場所は去年行った時と同じく東京ドームシティはプリズムホール。
なかなか時間が取れず開催期間の終わり、最終日に行ったもんだから激混みでした…
見ようと思ったらチケットカウンターのお姉さんに「立ち見になりますが…」とか言われるんだもんw

ちょっとみんな最終日だからって集まりすぎ!(私もですw)

ということでそのひとつ後の回(2時間後ですw)を見ることにしたわけですが。
二時間時間を潰した後会場入りして中を見てまずびっくりしたこと。
去年と…舞台の配置が変わってるw
去年は普通に舞台があるところの真ん中から花道みたいなものが用意されていて、そこも使って高い位置でアクションしてくれたんですよね。
が今年はそれはなく平坦な舞台(といってもいたるところに機構はあるんですが)があるだけ。
その分客席のある会場を広く使って、近い距離でのショーを作ろうってことだと思うんですが……後ろの方から見てた僕からすると低くて見えないことが続出w
特にショー中盤から現れた歴代先輩ライダーたちの中でも特にオーズ。
名乗りの時に取るポーズの姿勢低すぎて「仮面ライダー…」までは見えてたのに「オーズ!」っつってキメたら人垣の中にスッ…といなくなるというw

一番大事なとこ見せてー!!w

低い姿勢でキメられるスーツアクターさんの技量が仇となった瞬間でした…w


ショー自体はもちろん現行ライダー・ドライブがメイン。
ロイミュードと戦っていると中にそれ以外の敵(過去のライダー作品で敵だった奴ら)が混じっていて、違和感を感じる進之介たち。
そんな戦いの最中、マッハがシフトデッドヒートを敵に奪われてしまうのです!
実は今回の敵はライダーの力を取り込み、最強の存在になることを目論む存在。
シフトデッドヒートを奪ったのはそのためだったのです。
その後の戦いでシフトトライドロンまで奪われ、窮地に追い込まれる進之介たち。
そこに歴代ライダーたちが駆けつけ、悪の野望を打ち砕くのです!!!

とざっくり話すとこんな内容。
終わったショーのことなのでネタバレ気にしなくていいからラクですねw
お話の展開も良く、動きもキレッキレの役者さんが揃っていたので楽しく見られました。
特に僕が気になってしまう声問題ですが、今回のショーで声を当てられた方々はもとの役者さんに寄せることを一生懸命やってくれていたのでストレスなく見られましたねー。
…声の商売やってるもんでこういうとこ気になっちゃうんですよねw

あとこれはまた細かいことなんですが、助けに来てくれた歴代ライダーたちが戦うときに、ちゃんとその後ろで各々の主題歌を流したりしてくれるんですよねー。
ブラックRXはすげぇテンション上がったなぁ…見たこと無いけどw
こういうところまで足を運ぶ人ってそうとうな特撮好きだと思うから、こういうところまでこだわって作ってくれるのは非常にありがたいですね。


そして最後は握手会!!

会場にてグッズをお買い上げ戴きますとショーに出ていたライダーたちと握手ができるという!素晴らしい企画!!
…まぁ僕は握手するより写真撮りたいんでグッズ買ったりはしないんですがw
その代わり遠目の位置から写真を撮りまくり!(ショーはダメだけど握手会は撮ってもいいのです)

15082702.jpg
1号とタイプトライドロン

15082703.jpg
鎧武極アームズとデッドヒートマッハ

15082704.jpg
ストロンガーとチェイス

15082705.jpg
ブラックRXとオーズプトティラコンボ

15082706.jpg
クウガとウィザード

15082707.jpg
電王ソードフォーム

全員がショーに出てたわけではないんですが、ショーに出てなかったライダーも駆けつけ総勢11人ものライダーでの握手会になってました。
おそらく最終日だったからのサービスなんだと思います、これはテンション上がる。
握手会って何がいいって、ライダーたちが子どもたちに優しいことなんですよね。
小さい子にも丁寧にちゃんと握手を交わしてくれてるのを見ると心がほっこりします。
「ああ、やっぱりヒーローなんだな」って。
こういうこと考えてると『握手するより写真撮ってる方が向いてるなー』と思いますw

ちなみにもう一つ。
個人的にアツかったのは…実はオーズです。
写真でもわかるとおりオーズはプトティラコンボになってますが…ショーに出た最初はタトバコンボ(通常体)だったんです。
それがショーの途中でパワーアップしてプトティラになったんですが…ここで僕らみたいなオタクはこう考えるのです。
「なぜ他のフォームじゃなくプトティラなのか?」と。
最強のフォームではあるものの恐竜の力は使いこなすのが難しく、だったら一緒にいるアンクのコンボ・タジャドルの方がいいんじゃないかと。
でもそうはしなかった。
オーズを最後まで見た人にはわかるんですが、ここでタジャドルではなかったことが『まだ彼は…旅の途中なんだ』ということを想像させるんですよ!クー!

わっかるかなぁ…わっかんねぇだろうなぁw


ということで夏祭り…隅々まで楽しみ尽くしてやりましたぜ!w
特撮 |

ヒーローはたくさんいる MOTTO!

Wヒーロー夏祭り。

最終日だったこともあり「立ち見になりますが…」と言われ、2時間潰すハメになったということは昨日書きました。
ではその2時間どうやって潰していたのか?
答えは非常に簡単です…そのまま会場入って中で潰してたのですよw


会場内は『夏祭り』と銘打っているだけあり、ショーをやるステージ(ホールみたいになってるとこが中にあるのです)以外はお祭り会場のようになっています。
屋台のような飲食スペース、風船釣りに射的など。
そのどれもにヒーローたちが絡められているという徹底ぶり。
それはそれで楽しいんですが…そこには目もくれずw
僕はあるものに夢中でした。


15082801.jpg
スーパー戦隊!!

そう…Wヒーローの『W』とは、別に仮面ライダーダブルのことにあらずw
仮面ライダーとスーパー戦隊、これらを総じて『Wヒーロー』と呼ぶのです。
すぐ近くにスーパー戦隊のショー専用のシアター・Gロッソもあるんですけどね。
アッチはショーに特化した劇場なので展示するスペースほとんどないんですよねw
ということでこっちに出張中のスーパー戦隊のヒーロー様たち。
入口入ってすぐにはご覧のとおり歴代レッドたちがお出迎え。

これ以外にも会場内の他のところにも戦隊はいまして…

15082802.jpg
烈車戦隊トッキュウジャー!!

15082803.jpg
手裏剣戦隊ニンニンジャー!!

とここ最近の二大戦隊は全員揃ってお出迎え状態。
ちなみに本来は柵のような立ち入れない場所でポーズを取っており、ご覧のとおり写真は撮れても触ることは出来ません。
ということでこれ以上引くと柵が写ってそれっぽくならず、今回は全身収めるより「それっぽさ」を優先した写真となっておりますw
そしてまた別のところで特別扱いされて一人で立ってるヒーローもおりました。

15082804.jpg
アカレンジャー!!

15082805.jpg
ハリケンレッド!!

アカレンジャーは言わずと知れた戦隊シリーズ最初のヒーロー。
特別扱いも頷けますね。
ハリケンレッドは現在放送中の戦隊が忍者だから、ってことでしょうね。作中でも出てきましたし。
同じタイミングで出てきたもう一つの忍者戦隊・カクレンジャーのニンジャレッドもいた気がするんですがなぜか写真に撮ってませんでしたw
人だかりでも出来てたんですかね?不思議だ…


そしてショーを待つ二時間の間にまたしてもいいことが!
ステージではないこのお祭り会場を、ヒーローが練り歩いて握手してくれたりするという時間があるというのです!この待ってる間に!
歩くヒーロー2人、誰が出てくるかは期間中毎日日替わりだそうで、会場内に貼りだされていました。
ちなみに今日のヒーローは…この2人!!

15082806.jpg
アカレンジャーとトッキュウ1号!!

これは良い日に当たりましたね…初代と最近のヒーロー、しかもトッキュウ1号はハイパートッキュウジャーの姿!!
今か今かと待ち構えていたちびっことカメラ小僧(主にこっちが多いw)の前に現れたかと思ったら、そのまま皆の中に!!

15082807.jpg
人混みにまみれるトッキュウ1号

15082808.jpg
悠然とした威厳を放つアカレンジャー

なんでしょう…なぜかアカレンジャーからはプロレスのチャンピオンとか相撲の横綱めいた、なにか強烈なパワーを感じますね…威圧感とも取れるような。
中に入ってる人は別に本物じゃないのに、この貫禄。
もしかしたら意識して振る舞ってらっしゃるかもしれませんが、それでもこのスーツにはそういう力があるんでしょうね、きっと。


やー、いいもん見た。
2時間待ってよかった!!w
特撮 |

ヒーローはたくさんいる〜OKAWARI!〜

Wヒーロー夏祭り。

あれあれ?Wヒーローなのにライダーはいないの?ショーしかやらないの??
と思ったそこのアナタ。目のつけどころがシャープです。

もちろんライダーもいますよ!展示されてますよ!

15082901.jpg
戦隊の反対側に!!w

昨日の戦隊レッドと同じく平成ライダーがズラリと整列してるんですが…なぜかこっちはズラリと並んでるところ撮るの忘れてたみたいでピン撮りしかしてませんでしたw
ということでいくつか…まずは上の響鬼さんに

15082902.jpg
俺、参上!!

仮面ライダー電王。
そして最後は仮面ライダーカブト。
こいつはちょっと遊んで撮ったものを。

15082903.jpg
クロックアップ!

カブトといえばクロックアップ。
腰のボタンを叩くことで超高速の世界でバトルが始まる…!
テレビで見ててもクロックアップの世界に入る瞬間の高速でブレる演出かっこいいですよね〜。
…明るい場所で、オートフォーカスのデジカメでブレさせるのは至難の業でしたがw

さてさて。

このスペースで展示されていたのは平成が主だったんですが、並んでたのはダブルまで。
あれ?平成ライダーってダブルで終わりじゃ無いよね?
その後まだまだあるよね??と思い戦隊・平成ライダーに囲まれた通路を抜け中に入ると…

15082904.jpg
ウィザードいたー!!!w

そうなんです、ダブルの次、オーズ以降のライダーはバイクに乗って違う場所で展示されてたんですねー。
やっぱライダーっつったらバイクですからね…ライダーっていうくらいだし。
…とかいうと「ドライブどうすんだよw」とかなっちゃいますけどw

15082905.jpg
1号もバイクに乗ってました。

にしても人形だとわかっててもバイク乗ってるのカッコイイですよね…戦う時だけでなくバイクに乗ってる姿がカッコイイのもライダーが人気の秘密なんだろうなぁ…と思ったり。

でね、カッコイイわ…興奮するわ……とか思いながら見てて一個思いついたんですよ。
ウィザードの写真見るとわかりやすいんですけど、バイクに乗ってるライダーたちの背景には作品タイトルと象徴されるロゴが入ってるんですよ、壁に。
これ…一緒に撮ったらカッコイイんじゃないかな、と。

で早速ウィザードで実験したんですが…

15082906.jpg
クッソかっこえぇーーーー!!w

間島淳司、この夏最大の思いつきw
あまりにカッコよく撮れたので他のバイクに乗ってるライダーのも撮りに走る僕。


15082907.jpg
仮面ライダー…1号!

15082908.jpg
仮面ライダー…オーズ!!

15082909.jpg
仮面ライダー…フォーゼ!!!

15082910.jpg
仮面ライダー…鎧武!!!!

カッコえぇ…肩越しのロゴめっちゃカッコえぇで……じゅるり(興奮w)

ちなみに。
現在放送中のドライブさんももちろんこの会場で展示されてました。
どこに展示されてたかというと……

15082911.jpg
剛と一緒にドライブピットにいましたよねw

パネルみたいになってるトライドロンに乗ったところを撮影できる!ってコーナーでお子様に大人気だったんですけど、人がいなくなった隙をついて誰も乗ってない瞬間を撮影してきました。
僕は乗ってません…なぜなら私は観察者だからw


見るものいっぱい撮るものいっぱい、撮影してるだけで大満足。
待ち時間だったはずの2時間は、こうしてあっという間に過ぎて行きましたとさw

特撮 |

暴れてあっぱれ!

Wヒーロー夏祭り。

会場は後楽園はプリズムホール。
会場にはライダーだけでなくたくさんのレッドとトッキュウ・ニンニンのメンバーが華を添え、まさに『Wヒーロー』夏祭りといった様相でした。

さらにショー内では終盤アカニンジャーが出てくる、という展開も。
助けに入ろうと勇んで出てくるんだけどみんなキョトン…みたいな空気で「お前の出るのは隣だよ」的な展開で、お隣・シアターGロッソでのニンニンジャーショーの宣伝みたいなことが毎回入るのです。
去年もトッキュウ1号が乱入してましたしねw

これもまた、まさに『Wヒーロー』という感じでいいですよね。

だが。だがしかし。
そんな一瞬だけ動くアカニンジャーを見た程度で。
本当に『Wヒーロー夏祭り』だと感じていいのでしょうか。
否!断じてそんなことはない!!


15083001.jpg
つまりはこう!!w

ま、順番は逆なんですけどねーw
実はわざと早めに行って、先にGロッソでニンニンジャーショーも見てやろう!という贅沢な企画を企てていたのです。
まさに後楽園でWヒーロー夏祭り!!
ということでさっそくチケットを買ってGロッソ内へGO。

こちらはWヒーロー夏祭りの会場とは違いショー専用の劇場。
なので特に出店が出ていたりということはなく、すぐに会場内の座席を取りに行く流れ。
普通のイベントと同じだ、と思えばわかりやすいんじゃないでしょうか。
入り口を入りチケットをモギられ、会場の分厚いドアを通ろうとしたその時…!!

15083002.jpg
あ…アカニンジャーじゃー!!!!!

会場に入る子どもたちを優しく出迎えるアカニンジャー。
もちろんしゃべりませんがさながら「これから始まる俺達の活躍、楽しみにしててくれよな!」と言っているかのよう(妄想)。
やだ…そんな天晴……‥大人の、僕にまで!?
惚れてまうやろー!!!!!(全て妄想ですw)


といったショー前のウォーミングアップも終わりいざショーがスタート。

現在やってるショーはニンニンジャーショーとしては第三弾だそうで、既にスターニンジャーも仲間になり、アカニンジャーもパワーアップした超絶状態も出てくる内容。
ただでさえハデな演出が多いアクションにパワーアップの演出も入るとかもうごちそうですw

なるべく子どもたちの邪魔にならないように、と後列端の席に座って見てたんですが、けっこうな近距離からスターニンジャーが登場!
そうなんです…こういうショーって客席から登場してくれるんですよね。
こうやって後ろのお客さんにもお得感を出してくれるとか…なんていいショーだw
と思っていたら残りのメンバーも客席から登場!しかも天井から降りてキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
機構的には出来るのはわかりますがまさかそんな登場は想定しておらず、降りてくるニンニンジャーの5人見ながら僕の顔( ゜Д゜)こんなんですよw
こういうところも忍者戦隊だってとこを汲んだ演出入れてくるんですねー…クー、ニクいw

今回の敵はペンキみたいなのを塗りたくって世界を塗り替える、みたいな能力を持った妖怪で、塗るペンキの演出は光と音で再現。
もちろん床に穴が開いたり高さがあってアクションがたくさんできるという劇場の作りも存分に活用。
…職業柄どうしても声問題が気になるところではありましたがw
アクションもハデで中身も笑えて燃えられて、文句なしの内容のショーでした!
コレが毎週行われてるとか考えると…すごいですよね。


一日楽しみ尽くした、まさにWヒーローの夏祭り満喫な一日でした!!
スーパーヒーローは…不滅だ!!

特撮 |
<<前のページ| ホーム |次のページ>>