マジP!

間島淳司の日常をプロデュース!!

秘技・三点巡り!

2017年も趣味に打ち込んでいきたい所存の間島淳司です。
仕事?仕事はそこそこでw
来たら本気で取り組むけどね!


僕の趣味といえばライダーをはじめとする東映特撮、それにモンハン、グリムノーツなどのゲーム、そして忘れちゃいけない星見ですよね。
それこそドハマリしてた1年目とかは週1とかそんなハイペースで郊外の暗がりへと足を運んでいました。
ただ星見るだけでもキレイなんですよね…あと暇だったんですねぇ…w
最近では星見仲間もみんな忙しくなり、スケジュールも合わせづらくなった結果すっかり行けなくなってしまいましたが、それでも星が好きなことに変わりはなく、なにか大きいイベントがあるときには見に行くようにしています。
天体関係で大きなイベントといえば…そう、流星群。

地球には大小合わせればかなりの数の流星群が実は来ています。
挙げればキリがないので挙げませんが、国際天文学連合が主要な流星群として公式に認めているものだけでも64個もの数の流星群が。
この中には南半球でしか見られないものや、規模が小さくて目視では見られないものも含まれているので全てが見られるというわけではありませんが、それでもこれだけの流星群が知らないだけで地球には訪れているのです。
そしてその中でも特にメジャーなものが、三大流星群。
8月のペルセウス座流星群、12月のふたご座流星群、そして1月のしぶんぎ座流星群。
この3つだけはなるべく行けるように頑張ってます。

というわけで今年もしぶんぎ座流星群見てきたよ!という話。


流星群にはそれぞれ特徴があります。
しぶんぎ座流星群は長く尾を引く流星が多く見られるけどピークの時間が極端に短い、そんな流星群。
毎年1月の3〜4日の間にしか来ない流星群なのです。
…だからこの日が天気悪かったらもうアウト、というシビアな流星群でもあるんですが…。

今年は月が三日月くらいの細さで且つ比較的早めに月が沈むので、条件としてはなかなかに好条件。
なんとか晴れるところを見つけて観測したい…!と意気込んで、星見仲間と集まって車を走らせました。

サービスエリアで腹ごしらえなんかもしつつ、目的地に着いて空を見上げると…一部雲はかかっているもののなかなかの見えっぷり!勝った!
…と思ったんですがそのポイントは比較的人が集まっていて騒ぐことが難しそう。前はこんなにいなかったのに…星見が広がるのは嬉しいけど困る。我々うるさいからw
更に近くから遠くから街明かりが邪魔をしてちょっと厳しい状況。
仕方がないので近くにある別の観測ポイントに移動することに。

こちらもなかなかの人数がいたものの、場所としては広かったので近隣の方々に御迷惑ということはなさそう。
場所も湖畔でロケーションも良いのでここで観測をしよう!ということに。
空を見ると…やはり多少雲はあるものの下の方に多くかかっていて星は見える状態。
勝った!とカメラをセッティングし始める一同。
僕もコンデジを使って撮影撮影♪

17010601.jpg
なかなかの星空♪

ロケーションも考えつつ色んな角度で写真を撮っていると、文字通り若干雲行きが怪しくなり…全てではないものの一部が雲に覆われてしまいました。
上空の風が強いんでしょうね…どんどんと空の見えるポイントは移動し、我々を翻弄します。
終いにはそらのほとんどが雲に覆われ…ゲームオーバー。
ちなみに30分ほどの出来事。
この時点で流星観測数は…1w
空の全部が見えてたわけではないとはいえ「ホントに流星群来てる!?」と疑いたくなるほどの流星見えない普通の空w
僕以外にもほとんど観測できておらず、このまま引き下がるのも悔しい状態…しかし空はドン曇り。

さてここで二択です。
1:雲の動きが早いので、このままここで空が開くのを待つ
2:曇ってしまっているのでさらに場所を変えてみる


どちらも間違いではなくチャンスはあるんですが、逆に選択の結果失敗に終わることもありますが…僕達が選んだのは2。
回りに人もいますしね、さらに移動して新たなチャンスを狙おう!ということに。

車に乗り込みさらに移動した先は、先程のポイントよりもさらに高台に上がった場所。
山の上に来た方が雲抜けていい状況に変わることもあるんでね、最後のチャンスに賭けてみたのです!
結果。

17010602.jpg
まぁまぁの空!w

こちらも状況は似た感じではありましたが、先程の場所よりはマシ、くらいの感じ。
それでも移動したことで多少騒いでも大丈夫になったのは大きく、楽しんで星見が出来ました。


結局この後3時間ほど観測したんですが雲との戦いは続き、最終的には曇り空に。
それでも11個の流星を観測できたんで、大勝利とはいかないまでもまぁまぁの星はじめが出来たんじゃないかと思います。

やはり星は…いい。
今年は去年よりもたくさん星見るぞー!!
星見 |

こぼれ星☆

さて本日は昨日の星見の他の写真をご紹介しようかと思います。
昨日はね…文章も長くなるの目に見えてたんで画像少なめにしといたんでw
昨日の記事と照らし合わせながら、どこの写真か考えるとよいと思います☆


まずはこちら。

17010701.jpg
ご来光。

のようにも見えますがそんなことはありませんw
今回は西から合流してくる(仲間に愛知県にいる人がいるのですw)人がいたので観測ポイントを中間点くらいにしよう、というのがありまして。
山梨県あたりで合流しよう、という話になってました。
山梨方面は富士山もあるので星景写真的には美しいのが撮れるんですよね…ということでこの写真。
富士山が見える湖の畔の写真なんですが…実はコレ、わかんないけど富士山写ってます。
画面中央、オレンジに発光してるのが富士山の一部で、確認は出来てませんがコレたぶんゲレンデのライトなんですよね。
で肝心の富士山本体はそれより右、厚い雲に覆われて見えなくなってますw
湖に光が反射して写真としてはキレイなんですが、本来なら富士山見えてたりしてもっとキレイな写真だったんですねー。
てかこの日ここで見てた時、あの富士山覆ってる雲だけは一度もどかず、富士山を拝むことは出来ませんでした…ガッデム!w

17010702.jpg
向きを変えて。

同じ場所、富士山の反対側を写した写真。
こっちも木の感じがイイカンジでロケーションもよく、且つこっちは晴れてることが多かったんでよかったんですが…右下ね。
道路にある街灯!!こいつがホント邪魔!!w
車で走行してるときには必要な街灯ですが、天体観測となるともう邪魔以外のナニモノでもありません、だってずっと明るいんだもんw
暗いトコロを求めて移動してる我々にとって光が視界にこんだけ入ってくるのはなかなかにヘビーな出来事でして、そういう意味でもあまり…な場所ではあったのです。
写真として切り出すとこういう街灯とかさっきのゲレンデとか、遠ければ美しい写真になるんですけどね…

この後全天どんどん雲に覆われ…

17010703.jpg
オリオンだけ!

見事にオリオン座のみしか見えない状態になり…しまいには

17010704.jpg
終了のお知らせw

一枚目とほぼおなじ方向を撮ってるんですが、もう人工の光しか見えない状態に。
こうなっちゃうとお手上げですね…湖に光が反射してきれいなのが腹立つw
あと雲があると光を受けてどれだけ空が明るくなるかもお分かりいただけるかと。

こうなってしまったので我々は移動の決断をしたわけですね、待ってても空、晴れなさそうでしょ?w
昨日も書きましたが移動した先はここよりも高台。


17010705.jpg
山の端から見える街明かり。

昨日の写真ではわかりにくかったですが、下の方にはこれまた美しい人工の光も。
街明かり入れようとしたせいで上の方でオリオンが見切れてますがw
きちんとした三脚で、一眼レフ使って撮ればもっとキレイに撮れるんでしょうけどね…コンデジのつらいとこですね、クゥー!

でこっちもだんだんと雲が侵食してきまして…

17010706.jpg
奪われていく視界。

またもオリオンが見切れてますがw
この後見切れマスターのオリオン座さんも雲に飲み込まれていきました。
あれだけ雲の動きが早いってことは、上空の風がかなり強かったんでしょうね…観測してるあたりは全然平気だったのに。

そして時折空が見えるのを待つ間はいろいろ遊んでました。
すぐ近くに封鎖されてるトンネル(冬は通れないってだけですw)があったんですが、そんなん使うに決まってるじゃないですか?


17010707.jpg
なんかこえぇw

明かりの下に立っているのが私です。
上からの明かりで誰だかまったくわかりませんが、モッコモコに着込んでるのはお分かりいただけるかとw
ちなみにこの日の最終的な気温はマイナス5℃まで下がりました。

冬の星見ナメてんじゃねぇぞ!?w


とまぁ星見としては振るわない結果に終わりましたが、写真としてはそこそこおもしろいの取れたし満足な星見でしたw
星の撮れるコンデジでよかった…w
星見 |

手にするチカラ

おもちゃでは遊びたい派・間島淳司です。


我が家にはたくさんのおもちゃがあります。
ライダー変身ベルト、それに付随するガイアメモリだったりアストロスイッチだったりシフトカーだったりゴーストアイコンだったりといった変身アイテム。
S.H.Figuartsのバイクに関しては”遊ぶ”というよりは”並べて鑑賞する”のが楽しかったりするのでちょっと例外的ですが、にしてもたくさんのおもちゃたち。
ホントは全部欲しいんですが全部買ってるとキリがないので『買うのはライダーのみ』と心に決め、スーパー戦隊のおもちゃには手を出してないんですが、ライダー系のおもちゃの方でも「買うもの」と「買わないもの」があります。
基本的にはベルトは全買いw
あと出るおもちゃっつったら武器ですよね。
ご存知の通り僕は銃回しが好きなので、武器の中でも銃は比較的買うほうです。
たまーに変身アイテムが付いてたりもするんでね。
武器といえばもう一つ剣もありますがこちらはあまり買いません。
子供用だとね…実寸に比べてだいぶ刀身が短くて不格好になっちゃうんですよねー。
テレビに出てくるまんまのかたちだったら買ってるんですけど、危ないですからね。しょうがない。

そんな様々なおもちゃの中で、変身ベルトに次いで好きなものがあります。
それは…腕に装着する系。
腰に巻くベルトも好きですが腕に着けるアイテムも非常に好きで、新しいライダーとか出てきてそういうの持ってると「おっ♪」という気持ちになりますw
今日はそんな、我家に転がる”腕に着ける系おもちゃ”をご紹介。

まずはこちら。

17010801.jpg
シフトブレス。

『仮面ライダードライブ』よりシフトブレス。
ベルトさんことドライブドライバーとセットなのでこれだけで楽しむことはありませんが、メインライダーで腕にする系は珍しいのでちょっと嬉しかったりw

続いてはこちら。

17010802.jpg
メガウルオウダー。

『仮面ライダーゴースト』より、3号ライダーのネクロムの変身アイテム。
目がテーマだからって目薬で、しかも名前が”目が潤う”て…とはじめは思いましたが、変身アイテムで腕にするのは非常にレア。
演者さんの力で最終的にはカッコいい変身ポーズになったし、今となってはお気に入りのアイテムの一つです。

次はこれ。

17010803.jpg
ドラゴタイマー。

『仮面ライダーウィザード』より、ドラゴタイマー。
使うとタイマーが進むにつれ違うフォームのウィザードが一人ずつ増え、最終的には4人になり敵をタコ殴りw
ちなみに変身系ではないアイテムはご覧の通り右手に着くことが多いです。

続いてはこちら。

17010804.jpg
メテオギャラクシー。

『仮面ライダーフォーゼ』より、2号ライダーメテオのアイテム。
3つのレバーを押し指紋認証の要領で指を乗せる(実際には押しますw)と、マーズ、ジュピター、サターンの太陽系3つの惑星を模した必殺技が発動。
流星であるメテオが何故惑星を操るのかは謎w
メテオ大好きだったんでこれはすごいお気に入り。

まだまだあるぞ!次はこれ!

17010805.jpg
変身鬼弦 音錠。

『仮面ライダー響鬼』より、3号ライダー轟鬼が変身する際に用いるアイテム、音錠。
カシャンと開いて出た弦を鳴らし、頭上にかざすと雷降ってきて変身、という響鬼にしては激しい変身でした。
響鬼もベルトで変身しない珍しいライダーなんですよねー。
でも腕に装着系なのは轟鬼のみ。
放送当時はおもちゃ買う習慣まだなかったんで、あちこち探して手に入れましたよ…w

続いてはかなり懐かしいコレ。

17010806.jpg
ドラグバイザー。

『仮面ライダー龍騎』より、龍騎が技を放つときに使用するアイテム・ドラグバイザー。
13人いるライダーがそれぞれ別のカードを装填するアイテムを使って戦うんですが、龍騎は腕に装着するタイプ。
僕が装着する系にハマった原点かもしれません…ちなみに放送当時に買ったやつなんでもう10年以上前のものw
惜しいのは子供用なので手のところがうまく持てないこと…そのせいで指三本で持っててファンタジー世界のモンスターみたいになってますがw
なぜ…なぜ僕の手はでかいのや(大人だからです)。

最後はこちら!

17010807.jpg
アンクの手!

『仮面ライダーオーズ/OOO』より、オーズの相棒アンクの手。
アンクって手だけの怪人だったけどこういうアイテムが出るとは予想外で見つけたときはすげーテンション上がって買いましたよねー。
「アンクや!アンクが我が家に!!」つってw
が。
喜び勇んで手に装着したときに悲劇に気づきます。


17010808.jpg
クッソ小せぇw

これも…子供用なんですよね…しかも伸縮性のない素材で出来てるからどうしようもないw
装着して遊びたかったのにサイズの問題で遊べなかった哀しみのおもちゃです。


とまぁ手に装着する系コレクションでした。
おもちゃは遊んでなんぼ!でも!子供用に出来てるから遊べないのもある!!w
ドラグバイザーとかコンプリートセレクションで大人サイズの出ないかなぁ…出ないだろうなぁ…w
おもちゃ |

日常への回帰

正月休みも終わり徐々に日常の感覚を取り戻しつつある昨今。
一番でかかったのは雑煮食べ終わったことですよねw

好きなもんでね…一回作って3日くらい食べた後、大根追加してもう3日食べたりするもんでw

ようやっと戻ってきた日常の中、ごはんも日常を取り戻しました。


17010901.jpg
日常メシ。

右はにんにくの芽と砂肝の炒め物。
コレ好きなんですよね〜、てか砂肝のコリコリした食感が好き。
にんにくの芽も独特な味で好き。そもそもニンニク好きだし。
つまり好き。
左はキュウリにこないだ星見に行ったときにSAで買った、食べるラー油かけたものです。
野沢菜で食べるラー油なんですって。ちょっと珍しいでしょ?
どっちも美味しかったです♪


もちろんお供にはビールでした。
美味しかったですw

ごはん |

大人の証明

なーんか祝日っぽいなーと思ってたら今日成人の日だったんですね。

成人式…もう遥か昔のことで記憶に薄いですが、なーんか成人代表として花束を受け取った記憶が。
たぶん…いろんなとこに問い合わせて断られてたらい回しになった結果僕んとこまで来たんだと思いますがw
20歳の頃はまだ上京する前、地元で養成所に通いつつ声優の勉強してた頃でした。
1月に養成所の進級審査(留年するか上の科に上がるかのテスト)がありそれの準備とかしてたんじゃないですかね…いいかい20歳の淳司、その進級審査で引っかかって東京に行くことになるんだよ…その時のお前はこう思っていたね。

「早っ」ってw

当初僕の中の予定では東京で声優の勉強する、という発想はあんまなかったんですよね〜、しっかりと実力をつけるまでは地元名古屋で勉強をして、自分的に「よし、行ける」となるまでは上京しないでおこう、そのためにはあと2年はかかるな…なんて思ってて。
それが向こうから「声優になりませんか?」なんてお誘いがあって…チャンスに乗らないなんて選択肢を選ぶほど愚かではなかった当時の私はホイホイ上京、そっから今に至るわけですがw
今年が39歳の年なんであれから19年ですか…いい加減大人になったもんですね…なにやってんだろw


ところで『大人になる』とはどういうことでしょう?
成人というものがある以上年齢的な意味での境界線は20歳であることは明らかです。
でも20歳を超えても大人らしくない人、子どもっぽい人っていますよね?

では社会に出る、という意味合いではどうでしょう?
働いてお金をもらうことは一人前の人間になった証とも取れますし、親の庇護を外れて社会の荒波に一人漕ぎ出す姿はしっかりした印象があり『大人』と呼ぶに相応しい気がします。
大学まで行ってその後就職、と考えれば、年令は23歳になる年になります。
高卒で就職したならば19歳。どちらにしても『成人』と呼ばれる20歳とは年齢が異なりますよね?

果たして大人になるとはなんなのでしょう…。

では年齢を離れて身体的な面で考えてみましょう。

人間には成長期というものがあり、身体的に子供と大人を分ける項目はいくつかあります。
男性であれば喉仏が出たり、声変わりをしたり。
女性ならばおっぱいが膨らんだりといった具合。
男女共通でいえば毛が生える、とかそういったところでしょうか。
いずれにせよこういった身体的成長は20歳よりもっと前、早ければ小学校のうちから始まるもの。
大人よ呼ぶにはまだ早すぎるうちから大人への階段を登っていることはわかります。


ところで最近「まだ間島さんを知ったばかりです」とか「新参者です」といった方がちらほらと目につくようになりました。
この仕事を初めてもう18年経った今でもこうして新たに知ってくださる方がいるというのは非常に有り難いことです…そこでふと気が付きました。
過去にやったアレ…知らない人も増えて来たってことですよね?
大人になるということを考える上でそろそろ皆のことを再び把握しておくのも大切なこと、久々にアレをやってみたいと思います。


第二回・カップ数調査!!w

胸が大きければ大人というわけではない…しかし調べることで見えるなにかがある!
てか最近もおっぱいネタになるとたまーにカップ数を申告してくださる方がいるんですよ…申告してくださってるのにそのまま無駄になってくのももったいないじゃないですか?
ということで一度キッチリまとめ直してみたいと思いましてw

ということでご参加・ご協力くださるという方は

・カップ数(アンダー含む)
・年齢
・お住いの都道府県(住まいが変わられた方はご出身も)
・身長


あたりをご記入いただいた上お送りいただきたいと思います。
あ、せっかく成人式で”大人”がテーマみたいなとこもあるんで、気が向いた方は『初体験の年齢』も調べときますかw

全力でまとめますw
クリエイティ部 |
<<前のページ| ホーム |次のページ>>