マジP!

間島淳司の日常をプロデュース!!

大人の証明

なーんか祝日っぽいなーと思ってたら今日成人の日だったんですね。

成人式…もう遥か昔のことで記憶に薄いですが、なーんか成人代表として花束を受け取った記憶が。
たぶん…いろんなとこに問い合わせて断られてたらい回しになった結果僕んとこまで来たんだと思いますがw
20歳の頃はまだ上京する前、地元で養成所に通いつつ声優の勉強してた頃でした。
1月に養成所の進級審査(留年するか上の科に上がるかのテスト)がありそれの準備とかしてたんじゃないですかね…いいかい20歳の淳司、その進級審査で引っかかって東京に行くことになるんだよ…その時のお前はこう思っていたね。

「早っ」ってw

当初僕の中の予定では東京で声優の勉強する、という発想はあんまなかったんですよね〜、しっかりと実力をつけるまでは地元名古屋で勉強をして、自分的に「よし、行ける」となるまでは上京しないでおこう、そのためにはあと2年はかかるな…なんて思ってて。
それが向こうから「声優になりませんか?」なんてお誘いがあって…チャンスに乗らないなんて選択肢を選ぶほど愚かではなかった当時の私はホイホイ上京、そっから今に至るわけですがw
今年が39歳の年なんであれから19年ですか…いい加減大人になったもんですね…なにやってんだろw


ところで『大人になる』とはどういうことでしょう?
成人というものがある以上年齢的な意味での境界線は20歳であることは明らかです。
でも20歳を超えても大人らしくない人、子どもっぽい人っていますよね?

では社会に出る、という意味合いではどうでしょう?
働いてお金をもらうことは一人前の人間になった証とも取れますし、親の庇護を外れて社会の荒波に一人漕ぎ出す姿はしっかりした印象があり『大人』と呼ぶに相応しい気がします。
大学まで行ってその後就職、と考えれば、年令は23歳になる年になります。
高卒で就職したならば19歳。どちらにしても『成人』と呼ばれる20歳とは年齢が異なりますよね?

果たして大人になるとはなんなのでしょう…。

では年齢を離れて身体的な面で考えてみましょう。

人間には成長期というものがあり、身体的に子供と大人を分ける項目はいくつかあります。
男性であれば喉仏が出たり、声変わりをしたり。
女性ならばおっぱいが膨らんだりといった具合。
男女共通でいえば毛が生える、とかそういったところでしょうか。
いずれにせよこういった身体的成長は20歳よりもっと前、早ければ小学校のうちから始まるもの。
大人よ呼ぶにはまだ早すぎるうちから大人への階段を登っていることはわかります。


ところで最近「まだ間島さんを知ったばかりです」とか「新参者です」といった方がちらほらと目につくようになりました。
この仕事を初めてもう18年経った今でもこうして新たに知ってくださる方がいるというのは非常に有り難いことです…そこでふと気が付きました。
過去にやったアレ…知らない人も増えて来たってことですよね?
大人になるということを考える上でそろそろ皆のことを再び把握しておくのも大切なこと、久々にアレをやってみたいと思います。


第二回・カップ数調査!!w

胸が大きければ大人というわけではない…しかし調べることで見えるなにかがある!
てか最近もおっぱいネタになるとたまーにカップ数を申告してくださる方がいるんですよ…申告してくださってるのにそのまま無駄になってくのももったいないじゃないですか?
ということで一度キッチリまとめ直してみたいと思いましてw

ということでご参加・ご協力くださるという方は

・カップ数(アンダー含む)
・年齢
・お住いの都道府県(住まいが変わられた方はご出身も)
・身長


あたりをご記入いただいた上お送りいただきたいと思います。
あ、せっかく成人式で”大人”がテーマみたいなとこもあるんで、気が向いた方は『初体験の年齢』も調べときますかw

全力でまとめますw
スポンサーサイト
クリエイティ部 |
| ホーム |