マジP!

間島淳司の日常をプロデュース!!

生まれと育ちと

さて今日はまた違った切り口からのまとめを。

あ、カップ数調査の話ねw


質問事項の中に『出身地』という項目があったと思います。
なんでこれを聞いたか…コレが実はミソでして。

よく「埼玉県が一番貧乳」なんてデータがありますよ〜、といった話を耳にします。
曰く、通学に時間がかかるためストレスなんかが原因で、成長期の発育を阻害してるとかなんとか…なーるほどねー、なんて気分にはなる説明ですよね。
こういうのが元になっておもしろがって『カップ数調査やってみっか!』なんて思いが生まれたわけですが、普通に調べただけではこの結果は実証できないな、と思いまして。

僕もそうですけど仕事や家庭の都合なんかで生まれ育った故郷を出てる人って多いわけでしょ?
そりゃ東京や大阪など大都市に人が多く集まるわけで、おっぱいが育ったのは子供の頃過ごした生まれ故郷なわけで。
このへんのデータをちゃんと調べてみよう!と思ったのが、出身地も聞いた理由だったりします。
きっと変わると思うんですよねー、在住地と出身地を別々で統計取ったら。

ということでわかりやすく、各都道府県のカップ数の平均を出し、地図に色分けしてまとめたものをご用意しました。
まずは今住んでる在住地編。

在住地別カップ数
在住地別カップ数まとめ!(クリックで拡大)

全部揃ったわけではないので申告のない県は白になってますが。
大方の予想通りCカップやDカップが多いことがわかります…が平均をとってもEカップもかなりの数であることがわかります。
傾向として、なんとなーく南の方がおっぱい大きい感がありますね。
巨乳に会いたければ暖かい地方を攻めると良いのかもしれませんw

対して平均がAやBといった県は秋田、群馬、高知の3県のみという結果に。
ただこれも申告数が少ない結果だと思うので、あくまで「間島淳司のファン的には」といった程度のことなので別にそこの地方にお住まいの方みんながそうだということではありませんのであしからずw
そして島根がトンでもないことになってるのも、Hカップの方お一人だけしか申告がなかった結果ですw
島根県民総爆乳説とかそういうことではありませんw

さ、そして今回のキモ、出身地別にするとどのように変化が表れるのか…こちらも御覧ください。

出身地別カップ数
出身地別カップ数!!(クリックで拡大)

例によって埋まってないところは白になってますが。
2つの地図を見比べてみると、まずパッと気になるのは平均がDカップの地域が減ったこと。
一気にCカップの面積が増えている感じがします。
Bカップだった秋田や高知はCやDにカップ数が上がっています。
そしておもしろいのが平均Fカップの地域も増えている、という点。
人口の多い大都市圏にいて紛れていた巨乳ちゃんたちが田舎に戻ることで力を発揮しだしている感じがとてもおもしろいですw


とまぁこのようにまとめ方を変えると見えてくる別の側面もあるんですねー、非常に面白い。
複数のデータをもらうことでこういったことができるんですねぇ…ただただカップ数だけ聞いてたあの頃の僕に教えてあげたいw
なかなか興味深い結果になったんではないかと思いました!

続きを読む
スポンサーサイト
調査 |
| ホーム |