マジP!

間島淳司の日常をプロデュース!!

仮面戦隊!

タイトルを見て「あれ?間島また映画館に観に行ったのか?超スーパーヒーロー大戦」と思った方もいらっしゃるかと思います。
が。そうではありません。

ゴライダーが超面白かったのよー!!

現在映画館にて絶賛上映中の『仮面ライダー×スーパー戦隊 超スーパーヒーロー大戦』。
この劇中にも登場した、ライダーとスーパー戦隊の奇跡のコラボから誕生したゴライダー。
彼らが主役となる物語『仮面戦隊ゴライダー』が、auビデオパスにて配信中なのです!

一昨年、仮面ライダードライブの年にも似たような感じでdビデオの配信で『仮面ライダー4号』が配信されたり、アマゾンプライムで『仮面ライダーアマゾンズ』が放送されたりと、最近はネットの世界にも広がりを見せ始めた仮面ライダー。
4号の時は知り合いにdビデオ加入者がいたので見せてもらいその後出たBlu-rayを購入、アマゾンズの時は物語自体知らなかったんで「そのためにアマゾンプライム入るのもな…」と思い配信は見送り、その後TOKYO MXで放送されたものを見てクッソハマってBlu-rayを購入。
結局Blu-ray買っちゃう流れにはなるんですが、なんらかのかたちで見てきたわけです。

で今回はauビデオパス。
…幸か不幸か、僕20年くらい前からauユーザーなんですよねw
ということで今までは入れてなかったビデオパスのアプリをダウンロード。
auユーザーでアカウント持ってれば特に登録とかしなくても1話は見られるということで、早速1話を視聴。





…なにこれクッソ面白いんですけどw



調べていただければわかると思うんですけど、ゴライダーってライダーの顔してるけど色味はゴレンジャーなわけで、正直非常にダサいじゃないですかw
やはりダークヒーローである仮面ライダーと子どもたち向けに作られているスーパー戦隊はデザインから違うんだな、という感覚をあのデザインで痛感した結果「まぁ…ムリに見なくてもいいかな…」と思ってたんですが、ゴライダー、観た方がいいです!

その理由はまずストーリー。

主人公はエグゼイドと変わらず仮面ライダーエグゼイド・宝生永夢なんですが、 眠りから覚めると不思議な閉鎖空間に閉じ込められています。
要はそこからどうやって脱出する?という物語なんですが、その『どうやって脱出する?』の部分に謎解き要素があるのです。
もちろんTVシリーズの方にも謎解き要素は存在するんですが、全3話でお送りする仮面戦隊ゴライダーはトータルの尺が短いのでペースが早め。
その結果思ってもなかった問題点をセリフとして教えてくれたり、気づいた問題を解決したりといったペースが早め。
見やすくてぐいぐい物語の世界に引き込まれていくのです。
ちなみにこの『仮面戦隊ゴライダー』は、現在上映中の映画とはまったく別の物語なので映画を見ていなくても楽しめます。

で見どころ・第二にキャストね。

主人公・宝生永夢はもちろん本人ですが、他にもゲストキャラが東條します、
そのゲストが…超豪華。
まずは『仮面ライダーエグゼイド』から、仮面ライダーレーザーが。
『仮面ライダー鎧武』からは仮面ライダーバロンと仮面ライダーマリカが。
『仮面ライダーブレイド』からは、主人公仮面ライダーブレイドが。
『仮面ライダーアギト』から、仮面ライダーアナザーアギトが参戦。

レーザーこと九条貴利矢はエグゼイドのテレビ本編でも早々にいなくなってしまったので彼が出てきただけでも嬉しいんですが、過去作からこんなにもライダーが参戦してくれるのはもうたまりません!
しかも!全員変身前の役者さんも本人!!
こんなの燃えないほうがどうかしてる!!w
まぁさっきストーリーで『思ってもなかった問題点』と書きましたが、ぶっちゃけこの辺の人たち見てて「うわぁ…貴利矢久しぶり…」とか「アナザーアギトかっけぇ…」とか「湊さん(マリカ)脚エッロぉ…」とか違うこと考えながら見てたから気づかなかったってのもあるんですがw
いやー、やっぱ当時演じてくださってたご本人が出てくれるのはたまりません。

1話の構成の問題もあるんですが「えっ、この後どうなるの???」みたいな非常に気になるところで終わってまして、ホントは1話だけ見ていつものようにBlu-ray待ちしようかと思ったんですが、いてもたってもいられずauビデオパスに加入w
もう配信されている最終の3話までを一気に見まして…堪能し尽くしたのです。
最後まで見ましたけどすげーよかったですよ?ネタバレになるから言えないけどw


せっかく加入したからと他になに配信してるか見てみましたけどけっこう気になる作品も配信してたので、暇な時間が出来たらビデオパス見てすごすことが増えるかもしれません。
まんまと乗せられてる感もありますが、どうせ乗せられるなら楽しみ尽くしてやろうと思いまーすw

スポンサーサイト
特撮 |
| ホーム |