マジP!

間島淳司の日常をプロデュース!!

1リットルの水

皆さんにすっごいことをお教えしましょう…なんと。


来年、キログラムの基準が変わります。


なにいってるかわけわかんないと思いますけど実際そうなるらしいですよw

重さに定義なんてあんの?あるとしたらなんなの???といろいろ疑問はあると思いますが、なんでも『キログラム』を定義している物体がパリにある国際度量衡局ってとこにあるんだそうで。
でっかい1kgある分銅がそこにはあって「国際キログラム原器」って名前がつけられているですって。

そもそも1kgというのを定義した方法は、先に長さの単位「メートル」が決まって、そこから「10cm×10cm×10cmの体積の、摂氏27度の純水の重さが1kg」って方法だそうで。
これに基づいてその重さを再現したのがこの国際キログラム原器。
ただ物体ってこの世にある限り汚れたり削れたりするじゃないですか?
3重の気密容器に入れて保管はされているものの、測ってみたら重さが若干変わっちゃってたんですって。
まぁ変わったっていっても50マイクログラムらしいんで、僕らからすりゃもう誤差範囲だろそれってレベルなんですけど。

ということもあり、「こりゃあかんで」と誰しもが思ったとか思わないとか…てか他の基準、長さや時間なんかはもう現代的な定義に切り替わってるらしいんですけど最後まで残った古い基準がこの原器なんですが。
それを他のものと同じく新しい基準に切り替えよう!ってことがここ何年か言われてたんだそうで、じゃあその基準どう決めんのよ???って話になってまして、このほどこの新しい基準を決める方法が発見された、ということらしいです。
その方法とは。
量子力学の定数「プランク定数」を使って、原子と原子の間の距離をレーザー使ってしっかりビッタリ測って、そこから算出された1kgをケイ素を固めて球体として再現した…と。


結局作るんかいw


でもかなり精密な算出方法で作った結果、もともとの国際キログラム原器よりもより精度の高い1kgを作ることに成功したとかなんとか。
で、基準をコレに変えるかどうかの会議が来年行われて変わるかもしれない、ってことらしいです。

なんにでも決め事ってあるもんですけど、重さにもそんな基準があってそれが物体として作られてるとか知りもしませんでしたよねー新発見。
精密に重さを測りたい科学者の皆さんは今まで国際キログラム原器を元に作成したレプリカを使って1kgを求めてたとかなんとか…知らない世界だわー。

ちなみにキログラム、漢字で書くと『瓩』と表記するそうです。
もともとは「グラム」が日本に入ってきた時に漢字で『瓦蘭姆』と音訳されて、頭の『瓦』だけでグラムを意味する、ってところから、グラムの1000倍だから瓩、という漢字が作られたそうで。
ちゃんと「キログラム」で変換すると出てきますよ?iPhoneでも出たので興味のある方は一度変換してみてください。


知らないことを知れるのは楽しいもんですね。

スポンサーサイト
ネット |

今日は質問コーナーです

もうタイトルコレにしてすぐ質問にお答えするようにした方が良い気がしてきたw
長いですしね…ということで質問にお答えしていきまーす。








・アニメなど一つの作品でメインの役の他に兼役をされた場合のギャラってその分プラスになるんですか?

なりませんw何役やっても一介のアニメーションでもらえるギャランティは同じ額ですね。
例えば主役やっててものすげーセリフ量あっても、兼役4役やってるけどそれぞれ一言ずつしかなくて合計4つしか台詞喋ってなかったら、どっちがたくさんお金貰った方がいいと思います?
絶対主役の人じゃないですか。
…まぁそうなると芸歴でギャランティが決まったりすることもあって、若手で主役やってる子よりは喋ってない僕のほうがもらってたりすることもあるので非常に不公平な金額制度だなーとも思いますけどw
まぁ金額がお高いってことは、それだけの仕事が出来るぞ、という自負でもあるわけで、それに応えていかなければならないってことでもあるんですけどね。
とりあえず役の数でギャラが変わる、ということはありませんね。


・他の方が演じた役で自分も演じてみたいなぁと思ったものはありますか?

んー…ないですかねー?演じてみたいっつったところで演じることなんか出来ませんし、そうなったらもうバトルの始まりじゃないですかw
この仕事就く前はよく好きなマンガの音読とかしてましたけど、それがアニメ化したりしても別になんも思わなかったですし、アニメ見て「この役好き!」ってなっても、それは声も含めての評価だと思うので「演じたい!」とはならないですかね?
あ、でも舞台とかだと考えるかもしれませんね、「もしこの作品を僕がやるとしたらどの役やるか」みたいな感じで。
自分だったらこうやるなー、とかこの役ならやれそうかなー、みたいな感じなので質問の答えとは少しズレちゃってますけど。
そう思う時も役をやりたい、というよりはその作品がやりたい、って感じのほうが強いかもしれないですね。
鈴木区の朗読やったりするときはそんな感じで考えてたりしますね。
次は…なにやるのかなぁ…新作?それとも過去公演?
また鈴木区作品を朗読化したいですねー。


・お仕事をしていてスポーツ選手のような”ゾーン”に入るような経験ってありますか?

お求めの答えになるかはわかりませんが近い感覚になることはありますね。
お芝居でもそうでないものでもよく言われることですが、作業をしてる時に「冷静な自分がフカンで見てる」なんてことを聞いたりしますよね?
のめり込みすぎて周りが見えなくならないようにしなさい、みたいな意味も込めてそういうことが多いんですが、アニメってほぼほぼコレだと思うんですよね。
アニメって自分のキャラを見て口が動いたらお芝居するんですが、実際芝居をすることを考えたらそんなことあり得ないわけじゃないですか?
本来なら演じてるキャラの立ち位置に自分がいて、そこから見える景色を見ながら台詞を喋るのが正解なわけで、そういう観点からしてもアフレコというのは非常に特殊なお芝居。
もう見えてる世界がそのキャラからしたらフカンの世界なわけです。
そこに心を添えて演じていかなきゃならんので冷静に考えるとすげーことしてるなーとは思うんですが、ごく稀にのめり込みまくると「視界がキャラと一体化」することがあります。
今自分の目の前には誰がいて、その人に向かって喋ってて、というのがまるで舞台をやってるときみたいに感じるってことです。
こうなると…考えなくていいんですげー芝居がやりやすいですw
普段はそれを擬似的に行ってるもんで、アフレコ中ってすげー考えることいっぱいなんですよ。
まぁ空間としてはスタジオの中でマイクワークもあって台本見て画面見てってやらなきゃいけないので、そうなる時はガッツリお当番の回とか主役やっててマイク動かなくて良い時くらいしかないので最近はあまりこの感覚にはならないですけど。
また味わいたいもんですね、あの感覚。


・間島さんはエグゼイドに出てきた「あまがさきれん」というキャラはご存知でしょうか?

質問者さんの学校の男子が放送期間中に「天ヶ崎恋超カッケー!」とか言ってて気になったそうです。が…知らないわけなくないですか?だってエグゼイド全話見たんですよ僕w
天ヶ崎恋はいいキャラでしたね…演じてらっしゃった小手伸也さんのビジュアル含めたキャラがすげー立ってたんですよねw
小太りのオッサンみたいな外見なんですけどやること成すこといちいちイケメンっぽい人物像で、その正体は敵であるバグスター。
人間状態のときは小手さんがそのままお芝居なさるんですけど、バグスター形態になると突然声が諏訪部さんになって超イケメンになるんですよ。
これがまたすげーインパクトw
人間状態のときでもバグスターの能力使って喋る時は諏訪部さんが声当ててたりして、イケメンパラダイスなライダー世界に一石を投じた超絶濃ゆいナイスキャラでした。
24話に初登場して出たり出なかったりしつつ、32話あたりで倒されてしまい結局10話も出てなかったんですが、その割にはこんだけ記憶に残ってるってことはやっぱキャラ立ちが凄まじかったんでしょうねw
久々に見たくなったな…後で見ようかしらw


・声優さん同士でプライベートで誕生日祝ったりすることはありますか?

その「声優さん」ってのがどのレベルの声優さんを指してるのかわかりませんがw
このブログでもちょいちょいそういう話書いてましたよ?昔は。
最近あんまなくなりましたけど昔は「誕生日は祝わねばならない」という謎の使命感に駆られてた時期がありまして、その頃は誰かが誕生日のたびにお祝いの会をよく開いてました。
まぁ言うてキヨとかその辺が多かったんで皆さんが想像するであろう人気声優はそこにはいませんけどw
一番スゴかったのは5年位前の川原さん誕生日ですかね…
まず少し早めの時間に川原さんを呼び出して「キヨに任せたら誰も集まらなかった、ごめん」と盛大に嘘をつきます。
で「お店は押さえちゃったから悪いんだけど僕とキヨと川原さんの3人でお祝いしよう」と言いつつ、時間つぶしに喫茶店で30分ほどモンハンをします。
その間に他の皆さんには先に会場に集ってもらい、我々の到着を待ち構えていてもらいます。
時間になりお店に移動して中に入ると、誰もいなかったはずなのに30人くらい(ほぼ女子)に「川原さんお誕生日おめでとう!」と言われるという…まぁ平たくいえばドッキリを仕掛けたことがありますw
そのために川原さんと1度でも会ったことある知人に声かけまくって仕込んだのが懐かしいですね…
コンセプトは「川原さんをたくさんの女の子にちやほやしてもらおう!」でしたw


・間島さんは幼稚園の頃に鎖骨を骨折したらしいですが、他にも骨折の経験とかありますか?

なんで僕の骨折遍歴に興味持ったのかわかりませんがお答えしましょう、ありませんw
もともとアクティブな方じゃないんで骨折するようなハデな遊び方しないんでね、特に骨にまで異常が出るようなことはほとんどないですね。
ただ骨折ではないですが…子供の頃に肘の骨が外れたことならあるそうです。
親から聞いた話で話すたびに内容違ってたんで詳細はわかりませんが、机の上から飛び降りてコケただかなんだかして、その後肘を押さえてウンウン唸ってたらしいんですよ。
で接骨院連れてって診てもらったら右の肘の骨が外れて動かせなくなってたらしいんですが、その場で一瞬で先生がはめてくれたそうで。
「もう動かせるよ、動かしてご覧」と言われたあともウンウン言ってちっとも動かさなかったらしいんですね。
たぶん一介動かそうとした時に痛かったんでしょう、その痛みがもう一回くるのが怖かったみたいでそんなことやってたんだと思うんですけど、その時の反応が面白かったらしくて子供の頃母親に何回も聞かされましたw

骨に異常があったのはこの2回だけですね。


・自己否定が強いとよく言われます。こんな考えに陥ったら間島さんはどう吹っ切っていらっしゃるのでしょうか。

…自己否定しないんで…わかんないっすw
僕は自分には自信ないタイプではありますけど自己否定はないですねー。
どんなに自分が残念だろうとそんな自分で生きていかなければならないわけで、願っても変わらない部分をいちいち考えるのは時間のムダだな、と思うので。
たぶんですけど自己否定が強い方って”理想の自分”ってのがあるんだと思うんですよ、それも超巨大で素晴らしいヤツが。
理想の自分と現実の自分の違いに絶望するからこそ、そんな自分を否定したくなるんじゃないでしょーか。
僕だってそりゃあそんな素晴らしい自分になれればいいな、とは思いますけど、現実的に可能な範囲しかどうにかする気ないんですよねw
例えば「ジャニーズみたいな顔にならないかなぁ」とか思っても絶対ムリじゃないですか?
頑張るとなると整形するしかないですしw
イケメンじゃない人生しか歩めませんけど、イケメンじゃない人は生きてたらダメなのかといわれればそんなことはないわけで、じゃあ別に今の顔のままでいいじゃん?と思います。
スキル系のことで「出来ない自分」を責める方もいるかもしれませんが、スキル系のお仕事をしてるこっちからしたら「そんな簡単に出来てたまるか」って感情があるんですよ、こちとら勉強してた時間も合わせたらもう20年くらい声のことばっか考えて生活してるんだからw
同様に僕にないスキルで身につけたいものがあるなら、それは相応の努力をしなければならないと思うし、ちっとも覚えられないんだとしたら「世の中向いてないこともある」と見切りをつけてしまえるので、他の得意なものを見つければいいじゃん、と考えます。
どうしても何かをしなければならず、それに対して上手くできなかったとしても、責めるのは自分ではなく練習が足りなかったことだったり気持ちの弱さだったりするわけで、自分を責める必要はないと思うんですよね。
てかそんなことしてる時間があるなら次どうやったら上手く出来るのか考える方が生産的です。

とまぁこのように「自分を責める」という行為にプラスを見いだせないのでそんなこと考えようと思ったことがないです。
てかそもそも、自分を否定するって産んで育ててくれた親を否定してるようなもんですからね?
大変な思いして産んで、自分の時間をたくさん犠牲にして育ててくれた親を否定するなんてことは僕には考えられないです。
少しでも「間島さんとこの息子さん立派になって…」と周りから思われる人間であることが、懸命に僕を育ててくれたことに対するお返しになると思うのです…もうね、そう考えると自己否定なんてしてる時間は1ミリもないですw

あとね、否定をするのってすげー簡単なんですよ、「キライ」って拒絶してしまえばそこから逃げられるわけで、向き合って戦わなくていいから。
どんなに逃げたくても逃げられないのが現実で、戦い続けなければ生きていけないのです…「戦わなければ生き残れない!」って仮面ライダー龍騎が教えてくれたしw
そんな現実を受け止められる、でっかい人間になることの方が、思い描いてる”理想の自分”なんかよりよっぽど魅力的な自分なのかもしれませんよ?
質問 |

シンプルイズベスト

スタジオに入る前にはよくおにぎりを買います。


収録中にお腹が鳴ったりしたらそのせいでそこの台詞録り直しになっちゃいますから当然のケアっちゃ当然のケア。
事前に家やお店でご飯を食べてから行ってもいいのですが、それだと収録の終盤に鳴ってしまいそうな気がしておにぎりを買ってって収録が始まるギリギリに食べるのが僕のスタイルなのです。
人によっては「消化音が鳴るからギリギリに食べるのはムリ」って人とかもいるのでタイミングは自分の体と相談なんですけどね、声優さんはこういう細かいケアもしているのです…というマジメな話はさておき(置くんかいw)

いつもいつもコンビニおにぎりだとなんとなーく飽きちゃうんですよねー、具材の味を変えることで飽きが来ないように気を遣ってはいるものの、おにぎりのメインはなんといっても米なわけで。
味が違うとはいえ同じ形状のものを延々食べ続けてるとそら飽きも来るってもの。
なので海苔がパリパリタイプのものだったりシナシナのだったり、時には手巻き寿司タイプのものなんかも買ったりしてバリエーションをつけてはいるのですが…やっぱりどこか味気なく感じてしまうんですよね。
スタジオにお味噌汁ある(お湯で溶かして飲むタイプのがあるスタジオがあるんです)とテンション上がるんですけどね…まさかコンビニでお味噌汁買ってって作るのもどうかと思いますしw

でもう一つテンション上がるのが、スタジオの近くにオリジン弁当があるところだった場合。
オリジンのおにぎりってコンビニのと違うでしょ?手作り感というか。
機械で作られてるのまるわかりのコンビニおにぎりも別にマズイわけじゃないですけど、やっぱり手作り感のおにぎりを美味しいと思ってしまうのは仕方のないことだと思うのです。
なのでオリジンが近くにあるスタジオの時はだいたいオリジンのおにぎり買って行ってますw

…が。
こうなってくると「美味いおにぎりが食べたいな」という欲求が働いてくるのです…ちょくちょく食べる機会があるおにぎりですけどMAX美味しいおにぎり食べたい!
なんかないのかしら!と。
都内にはおにぎり専門店なんかもあるのでそちらで買って食べればいいんでしょうが、あいにくとスタジオの近くにそういったお店があるのを僕は確認できておらず。
もうこの際スタジオでなくてもいいから美味しいおにぎり食べたい!!!!!という機運が高まった結果。


17110301.jpg
握りましたよね久々にw

朝起きて突発的に「そうだ握ればいいじゃない」と思って作ったので、手前はおかか、奥は塩むすびとなっております…質素かw
味噌汁がやたら黒く見えるのは具材がワカメのみなのと使った味噌が八丁味噌だったためですw
昔麻婆茄子作る時に隠し味で入れようと思って買った八丁味噌がマジでなくならないんですよね…今回はそれを使って味噌汁を作ったというわけ。
食べてみるとわかるのが、やはりおにぎりと味噌汁は相性がいいということ。
二口くらい食べてお味噌汁を口に含むと「日本に生まれて良かった…」という気持ちになれます。
そしてなにより、炊きたての米で作ったおにぎりって美味い!ということ。
コンビニでもオリジンでも、さすがに炊きたてってのはないですからね…自分で作ったとしても例えばスタジオに持ってって食べたらもう炊きたてじゃないわけですし。
ピクニックなど行楽に行った時に食べる印象が強いおにぎりって炊きたてで食べる機会ってあんまないですけど、やっぱ炊きたてのご飯で作ったおにぎりが一番美味いですねー。


炊きたておにぎりにハマってしまいそうですねーこれは。
休みの日の朝ごはんにおにぎり!なんて日が増えそうな予感がします。

ごはん |

後ろ姿で判断しろ!

世の中にはいろいろ知らないことがあるもんです…先日のキログラムが変わるのも然り。

今日もニュース見てたら襟裳岬に生息してるアザラシが、秋鮭食いまくってて大変な損害が出てる、なんて話やってましたが僕らのあずかり知らぬところで知らない出来事が起きてて、それが知らないところで生活に影響を与えていくこともあるんだなぁ…とひとりぼやぼや考えてたんですが、そういや昔聞いたおもしろい『知らない話』を思い出したので書き留めておこうと思います。


我々の職業とはなかなかに縁遠い服装…スーツ。

フォーマルな場とか撮影でもないと我々は着る機会が滅多にないものですが、だからこそずーっと疑問に思ってたことがあるんですよね。
それは…スーツの後ろの切れ込み。
スーツのジャケットの後ろ…ちょうどお尻の上あたりになるでしょうか、あそこに切れ込み入ってるでしょ?
その切れ込みがものによって1本だったり2本だったり…なんで数に違いがあるんだろう?と思ってたんです。
「いやデザインでしょ」と言われてしまえばそれまでなんですが、じゃあもっとバリエーションあってもよさそうなもんだし、なんか由来があるんじゃないかと思って…いろいろ聞いてまわってた時期があったんですよね。
今だったらネットもあるしすぐに自分で調べちゃうとこなんですが、その頃はまだブログもやってなくて自分で調べる習慣がなかった結果人に聞いてまわってたんですが、そこで衝撃の答えを手に入れてしまったのです…

なんと。
あの後ろの切れ込みの数で…偉い人かどうかがわかるんですって。

入社したての若くて役職も持たない人は1本、だんだんと役職が上がり管理職とかになると2本入ってるスーツが着られるようになるんだとか。
そういや殆どの人が切れ込み一本のスーツ着てるな…と。
偉い人ってあんま会う機会ないですしねw
コレ、別に偉いからって2本のスーツ着なきゃいけないとかではなくて、はじまりは『高級なスーツは2本切れ込みが入ってるものが多い』というところから始まった話なんですって。
役職が上がると当然収入も高くなるわけで、高いものを買うことが出来るようになります。
偉い人は他社の偉い人と会う機会も増えるわけですし、当然ナメられたらいかん!ということで世界でも有名なブランドのスーツを着るようになっていきますよね?
すると自然発生的に「偉い人のスーツは切れ込みが2本」という図式が出来上がっていき、いつしかそれに気づいた下の人々が広めたんだとか。
たぶん入社したての若者とかに「いいか、わかんないときはスーツの後ろ見ろ」みたいな感じで少し上の先輩から教えられてたのが広まっていったんでしょうね。

ただコレ今ではすっかり廃れてしまった文化なんだそうで、僕らみたいにスーツと縁遠い人だけでなく、若い人はほとんど知らない人が多いんだとか。
なんでも時代が進んでファッションが多岐に渡るようになった結果、安いブランドのスーツでも切れ込みが2本のものが出てきた影響なんだそうで。
当たり前に着ている服装にも、知らない知識があるものなんですね。



続きを読む
クリエイティ部 |

僕とベストマッチ!

用事があって街に出るとすぐおもちゃ屋を見に行く男・間島淳司です。

昨日も用事で街に出て、別になにかが発売になったという情報もないのにふらふらとおもちゃ売り場へ向かったんですが、そこでなかなかに奇跡のベストマッチを見つけたのでご報告をば。


だーいぶ前の話なんですが、財布のジッパーんとこに付いてた皮の取っ手みたいなのがちぎれてしまいチャックだけになったことがあったんですね。
それだと使い勝手が悪いぞ、ということで、うちにあったテキトーなキーホルダーみたいなのをくっつけたんです。
まあ『うちにあるテキトーなキーホルダー』っつったらガシャポンで手に入れたライダーとか戦隊のヤツなんですがw
そっから財布も変えて別に付けなくても使える感じにはなったんですが、なんとなく習慣でキーホルダーは付けてるんです。
今はエグゼイドやってたときに付けたやつなんでエグゼイドと、あと余ってたのでダブルのキーホルダー付けて生活してます。

17110502.jpg
こんな感じ。

もう長いこと付けてるんでだいぶ薄汚れて削れてボロボロになってますけどね…なんとなーく外せない的な?
また良いのが手に入ったら変えたりしよっかなーとも思ってるんですけどね、ビルドのやつ見つけたらやってみて取り替えようかしら。

なんてことを思いながら生活してるわけですが。


話を戻してふらりと立ち寄ったおもちゃ売り場。

番組に出てて持ってないのでいうと、新しく出たベストマッチなライオンと消防車フルボトルが無いんですが、それぞれ掃除機とハリネズミとベストマッチになるんで今までみたくベストマッチな2本のセット販売ではなさそうな気がするんですよね…てかそれだと掃除機とハリネズミがダブるw
どういう売り方になるかはさておき、発売したらすぐ買いたいのでこうやって意味もない日でもおもちゃ屋をふらつくわけですが、今日ふらりと立ち寄ってみて、ステキなベストマッチが起きたのです…
売り場に陳列されていた新商品のフルボトル。
こちらを御覧ください…

17110501.jpg
ダブルとエグゼイド!

なんということでしょう…レジェンドライダーフルボトルも出るだろうとは思っていましたが、まずこの2つとは…
誰か僕の財布に付いてたキーホルダー見てたんですか!?ってくらいのタイミングでw
だってエグゼイドは去年のだからまぁわかるとしても、ダブルて。
順番でいったらゴーストでしょ?どういう順番なのこれ?でもなんか嬉しいw


ということで普段はあんまりテレビに出てこないレジェンドライダー系のアイテムは買わないようにしてる(ダブル以外)んですがなんか運命感じたんでエグゼイドも買うことにしましたw

おもちゃ |
| ホーム |次のページ>>