マジP!

間島淳司の日常をプロデュース!!

剣・魔・降・臨!

ついにゲットォォォォォォ!!

17120101.jpg
カレル!

ちょっと前からピックアップが来てましてね…引くなら今しかない!と気合を入れて回したところ、意外とすんなり出てくれまして石を50個くらいしか使わずにすみましたw

ジョルジュ、エルトシャン、オスカー、漆黒の騎士、そしてカレル。
これで自分が声を当てたキャラがすべて手に入りましたよ…長かった。長かった…!!


後はこっからスキル継承で強くしていくだけですねーるんるん♪
スポンサーサイト
ゲーム |

フレーッシュ!!

昨夜はここに行って参りました

17120201.jpg
鈴木区!

…あれ?ついこないだ本公演打ってなかったっけ?って感じですがw
今回の鈴木区は本公演…ではなく。

第3回スズキクキカク公演『無気力宇宙船メロディライナー55号』という形での上演。

スズキクキカクってのはまぁ…平たくいえば若手公演のようなもの。
鈴木区若手メンバーの本田一誓・橘美咲季を軸に他劇団からも若手の役者さんを招いて公演を打つ、というとスズキクキカクの説明としてはわかりやすいのでしょうか。
そしてそんなスズキクキカクで扱う作品は……無気力宇宙船メロディライナー55号!
鈴木区好きな方はわかるかと思いますがコレ、8年前に鈴木区が旗揚げした時にやった旗揚げ公演時の作品なのです。
8年前といえば智晴くんと会ったことはあれどまだそんな仲良くなる前の出来事…当然声の出演でお邪魔したり記録係だなどというはるか前の話、この公演自体見たことがなかったので非常に楽しみにしてたんですよね〜♪

ということで時間ギリギリくらいに劇場へ。
途中宝田から「お席確保してありやすぜ!」的なLINEが届き、それに付随して「写真撮りやすそうな奥の端の席ですぜ!」の文言が。
中身知らないのに撮れとw
おい待て!過去公演も見てなきゃ稽古場にも行っておらず、台本ももらってないマジでまっさらな男に写真を撮れと!?w

…まぁ頑張るけどw

ということで端っこの席で写真も撮りながらの観劇となりました…以下感想。





タイトルからして「ああ、SFなんだな」「コメディなんだろうな」ということが伝わってくるタイトルですが…ハイ正解、SFコメディでしたw
まぁ鈴木区ですしね。
異星人探査船メロディライナー55号に乗り込んだクルーたちの身に起きるドタバタを軸に、笑いあり涙ありのいつもの鈴木区テイストを感じる作品。
旗揚げ公演から既にあのテイストが出ていたんですなー。
てか衣装だったりセリフだったりの中に「ああ、この脚本家さん昔のアニメ好きなんだな」ってのが至るところに溢れてますw
そういや昔初めて鈴木区観に行った時も出てたな…ガルマ・ザビのコスプレがw
この辺も僕みたいなアニメで育って来た人間からしたら入りやすくてクスリと来るところなのかも。
改めて舞台に慣れてないお客さんでも楽しめる劇団なんだなーと思いました。

そしてキャスト。
今回はまた…ドエラい濃いメンツかき集めて来たなーという感じがすごいですw
基本は密室会話劇なんで視覚的な動きは少ないものの、それでも退屈に感じさせないキャラクターの濃さが光る作品だなーと感じました。
なんなら前回クッソ濃い役やってた本田が一番役としての個性は薄いかもw
…まぁ話を回す人なんでしょうがないんですけど。
そして鈴木区劇団員は本田と橘の2人だけなのに、なんつーかこう…キャストのバランスが良い感じも。
きっとこのメンバーじゃないと出来ない個性とかそういったものも今回の舞台には入り込んでるのかなーといった印象も受けました。

みんな若いのにすごいねぇw

見ていて多少荒削りな部分もありつつですが、それもまた若手公演らしいフレッシュさとして見えて、とても良い公演だと感じました。
あと鈴木区ホームページのHISTORYのとこにある動画見て、旗揚げ公演では誰がどの役やってたのかとか調べてみるのも面白いかも。
「あの人はどうやったんだろう?」といろいろ想像してみるのもおもしろいかもしれませんね。


ということで第3回スズキクキカク公演『無気力宇宙船メロディライナー55号』は今週末12月3日まで、池袋のほど近く、要町のアトリエ第七秘密基地さんで絶賛上演中!
お暇な方は是非行ってみてください〜、笑って泣いて、いい気分で帰れますよん♪
鈴木区 |

森に帰ってきたぞ!

世間ではだいぶ話題になってますね〜、『どうぶつの森 ポケットキャンプ』。


twitterなんかのタイムラインでもプレイ報告や友達になりましょう!みたいなのが溢れてて、けっこう多くの方がダウンロードされて楽しんでいる模様。
なにが釣れた、誰が来た、アレしたいから手伝って〜などなど、盛り上がってるのを見ると羨ましくもあり…とはいえちょっとゲームやりすぎな節を感じているので自分でセーブしている部分もあり…興味はあるけど時間がない、的な感じですw

そんな中最近ではリアルで会っても「間島さん、やってるんですか?」と聞かれる機会が増えてきました。
なんかゲーム中で友達が多くいたほうが有利になるポイントがあるらしく、身近なところで仲間を探しているようでして…ゲームやってる印象の強い僕に聞いてくるんですね〜。
だがしかし!やっておらぬ!!w
…というとたいていびっくりされるんですけどなんでなんですかね?w
たしかに前の3DSのときはすげーやってましたけど一番楽しかったの服とか壁紙のデザインだったんですよね〜。
ライダーの服作ったり、エッチな壁紙作って壁に貼ったりw
リアルに描くためのマル秘テクニックを知ってから量産してましたよね…エロ壁紙をw
今回スマホ版のポケットキャンプにはその機能はついてなさそうだったのも、自分を律してプレイしない!という選択肢を選べたポイントだったりしたのです。

…が周りはどうぶつの森一色…なんですかね、このやってないだけで流行に乗り遅れた感w
そして延々聞かれる「間島さんやってないんですか?」「やってないよ」「え」というやりとり…正直ね、僕は疲れました。
時間なんて捻出すればいい。このやり取りを削れるのならば…そんな考えが頭をよぎり。
ついに……始めてしまいました。


17120301.jpg
……

3DSのをな!!w

ここでまさかの流行に乗らず5年前のソフトを起動するという暴挙に出てやりましたよ…へへへ。
だって!上にも描いたけどイラスト描く機能ないんだもん!借金返済ゲームがやりたいわけじゃないんだもん!!w

とはいえ5年も経ってるとなにしてたのかなにが出来るのかも大抵のことは忘れてましてw
なんとなーく村をぐるっと回っては部屋にこもってイラスト描き、という…なんですかね、このオタクっぽい活動はw
まぁ楽しいからいいんですけど。

とりあえず手始めに

17120302.jpg
仮面ライダービルドシャツと

17120303.jpg
仮面ライダードライブポスター

つくっときましたw
5年前のあの頃にはいなかったライダーの服や壁紙…時代は今、動き出した!!


さー、創作意欲が高ぶるぞ〜♪
(ただし流行には乗れないw)
ゲーム |

レアハンターまじー

とかなんとかいいながら。

実は…

17120401.jpg
始めてましたw

昨日あんなに言ったのにw舌の根も乾かぬうちにwww

いやー、理由はいくつかありましてですね。
まず鈴木区周りでやってる人が多かったこと。
知り合いでやってる人が多けりゃそれだけ友達の数増えてやりやすくなるでしょ?
次に流行の波には乗ってみてもいいんじゃないかと思ったこと。
周りでこんだけ盛り上がってて「間島さんやってないんですか?」でいちいち「やってません」で会話終了するくらいなら、ちまちまでもいいからやっといて話が合う方がいいですしね。
そしてなにより…みんな早く飽きそうだということw
ゲームが悪いんじゃないですよ?ブームって得てしてそういうものじゃないですか?
流されて始めた人が1ヶ月もしたら蜘蛛の子を散らすようにいなくなり、気がつきゃ周りでやってるのは自分一人…そんなことはよくあること。
知り合いに「間島さんも◯◯ってゲーム始めましょうよ〜」とそそのかされインストールしプレイし始めて数ヶ月。
気がつきゃ取り残されて僕だけ続けてるゲームがいくつあることかw
それがわかった上で「気が向いたらやろう」なんて言ってたら、始めた頃には「あ、もう飽きてやめちゃいました」って人が多発するに決まってんですよ!
だったら今のうちに始めた方がいいじゃないですか!いろいろと!!

という理由ですw

まぁずーっと「みんな楽しそうだなー」と思ってたのと、鈴木区行ったら「やってないんですか?」ってすげー聞かれたからってのがデカいんですけどw
初日観に行って言われて翌日の夕方くらいにダウンロードして始めてみましたw
ちなみに2日目も観に行ってたんですけど観劇後の飲み会でやりながら飲んでたんですが、周りがびっくりするんですよねー。

17120402.jpg
チョウチンアンコウと

17120403.jpg
フグ釣ったら。

始めたばっかなんでわかんなかったんですけどなんかレアな魚らしいです。
でも開始数時間で釣っちゃったからありがたみがわからないw
そっからもちょこちょこと続けて…今日で3日目とかですが。

17120404.jpg
いろいろと

17120405.jpg
レアキャラ

17120406.jpg
捕まえてます☆


当面の目標はまともなメガネ手に入れることですw

ゲーム |

上戸彩かわいかったですね

タイトルでおわかりだと思いますが(そうでもないw)。

今年もやってきましたね…12月になるとすぐに来る年末の風物詩…M−1グランプリが。

幸い今年はちょうど休みだったのもあり夕方にやってる敗者復活戦から全部リアタイでみてやりましたよ!!w
ということで本日はその感想。
例によって「まだ見てない!」「ネタバレいくない!」という方は見てから読むなり個々人で対策をお願いします、という前フリをしたので心置きなくネタバレしまくりながら感想書きますw





今年の挑戦者は以下の通り。

・ゆにばーす
・カミナリ
・とろサーモン
・スーパーマラドーナ
・かまいたち
・マヂカルラブリー
・さや香
・ミキ
・和牛
・ジャルジャル
(出番順)

今回は半数以上が初出場ということで、お笑いの世界にも新しい風が吹いてるな、ということを感じさせる内容。
結成15年まで、という括りがそうさせるんでしょうけどねー。
ちなにこのうち僕が知らなかった(ネタを見たことがない)のはゆにばーすとさや香。
マヂカルラブリーは…なんかで見た記憶があるんですよね…内村さまぁ~ずだったかな?ツッコミが印象的だなーと思った記憶が。
そして今大会からは出番をおみくじ(笑御籤)で決める、ということで、いつ呼ばれるかわからないプレッシャーで出場者はドキドキだったんじゃないでしょうか…順番わかった上での策略とかも過去はあったでしょうしそういう意味でもドキドキはすごいんじゃないかと予想。
そしてそれに伴いいつもは番組終盤で発表されてきた敗者復活枠も番組の冒頭で発表というかたちに変更。
コレは敗者復活の人からしたら嬉しいですよね…外のステージから慌ただしく移動してすぐさまネタをやれ、ってのは精神的にも身体的にもキツいでしょうし。
んでその今年の敗者復活枠は、昨年ベスト3に食い込んでいたスーパーマラドーナ。
敗者復活戦の方で見た時にやっぱレベルが軍を抜いてましたよね…とにかく展開が上手い。
ちなみにせっかくリアタイで見たということで敗者復活の投票にも参加しましたw
僕が投票したのは…「スーパーマラドーナ」「南海キャンディーズ」「笑撃戦隊」の3組。
この3組ってのがニクいですよね…一組だけって言われたら無難なベテラン勢選びがちですけど3組って言われると「知らないけどまぁ良かったじゃない」って人にも票が入りますしね。
というか敗者復活も三四郎だったり天竺鼠だったり実力者揃いでね…3組に絞るのも難しかったですけどまぁそれはまた別の話っちゅーことで話を本大会に戻してw

番組内でも「今年はレベルが高い」ということを連呼してましたが、実際見ていてホントにレベル高いなーという印象を受けました。
初っ端のゆにばーすも独特の雰囲気でおもしろくていきなり高得点叩き出すし、各コンビそれぞれの色と戦い方が見えてエンタメ番組として見てもレベルが高かったなーと。
決勝に勝ち進むのは3組のみというのはルールなので仕方ないにしても、ホントどの組が決勝行っててもおかしくないな…ってくらいってレベル。
いうて優勝者と10位で38点差しかないわけですからね…マジレベル高ぇ。
もう僕の中ではもう6位くらいまで同じくらい面白かったので、3組じゃなく6組でもう一回ネタやって優勝決めてほしかったくらいですけどねw

そしてこの中で決勝に勝ち進んだのはとろサーモン、ミキ、和牛の3組。
どの組もタイプの違う漫才で全部おもしろかったし、どこが勝ってもおかしくない!って感じで審査員の方も悩んだんじゃないかと思いますが…優勝を勝ち取ったのはとろサーモン。
個人的にはすごく意外でした…いや面白かったんですけど決勝3組のネタ見終わった段階で僕の中では展開上手の和牛か若さと勢いのミキが勝つかな〜、なんて予想してたんで。
一回目の得点でもとろサーモンが3位で、且つ残りの2組が終盤の出番で1位2位を掻っ攫うという劇的な決勝進出してたんで、その勢いで持っていくかなーって印象だったんですよねー。
…全然外れでやんのw
お笑い通ぶってたわけでもないんですけどそれなりに審美眼はある方だと思ってたので微妙にショックでしたね…精進しないと(何をだw)

あと個人的に好きなネタの傾向みたいなものがわかったのが収穫でした。
今回でいうと和牛とかスーパーマラドーナとか、ネタにストーリー性のあるものが好きなんですよねー。
やっぱ根が役者だから一つの事柄をイジり倒して最後まで持ってく系のネタよりも起承転結めいた”展開のあるネタ”が好きなんですねぇ。


とにもかくにも非常にレベルの高いおもしろい大会でした。
優勝したとろサーモンはもちろんですが、今後この中からどんどんテレビで見かけるスターが生まれるんじゃないかと期待が持てる芸人さんたちばかりで非常に楽しかったです。





僕は……どこの立場からモノを言ってるんでしょうねぇw

テレビ |
| ホーム |次のページ>>