FC2ブログ

マジP!

間島淳司の日常をプロデュース!!

2019・Round1!!

明けましたね…年が。

つまり平成の終わりへのカウントダウンが始まったわけですが…別に終わりが近づくからといって悲しいことではないんですよねー、ついいろいろ考えちゃうけどw


さてそんな年越しの瞬間はといえば。

今年は特に誰からの誘いもなかったので一人で『笑ってはいけない』を見ておりました。
てか2年連続一人で過ごす年越しですってよ奥さん。どこ行っちゃったのかしら数年前までのアクティブさと人望はw
まぁ帰省されてる方も多いですし別にそういう理由じゃないんだとは思いますが。
…思わせてw

まぁそんな感じなんで特に書くこともありませんw
今年も一応干支の動物を探してみたりもしたんですが…いかんせん「イノシシ」って猪突猛進のイメージからかまっすぐしか行けないバカ的なイメージを持たれやすいのかぬいぐるみもグッズもあんまないんですよね…
それでもせめて、とムリヤリひねり出して、『いの”しし”』ということで獅子…ライオンのアイテムを揃えてみました。

19010101.jpg
4シシ!

ライオンの顔だけお手玉ぬいぐるみ、ビーストドライバーとハイパーリング、ライオンメダル、そしてライオンフルボトルです。
ハイパーリングはビーストドライバーとセットとみなして4というカウントにいたしました。
そして4点見つかりましたんで「シノシシ」ということで…語感だけでもイノシシに近づけてみようとw


こんなダマしとかパチもんみたいなネタでスタートしますが2019年もよろしくお願いいたします。
あけおめことよろー!!
スポンサーサイト



日常 |

晦日の食卓

あけおめです(昨日振り2回目)

そしてあけおめと言ったのに昨日の話をしだす私w


大晦日はなにもなければ家でテキトーに笑ってはいけないを見て過ごすんですが、5時間6時間ある番組を飲まず食わずで見ているわけもなく。
ご多分に漏れず自炊で作ったメシを食いながら晩酌と洒落込むわけですが。
せっかくの大晦日、普段はあまり食べない手の混んだ料理がいいよねー、ということで、ここ数年は何もなければコイツを作って食べるようにしています。

19010201.jpg
ローストビーフ!!

…特別感を意識した結果正月感じゃなくクリスマス感出ちゃってますがw
今年はクリスマスはグリムの先行上映観に行ってたんで食えなかったんでね。このタイミングで。
ちなみに例年肉の方は良いんですけどソースどうするかで悩んでまして…いやね、だいたいのレシピサイトでソースはフライパンで肉焼いたときに出た肉汁に、赤ワインとバルサミコ酢で味付けしてソースにしなさい、って書いてあるんですけど…なんかあの味に馴染めなくてw
今年はもういっそわさび醤油かなんかで食ってやろうかとも思ったんですが思いとどまりまして、肉汁にすりおろし玉ねぎとポン酢、それに醤油をチョイ足しして和風なテイストにしてみたんですがまードンピシャ。
こっちの方が僕の味覚には合ってましたねー。
ローストビーフ自体も炊飯器とかでできてしまうので牛のモモ肉かたまりを買う余力がある方は是非お試しください。
詳しいレシピは…調べりゃ出ますw

コレにもやしナムルとかソースに使わなかった余った玉ねぎをスライスにしてみたりとかナスの煮浸しとか、和なのか洋なのか中なのかわからん食卓とともに笑ってはいけないを堪能した後は。
大晦日といえば!年越しといえば!やはり年越しそばでしょう!!

今年はお蕎麦のあのCMがすげー好きだったので、年越しそばには卵を落として月見にすることに。
ホントかわいいよねどんぎつね…お月さま掴んでどん兵衛に入れてくれたりとかして。あとシャー!ってやつとか。

19010202.jpg
年越し…

19010203.jpg
コブラ!!w

ねー、イノシシはないのにコブラはあるっていうねーw


美味しい大晦日でした。
ごはん |

正月ストマック。

日本のお正月には正月ならではの料理がありますよね。

いわゆるオセチ、というやつです。


毎日ごはんを作るお母さんに「お正月くらいはゆっくりできるように」という意味も込めて、日持ちのする料理をお重に詰めて手間を減らした、なんて説もありますが、もともとは中国から伝わった御節供が朝廷で節会として行われ、その際に振る舞われた食事を節句、と読んだのが由来だそう。
それを庶民が真似するようになり、おせち料理が広まっていったんだとかなんとか。

ホントかどうかは各自で調べてくださいw

一人暮らしになるとおせちなんて作る気も起きなきゃ買うこともしなくなり久しく食べてませんが、それでもやっぱり正月感は味わいたい、と毎年お雑煮だけは作るようにしてるんですが、今年は気まぐれに別のものも作ってみることにしました。
それは……なます。
子供の頃は酸っぱいもん全般あまり好きではなかったんで酢の物系でもあるなますって全然食べなかったんですが、正月になると父親がおせちをつまみながら熱燗にした酒を飲みつつなますも食ってたのを思い出します。
なんで作ろうかと思ったかといえば、大人になって酢の物好きになったことと、年末にたまたまテレビ見てたらやってたキユーピー3分間クッキングで作ってたからですw

作り方も簡単で、大根と人参を細切りにしたものに塩を振って揉み、しばらく放置。
20分ほど経ってしんなりしたら水気を切り、そこにお酢と砂糖を加え和えたらもう完成。
べらぼーに作るの簡単ですねw
ただ上のは一般的な紅白なますの作り方で、今回は3分間クッキングで別パターンの紅白なますを作ることにしました。

19010301.jpg
紅白なます。

「紅と白がありゃ良い」という理論のもと、人参は加えずに大根のみでなますを作り、そこにいくらの醤油漬けをトッピングすることで紅白とする、という…なんかこっちのほうが豪華でおめでたい感出ません?w


19010302.jpg
正月の食卓。

今年もごはんが美味しいれふ。
ごはん |

すんませんでした。

いやー、昨日はびっくりされた方もいらっしゃるんじゃないでしょうか。

なにがって?

ブログがいつもの時間に更新されなかったからだよ!!w


いやーなにって僕が一番びっくりだよねw
だってね、ブログは実は書いてたんですよ、前日の夕方くらいに。
実は昨日は夕方あたりに宝田から「まだ2日ですが新年会とかいかがです…?」と連絡が来まして。
なにげに毎年元旦か2日とか三が日以内に飲み会開くってのが定例化してまして、その流れで今年も〜、って感じでコレ自体は珍しいことではなく。
昨日も家でテレビ見てただけだったんで「別にいいよ〜」と気軽に返事、19時過ぎから飲む予定だったんでその段階からブログを書き始めました。
途中、時折やってくる遅めの新年の挨拶のLINEに返事なんぞしつつ書き進めてたんですが、たぶんそれで忘れちゃったんですね…
でさらに途中、そういや雑煮の大根とほうれん草食い尽くしたから買いに行かなきゃなーなんてことにも気づきまして。
飲みに行ったらもうスーパーとか閉まっちゃうじゃないですか?だから先に行かなきゃなーなんて思って大根とほうれん草買いに外に出たんですけど三が日…てかまだ1月2日でスーパー閉まってまして。
「嘘だろ」と思って野菜売ってそうな近所のコンビニも回ったんですけどどこも大根品切れしてて。
いつも売ってるとこも品切れってなんだよ!と、普段はあまり使ってないもう一個のスーパー行ったらやっと見つけたんですけど、まるまる1本の大根しか売ってなくて「いやこれだと多いわ」と売り場見て回ったらここも1/2カットのは売り切れてて。
背に腹は変えられん、と1本の大根を買おうと思って取りに行ってよくみたら、大根のとこに「3L」という単語が書かれてまして、ただでさえまるまる1本で多いというのにデカいサイズであることが判明。
「多いわ!!」と思いながらも買って帰ったんですが…そんなことしてたらブログ途中で止まってたということを完全に失念してそのまま飲みに行っちゃったという次第。

いやー、寝て起きてPC開いて思いっきり書きかけのブログ見つけて超ビックリしましたよねーw

ということでそんな2日の飲み会での写真。

19010401.jpg19010302_20190103182110f9a.jpg
ビールと私。

書くときはまとめて書かないと忘れるってことですね…気をつけよ。
小ネタ |

ιからの贈り物

さぁ、今年もやってまいりました…この季節が。

そう!年始め毎年恒例・しぶんぎ座流星群の季節だー!!


しぶんぎ座流星群。
それはペルセウス座流星群、ふたご座流星群と並び『三大流星群』にも数えられる高名な流星群。
他のふたつに比べ流星が多く観測できるピークの期間が短く極大の時間は数時間程度、毎年1月の3〜4日にかけてやってくる流星群です。
ちなみに現状「しぶんぎ座」という星座は存在しません。
もともと壁面四分儀座という星座があったんですが、世界で星座を正式に決めよう!となった際になくなってしまった星座の名前が流星群の名前に名残として残っているという…ちょっと悲しい感じもする名称なんですが。
一応なくなった影響を考慮して『りゅう座ι(イオタ)流星群』という名前にしよう、なんて時期もあったそうですが、流星見に行く人たちがぜんっぜん言い方変えてくれなかったせいで「もういいよしぶんぎ座で!」的にしぶんぎ座流星群が正式な名称になったそうですw
折れない心w

さ、うんちくはこれぐらいにしてw

しぶんぎ座流星群は毎年1月の3〜4日に来てくれるわけで、世間はお正月。
ペルセウスは8月、ふたごも12月と普通にお仕事入ってくる可能性があるタイミングなんで予定が合わないと行けないことも多いんですが、しぶんぎ座流星群は絶対に休みであろう時期に来てくれるので毎年行けるありがたーい流星群でもあるんですよねー。
そして今年ももちろん正月休みだったので天文部の観測に参加してきました☆

星見で障害になるのは第一はスケジュール、第二は天候。
スケジュールが合ってみんなで行けたとしても空が晴れてなきゃ星空は見られないわけで、この辺が毎回頭を悩ませるところなんですが…なんと今年はどっちに行っても全国的に晴天の予報。
行く前のやりとりの段階で「今回は勝確ですが」なんて単語が飛び交うくらい。
加えて今回は新月が非常に近い最高のコンディション。
去年のしぶんぎの時期は月もほぼほぼ満月でがっつり極大の時間にカブり、空明るすぎて昼間かよ、ってなるくらい明るかったんでなかなかに苦戦しましたが、今年はその辺は無事クリアという状況。
唯一問題があるとすれば…極大の時間が4日の午前11時であるということw
ガッデム!昼間やないかぃ!!w
戦術の通りしぶんぎ座流星群の極大は数時間程度なので、マジの極大の時間にはもう太陽昇って明るくなっちゃってるわけです…なので狙うは極大よりも前にひょっこりしてしまったあわてんぼう流星ということに。
条件が整えば1時間に20〜30個とかも夢じゃないんですが…果たして何個見られることやら、という状況での旅路と相成ったわけです。


途中サービスエリアだったりコンビニだったりに寄りつつ目的地に着いたのが深夜0時の少し前ほど。
観測エリアにたどり着き空を見上げたときの感動といったら…今回ね、マジで空が暗くて星がてんこ盛りだったの。
これだけのコンディションは初めて星見に行った『宙のまにまに』の打ち上げ旅行の観測会以来かも???ってくらいの星空と感動。
これは…勝確!!!!!
と、ある人は三脚立てて撮影の準備をし、ある人は床にレジャーシートを敷いて寝そべって観測できる状況を作ったり、めいめいが思い思いの星見の準備。
僕も車の中でハイパー防寒対策をしてから外に出て、星空を見上げることしばし。
10分…20分……

ぜんっぜん流れん!w

そりゃそうですよね…一番活発な極大のタイミングはまだ12時間近く先なわけで。
一応まったく見えないわけじゃありませんでしたが、序盤はみんな流星を探すというよりはこの雲ひとつないすっきりと抜けた星空で星座を探すことの方を楽しんでいたように思います。
でそっから数時間。
途中温かい飲み物飲んだり暖を取りつつその場に留まり観測を続け……ぶっちゃけ最終的には4時くらいまで観測してたんですが、終盤になりやっと流星が少し活発になってきたかな???という状況にこぎつけ、流星を観測することに成功。
人によってまちまちではありましたが、ボク個人は全部で24個の流星をこの視界に収めることに成功しました。
たぶんラストの1時間くらいまでは数時間で10個くらいしか見れてなかったんで、ホントに終盤にかけて活発になったんだなーと実感。
中には比較的太いものや長くて早いもの、流星ごとに速度や太さが違う個性も見比べられたりして非常に実りのある星初めとなりました☆


ちなみに。

今回ハイパー防寒のおかげで風が吹かなきゃ別にそんな寒くない、みたいな状況で観測できたんですが、聞いたら気温、−6℃だったらしいですw
だそれ!気温低っ!!
年末あたりにニュースで「日中の気温は10℃でかなり肌寒く感じますから温かい格好を心がけてください」とか言ってたけど、ここと比べたら天国だわ!!
なにせ!16℃も暖かいんだから!!w


冬の星見は舐めたらあかんw

星見 |
| ホーム |次のページ>>