マジP!

間島淳司の日常をプロデュース!!

JUST LIVE MORE!

横浜MSWR最終ブログは横浜の話…ではなく。
都内某所でのお話をしたいと思います。


MSWRでは毎年パンフレットが販売されます。
僕達『まじポン!』も数年前初めて参加したときから、イベントだけではなくもちろんこのパンフレットの方にも参加しています。
各番組独自のコンセプトがある中、我が番組のコンセプトは『女装とコスプレ』w
きっかけは初参加の時の収録後の会議にて「どうします?」というスタッフの質問に対し、僕は「やるならライダーかなー」と言ったこと。
すがぽんはすぐ手近にあった当時公演間近だった舞台のチラシを見て「コレでいいですコレで」とテキトーに言い放ったこと。
そのチラシに写ってたのがきゃりーぱみゅぱみゅさんみたいなメイクをした人だったんですよね…ここから彼の女装人生はスタートしましたw

まぁここは『マジP!』なのですがぽんのことはおいといてw

初参戦の時から僕のコンセプトはあくまで仮面ライダー。
変身後のスーツを再現するのはさすがにムリなので、変身前の俳優さんの衣装をモチーフとして来ました。
初年度は『仮面ライダーオーズ/OOO』から火野映司くん。
二年目は『仮面ライダーダブル』のフィリップ、それに何故か『仮面ライダー』の本郷猛をセットでw
三年目、去年は同じく『仮面ライダーダブル』より2号ライダーの仮面ライダーアクセル・照井竜くんの格好を。
去年はたしか、すがぽんが「婦警さんで行く」と言い出して、それに合わせるかたちで「仮面ライダーで警官といえば?」ってなって、当時放送開始したばっかのドライブ…はただのスーツになっておもしろくないから、と同じく警察官だった照井竜の服装をすることになったんですよねー、ダブル好きだから嬉しかったなぁ。

そして四年目となる今年…今年も実はすがぽんのコンセプトに合わせるカタチで決まりましたw
先に彼が「今年はゴスロリをやる!」と宣言。
ライダーでゴスロリに合いそうな服装といえば?というスタッフの問いに対し「だったらアレかなぁ…」と提案したのが今回の服装。
『仮面ライダー鎧武』に出てくるライダー・チームバロンのリーダーである駆紋戒斗。
彼の服装になったのです。

こう考えると毎年すがぽん合わせのようですが、実は…実際そうですw
僕のオーダーは『仮面ライダーの誰かの格好』でしかなく、「今年は誰がやりたい!」ってのはないんですねー。
なのでバランスを見て質問に答えるかたちでいくつか候補を出し、そこからスタッフさんが選択、決定していくかたちなのです。
まぁどういう決まり方であれ僕はライダーになりきって遊ぶことが出来るので大満足で無問題なんですけどw

そう…あくまで服装をすることが目的ではなく『遊ぶ』ことが目的なのです…パンフは販売するものなのであくまで服装のみですが、毎回スタジオにおもちゃを持ち込み、自分の分の撮影が終わったら一人でおもちゃ使って撮影大会w
今回はその様子をお届けしよう、というわけ。
いうなればある種のオフショットってことですね。

毎年衣装もスタジオもスタッフさんにお任せしてますが、今年はすげー世界観が合ったんですよね…まずはベルトで遊んだとこから。

15101801.jpg
まずは全身。

これだけマネージャーに頼んで撮ってもらいましたw
やっぱ…せっかくだし全身写真も撮っておきたいじゃないですかw
とはいえマネージャー連れ回して撮らせまくった挙句「画角が気に入らない。こう撮れ」とかやるのもなんかアレじゃないですかw
ということであとは全部スマホを使った自撮り写真になります。

15101802.jpg
変身!

15101803.jpg
ナイトオブスゥピアー♪

それにしてもこの男ノリノリであるw
コスプレしてメイクして撮影する機会なんてめったにないので、楽しくなって普段ブログでは載せない顔入りの写真で撮ってますw
そのくらいテンション上がるんですよね…コスプレすげぇ。
そしてさらにこのスタジオがすごいのが、このレンガ背景でも世界観すごいいいんですけど違う背景がいくつかあるんですよねー。

15101804.jpg
ステンドグラス風。

こうなってくるとバロンというよりはキバっぽい感じになりますけどw
ゴスロリ撮影に強いスタジオさんらしく、そこそこの広さの部屋を分割して世界観の違う背景を作り出しているのです。
こうやって撮るんですね…都会でのコスプレ撮影って。

楽しくなっていろいろ遊んでいると、事務所のマネージャーが僕のところにかっ飛んできました。

「間島さん!ヘルヘイムです!!」

…?
『ヘルヘイムの森』というのは仮面ライダー鎧武の中に出てくる単語。
ヘルヘイムの森から現代世界に入りこんだ植物が世界を混沌に陥れていく、みたいなことなんですが…いやいやいうても。
ヘルヘイムの森はあくまでフィクション、僕らが生きる現実世界に存在するわけないじゃないですか。
仮にセットだとしてもそんなマニアックな世界観、ゴスロリに強いスタジオに存在するわけが……

15101805.jpg
あったー!!w

スタジオの隅っこ、一部分に蔦がからまったようなセットがありまして。
見つけたマネージャーが「ヘルヘイムや!!」となって僕に報告してくれましたw
いやー、この日着いてたマネージャーが特撮好きな人でよかったw
見つけた瞬間もうダッシュでしたよね。
ちなみに手に持ってない蔦から生えてるロックシードは持参したも私物です。
ホントにロックシードとかまで着けて鎧武に特化したスタジオというわけではありませんw


とまぁパンフレット撮影の裏で僕はこんなに楽しんで遊んでましたよ、という話。
ホントはパンフでもベルト巻いて出たいんですけどね…さすがにそんなんパンフにして売ってたらえらい人に怒られそうなのでここでだけのお楽しみ☆ということでw

最後にもう一度、MSWR2015にお越しくださった皆さん、ありがとうございました!!
スポンサーサイト

祭り事 |
| ホーム |