マジP!

間島淳司の日常をプロデュース!!

3度目の正直

皆さん知ってました?
今日は『ブラジャーの日』だったらしいですよ?
ご指摘を戴いて僕も知った…と言いたいところですが、正確に表現するなら『思い出した』ですかね。

何故なら…過去にブログのネタに取り上げたことがあるからwしかも2度もw

1度目はブラジャーの日の由来とか調べて、最終的には「間島にプレゼント送る金があるなら自分用のブラを買おう」って話をしてました。
2度目はブラのデザインに言及し、「似合ってればなんでもいい」と身もフタもないまとめ方で終わってました。
改めて読み返しましたが…頭おかしいんじゃないですかね、このブログ書いた人w


ブラジャーといえばおっぱいを保護する乳バンドなわけで、ブラジャーの日に限らずなんだかんだ話題に上るアイテムですが、3度目の今年はどんな話をしようかと考えた結果…コレにしようと思います。

ノーブラってエロくね?w

ブラの存在自体が取り沙汰される日だからこそ…あえてブラの存在を無視してみる。
それが『マジP!』クオリティw

ブラジャーって基本的に女性はしてるものじゃないですか?
おっぱいを保護するためにも必要なものですし、恥の問題もあるでしょうからそれは当たり前だと思うんですが、ブラジャーをし続ける、というのもやはりストレスがかかるもの。
四六時中ブラジャーで体を締め付けてたらそりゃストレスもかかりますよね。
とはいえ男性にはどんなもんか想像しづらいのもまた真理…そこで、『ブラジャーのストレスを他のストレスで表すとどのくらい?』という調査を見つけました。
以下top3。
第一位「朝の満員電車」
第二位「気が進まない飲み会」
第三位「想定外の残業」

これで男性諸氏もなんとーなくは想像できると思います。
ブラジャー着けてることで毎日が朝の満員電車だったとしたらそりゃあイヤですよね…だったらもう取っちまおうぜ!!w

とはいえおっぱいを愛する変態紳士としては外すことのリスクも承知しております。
最大のリスクはやはりクーパー靭帯への影響ですよね。
女性のおっぱいは大胸筋ともう一つ、クーパー靭帯というもので支えられています。
この靭帯、一度切れてしまうと二度と修復されることはなく、そのためにも激しい運動をおっぱいにさせてはいかんのです。
それを護るのがブラジャーであるわけで、だからこそストレスがあったとしても着けるべき。
とはいえ別に毎日激しい運動をするわけでもなく、そうじゃない日はラクをさせてあげるのも大事なこと。
家でリラックスしてる時、ちょっとした外出、そんな時にはノーブラでストレスフリーに行動することもまた一興かと…ああ、そんなお姉さんと遭遇したいw

ところでノーブラの何がエロいって、やっぱ透け乳首ですよねw
Tシャツとかの向こうからほのかに伺える小さな突起…「あれ?もしかして…」なんて思ったらもう視線はそこにロックオン。
当然ですが僕のエロ画像フォルダにも『透け』というジャンルが存在してますよええw
ピッタピタのTシャツとかタンクトップとかをノーブラで着てるのを見せてくれたらボカァもう…ボカァもう!!w
まぁ乳首はさておき背中側にブラの線が見えない時とか、それだけでもドキドキしますよね。
「あれ?もしかして…」つって。ボカァもう!w
とはいえその場合ブラトップの場合もあるわけでそう簡単にはボカァもうしないように気をつけてますがね!w

あと一時つけ乳首って流行った時期ありますよね。
テニス選手のシャラポワさんだったかが使用してるだかで認知された印象ですが、アレのおかげで透け乳首のエロス度がちょっと減ったなーと思ってます。
だって!乳首がポチッと透けててもそれはファッション乳首なのかもしれないわけでしょ!?
そんなのにボカァもうさせられてると思ったらなんか腹立つし!!ボカァ騙されないぞ!!って意識が植え付けられてしまったので、仮にホントにノーブラお姉さんと遭遇してもその想像が邪魔をするわけですよ。
ホントに許されざる…許しがたい存在だわ……それでも「もしかして」に期待してしまいそうですがw
今でも使ってる人いるんですかね?てか売ってんの?つけ乳首。


まぁなんだかんだエロいと思って書いてみましたが、実際にノーブラお姉さんと遭遇する機会なんてないですからねぇ…今日もおとなしくネットの海に潜って良いエロ画像を探したいと思います。
最高のノーブラを求めて…僕の度は続くのであった……

ボカァもう!!w
スポンサーサイト

おっぱいとか。 |
| ホーム |