マジP!

間島淳司の日常をプロデュース!!

希少なる布地

どうも、ラッキースケベ撲滅派の間島です。


シャツの襟元から除くブラ、階段を上がる際や風の悪戯等一瞬の油断で見えるパンツ…どれも非常に良くないものだと思います。
なぜならそれは、見られた側の女性にとって”望まざるもの”だから。
エロとはお互いの合意があって初めて成立するものであり、一方的に強要したり勝手に見出したりしてはならないものなのです。
少なくとも僕はそう考えています。
だから、ラッキースケベ、いくない。


でも


街でパンチラ見えると


「お、ラッキ♪」


とは思っちゃうよねw




アレ不思議なんですよね…僕の中の考えとは違うしそもそもパンツってただの布じゃないですか?
シャツだってスカートだってパンツだって『布』という一点では同じはずなのに何故かパンチラだと「ラッキ♪」と思っちゃう。
非常に不思議です…なんなのだこの感覚は。

でいろいろ考えたんですが、エロには”レア度”という側面があるんだと思うんですよね。
例えば風呂上がり、お母さんがバスタオル一枚でリビングをうろうろしてるとします。
…特に興奮しないじゃないですかw
この辺は肉親であるとか好みの問題とかもあるのでアレですが、イメージとして「レアではない」ということをいっているんだとご理解下さいw
例えば好きな相手が出来たとして、思いが通じてお付き合いして、初めての愛の営み…すごく興奮すると思います。
でも2回、3回と回数が進めば、だんだんと当たり前になってきてレアではなくなっていきます。
どんなに好きな相手であろうとその感覚は必ずあって、「初めて」というレア度には勝てないのです…エロってそういうもの。

これをパンツに当てはめて考えてみましょう。

普段パンツは見えませんよね、当たり前です下着なんだから。

では下着と同じような面積で体を隠す水着。
隠れてる面積はほぼ同じですが、水着が見えた際に「ラッキ♪」とは思いません。
だって水着は外に出てもいい、見えても良い服装だから。
たまに上にパーカーなんかで羽織ものをしている女性の場合見えた瞬間一瞬「ラッキ♪」と思ってしまいますが、冷静になるとそれは水着だから見えてもいいのか…となり、下着が見えた際のレア度感には及ばない感覚になります。

雑誌なんかでたまに見かける、下着でのグラビア写真。
とてもセクシーですよね…でもそれは美しい体や顔をした女性が下着姿でいるから、であり、下着を見せる前提で撮られているのでそれを見て別に「ラッキ♪」とは思いません。

例えば電車の乗り換えとかで階段上ってたら目の前にスカート丈の短い女性。
見えそう…でもきっと見えないよね…あれ?あっ、見えた!それは一秒にも満たないほんの一瞬のこと。
それでも「ラッキ♪」と強く思うのは、それは見えるべきタイミングで、見ても良いパンツではないから。
『見ていいものではないものが見えた』というレア度に対して「ラッキ♪」と感じているのです。


そう考えるとあくまでレア度に反応してるわけですから、グラビアのように下着がまるごと見えてるよりはスカート捲り上げてちょっとだけ見えてる方が興奮するように感じます。
この場合例え下が水着であろうと上に服を着てるわけで、チラリと覗く三角地帯から覗く布地が水着か下着かなんてことは見てる側からはわからないわけで、レア度という一点にのみ言及すればとてもエロいことに感じると思います。




これだ




皆さん。
「スカートからチラリと覗く水着写真」ですよ!コレですよ!!
見せてる女性は「水着だから見えても平気」と思って見せてくれてるけど、見てる男は下着か水着かわからないから興奮する!
その場で見せちゃうと「水着だから平気だもん」的な会話が発生してその正体がわかってしまうけど、写真のみならそれは男の想像に任せられる部分であり、何回見ても興奮する!
見つけたぜ…全員が幸せになれるエロ写真を!!w


というわけでそんな写真を募集!…しようかとも思いましたが「スカートからチラリと水着見えてる写真送ってください☆」とか言うと大丈夫なはずなのに何故か変態性がすごい感じになるな、と思ったのであえて募集はしませんw
なので代わりにそんなエロ写真を探す旅に行ってきます。

いざ、インターネットという名の大海原へ!!w
スポンサーサイト

男女に関するアレコレ |
| ホーム |