マジP!

間島淳司の日常をプロデュース!!

クライマックスだぜ!!

最初に言っておく。

今日はただのオタクのおじさんが新しいおもちゃのレビュー書いてるようなもんなので期待しないようにw


ということで先日コレが我が家に届きましたよ!!


17100401.jpg
CSMデンオウベルト!

うっひょー!かっちょE!!

ダブルドライバーから始まったCSMシリーズ…コンプリートセレクションもディフィケイション。
「大人のための変身ベルト」というコンセプトで作られるこのシリーズもこれで第16弾。
…けっこう出てんな…どうりで部屋が狭くなるわけだw
このシリーズなにげに殆ど持ってまして、14弾のNEW電王ベルト以外はすべてうちにあります。
ん?何故NEW電王ベルトは買わなかったのかって?

忘れてたからだよ!!w

今年電王10周年で満を持して出たのがNEW電王て…なんで電王ベルトじゃないんだ…と一瞬思ってしまいためらった結果、いつの間にか僕の脳内で「なんだかんだ悩んだけど予約した」ということに予約してないのになってまして、結果これだけ買いそびれた、と…
…中野か秋葉原かな(大人のつぶやき)

ということで今回はこのCSM第16弾・デンオウベルトで遊び倒します!!


電王の変身といえば、まずはベルトを巻くところが印象的ですよね。
ベルト部分がつながった状態のデンオウベルトのバックル部分を手に持って上手いこと腰にくるっと巻き付けるアレ!
写真ではありますがアレもやりたいのでまずそっからチャレンジ。

17100402.jpg
17100403.jpg
17100404.jpg
装着!

ざっとこんなもんですわw
もちろん写真なのでホントにこうやって着けたわけではないので念のためw
てかこういう遊び方をするであろうことを想定しているのか、ベルト部分バックルに装着する時にそこでちゃんと音が鳴る!
子ども用の当時品のおもちゃにはなかったギミックが!さすが大人用ベルト!わかってる!!

そしてソードフォムなら赤、ロッドフォームなら青といった具合に変身したいフォームの色のボタンをプッシュ!

17100405.jpg

17100406.jpg
「変身!」

17100407.jpg
\ソードフォーム/

やー楽しい。
てか変身音も当時のおもちゃと比べて音が長く、良くなってるように感じます。
この辺もこだわってるんでしょうね…あとコダワリといえば、ベルトの下部にボタンが付いてましてそのボタンを押すと曲が流れます。
戦闘シーンでよく流れる、モモタロスが「行くぜ行くぜ行くぜー!」って言いながら突っ込んで行く時に流れるBGMと、モモタロスと良太郎のデュエット『double-Action』。
他のCSMシリーズでも音楽がベルトから流れる仕様のものがいくつかありますが、やっぱベルトから流れてくるとテンション上がりますねー!

…ということでここまでの一連の流れをgifアニメにしてみましたw

17100409.gif
俺、参上!!

やっぱ写真より動いた方がいいですね作ってよかったw

さぁそして今回のデンオウベルトにはそれ以外のアイテムも豊富に取り揃えてございます。
まずはこちら

17100410.jpg
ケータロス!

ライダーや特撮ではお馴染み・携帯電話としても使えるパワーアップアイテムですねー。
電王はコレでクライマックスフォームに変身!!

17100411.jpg
\クライマックスフォーム/

さらには三ヶ月連続で劇場版として公開された超電王トリロジーシリーズから、EPISODE YELLOWに登場したG電王のベルトにも!

17100412.jpg
仮面ライダーG電王ベルト

ケータロスもそうなんですが、バックル部分が着脱できてそれぞれのアイテムが装着できるんですよねー。
ホント良く出来てるよね日本のおもちゃ。

さあそして、そんなデンオウベルトがどう進化したのか、わかりやすくするために当時品との比較写真。

17100413.jpg
上:当時品 下:CSM

画像が小さいのでわかりづらいですが全体的にしっかりとしたつくりになってます。
あと一番目を引くのはやはりベルト部分ですよね~。
当時品だとこの部分のコダワリがどうしても出来ないんですよね…ココ再現してくれてるのホントたまらん。

あと他のアイテムも。

17100414.jpg
上:当時品 下:CSM

これも画像だとあまり変化がないように見えますが、当時品はプラスチックのおもちゃ感がどうしても見て取れるんですけどCSMは色合いもこだわって作られてますね。
あと真ん中の結合部分がビスが見えてて黒い穴みたいになってたのも修正。
さらにすげー細かいんですけど携帯としての見栄えも考えて、耳当てる部分とマイク部分がホントの携帯みたいに黒くなってますw

17100415.jpg
左:当時品 真ん中:CSM 右:G電王用

コレもわかりにくいですが一番の違いは質感。
やはりおもちゃ感が出てしまっている当時品と比べてしっかりと作られているのが見て取れます。
写真でもなんとなーく表面が滑らかになってるのがわかりません?
こういう細かい仕事がいいんですよねCSM…高い金出して買って損なし!


ということでCSM・デンオウベルトのご紹介…というか「で遊んだ」というご報告でしたw

非常に良く出来ていて遊んでて楽しいし、デンオウベルトはシンプルでデザイン的にも美しいと思うので大満足。
あと個人的にはだいぶ前に寺島くんからもらった当時品のデンオウベルトがこんなカタチで役に立って満足ですw
スポンサーサイト

おもちゃ |
| ホーム |