マジP!

間島淳司の日常をプロデュース!!

焼き?戻し?

子供の頃から、ずーっと気になっていたことがあります。


『カップ焼きそば』ってあるじゃないですか?
手軽に焼きそば食べられて美味しいしいいなーと思うし、たまに買って僕も食べたりするんですが、あるときに気づいてからずーっと気になってたんです。
別にそれによってカップ焼きそばの味が変わるわけじゃないし、今でも全然普通に食べるんですけど…気になるもんは気になるわけで。
ずーっとモヤモヤとしてた問題に決着をつけようと思い、向き合うことにしてみました。




カップ焼きそばって、焼いてなくない?w




イヤだってさ、開けるでしょ?ソースとかかやくとか取り出すでしょ?かやく入れるでしょ?お湯入れて3分待つでしょ?お湯切るでしょ?ソース入れて混ぜるでしょ?食べるでしょ?

ほら、焼いてないw

焼いてないのに焼きそばとはこれ如何に!?とずーっと思ってたのです。
確かに味も見た目も焼きそばですけど、焼いてないのに焼きそばを名乗るというのはどうなのか!?
焼いたらめんどくさいのはわかるけど、焼いてないのに焼きそばて!
正確にいうなら、焼きそば風戻しそばじゃん!!
手打ち風うどんかよ!
てかなんだよ戻しそばって!!w

今まで気づいてたけどずーっと見てみぬふりをしてきました。
「カップ焼きそば食ーべよ」

(焼きそばじゃないよね…)

(お湯で戻してるだけだよね…)

そんな思いを抱きながらも美味しい美味しいと食べてきました…焼きそばだってそんな疑問を持たれながら食べられるのなんて良くは思わないはずです。
僕だって気づかなければそんなことは思わなかったのに…でも、気づいてしまったから…ごめんよ、カップ焼きそば。

だからこそ、この思いを今日。昇華しようと思います。





カップ焼きそばを、焼きそばにしてあげましょう。




用意したのはこちら。


17022801.jpg
野菜と、カップ焼きそば。

カップ焼きそばだけでも良かったんですけど、せっかくですからより焼きそば感を出すために野菜も用意しました。
どちらもスーパーとかで買えます。

お湯を沸かして、お湯が湧いたらカップ焼きそばにお湯を注ぎます。
注いだらフライパンに野菜を入れて炒め始めます。


17022802.jpg
じゅー。

香ばしい香りを出したかったので油はゴマ油を使用。
時間を測りつつ野菜を炒めて待つこと2分。
この後の工程を考えて通常より早めにお湯を切ります。
お湯を切ったら炒めてるフライパンに、戻した麺をどん。

17022803.jpg
ドン!

さらにソースをどん!

17022804.jpg
ドン!!

後はイイカンジになるまで混ぜ合わせれば…完成!

17022805.jpg
焼きカップ焼きそば!!

見た目はもう完全に普通の焼きそばです。
が。これはただの焼きそばではありません。『カップ焼きそばを焼いたもの』です。
調理にはゴマ油以外特に調味料は使っていません。あくまでカップ焼きそばについてたソースとふりかけのみ。
果たして味は…カップ焼きそばとくらべてどうなのか…実食!

美味い!w

もう味がカップ焼きそばじゃないですこれ。焼きそばですw
野菜をたっぷり使った結果、普段食べるカップ焼きそばよりもソースの味わいが薄くなるんですが、それがかえって野菜の味わいも際立たせる結果になり、もうホントただのおうちで作る焼きそば。
カップ焼きそばを焼いたと言われなければ普通の焼きそばとしか思えないくらい焼きそば。
もうこれはカップ焼きそばではありません…これは、焼きそばです。


ということで長年の思いにようやっと終止符を打つことが出来ました。
これからは「カップ焼きそばも、焼いたらもうただの焼きそば」という気持ちで、カップ焼きそばを食べたいときはそのまま、焼きそばにしたいときはフライパンで焼いて食べていこうと思います。

洗い物が増えるのがたまにキズですが、試してみたい方は是非どうぞ☆
ごはん |

のこりものでドン

冷蔵庫にキャベツだけ余ってました。


キャベツって葉物野菜なんで早めに食べないと悪くなりがちなんですよね〜。
とはいえ飲み会も多い身、なかなか消費する機会も用意できず…晩御飯ではなくお昼ごはんとして処理する方法を模索した結果、あの超便利料理に行き着きました。



17021001.jpg
パスタ。

たまたまストックしてあったシーチキンと一緒に。
レシピ検索すると出るもんですねぇ…てかパスタってなんでも合う気がする。
この日は普段試さない、マジックソルトで味付けするというパターンのパスタだったんですがこれはこれで美味しかったです♪

余った食材でもテキトークッキング…どんどん主夫力が上がってる気がしますw

ごはん |

今年の恵方はホク!ホク!SAY!!

今日は節分でしたね。

思いついてtwitterで

『今日は節分ですか。



僕の恵方巻き見せてあげるからキミのおマメ、見せてくれない?(クソ下品)』


って書いたらいろんな知らない人からヒドイヒドイ言われた間島淳司ですこんばんわw

いやだってさ…思いついたら言いたいじゃん、言うだけならタダなんだしw
てかそもそもさ、僕をフォローしてるなら僕がフザケずにはいられない人間なの知ってるでしょ?特にブログとかtwitterとかで。
何故ヒドいなどと言われねばならないのか…何度も「イヤなら見るな」と警告しているし、常日頃からそんなことばっかつぶやいてるのに。

てか一番ヒドいのはそれに対して「間島さんの恵方巻き見せてください♡」とか返してきてるヤツだと思うのw
だってさ!僕が僕の恵方巻き見せたところでそいつら絶対見せてくれないでしょ!?てかなんだよ「間島さんの恵方巻き」って!
「キミ」とか二人称ならまだしも「間島さん」と人物指定して言うのは生々しすぎだろ!アウトー!!w


とひとしきりブチまけたところで皆さんの要望に応えてお見せしたいと思います、間島さんの恵方巻きをw


といっても隠語でもなんでもない文字通りの恵方巻きですがw

毎年節分とか記念行事があるといろいろ調べてそれっぽいこと書いてますが、ブログ開設以来8回目の節分を迎えるとなるともはややることなくてw
節分とは中国から伝わった『追儺』という行事から始まったものだということも調べた、恵方巻きは関西圏発祥で道教において福徳を司る方位神・歳徳神という神様がいらっしゃる方角を向いて食べるんだということも調べた、節分は冬と春の節目であり2月3日とは限らないってことも調べた、響鬼に変身して鬼を退治したこともあったw
こうして振り返るといろんなことを知り、いろんなことをやったもんです…鈴木区で稽古してて水煮の豆パックもらったこともあったなぁw

で、振り返ってみて気づいたんですよ、恵方巻き食べてないな、と。
厳密にはコンビニで売ってるの買ってきて食べたりはしてるんですけど、発想として「恵方巻きを作ろう」というところに何故か気持ちが向いておりませんで…やってないことをやるならコレだろ、と、今年は恵方巻き作りに挑戦しました。


恵方巻きとは。
七福神をイメージして七種の具材を『福』と見立て、太巻き寿司に『巻き込む』ことが由来であり意味。
七福神しかり七草粥しかり、アメリカで「ラッキーセブン」なんて言いますが日本にとっても七って数字は縁起の良い、守ってくれる数字なんでしょうね。
ということでせっかく作るから具材を7つ調達。

17020401.jpg
我が家の今年の七福神。

キュウリ、かにかま、大葉、卵、マグロ、エビ、イカ。以上の7つ。
本来の恵方巻きには煮詰めたシイタケだったりうなぎの蒲焼だったりが入るらしいんですが、一人暮らしの男が恵方巻きのために7つも食材買って消費しきれるとは思えなかったので簡易的なものにしました…ってか特売のおつまみ刺し身セットがスーパーになかったら「…いりゴマとマヨネーズ入れて『7つ』って言い張ろうか」とか考えてたので非常に助かりましたありがとう特売w

まずは米を研ぎ昆布と一緒に炊いて、その間に具材の仕込み。
食べやすい大きさに切ったり、卵を卵焼きにしたりといった作業ですね。
ついでに酢飯のための用意も。酢に塩と砂糖を合わせたものを用意しておきます。
ちなみに1合炊きだとお酢18ccに塩小さじ1、砂糖はそれより少なめでお好みで、といった感じ。
準備が整って米が炊けたら、ボウルか桶にごはんを取り出し先程のすし酢をご飯にかけて、うちわで扇ぎながら切るように混ぜていきます。
温かいお米じゃないとすし酢を吸わないそうで…ちなみにうちわで扇ぐのも酢を吸わせつつ水分バランスを整えるためだそうで、米を冷ますのが目的ではないそう。
…実家にいた頃知らずに扇風機で全力で冷ましながら混ぜてたわ…w

とこれで下ごしらえは終了。
いよいよ恵方巻きを巻いていきますよ…!!

17020402.jpg
海苔に酢飯を乗せ

17020403.jpg
具材を並べたら…

一気に『福』を、巻き込みます!!
あんまりぎゅうぎゅうやると米とかも潰れて美味しくなくなっちゃうんで、軽く押さえて形を整える程度がいいそう。
そして…巻きすを戻せば…

17020404.jpg
完成!恵方巻き!!

17020405.jpg
巻いた面はこんな感じ。

はじめてにしてはけっこう上手く出来た気がします…可能なら切って食べたいところですが今回は恵方巻きなのでこのまま丸かぶり。
アプリで今年の恵方・北北西を調べて…いただきまーす。

17020406.jpg
ガブリンチョ!!

自分で作ると…アレですね、コンビニのやつより太くて喰いづらいですねw
でも味は良し!食材同士の甘みだったり個性が噛む度に顔を出して面白い感じ。
欲をいえばちょっと醤油とかつけたかったけど…ってそらそうだ、本来はここにウナギの蒲焼なりシイタケなり味の濃いものも入れて完成なんだからw
そして北北西を向きながら目を閉じて咀嚼することしばし…

終わらん!!w

いやー失敗しましたねー、口の中の水分すげー持ってかれるのw
食べる前に水なりお茶なりで口を湿らせておけばよかった…苦戦しながらもなんとか完食。儀式終了。

と初めての恵方巻きチャレンジをやってみました〜。
最後は1合炊きだとちょっと米が多く、ハーフサイズの太巻き作って切ったものがあるんでそちらの写真でお別れ。

17020407.jpg
テッテレ〜♪

丸かぶりじゃなくてこうやって食えたら…ラクなんですけどねw
そのぐらい許してくれーぃ、歳徳神のオッチャン!!w
ごはん |

思いつきでドン!

今日は飲みの誘いもないなー、でも飲みたいなー、みたいな時は自炊するようにしてる間島淳司です。

今はコンビニとかもあるんでお惣菜的なものちょっと買ってきて飲むときもありますけどね…可能なかぎりは自炊で!と心に誓っています。
「酒を飲まない」という選択肢があまり選ばれないところに問題を感じたりもしますがw


先日もまたそのような日がありまして、とりあえず買い出しにスーパーに行きました。
道中なに食べたいかずーっと考えつつ、スマホで料理レシピサイトとかも眺めてたんですがどれもピンと来ず。
たまーに食べたくなる時があるニンニクの芽と砂肝の炒め物とかそんなんでいっか、とテキトーメニューでお茶を濁そうかと思いつつスーパーに入店。
カゴにビールを入れ精肉コーナーへ向かい砂肝があるであろうところを見ると…どこにも見当たらず。なんと完売。
この段階でかなりやる気が削がれたので餃子のような気合い入れて作らなきゃいけないものは選択肢には入らず、スーパー内を散策しながら改めてなに食べたいかを試行錯誤。
結果「あ。コレやったことないな」というものを思いついたのでその願いが叶いそうな食材を買い物カゴに投入しお会計、そして帰宅。
最終的に行き着いた献立は、このようなものになりました。



17020101.jpg
ばんごはーん。

キュウリの食べる辣油がけとささみの湯通ししたやつはいつものやつなんで置いといて。
問題の「コレやったことないな」は左の炒め物でしたー。
写真だとわかりにくいですけどコレ、イカとかエビとか貝とかシーフードが入った炒め物なのです。
お目当ての砂肝を失い失意の中スーパーの中を「なんか炒めるだけくらいしかしたくない」と思いながら歩いてたんですが、炒めものって考えたときに頭の中がどうしても肉で埋め尽くされてまして。
鶏か…豚か…それとも牛か…なんて思いながら歩いてたら魚介類のコーナーにたどり着きまして。
冷凍のシーフードミックスが目に飛び込んできて「コレだ」と思ったのです。

すぐにレシピ検索をして良さげな味付けを調べて「イケる…!」と思ったのでこのようなかたちになったわけですが、非常に美味しかったです。
作り方もいたって簡単。
お好きな葉物(今回は小松菜使ってます)とエリンギ、それにシーフードミックスを用意して適当な大きさに切ります。
炒める前に、醤油、片栗粉、料理酒、鶏がらスープの元を混ぜて置いておきます。
フライパンに油を入れてスライスにんにくを軽く炒めて油に香りをつけたら、食材を火の通りにくい順に炒めて行き、さっき混ぜたものをかけ味付け。
で終了。
調べたレシピではウスターソースだのみりんだの砂糖だのといろいろ入れろと書いてあったんですが、甘い系の味付けにしたくなかったんで砂糖は入れずみりんは料理酒に、あとうちになかったんでウスターソースは鶏がらスープで代用。
そしたら僕の好みの味付けになりましたw
片栗粉のお陰でとろみも付いて食材に絡みやすく、アサリかなんかの貝も入ってたからそっから出汁も出たのかもしんないですね…良いレシピ思いつきました。

非常に簡単で野菜も摂れ、且つシーフードミックスは冷凍なのでいつでも作れるのでとても良いと思います。
みなさんもお試しあれ☆
ごはん |

安心してください

自炊、してますよ?


日によってすげー食べたいものとかあるじゃないですか?
まぁだいたいそういう食べ物って自宅で調理しにくいものなんですけどね…ラーメンとか。唐揚げとか。
唐揚げは調理法自体はわかるし美味しく作れるとも思うんですけど…跳ねるんですよね…油が…
キッチンの掃除めんどくさそうでやらなくなりましたよね…揚げ物。


この日はすげーピンポイントでキクラゲが食べたくなりまして。
それを使ってなんか食べたいなーなんて思ってました。

もともとキクラゲ好きなんですよ。
子供の頃は「え。なにこのブヨブヨ…食べて平気?」なんて思ってましたが食べてみたら食感もおもしろいし好きになりまして。
ただなかなか出てくる機会がない食材でもあるので忘れがちなんですけどねw
奇跡的に脳裏にフッと浮かんできた瞬間がありまして、それで「食べたい!」となった次第。

幸いなことに乾燥キクラゲは家にあるのを把握してたので、なんとなーくレシピをネットで検索しつつスーパーで食材を調達。
キクラゲを使ったメイン料理以外のことも考えつつ買い物をし、帰宅。
そして調理。
出来上がったのが…こちら。


17012101.jpg
きくらげぇ〜。

やっぱキクラゲっつったら卵だろ、ということで、卵とチンゲン菜を買ってきてゴマ油で炒めつつ、最後に鶏ガラスープで味付けたものと、安かったエリンギ焼いて醤油とレモン果汁ぶっかけたヤツ。
それとお馴染みキュウリに食べるラー油の3品。

もうちょい卵をふわふわな感じにしといたほうがより美味しかったかもしんないですね…これでも十分美味しいんですけど。
キクラゲがコリコリしてる分卵の食感がふわふわっとしてる方がよりいいな、なんて思いながら食べてました。
あとはもうシンプル・イズ・ベストな料理たちなので言うことは特にありませんw

なんだかんだ自炊って面倒なイメージありますけど、気分転換によかったりもするので用事ない日は作ってしまったりしますねー、新しいメニューとかじゃないとなかなか載せなかったりしますけど。
美味しいごはんと美味しいお酒…自宅で楽しめるなんてとっても贅沢なこと。




体だけ壊さないように気をつけて楽しみたいと思いますw

ごはん |
<<前のページ| ホーム |次のページ>>