マジP!

間島淳司の日常をプロデュース!!

大!有頂天!!

遅れ馳せながら昨日は『大有頂天祭17』でした。
まずはご来場頂いた方誠にありがとうございました…豪華なイベントだったでしょ?w


スタートはOPアーティストmilktubさんによる1期2期の主題歌から。
milktubさんトークも上手いから最初っから盛り上がってましたね〜!
そこから2期をダイジェスト的にまとめたムービーを流しつつ、…あの曲なんていう曲なの?すげー好きなんですけどw
とにかくメインテーマのあの印象的なBGMが。
いいですよねーあの曲。賑やかな祭みたいな感じもしつつどこか怪しげなタヌキの化かし合いみたいな雰囲気も出てて。
すげー好きなんだけど曲名とか知らないわそーいやw

もうこの段階で見てた方はワクワクが止まらなかったのではないでしょうか…そしてそこからは怒涛の朗読劇!
朗読ではなく朗読”劇”といったのはとにかく尺が長いから!w
すごいですよね…台本もらって「なにこれ分厚ッ!?」と思い、読んでみて「終わらん!」と思い、読み終わって「おもしろかった…満足」となる分量…いまだかつてアニメにイベントでなかった分量なのではないでしょうか。
なんと総尺45分超!すげー!
お話は竹取物語をベースとしたストーリー『毛取物語』。
タヌキだけに”た抜き”ともかかってる秀逸なタイトルですよねー、もちろん中身もそれぞれのキャラクター性も出つつ有頂天家族の世界観が詰まった魅力的なものでした。
…てか久々に二代目演じましたけど相変わらず難しい役ですね…非常に淡々としつつも無感情ではないキャラクターなのでそのへんのラインが非常にムズい。
さらには生で朗読でしょ?やっぱテンションは上がるじゃないですか?でもそのテンションに乗っかって感情動いちゃうとキャラと外れちゃう…いやーホントムズかった。
リハでもキャラと演出の線引きでお話合いをさせて頂いた箇所もあったくらい。
…まぁ結局は久々に演じられて楽しくもあったんですけどw

朗読終わりは堀川プロデューサー・吉原監督・原作の森見先生も交えてみんなでトーク。
振り返りあり、未来に向けてのお話ありで非常に楽しい時間でした。
てかどんな話してても最終的に森見先生に「3期を…」って話に持ってく展開は卑怯なくらいおもしろかったです、先生かわいそうだったけどw
トークの後はいよいよクライマックス、EDアーティストfhánaさんによるこれまた1期2期のED曲。
高音の伸びやかさが気持ちいい曲ですよね…あんな綺麗に歌えたらさぞかし楽しいんだろうなーと思って聞いてましたw

最後はみんな出てきて一言ずつ挨拶してお別れ、という流れのイベントでした…改めてホント豪華な内容。
夜の部でも言いましたけどOPから始まり朗読のAパート、トークのBパートがあってEDと、アニメを見ているかのような構成でアニメのイベントとしてよく出来てたなーと出ているこっちも感心しきり。
だってさ、作ってる側からすれば一回楽器セット出したんだったらOPとEDの曲続けてやってしまえばセットチェンジの時間も短縮できるわけでしょ?
それでも「やっぱりOPは頭で、EDはラストが良い!」って思ったからこそあの構成になってたわけで…非常に気持ちがいいイベントでした。
…ホントはこの話がしたかっただけなんですけど最後は「ED後のこのトーク部分は次回予告ですね」と森見先生いじりに参加しちゃいました、先生ごめんなさいw
昼も夜も最初から最後まで、まさに「おもしろきことは良きことなり!」なイベントでした!



ちなみに写真は昨日の一枚しか撮ってないので写真はありませんw

改めてご来場いただいた方ありがとうございました!!

祭り事 |

今日は疲れた

ので全体写真でお茶にごす…

17101701.jpg
大有頂天祭17!!

ご来場頂いた方ありがとうございました〜♪
おやすみw
祭り事 |

愛!麻衣!ミィ!

先日コレを観てきました!

17101501.jpg
あいまいみーTHEみゅーじかる!

2013年くらいからちょこちょこアニメ化している4コマ漫画原作のアニメ『あいまいみー』を舞台・ミュージカル化した作品…だそう。
ちなみに僕は原作はおろかアニメを観たことすらなく、タイトル聞いたことあるなー程度の知識しかありませんw

ではそんな僕が何故これを観に行ったかといえば……後輩に誘われたからですw

実はこのミュージカル、弊社の後輩チャンが2人ほど出演しておりまして。
以前…7月くらいに飲んだときにそんな話してたのをうっすら覚えてたんですが、その時は本番が8月中旬とかでもう『ヨンコマ。』の稽古始まってたんですよねー。
気を遣われたのかなんなのかその時は特にお誘いはなかったんですが、なんと好評の末10月に再演が決定した、という話を、これまた飲んだ時に聞いてたんですが、それが初日のお昼あたりに突如LINEで「間島さん、空いてたら見に来てください!」と連絡が来たのです。
何故…再演だけw
まぁよくわかんないけど後輩が頑張ってて見に来て欲しい!ってことなので、ちょうど空いてるところも見つかったので観てきた次第。


ただ問題点がいくつか。
そもそも原作を「4コマ漫画だ」ということくらいしか知らない点。
まぁコレは逆に先入観なく観られる、と好意的に解釈しておくことにしましたw
原作知らないと楽しめないようでは舞台としては二流よw
そしてもう一点、ミュージカル観たことがないということ。
昔実家で宝塚のビデオとか流れてたんでどんな感じなのかなんとなーくはわかるんですが、アレってお芝居であると同時にショーじゃないですか?
死にかけの人が元気に歌ってその後に力尽きられても「いや、歌ってるヒマあったら病院連れてけよ」とか思ってしまいそうで…ミュージカルってどっか苦手意識あるんですよねー。
まぁアニメと宝塚では違うでしょうし、どうなってるかはわかんないのでこれも見てみてかな、って感じで。
最後、2.5次元の舞台見るの、実はこれが2回目なんですよね。
一回目のは鈴木区の鈴木智晴くんが脚本・演出を担当した『乱歩奇譚』の舞台。
乱歩は4コマではなくしっかりとしたストーリーのある物語でコメディ要素もあまりないものでしたし、世界観もアニメとはいえ現実世界に近いもので違和感なく見ることが出来ました。
智晴くんが書いて演出してりゃ面白いのは間違いないだろうな、とも思ってましたし。
対してこちらは原作知らない、ミュージカル苦手、初演終わりで見せてもらってた本番の時にキャストの皆で撮ったっていう記念写真ではオレンジや金髪、紫などなど色とりどりの髪の色をした学生服の集団が楽しそうにしてるものでして…リアルとは程遠い『THE・コスプレ』みたいな見た目。
果たして楽しめるのか不安な要素てんこ盛りで劇場に足を運んだのでした…。


劇場について受付を済ませ客席に入ると、そこにはお客さんの姿、そして空いてる席にはチラシが。
前でもなく後ろでもなく、絶妙そうな位置に陣取りチラシを見やると…舞台だと普通付いてくる当日パンフレットの姿はなし。
マジか…後輩2人がなんの役やるのか確認しようと思ってたのに…てか普通の舞台感覚で見に来ちゃったけど2.5次元舞台って当パンとかないものなの?そっからわかんないw
それならばとスマホで検索して他にどんな人が出てるのか調べよう…と思ったら圏外。
くそ!何一つ思い通りにいかない!!w

文句を言ってても調べてこなかったこっちが悪いだけなので、始まりの時を待ち、舞台はスタート。
そして90分の舞台は終了。

なんというか…思ってたより全然おもしろくてよかったですw
まだ公演中なのでネタバレは避けつつ、僕の観た感じでの感想を言いますが、一番思ったのは「原作の先生懐深くていい人なんだろうな」ということ。
作中にけっこう「これは原作漫画にはないんだろうな」という感じのネタや、メタ発言なんかもバンバン入ってくるんですよねー。
自身の作品至上主義で、何が何でも原作準拠!って方だったらこうはならないと思うんですよね。
「おもしろい」をきちんと「おもしろい!」って素直に受け止められるセンスがある方じゃないとこの辺は頑なになることもあるかと思うんです。
まぁこの辺は4コマ漫画との親和性の問題もあるんでしょうが、お陰で楽しく見ることが出来ましたね。
そしてベースがコメディなので突然歌が始まる流れになっても特に違和感はなし。
なんせストーリーが無茶苦茶ですからね、人が塩の柱になったり餅にされたりw
死んで蘇るみたいな展開も平気で盛り込んできてるのでいきなり歌う程度のことはむしろ可愛いレベル。
歌もマイク持って振り付きで歌い出す、みたいな、ミュージカルってよりはアイドルのライブみたいな感じだったのも作品とも合ってたし肩肘張らずに観られる印象になってました。
なんせキンブレ推奨してましたからねw
コスプレに見える服装もコメディだから全然問題なし。
むしろ学園モノなので登場人物のほとんどが同じ制服を着ているため、髪の色があれだけ派手に違ってくれた方がキャラクターを認識しやすくてよかったです。
なにせ…当パンなかったもんでどんなキャラが何人出てくるのかも知らなかったもんでw

あといいところでもあり残念なところでもあったのは、作品の世界観がユルいため、演者たちの努力がまるっきり伝わってこないことw
歌もあるので皆で合わせてダンスも踊るし、お芝居でもあるからセリフだってキッチリ入れてるはずなのに、展開のユルさのせいで全然頑張ってるふうに見えないw
狙って作ってるんでしょうからそれでいいんですけど、稽古を重ねた後輩2人のことを考えると、もうちょっと「いやーすごかった!」って言いたくなるくらいの瞬間があってもよかったかな、と思いました。
てか2.5次元と4コマ原作アニメって相性良いんですね新発見でしたw

終演後楽屋挨拶に行く(ホントはサラッと帰ってLINEで感想伝えようかと思ったんですけど、終演後間髪入れずに「あとで面会できると幸せです!」とラインが来ましたw)と、さっきのまんまの格好の後輩2人がw
一応楽しかったよ、と軽く感想と、頑張ってたねとねぎらいの言葉をかけておきました。
ちょっと意外だったのは2人が「今日のお客さんちょっと重くなかったですか!?笑いにくい雰囲気でした???」とウケ具合をすっごい気にして聞いてきたこと。
「いつもウケるところがウケなくて、意図してないところで笑いが起きてて」みたいな、なんか鈴木区でよく聞く会話を2.5次元ミュージカルに出てる子たちから聞くとは思わず「ああ、ちゃんと真剣にお芝居と向き合ってるんだな」とおじさん嬉しくなっちゃいましたw


というわけで弊社後輩・篠原侑と雨宮夕夏が出演中の舞台『あいまいみーTHEみゅーじかる 〜りぷれい〜』は今週末…つまり明日まで新宿のシアターブラッツにて上演中!
頑張ってるんでお暇で興味持ったよーという人は応援に行ってあげてくださーい!

後輩と遊ぶ会 |

Find!東京!

気がつけばすっかり秋めいた気候になり。
なんなら薄ら寒い日もある中、だいぶ歩きやすい気候になってきたな、と思っています。


ダイエットがてら貧乏性がてらw続けている徒歩移動は書いてませんでしたが現在も続けて…はいるんですが体型的には全然成果が出ていない昨今。
…なんかこの夏くらいから、汗の量が尋常じゃなく増えてる気がしまして…1時間も歩くとパンツまでぐっしょりなんですよw
去年は下半身はそこまで気になってなかったんで明らかに発汗量が増えてるっぽくて、どこかに行く際に歩いていくともう早く服脱ぎたくてしょうがなくて。
でも出先で脱ぐわけにはいかないじゃないですかw
その結果歩きは帰りだけ…しかも飲んだ帰りはトイレ問題もあるので歩くことも出来ず…歩く頻度が落ちてるのは間違いなく、それで成果に結びつかないんでしょうけどねー。
にしても「やらないよりはまし」と時間がある時は歩く日々を続けております。

ところで歩いているといろんな”坂”に出くわします。
急な坂、緩やかな坂、あまり気にならない坂だったり歩くだけでもしんどいほど急な坂だったり。
ダイエットも兼ねてるので坂どんとこい!って感じなんで嫌でもないんですが、そんな坂には名前が付いてるんですよねー。

17101405.jpg
紀伊国坂。

全国各地にあるのかどうかはわかりませんが、東京だとこうして有名な坂にはこういったかたちで坂の名前が書かれてるんですよね。
歩いててそれに気がついた時「お、これをコレクションしてくのも楽しそうだな」と思い立ちまして。
ここ最近は坂道を歩いてて見つけると写真に収めるようにしています。

17101401.jpg
北条坂。

17101402.jpg
鉄砲坂。

17101403.jpg
三分坂。

17101404.jpg
薬研坂。

三分坂はTBSのオールスター感謝祭で出てくるTBS前の「心臓破りの坂」で有名な場所ですね、番組内で坂の名前言わないから三分坂だって皆さん知らないでしょうけどw

数ヶ月かけて今現在コレクションはこの5坂だけ。
なにげにこの坂の名前書いてあるヤツ、街の風景に溶け込んでやがるから歩いてても見落として素通りしちゃう時あるんですよねw
あとあんま坂っぽくない道で突然あったりとか。
薬研坂なんて一度通り過ぎたあとに「あ、アカンあったあった!」つって戻って撮りましたもんねぇw


ただ歩くのも健康にはいいですけど、周りを見ながら楽しみ見つけて歩くのもいいもんですね♪
健康 |

声と絵とそれ以外と。

数日前にtwitterで『ブログに書きます』的なことを書いたんで、今日はアニメと声優にまつわるお話。
嘘つきだと思われたくないんでね!w


日曜日にやってた『アメトーク!』のスペシャルで、昭和アニソンVS平成アニソンという企画をやっていました。

それぞれ芸人さんやタレントさんでアニソン好きの人が昭和と平成に別れ、それぞれのいいところをプレゼン、最終的にアニソンをよく知らないゲストさんにどっちが勝ちかを決めてもらうという…この勝敗って構図いる?とか思いながら見てたんですけど非常に面白く見させていただきました。
ホントアニソンって、作品によって雰囲気を変えるし、ジャズやロック、盆踊りみたいなのまでなんでも存在する音楽のるつぼみたいなとこあるんですよねー。
昭和に愛された歌は擬音が多かったり、必ずタイトルが入ってて子どもにもわかりやすい譜割りだったり。
対して平成は映像も合わせてカッコよく作られていたり、今第一線で活躍しているアーティストさんのデビューがアニメのタイアップだったりと、「あーわかるわかるw」なんて思いながら見てたんですが。

平成チームがプレゼンの中に「最近は声優さんも歌うんです!」というプレゼンをしてたんですね。
画面では実際ラブライブのライブ映像が流れたりして、声優業界の華やかな部分が切り取られていました。

…まず一個言いたいのは昭和の頃から声優さん歌ってるよ?ってことw
『ベムベムハンターこてんぐテン丸』の主題歌は主人公やってた藤田淑子さんが歌ってたし、『The・かぼちゃワイン』のEDは古川登志夫さんが歌ってたし。
今に始まったことじゃないんだよね〜、ってのは見ててツッコみたかったですねw

が言いたいのはそういうことじゃなくw
『アニメを語る上で、最近ちょっと声優さんのパワー強すぎない?』って話なんですよねー。声優やってる僕がいうのもなんですけどw

アニメを構築する1ピースとして大切なセクションではあるんですけど、個人的にはアニメーションってのはもっとたくさんのスタッフさんが関わっていて、皆が頑張ったからいい作品になるものだと思います。
打ち上げなんかでもよく話を聞きますが、アニメの企画が動き出すのって放送の2年前とかだったりするんですよ。
そっからスタッフ集めて、枠組み組んで、キャラデザとかが出来上がっていって最後の方に声優のオーディションがあって、やっと出番がやってくる。
僕らが関わるのは製作期間のほんの最後の方なんです。
たくさんの時間と愛をかけて作られてきた作品の、最後の一翼を担っただけにしてはちょっと褒美がデカすぎるな…みたいな気になるときがあるんですよねw

もちろんキャラクターが口を開けば僕らの声がするわけで、ピースとしては非常に大きいものだとは思うんですが、その前にその口を動かしているのはアニメーターさんたちで、セリフ考えてるのはシナリオライターさんで、監督がそのすべての指揮を執ってるわけでしょ?
もっとそっちにも注目して欲しい…!って思うんです。
そういう意味では特撮ってすごく良い世界なんですよ。
特撮ってやっぱり主演してたり出演してる人がフィーチャーされますけど、スーツの中に入ってるスーツアクターさんだとか、今回はシリーズ構成誰だからこういう展開になるんじゃないかとか、この話数の監督◯◯さんだからきっとこういう演出あるぞ・・・!とか、スタッフさんたちの個性を認識してるんですよねー。
どのピースが欠けても出来ないんだ、ってことが無意識下で刷り込まれてる感じというか。
そういう感じがもっとアニメ業界にも広がればいいな、と思うんです。

僕が声優の勉強してた頃はもう20年とか前なんでもう古い考え方になってしまってるのかもしれませんが、養成所の頃教えてもらってた恩師に「この中で声優になれたヤツがいたら、アニメ製作会社に菓子折り持って挨拶に行ってくれ」って言われたことがあるんです。
その頃にはもう声優を特集した雑誌なんかも出始めてる頃で、なんとなーく先生の中にもこれから声優という職業が目立つ時代がくるだろう、って感覚があったんだと思うんですよね。
でもそこで天狗にならず、地に足をつけて「アニメがあったから売れたんだ」ってことを忘れちゃダメだよ、ってことを言いたかったんだと思うんですが。
ホントにそうだなーと今でも僕は思っています。
コレ意外とわかりにくい部分なのかもしんないんですけど、僕らは声でお芝居してるじゃないですか?
でもその前に、絵がお芝居してるんですよね。
視覚的に絵が先にお芝居してくれてるから、僕たちは状況を把握して絵のお芝居に合わせたお芝居をしているんです。
普通の俳優さんはこの作業を自分の体を使って1人でやってるところを分業してるわけですね、だからこそもっとアニメーターさんたちにも注目して欲しいと思うのです。

『アメトーーク!』の中でも新しいルパンのOPが片目で見ると3Dに見えるだとか、トンでもない技術で昨今のアニメが作られてることが語られてました。
こういったすごい話がもっと世間に知られて行ったらいいのに…と思います。
そして僕ら声優も、アニメを構築する1ピースとしての誇りを持ちつつ、自分たちだけではアニメは作れないんだということを肝に銘じて、地に足つけて頑張っていかなきゃいけないなーと思うのです。



…クッソ堅い話になりましたが、アニメが好きだからアニメをもっと知ってほしいなー、って話ですねw

考察 |
<<前のページ| ホーム |次のページ>>